今週もお弁当:2018年12月1週目

DaゾーンのCMでヨシダが「おいしい思い?恥を知れ」と悪代官のようなヤツの耳をグイグイ大きくしていくのを見ると、「Daゾーン、それはそっちに言いたいことだ!恥を知れ!」とテレビに突っ込むワタクシです。

ドイツ大使館によるブンデスのアドヴェンツカレンダーのプレゼントに当選したワタクシ。そこで「私にはカレンダーを、七転八倒中のバイヤンに七転び八起きの言葉を送ってください」とコメントをつけたのですが、私の手元にカレンダーが届いて以来、リーグ戦も勝ってるのよん!昨晩のニュルンベルクも!しかも無失点。ああ、無失点!!!いや、ニュルンベルクには失点ナシがデフォルトのはずだったんだから、こんなに感動する私もナンですが・・・。
幸福のアドヴェンツカレンダーかも?!このまま12月20日のライプツィヒ戦まで残り2つのリーグ戦をどうか勝ち抜いて!あ、チャーンピオーンズリーグ!(悪)もね!
願掛けかたがた第4アドベントまではその週のチョコも特別編として紹介してみようと思います。

ということで第1アドベントでもあった12月第1週。
アドベントカレンダー全体はこんな感じ。
a0094449_16310936.jpg
日曜日(2日目)

a0094449_16314125.jpg

フンメルスのスライングかあ。
a0094449_16374895.jpg
アリエーン・ロッベン!バイヤンの退団を表明した日ともなりましたねー。単なる偶然なのかしら?早々にオレ様をだしやがって、ということだったのかしら?寂しくなるなあ・・・・。

月曜日(第3日目)
誰の左足?
a0094449_16452458.jpg

開けるとこの人が!レナトかあ。
a0094449_16324941.jpg


火曜日(第4日目)
この日、お結びを作ったのだけどー、写真を撮るのを忘れましたー。そして「いま、それ言う?」的なことがあって、疲れちゃった・・・。
そんなことになるとは知らず、朝はこちらを開きました。
これはわかる!森のくまさんことズーレとラフィーニャ。

a0094449_16444769.jpg

で、開けるとこちら!
a0094449_17011645.jpg

リベリー!先日、フランス人解説者にグーだかパーだかをした(笑)リベリ!
ちょっぴりグーをしたくなる一日でしたっ!

水曜日(第5日目)
朝、ケーキを焼いたのでお弁当はバタバタ。ケーキの砂糖は黒砂糖。そのまま卵焼きにも入れちゃった・・・。そして卵焼きも黒くなり・・・。あとは鶏とレンコンの煮物、ピーマンの炒め物、カリフラワー、レバーのソース漬け。そしてイクラちゃーん!
a0094449_17072851.jpg
焼いたケーキはこちら。
クルミたっぷりは自宅用。
a0094449_17095392.jpg
こちらは職場のバザー用。同じ生地でクルミなし。小さな型にしたのでちょっと焼きすぎたかも。この生地の残りにクルミをどっさり入れたのが上のケーキ。
a0094449_17095876.jpg

そして、この日のカレンダーは・・・。
それぞれもう少し頑張ってほしいキミッヒとレナト。
a0094449_17041299.jpg

その中には・・・。トリッソ。
a0094449_17041680.jpg
木曜日(第6日・ニコラウスターク)
a0094449_17153921.jpg
ニコラウスタークですよー。ニコラウスターク!子どもにプレゼントをくれるニコラウスターク!
カレンダーはエンブレム。
中は子どもの人気者にちがいない・・と思ったら、やっぱりそうだった!ベルニ!
a0094449_17164613.jpg

この日もおにぎりを持ってきていたのだけど、スマホを置いてきてしまい写真はありません。

金曜日(第6日)。
前日、8時には帰宅するはずだったのに・・・。帰りにキンパとヤンニョムチキンを買いました。家に着いたら10時近く。食べ始めたけれど箸はすすまず・・・金曜のお弁当に回しました。卵焼きだけは作りました。
a0094449_17225122.jpg

ここのお店のはあんまり私には合わない味かなあ、と翌日も思いました。もう少し落ち着いたら、自分でキンパを作りたいわ。
アドヴェンツカレンダーはノイヤーとウルライヒ。彼らが手を伸ばすお皿、いまはちょっと手に届かないんでしけど。

a0094449_17181752.jpg
彼らがつかもうとしているシャーレに近づくためには、彼らの前でこの人、ズーレがガッツリとDFラインを守ってほしいのですけどねえー。
a0094449_17182135.jpg
土曜日(第8日)

a0094449_17273543.jpg

中身は彼でした。ティアゴ!しっかり働いてね!
a0094449_17273983.jpg
そして、この日も勝ちましたー!ニュルンベルク戦!



[PR]
# by eastwind-335 | 2018-12-09 17:30 | 料理 | Trackback | Comments(0)

世界的な「ケータイ」問題

昨日の朝、スマホを充電したままで出勤した。
スマホをバッグに入れ忘れた!と気づいたのはエレベータの中。しかし、戻るには遅い(つまり家を出るのがギリギリだった)。

家人には職場からメールをし、夜は遅いと伝えた。

別にスマホがなくても、家と職場の往復しかない私は困ることはない。
スマホを持っていればどうしても開いてしまいますが、なければ開くことはないし。本を読み進められる!と前向きでしたが、行きも帰りも電車の揺れに合わせて睡眠の時間に・・・。

そして、昨晩は残業をして仕事を終えて駅ビルで食べるものを買い(ここで「もう帰宅したら10時なんだから今日は食べずに寝よう」と思えたら体重増加を抑えられるのですけどね)、帰宅したら10時ちょっと前。買ったものの3分の1を食べ(疲れて食べる気がなくなった)ながら、先に帰宅していた家人とニュースを見ていたら、この日はソフトバンクで大掛かりな不通があったと知りました。加えて、イギリスでも通信不能状態に、とyahooニュースに上がっていて・・。(加えて、中国の通信会社の経営者がカナダで逮捕されアメリカに引き渡されたというニュースもあったんだよ、と家人が教えてくれました。)

私は「なくても大丈夫だけれど、様々な困難や障害があってアプリを使って生きている人たちは困るよねえ」と言っていたら、今朝のBBCでもそのことが取り上げられていました。

自動運転もそうですが、スマホだのITというのは、便利かもしれないけれど、それまでできないことをできるようになったかもしれないけれど、一瞬にして「不便」になるんだなあ、と。北海道ではあの地震から3か月で、SNS経由でガセネタが拡散し、それに振り回された人がいたことも新聞に取り上げられていたけれど、私はテレビでは紹介されていない社会不安をSNSで見たからと言って信じる人が結構いることにも驚き。自治体という存在はもはや日本にはないのかも・・・。




[PR]
# by eastwind-335 | 2018-12-07 05:23 | 日常 | Trackback | Comments(0)

