あたらしい面白さ

カン・ホドンが「体を使うバラエティー」に帰ってきた!

昨日から、KBS-wでホドンの「ホドン&チャンミンの芸・体・能(イェ チェ ヌン) ~めざせ!ご当地スポーツ王~」が始まりました。

うーん、アイドルに辛口なワタクシの勝手な遠吠えと思ってほしいのですが、タイトルはチャンミンで止めるんじゃなくて「&スグンの」まで入れてほしかったなあ~。

が、ワタクシは、昨日から始まることをすっかり失念していて、たまたま、別の番組を録画するために大写しになった番組表を見ていて発見したのでした。

ということで、朝から大笑いの土曜日となりました。

まずは番組で試合に勝ったら・・・という希望を紙に書くことに。「誓いの旗」というらしい。
ホドンの希望は「胴上げ」
で、胴上げって書くためにちょっとした騒動に。
「胴上」なのか「胴上げ」なのか。字幕に送り仮名とあり、えーっと名詞に送り仮名ってつくんだっけ?としばし私まで悩みました。
「げ」はにほんごで送り仮名になるんだろうか?ググったところ例外として名詞にも読みを区別するためにつける、とありました。なるほど、なるほど。勉強になりました。

「アイ・オイ」ってなんだろうと思ったのですが、母音のところだったのですね。こうやって子供たちも文字を覚えていくのかな?
そしてチャンミンが「オイ・アイ」としなければならないのに、「アイ・アイ」にしてしまい(笑)。

まあ、このあたりから、真剣かつ爆笑の番組進行。
競技ごとに3人プラスゲストというホドンチームを作る様子。ゲストはその競技がうまいと評判の芸能人から選ぶようで、今回は芸能人卓球同行会長であるパク・ソンホ、シャイニーのミノなどなどにお声掛け。

まずは同じKBSで会議中だったパク・ソンホ(ギャルさん!)がコーチとして合流。ホドンが落ちたボールを足で処理しようとしたら「いけなーい!」と一喝。いや、ギャルさん、うまい!「人間の証明」にも出てるソンホ。すっかり私の土日の友になりそうです(え?)
番組はさらにスタジオを飛び出し、上洞道民間人チーム偵察だとか、もうもう・・・。あんまりにもおかしくて、絶対にこれ見る!と決めました。

私たちの頃は卓球部は「根暗」の部活と揶揄されてたそうけれど、でも、うちの高校の卓球部の人たちは明るかったし、よく体育の時間の前後にみんなで楽しんだので、私は東京まで通学するようになって、初めてそういう評価をしりました。
なんといっても、卓球っていうのは世界中どこでもできる、天候に左右されないスポーツなんですよね。
実は甥も卓球部に所属中。弟夫婦(特に弟)はもっと明るいスポーツを、と思ったようなんです。
これまでホテルに卓球台がなかった国はない!さらに、ドイツ代表選手のラムたんは(まだこの時はカピテンではありませんでした)サッカーだけでなく卓球も上手なのよ!と熱く熱く厚かましく語るワタクシに弟のみならず当事者である甥までドン引きしてましたけど。

ということで、毎週金曜深夜の録画を忘れないようにしなくちゃ!

やっぱりホドンはこういうタイプで活きるし、スグンのサポート力にはびっくりです!
[PR]
トラックバックURL : https://ew335.exblog.jp/tb/17916901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2013-06-08 09:29 | テレビ | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る