インド洋の小さい島ってどこ?

労働者の権利である(?)夏休みをいつ取れるのかわからない、を理由に、家人から某国某所で待ち合わせしよう、と誘われているのに、ぐずぐずと返事を延ばしています。そのくせ、父とは夢物語みたいな計画を立てていて、身支度だけはちゃっかりと揃えている・・・。母のツアーの自由時間のためにネットで色々調べてあげている。ええ、ファミ(リー)コン(プレックス)の塊ですから、ワタクシ。

さて、ドイツ代表のみなさんは暑いドバイのドサ周りも無事におえ、水曜に無事にフランクフルトに到着。
空港で解散だったのかしら。ラムたんは一度お家へもどり、もう一度荷造りして、クラウディアさんとインド洋の小さな島へ2週間の夏休みへ。
あんな色白さんなのに、夏になると南の島へ行くっていうのが、ドイツ人ですよねー。

そんなラムたんへの宿題はオランダ語とクロアチア語で「ボクは右サイドでも大丈夫です」と言えるようにしておくこと、かな?
ラムたんが右サイドに行っちゃうと、遠近法の関係もありテレビにはっきり映らなくなっちゃいそうで、つまんないなあー。あ、でも右サイドは大穴とかいわれてそっちから攻撃されるかもしれないし(>大違)。

それよりもっと心配なのは、おっとりオットルくんが来シーズンもバイヤンにいるのかどうかってことです。新しい監督の構想外みたいだし・・・。なんだかリベリと交換で、オランダ人のMFふたりを獲る計画みたいじゃないですか。いや、CLでいいところへ行くためには国際的なチームにならなくちゃいけないのだろうけれど、でも、やっぱり、生粋のバイエルンっ子も必要ではありませんか?と思うシロウトなワタクシ、オットル君が、話題にすら上らずに知らない間に移籍とかになってたらどうしよう、とそればっかり心配して毎朝起床したらSportbildとtzの電子版を読んでいます。
[PR]
トラックバックURL : https://ew335.exblog.jp/tb/8366957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-06-07 19:49 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る