カテゴリ:日常( 754 )

世界的な「ケータイ」問題

昨日の朝、スマホを充電したままで出勤した。
スマホをバッグに入れ忘れた!と気づいたのはエレベータの中。しかし、戻るには遅い(つまり家を出るのがギリギリだった)。

家人には職場からメールをし、夜は遅いと伝えた。

別にスマホがなくても、家と職場の往復しかない私は困ることはない。
スマホを持っていればどうしても開いてしまいますが、なければ開くことはないし。本を読み進められる!と前向きでしたが、行きも帰りも電車の揺れに合わせて睡眠の時間に・・・。

そして、昨晩は残業をして仕事を終えて駅ビルで食べるものを買い(ここで「もう帰宅したら10時なんだから今日は食べずに寝よう」と思えたら体重増加を抑えられるのですけどね)、帰宅したら10時ちょっと前。買ったものの3分の1を食べ(疲れて食べる気がなくなった)ながら、先に帰宅していた家人とニュースを見ていたら、この日はソフトバンクで大掛かりな不通があったと知りました。加えて、イギリスでも通信不能状態に、とyahooニュースに上がっていて・・。(加えて、中国の通信会社の経営者がカナダで逮捕されアメリカに引き渡されたというニュースもあったんだよ、と家人が教えてくれました。)

私は「なくても大丈夫だけれど、様々な困難や障害があってアプリを使って生きている人たちは困るよねえ」と言っていたら、今朝のBBCでもそのことが取り上げられていました。

自動運転もそうですが、スマホだのITというのは、便利かもしれないけれど、それまでできないことをできるようになったかもしれないけれど、一瞬にして「不便」になるんだなあ、と。北海道ではあの地震から3か月で、SNS経由でガセネタが拡散し、それに振り回された人がいたことも新聞に取り上げられていたけれど、私はテレビでは紹介されていない社会不安をSNSで見たからと言って信じる人が結構いることにも驚き。自治体という存在はもはや日本にはないのかも・・・。




[PR]
by eastwind-335 | 2018-12-07 05:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

アドヴェンツにかこつけて・・・

私は五反田にあるドイツ語福音教会のクリスマスバザーに行きました。このバザーは待降節開始直前の土曜日に行われる。

今年は急にお稽古の日程が変更になって、ポッカリ時間ができたので行くことができることに。
一人で行くのはなんとなくつまらないからどなたか誘ってみようかな・・・と思っていたのですが、私、先週、歯痛が起きて・・・。
そんなこんなで当日になってしまい、結局誰も誘わずにでかけてみた。
a0094449_20291452.jpg

開始直前に教会に到着したため、礼拝も入り口のところで参加することに。かつてはドイツ語だけで礼拝が進んでいたので、私が理解できるところはほとんどなかった。しかし、今回は日本語でも説教があり(しかもドイツ語圏の人が担当!)、声は小さくて聞こえてこなかったけど(外もにぎやかだったし)、日本人にも開かれたバザーになってきたなあーと。

前に伺った時も、教会員手作りのカードを買ったのですが、今年も買っちゃいました!
a0094449_20310747.jpg
どうやって作るのかなあ。下絵のテンプレートがあるんだろうとおもうのですけれどね。こんなに手がかかるのに、たった300円だなんて・・・。
しおりも買いました。
a0094449_20315951.jpg
さっそく使っています。

私は海外に行くと、たいてい一度は「教会カフェ」に行きます。教会のカフェってハズれがないんですよねえ。自分たちのできるところで行うという点からくる安定したものがありますね。
このドイツ語教会のバザーでもカフェがあるのです!
a0094449_20292407.jpg
前に来た時は、ケーキもあっという間になくなっていた。今回はたくさーん!

