<   2014年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オモ!オモ!(8):女ひとり定食屋へ行く!

せっかくの國楽院で居眠りをしたことがきっかけで、飛ばしすぎないように、ホテルに戻ることにした私。
でも、まだ夕暮れにもなっていない時間。

まず、鐘閣駅に隣接するビル地下にある本屋さんへ。
本を見るのではなく、文具コーナーへ。made in koreaな文房具を買いました。
a0094449_2134749.jpg手前はスーツケース用ネームタグ。ひょっとしたら日本でも扱いがあるのかな?使うのがややもったいない気も(笑)。
奥はハングルカード。白雪姫とかシンデレラが「オモ!」ってびっくりしている、という絵柄。
1970年代の日本の少女マンガを髣髴とさせます!韓国では最近はやっているのかしら?前もそういえば、鼻炎をテーマにしたこの手のイラストの広告をバスの中で見たんだった。


a0094449_2118395.jpgホテルに一度戻って、荷物を置いて仁寺洞へ。ホテルから一つ通り向こうなだけ。よく仁寺洞から細い道が東西に走っているのを目にしながら、一体どこに続くのか、と思ったのですが、私が泊まっていたホテルへ、でもあったのでした。

白い竜のひげの飴のお店もあったのですが、えー?最近はこういうアイスが流行っているの?
a0094449_2120568.jpg

イカ焼きも?!
a0094449_21203836.jpg

仁寺洞に行くと必ず寄るお店があります。セロバンです。
a0094449_2125313.jpg

a0094449_2121715.jpg間口は小さいのですが、私好みの商品がお手頃な値段で購入できます。特に、必ず購入するのはお弁当包みに使うナプキン。

韓国は現代の日本以上に刺繍が身近なように思います。韓服を着る習慣があるからでしょうね。小物も刺繍なくしては語れないものが多い!
(もちろん、似たようなデザインの商品はあちこちにありますけれど、私はここのお店で初めて見たので、買い足すのもここにしています)

観光サイトにセロバンの支店というか、お姉さんが新しいお店を開きました、とありましたのでそちらにも行ってみました。
a0094449_2126561.jpgスタバの前にあります。

a0094449_21214812.jpgここでは、仕事の書類を入れるのにちょうどいい大きさで、かつ、私のことをよく知っている人には私らしいと思われる、そんな刺繍のバッグを見つけたので、買ってしまいました!
祖母が作ってくれた子どもの時のピアノのお稽古バッグをふと思い出しました。そういう温かさがあるバッグ。


全く情報募集不足でして、帰国して知ったのですが、新しいビルが仁寺洞にできたそうですね!なかなか面白そうなので次はぜひと思ってマス。

さて、仁寺洞に出たのは、買い物だけでなく。この時ソウル市が行っていたイベント(美術館やギャラリーの営業時間を夜間まで延長)に出かけようと思ったからなのでした(←あれ?疲れてたんじゃ?)。
ここの美術館が見つかるまでが大変で・・・。
近くにいることはわかるのですけれど。ほぼ斜め前にあるカフェの人まで「えー、わからないです~」と。
a0094449_2128131.jpgやっとわかった!と思ったら、そこは何度も行き来していたところだったのでした(笑)。ホテルと仁寺洞の間の通路と言ってもいいところにあって・・・(驚)。

小さな博物館で、しかも、室内撮影禁止ですので、入り口だけですが・・。
a0094449_21285572.jpg

女性館長さんが親切に説明をしてくれました。日本語も少しできる方です。
今年、企画委員会に勧められて、ソウルナイトのために夜間開館をしたそうですが、どうも、私が初めてのお客さんだったらしい。
しかも日本人が?ってことで、びっくりしていたような(笑)。
40年近くかけて朝鮮時代の箪笥や刺繍などの製品を集めたのだそうです。私からするとソウルには個人博物館が比較的多いような気がするのですが、運営がとっても大変だとか。ここは入館料を5000ウォンとるのですが、そう伝えると「じゃあ、帰ります」と言われることもあるそうな・・・。

