日はまた昇る!(41)せっかくモンパルナスにいるんだから

基本的に日が暮れてからの「おでかけ」は一人だったら絶対にしない。これは初めて海外一人旅をした21歳の時からずっと守っていること。夏は日没までの時間があります!ということで、最後の晩は、外で夕食としました。
モンパルナスといえば、クレープとシードル。クレープが並ぶ通りへでかけます。
モンパルナスの歓楽街?みたいなところを通り抜ける、とガイドブックには書いてありましたので、その通りの写真はなし。ただし、まだ明るいので、危ないという感じはなかったし、家族連れの人通りもそれなりにあった。まあ、観光客かもしれませんけれどね。

ついた!
a0094449_05472559.jpg

で、よくよく調べたわけではないのだけど。
けっこう向こうのほうまで歩いてみて、それなりに人のいるところに・・・と。
(お客が一人もいないお店もあったんですよ!)
通りの入り口にあたるところが一番人がいた感じ。
通りの左がこちら。
a0094449_05492185.jpg
右はここ。
a0094449_05491810.jpg
ぐるっと1周してきたところで、もう一度顔をだしたら、いまは席が空いてます、ってことで、このジョスリンというお店に・・・。
店内はこんな感じ。
a0094449_05513922.jpg
赤いボーダーシャツの人がギャルソンさんたち。
隣との間の間隔が狭いけれど、でも悪い気はしない、そんな感じ。多くの観光客の人たちが。加えて「フランス語圏」の人たちが地元の人なのかはわかりませんが、わいわいがやがや。
ペンダント式の照明にかかるレースがかわいい。
a0094449_05523353.jpg
すぐにテーブルにシードル用のカップが届きます。
a0094449_05531325.jpg
シードルは陶器の容器に入ってきます。
a0094449_05540274.jpg
そば粉のクレープはとってもおいしかったです。しょっぱいハムと甘いリンゴ。
a0094449_05542964.jpg
ナイフをいれてみると、リンゴが隠れていました!
a0094449_05553898.jpg
シードルもおいしかった!。酔っぱらうかなあと心配だったけれども、大丈夫でしたー!

まだまだ明るい時間
a0094449_05564761.jpg
翌日のこともあるので、ホテルに戻りました。
明日はフランクフルトに向かうので、名残惜しい気持ちでいっぱいです。よく見かけて気になっていた建物を撮影しておきました。
こちらは幼稚園らしい。
a0094449_05581783.jpg
こちらは教会なのかなあ?なんとなく修道会っぽい作りですよね。
a0094449_05583031.jpg
そしてホテルに戻って荷造りを始めるために、テレビをつけた私。
荷造りの手を止め、翌朝のパリ東駅までの行き方を案ずるのもやめてしまったほど、目が離せない番組に出会いました。
a0094449_06000709.jpg
二人のカップルの日常を、二人だけで描くシットコム。「女と男」?
いくつかスケッチがあるのですが、その一つが、ついちょっと前にしていた「トレッキング」。
a0094449_06015025.jpg
歩き疲れてヒッチハイクすることになって・・・。男と女とどっちがヒッチハイクしやすいかを競い合う。色気仕掛けで迫る・・・が行き過ぎて、男性が女装してみるのだけれど・・・(笑)。
a0094449_06053091.jpg
ほかにも朝ごはんをめぐる攻防とか。
a0094449_06085722.jpg

フランス語は全くわかりませんが、画面を見てケタケタ笑ってしまいました。ああ、日本でも放送されたらいいのになあー、これ。

ちなみに、日本でググったところ、この男性俳優は、アカデミー賞を21世紀なのに白黒映画で獲った(笑)The Artistの主演男優だそうですよ!そして、このシットコムって、2003年までが本放送でそのあとは(つまり14年後も)再放送されているんだそうです。
色褪せない面白さ。ひょっとしたら「古い」小物もあったのかもしれないけれど、流行で生きないパリジャン・パリジェンヌというものを見せつけられた気がします。

今回、スペインでも思ったのですが、自分が子供時代に着ていた、という服を着ている子供たちに何人あったことでしょう。
服も、特にパリの男性は夏になるとギンガムチェックシャツを着る人が多いのかしら?日本にはないサイズのチェック(小さめ)を目にして、思わず私も欲しい!と思ったほどです。

もちろん、今回のスケッチでは一つとして携帯電話が出てこなかったので、10年以上前の作品だ、と気づくことがなかったのかもしれません。いずれにしても、日本は服・小物の流行が毎年あって困っちゃう。

小腹が空いてきた。
そうだそうだ、私はクロワッサンを買ったお店でケーキも買ったのだった!
a0094449_06102109.jpg
この包み方、芸術的ですよねー。ささっと包んでくれた店員さんを思い出します。箱がなくてもつぶれないんですよ!
(もちろん潰さないように袋に入れて歩きましたが、午後の間ずっと持ち歩いていたのに型崩れしなかったことに感動!)

裏にお店の名前が印刷されていました。ダゲール通りのお店は支店のようです。
a0094449_06104621.jpg
二つ一度に食べず、夜のデザートにはエクレアを。
a0094449_06115543.jpg
お料理教室のナカ先生がエクレアを食べ比べていたのを思い出して、買える時はエクレアも買ってみた。
いちばんおいしかったのは、ココでした!クロワッサンもここ。

モンパルナス駅ではできるだけエスカレータやエレベータを使うことにして・・・とシュミレーションをしていて思い出した!「あー、2か所ぐらい階段があったような・・・」。少し早めにホテルをでるようにしましょう。

[PR]
トラックバックURL : https://ew335.exblog.jp/tb/238521936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2018-05-14 22:38 | 旅の思い出17ヤコブの道 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る