<   2014年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

オモ!オモ!(13):オンマごっこ

*今年最後のブログは夏の思い出最終回(笑)。予約投稿にして、ワタクシは1泊2日の修行の旅に出てきます(笑)。*

秋夕前のソウルに来ると、本当にワクワクします。
だって、市場などがいつも以上に活気があるからです。

仁寺洞近くのお餅屋さん(店内撮影禁止なのです)の外にはこういう宣伝が。
a0094449_10475980.jpg

そして地下鉄に乗って、いつもの京東市場へ。

午後1時半ごろだったと記憶してます・・・
a0094449_10485149.jpg

数年前も母と秋夕前に来たのですが、午前中だったからか、ここまでは・・・。
地下鉄もこのホームから改札までの「一つしかない」階段近くのドアが一番混んでました。私は期せずしてその車両に乗ってしまって、ちょっとした後悔(笑)。席が空いても座れないし、電車が混んできて(ほんとビックリした!)おじいさんやおばあさんにぶつかりそうになるし・・・。
改札を抜けるとエスカレータがあるのだけど、これまた狭くて・・・。ほんと、よくぞ階段から落ちたりしないなあ、って。
a0094449_1053211.jpg地上に出ても混んでます(当然)。

a0094449_10544729.jpgこのあたりはいつも通りですけれど

a0094449_10552447.jpgハエ叩きをもってるおじさん、ちょっと暇そう。みんな市場に一直線だから・・・。

a0094449_1056870.jpg今となっては何を作っていたのか忘れちゃったけど、お菓子みたいなものだったような?

a0094449_10565695.jpg手際よく広げていきます。

a0094449_1103293.jpg振り返ったら、地下鉄では見かけない恰好の「奥さま」がいらしたので、ついパチリ(笑)

a0094449_10573768.jpg絞り立てのごま油を売ってます!瓶が焼酎のそれっぽい気がします(笑)。なので、今回は買うのを見合わせました。

a0094449_10591961.jpgこのあたりになると、お客さんも足を止めて太刀魚を吟味し始めます。蠅たたきを持つ暇もない(笑)。

a0094449_1145777.jpg中国系の市場と違って、処理済の鶏が並ぶので安心です。

奥さんたち、品定めに一生懸命。このあたりって、季節によって商品が違うところなんですよね。今日は人参。にんにくの時もある。
a0094449_1155274.jpg

a0094449_1165778.jpg生五味子もありました。買いたかったなあ~。このお汁でお肉を漬けて蒸すっていう料理を朝のホテルで見たのだった。

a0094449_1192843.jpgこれはさすがの私も手を伸ばす気がしません・・・。

そろそろ駅に戻ることに。おかあさんたちが必死に買い物をしているので、観光客のワタクシは今回は何も買いませんでした。写真が撮れただけでもよかったわ。
a0094449_1112127.jpg

a0094449_11123587.jpg


帰りはいつもと違って、空港バスを利用してみました。
ロッテFittinができたので、地下鉄駅まで荷物を持って降りるのも楽になったのが、こちらについてからわかったのですが、今回はバスを使うことに。運転手さんが重たいスーツケースを乗せてくれるし、風景も見られるし・・・。一度後輩ちゃんが車で送ってくれたことがあったのですが、バスのほうが車高が高い分、一度に見える風景も違ってきます。

で、バスに乗って気が付いたのですが・・・。
金浦って漢江の南側だったのですよね~。こうやってバスで移動すると色々地図で眺めていたことが立体化されていくので楽しいです。
a0094449_1117416.jpg忠武路って映画の街だって実感!

a0094449_11182064.jpgソウル市の隣あたりかな?アパート(マンション群)が川沿いに続きます。


地下鉄と違って必ず座れるし、混むことはない(東大門歴史運動公園近くのホテルだと乗れるようですが、ちょっと離れると、複数人のグループは断られていることも)。
これからは、行きは地下鉄、帰りはバスって選択肢もありかも?!

a0094449_1123894.jpg帰りの機内食・・。うーん、素麺はいらないんだけどなあ~。


急ぎ足でしたが、夏のソウル旅行記、年内に無事終わってホッとしてます!
いつもだったら、もっと早くに旅行記を書き連ねるのに、今回は、秋から体調も悪かったし、忙しかったし・・・。この数日、写真を見直していて、そうだった、こういうことを見たんだった、したんだった、と思い出すことばかり。
次は、現地で一日教室体験などをしてみたいなあ~。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-31 18:26 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(0)

オモ!オモ!(12):女子になってみる!

