<   2017年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

驚きの再会

振り向いたら「父ちゃん」がいた、だの「韓流スター」がいた、だの、偶然の出会いがそれなりにあるワタクシですが、この10日の間にかつて一期一会だと思っていた場を共有した方と思いもかけないところで再会することが2件も続きました。

まずは先日、山道具の使い方の勉強会でのこと。勉強会終了後のメーカーの方を囲んでの質疑応答の時間に、プロの使う道具や詰め方に興味津々で質問をしたり、商品を実際に触っていました。すると、私の目の前でお友達と一緒に商品を寸評している女性がひとり。声と話し方に特徴があり(良い意味で!)、ふと顔をあげると、昨年、私の職場に講師としてレクチャーに来た方が。講演会の時は眼鏡姿でなかった(お互いに)こともあり、ひょっとして・・・と思いつつ「あのう~、昨冬にうちの職場へレクチャーにいらっしゃいましたよね・・」と声をかけてみたら、やはりそうでした。
実はこの方、うちの部署のお兄さんのサークルの先輩(ということでもうオバカン)。翌日、部署のお兄さんに報告。まだ職場にはお盆休みにどこへ行く、と言っていないため、「なんで、そんなところで会うのかな?」と軽く突っ込まれました(笑)。
この方は、海外のほうが長く、この数年ようやく日本に戻れたそうで、日本の山道具の今を知らないので友達に誘われていらしたのだそうです。メーカーの方もおっしゃってましたが、海外のメーカーであっても、日本の気候に合わせたものは日本支社が開発し、本家が逆輸入しているそうです。だから、本家のある国に行くから、といっても、日本で買った方がよい場合もあるのだとか。勉強になったなー。

そして、昨日。新宿駅近くの小さなフレンチレストランで。いい意味で隣のテーブルとの間が狭く、「ビストロっぽいよねー」と家人とお食事が出てくるのを待っていました。隣のテーブルにいらしたお上品なご婦人二人の話が聞こえてきました。私が入店した時から、そのうちのお一人の顔や話し方になんとなく馴染が。大学の大先輩との会合でご一緒したことがあったかなー、なんて思っていたら、この夏私が行く山の話をなさっている!家人に小声でそのことを話したら「それは、話しかけて情報を得た方がいいよ」と。
勇気を出して話しかけ、お二人から貴重なアドバイスをいただくうちに、私が気になっていた女性は、私が5月にあるグループに非会員扱いで参加した時にご一緒していたことがわかりました。そのときは大山登山。一人参加だったし、いい気になって社交的に話せば体力を失いかねない天候の良さでしたので、私は黙って登山。すでに出来上がっているグループへの参加だったので目立たないようにしていたこともあり、その方の記憶には残っていませんでした。実は、ふもとまであと何キロ、とゴールが見えてきたころに、彼女のお姉さまに話しかけられ、お話を伺ったのでした。途中、彼女やお姉さまたち60代越えのみなさんはテンポを落とすことになり、一方私は、ストックを貸していただいた方々がバスへ急ぐという話でしたので、ろくろく挨拶もせずお別れしてしまったのでした。

なんか、すごく夏の旅が、充実したものになりそうな予感。
でもまったく荷造りが終わってない、だけでなく、途中の交通機関や一部のホテルをまだ取ってない。あと1週間余りで出国なのに!

ブログ、書いてるヒマないはずなのに。でも嬉しかったから、書き残しておきます。


[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-28 06:22 | Kammmuscheln道への道 | Trackback | Comments(0)

怖れていたことが・・・

Jスポで生中継中のインターナショナルチャンピオンカップ。
録画するだけでまだ見ることができない私ですが・・・。
文字媒体を追う限り、シーズンスタートが大変そうに思える、わたしたちのバイヤン。

さて、今シーズンの最初の試合は、見ることができませーん。ドイツ入りは第一節が終わってからだから。
録画したくとも、「17-18シーズンは、Jスポでの中継はない」と公式HPにさりげなく出ているのにさっき気づきました。
わかっていたけど、はっきりと書かれるとががーんって感じです。

バイヤンTVだとネット経由で見ても許せるけれど、ダゾーンは納得いかないんだぞーん、というのはですね、だって、バイヤンTVは日本で制作放送されているからじゃないんだもん。もう家族で一台のテレビを囲む団欒なんていうのはありえない、というのが世の流れなのかもしれません。テレビという「どっちりおかれた場所」の前じゃないと見られない、という環境を壊す「黒船」なのかもしれないけれど、ある空間における感情のシンクロ性を奪われた、という悔しさを覚えるのです。

だいたい、サッカーはスタジアムという「どっちりおかれた場所」で行われているんだし。

ラムたんも引退しちゃったことだし、もう必死になって見なくてもいいんじゃないの?って家人に言われてしまった。ラムたんの後継者がキミッヒだ、と何度も繰り返す日本人解説者のセリフを聞かずにすむのにはいいのかなー。
実は、キミッヒらしい巧さが今一つ感じられない私です。彼が下手だ、というわけではないのだけど、ポスト・ラムたんと説明する日本語サッカージャーナリズムに納得がいかない。ポジションがそうなだけで、正直、安定感や信頼感はまーったく違うと思うんですけどね・・・。そして、キミッヒのここが巧いのだ、という説明ができる日本人解説者に出会っていない気がするのは、私だけ?

