離脱者は多いけれど!

いよいよ始まりました!EM予選。対ウェールズ戦。

みなさーん、親指を中にいれてギュっと握るゲンコツを作ってますか?ミュンヘンではうさラムたんがこの格好で試合をみているはずですよーっ!

開始早々、1点をドイツが取りました!クローゼですよー!ヒッツベルガーが前につなぎ、クラーニーが2回ほどゴールをねらったのですが、結果としてクローゼが押し込んだようです!!!久しぶりの代表での得点です!!!

さてさて、前半、コブタちゃんの名前がなんども。彼なりにがんばってます。今日のChefはシルバー王子(!)ということで、みんなの期待に応えたいとがんばってます。でも、たとえば、最後にクラーニーが決められないとか・・・。積極的にドイツはゴールを狙うようですが、フランケはやっぱりうさラムたんのほうが精度が高いような感じに聞こえます。

どちらかというと、ドイツが押した形で前半は終了。2、3回ほどウェールズに有利になりそうなシーンがあったようですが、レーマンががんばったようです。

ここで前半戦は終了。うさラムたん、親指が痛くなるほど拳を握らずにすんでホっとしたかな?

後半からはパンダーに代わり、ピオートル君が投入されました。
司令塔コブタちゃん、後半も役割をちゃくちゃくとこなしています。攻撃にも積極的。惜しいシュートを放ったようです。惜しくもバーに当ったのでしょうか?外れたのでしょうか?もちろん、バラックのような感じとは違うのでしょうけれど、それまでのコブタとはちがう感じなのではないか、とラジオ中継から感じられます。

やったー2点目、2点目!!!!クローゼですって!!!ね、ね、ね、!!!ヒルベルトのフランケをうまく決めた模様。
クローゼのシュートを「Ganz Klasse」とピッチ上の解説者が紹介しています!
DFB.tvのシュート集が楽しみです!

ポ王子がアップを始めたようです。クラーニーにかわって投入!?
richtig vermutigerとかアナウンサーが言ったような。そして、コブタちゃんにも心強い応援になりますよねー。写真的にも。カメラマン張り切ってるんじゃないでしょうか?

ポ王子、白馬にのって代表戦にご帰還!

ミロがバイヤンへ移籍が正式決定したあとで、筍母さんとのコメントのやりとりから、PS3を持つコブタちゃんとWiiのリモコンを持つうさラムたんが、バイヤンにやってきたミロ姫に「早くポ王子の目を覚ましてあげてください」とお願いするという話へ展開したことがあったのですが、目が覚めたようですよ、ポ王子!(また、目を閉じて「余は疲れた、寝る」とは言わせませんよ!)秘蔵っ子でもあるコブタ・ポ王子の復調をずっと待っていたJogi、感無量なのではないかと、ワタクシ(勝手に)推測中です。

どういうわけか、ラジオではなんだか笑い声でポ王子のご帰還を紹介しているように聞こえます。コブタちゃんとポ王子の現代のマックス&モーリッツが復活ですよー。ああ、こういう時にテレビ中継が見られたらなあ・・・、ポ王子、さっそく走り回っているのでしょうか?左肘を突き出すさそりんビームをヤンゼンが出し始めたのでしょうか?ラジオを聴く限り、さそりんーコブターポ王子というバイエルン・ラインもできているような・・・。急にヤンゼンの名前も聞こえてきました。そしてピオートル君の堅実な働きも紹介されてます。うさラムたんの分もがんばってやっているんだろうな、と思います。

世代交代はこれから徐々に徐々に行われていくことでしょう。とにかく、今日の試合では、今の30代が仮に引退となってもなんとかやっていける可能性が高くなったということは言えるのではないでしょうか?まだまだ、バラック、フリングス、そしてシュナイダーには現役代表選手でいて欲しいし、やはり彼らから学ぶものはたくさんあります。もっと相手が強い場合、やはり今の「Junge」たちではあまりにも心もとないですし・・・・。しかも、レーマンにはruhigな一日になりました、というアナウンスがありましたから、ウェールズがあまり積極的ではない試合展開だったようですしね。