色々企画展をしているようですので、また、寄ってみようと思います。

ハッと気が付くと夜8時半。
通り一本とはいえ、お部屋にそろそろ戻らねば・・・。夕飯をどうしようかな~・・・と歩いていたら、定食屋が。

もう終わりかな?と思ったら、二人連れの会社員が。
「1人なんです」と指で1を作ったら、「けんちゃな~」とお店の人たちが手招き。
何にしようかな?
a0094449_21293757.jpgメニューのハングルを、まるで幼稚園児のように一字一字読んでいきます。

すると、おばちゃんがメニューを持ってきました。チゲがけっこうある。
一瞬スンドゥプチゲにしようかな、とか思ったのだけど、具があるほうがいいな~と海鮮チゲを選択。
a0094449_21302014.jpg

卵も入ってた!でもそんなに辛くなかったです。ひょっとして「日本人仕様にしてくれたかな?」
いやいや、普通のお店でしたが、よかったでーす!
a0094449_21304525.jpgもうお店は人が少ない時間で、みんなで週末ドラマを見ながら(笑)、暇そうにしていました。

そんななかで、客は私1人。私もテレビを見ながら食事。
a0094449_21321880.jpg辛いはずだけど、美術館の場所を探してくれたカフェに「見つかりました~」とお礼かたがた行ったときに買ったスムージーを時々飲んで、水も飲んで、気が付けば、お汁も最後までしっかり飲みました。

うーん、満腹、満腹~。
さあ、お部屋に戻りまーす!
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-30 21:41 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(3)

今週のおべんとう2014.9-4

体調不良週間ともいえる1週間でした。夕飯を作るには疲労困憊。幸いに家人が夕食不要の週でもあり、助かりましたが・・。
そんな週のお弁当。
a0094449_7513596.jpg水曜日。三重塔?もっと元気だったらおにぎりも立てて置く茶目っ気が出たかもしれません(笑)

a0094449_7524518.jpgえごまのキノコスープと、タッカルビ(蒸したさつまいもばかりが映ってますけどね)、そして韓国からこっそり持って帰った雑穀を加えて炊いたご飯での梅干しおにぎり。

食欲がない~。でも、風邪の撃退には食べるしかない!(←っていう理由づけは私だけだ、とあとで先輩に呆れられました)。
しかし、お弁当を作らなかったら、あの、職場食堂が待っている。メニューチェックをしてないので、食べられるのがうどんだけだったら哀しいし。
えごまのキノコスープは作り方は簡単!出汁を取るのも、いりこほかをあらかじめ水出ししてあるし、火にかけている間にほかのメニューの準備ができるし。実は日曜に作ったものをお弁当に取りおいたもの。
日曜には、家人から「味がピンとこない」と言われましたが、それがえごまの持ち味なのだ!やさしい味なのだ!と力説したところ「身体にいいんだね」と納得した様子。
それどころか、翌朝も食べようと思っておいたものまで、一人で勝手に食べていた!お弁当用に取りおいてよかった!
私も職場でレンジで温めたスープを飲んで、ホッと一息つけました!この秋冬の定番になりそうです。

タッカルビも、実をいうとこれも日曜日につくったものの残り。もともと水曜のお弁当用に残しておいたけど、さらに少し野菜の部分が残ったので、木曜に他のものと炒め合わせようかな、と思ってラップをしておいたら・・・。その日のうちに家人が冷蔵庫から発見。胃の中へ。冷たくても美味しかった、とのこと。

雑穀ご飯は、もう少し緑色の豆の色が出るのかとおもったのだけど・・・。
a0094449_851680.jpgロッテデパートで買ったこちらを入れて炊きました。普通の白米1合に大匙2ほどいれたのだけど、もう少し入れても平気だったかしら?