最近はそこへ行く気力すらありませんが、ワタクシは一応、行きつけのリフレクソロジーのお店が東京にあります。
ソウルではハンジュマクに言っていた頃は、あかすりなどもしてもらっていたのですが、最近では、チムジルバンで自分で好きなだけお風呂に入るだけ、となりました。

ナカ先生のお料理教室で、先生をはじめ皆さんが「いいのよ、ほんとに!」とおっしゃるので、今回、みなさんのオススメのエステサロン「スパG」へ行きました!
本店は江南にあるのですが、明洞にも支店ができたので、ますます「行かなくちゃ!」って気分に。
様々なメニューがありますが、私はヘッドスパがついている2時間ぐらいのものに。
そして「朝イチ」での予約に・・・。

朝イチでチェックアウトをして荷物を預け、向かうは明洞。
まさに、秋夕間近だったので、開店前のロッテデパートもその飾りつけに!
a0094449_1004662.jpgすごく派手な広告じゃないけれど、いいですよね。

a0094449_1015910.jpg秋夕と鳥の関係はよくわからないけれど・・・すごく芸術的。
日本のショーウィンドも素敵なところが多いけど、平面グラフィックの点では韓国の方が一歩上じゃないかな?と思います。
いかにも「和」じゃなくて、和を際立たせる工夫ってどうやったらできるのかしら?って思うこの頃です(いや、別に私はデザイナーではないけど)。目が大きくて顎が異常にとがったアニメが「ニッポン」であるとか、人気アニメに使われる字体が「クール」とかじゃなくて、手で書かれた品のある「字」がこういうグラフィックに活かされれるといいのだけど。


いつも明洞は同じ通りしか歩かないので、足を延ばして郵便局に。
a0094449_1012166.jpg一度行ってみたかったのです、ここにも。テレビドラマ「アクシデントカップル」の舞台にもなりましたよね。あの男性主人公も良かったけど、一番良かったのは脇役の人たち。局長以下、ツバメ重唱団のメンバー。なんでツバメなのかな?と思ったけれど、郵便だからでしょうね(今頃気が付いた・汗)

a0094449_10322790.jpg韓国の前島密ってところでしょうか?

a0094449_1033913.jpg両親にハガキを送りました。いろいろグッズもあるようですよっ!

そして向かうはスパG!
a0094449_10335978.jpgホテルの地下にあります。

a0094449_10343263.jpgお茶で始まり

a0094449_10345320.jpgお茶で終わる

髪の毛が本当につるつるになりました!
人に体をメンテナンスしてもらうのもかなり久しぶりだったので、このスパGの全身マッサージもやさしめにしてもらったのですが、本当にやさしかった・・・。もう少し強くしてもらえばよかったかな~。(そうだ、あの時、日本に帰ったらリフレクソロジーに行こうと思っていたのに・・・遠い目)
担当の方には「お客様、顔が乾燥してます!」というアドバイスがあり、かなりお値段の張る化粧品を勧められました。高麗人参の入ったものですので、かなり興味をもったのですが、その2週間前に日本の普段使っているメーカーが新しいラインを出したものを予約してあったばかり。
もともと、私はシャンプーほかのヘアケア製品を買う気マンマンだったのに、欲しかったシャンプーほかは品切れ・・・。次はぜひ!この時買ったヘアオイルは家人が同じ時期の長期出張先で買ってきたアロガンオイルを先に使うことになったので、まだまだ鎮座してます。使い終わった頃にはソウルに行けるといいなあ~。

お昼は、ホテルに行く前にその存在に気が付いた、ソウルの老舗でもある河東館へ。
a0094449_10393222.jpg

お祖父さんたちと一緒に相席させてもらいました。ここはすぐに食べてすぐに食べ終わって、すぐに席を立つのがお約束。

さあ、お腹も満足したので、次の目的地に向かいます。
仁寺洞から一本入ったところにあるお餅屋さん。かばん持ちで行った頃に車で連れて行ってもらったのを思い出したのでした。たくさんのお餅を買いましたよ!そして帰国して急いで冷凍しました!
a0094449_1040820.jpg前もこういう感じだったかなあ?

お寺が近く、楽器屋も多くて・・・。また来ようと思います。
a0094449_1041223.jpg

a0094449_1042776.jpg

a0094449_10425087.jpg

[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-31 10:45 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(0)

今週のおべんとう2014.12-3、4

一足先に年末休暇に入ったワタクシ、某国でクリスマスを過ごしました。
12月3週目、お弁当を作ったのに、がががーん、写真撮り忘れの日もあったりして(涙)。

今年最後の「今週のおべんとう」は、仕事が忙しいので手抜き満載でした!
a0094449_2147511.jpg3週目の火曜日のメインは塩麹漬の鶏肉。ああ、難しいですよねえ~麹を焦がさないようにするのって・・・。
あとは卵焼き、パプリカのピクルス、ジャガイモ、ホウレンソウとシラス。ご飯は鶏肉の下にありまーす。