ズラーっと並んでます。
a0094449_20292066.jpg

大きなものも小さなものも!
a0094449_20394146.jpg
後ろにもストックが!

a0094449_20333827.jpg
目移りしちゃう!
1つ600円を「高い」と言った知人がいましたが、ううん、だって、バザーだもん。
おいしいものを食べて、お役に立てるんだったら、こんなうれしいことはありません。
a0094449_20342833.jpg
でも、本当は、一ついくらか知らず、みんな二つ3つと乗せているし、お昼を食べていかなかったので、2つぐらいOKよ、って気分だったってこともある。
黒い森のケーキとチーズケーキ。

クリスマスクッキーも買いました。
a0094449_20414273.jpg

そのほか購入したのはシュトーレン。これは教会員の方が作ったのではなく、ショーマッカーというお店のもの。
a0094449_20404149.jpg

レープクーヘンも買おうと思ったのだけど、家人が好きとは思えず、一人で食べるには量がありすぎて止めちゃった。

五反田駅までは、ぶらぶら裏道を歩きました。数年前には見られなかったおいしそうなレストランが!それから小さな、でも素敵なベーカリーも。フランスパンのお店だけど、なぜかゼンメルがあったのでそれを買ってみました。
a0094449_20421928.jpg

店内撮影禁止、外観も本当は禁止らしいので、正面からではなく遠くから(笑)。
a0094449_20424268.jpg

でも、取りたくなるような美しさ、なんですよ!

五反田からバスに乗って麻布十番へ。
この土曜はイギリスのお菓子を教えているステイシーさんが経営するモンクレのオープンデーだったのです。
a0094449_20441113.jpg
お店もクリスマスのデコレーションに。韓国料理のお教室でも話題になっていたけれど、今年はリースは円形じゃなくてざっくりまとめたものが流行っているそうですね。
a0094449_20441598.jpg
ステイシーさんがブレンドしたオールスパイスだけでも買いたいなーと思ったら、本格的なフルーツケーキがまだ残っていました!
a0094449_20431063.jpg

もうお店を片付けようとしていた時だったようで、ギリギリセーフ。

ステイシーさんからマクビティビスケット話を伺いました。
a0094449_20434171.jpg
私もお礼に、日本のマクビティのCMソング「ヤンヤーンヤ・マクビティー」を歌いました。本当はyum yum yum マクビティーって歌っているのだけど、私は大人になるまで、鼻歌というか調子付けのように「ヤンヤーンヤ」というんだと思っていました。ところが、本当は「yum(おいしい)」ってことだったんですよねー。それを知った時の驚きは、子供の時まったく聞き取れなかったセサミストリートのテーマソング「how can I get to sesami Street」が突然クリアーに聞き取れた時と一緒。

日本のマクビティーと本家のそれは違うと知り、ロンドンにも行きたいなー、買いたいなーという気持ちに。
いや、十番の日進ストアーに行けば、間違いなく帰るんですけどね!なぜかゴティバが輸入元なんだそうですよ。

そんなこんなで、わが家にはたくさんのお菓子があるのに、私はこれからケーキを焼くんです!ちょっとしたイベントへの協力としてね!

[PR]
by eastwind-335 | 2018-12-05 20:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

飛行機の乗客の一人として

人生で初めて飛行機に乗ったのは私も弟も小学生の時。たった二人で広島の祖父母の家に行ったのでした。
離陸し水平飛行になるまで、弟は「緊張するねー」と珍しく私の手を握りました。あの時、おいしいジュースとサンドイッチが出て(当時国内線も機内食が出た)、甘いものを飲ませてもらえなかった私たちはひどく興奮したものでした。

「こんなに重たいものが飛ぶなんて怖い」とも弟は言いました。私はただただワクワクしていたのですけれど。このあたりが、幼少のみぎりから「愚姉賢弟」の誉れ高い東風家を象徴しているのですが・・・。

幸いに、私は今まで安全に空の旅を楽しむことができました。
しかし、10時間以上の移動を保証してくれるはずのパイロットの一部が「え?え?」なことを搭乗前夜にしているのだということを知り、驚いています。

飛行機の運行に関わる人たちの飲酒問題です。

このニュースが出るまで、私はパイロットは前夜の飲酒は会社が許していないのだろうと勝手に思っていました。万全の体調で常務しているのだろうと。

昨日、今日、新聞やネットニュースで取り上げられていますが、ヒースロー空港で飲酒状況のまま搭乗し勤務しようとした日本人パイロットが逮捕され、実刑判決が出たそうです。
逮捕のニュース以来、飲酒問題は鶴丸の問題ではなく、ANAも、LCCもそうだ、と。