ブンデス・ドイツ代表レベルで右サイドバックの人材が危機的に枯渇してる気がします。だからキミッヒが定着できるのだ、ぐらい言ってくれる解説者がいるといいんですけどねー。
まあ、もう少し、わたしも彼のSBとしてのプレーを見れば考えが変わるのかもしれないけれど・・・
いかんせん、放送してもらえないから、気づきは遅くなりそう。

ま、ときたまの視戦(NHKエイセイ放送を想定中。そこも放送しなくなったらどーしようで、「お、キミッヒ、うまくなったねー」と思えるといいなー。そうだ、「ときたま」の出会いは「違い」を感じさせるよねー。


[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-27 06:35 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

レントな旅(16)憧れのサンデーロースト

翻訳家中村妙子さん。
彼女を通してロザムンド・ピルチャー、ミス・リードといったイギリスの女性作家を知り、本来だったら10代のうちに知っておくべき「家庭小説」ともいうべきジャンルに大学を卒業してから近づいていったのでした。
これらの家庭小説の中でしばしば描かれていたのが「サンデーロースト」。
教会に行く前にオーブンに羊や豚肉の塊を突っ込み、礼拝に行き、帰宅したら焼きあがっている、というロースト。
イギリス料理は高くてまずい、というイメージを覆すこれらのシーンに、いつの日か、食べてみたい!と思っていたのです。
家庭料理のイメージの強いサンデーローストですが、パブやレストランでも食べられる、とこの数年のイギリス旅行の旅に、あちこちのサイトやら現地在住日本人のインスタなどで紹介されていたこともあり、気になる気になる。

ということで、今回、家人に無理を言って、「サンデーロースト」を体験することにしました。

表通りよりも裏通りのほうが素敵なお店があったのかもしれないけれど、午後は観光したいところがあったので、もういいや、ここで、って感じで入ったお店。留学中なのか、それとも観光で来たのか、日本人女子大生の一団もいました。スッ転び方を机の上に載せていたので、紹介されているお店かもしれません。
a0094449_04021376.jpg
もともと家人はイギリスの食事にまったく期待をしていない(19年前、うどん?って言いたくなるようなパスタをビクトリア駅の上で食べたよねー、と盛り上がるほど)。

私はラム、家人は豚肉で!
a0094449_04020868.jpg
記憶違いでなければ、ラム、ヨークシャープディング、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリー、赤キャベツを焼いたもの。
焼き加減はこんな感じ!
a0094449_04022697.jpg
そこそこ人が入っているから大丈夫かな?と思ったのですが、あ、そうなんだ、って感じの味でした。
憧れすぎてしまったのでしょうか?(笑)。
グレービーソースの量がもう少し少ない方が私好みかも!(爆)。やっぱり、家庭料理は家で食べるのが一番おいしいのでしょうね。

お肉の焼き加減は私にはちょうどよかったです。オーブンに入れるだけでよいはずですが、絶対にコツがあるはず!ということで、いつかサンデーローストの作り方、習ってみたいなーと思っています。

では、世界遺産巡りにでかけましょうか!雨もすっかり上がって、春の空が見えてきましたよ!







[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-26 07:13 | 旅の思い出17受難節のイギリス | Trackback | Comments(2)

私の文庫本第一号

最近、すっかり、地上波を観なくなってしまったこともあり、新聞のテレビ欄はザザーっと眺める程度。
先週の土曜日は出勤だったこともあり、新聞も斜め読み。

昨日は家人の家の墓参りに行くことになり、道中の電車の中で新聞を広げていてびっくり。番組解説欄に「悦ちゃん」という名前と、かんたんなあらすじが。

えー?獅子文六の『悦ちゃん』がドラマ化されたの?!
この数年、獅子文六の作品が文庫本化されていて、意外に思っていたのだけど。

実は、私が生まれて初めて所有した文庫本がこの『悦ちゃん』。この本との出会いは、小学校6年生までさかのぼります。欠席した同級生の家に教師から頼まれたプリントを届けに行った時、知ったのでした。お見舞いにいったはずなのに、そこのお宅に揃っていた「少年少女文学全集」に目が行ってしまい(おいおい)、その中で唯一しらないタイトルがこの『悦ちゃん』だったのでした。そこのお母さんが「○○は読まないから、どーぞ、東風ちゃん、読んで頂戴」と貸してくださり・・・。

母が「獅子文六なんて懐かしいわね」と、母が娘時代に流行っていた流行作家であったことや、朝ドラの原作になった本があるだの、作家の背景を教えてくれたのでした。6年生の時は、社会科は歴史を学ぶ時で、年表を作るのが1年間の課題だったので、さっそくこの悦ちゃんから「円本」だの「タクシー」だの「ラジオ」だの「疫痢」だの、と「戦争前の文化」にいろんな言葉を書き込んだのでした。
江戸っ子だから寿司とてんぷらが好き、といった表現から、私は東京の子じゃないけれど、寿司もてんぷらも好きなんだけどなー、と思ったり。

あー、この本からいろんなことを勉強しました!
銘仙だの、丸ビルだのと、わからないコトバは両親に尋ねまくったなー。今と違って丸ビルは古い古いビルになっていたころでした、
横浜より北上することはほとんどない頃だったので、「丸ビル」という言葉に惹かれるものがあり・・・。
私が丸ビルに出入りするようになったのは、大学4年生になってから。ドイツ語の本を扱う書店が丸ビルに入っていたので、覗きに行くようになりました。といっても、背表紙のドイツ語の意味すらわからず、眺めているだけでしたけれど。