水曜日は写真を撮り忘れちゃった・・・(涙)。

a0094449_2151543.jpg木曜日は、本当のメインはレンズ豆スープ!焼肉定食風のお弁当に。ホウレンソウ、卵焼き、ジャガイモと茄子を焼いたもの。


a0094449_2153287.jpg金曜日は木曜のレンズ豆スープの残り(作った時に金曜用に取りおいておいた)とおにぎり。おにぎりの中身はタラコと梅干。


そして、翌週は水曜日だけお弁当持ち出勤。今年の最後のお弁当でーす!
a0094449_21542946.jpgほんと、冷蔵庫整理のまんまのお弁当です!
ごぼうの甘辛煮、実家の母が送ってきた田作り(海辺の街に売っていたらしい)、トマト、豚肉と林檎を炒めたもの、カブの葉の蒸し煮。スープは中華風スープ。
辰巳芳子大先生がご推薦の無添加、味付けなしのチキンスープを使ってます。中身は、鶏肉、カブ、レンコン、椎茸、えのき、えりんぎ。
鶏肉に鶏スープ・・・。コラーゲンが濃いスープとなりました。


本当は、この回で「今週のおべんとう」シリーズは終わりにしようと思っていたのです。お弁当作りはこれからも続けますが、似たようなお弁当ばかりになるのは明らかなので、ここで一区切りをつけよう、と。
そのため、最後は、これとあれとそれにしよう!と12月の初めから考えていたのですが、あんまり忙しくて何もできず・・・。
ということで、1月のお弁当初日にそれを作って、このシリーズはおしまい、としようと思ってマス。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-30 22:08 | 料理 | Trackback | Comments(0)

オモ!オモ!(11):ホテル大移動

今回の旅行では、初めて、アベンツリー鐘路に泊まり、非常に便利が良いことを実感したのですが、金浦空港への道が面倒で。

ということで最後の日のためにいつもの地下鉄5号線沿いのホテルに移動することにしました。
チムジルバンにも行きたかったし。
すでに荷物が結構あったので(笑)、タクシーで移動をしようと。
やってきたタクシーに乗ったところ、運ちゃんがまずホテルの名前で戸惑い(予約確認用紙を見せても戸惑っていた)、ようやく場所がわかったら、「やや、時間がかかるかもしれないぞ!」と。

なぜならば~・・・日曜の午後3時過ぎっていうのは一番道が混んでいる時なのでした(涙)。

カタコトの言葉しか話せない私に一生懸命あれこれ話しかけてくれ、こちらの赤ちゃんのような韓国語に耳を傾けてくれ・・・。

あとから、地図をよく見たら、鐘閣駅まででてからタクシーを拾った方が良かったのかもしれません。けれど、渋滞のおかげで色んな道(いわゆる抜け道)を通れたし。職場のパートさんが「東大門運動公園のホテルに泊まるんだったら、駱山公園にも行ってみて、と言われてたのですが、そこを沿って走ってもらえたし(笑)。ま、ちょっとした観光気分ということで。

しかし、日曜の夕方にソウルを車で移動するのはダメダメなのですね(笑)。いつも地下鉄なオンナだったワタクシ、勉強になりました!

ホテルはいつもの、コープレジデンス乙支路。
a0094449_9223489.jpg

キッチンがあるので、好きな時にお茶が飲めるし、お手頃値段なので気がねなく・・・。
a0094449_9232074.jpg前につかった時と少し内装が変わってました!


もちろん、アベンツリーのほうが室礼もステキなのですが、やっぱりこっちのほうが私の行動範囲には向いてるのかな?

この日はホテルについてから、梨泰院へ行くことに。
a0094449_9583176.jpg東大門歴史運動公園駅に向かう途中に見かけたカップル。まさに「the 韓国ペアルック」ですよ!!最近は見かけなくなったと思ったのですけど~。もともと、彼等の向こうにあるはずのデザインセンターの写真を撮るためにカメラを構えたところに入ってきたのが彼らでした。

a0094449_100525.jpgセンターではライブをやっていました。お店もいくつか見ました。私ですら「買おうかな?」と思うようなものもありましたよ!いずれゆっくり見る機会もあることでしょう。

こことロッテがオープンしたことで、5号線の駅へ地上から降りるのが非常に楽になったのです!ちょっと前まで、無人状態だったビルをロッテが再開発したので、地上に出るエスカレーターがいつでも動くようになったのです。以前は、エスカレータは「階段」扱いになってたんですけど!