木曜日はまあ普通の和食?かな?熱っぽいなかでのお弁当作りになったので、間違いなく味付けが一定しているものを作りました。
a0094449_872037.jpg雑穀ごはん(冷凍しておいた)と、レンコンと梅干を和えた酢漬け、いつもの人参サラダ、卵焼き、味付け肉にニラを加えて炒めた物。茄子の甘辛味。

弁当箱を持って通勤していたら女性の先輩と一緒に。「ニラ、いれたでしょ?」というツッコミが。スタミナつけようっておもったのですよ~と言い訳(笑)。
レンコンと茄子は朝作りました。茄子は別のおかずのために買ったのですが、このままでは傷むかも~ととりあえず1本だけ甘辛味に。れんこんも違うおかずのために日曜に買っておいたのに、すっかり忘れてた!と慌てて茹でたのでした。どちらもすぐにできちゃうおかずですけど、普通は夜に作ることが多いので、なんとなく昼夜逆転の気分に。

金曜日のお弁当。前日午後から声がでなくなり、医師からも(喉の)絶対安静を言い渡されていたので、金曜日は休みたかったのですが、外からのお客様も来ることになっていたので、出勤。菓子パンにしようかな、と思ったけれど、買いに行くのも面倒。ということで、前日の夕食用に鶏専門店で購入したものを転用。
a0094449_8143720.jpgれんこん。鶏カツの残り。人参のサラダに味付け鶏皮を和えたもの。そして茄子の精進焼き。


体調不良は祭日である火曜日からでしたが、思い返せば、東京の東西を往復する仕事の入る月曜日から不調が始まっていたのです。
久しぶりに履いたとはいえ、履き慣れている4センチ弱ほどのヒールの靴を一日使用したら、帰宅するころから足の裏が痛くなったのです。自宅最寄駅に到着した時には靴を脱いで歩こうかと思ったほどでした。
家人のために夕食を作らなくていいとわかったのも月曜の夜。帰宅時に購入した食材が・・・ということで、朝から夕食のおかず(私はついつい「重たいおかず」と呼ぶのですが)を作りつつのお弁当作りとなりました。

私は朝型なので、お弁当作りは苦にならないのですが、夕食作りは終業後、つまり体力がゼロ、朝型としては魔の時間、つまり、気力は限りなくマイナスへ、の時間帯に始めます。買い物をするまでは気力があるのですけれどね・・・。作り出すまで、時々「あー、今日はパスしたい」と思うことも。かといって、全く夕食を作らなくていいとなると、それは外食(または買って来たもの)続きになり、自分の身体の内側が「自分で作ったものをちょっぴりでいいから食べた―い」の大合唱となる。なんとわがままな私。

今週のお弁当で、先日お料理教室で習ったおかずの何品かも復習。
特に、ナスの精進焼きはしっかり冷める前に出勤となったのに、数時間後に出勤する家人に冷蔵庫に入れておいて、というメモをつけるのを忘れてしまった私。夕方、帰宅するまで、あー、ほったらかしだったらどうしよう。涼しくなったとはいえ、一日人がいないマンションは室温があがります。
しかし!ちゃんと冷蔵庫にしまってあった!家人よ、ありがとう!
家人は蓋が開いたままの容器に気づき「味見」をしたら、止められない止まらない状態だったそうです!ほんと、かなり減ってました(笑)。
お教室では「精進料理」ということで、もっと細かいみじん切りにした気がしましたけれど(修行と言ってみなさんと大はしゃぎしたのでした)、あはは、大ざっぱな私ですのでみじん切りも・・・(汗)。
私にとってお弁当作りは修行じゃないので!と言い訳をして今週のお弁当の紹介を終えたいと思います。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-28 08:37 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ニッポンの、お餅

お習字の先生から「大福とか餅菓子はね、冷凍しておいても平気なのよ」と言われ、また、クール便ができたばかりの頃、母のお友達から和菓子が送られてきたことなどを思い出したワタクシは、以来、餅菓子を少し多めに買って冷凍することがあります。今は冷凍庫にソウルで買った餅も入ってます!