3分のロスタイムにもポ王子はボールへの意欲があったようです。どっかのでくのボーさん(折りたたみの所に思いっきり書いておきました)とここが違うんですよねー、と思ったら・・・

おわったー・・・!さあ、ARDほかの動画のupが楽しみですね!また9分割して「貴方地下鉄駅」にupしてくれる親切さんがでてくるといいなあー。





テレビでは反町ジャパンの北京オリンピック予選である対サウジアラビア戦を中継中。ドイツ戦が始まるのに合わせて起きたこともあって、前半はほとんど見てません。さらに、松木のキンキンした声を聞きたくないので、自主規制して音声を消して画面だけ流してます。デカモリシがガンガン前でがんばってます。後半18分にサウジの選手が赤をもらい、一人退場となってます。
今日、萌(はじめ)くんは出てるのかな・・・?こちらはボールキープは日本のほうですが、いつものように最後が決められません。サウジは腰を低くしてボールを扱っている感じが。
あー、ダラダラしてるっ!もちろん、日本以上に高温多湿ですし、仕方ないのでしょうけれど、後ろから削ってくるサウジはスピードをもって削ってくるのに・・・・。日本ときたら・・・。あー、家永に黄色が。ちょっと納得いかないようです。私も納得いかないわ。しかもFKになっちゃったし。相手が外したからよかったですが、なんだかねえ・・・。

30分ごろには横山に変えてU20から来た青山が。もう少し早くに交代してもよかったんじゃないかなあ・・・(余計なお世話かもしれないけれど)。

そして30分すぎてから、ダラダラ度がup!サウジの9番はしつこくボールを追い回します。要するに日本の足が止まっているとうこと。体力がないのかな。そんな時に言うのもなんですが、ムダに当る必要はないけれど、日本ももう少しボールへの執念というか素早いパス回しなどが必要なのに・・・。サウジのフォワードのスピード感あふれるプレーに一抹の不安を覚える私です、

いよいよ、でくのボー投入・・・誰と交代なのかなあ・・・。えー?デカモリシとなのね。確かに彼はバテてる感じですが。あんまり交代したくないみたい(特にでくのボーとは)。

日本はあと数分だからって守りに入ってきたのでしょう。いい形にできるところがあったのに、前(FW)がボンヤリしていて、ボールがつながらない。あと数分のガマンことですけれど、むしろ、サウジのほうがチャンスを狙ってきてます。

でくのボーはボーっとしてました。オレの役割ってなに?と聞きたそうな感じが無声画面から伝わってきます。デクノボーはなんで出たんでしょう?試合中なんだからピッチは歩くな、走れ!と檄を飛ばすワタクシです。

試合終了。あー、反町監督、ひょっとしたらひょっとさせられるかも・・・。カントクは勝ち点3を取ってこいと選手に言い、一部の選手にはそれが伝わったようなのだけれど・・・、えーっと勝ち点3の意味がわからない人たちがチームにいるんじゃないかって思うほど、最後へつなぐボールが出てきてませんでしたね。
この世代の選手、ボールキープ力もですし、それから、相手を削るような気迫もないです。一度ぐらい後ろからガーッってやって、赤をもらっちゃえー(ちょっと過激)とぐらい言ってほしいです。
試合後のインタビューもなんだか覇気がないなあ、と思っていたら・・・デカモリシが「自分は全力を出した。でもチャンスを生かせなかった。悔しい。申し訳ない。絶対次は勝つ」と。そしてキャプテンの水島もアナウンサーがディフェンスとしていい仕事をした、と言って褒めたけれど「カントクから言われていただけでなく、自分たちでも勝たなくちゃいけない試合とわかっていた試合だったのに。ディフェンスとしては最低やらなくちゃいけないことをしただけだ。次は勝つ。」と。
私、このチームが初めて「悔しい」と言ったように思うんですよねー。デカモリシは本当に自分のプレーに納得していない感じでした。

「次の試合は日本サッカーの聖地国立」で、とテレ朝のアナウンサーは何度もインタビューで言ってましたが、私は何を言いたいのかな?と思います。
(以下追記) いま、そんなこと言っていられる状態じゃないのに!どこでも勝たなくちゃいけないじゃん!国立が聖地なんていうのは高校生までだって。プロの、しかも代表にとっては「ホーム」なだけ。ホームで負けるような赤っ恥をかくわけにはいかない、ってことよ!こういうのが、日本代表が強くなれない理由じゃないかしら、と思います。