私は思います。チケットが安かろうと高かろうと、どの社もパイロットやCAには集合時間24時間前から飲酒は禁止、と。

そんなアルコール検査だけでOKなんておかしい。
だって、機内でアルコールを摂取することにしたら、地上で飲むより酒の周りが早いというのは、空の旅を楽しむ者には常識ですよね。
お酒が体内残っている人は、酔いがさめるのだって遅いのではないのかしら?

車だって「呑んだら乗るな」なのに、弟が幼いころ驚いたように「こんなに重たいもの」を飛ばす人たちが、ほんのちょっぴりでも飲んでいるとしたら・・・。

もちろんパイロットのストレスの凄さは私だって「想像」できる。だから、そういう意味では、航空各社はクルーの到着地滞在時間を48時間以上確保しなくてはいけないと思う。これは無駄、ではなくて、利用者の命を預かる者が責任感を保つための装置だと思う。

単に常務前のチェックを厳しく(いわゆる「世界基準に」)するだけでなく、各社が「労働者の幸福」も考える方向になるといいのになあ。頭下げるだけでなく、単に改善策をごもっともな感じで記者会見で述べるのではなく、頭を上げて利用者の目をしっかりと見て「わが社はこうしました」と言える、そういうコンプライアンスが各社に見られるといいなあ。

そうすれば安心して私も10余時間の旅を楽しめます。



[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-30 19:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)

勤労感謝の日にはたらく

世間が3連休という日が年に何度もあるけれど、たいていの場合、私が属する業種は連休にならない。
役所のばかったれー!!!って気分です。

職種によっては代休が取りやすいのですが、私の職種は特定の時しか取れない。
そして、その「取れる時」は職場では「代休取得期間終了」なのです。
(たぶん、給与が翌年度に支払いの形になるからでしょう)

今日のお昼は、スープとおにぎり。いつも休日出勤だとピクニックランチになるのだけれど、家人も出勤なのでおにぎりを作らねばならない日。やさいをたっぷりいれたカボチャベースのスープをつくりました。

ちいさな幸せ。


[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-23 07:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

欲しいものはみんな一緒よね!

数日前、有楽町無印良品が閉店のためのセールを始めると知りました。
洋服もレトルト品も家事道具も・・・ほぼすべてお買い得。

とはいえ、私はちょっと物を買いすぎだ、と思っていたので、今回は見送るつもりだったのです。
しかし、11月になって、前月の誕生月への500円クーポンが!
そこで買おうと思ったものは、毎年買うタイツ。

ヘーゼルナッツ色のタイツ。

お店に行ったら、私が欲しいサイズより上か下しかない。

Mサイズがありとあらゆる商品において(保存容器すら!)欠品していた!もう補充がないとのこと。

まあ、週末もあったしねえ・・・。
服は買わない、と決めているから、雑貨をうろうろみてしまう。

服を買っていたらほかを見なかっただろうけれど、今日は隅から隅まで!
お箸だとか、布だとかを買ったり、次の旅行(っていつになるのかなあ)で使う詰め替え容器も色々買うことができたり!

そう考えると、よかったかなあー。

[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-19 21:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)

No.2があの程度じゃ日本の高等教育は(ますます)ダメになるにちがいない

私はテレビのニュースというものを信頼していません。別にフェイクニュースだというわけではないけれど、「編集」してしまうから。
一番大切な部分はばっさり切る。
新聞だってそう。「主なやりとり」となっていて、「詳しくはデジタル版で」。
・・・・タダの新聞じゃなくて定期購読をしているんだから、さらにお金をとって「詳しくはデジタル版で」なんて2度取りしようとすんなー!って気分になる。

Yahooのトップニュースはブログを書いたりブックマークをしているインスタを見るために立ち上げたときに目を通す。
でも、興味深いニュースに限ってほんの300字ぐらい見せて「あとはデジタル版で、契約しなさい」みたいな文章が出てくる。