アドヴェンツにかこつけて・・・

私は五反田にあるドイツ語福音教会のクリスマスバザーに行きました。このバザーは待降節開始直前の土曜日に行われる。

今年は急にお稽古の日程が変更になって、ポッカリ時間ができたので行くことができることに。
一人で行くのはなんとなくつまらないからどなたか誘ってみようかな・・・と思っていたのですが、私、先週、歯痛が起きて・・・。
そんなこんなで当日になってしまい、結局誰も誘わずにでかけてみた。
a0094449_20291452.jpg

開始直前に教会に到着したため、礼拝も入り口のところで参加することに。かつてはドイツ語だけで礼拝が進んでいたので、私が理解できるところはほとんどなかった。しかし、今回は日本語でも説教があり(しかもドイツ語圏の人が担当!)、声は小さくて聞こえてこなかったけど(外もにぎやかだったし)、日本人にも開かれたバザーになってきたなあーと。

前に伺った時も、教会員手作りのカードを買ったのですが、今年も買っちゃいました!
a0094449_20310747.jpg
どうやって作るのかなあ。下絵のテンプレートがあるんだろうとおもうのですけれどね。こんなに手がかかるのに、たった300円だなんて・・・。
しおりも買いました。
a0094449_20315951.jpg
さっそく使っています。

私は海外に行くと、たいてい一度は「教会カフェ」に行きます。教会のカフェってハズれがないんですよねえ。自分たちのできるところで行うという点からくる安定したものがありますね。
このドイツ語教会のバザーでもカフェがあるのです!
a0094449_20292407.jpg
前に来た時は、ケーキもあっという間になくなっていた。今回はたくさーん!

ズラーっと並んでます。
a0094449_20292066.jpg

大きなものも小さなものも!
a0094449_20394146.jpg
後ろにもストックが!

a0094449_20333827.jpg
目移りしちゃう!
1つ600円を「高い」と言った知人がいましたが、ううん、だって、バザーだもん。
おいしいものを食べて、お役に立てるんだったら、こんなうれしいことはありません。
a0094449_20342833.jpg
でも、本当は、一ついくらか知らず、みんな二つ3つと乗せているし、お昼を食べていかなかったので、2つぐらいOKよ、って気分だったってこともある。
黒い森のケーキとチーズケーキ。

クリスマスクッキーも買いました。
a0094449_20414273.jpg

そのほか購入したのはシュトーレン。これは教会員の方が作ったのではなく、ショーマッカーというお店のもの。
a0094449_20404149.jpg

レープクーヘンも買おうと思ったのだけど、家人が好きとは思えず、一人で食べるには量がありすぎて止めちゃった。

五反田駅までは、ぶらぶら裏道を歩きました。数年前には見られなかったおいしそうなレストランが!それから小さな、でも素敵なベーカリーも。フランスパンのお店だけど、なぜかゼンメルがあったのでそれを買ってみました。
a0094449_20421928.jpg

店内撮影禁止、外観も本当は禁止らしいので、正面からではなく遠くから(笑)。
a0094449_20424268.jpg

でも、取りたくなるような美しさ、なんですよ!

五反田からバスに乗って麻布十番へ。
この土曜はイギリスのお菓子を教えているステイシーさんが経営するモンクレのオープンデーだったのです。
a0094449_20441113.jpg
お店もクリスマスのデコレーションに。韓国料理のお教室でも話題になっていたけれど、今年はリースは円形じゃなくてざっくりまとめたものが流行っているそうですね。
a0094449_20441598.jpg
ステイシーさんがブレンドしたオールスパイスだけでも買いたいなーと思ったら、本格的なフルーツケーキがまだ残っていました!
a0094449_20431063.jpg

もうお店を片付けようとしていた時だったようで、ギリギリセーフ。

ステイシーさんからマクビティビスケット話を伺いました。
a0094449_20434171.jpg
私もお礼に、日本のマクビティのCMソング「ヤンヤーンヤ・マクビティー」を歌いました。本当はyum yum yum マクビティーって歌っているのだけど、私は大人になるまで、鼻歌というか調子付けのように「ヤンヤーンヤ」というんだと思っていました。ところが、本当は「yum(おいしい)」ってことだったんですよねー。それを知った時の驚きは、子供の時まったく聞き取れなかったセサミストリートのテーマソング「how can I get to sesami Street」が突然クリアーに聞き取れた時と一緒。

日本のマクビティーと本家のそれは違うと知り、ロンドンにも行きたいなー、買いたいなーという気持ちに。
いや、十番の日進ストアーに行けば、間違いなく帰るんですけどね!なぜかゴティバが輸入元なんだそうですよ。

そんなこんなで、わが家にはたくさんのお菓子があるのに、私はこれからケーキを焼くんです!ちょっとしたイベントへの協力としてね!

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-12-05 20:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

今週もお弁当:2018年11月4週目

あああー、あっという間に1週間が経ってしまいました。
いいこともあったし、つまんないことでイライラすることもあった。
「なんでも喜んでしなさい」という家庭教育を受けてきたし、「できない」「しない」という否定形の行動は私の中では認めがたいものがある。できないことは人は言ってこない、とすら思っているので。もっといえば、私にできることは誰でもできること、とも思っている。だから大したことをしているわけではない。

詳細を書くと嫌なことを思い出すので省略するけれど、結局、自分がしなくてはならなかったけど、それがちゃんと無事に終わったのだとしたら、それはそれでよかった、と喜ばなくちゃね。

身体はそうは思っていないようで、今週、歯痛がしたのです。ずっと痛いのではなく、一日のうち何度か。朝、食事中に痛くなったかと思いきや、通勤時から就寝時までは痛くない。かと思えば、職場を出るころからなーんとなく痛くて、就寝直前まで痛かったり(痛くて寝られないということはない)。お風呂に入ると痛くなったり。この痛さは義父が亡くなる前にも感じたのと一緒。
ようやく金曜日に歯医者さんへ。すると歯医者さんが「虫歯は一本もありません。疲れているんじゃありませんか?」と。
そして、少しだけ詰め物をしていた歯を削ってかみ合わせを調整してくれたら、あらまあ!ぜーんぜん痛くない!

