カテゴリ:旅の思い出18ハノイ( 5 )

テト明けのハノイ(1):家族旅行のスタート

もう半年以上前のことになりますが、ハノイに行きました。
初めてのハノイだったのですが、私も家人も2月末日まで職場は上へ下への大騒動でして、「とりあえず行ってみよう」な感じで羽田を出発しました。

そもそも、家人がスタアラのマイレージ利用期限が近付いたことが発端で始まったこの旅行計画。
私は3月末にソウルに行くことになっていて、チケットもとった後だったので、家人の誘いは「うーん」だったのです。しかし、家人が「でも家族旅行しないと、キミ、〇〇さんちはご主人とよく出かけてるのに」になるだろう?って。

確かにそうなのですが、家人と一緒だと「素敵!」なホテルではなかったり、インスタ映えするところに行きたがるなど、「ブラブラする」余裕がない。
案の定、女子向けのガイドブックに上がっているようなホテルは却下されてしまいました。
私としては「バスタブあり」「朝食付き」のリクエストだけ出しておきました。

ガイドブックによれば朝出れば午後には着くという。
しかーし!スタアラの特典チケットはバンコク経由でしかとれませんでした。
a0094449_05104347.jpg
出発の朝、大雨が降るといわれていたのですが・・・。
運よく雨の後の出発となりました。
a0094449_05094869.jpg

カードホルダー用のラウンジで飛行機が行きかうのを見て過ごします。
a0094449_05111048.jpg

ANAはスターウォーズ仕様の飛行機。映画上映が近かったらしい。
a0094449_05133800.jpg
しかし、スターウォーズの映画、多すぎない?何年かに一度の公開だからこそ「サーガ」なのではないのか?と見てもいないのに思うワタクシです。

機内は、タイ航空のカラー、紫がどーーんっと。実は出発前、一瞬機内が暗くなって紫のライトアップがありました。
a0094449_05142506.jpg

コーラもタイから持ち込みらしい。
a0094449_05152423.jpg
機内食は、こんな感じ。牛丼だったような気が・・・。サラダはタイ風。そばはいらないんだけどなあー。
a0094449_05152876.jpg
途中、オヤツがでました。ピザです。
a0094449_05153524.jpg

バンコクに到着!和服でお出迎えの日本同様、こんな格好して日常を過ごしているわけじゃないから、と断りをいれたくなるようなきれいなお姉さんたち。「男のロマン」なんだね、観光資源って。
a0094449_05174312.jpg

どの国でも使う色だろうけれど、なぜか、タイで黄色や青を見ると「あ、タイに来たなー」という気分になります。
a0094449_05191184.jpg

乗り継ぎには、1時間弱の余裕があったはずで、かつて使ったことのある香りのよい石鹸やボディーオイルを買いたいと思っていたのです。
でも、お店を見つけきれず・・・。このスタイルの売り場、懐かしいなあ。
a0094449_05212832.jpg
家人の「おなかすいた」の連呼で仕方なくバーガーキングへ。
a0094449_05222926.jpg

乗り継ぎの時間がやってきました。
この空港、私は使ったことあったかなあ?
近未来的なつくりになっています。ともいえるのだけれど、どの国も同じ感じになっていて、つまんなーい。
a0094449_05240654.jpg
コンクリート打ちっぱなしの通路には香り高い花が。
a0094449_05241116.jpg
待合室にも!
a0094449_05261253.jpg
待合では「クスリをやってはいけません」というビデオ。
a0094449_05261854.jpg
しばらくすると、新しい国王の映像が。
a0094449_05284391.jpg
夕刻が近づいてきました。
a0094449_05291572.jpg

ハノイ行の機内はなぜか「紫」のライトでお出迎え。蘭の花をイメージしていたのかな。
a0094449_05300416.jpg

そして、ここで驚きのことが!あんなに「世界で評価されている親切なタイ航空」のはずなのに、近距離国際線になると、ヨーロッパのLCCよろしく「すべては金」状態。実写版ピーターラビットを見よう、とイヤホンを探すも、ない!
CAさんに尋ねると、「ご自身のiphoneのイヤホンでどうぞ」。
私、iphone持ってないんですけれど?貧乏人は乗ってはいけないのかしら?

機内食も若干の驚き!
a0094449_05310104.jpg
Duo Packとありますが、要するに「甘じょっぱい」ってこと。
a0094449_05313935.jpg
サーモスだけいただきました。

ようやくハノイに到着。
入国はさほど大変でもなく、荷物もちゃんと届いていて、
a0094449_05324464.jpg
ホテルで頼んであったタクシーの運転手もちゃんと迎えに来てくれたし、と渡着してからはスイスイ。
もう日が暮れていたので、どこをどう走っているのかはわからなかったけれど、小さな感じのよいホテルへ・・・。

ウェルカムドリンクが出てきたよー。
a0094449_05332984.jpg
お部屋はこんな感じ。
a0094449_05341489.jpg
ベッドメーキングもしてくれています。
a0094449_05342211.jpg
バスルームはこちら。
a0094449_05341804.jpg