だから、コトバの一部だけを大きく取り上げることはしたくないのだけれど、さすがに昨晩はどういう文脈であったとしても「内閣のNO2がこの程度って許されるわけ?!」と私は家人に憤ることに。家人は「誰が?」と。「あそーよ!」「あっそー」。
チコちゃんは「オヤジギャクは脳が理性を止められないから」と言ってましたけど、私もオバさんですから理性をとめられない(いや、幼いころから、一言余計な(しかし本質をついていたらしい)ことを言っては親から「もっと賢くなりなさい」と注意されていたのでした)。

Ach SoはオヤジじゃなくてGGイだから理性はなくなっているのかもしれないけれど。
知性がないのは漢字の「読みまちがい」だの歴史認識の欠如とかでわかっていたけれど。
大学受験レベルの歴史認識はないなー、とは思っていましたが、昨日、国立大学(しかもT大!)を卒業している某氏市長を名指しで「人の金で大学に行って」と批判したのだとか。もう今朝のYahooトップからは下ろされて、国内版にいれてるだけ。NHKは一切言わなかった。共同通信配信のこのニュース、通信社配信だけあって短すぎる。「安倍政権は、大学の財源の多様化を進めるべきだとの方針を示している。」という一文が添えられているけれど、この「大学」って主として独立法人系大学ってことよね?

ニュースから得られる情報が少ないだけに、真意を注意しなくちゃいけないけれど、でも、ちょっとまって!
この市長の出た国立大学っていうのは、本来「高等文官、つまりエリート公僕になるための大学」だったはず。有名企業へのパスポートじゃなかったはず。同じ大学を卒業したという家人のお祖父さんは昭和の初めに亡くなってしまったので、家人すら会ったことがないのだけれど、これまたすでに亡くなっている舅の話によれば、文学部を出て旧制中学の教員になった。そして最初の赴任地は地方の旧制中学だったという。それは、公僕として当然のことだった、と。

人のお金の学校を出るためには、自分で授業料が払えればOK、とか高校ではたくさんの科目を履修しなければならない(ことになっている)のにたった3科目の受験でOKだとかいう私立大学(ワタクシもそういうところを卒業したわけだけど)と違って、受験科目数も多いし(いや、「多かったし」が正しいよねえ。地方の国立・公立大学は志願者が減っているので私立型OKにしてるし)、なんといっても受験前にセンター入試を受けなくちゃいけないし(マークシートで自分の思考を測られるのがいやで国立受験はやめた私は、マークシートを2日間も目の前に置かれるなんてかわいそうに、と思ってしまいます)。

国公立大学協会の次の発言が待ち遠しい。

とにもかくにも、こんなニュース、海外へ発信されたら、「ドクターホルダーがいない内閣」がやること、とかいって、ますます日本の外交ってバカにされちゃうよねえ。「人のお金で学校を出た」関係省庁のみなさん、お察しします。やる気なくすよねえ。東大の国家公務員試験受験者数(率)が減っているの、わからなくもなくなってきた。

ツイッターで罵詈雑言を発信する政府のトップじゃないだけマシかなあ、と思っていたけれど、ツートップ以下の面々、つぶやき(ツイート)より性質悪いっていうか・・・。大学教員の採用は昨今「博士号取得済のこと」になっている。内閣も最低「修士」とか学歴フィルターをかけたほうがいいんじゃない?

[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-18 09:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

お仕事バッグさがしてます!