日々、反省はしなくちゃいけないけど、よかったことをもっと喜んで、ストレスの穴埋めをしなくちゃね。

そんな1週間のお昼。
火曜日
スープにすでにゆでておいたもち麦をいれたもの。
おいしかったのになあー、写真を撮り忘れました(とほ)。

水曜日
いつもなぜか水曜日はあるものをぐいぐい詰めるなあ。ご飯には紫蘇の実。大根を煮たもの、里芋とコンビーフのサラダ、トマト、鶏とレンコンの煮物、ニンジンサラダ、ブロッコリー。
a0094449_18411845.jpg
紫蘇の実は母のお友達が作ってくれたもののおすそ分け。このお弁当で食べ切っちゃった。さみしいなあ。

木曜日
この日は午後イチでちょっとした打ち合わせがあるので、後で食べてもいいようにサンドイッチ。
a0094449_19194181.jpg
私はこのパンが好きで好きで。ルヴァン種のバゲット。これを買った日は翌日のお弁当はなんとしてもサンドイッチにしよう、と思うほど。
パンにはさんだのは、家人が買ってきた(よい子はまねしちゃいけません)東欧産のサラミ、東欧で買ったのにスペイン産だったというチーズ(たぶんヤギか執事だと思う)、そして北海道産の「ペレ」というチーズ、ハムの切り落とし。それからセロリの葉。
いつもとパンの切り方を変えてみました。上からではなく横からです。

これだけでは寂しいと思い、冷蔵庫に入っていたおかずも詰め込みました。前日買ったカキフライ、トマト、カリフラワー、ニンジンサラダ、イカを茹でたもの。
a0094449_19205880.jpg
ペレを買ったのは、日比谷公園でのファーマーズマーケットにて。JRAがチーズを売っているんですよ。牧場との提携なんですって。完全に「名前」で買いましたが、王様の名に恥じないおいしさでした。(いや、この「ペレ」があのペレに由来しているかは知りませんが)

金曜日
今週はお弁当の時に火を使わなかった!作り置きのおかずを詰めるばかりでした。大根を煮たもの、イカと菊の甘酢漬けを和えたもの、カリフラワー(上にちょっぴりトリュフ塩をかけました)、トマト、セロリの葉、レンコンと鶏の煮たもの。
a0094449_19234205.jpg

おまけ 土曜日
実は、ドイツ大使館の「ブンデスリーガアドヴェンツカレンダープレゼント」に応募したら、当たったんです!
a0094449_22041594.jpg
応募の時点ではどこのクラブのになるかはわかりません、だったのであまり期待はしていなかったのですが、コメントのところも大使館は読んでくださったみたい。
a0094449_21594085.jpg

バイヤンだよおおおー!

今年は、大使館には大変お世話になりました。
WM18で大使館には一杯おごってもらい(トニクロがすんごいゴールを決めたから!)、決勝トーナメントに進めずみんなでガッカリしたときも、大使館の広報担当の方が逆に励ましてくれて・・・。
来年はドイツに行きたいなあ。

夜、今日から開けられるんだよねーということで、ワタクシは包みを開け立てかけました。
a0094449_22005759.jpg
噂の「微妙に似てないような」イラストのアドベントカレンダー。
中にはチョコが入っているとのこと。1日目をあけましょう。
a0094449_22010387.jpg
なんかすごく年をとったコマンと妙に物わかりのよさそうな表情のロッベン。
そこを開けると、こちらの方がいらっしゃいました。
a0094449_22011378.jpg
いきなりゴレツカ!どの下に見えるのはミュラーのようですけどね!下に見える人たちのことは、いずれ!

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-12-01 22:16 | 料理 | Trackback | Comments(0)

飛行機の乗客の一人として

人生で初めて飛行機に乗ったのは私も弟も小学生の時。たった二人で広島の祖父母の家に行ったのでした。
離陸し水平飛行になるまで、弟は「緊張するねー」と珍しく私の手を握りました。あの時、おいしいジュースとサンドイッチが出て(当時国内線も機内食が出た)、甘いものを飲ませてもらえなかった私たちはひどく興奮したものでした。

「こんなに重たいものが飛ぶなんて怖い」とも弟は言いました。私はただただワクワクしていたのですけれど。このあたりが、幼少のみぎりから「愚姉賢弟」の誉れ高い東風家を象徴しているのですが・・・。

幸いに、私は今まで安全に空の旅を楽しむことができました。
しかし、10時間以上の移動を保証してくれるはずのパイロットの一部が「え?え?」なことを搭乗前夜にしているのだということを知り、驚いています。

飛行機の運行に関わる人たちの飲酒問題です。

このニュースが出るまで、私はパイロットは前夜の飲酒は会社が許していないのだろうと勝手に思っていました。万全の体調で常務しているのだろうと。

昨日、今日、新聞やネットニュースで取り上げられていますが、ヒースロー空港で飲酒状況のまま搭乗し勤務しようとした日本人パイロットが逮捕され、実刑判決が出たそうです。
逮捕のニュース以来、飲酒問題は鶴丸の問題ではなく、ANAも、LCCもそうだ、と。

私は思います。チケットが安かろうと高かろうと、どの社もパイロットやCAには集合時間24時間前から飲酒は禁止、と。

そんなアルコール検査だけでOKなんておかしい。
だって、機内でアルコールを摂取することにしたら、地上で飲むより酒の周りが早いというのは、空の旅を楽しむ者には常識ですよね。
お酒が体内残っている人は、酔いがさめるのだって遅いのではないのかしら?

車だって「呑んだら乗るな」なのに、弟が幼いころ驚いたように「こんなに重たいもの」を飛ばす人たちが、ほんのちょっぴりでも飲んでいるとしたら・・・。

もちろんパイロットのストレスの凄さは私だって「想像」できる。だから、そういう意味では、航空各社はクルーの到着地滞在時間を48時間以上確保しなくてはいけないと思う。これは無駄、ではなくて、利用者の命を預かる者が責任感を保つための装置だと思う。

単に常務前のチェックを厳しく(いわゆる「世界基準に」)するだけでなく、各社が「労働者の幸福」も考える方向になるといいのになあ。頭下げるだけでなく、単に改善策をごもっともな感じで記者会見で述べるのではなく、頭を上げて利用者の目をしっかりと見て「わが社はこうしました」と言える、そういうコンプライアンスが各社に見られるといいなあ。

そうすれば安心して私も10余時間の旅を楽しめます。



[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-30 19:54 | 日常 | Trackback | Comments(0)

今週もお弁当:2018年11月3週目

やはり、立冬とか小雪という二十四節気は正しいですねー。ぐっと冷えてきました。

先日、ある方から「立冬からクリスマスを考える話」を伺いました。12月24日ごろが一年でいちばん夜の時間が長いのだそうです。日本だと冬至のころ。なるほど、闇が増す時間のなかで光を待つということと待降節は重なっていますね。小春日和がありがたい季節になりました。

火曜日
この日の朝は直行。ということで、朝、1時間ほど余裕がありました。無印良品有楽町店閉店セールで買ったハンカチを縫い合わせ、あずま袋を作り出しました。突然作ろうと思ったわけではなかったのですが(前日、ハンカチを買った時から「あずま袋にしよう」と思っていたので)、でも、なんでいま私は縫い合わせているのかなあーと思わなくもなく(爆)。ま、2か所だけ縫えばいいんですから簡単。ハンカチにしたのは、端の処理が終わっているからです。しかし、黄金律(1:3)は無視して作ったので、仕上がりはこんな感じ。
a0094449_08261762.jpg

それで包むお弁当がこちら。
卵焼き、パプリカのピクルス、鶏肉のソテー、大根の煮物、小松菜のからし醤油和え。
そして今日のスペシャルはなんといってもロシア土産のイクラ!瓶にはキャビアって書いてあるんですよー。私はご飯の上に、家人はおにぎりの中にいれました。
a0094449_08264531.jpg