いつも買うお店(Post)で革のハーフコートを買ったり、また、友達に紹介されて革のバッグを買ったことのあるお店でチンチラのマフラーを買ったり。
梨泰院へ行くのは数年に一度(つまり革のコートが少しくたびれてきた時)。前はロングコートを買い替えていましたが、今年は出発前の美容院で「この秋は軽めのライダースコートが流行!」と読んでいたので、それを買おうと思って張り切って出かけました。
a0094449_9574225.jpg結局購入したのは、こちらの形で、もっと濃い色のものに。あれこれライダースを着てみたのですが、私には似合わなかった・・・。もっとすらっとしてる人のほうがいいのかな?顔つきにも合わない、とお店の方に言われ、ようやく諦めました。


希望の色の皮での商品がなかったので、サイズを測ってオーダーにしてもらうことに。これがよかった。いかんせん、ウエスト周りがそこより上の部分と違ってきつくて・・・(とほほ)。ああ、お腹周りについては、久しぶりに帰った海辺の街の両親からも「そこが太っちゃいけないのよ」と注意をうけてます。気をつけなくちゃ(笑)。
とっても気に入って、この冬の初めまで、週に2度は着ていたほどです(笑)。

オーダーして1週間ほどで届きますよ、と言われたのですが数日で到着。店員さんも「3日あればどうにかできるから、初日に来てくれたら持って帰れたのにね」と言ってくれていただけあって、素早い対応でした。

明洞までバスで帰りたい、と言ったところ、店員さんがバス停までついてきてくれて、運転手さんに降りる場所も教えてくれました。初めての道とすでに通ったことがある道と、横を見たら歩いたことがある道と、さらに、初日に行った南山公園のあたりも走ったり、バスから見える風景は、私の明洞と梨泰院の地図を埋めてくれたように思います。

明洞に行ったのは、翌朝行くエステの入っているホテルの場所を確認するためであり、ちょっとした買い物をすませるためでもあり。
そして、アディダスのお店にも行ってみました!
a0094449_10131933.jpg


てへへ、行ってよかった!というか、どーして、ソウルでラムたんが?!なわけですけれど。みんな、この選手のこと、知ってますかぁ?と尋ねたくもなりました(笑)。代表引退後であったけれど、やっぱりWM14優勝チームのカピテンだもんね、巧いもんね!と1人しみじみ。これまでコブタちゃんを見かけたことはあったけど、ラムたんはなかったので、すごく感動しましたよっ!
やっぱり、巧いよねえ、って彼のプレーのあれこれを思い出した時でもありました。

ぶらぶらしながら、東大門へもどり、何を食べようかな~、1人だから麺物かなあ、と思っていたら、以前家人と入ったことがあるお店が目につきました。

女子1人だけでおじゃまするのは勇気がいりましたが、なんせ2度目(笑)。
a0094449_1112942.jpgいろんな方々がいたのでワイワイしていて1人でもさみしくない

a0094449_1123053.jpg頼んだのはブデチゲ。
え?女子が1人で食べるもんじゃない?

a0094449_1133532.jpgラーメンももちろん頼みましたよっ。やっぱり、〆はラーメンですよね?

a0094449_114354.jpgそして!完食!


a0094449_11104867.jpg本当は、サムギョプサルなども美味しいらしく、二人連れの人たちはそれを食べてたんですよね~。うらやましい!

疲れてチムジルバンへ行くのもおっくうになってしまい、そのまま就寝・・・。あはは、何のためにホテルを移動したんだか?ともいえますけど、まあ、ここ自体、3泊連続は取れなかったので(お安いからか、人気がありますよ!)、ホテルの選択は間違ってない!(強気)。
部屋から見えた街の様子。
a0094449_11101215.jpg

こういう風景も、いずれ再開発で変わってしまうのでしょうか。

母娘ソウル旅行をみかけて
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-23 11:13 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(0)

オモ!オモ!(10):パパが来たから!

韓国語でお父さんのことは「アッパ」と呼びます。
聖書にも記されていますが、ヘブライ語では神様のことを「アッパ」というのだそうです。
カトリックでは、ローマ教皇を「パパ」と呼びます。

きちんと一つの輪になるわけではありませんが(だって教皇は神様じゃない)、なんとなく、私の「コトバの箱」のなかでは一つに収められています。(「パ」で終わる言葉?)

さて、2014年、韓国では色々なことがあったと思うのですが(20年前のソウルを描いたドラマ「応答せよ1994」を後追いで見ることになりましたが、あの年に匹敵するほどですね!)、その中で明るい話題は「ローマ教皇の来韓」だったのではないでしょうか?ソウルに暮らす友達(プロテスタント)が「こんなにカトリック教徒がいるとは思わなかった!」と感想を述べていましたし(ソウルでは信者以外の人もたくさん来ていたそうですね!)、お料理教室でご一緒した方は、ご家族と一緒に韓国に教皇の姿を見に行ったとのこと。日本も来年は「信徒発見150年周年」なので、来日もありかな?と思ったのですが、難しそうですね!いや、急に来日ってこともあるかもしれないけれど、そうなったらシュショーは教皇と会うのでしょうか?違う意味での「説教」にお腹が痛くなって欠席とか?(韓国イベント同様に、シュショー夫人に代行させるかな?)