私は用途ごとのバッグを用意してあります。土曜のバッグ(お習字のバッグ)、日曜のバッグ、お仕事のバッグ、お料理教室のバッグ・・・と用途別に中身がことなっているバッグに、財布・定期・鍵・化粧ポーチを入れ替えるだけです。
毎週月曜日はいつもと違う用地で、いつもと違うお仕事をしています。なので、仕事用のバッグは二つあります。

基本的にバッグは消耗品だと思うので、金額には「上限」があります。
月曜のお仕事バッグは、ハワイの免税店で清水の舞台から飛び降りて買った「上限越え」のコーチの布製バッグ。
週に1度しか使っていないのですが、気が付いたら4年以上使ったからか、私の体形のせいなのか、腰にあたるあたりが擦れてしまい、ちょっとみっともない感じがします。

買い替えようと夏が終わるころから、行った先々でバッグを物色中。
私が欲しいのは、雨に強く、軽く、A4のフォルダーが入り、化粧ポーチや本をストンと入れられるよう3センチ程度のマチがあり、上はファスナーできっちり閉じられるもの。

年代別女性雑誌で「お仕事バッグ」が紹介されている号があったので、風呂の友として買って読みましたが、どれもこれも「げーっ、高ーっ!」と風呂場で血圧が上がりそうになったことも。
また、真ん中をマグネット止めするタイプが多いように見受けられます。

私は国内外ともに、ファスナーではないバッグで電車に乗るという勇気がありません。
盗難防止目的が第一ですが、第二に雨が降った時に傘をさしてもバッグの中に雨水が入り仕事道具が湿っぽくなるのは困ります。
でも、今のはやりは、トートバッグのような感じ。身の回りのものは小さめのバッグにして、資料はオープンなバッグにいれている人が多いです、とお店の人に言われました。でも私は仕事帰りに食料品を買うことが多いので、二つも3つも手から袋を下げることは避けたい。

ロンシャンのオリガミバッグにすればいいじゃん、と友達にいわれました。実は体調が悪くないときの火曜から金曜までの通勤バッグはそれ。
でも、そのロンシャンのA4ファイルがスッと入るバッグはマチが私の好みより広くて、ちょっと「妥協」しているんです。それと、まあ、私が持つぐらいですから、みんなが持っている。

そう。あまり人が持っていないのがいいのよねー。前のコーチのバッグはハワイの免税店限定のデザインだったので、日本で「被った」ことはありませんでした。チャームをつけたりして「自分らしくカスタマイズ」って方法を私だってわかっているけれど、バッグにチャームをつけると服に引っかかるし、バッグにあたる音が耳に入ってくるのもなんだかイヤ。なので、私はわざわざ外す。だから、改めて「付ける」ことはない。

ああ、自分のこだわりでコトをややこしくしている気がするけれど、週の通勤初日に持つバッグだからこそ、妥協したくもなく・・。

そして、この数週間、通勤車両の中で、または、交差点で信号待ちをしているときに女性のバッグをじっくり眺めているのです。

[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-08 05:50 | 日常 | Trackback | Comments(0)

通過儀礼真っ最中

職場の同期とは、会えるようで会えない。敷地内のビルが違うと1か月は会えないこともある。
(通勤経路が異なったりするとますます!)

先日、久しぶりに同期の人と話すことが。
すると、彼女が「いま、私50肩なのよー」と。「わたしも!わたしも!」と嬉しそうに答える私。
そして、ふたりでどれだけ腕があがらないかを報告しあう(笑)。

その同僚とは洋服の脱いだり着たりがいかに大変か、という話にもなりました。
「海外ドラマで男優がTシャツを脱ぐシーン」になっちゃうよねーと盛り上がる。
でも私の場合は「なんかドンクサイ役をやっている男子みたい」って自覚してるのだけど。

いつかはこの痛みからは解放されるはず、と思っていても、毎晩、かすかな痛みで目覚める時(ま、以前に比べれたら回数はぐっと減っているけれど)、こんな状態が続くと、体のほかの部分がゆがむんじゃないかしら?って将来のことが心配になってしまったりもするのだけど。でも、こうやって「私も私も!」と言い合える同期がいるのは心強い。

実は昨日、テレビで肩の痛みのことを放送していた。今晩もその続きがあり、「一番いけない時期」に整体で「ごりごり」腕を動かされてしまったんだなあ、と反省。一方、今の時期は動かし始めてよいのだと。
40代までは「肩こり」なのか、50代、60代になると「50肩」だとか「肩のところの腱が切れてしまう」だのといった違う状況になってしまうのだとか。
そしてその「50肩」の状況を羅列していたのだけど・・・。

わー、全部経験したわ!