このお弁当をあずま袋に入れたところ。
a0094449_08284692.jpg
持ち上げるとこんな感じ
a0094449_08284908.jpg
黄金律が大切なのは、入れた後の安定性がそれによって保たれるから。
気が付いたら、持ち手から布が落ちそうになっていることも。帰りは一度お弁当箱を落としちゃったし(やわらかい床のお店でよかったー)。ということで、お弁当用のあずま袋づくりは今後も続く(予定)。ミシンがないから、端の処理ができないのですけど、30分500円ぐらいでミシンを使うことができる場所を見つけた。でも落ち着いて考えたら、ミシンは高校2年生以来使っていない!ってことはえーっとえーっと。ま、最低30年は触ってない。あの時だってぶきっちょで、まっすぐのモノを丸く、丸いものをジグザグに縫い上げるという、前衛的なコトしかできなかったというのに・・・(溜息)。


水曜日
朝、目覚めたら疲弊していた。
だもんで、お弁当は作り置き、冷凍保存していたものばかり。と思ったけど、ブロッコリーだけは朝用意をしておいたのだった。
ご飯(これも冷凍しておいた)に山椒とじゃこを合わせたもの、解凍したトンカツ、ニンジンサラダ、大根の煮物、ブロッコリー、菊の甘酢漬け、クラゲの中華サラダ。
a0094449_08314019.jpg

なんで疲れていたかというと・・・。
前夜、入院をした職場の独身のお兄さんを見舞いに行った。本人の不摂生が原因なだけに非常に反省している様子。そしてまだ安静と言われているので、終業後、私が家族のごとく買い物をしていくことに。
職場から電車やバスを乗り継いで小一時間かかり、新宿まではバス1本なのだけど目白を経由するので小一時間。バスの中で爆睡。
この日は家人が夜ごはんがいらないから、ということでお見舞いに行ったのだけど、実は実家では両親が「携帯でqの字が出せないからパパのパソコンに携帯で撮った写真を送れない」ということでアタフタ。写真は、9月末の台風で壊れた竹垣修理の保険請求に必要らしい。えー?ガラケーを使わなくなってたった半年なのに、スラスラ対応できない私。自分の脳が小さくなっているのでは・・・と落ち込む。そして、親が「そんなお見舞いもあった夜に尋ねた私たちが悪かったわ」と謝られ、ますます落ち込む。
結局、ガラケーの写真を保険会社のおじちゃん(といっても私ぐらいでしょう)がさささとその人のパソコンに転送してくれて解決したらしい。しかし!両親はその時「q」の字を出す方法をその人に聞かなかったと!!!
「東風ちゃんが冬休みに帰ってきたら教えてもらうからいい」だって(涙)。
親と言えどもケータイショップに行かせて自分でやらせたらいいじゃん、というドライな同僚もいますが、ただでさえ「新しいモノ」に億劫になっているもう80歳になる父だの、体調が不安定な母に「行ってこーい」とは言えません。親のモチベーションを上げるためには、こっちが「親よりちょっとデキる」状態であるほうがいいのです。ということで、まだガラケーな先輩のところで、qの字を出す方法を復習したワタクシでした。

木曜日
初チャレンジで、スープジャーで作るおかゆ。
見えないよねー、そうは。具はマッシュルームときくらげ。鶏ガラ中華スープで味付けしたのだけど。
具がたくさんすぎたからか、ちょっぴりお米が堅かった。初回は書いてあるように「具ナシ」で行くべきだったか・・・。
a0094449_08575825.jpg


金曜日
アメリカじゃ感謝祭、日本は勤労感謝の日。
カボチャベースの野菜スープ、とおにぎり(中身はイクラ)。スープは朝作りました!そのかわり、スープは辰巳芳子先生ご推奨の鶏スープに切った野菜を入れて煮るだけ。ただそれだけ。
a0094449_09011640.jpg

私にとっては、勤労(できることに)感謝の日だなあー。たぶん。定年まであと15年以上あるので、そこまで全うできるよう、体に気を付けなくちゃ。まずは「食っちゃ寝」をやめなくては・・・。仕事をやめたらストレスがなくなる、とは思えないので、きちんと自力でいつでも生活していけるよう、仕事を続けたい。でも、疲れちゃうので夕飯を作り食べ終わったら起きていられない。

自分は食べないのに調理するっていうのは納得いかないし(笑)。たしかに、母も私の年のころ、自分が食べたくないときは私に台所に立たせたものでした。私には「代わり」がいないので、作ったら食べなくちゃ、ということになります。なんか、この「物惜しみ」が脇腹の肉と化しているような気がしなくもなく・・・。

作らなくたっていいんだよ、と家人はいうけれど、外ご飯は疲れる。私は絶えず「問われたこと」「言われたこと」に個別に、そして言ってきた人にとって「よくなるように」と対応していなければならない仕事。アウトプットする月曜日だって、受け手にとって生涯のいずれかに、どこかで役立ちますようにという思いでいっぱい(その割には準備が甘いのだけど)。
隔週の土曜日は引きこもりのように家にいて、朝から晩までテレビを見て、笑ったり泣いたりしている。大草原の小さな家を見ては泣いて笑う私に、家人はちょっと驚いている感じ。でも、土曜日のテレビは一方的な語りで、相手を思うことなく、自分の感情で声を上げられる。

今朝も、さきほど、新スタートレックを見ていて爆笑。朝6時から字幕版を見て笑っているなんて私ぐらいかしら?

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-25 09:10 | 料理 | Trackback | Comments(1)

勤労感謝の日にはたらく

世間が3連休という日が年に何度もあるけれど、たいていの場合、私が属する業種は連休にならない。
役所のばかったれー!!!って気分です。

職種によっては代休が取りやすいのですが、私の職種は特定の時しか取れない。
そして、その「取れる時」は職場では「代休取得期間終了」なのです。
(たぶん、給与が翌年度に支払いの形になるからでしょう)

今日のお昼は、スープとおにぎり。いつも休日出勤だとピクニックランチになるのだけれど、家人も出勤なのでおにぎりを作らねばならない日。やさいをたっぷりいれたカボチャベースのスープをつくりました。

ちいさな幸せ。


[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-23 07:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

まぢ、ヤバいかも

今朝は、朝から縫物。
といっても2か所を縫えば仕上がるというものだったのだけど。我が家にはミシンがないので手縫い(ぐし縫い)。
久しぶりに針と糸を持ちました。ひょっとしたら3年ぶりぐらいかも。

その間のBGMはNHKBSの国際ニュース。ゴーン会長(いまのところはまだ)逮捕のニュースは多くの国の興味を引いているのだろうと思ったのだけど、イギリスとフランスのニュースぐらいだったかな?日本語吹き替え版で取り上げられたのは。

で、身支度を始める前にツイッターをチェック。

お、オランダに対して2-0。
父ちゃん保育園はオランダに勝てそうじゃん!あと10分の我慢だよ。
もうNLは2部落ちが決定とはいっても、今年最後の試合ぐらい勝って終わらないとねえー、父ちゃんやばいよねえー、と独り言ちる。

で、お弁当のおかずを作る。
おかずを冷やす間、パソコンでHPをチェックすると!