私は小学校を卒業した数日後に海辺の街に引っ越しました。初等教育から中等教育へとただでさえスタートが大変なのに、誰一人知らない学校へ行くのですから、最初の数か月、馴染めないことが続きました。特に辛かったのが、「本を読む=真面目」と揶揄られることだったのでした。学校の図書室へ行けば司書さんが親切にしてくれる分、悪目立ちをしてしまい「東風さんはいい子ぶっている」と不良ぶっている人たちから後ろ指をさされたり。市の図書館は当時1館しかなくて(!)、家からそこへ行くにはバスに乗って行かねばならない。月に1000円の小遣いの子供がバス(いきなり大人料金になりますしね)代を出すわけにもいかず。駅前の本屋も非常に充実していなくて、だいたい制服姿の子が一人で入店すれば「なんですか!?」と店員が寄ってくる。

そんなある日、『悦ちゃん』が文庫本化されていることを知ったのでした。
でも、海辺の街の本屋にはない。

父がある週末、渋谷に出かけるというので、「渋谷の大盛堂書店で買ってきて!」とお願いしたのでした。
私が所有する文庫本第一号でした。(ちなみに第2号は星新一の『ボッコちゃん』
あまりにうれしくて、大盛堂の紙カバーもそのままで、まだ持っています。
a0094449_17274973.jpg
あのころ、とっても「大人ぶって」みたくって、母からつけペン式の万年筆を借りて、カバーにタイトルや買った日を書いたのでした。
文六の文の字、はらいが気に入らなかったのかしら。なんかゴチャゴチャに書き足していますね。いまはもうこういう字を書かなくなりましたが、中学の時は「周りから浮かないように」と字だけはこういう字にしておいたのだった。
a0094449_17275736.jpg
でも心底「丸文字」な性格じゃないから、苦心してたなあ、ってあの頃を思い出しました。

あんまりうれしくて買ってもらった日もちゃんと書いておきました。
a0094449_17281008.jpg
昭和55年って・・・1980年かあ。もうこういう数字の書き方もしないなあー。
a0094449_17281765.jpg
35年以上経ってますので、もう紙はすっかり茶けてしまっていますが、お嫁入り道具だし、引っ越しの時には大切に箱にしまいましたよ!
たぶん、棺桶にも入れてもらうことになるでしょう。甥っ子くんに頼んでおかねば(笑)。

HPを見たところ、えーっと、まあ、いまだったらそういうものなのかな?と思いつつも、ユースケ・サンタマリアは線が細すぎるし、いいトコの「呑気な弟気質」もどう演じるのかしら?

原作は、いまは、ちくま文庫に入っているのですね。私のは写真にあるように角川文庫。

先日、誰の文章だったかしら、中学生になったら背伸びをして文庫本を手に取るようになった。文庫本は大人の証だった、って書いてある新聞のインタビューを読み、うんうん、とうなづいてしまいました。単行本が文庫本になるまで待つのも楽しかったなあ。

中学校で本の話ができる友達はいなくて、毎月、先生に出さなくてはいけない読書カードには「これは小学生が読む児童文学全集に入ってるんだから、書けない」と自主規制をかけて。この本の話をしたのは、両親以外だと母方の叔母。叔母曰く「本は読んだことはないけれど、ドラマは見た」と。ミネラル麦茶のCMに出ていた女優さんが子役時代で悦ちゃんを演じていた、と。

私にとっては初めてのドラマ化だから、見てみたい気はするんですけどねー。でも、イメージがあるからなあー。

そして、ちょっと考えちゃう。この小説は昭和のはじめの東京を描いたもの。いわゆるモダニズム文学。この話には描かれなかった「執筆をしている時の」時代は・・・?こういう明るい小説を書かなくちゃやってられないって時代だったわけで・・・。なんだか、なんだか、ひっかかる。いま、なぜ、この小説を、時代背景を替えずにドラマ化するのかを。


[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-23 17:35 | テレビ | Trackback | Comments(4)

ルミ子、すごいぞ!

サッカーを愛してやまない女性のみなさん、おはよーございます!
そういう女性を身近に持つ男性のみなさん、おはよーございます!

昨日、サッカーを愛している女性たちは、こういわれたのではないでしょうか。「キミもルミ子みたいなこと言うよね」って。

私は、昨晩、夕飯づくりにいそしんでいたので(なんと、魔サカの土曜出勤。しかも、放送日・放送時間を勘違いしていて試合開始直前に帰宅)、実をいうと、最初の興梠の得点以降はほとんど試合を見られなかったのです。
(ちなみに昨晩のメニューはゴマサバの洋風焼き、イカを煮た汁を使ったあさり味噌汁、ニンジンサラダ、ナスの甘辛煮、きゅうりの浅漬け。たったこれだけなのに、なんだか時間がかかってしまったのよねー)

その間「実況:家人、解説:私とルミ子」状態。
浦和に先制されるかも、というのは私の予想通り。だってこれだけ暑いんだから、ドルのみんなには辛いよねーと。でも、先制されてもそれじゃ終わらないと思う。っていうか、監督が代わったばかりのツアーだから、ここで手を抜けないでしょ?と。
その後、ルミ子の解説を聞き逃さないように(録画してあるっていうのに・笑)していたので、食事作りの手が遅くなる一方な私。
時々テレビを覗きに行くと、画面の3分の1が、どうでもいい選手の写真とデータ。

世の中のみなさーん、あの画面割、赦せましたか?