夜も痛みで目覚める、という文章を見たときに、「わー、私だけじゃなかったんだわ」と妙な安ど感が。
痛みが出るところも、まさにこの8月9月10月半ばまで、そこだったよおー。
その痛みに悩んでいた時には、「こんなところまで痛いなんて、私、おかしいんじゃ?」って涙目になったこともあったけれど、確かに発症して人よりちょっと時間はかかったけれど(なんせ整体でゴリゴリしてもらっていたのを「よくなる」と信じていたんだしね)、ちゃんと少しは落ち着いてきた。なーんだ、王道を行っていたんだ、と思うと急に気が大きくなりました。
ドーンと来いっ!って感じ(笑)。

なんてったって、通過儀礼なんだもん!
いやいや、これからのほうが「自分の努力」が必要な時期。少しずつでもちゃんと可動域を増やせるよう、肩をゆっくり回しす体操を続けなくちゃ。

[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-06 21:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

大使館の注意喚起についておもうこと

職場では私用、公用に関わらず海外に出るときには「旅レジ」なるものに登録をするよう求めます。
私用でも届けなくちゃいけないのか、と思うのだけど、昨今、何が起きるかわかりませんから、基本的には届けます。

で、届けると、旅行先(出張先)の大使館や公使館から「ここ、危ないから!」と注意喚起のメールが届くことがあります。
このメールなのだけど、ほんとーに「役立たず」じゃないかなあって思う。

このたびも在ロシア日本大使館(家人が出張中だから)からメールが2度も来た。民族主義者たちのデモに対する注意喚起。
確かにそういうものに巻き込まれたら大変だろう、とは思うけれど・・・。
Marshala Vasilevskogo st.
だの
Druzhinnikovskaya st.
ってどこなわけYO?

「ロシアってチョー広いじゃん」と若者のような言葉遣いをしそうになりました(笑)。

通りの名前だけ書いてあるのって、どういうこと?
どこの都市で起きているのか、まったくわからない。
ググれ、とでも?

在ロシア日本大使館はこの手の「どこの街だかしらないけれど~」な注意喚起が多すぎる。
もしや、MOFAの大使館勤務者って日本人は大使館所在都市しかいないはずとでも?所在都市以外は「管轄」じゃないとか?小さな都市だったら「公使館」がやることになっているとか?そんな小さな都市に行くような日本人のことは自己責任とか?
いずれにしても、旅レジは旅人本人だけでなく、家族なり登録した人のところにも届くわけですよん。こんなの読むだけ心配になりますよー。どの都市かがわかれば、まだ留守家庭には「役立つ情報」になるだろうけれど。

「お役所仕事」ってこういうことをいうのよねえ。「やりました」「つたえました」ってねえ・・・。

っていうか、登録してもこんな片手落ちの情報では安心できないかも。

[PR]
by eastwind-335 | 2018-11-04 21:36 | 日常 | Trackback | Comments(0)

新型山手線、苦手だわぁ

新型山手線、その形も「ダッサー」と思いますが、内装も「わあ、ヒドっ!」と思う車両が増えています。
ドアの上にスクリーンがあるのはすっかり見慣れましたが(旧型車両もあるし、そこに遅延情報が流れるのだから必要でしょう)、いまや座席のある側面にもそれぞれの座席に続く壁に3連のスクリーンが並ぶ。

真正面を向いて車窓からの風景を眺めていると、目に「チラチラ」と動画が入ってくる。
画面をみなくても、入ってくる。

ここに流れるものの多くは商品。

本を読んでいても、目に入ってくることも。画面がチラチラ変わるから、視界に入ってくるのだ。
私は電車の中でスマホチェックはあまりしない。小説を読んでいても入ってくる。

おちつかない。
写真の広告とちがって、動画の「動き」は目でとらえてしまいがち。
自分の目の前に蚊が飛んでいるような感じ。

こんな列車ばかりになるのかなあ。車窓を楽しむことを邪魔されている感じがしていやだなあー。



[PR]
by eastwind-335 | 2018-10-19 23:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る
更新通知を受け取る