もちろん、作り立て、買いたて(←こんな言葉ないと思いますけれど)が一番おいしいのは承知の上です。
近所にろくな洋菓子屋も和菓子屋もない我が家では、ちょっと、甘いものを食べたいな、って土日に便利なのですよ。

昨日、出先の和菓子屋さんで運命的な出会いをしました!行きは所用のために脇目も振らず、ですが、帰りはキョロキョロしちゃったのです。
所用がすんで、駅までの商店街を歩いていて、目に入った和菓子屋さん。珍しい名前のお菓子に出会いました。
黒五餅とむらさき大福。
a0094449_13242260.jpg

買わずにいられましょうか!
ということで、わざわざ上司の気遣いで、声が出ないとは一見するとわからないから、私が着席していたらだれかに話しかけられるだろう、と声を出さなくても済むお使い事に出されたのに、出ない声と身振りで買い物をすます私。
しかし、次にいつ来るかわからないところだし、もし来ても、こういう和菓子屋さんは売り切ったらおしまい、ですからね~。
個装されているお菓子だったので職場のオヤツにいいかな?と思って普通よりも大量買い。
が、職場のおやつにはならず、自宅へお持ち帰りとなりました。

a0094449_13301933.jpg手前が黒五餅、奥がむらさき大福。


久しぶりに黒五餅はお店にならんだ、と店番のおばあちゃんが言ってました。タイミングがよかったのですね!
a0094449_13321271.jpgお餅の切り口はこんな感じ!お店の解説書きによれば黒五餅の黒とは、「黒米、黒大福、黒ゴマ、黒松実、黒かりん」。これを求肥餅にまぜて小豆こしあんを包んだもの、だそうです。
抗酸化作用や美容疲労回復などの効果もあるそうですよ!あと「老化防止」も。
むらさき大福は「不老長寿黒米」を餅状にして、トレハロースを甘味に、北海道産小豆の粒あんを包んだ大福。
こちらは食物繊維が多く、また、黒米なのでミネラルやビタミンも豊富。成人病を予防する成分も多い、とありました。


不思議なことに、この日は甘い物dayだったのか、午後に私のところにきたお客様から大量のピアードパパのお土産が!部署のお姉さんやお兄さんに一つずつ渡してもまだ2つ余ったので、私の分も含めて3つを自宅へ持ち帰りました。
その代り、お客様には私が買ってきた和菓子を出しました!

ピアードパパって、注文をうけてからクリームを注入するものですよね!その昔渋谷駅前でみんなが列を作って買ったものだったような?
我が家の近くにはないので、1度だけ食べたことがある気がする。
昨日は私は「口をきかないday」でしたので、オヤツの時間もみんなと一緒にしなかったのです(じゃないと、面白い話をする同僚や先輩についつい反応しちゃうので・・・)。
自宅で適当に二つ取り出して、家人と食べ始めたら、どうも、お客様は普通のカスタードと、クリームチーズのものを持ってきてくださったらしい。

残り一個は誰の胃に(笑)?
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-27 13:39 | 日常 | Trackback | Comments(0)

こんなに先が読めていいのかな

普段はあまり邦画をみない我が家ですが、先日ケーブルテレビで放送された邦画をついつい見てしまいました。

私が育った海辺の街もロケ地になっているのがわかったからです。こんなところでデートしたらわかれるだってば!と都市伝説を滔々と語るワタクシにドン引きする家人。

しかも、その映画、どうも「恋する女子が男子に読んでもらいたいNO1の小説」を原作にしているんだとか。
そんな小説があることすら知らなかった(00年代以降、ほとんど日本の流行小説を読んでない)私。映画を見ているうちに「ああ、これ、こうなっちゃうと思うだよね」と家人に粗筋を予告。
するとウィキっていた家人から「キミ、本当に原作を読んでないんだよな?」と念押しされたあと、「ほとんどその通りになるらしい」とびっくりしてもらいました(自慢)。

わかりやすいんですよ。っていうか、こんなにネタ元がわかる本が売れてるっていいのかしら?
まあ、てっとり早く言えば「人魚姫」と「100回生きたねこ」を足してゴチャゴチャしたような話。