だからフジテレビはダメなのよ!ロクなドラマも作れないのに、画面を映しっぱなしでもよいスポーツ中継すらできない!と私はテレビに向かって雄叫び。

家人はルミ子の解説担当自体知らなかったので、こっちが表番組と思っていたらしく、「音声を切り替えたら画面も切り替わったりして」と呑気なことを言って試していましたが「あれえ?なんだ、これ?」と。データ放送でやってよ、そんなのは!

あと、アーセナルユースの練習生だった、というJOY。えーっと、1年とかじゃなくて夏休みの数週間だったんですねー。それって、いま文科省が「留学」の範囲を1か月の語学研修まで含んで「日本の国際化」ものさしを作ってるのと同じレベルじゃ?
そりゃ、練習生に選ばれるまでも大変だったと思いますけれど、でも、まあ、ほら、参加費が払えれば・・・ムニャムニャ。だし、そういう体験があったり、県代表に選ばれたり、なのに、この解説において、そんなことがまーったく醸し出されない発言ばかり。
あれじゃ、4チャンネルのFIFA提供サッカー大会の中継に「ぼく、元サッカー少年なんで」という触れ込みでさんまのカバン持ちをしてるあのタレントと一緒じゃ・・・。

ルミ子ノートを活かした解説を、ルミ子は一生懸命しているのだけど、それを潰すようなJOYと女子アナの発言。ルミ子に失礼なんじゃ?と家人と心配になっていたところ、家人が「この女子アナ、サッカーわかってないと思うんだよね。選手の名前も言えないようだし」と。家人は「こうろぎ」選手のことはそれなりに認識していたのですが、漢字で書かれるとお手上げ(一応日本人なんですけどね・爆)。で、画面に興梠選手のデータが出た。私に「これってどう読むの?」というので「だから、これが「こうろki」よ!」と答える私。
ユニフォームに「KOROKI」とは言っているから「ころき」じゃないの?l女子アナも「ころき」って言ってるよ、としつこい。私は台所で包丁を握りながら(だってニンジンサラダを作り始めていたので)「グーグルに聞きなさい」と一蹴。「キミの言う通りでした」と。
ところが、女子アナは相変わらず「ころき」だったらしい。
ハーフタイムの時には、カガヴァがルミ子たちのブースにやってきたのだけど、もちろん時間切れにならないように、という配慮なんでしょうけれど、ルミ子がいい事いってるのに「あと○○分!」と遮るような声。最初、ディレクターの声が入ってしまったのかと思ったのですが、何度もそうだったし、女子アナがそれを言ってる、と家人が教えてくれて。いくらどれだけお茶らけてもいいとはいっても、これは、失礼、ルミ子にヒドすぎるよね、と。
ということで、家人にこの人を調べてもらったら、なんと、キクちゃんじゃないですか!
なんでキクちゃんなわけ?というか、アナウンサー室の役職になっているのに、この程度(の仕切り・中継)でいいのか!おいっ!って気分よ。やっぱり、フジテレビは終わってるかも。素人なら素人なりの準備があるでしょーが、プロのアナウンサーなんだから。

よっぽどスポーツアナの育成ができてないんだな、男子のほうも。あそこの女子アナはナレーション事務所に入れてもらえなかった人の集まりみたいなところだから、もともとそれほど期待してなかったんだけど。でもヒドすぎる。キクちゃん、準備しておいで。給料もらってるんだから。部下に示しがつかないよ、あれじゃ。

ルミ子に対して酷すぎる、と家人がもっと腹を立てていたのはカガヴァの態度。「は?おばちゃん、なにいってまんねん?」って感じがありあり。
家人は「カガヴァはルミ子が何者かわかってないんだろうな。相当のバカだな。挨拶もろくにしないし、うちの職場の若いのを見てるようで、イヤだなあ」と。
ほんと、カガヴァのハーフタイムの仕事はルミ子との対談なんだから、もうちょっと、ルミ子のこと調べておけばいいのにねー。
「まるでお母さんのよう」と言われっぱなしでしたけれど、メッシから入ったルミ子が言った一言はズシンと伝わってきた。
「彼と同時代にいて彼の活躍を見られてうれしい」と。
私もラムたんの引退の時にツクヅクそう思いました。

自分ではプレーはしないけれど、社会経験がある人がサッカーを見る時のある種の視点をルミ子は持っている。チームで仕事をする人だったら、習慣として試合や選手を分析すると思う。物事を成功させる、魅せるための工夫をサッカーから見出せるから。
そんなルミ子の語りについて、きっと賛否両論あると思うけれど、裏だったんだから、よかったのでは?
私はまるでバイヤンのファンクラブの時の集まりにいるような気分でした。よくわかっている人の語りを聞く楽しさよ!この選手のココっていいよね、とか、あの時、こんなプレーをしたよね、と自分が見逃したり、または自分も見ていたプレーや人柄を聞いているような。
家人は「キミが言ってること、ルミ子も言ってる。ゲッツエはバイヤンに行くべきじゃなかった、とか、DFのパスが大切とか、体幹が大切とか」と。オバメヤンのことも家人はいままで気にしていなかったそうですが「うまいな」と。そりゃ、うちのレヴァンドフスキーを超えて、シーズン得点王になったんだし。