引き分けじゃん!
おーい!

と思わず声を上げてしまいました。ご近所の皆様、朝早くから申し訳ございません。

誰が何をどうして5分で2点を献上させることになったのか、帰宅したらどこかで失点シーンを映像で見られるのかなあ?
DFBのトップページは暢気に「誰がこの試合のSpeiler des Niederlande-Spiel?」なんて載せているけどさあああああああー。

歴史は夜作られる・・・という不安な言葉が頭をよぎります。
東京は明け方を迎えましたけどね。

思えば、父ちゃんの17-18シーズンの試合、勝てずに始まっていた!(3月のスペインとの親善試合)
引き分けで始まり、引き分けで終わった、ってことか・・・。

ヤバいよ、父ちゃん!



[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-20 07:13 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(0)

欲しいものはみんな一緒よね!

数日前、有楽町無印良品が閉店のためのセールを始めると知りました。
洋服もレトルト品も家事道具も・・・ほぼすべてお買い得。

とはいえ、私はちょっと物を買いすぎだ、と思っていたので、今回は見送るつもりだったのです。
しかし、11月になって、前月の誕生月への500円クーポンが!
そこで買おうと思ったものは、毎年買うタイツ。

ヘーゼルナッツ色のタイツ。

お店に行ったら、私が欲しいサイズより上か下しかない。

Mサイズがありとあらゆる商品において(保存容器すら!)欠品していた!もう補充がないとのこと。

まあ、週末もあったしねえ・・・。
服は買わない、と決めているから、雑貨をうろうろみてしまう。

服を買っていたらほかを見なかっただろうけれど、今日は隅から隅まで!
お箸だとか、布だとかを買ったり、次の旅行(っていつになるのかなあ)で使う詰め替え容器も色々買うことができたり!

そう考えると、よかったかなあー。

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-19 21:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)

No.2があの程度じゃ日本の高等教育は(ますます)ダメになるにちがいない

私はテレビのニュースというものを信頼していません。別にフェイクニュースだというわけではないけれど、「編集」してしまうから。
一番大切な部分はばっさり切る。
新聞だってそう。「主なやりとり」となっていて、「詳しくはデジタル版で」。
・・・・タダの新聞じゃなくて定期購読をしているんだから、さらにお金をとって「詳しくはデジタル版で」なんて2度取りしようとすんなー!って気分になる。

Yahooのトップニュースはブログを書いたりブックマークをしているインスタを見るために立ち上げたときに目を通す。
でも、興味深いニュースに限ってほんの300字ぐらい見せて「あとはデジタル版で、契約しなさい」みたいな文章が出てくる。

だから、コトバの一部だけを大きく取り上げることはしたくないのだけれど、さすがに昨晩はどういう文脈であったとしても「内閣のNO2がこの程度って許されるわけ?!」と私は家人に憤ることに。家人は「誰が?」と。「あそーよ!」「あっそー」。
チコちゃんは「オヤジギャクは脳が理性を止められないから」と言ってましたけど、私もオバさんですから理性をとめられない(いや、幼いころから、一言余計な(しかし本質をついていたらしい)ことを言っては親から「もっと賢くなりなさい」と注意されていたのでした)。

Ach SoはオヤジじゃなくてGGイだから理性はなくなっているのかもしれないけれど。
知性がないのは漢字の「読みまちがい」だの歴史認識の欠如とかでわかっていたけれど。
大学受験レベルの歴史認識はないなー、とは思っていましたが、昨日、国立大学(しかもT大!)を卒業している某氏市長を名指しで「人の金で大学に行って」と批判したのだとか。もう今朝のYahooトップからは下ろされて、国内版にいれてるだけ。NHKは一切言わなかった。共同通信配信のこのニュース、通信社配信だけあって短すぎる。「安倍政権は、大学の財源の多様化を進めるべきだとの方針を示している。」という一文が添えられているけれど、この「大学」って主として独立法人系大学ってことよね?

ニュースから得られる情報が少ないだけに、真意を注意しなくちゃいけないけれど、でも、ちょっとまって!
この市長の出た国立大学っていうのは、本来「高等文官、つまりエリート公僕になるための大学」だったはず。有名企業へのパスポートじゃなかったはず。同じ大学を卒業したという家人のお祖父さんは昭和の初めに亡くなってしまったので、家人すら会ったことがないのだけれど、これまたすでに亡くなっている舅の話によれば、文学部を出て旧制中学の教員になった。そして最初の赴任地は地方の旧制中学だったという。それは、公僕として当然のことだった、と。

人のお金の学校を出るためには、自分で授業料が払えればOK、とか高校ではたくさんの科目を履修しなければならない(ことになっている)のにたった3科目の受験でOKだとかいう私立大学(ワタクシもそういうところを卒業したわけだけど)と違って、受験科目数も多いし(いや、「多かったし」が正しいよねえ。地方の国立・公立大学は志願者が減っているので私立型OKにしてるし)、なんといっても受験前にセンター入試を受けなくちゃいけないし(マークシートで自分の思考を測られるのがいやで国立受験はやめた私は、マークシートを2日間も目の前に置かれるなんてかわいそうに、と思ってしまいます)。

国公立大学協会の次の発言が待ち遠しい。

とにもかくにも、こんなニュース、海外へ発信されたら、「ドクターホルダーがいない内閣」がやること、とかいって、ますます日本の外交ってバカにされちゃうよねえ。「人のお金で学校を出た」関係省庁のみなさん、お察しします。やる気なくすよねえ。東大の国家公務員試験受験者数(率)が減っているの、わからなくもなくなってきた。

ツイッターで罵詈雑言を発信する政府のトップじゃないだけマシかなあ、と思っていたけれど、ツートップ以下の面々、つぶやき(ツイート)より性質悪いっていうか・・・。大学教員の採用は昨今「博士号取得済のこと」になっている。内閣も最低「修士」とか学歴フィルターをかけたほうがいいんじゃない?

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-18 09:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

今週もお弁当:2018年11月2週目

職場の帰りにお米を買いたい時に寄るお米屋さんでカード決済を始めるようになりました。しかし、手数料として3パーセント上乗せをすると。
袋を持ってきたら2円引いてくれ、ポイント制になっていてある程度になると500円の値引きをしてくれる。つまり良心的なお店なだけに、カード決済手数料を導入するというのは相当悩んだ証だろうなあ、と思いました。
私はもちろんカードも使いますが、個人商店では現金のやりとりが好き。
野菜は基本的には八百屋。おつりを渡してくれながら、何が良い、どう使ったらいい、というような話をしてくれるからです。あ、有楽町駅前で買う八百屋さんは「レシピは自分でクックパッドほかで検索してください」と紙をぶらさげている。ボランティアで農家さんから頼まれたものを売っているだけだから、だそうです。一見、不愛想ですが、実はとってもいい人なので、私は好き。

少しやせなくちゃーと思いつつも、ついつい、食材を見ると「これを作ろう!」と思って買ってしまうのです。
が、仕事を終えてから調理をするのは大変。で、ついつい「スープ」にしちゃうんですよねえ・・・。最初は薄い塩味で、2日目はドライハーブを入れ、そして3日目からはトマト缶を入れて味を変え嵩を増やします!