ソウル市立歴史博物館では、その来韓を記念して、ソウルとキリスト教(特にカトリック)の関わりについての特別展がありました。
a0094449_21403222.jpg

a0094449_2141928.jpg

a0094449_21415122.jpgカトリックと近代化、抗日運動がどういうかかわりがあったのか、ということをこの展示を通して知りました。

a0094449_21424912.jpg

a0094449_2143195.jpg

a0094449_21442416.jpg

a0094449_2145999.jpg司教の帽子や十字架

a0094449_21455750.jpg神父が描いた、韓国の人びとの様子とアルファベット。こういう学習本は面白いですよね!

a0094449_21465654.jpg縦書のハングルだからかしら?なんか、一層敬虔な感じがしますし、西欧のものと変わらない何かを感じます。

a0094449_2149163.jpgハングルの「十戒」。

a0094449_21594186.jpg十字架が浮き上がっている様子に「スタトレ・ニュージェネレーション」のようで感動しています!
私は日本人神父には1人しかお目にかかったことがないのですが、彼の話(何度か、何年かにわたってお目にかかった)から、アジアで神父になる、ということは二重三重の特殊性を持つため、大変なのだ、と。非西欧人であっても神父として奉仕ができる、ということを示すために、日本ではなく遠いアジアの国々に派遣された、という話は今も心に残っています。それだけに、この道に進む方々を尊敬しています。
韓国は日本と異なり、クリスチャン率が高い現状なので、もう少しイメージが異なるかな?修道会を舞台した映画もあるほどだし(笑)。
しかし、いずれにしても、一信者として日曜のミサを守るのとは話が違います。
特に、朝鮮半島の場合には、南北分断という大きな政治(外交)問題が残されています。朝鮮戦争が始まる頃、半島北部もカトリック活動が盛んだった時期、そこへ布教に行ったブラザー、シスター、またはファーザーが朝鮮戦争の時に虐殺される(殉死)という事件などについても、きちんとした説明がされていました。
a0094449_21513199.jpg韓国史上最初の司祭として有名です!

もしパパの来日があったら、トーハクは企画展をするかしら?(苦笑)。
でも、大きな寺院展についてはやるんだから、そろそろトーハクも日本のキリスト教宣教に関わる展示を企画してもいいと思うんですけどねっ!
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-22 22:05 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(0)

享年80歳

ウド・ユルゲンが亡くなったと、先ほどのZDFのHeute日本語吹き替え版で報道されました。

父ちゃんも好きだった、ウド・ユルゲン。
WM14の私の密かなBGMだったウド・ユルゲン。
勝ち試合のご褒美のケーキを買う時には、頭の中にエンドレスで流れたAber bitte mit Sahne。



ニュースを聞きビックリ!まだ75歳ぐらいかと思っていたけれど、もう80歳だったのだ!と。
先週、仕事をご一緒した方も80歳で、まだまだ現役のフリーランスの方で、その活き活きとした知的好奇心の発揮っぷりにワタクシはタジタジしつつも、猛烈に刺激を受けたところ。
その方と同い年なのか、と思いましたよ!つい9月に80歳のお祝い番組をZDFでも放送したそうです!だからなのか、冒頭のニュースとして取り上げた時のアナウンサーの口調がややびっくりしてます!って感じだったのが印象的でした。

さようなら、ウド。あなたの音楽は間接的にせよ、父ちゃん一家を世界一に引っ張ってくれるパワーの一つになったはず。ありがとう!
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-22 05:30 | Musik | Trackback | Comments(0)

オモ!オモ!(9):新しい道

*しばらくソウル旅行記がお留守になっていました。まだまだ続きますのでよろしくお願いします*

日曜日の朝。
ホテルを移動するので荷物をまとめます。

荷物を預けて、向かうは古宮博物館。景福宮の西隣に隣接する、私にとっては「必ず行く」場所の一つ。
地下鉄で安国から一駅でもあるのですが、ソウルは一駅だったら歩いた方が早い!ということはよくあります。大きな通りに沿って歩くので苦はなし。そして、いつもは遠くに目にするばかりだったビルの1階はこんな感じだったのね、なんて確認もできて、楽しい朝の散歩となりました。

a0094449_20525322.jpg曹渓寺を北上し、

景福宮へと西折しながら歩いていると、小さいながらも素敵な店構えのお店が!
a0094449_20541327.jpg

a0094449_2054462.jpg

a0094449_2102342.jpg秋夕が近いので、ご贈答用って感じのショーウィンドウになっているお店がありました。このお坊さんも売り物なんですよ(笑)

a0094449_2115211.jpgこちらのお店はお餅専門店らしいのですが、京都の和菓子屋さんみたいですよね!