そして試合について。私は家人の実況で試合を聴戦するという哀しい時間を過ごしましたが(爆)、家人が90分ずっと感心していたのがシュールレ。もともと、WM、EMで「最後にスーパーサブで入ってきっちり決められるのがシュールレ」と私が絶賛していたので、家人も「学校」とあだ名をつけて注目してきた選手。後半の終わりには「ゲッツエじゃなくて、シュールレだ、と。こんなに頑張って走ってるのに、なんでみんなシュールレの話をしないのだ!」と。最後の最後でシュールレにも言及があったようですけれどね。ドイツ代表ですからね、もっと解説してほしかったのに、ルミ子さーん。我が家では「たぶん、好みの顔じゃないんだな」と。(シュメルツァーをディカプリオに充てていましたけど、私はゲッツエのほうが似てると思う!)。
あとは、2点を決めたトルコ代表のモルでしょう。すごかった。
来シーズンのブンデスはバイヤンだけでなくほかのチームももっと見たいな、と家人が口にしてから、ハッとしたように付け加えました。「あ、ダゾーンじゃないとみられないんダゾーンだから、もう君はサッカーを見られないんだな」と。

「ダゾーンのやり方は日本のサッカー文化をダメにするんダゾーン」って思ってる夫婦です。だいたい、ほら、あれの橋渡しをした日本サッカー協会の理事は「しでかし」で解任になったわけだし。絶対に今のキャビネットなみの問題がいっぱい隠されていると思うんですけどねー。
家でテレビのスイッチをヒョイとつけて、わいわいとサッカーを見る。そういう環境って大切だと思うのだけど・・・。
さてさて、ルミ子とピケの対談って何に掲載されるのかしら?そのことがとっても気になってます。ピケという点では「ナンバー」か?なんとなく「週刊朝日」か?いやいや、ルミ子だったら「婦人公論」かも、と想像が膨らむばかり(笑)。
「フットボリスタ」だったりすると面白いんですけどね(爆)。いや、それはスペイン班の木村氏が許さないかな?

対談で何を話したのか、それも気になります!

[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-16 08:04 | 極東のサッカー | Trackback | Comments(0)

きてる、きてる、更年期!

もともと、それほど髪の毛の量があるほうではなかったのですが、昨夏あたりから、ドライヤーの後、床に髪の毛が落ちるようになったなーと気づき始めました。
気付いたのは、旅行で相部屋になったから、でもあります。シャワーを使った後、白い床に髪の毛が落ちていると嫌だろうし、と。
家は掃除機をかけるわけですが、あまり気にしていなかった(汗)。

加えて、秋以降、洗面台にも髪の毛が落ちるようになりました。
私は夏場は毎朝シャワーを浴びるのでその際に洗髪しますが、冬は二日に一度の洗髪なので、そのために抜けるのかな?と思っていたのです。しかし、洗面台に髪の毛が落ち始め、それが長い毛だけでない。
加えて洗髪時にもごっそりと髪の毛が指の間に・・・。
以前も書いたように、私は、朝と晩しか鏡で自分の顔をよーく見ることはなく(いや、朝も見てないな。夜もそれほどでもないな)、顔のシミも目が悪いために化粧水をつけるような時は見えず(爆)。ひょっとして・・・と眼鏡をかけて髪の毛のあちこちを持ち上げてみました。
「もしや?」、と思ったら、「やっぱり!」でした。
髪を乾かした後ももしや、と思って確認したら「やっぱり!」でした。予想していたところの地肌がよく見える(とほ)。

うちの母親が生え際がM字に薄くなっているのは知っていたのですが、そうなったのは母が60歳すぎになってから。なので安心していたのですが、遺伝は仕方ない。
前髪がどんどん薄くなっていくのかなあ。

同僚に「抜けて困る」と言ったら「えー、私なんてもっと前からだよ」と皆口々に。「更年期だもん仕方ないわよ」と。そして「いざとなったらカツラがある!」と。「そうだよね、いざとなったらそれがある」とみんなで前向きな気分に。

実家に帰った折に「ママより先にママと同じところの髪が抜けてきた~」と嘆いたら、「おばあちゃんもそうだったしねー」と。うちには仏壇がないので(仏教徒ではありませんので)、母方の祖父母の写真と位牌がサイドボードに乗っています。帰省したら、なんとなく、二人の写真の前で「ただいまー」というのが私の習慣なのですが、まじまじと祖母の写真を見てしまいました。

母は「遺伝もあるけれど、年齢のせいよ。更年期の一環です。いつまでも若いと思っちゃいけません」と。別に私はいつまでも若いと思ってないし、加齢とうまく付き合いたいと思っているけれど。しかし、遺伝と加齢でどんどんと抜けちゃうと困るんだけどなー(笑)。

美容師さんは「確かに以前に比べると減ったかもしれませんが、まだまだ平気ですよ」と。髪の質が良いから、と褒めてくれ、マッサージをするなどで遅らせましょう、と。ストレスもいけませんよ、と。
確かに、この3か月、初めての仕事、それに伴う小さな様々なストレスは自分なりに感じていました。だから抜けるのかな?と思ったり。
・・・ってことは、遺伝、年齢、ストレスと3重の重荷が私の頼りない頭にかかっているのですねー。
定年まであと15年近くあるので、あと15年は今か今以上のストレスとお付き合いしなくちゃいけないんだけどなー。