次負けたら、みんなパンダーみたいに丸刈りだ!!!(ただし、でくのボーは除く。アヤツには、相撲取りのように髷が結えるようになるまで試合に出さないという罰しかないでしょう!)
[PR]
トラックバックURL : https://ew335.exblog.jp/tb/6137911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyf1403 at 2007-09-09 05:41
クローゼ、がんばりましたねー。でも、最後の方は、怪我しないように、という感じになってたぜ、って後半最後の方だけみた猪之助が申しておりました。(コンサートへいってて、最後の方だけ観てました。私は、お腹がすいちゃって、ラーメン作ってました・・・。)
ポルディ、復帰ですね。これでミュンヘンでも本格復帰でしょうか。

ピッチで歩くなんて、ベッカムみたいじゃないですか!体力ないのか、日本の若いのは!!ラムたんを見習いなさーい。
Commented by eastwind-335 at 2007-09-09 07:42
nyfさん、こんにちは。
ようやくクローゼも長いWM06休暇が終わった感じですね。多分、うさラムたんが怪我した時点で、ヒッツ先生から各国代表選手宛に「絶対に怪我してかえってきたら廊下でバケツをもって3時間立っておけ。」というメールか電話があったと踏んでるんですけれど。
ポ王子は、どうでした?ラジオだと好感触を持ったのですが。ただ、バイヤンに復帰しても、ほら、nyfさんのトーニがいるし・・・。
でくのボーは、もし私が代表コーチだったら、間違いなく外します。背も高いし天才的なものがあるそうですが、こういうのを使っていたら戦略を立てられないですよ。最近、日本のジュニアクラスを指導した海外の有力チームのジュニア指導者が来日した時、なぜ日本では戦略をある程度の年齢層に教えないのか、とびっくりしたそうです。日本では楽しんでほしいというのが先らしいのですが、だから勝てないのだと。勝つ楽しさを知らないというのでしょうか。WM06関連で世界のサッカー強国の歴史のドキュメンタリーを見ましたが、とくにヨーロッパは代表選手に何度も何度も戦略を説明していました。日本もきっとやっているでしょうけれど、なんだか、えーっと・・・(以下自己規制)
Commented by nyf1403 at 2007-09-09 17:23
楽しむサッカーもあっていいと思いますよ。でもね、やはり勝ってなんぼの世界もあるんですし、トップを目指す時、チビの頃から勝ってなんぼの心意気を叩き込まないと、というのはだめでしょうか?
サッカーは頭のスポーツですからね。もちろん、技術は必要だけど、戦略のスポーツですよね。あんなアホが、と思うことは、こちらでたまにありますが・・・おっとっと、ピィーーーーー。
猪之助のよくいう言葉「xxxxははっきりいって、間抜けだけどさー、サッカーに関しては頭があるんだよな。」おぃおぃ・・。
Commented by 東風 at 2007-09-10 07:56 x
nyfさん、こんにちは。
試合っていうのは勝ち負けがあるんですよね。多くの人がスポーツに親しむのと、一部がトップを目指す、これは両立できると思うのですよ。そこのつなぎはやはり指導者ですよね。指導者の質がやっぱり悪いのかなあ・・・、と今朝のドイツ語会話ではドイツのサッカーコーチングについて紹介していたのですが、日本はそういう点でもかなり遅れてます。
選手はアホアホなことをしても、サッカーでは頭を使う。その中に更に、日常生活でもサッカーでも「おおーっ」と思える人がいる。ドイツのブンデスや代表選手にはそれがよくわかるのですが、日本は・・・。日本も年代別代表カントクには、ドイツでFussball-Lehrer資格をとってこさせるとかやらないとダメかも。反町カントクのことは本当に応援してるけれど、理論と方法が合致してないのかな、と。日本のJリーグ監督経験ぐらいじゃ、代表カントクはムリな気が。だって、他の国のリーグはJより圧倒的に強いですものね(汗)。
by eastwind-335 | 2007-09-09 03:44 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る