a0094449_2124857.jpg秋夕ではお馴染みの松の葉餅を買って食べてみました。

いまは、ソウルのあちこちでとても素敵なお店が増えています。面する道は、ソウルでも混みやすい大きな道路です。到着し、金浦からホテルまでの路線バスで通りましたし、後輩ちゃんたちと乗ったバスもここを走った、ということで旅行中にすでに2度もこのあたりを目にしていたはずだったけれど、全く気が付かない。というか気が付けない。
中学生の頃、国語の教科書に載っていた黒井千次の随筆に、歩くということのテンポ、速度が、人が考える気が付くということにいかに重要か、ということを問うたものがありました。中学の国語の教科書は、載っている教材すべてを扱うわけではありません。私は国語の時間、時々、扱わない教材をこっそり読んでいたものです。だからこそ、集中して読んでいたのかもしれません。とにもかくにも、私は黒井千次のその随筆(あの頃は教科書では「エッセー」なんてコトバ、使わなかったと思う)に非常に共感し、それは30年以上経つ今も、歩くたびに、バスに乗るたびに、旅先へ向かうたびに思い出します。この旅行でも、このお店に出会ったときに思い出しました。

古宮に到着!
a0094449_2143743.jpg今回の古宮は、「生と死」や「養生」の特別展。

a0094449_22144210.jpgどの時代劇だか忘れてしまいましたが、後産であれこれ起きる話の回があったのです。

a0094449_2215277.jpg胞衣を朝鮮王朝ではちゃんと収める場所があった。日本語でいうところの結界が図に残されています!

かつてこの博物館で色々見ていたので、ドラマのそういうシーンについても「ほほーお、なーるほど!」と1人で感心していたのです。しかし、これは知らなかった!納棺の方法です!
a0094449_2217365.jpgアニメでわかりやすく解説!

a0094449_2218139.jpg日本だといかにもアニメ声の声優やアイドルを使うんでしょうけれど、これはセリフなし。すごいことです。外国人にだってわかるんだから。日本もこういう点は見習うべきでしょう!

韓国語は0歳児並だというのに、イ・サンとそのお父さんのお墓も見に行ったことがある私。現代のドラマでもホームドラマに欠かせないのは「墓参りのシーン」。大小さまざまですがあのお墓がどうやって作られるのかな、なんて思うこともありました。それも解決!
さらにさらに!私が韓方に関心があることも、改めていうまでもなく!
a0094449_2221521.jpg煎じてます!

a0094449_22214639.jpgツボ、押してます(違)。鍼ですね!

a0094449_2222327.jpg「チョーナー(国王様)、さ、匙の色が!」というようなシーンもありますよね!チャングムみたいですね~

近代医学への歩みも紹介されていました。
a0094449_22305632.jpgこれが例の延世大医学部の元になるのかなあ?

ということで、本当に楽しい見学となりました。
そしてお昼は博物館併設のレストランで。
a0094449_22332690.jpg日曜なのにマダムな会がありました。

a0094449_22342325.jpgハスの葉に包まれたご飯です。

いつも思うのですが、お1人様用と思って頼むし、もちろん量はそういうものなのだけれど、定食じゃないから何となくモノ寂しい気も(笑)。
a0094449_22394449.jpg


古宮博物館とドラマ
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-20 22:47 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(0)

かくて我ら急ぎて(準備編1):どれだけ、寒いの?

来週、クリスマスからお休みをとって出かけることになりました。

毎年、お互いが1週間近く休める2月に予定を合わせていたのですが、今回、家人は非常に若い後輩君たちと某国へ行くことになったと。
そりゃあ、ワタクシ怒りましたよ!後輩君たちも成人してるんだから、オトコなんだから、そんなの「一人で行け!」でしょう、って。だけど、その国へは再び行きたいと思っていた家人は、食事会(家人は体質的に飲めないので・・・)で盛り上がった時に「じゃあ、行こう!」ということにしたんですって(笑)。

9月なかばに決めた行き先は澳門(マカオ)とおまけの香港。我が家の夫婦旅行の唯一のルールが「家人がまだ行ったことがない国、土地」だからです。私は27年前に生まれて初めて行った外国(しかも地理的にはアジアだけど国はヨーロッパ!)です。そして、最初で最後の「商業ツアー」旅行でした。

お互いが遠慮なく休める時期を探すと・・・。12月25日から30日まで!
31日夜からは家人実家での「修行」が始まりますので、何が何でも30日までに帰国しなくちゃ。
しかも、しうとめには内緒で。

で、チケットを取った数日後、香港では大学生たちが行政長官選挙方法の在り方を巡って、デモが始まりました。
もともと、朝の公共エイセイ放送のニュースで香港からのニュースは5分ぐらいとはいえ毎朝見ていましたが、それ以外の時間帯にも香港は取り上げられるようになりました。ということで、どんな恰好をしていけばよいのか、も分かりました。
むしろ、メインで過ごす(っていっても1日多いだけですが)マカオのほうが映像で確認ができず・・・。

ところが、それも今朝解決しました!なぜならば、実は、本日(12月20日)はMacauから澳門になって15周年の日だからです。チーコクのエライさんたちがやってきたので、普通のニュースでも取り上げられているのです。私は画面にくぎ付け。ひゃっ、みんな結構分厚く着こんでる!