と、頭髪がもっと薄くなりつつある家人を前に「髪の毛がー」と言って嘆いていたら、「キミ、僕よりたくさんあるからいいじゃん」ですって。えー、家人が比較の対象?ま、家人にあれこれ言っても「僕より体重すくないじゃん」だの「僕より遊んでるじゃん」だの「僕より」なんですよね(笑)。

先週から、朝日新聞では「薄毛」の特集が週に1度連載されています。夏の帽子は地肌が蒸れるのでよくないらしい。確かに、汗っかきなので帽子を脱ぐと頭がびっちょり、なんてことも。頭から汗をかくのは父親似なのです。
(弟はそういう「あまり似てほしくない」ってことは受け継いでないんですよねー。髪の毛もたくさんあるしー、体つきもすっきりしてるしー、持病もないしー。うらやましー)。
日傘は通行の邪魔と思ってるので、なるべく差したくないのですが、頭のためには仕方ないかな。

この夏の旅行が終わるまでは今の長さにしておきたいのですが、秋になったらグッと短くして、髪全体に栄養が行き届くようにしてみようかな。
いつまでも30代みたいな髪型はやめよう、と思っていたところ。よい機会かもしれません。

[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-14 06:12 | 日常 | Trackback | Comments(0)

レントな旅(15)カンタベリー大聖堂での礼拝

一度、日本の聖公会の女子修道院で宿泊をしたことがありました。この宿泊は、まさに「百聞は一見に如かず」というか、イギリス史の1ページの理解を深めるきっかけとなりました。
「学校のキリスト教」しか知らなかったとはいえ、一応は「いわゆるプロテスタント教会」の礼拝の進行はわかっているつもりでした。しかし!むしろ、あの日の聖公会での朝の礼拝で一番イキイキしていたのはカトリック信者のおば様がたでした。
教派の違いを具体的に言葉で伝えることはできませんが、旅の体験を通して、違いがあるのだ、ということだけはわかるようになりました。

今回、キリスト教の暦の上では、レント。せっかくだったら、イギリス国教会の総本山であるカンタベリー大聖堂での礼拝に参加したいと思ったのです。
女子修道院の体験を思い返すと、受洗していない身でも、陪餐をうけずも祝福をしていただくことはできるはず。
知り合いに相談したところ、総本山なので「カジュアルな恰好」で参加しなければいいのでは?と。
日曜の朝、いそいそと一人身支度を始め、食事のためにダイニングへ向かいます。
a0094449_05453520.jpg
メニューです。
a0094449_05461039.jpg
人は少なくてすぐに頼んだものがきました。スモールブレックファストです。
a0094449_05461264.jpg
フルーツもヨーグルトも食べた。
a0094449_05460674.jpg

雨が降っていて、ああ、ドーヴァーは前日にしておいてよかったなーとしみじみ。

聖公会は一日の間に何度か礼拝があります。私はレントの1回目の礼拝だし、月のはじめの礼拝なので聖餐式があるだろうし、こじんまりとしているように思える朝いちばんの礼拝に参加し、そのころには起床するだろう家人と今日の観光をしよう、と思ったのでした。

大聖堂に到着。
a0094449_05475847.jpg
入口で礼拝に来たと言ったら、親切に迎えてくれました。
朝いちばんの礼拝は大聖堂の一番入口に近いところで行われました。
聖書朗読とお祈り、そして讃美歌だけでした。
30分もしないうちに終了しました。あっさりとみなさん、礼拝堂を出ていきます(だから写真は撮れなかったし、なんとなく撮るのもはばかられた)。

11時過ぎからの礼拝は聖歌隊のコーラスもあるので参加したらどうでしょうか?と誘われました。少し時間があったので、近くのスーパーで水を買い、部屋に戻り、家人との待ち合わせの時間や場所を決めて、再び大聖堂へ。
お世話係の方が、「この人の隣がいいですよ」とある女性信徒の方の横に導いてくれました。カタコトよりもレベルの低い英語しか話せないワタクシ、やや緊張しつつ自己紹介。雨の日だからやってくる人もいると思いますよ、と意外な話も(笑)。

独特の節をつけて聖句を読んだり、讃美歌を途中まで歌って、司祭の聖句を聞いて、続きを謳ったり、と口も回らないけれど、気も回らず、英語の説教は聞き取れずと、なんでこの場にいるのかな、と多くの人は思うでしょうけれど、私は参加できてとても嬉しかったです。

レントのために、自分たちも何かをだれかのためにしましょう、という話がありました。レントが終わったらお食事会があるので、誰かのためにチケット代分を払う、など、教会員のみなさんはそれぞれしていることがあるようです。

礼拝が始まって、いくつか、自分の準備が足りなかったことを発見。
まず。教会用語を下調べしておくべきでした。電子辞書も持っていったので、始まる前に式次第内の単語はあれこれ調べておきましたが、日本語訳があっても「どんなことをするんだっけ?」みたいな(笑)。

それから、コンタクトの度が落ちていて、遠くが見えずらいということ。特に雨の日の大聖堂は電気がついているとはいっても光が弱いこともあって。
せっかくのレントの第1週目の礼拝だから、カンタベリー大主教が説教なのかと思いこみ、この人なのかーと思っていたのですが、ホテルに戻りHPで確認してびっくり。あ、違う人が説教だったんだなーって。