その時初めて知ったのですが、うちの家人って「人魚姫」を読んでないんですって。粗筋を覚えてない、じゃなくて、読んだことない!と。「リトルマーメードだけど?」と一応、最近の言葉でも伝えてみたけれど・・。

小学生の時、どうしてたわけ?と突っ込みたくなる一瞬でした。
大学浪人中に、大学生が人文の般教で読むような理屈連発の難しい本は先に読んだとか言ってたけれど。

この人が幼少のみぎりに、人魚姫を読むような男子だったら、まあ、私なんぞとは結婚しないでしょうけれど。
15年以上暮らしていても知らないことがたくさんあります。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-26 23:10 | 日常 | Trackback | Comments(0)

最初の質問票は何の意味が?

あれこれと持病のある私ですが、おかげさまで、経過観察ばかりで、薬を普段のむことはありません。
風邪薬も指定の量を飲むと、眠くて眠くて、仕事にならないので1錠は減らすほどよく効くのです。

職場においてある常備薬もあります。喉のために麦門冬湯。数年に一度、酷い頭痛がくることがあります。最初は緊張を強いられた後に出ることが多かったので頭の疲労か(笑)と思ったのですが、ある時、その痛みの状態、回数を細かく記録して通院したら、「頭の神経痛」と診断されました。その時にロキソニンを処方されましたから、それもお守り代わりに常備してます。あとはいつも飲んですぐに効く風邪薬。

実は一昨日、それも夕方近くになって私には珍しく高熱を出しました。
昨日までに自分なりに仕上げておきたいお持ち帰り仕事があったのですが、なかなか週末以来取りかかることができず、ようやくエンジンがかかり始めたって時に!
仕上げておきたいと期日を決めたのは、そのレポートを先輩に目を通してもらうため。もちろん体調不良を説明したら先輩は日延べしてくださるだろうけれど、それって、学生みたいじゃん!

ということで必死こいて仕上げました。
仕上がった、と思ったときには家人が「ゆでだこのように顔が赤いから、これ以上はやめなさい」と言い出したほど。脇では平熱よりちょっと高いぐらい。でも舌下だと38.8度!
数字を見る方がクラクラしちゃうぐらい!喉はいたかった。あと関節も。
しかし、この日は休日のため診察してくれる病院へ行っても、代理の先生ばかりだし~と就寝。

翌朝、体温は平熱に近く普通の顔して出勤したのですが、午後から声が枯れ始め。定時で上がれるはずが、ややこしい事態発生で、事態解決となった時には職場最寄駅ですら営業している医師はいなさそうな時間に。

今朝、産業医の先生に相談し、帰宅前に職場近くの耳鼻科へ行くことに。
診察の結果、処方箋が出されました。私はこの夏ちょっとした金属アレルギーになってしまい(とほ)、先月末に数軒先の皮膚科にも行ったので、薬局は前回と同じところに寄ったのです。

そうしたら、「お薬手帳は?」と。そこの薬局(チェーン店らしい)の決まりでシールだけを渡すわけに行かない、と。
まあ、そりゃ、おばあちゃんたちの中には勝手をする人もいるでしょうからね。
でも、私は手帳がムダになるから、といったら「次の時に持ってくればいい」と。

で、もっと自分が必要と思ったのは・・・。
ジェネリックが欲しかったら、受付の時点で念押しをしておくべきだったのだ、ということ。
さっき、薬を服用しようとして、「ふと気が付いた」。
ジェネリックもありましたよ、って書いてある説明書に目が行ったのでした。
処方された4種類の薬のうち、2種類が約半額になると!

実は、前回(つまりこの薬局での初回)、質問票にあれこれ書き込んだのです
その項目の一つに「ジェネリックを使いたいか?」がありました。私はもちろん「はい」としたのです。
薬を待っている間に、「ジェネリック希望の場合はご相談ください」とポスターが貼ってあるのをぼんやり見ていたけれど、前に「使いたい」ってしておいたんだし、とチラと思ったことも思い出した。

うーん、2度目以上はその質問票を見ての手配じゃないの?
なにを薬局のお姉さんたちはカチャカチャと入力していたの?