いや、9月にチケットを取った時、日本はまだまだまだ(笑)暑くて。だから、「これも澳門で着よう」「あれは香港で着よう」といわゆる晩夏のものをクリーニングに出さなかったんですよね。

げげっ。服装計画からして練り直し。
さらに、私も超忙しかったこともあって(涙)、まだ澳門でどこに行くのか決めてません!
普通だったら通勤時に持って行く物を考えながら、大体のルートを決めるというのに。電車に乗ったらトタンに寝てるという・・・(汗)。
昨日も、朝は「さあ、大仕事は前日に終わったし!」とウキウキでしたが、ワタクシ、一日フルに仕事をしてさらに残業も・・・。

・・・ということで、準備は一日遅れでスタート(涙)。今日は一日お習字だっていうのに。間に合うのか。わたし?
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-20 07:58 | 旅の思い出14唔該!澳門・香港 | Trackback | Comments(0)

これぞ究極のマリーシア?

昨日の夜9時をもって、今年のバタバタ大イベントはすべて終了しました!
ばんざーい!もう走らなくていいんだ!と思ってましたら、お兄さんが「東風、明日は、まとめて溜めてたメンドーなことをやってしまおうな!」と。

そうだった。お兄さんと私、お互いの大イベントのために、先送りできるメンドーなことは19日に!を合言葉に12月からやってきたのでした。
なぜ19日か、というと、ふふふ。

ワタクシ、来週半ばからお休みをいただくんでーす!

サッカーもそろそろクリスマス休暇かしら?と久しぶりに、朝からスポーツ欄をネット検索していたら・・・。
ほほう、極東代表のカントクを解雇できるように次の人選に入っていると・・・。
え?カントクについてはグチャグチャいっておいて、アジアカップは連覇せよ?と?!

そんなの、あのGさんズ(協会お偉方)が現役代表の時だってムリな環境でしょ?自分にできないことを他人にはやらせる、というか要求する。まるでうちの人事担当役員のようで、ヒジョーにムカつきます(笑)。

もちろん、八百長はやっちゃいかんでしょう、ですけれど、えーっと、この監督を見て一発で「あやしそう」って思わなかったのでしょうか?私は同僚に「すごくクセがありそうだから、協会が使いこなせないはず」と言っておいた。今回の動き自体は起きても不思議ではないのです。ま、協会の対応は、小学校の終業時に毎日あった「終わりの会」のようで、その日一日の悪いことをした人を突き上げる学級会みたいな感じでしたけど。

選んだの、アンタたち(←別人来臨中)だから!

ま、代表がWM14で勝てないのは、協会によるカントク選びも一因だと思ってマス。
あの人たちは、自分たちが一番素晴らしいと思って協会に居残っているのだから(週末の協会会議のメンツ見ても「ロートル」ばっかりじゃん!)。自分のことを「カピテンをよべ」という会長がいる協会で、自分のやりたいようにやって代表を強くすることができないのは自明の理。

マリーシアが大切、身につけなくちゃ、というのだったら(これ自体、代表選手たちにはムリだと思うし、日本人のメンタリティとして「ずるがしこさ」が全面にでる集団を応援する心情は生じにくいと思う)、監督の「マリーシア」も認めなくちゃ。

っていうかそこそこ日本人でも知ってる程度のクラブチームや国のカントクを経験したことがあって、クリーンで、人柄も良くて、教え方もうまくて、作戦もきちんと練れてる、日本語のあいまいさを理解できる外国人カントクなんて、そうそういないでしょう?

スポーツ新聞のサイトに新しい監督候補の候補みたいな記事が出てました。日本で監督をしたことのない有名監督の一人としてマガトの名前もありました。
まあ、今の代表には二人、、冬のライン川で彼の洗礼を受けて凍えそうになりながら耐えたのが二人もいますけどね!

協会はマガトを使いこなせないと思いますよ。
ということで、ワタクシのオススメを報告します!