あれ?バスタブは?
フロントに尋ねると、私たちが頼んだ部屋のスタイルだとバスタブなし、とのこと。私はお風呂があるからここにしたのに・・というと、フロントはやっぱりバスタブなしになります、と。特に、その日は満室なので、交換はできないといわれました。
まあ、バスタブの件を除けば、とっても清潔な部屋で文句はありません。あ、ちょっと隣の建物に近いかなあ・・・。

もう夜だから、持ってきたものを部屋で食べておしまい。
安かろう、遠かろう、な一日でした。おかしいなあ、近い国になったっていうことで評判のはずなのに・・(笑)。


[PR]
by eastwind-335 | 2018-10-10 05:39 | 旅の思い出18ハノイ | Trackback | Comments(0)

旅の短信(3) コーヒーに夢中

むかし、お土産でいただいた時は持て余したベトナムコーヒー。
今回は仲良くできそうです!
a0094449_06404509.jpeg

[PR]
by eastwind-335 | 2018-03-06 06:33 | 旅の思い出18ハノイ | Trackback | Comments(0)

旅の短信(2) 金魚・カメ・タニシ

市内北部のタイ湖で見かけた風景。
パコダのある鎮国寺でのお供えは、生きている金魚、亀。そして大量のタニシ。
でも、実際には、寺のどこにもそれらの姿を見かけなかった。池に投げるらしい。

a0094449_20413023.jpeg

[PR]
by eastwind-335 | 2018-03-02 20:34 | 旅の思い出18ハノイ | Trackback | Comments(0)

旅の短信(1) ハノイまで

さんざん、「強風、豪雨」とNHKに煽られて、マンション地下からタクシーに乗って地上に出ると、どっちも止んでいた。
バンコクまではエアバス。読書灯がその人の手元に来るナイスな仕様。
バンコクからは国内線仕様。
ドイツ映画を見ようとイヤホンを探すも、ない!

a0094449_08585719.jpeg
CAさん曰くご自身のでお楽しみ下さい、と。
英語字幕で無声映画を観た(笑)。しかも途中で着陸態勢に。バンコクー羽田のチョイスにあったかな?
ランディング直前の照明ショー。ピンクからパープルへ。
a0094449_09012893.jpeg
意外すぎるハノイへの道、でした。

[PR]
by eastwind-335 | 2018-03-02 08:47 | 旅の思い出18ハノイ | Trackback | Comments(0)

旅の準備(1)タダでおでかけは遠くつく

私は3月初めに休みをまとまって取りやすい部署にいます。この時期に休むのだったら、皮膚科で久しぶりに顔のシミを取って1週間家のなかでじっとしておくつもりでした。
ホルモンバランスも乱れる年齢ですので、仕方ないと私は割り切っていますが、身内(両親)から見ると、シミが「あちこちに」目立つようになりました。私は自分の顔をよーく見るタイプではないのですが、朝からコンタクトを入れたときなどは、イヤでも自分の顔が目に入ってくることも(笑)。確かに老人性シミも含め数・量・場所ともに(爆)増えている!
あちこちにショットを当ててもらうとなると職場で悪目立ちしなくて済むよう、家で閉じこもりかな、と思っていたのです。

ところが、1月から2月の頭にかけて、皮膚科の先生に相談に行こう行こうと思っていたのに、診察日に予定していた半休を見送らざるを得ないことが増え、行きそびれてしまった。
そうこうしているうちに、家人が有効マイルの期限が来ること、いつもの2月の長期出張がなくなり、家人が飛行機に乗りたくなってしまった、等々の「家人の理由」で、出かけることになりました。

人さまのお金(マイル)で行けるのだったらヨーロッパに行きたいところですが、そこへ行くまでのマイルはありません(笑)。
行先が決まるまでも、お互い譲らず。
結果、家人も私も初めて、というハノイに行くことに。家人はホーチミンはでかけたことがあるのですが、ベトナムも南北で文化が違うというし・・・。

ハノイまでの直行便があるスタアラは実はANA。しかし、もうその時には特典用の座席は埋まっていた。そこで、どうしてもその時にそこに行きたい、という家人は「タイ航空」で行ける旅程でチケットを抑えたのでした。
5時間も飛行したら直接ハノイに到着できるのが、倍以上かかっての日本との往復となってしまいました。

ということで、なんだかなーな感じも否めませんが、久しぶりにバンコクの空港の免税店で遊ぶのもいいかな?もう何年もタイには行ってませんしね・・・。

このあと、家人はGWの一人旅(私はカレンダー通りに休めないことがわかり、辞退)でもマイルを使おうと思っていたら、20000マイルほどの不足が分かった。いや、そういうときは持ってるマイル内でどうにかすべきでしょう。しかし、ある意味「わがままな大きなコドモ」である家人は「キミ、マイル溜まってるっていったよね。僕名義のチケット買ってくれないかな?」ですって。

どれだけ、20000マイルを貯めるのに私が支出したと思ってるの!と言いたいのをグっとこらえ「24000円いただきます」とマイルを現金化することに。

なんか、私、損してない?


[PR]
by eastwind-335 | 2018-02-26 04:16 | 旅の思い出18ハノイ | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る