職場のレンジで温めることもできるのですが、先日、ついにスープジャーデビューをしたので、今週も持っていくことに。
重たいのがナンですけどねー。

火曜日
スープとおにぎり。

スープは辰巳芳子先生ご推奨のチキンスープに野菜をどんどこ入れただけ。一度に3リットル分作るのですが、あっという間になくなっちゃう。
a0094449_14220356.jpg
白く写っているのはチーズです。数時間後に食べたのですが、ちょうどいい感じに溶けていました!

水曜日
冷凍しておいたご飯とあるものを詰め込みました。
卵焼きは前日家人のお気に入りの魚屋さんで買ったもの。寿司屋の卵焼き、っていうものです。となりはゴーヤとツナと玉ねぎのサラダ。その下は中華サラダ。パプリカのピクルス。鶏肉の照り焼き、菊の甘酢漬け、しし唐の酢醤油漬け。
a0094449_14293406.jpg

冷凍をレンジで解凍いるのだけど、時々、真ん中のところが固く仕上がることがあって・・・。容器のせいかしら?入れておく量が少ないのかしら?多すぎるのかしら?

木曜日
前夜炊く予定だったキノコご飯。朝炊きました。出汁は茅乃舎の減塩出汁を使って。メインはキノコご飯だ、といわんばかりの量!
卵焼きは自家製(笑)、ゴーヤのサラダ(前日と同じ)、菊の甘酢漬け(前日同じ)、パプリカのピクルス(前日と同じ)、しし唐の酢醤油漬け(これも前日と同じ)。ご飯が違うとおかずが一緒でもまた違ったお弁当になる、よ、ね?
a0094449_14323010.jpg

新しいおかずといえば、前夜、しっかり30分は煮込んだミヨッグク(わかめスープ)。疲れている時は絶対これが飲みたくなる!ナカ先生に教えていただいた量の倍量で作ったのだけど、朝、みたら、半分ぐらいになっていてびっくり!
a0094449_14322689.jpg


金曜日
写真を撮り忘れてしまったのですが・・・一日うちにいた家人が「おいしくてもったいないから水を足した」ということで量が増えていたミヨッグク(ただし写真は撮り忘れた)。そして、どうにか写真は撮ったお弁当。
ご飯は前日のキノコご飯の残り。紫蘇をいっぱい。菊の甘酢漬けも載せ、さらに上には紅ショウガ。
肉厚なシイタケを焼いたもの(立川のしいたけ。なんで都下で販売されないんだろう?)。最寄り駅近くの商店街にある練り物屋で買った練り物。型崩れのものばかりたくさん入ったものが500円で出ていた。
水曜にお肉屋さんで買った中華サラダ。そして卵焼き。
a0094449_14362741.jpg


どうにか写真に撮った、というのは?
朝6時には作り終わっていたお弁当の写真を出勤前に撮るタイミングを逸したのです。まだ6時って暗いのね・・・。食事の時と思っていたのに・・・。
すっかり忘れて一口食べて気づいた!
それを見ていた友達が「食いしん坊さんだから」と笑ってた。あはは。

スープジャーは本当はおかゆを持っていこう、とおもって買ったのだけどなあー。もうちょっとだけ大きめのがあるといいのになあ、と思ったり。また、注ぎ口がはっきりいているお玉を買わないと、あわてて入れると失敗しちゃうなあ、って。新しいものを買えばいろいろ勉強になりますね。(スープジャーデビューがいまごろ、なんていうオクテが言う言葉じゃないでしょうが・・・)


[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-17 14:40 | 料理 | Trackback | Comments(0)

うううー

日曜の朝はドキドキ。目覚めて一番最初にバイヤンのサイトを開きます。勝ち負けのドイツ語はしっかり頭に入っている。

がががーん。
意地を出して引き分けるかなあ、と思ったのだけど。
いつも以上にニコ兄ちゃんの去就が気になってしまった日曜の朝です。
監督が悪いのか、選手が悪いのか。
ニコちゃんがバイヤンの監督に向かないのか、選手が違う意味で「Mia san mia」(オレはおれ)なのか。

勝てないバイヤンのようです。すっかりテレビ中継がなくなってしまい、このところ、ラジオ中継を聞くだけの体力がなく、「なんちゃってドイツ語」で読むSportbildもだけど、日本語媒体で紹介されるバイヤン内のあれやこれやもロクな内容じゃなくて・・・。

しかもヨメまで監督批判をしていると。まあ、あの、不満があると両腕を上げて詰め寄るミュラーのヨメらしいから、私としては「あるある」なのですが・・・。生え抜きということでミュラーはとてもうまく立ち回っている、という雰囲気の日本人ライターの文章を読んだことがありますけれど、私は正直「ミュラーってそんなにいいんですか?」と思う。
下手だ、というわけではありません。
レコードマイスターの一人なんだもん。はまればうまいんでしょう。

しかし!
私からするとミュラーは「役立たない男」なのです。
バイヤンでも代表でも、「ここで、がんばってもらわなくちゃ」ってところで、彼は何をしていたでしょう?
両腕上げて主審にあれこれ文句をつけているだけ、な気が・・・。

こういうところに彼をおくポジショニングが悪い、と監督のせいにしたりするけれど。点がとれないとミュラーはFWじゃない、とかばうけど、じゃあ、MFとして彼は何をしているのだろうか、と。

ムードメーカー?
そうなのかなあ?本当の意味でのムードメーカーだったら、主審にたてつく暇あったら、チームメートに声をかけていくべきなんじゃ?
キャプテンシーっていうのは、主審にたてつくことじゃない。試合を作り上げていく能力だ、と思うのだけど。
(たまたま、主審に熱く寄っていくオリだのボメだのがカピテンだった時代が続いたし、その熱さは日本人には欠けているだけにキラキラしていましたけど)

移動のバスのなかだの、お食事会でのムードメーカーってことは、オフ・ザ・ボールのキングなのであって、ピッチの上じゃ役立たず、なのでは?