やっぱ、ハンジでしょ?
a0094449_7244576.jpg


父ちゃんちで8年間、いつも地味に父ちゃんの右に立っていたハンジ(だから写真は左に写る)。
父ちゃんちで8年間、セットプレーを指導し続けたハンジ。
父ちゃんちで、いつかカントクになれる日を待つのではなく、スポーツディレクターになる道を選ぶ賢さのあるハンジ。
父ちゃんちで、鼻に手を当てず、ピョンピョン跳ねることもなく、内気そうな表情で、人当りの悪くないハンジ。

知らない人はダメ、という声も聞こえてきそうですけれど・・・。
えー、だって、「WM14をまとめてみましたサッカー雑誌」は軒並み「ドイツサッカーはすごい。日本のお手本になるところがたくさんある」ってあんなに持ち上げていたじゃん!

父ちゃんに「来て!」と言ったところで、そんなの実現しないこと間違いなし!だけど、ハンジは可能性なしとは思えない。ドイツ育成の8年のコツだって教えてもらえるはず!お金と時間をかけなくちゃできない、ということでどの雑誌も同じ記者かお仲間記者なので終わり方は一緒だけれど(笑)、ハンジは日本代表のダメダメなところをちゃんと指摘してくれるはず!
それに同じサイトで名前が挙がっていた「ファンボメルのお義父さま」を呼ぶとオランダ語の通訳が必要となって大変だけど、ドイツ語通訳だったら人材は豊富!問題なし!いざとなったら、伝説にして究極のドイツサッカー通訳にして代表監督の体験をもつ岡野さんを呼べばいいんだし!

どうよっ?(←かなり自分でも良い案だと思うのですけど)
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-19 07:27 | 極東のサッカー | Trackback | Comments(0)

今週のおべんとう2014.12-2

子どもの頃は「こんなに大変だなんて!」と思うようなことはありませんでした。
なんといっても「グズ」でしたので、いつも大変だったから(爆)だと思います。
そんなことを考えるようになったのは、大人の証、なのかな・・・。

日曜日の一大イベントのために、この1か月準備をしてきたワタクシ。いよいよ最後の追い込みと言う時に、自分のことは後回しにせざるを得ない状況が職場で発生!特に水曜以来、どうやって通常業務+イベント準備+非常事態をこなすためのあれやこれやをして、どうやって帰宅したのか記憶がないほど、バタバタしていました。後回しにしたことのために、土曜日まで出勤ですよ!(号泣)。

そういう時のお弁当です。お弁当作りまで辞めたら、自分の時間をすべて職場に盗られてしまうような気がして・・・。

a0094449_5363979.jpg卵焼き、ホウレンソウと人参サラダを和えたもの、お肉。家人がおにぎりを持って行く日なので、残ったシャケをご飯の上にばらまきました(笑)


a0094449_538363.jpg水曜日はパンを食べたくなって・・・。パン用のランチボックスです。

a0094449_5384562.jpg玄米が使われているテーブルパンに、アボガドとポークパテとルッコラ、ハムとパプリカのピクルスとルッコラ、むかーしむかし、8年前の夏にカナリア諸島のテネリフェで買った蜂蜜。という3つの味。そして、家人が知り合いのお店で買ったドライフルーツ。疲れそうだからアーモンドも入れてみました(笑)。

この日の午後から、信じらんないようなことが連発し・・・(号泣)

a0094449_5411328.jpg木曜日は塩麹を30分まぶした鶏肉、卵焼き、茄子、椎茸、レンコンの梅酢和え、トマト、パプリカのピクルス。

前日から忙しくなり、自分のことをするために、1人でお昼。まだ、これを食べている時は「ちょっと仮眠してから・・・」とお昼休みの使い方を考えていたのですけれど!食べ終わって歯を磨き終わったら、「え?」なことが起きてしまい・・・。


a0094449_5452710.jpg金曜のご飯。木曜の帰りにカキフライを買ったのだけど、夜ごはんの時に出すのを忘れてしまい・・・。卵焼き、れんこん、なす、ピクルス、ホウレンソウのえごま油&ラー油和え、まではこの週の残りものを全部詰めたって感じ(笑)。そして月曜の夜の鍋の残りであったえのきを発見してしまい(笑)、急いで甘辛煮に。いい箸休めになりました。


いつだってグズだったワタクシも、給与生活が始まったら、いつのまにか、何事においても「トロい」ぐらいまでスピードアップすることができるようになりました。
そんなトロい私が「ジェットコースター並!」といっても、周りは「そんなの、フツー」と言いそうなのですが、ほんとに量も質もスピードも異常なコトだらけでしたよ!木曜日以来・・・。

どうなるかと思った日曜も、まあまあで終わり。もっとうまくプレゼンができたらよかったのになあと思いますが、ま、終わったことだ!後ろは振り返るまい。

そして、日曜夜は、料理教室の忘年会でした!!ジェットコースターの最後のスピードの坂を下りていくような気持ちでドキンドキンしながら会場へ。そして、ドキンドキンは2時間続き!

忘年会については、また日を改めて!
[PR]
by eastwind-335 | 2014-12-15 06:19 | 料理 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る