礼拝が終わったあと、お世話をしてくれた人が「日本に帰るのでしょう?ここの写真を撮ってもいいのよ」というので、数枚、写真に収めました。
聖書や讃美歌は備え付け。礼拝の次第(上部が青い紙)は持って帰ることもできます。
a0094449_05483851.jpg
説教台はこんな感じ。赤いカーペットを挟んだ椅子には、聖職者や信徒の役職者が座ります。
a0094449_05504511.jpg


a0094449_05520651.jpg


a0094449_05521251.jpg
日本だと、聖餐台に向かって椅子があるものですが、ここは、信徒同士が向かい合わせの着席とは。議会みたいですよね。
当時カンタベリー大聖堂は外も中も修繕中でした。
a0094449_05561353.jpg


a0094449_05561685.jpg
以上、写真おわり(笑)。
もともと、礼拝のために来たときには教会内は撮影しない(礼拝を優先したい)。特に、日曜のこの時間は「礼拝に来た人のみ」中に入れるのですから、余計に非常に消極的な撮影に。
11時の礼拝に誘われて、その招きに応えることができたことに感謝する気持ちでいっぱいになって、大聖堂を後にしました。

携帯の電源を入れると、おっと、家人からのSNS!「待ちくたびれた」ですって。ごめーん。待ち合わせ場所に急ぎます。


[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-12 05:44 | 旅の思い出17受難節のイギリス | Trackback | Comments(0)

レントな旅(14)カンタベリーのスーパーで

ドーヴァーの駅からカンタベリーに戻ろうとした時、ハガキを出し忘れていたことに気が付き、駅員さんにポストの場所を尋ねたら、駅の外にありました。
a0094449_21425516.jpg
写真を整理していて気が付いたのですが(なんせ、急いでホームに戻らねばなりませんでしたので)、後ろにステキなポスターがあったのね・・・。
昨夏のスウォンジーの滞在の時にも気が付きましたが、週7日の郵便の集荷があるのは日本だけなのかも・・・。
a0094449_21430075.jpg
次は月曜日、となっています。でも、せっかくドーヴァーに来たので、両親にはここからドーヴァーの絵葉書を出したい(カンタベリーからも別に出すので)。

往復チケットです。
a0094449_21451286.jpg
車内はこんな感じ。
a0094449_21435197.jpg
お父さんと子供が楽しく過ごしていました。

家人が私に「こんなのが来た!」とSNSを見せてくれました。ドーヴァーにいるのに(正確には離れていくのに)、welcome to France.ってねえ・・・。
a0094449_21441217.jpg
カンタベリーの駅に近づくにつれ、車窓からも素敵な夕焼けが見えてきたのですが、車窓がそれこそ汚れていて・・・。
カンタベリーの駅から撮った夕焼けです。
a0094449_21443381.jpg
夕飯をどうしようか、という話になりました。

どこかへ食べに行く、というにはちょっと疲れた。
東京から持ってきてあったアルファー米と、スープと、ちょっとしたハムがあればいい、と家人も言うので、スーパーへ寄ってからホテルに戻りました。

お安めのスーパーが駅の近くにあります。
その途中でみかけた素敵なお店。
a0094449_21460674.jpg
ヒートデザインという名前のお店。
こんなのとか
a0094449_21460817.jpg
あんなのとか
a0094449_21461136.jpg
こういうオーブンからラムステーキとか出してサーブしてみたい!

さてさて、スーパーのなか。
a0094449_21473744.jpg
ずらっとお安めの商品が並んでます。

イギリスもジャガイモの国であった。
a0094449_21481617.jpg
レントの最初の日曜を迎えようとしているのに、すでにスーパーはイースター商戦一直線。
最初、ネスカフェのカプセルか、と思いました。
a0094449_21482031.jpg
(鶉の?)たまごのチョコなのねー。

間違いを探せ!みたいな並び方の、まるでリンツのチョコのような、でも違うメーカーのもの。
a0094449_21474018.jpg
ウサギの形のチョコらしい。なんとなく味が想像できたので買いませんでした。
a0094449_21474387.jpg
このスーパーで一番感動したのはここ。薬売り場。
a0094449_21495679.jpg
鎮痛剤はスーパーでも買えるのですね・・。そして、視覚障碍者のために大きく点字が打ってある!
日本も薬局で並んでいる商品に点字が打ってあればいいのにね。シャンプー、リンスは区別のために点字をつけてある容器が増えました。
日常のなかで、このようなサービスさえあれば、自活が可能な人たちがいるってことなのですよね。
ただ、これらの商品が、もう少し低いところにあると、いいんじゃないかしら?

お部屋でテレビをみながらお夕食。
なんか迫力のある人だったなー。お笑い女優なのかな?
a0094449_21511664.jpg
リネカーが司会のサッカー関連番組も!
a0094449_21512241.jpg

そして、気づいたら寝てた・・・。

[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-09 21:53 | 旅の思い出17受難節のイギリス | Trackback | Comments(0)

レントな旅(13)白い崖の上を歩く

今回の旅行は家人の都合の旅行。ずっとロンドンにいてもいいのだけれど、家人がロンドンが苦手。ということで、家人の希望優先の旅行計画です。「セブンシスターズに行くには遠いけれど、ここにも白い崖があるらしい」とドーヴァーに関心を持った様子。