ノイヤーはなんだかんだいっても、ゴールから離れることはできません。
やっぱりフィールドがしっかりしてないと、いくらあのノイヤーだって疲弊しちゃうよ・・・。いまのバイヤンの問題点はDFにあると思うのは私だけかなあ?DFも攻撃に参加する、というペップのラムたん起用ができたのは、ラムたんが「きっちりDFの仕事をまずはする」ところを絶対に外さなかったからであって、ラムたんのような選手をバイヤンが育成しない限りはしばらくむつかしいだろうなあー(ドイツ代表のクライシスにおいても)。
ラムたんの引退の時にドイツメディアもバイヤンサイドもDFBも「ラムたんが引退してもポストラムたんであるキミッヒがいる」とさんざんキミッヒを持ち上げていたけれど、私は「え?キミッヒのDF能力はそれほど高くありませんよ」とずーっと言ってきた。結局彼は一枚前にいるほうがいい、ということになったのか、最近はDFとしての仕事をしているように思えないのだけど(ま、私自身も試合をちゃんと見てないけど)。

そりゃ、ニコちゃんがいきなりバイヤンの監督に決まった、と言うこと自体、私にはある種の不安はあった。フランクフルト以外のチームでも「お!やるじゃん!」というところを見せてからバイヤンに戻ってくるべきじゃないのかなあ?って。だって、バイヤンは「2度目」はほとんどないんだもん。2度目があることが許されるのは、おじいちゃんだけ。

個人的には、やっぱり、収監された人がトップに戻ってきたのはイカンだろうと思う。ウリおぢさんをOBとしてクラブがレジェンド扱いするのは、選手としての彼に対するクラブのやるべきことだと思うけど、会長に彼をおくべきなのかなあ。ウリおぢさんの言動もレコードマイスターのトップとしてあるべきではないことが今シーズンになってからありすぎ!この前の記者会見なんて、本当に本当に・・・「サッカー界のトランプかいっ!」と突っ込みたくなるほど恥ずかしかった・・・。
レコードマイスターなんだから「紳士たれ!」でしょう?やっぱり。

とはいえ、やっぱり、バイヤンには上位争いを続けてほしい。CLに行く行かないはどうでもいい。1年ぐらい行かなくてもクラブとして経営には困らないでしょう?それよりも、ドイツサッカーの矜恃をクラブレベルで体現してほしい。だから応援してるし、ここからどうやって「踏ん張るか」が大切だろうなあ、と思って「南の星」の歌詞を思い出すわけです。

もはやブンデスにはゴロゴロ日本人がいるわけで、こんな感じのバイヤンを追うばかりの日本語メディアはない。自力でドイツ語メディアにアクセスできるように私もドイツ語力を上げていかなくちゃ・・・。昨日、三修社が運営しているカフェでドイツサッカー用語集のような本を見ました。これを片手に読むのがいいのかな?ただ、ライブティッカーの例文がちょっとねえ・・・うん、アレなんだよねえ(以下自己規制)。ま、ケガ用語などは役立ちそう!あと、ラジオとかで聞こえてくる応援の声が聞き取れるようになるかなあ?と。

いまのバイヤン側の音声は「ヤジ」ばかりかも。ヤジのページあったかなあ?


[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-11 07:33 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

今週もお弁当:2018年11月1週目

今週は久しぶりに有休をとりました!
そして、今週はいろいろと新しい「出会い」がありました。

火曜日
あるものをすべて突っ込んだ、って感じのお弁当。
メインはとんかつ。冷凍しておいたもの。
ジャガイモサラダ、パプリカのピクルス、紫キャベツのサラダ・・・あきない体質でよかった・・・。
a0094449_23130328.jpg
カリフラワーが少し安く出ていたのでお酢で茹でました。好みの硬さで仕上げられて嬉しい。
水曜日
スープジャーが届いたので、スープランチに!
a0094449_23155269.jpg
これに週末のドイツフェスで買ったパンを!スープはカボチャ、ニンジン、玉ねぎ、ズッキーニ、マッシュルームに鶏ひき肉団子。この団子は鶏ももと鶏ムネのひき肉にご飯を加えターメリックやクミンなどをしっかり入れて味付けしたものを焼いておきました。あと、カリフラワーのゆでておいたものも冷蔵庫から取り出して入れました。4時間後、カリフラワーも温かく(いや熱く)なっていました。

木曜日
この日も残り物だらけ。
鶏のひき肉でつくったつくね。ご飯はチキンピラフ(冷凍しておいたもの)、いんげんを茹でたもの、白いカリフラワー、パプリカのピクルス、菊の花の酢もの。茄子とイチジクのサラダ。
a0094449_23164561.jpg

金曜日は有休をとったのでお弁当はありません。
この日は9月のうちから「休める」ことになっていたので、いつもは土日に入れてもらっている韓国料理を習いにナカ先生のところへ。
a0094449_23220366.jpg
先生が作っておいてくださった卵焼きとか、紫キャベツのサラダ、デザートもあり、おなかいっぱい!
a0094449_23230491.jpg
デザートは生の棗とチーズケーキと栗ようかん。
棗はリンゴの歯ごたえ。でも皮のあたりは棗の味と香りがしっかりする。
a0094449_23485039.jpg

先生のチーズケーキは二層式!。
a0094449_23465631.jpg
ご相伴にあずかった栗ようかん。
a0094449_23474859.jpg
みなさんおいしいもののある店をご存じです!今度一度行ってみようっと。

先生から教えていただくお料理は何度も家の食卓に、だけではなく、私のお弁当箱の中にも登場しています。今回のレシピも私のおかずの定番になります。

お教室の帰り、落合(といっても高田馬場との境)にある国産小麦のパン屋さんティコパンへ。
私は朝日新聞のデジタルマガジン&をブックマークしています。もともとは、山へ行くための情報を得るためだったのですが(山道具の連載があったのです)、パン屋さんやレストラン情報なども読むのは面白い。こういう食材があるのか、とか、こういう料理もあるのか、とか読むだけで満足するタイプなのです。しかし、昨日の朝は、先生のお宅へ行く前に毎朝と同じように&をチェックしていたら、あらこのお店を紹介している記事がリコメンドに載っていて。掲載されて1年近く経っている記事だったようですが、どうして私は気が付かなかったのかなあ?住所を地図で探すと、先生の教室の帰りに歩いて伺える距離。

行ってみました。
a0094449_23421163.jpg
小さいお店でしたが、予想以上にたくさんの種類のパンがありました。もう品切れのものもありました。
この日はハード系が欲しかったので、クルミがたくさん入っているものと、レーズンがたくさん入っているパンを買いました。
a0094449_23433650.jpg

そして今日。
今朝は書道のお稽古でした。おやつは「お札せんべい」。
a0094449_23293579.jpg
一万円、5000円、1000円札。私がいただいたのは一万円札。福沢銀行券と焼き印がついています。なんと甘草入り!リコリスいりですよ!(別にリコリスのような臭さはない)。
お教室が1時ちょっと前に終わったので、先生のお宅からそれほど離れていないところにある三修社が経営しているカフェGlocal Cafeに。このカフェは1時からオープンで、いつもお稽古が午後の私はなかなか行くことができませんでした。
さすがドイツ語の三修社(!)が作ったカフェ。1時にならないと開きません。
だから、もう少し先へと歩いてみました。いつもお稽古が終わったら晩御飯を作るためにまっすぐ外苑前へ向かうので、何もかにもが興味深く・・・。熊野神社のほうは数年前に行ったっきりだなあーと思ってボーっと見ていたら、なんだか素敵なお店が。
しかし、こういうお店って「雑誌編集者への貸出専用」とかでシロウトが入れないところもあると、友達が言っていたことを思い出していたら、扉が開いて「どうぞー」と。
a0094449_23341137.jpg
なんと昨日オープンしたばかりの富山県高岡の産業をいかした商品を扱うショップだったのです。
a0094449_23302260.jpg
この数日「かっさを買おうかしら?」と思っていたところだったのです。(50肩で堅くなった肩甲骨周りなどをほぐすため)
なんという偶然!
a0094449_23280057.jpg
カフェは三修社の語学参考書や第二外国語用の教科書がたくさん!このカフェでは80年代までにドイツ語を習った人ならば一度は目にしたことがある「関口存男」展を1年近く様々な切り口で行っているのです。
私はむしろ彼のお孫さんである一郎さんの参考書にお世話になったのですが、当時のNHKのドイツ語テキストの後ろには「関口文法」の本や「基礎ドイツ語」という雑誌の紹介が必ず載っていました。だから、名前はもちろん知っていました。
今やっている展示は戦争中、妻籠に疎開し東京に戻るまでの間のこと。戦後の公民館運動に携わっていたとは!
展示物は少しですが、非常に堅気で志があり、一方でどこか「笑い」をいつも探し出している存男さんの良さが伝わってきました。
カフェではおいしいホットチーズサンドを食しました。
a0094449_23320861.jpg
なんとなくレモンの味もしたのはなんでだろう?
私はあんまりカフェラテを頼まないし、こんな可愛くしてもらったことはないので、一人ウキウキでした。
自分としては珍しくアクティブな2日間でした!

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-10 23:49 | 料理 | Trackback | Comments(0)

お仕事バッグさがしてます!

私は用途ごとのバッグを用意してあります。土曜のバッグ(お習字のバッグ)、日曜のバッグ、お仕事のバッグ、お料理教室のバッグ・・・と用途別に中身がことなっているバッグに、財布・定期・鍵・化粧ポーチを入れ替えるだけです。
毎週月曜日はいつもと違う用地で、いつもと違うお仕事をしています。なので、仕事用のバッグは二つあります。

基本的にバッグは消耗品だと思うので、金額には「上限」があります。
月曜のお仕事バッグは、ハワイの免税店で清水の舞台から飛び降りて買った「上限越え」のコーチの布製バッグ。
週に1度しか使っていないのですが、気が付いたら4年以上使ったからか、私の体形のせいなのか、腰にあたるあたりが擦れてしまい、ちょっとみっともない感じがします。

買い替えようと夏が終わるころから、行った先々でバッグを物色中。
私が欲しいのは、雨に強く、軽く、A4のフォルダーが入り、化粧ポーチや本をストンと入れられるよう3センチ程度のマチがあり、上はファスナーできっちり閉じられるもの。

年代別女性雑誌で「お仕事バッグ」が紹介されている号があったので、風呂の友として買って読みましたが、どれもこれも「げーっ、高ーっ!」と風呂場で血圧が上がりそうになったことも。
また、真ん中をマグネット止めするタイプが多いように見受けられます。

私は国内外ともに、ファスナーではないバッグで電車に乗るという勇気がありません。
盗難防止目的が第一ですが、第二に雨が降った時に傘をさしてもバッグの中に雨水が入り仕事道具が湿っぽくなるのは困ります。
でも、今のはやりは、トートバッグのような感じ。身の回りのものは小さめのバッグにして、資料はオープンなバッグにいれている人が多いです、とお店の人に言われました。でも私は仕事帰りに食料品を買うことが多いので、二つも3つも手から袋を下げることは避けたい。

ロンシャンのオリガミバッグにすればいいじゃん、と友達にいわれました。実は体調が悪くないときの火曜から金曜までの通勤バッグはそれ。
でも、そのロンシャンのA4ファイルがスッと入るバッグはマチが私の好みより広くて、ちょっと「妥協」しているんです。それと、まあ、私が持つぐらいですから、みんなが持っている。

そう。あまり人が持っていないのがいいのよねー。前のコーチのバッグはハワイの免税店限定のデザインだったので、日本で「被った」ことはありませんでした。チャームをつけたりして「自分らしくカスタマイズ」って方法を私だってわかっているけれど、バッグにチャームをつけると服に引っかかるし、バッグにあたる音が耳に入ってくるのもなんだかイヤ。なので、私はわざわざ外す。だから、改めて「付ける」ことはない。

ああ、自分のこだわりでコトをややこしくしている気がするけれど、週の通勤初日に持つバッグだからこそ、妥協したくもなく・・。

そして、この数週間、通勤車両の中で、または、交差点で信号待ちをしているときに女性のバッグをじっくり眺めているのです。

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-08 05:50 | 日常 | Trackback | Comments(0)

通過儀礼真っ最中

職場の同期とは、会えるようで会えない。敷地内のビルが違うと1か月は会えないこともある。
(通勤経路が異なったりするとますます!)

先日、久しぶりに同期の人と話すことが。
すると、彼女が「いま、私50肩なのよー」と。「わたしも!わたしも!」と嬉しそうに答える私。
そして、ふたりでどれだけ腕があがらないかを報告しあう(笑)。

その同僚とは洋服の脱いだり着たりがいかに大変か、という話にもなりました。
「海外ドラマで男優がTシャツを脱ぐシーン」になっちゃうよねーと盛り上がる。
でも私の場合は「なんかドンクサイ役をやっている男子みたい」って自覚してるのだけど。

いつかはこの痛みからは解放されるはず、と思っていても、毎晩、かすかな痛みで目覚める時(ま、以前に比べれたら回数はぐっと減っているけれど)、こんな状態が続くと、体のほかの部分がゆがむんじゃないかしら?って将来のことが心配になってしまったりもするのだけど。でも、こうやって「私も私も!」と言い合える同期がいるのは心強い。

実は昨日、テレビで肩の痛みのことを放送していた。今晩もその続きがあり、「一番いけない時期」に整体で「ごりごり」腕を動かされてしまったんだなあ、と反省。一方、今の時期は動かし始めてよいのだと。
40代までは「肩こり」なのか、50代、60代になると「50肩」だとか「肩のところの腱が切れてしまう」だのといった違う状況になってしまうのだとか。
そしてその「50肩」の状況を羅列していたのだけど・・・。

わー、全部経験したわ!

夜も痛みで目覚める、という文章を見たときに、「わー、私だけじゃなかったんだわ」と妙な安ど感が。
痛みが出るところも、まさにこの8月9月10月半ばまで、そこだったよおー。
その痛みに悩んでいた時には、「こんなところまで痛いなんて、私、おかしいんじゃ?」って涙目になったこともあったけれど、確かに発症して人よりちょっと時間はかかったけれど(なんせ整体でゴリゴリしてもらっていたのを「よくなる」と信じていたんだしね)、ちゃんと少しは落ち着いてきた。なーんだ、王道を行っていたんだ、と思うと急に気が大きくなりました。
ドーンと来いっ!って感じ(笑)。

なんてったって、通過儀礼なんだもん!
いやいや、これからのほうが「自分の努力」が必要な時期。少しずつでもちゃんと可動域を増やせるよう、肩をゆっくり回しす体操を続けなくちゃ。

[PR]
# by eastwind-335 | 2018-11-06 21:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る