私はそうなると、崖の上をトレッキングね、とワクワク。イギリスの家庭小説には、一本の道をただただ歩いていく、というシーンがあり、一人で「雨が降っても傘をささずに歩くのね~」なんて小説の挿絵のような風景を頭の中に描きました。
しかし、家人から「雨がふったら行かないよ」だの「ちょっと見えたらいいから」だのと。
幸い、ドーヴァー城を出るころには空から日が差してきた。
城から崖の連なる場所まで歩いていくのか、とワクワクしていたのですが、家人が「疲れたからタクシーで行きたい」と早々にタクシーの手配をしちゃった。
到着!
本当はこの崖の一番奥に灯台があるそうですが、帰りの電車も決めてあったので、時間を決めて歩くことに。
a0094449_08490512.jpg
ここもナショナルトラストとなっています。
自然によって木も形作られます。
a0094449_08484843.jpg
あれ?入口は扉になっているんだ・・・。
この扉を開ければ、様々なオリジンの人との出会いが待っている。
a0094449_08513466.jpg
ここに扉があるのは馬がいるからなのだそうです。飼育されているようですが、放し飼い。犬はリードをつけてください、とのこと。
確かこのご一家もリードをつけてたはず。
a0094449_08573158.jpg
ふと、横を見ると、馬が走ってる!迫力がある!
a0094449_08592977.jpg
あっという間に通り過ぎちゃった。カメラを構え直したら、もう後ろ姿!
a0094449_08590968.jpg
何頭もいました。夜はどうしているのかしら?なぜここで馬が飼育されているのかしら?等々疑問はつきません。
帰り際には馬の近くまで行って写真を撮っている人たちもいました。写真よりももっと近づいている人たちもいました。
a0094449_08591524.jpg
振り返ると、ドーヴァー城が。絵心があれば!と自分の才の足りなさを残念に思った時でもありました。スケッチのしがいがありそう。
a0094449_09060849.jpg
このあたりはまだ道がよい。そしてご親切にも撮影向きとか、自転車はいけないだの、とピクトグラムを使って利用者に注意を促してくれます。

a0094449_09020750.jpg
パブリックフットパスとしてできた道なのですねー。
a0094449_09015918.jpg
お、白い崖が見えてきた!
イギリス独特の曇ってるような晴れているような空模様。
a0094449_09074599.jpg
砂利道もそろそろ終わります。
a0094449_09084991.jpg
前日、雨がふったこともあり、やや道がぬかるんでいるところも。しかし、一般には時折砂利道が出てくるときもあったりで、歩きやすい道でした。どんな靴で歩くのか見ていましたが、3月だったこともありサンダル組はいませんでした。

要所要所にこんな柵がありました。
a0094449_09084159.jpg
ここから先はすごく急な下り道にあるから、馬が落ちたりしないように、かもしれませんね。
いや、馬だけでなく、人間も。
a0094449_09085786.jpg

高いところから見るとこんな感じ。
人が歩き、地を固め、だんだんと道が作られていったのがわかります。先達の歩みって偉大。
a0094449_09134182.jpg
何所を見ても素晴らしい風景だったのですが、白い崖の写真の一番のお気に入りはこれかな?ちょうどうまく晴れてきたし。向こうにも道があるのがわかりますよねー。
a0094449_09155641.jpg
キミの好きなイギリスのミステリードラマの舞台みたいだな、と家人にからかわれましたが、確かにここで事件が起きてもおかしくないかも。

かなり下に降りて振り返ったら、こういう風景が待っていました!
a0094449_09181118.jpg
海からみたらどんな感じでしょうね・・・。

韓国から留学中というお嬢さんたちは崖っぷちに座って撮影中。
a0094449_09200834.jpg
やんちゃな男の子がいたり。お父さんが注意することもなかったので、これぐらいへっちゃらなのでしょう。日本だったらどうだろう?
a0094449_09214601.jpg
もうすこし降りてみた。海が一層近くなる。
a0094449_09224603.jpg
そんなところでたたずむ人も。私が思うイギリス、という感じでもありました。なので、こっそりシャッターを切ったのでした。
a0094449_09232252.jpg

花の名前はわかりませんが、茶色っぽい場が続くなかで、この黄色は印象にのこりました。
a0094449_09240906.jpg
ウサギ穴なのか、モグラ穴なのか。地面のあちこちにこんな穴もあったり。
a0094449_09254266.jpg
そろそろ帰りましょう。
a0094449_09251890.jpg
お茶を飲んで、一息つきます。
a0094449_09261937.jpg
ナショナルトラストのカフェなので若干期待したのですが・・・。
a0094449_09262730.jpg
いろんなケーキが用意されていました。
a0094449_09272181.jpg
けれど、お味はちょっぴり残念でした。パサッとしすぎてた。
a0094449_09280334.jpg
店内はいい感じですよー。
a0094449_09285019.jpg
タクシーを呼んで駅へ向かいます。
気が付いたら、城の外壁を回ってた。
a0094449_09291286.jpg
今度はフランスからフェリーでドーヴァーへっていうのを体験してみたいなー。


終わりよければすべてよし、な、崖をめぐる話(余談です)。
[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-09 09:30 | 旅の思い出17受難節のイギリス | Trackback | Comments(0)

もう少し自分がうまく立ち回っていれば

自己嫌悪も過ぎると、苦手意識に変換されてしまう。
どこかでリセットしないといけないなーと思いつつ、糸口を見つけられず、いや、私のほうが見つける気がなくなっていたのかも。


ほんと、悩みます。

[PR]
by eastwind-335 | 2017-07-08 04:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る