ちょっとがっかり。いくら体調がきつかったとはいえ、自分がそこまで気が廻らなかった(念押ししなかった)ことに。そして、書かせただけでおしまい、みたいな質問票にも。

お医者様からは「絶対、口をきいてはいけません!」とのキビシーお達し。
金曜日の勤務中は筆談となりそうです(とほ)。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-25 23:28 | 日常 | Trackback | Comments(0)

オモ!オモ!(7):気をつけなくちゃ!

*ソウルの旅行記録ではありますが、旅行の時の話ではありません*

お互いの休暇の取り方がずれていたこともあり、昨日、久しぶりにお互いの通勤日が一緒になった職場のお兄さん、私を見かけて開口一番

「ソウルに行ってたの?」

え?え?え?いや、行ったけど、お兄さんたちにその話をしてなかったのに?!
(お姉さんとは出張が一緒だったので、夜のおつまみに、ソウルで買ったロースト棗を持って行ったけど)

相当私がびっくりした表情だったのでしょう。

「あのさー、キミのメールがなぜか僕のところにも届いたんだ」

もっとびっくり!

到着初日、二人の後輩ちゃんたちと夕食を食べるのに具体的な待ち合わせ場所や時間を決めなかったワタクシ、南山の見学が終わった時点で、cafe beneでfree wifiを使ってメールをしたのです。
a0094449_619295.jpgここで一休みしてメールを送ったのであった!

しかも、そのメールは、出発前から後輩ちゃんたちと今回の旅行のために使ってたメールに返信するような形で送ったのに(件名は変えたけど)。

どういうわけか、そのメールだけがお兄さんのところに届いたと!

「ちゃんと、待ち合わせの人たちとは会えたの?」と心配してくれたお兄さん。
このお兄さんは私のスットコドッコイなところも、猪突猛進なところも、案外小心なところがあることも、なんもかんもご存じの方。
「会えたならよかったね!」とおっしゃってくださったけれど。

あー、びっくり。どうしてこのお兄さんのアドレスが入っちゃったのでしょう?一緒だった後輩ちゃんたちのメルアドはお兄さんと一致するところがないのに。
ちなみにこのメールは、ipodから送ったもの。すべてを指で作業しなければならず、自分で気が付かないうちに何かをしでかしちゃったのかな?

今回、お兄さんに届いてしまったメールはホントに用件のみだったのですけれど。
実は、私は、仕事の愚痴は絶対にメールをしないように気を付けてます。仕事上の注意も音声でする。
これは、同僚の数名が、ついつい愚痴をメールに書いたつもりだったのに、MLに流れちゃったことがあるからです。その愚痴自体は誰に対する、とかがわからないようになっていたのですが、そのことに関わっている人には「ピンとくる」ようなもの。
御放念ください、って書いて、その多くはその通りにするけれど、書いてしまった立場のほうがずっと気にしちゃうんだな、っていうのもその時に勉強した。

20年以上社会人をやってるわりには、職場の上からも下からも(え?!)「以後お気を付けください」内容のご注意メールをもらうことがまだまだあるスットコドッコイな私ですが、私からは出さない。若いヒトにそういうことになった場合には、顔を見て話すようにしてます。もしくは電話。

私がそうするのは、face to faceのほうがコトが起きた背景が分かるから。こちらだって気を回せば回避することができたことがあるハズ、と思うタイプですので。

それにしても、あー、びっくり。二人で「どうしてこうなっちゃったのかな?」と昨日の午後は頭をひねりまくっていました(笑)。
今日、お茶請け用に引出にしまってあるロースト棗を一握り分渡しておこうっと。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-25 06:20 | 旅の思い出14秋夕前のソウル | Trackback | Comments(0)

国産食材で食べたいです

地下鉄駅の出入り口においてあるコミュニティ雑誌のひとつ、「metro min」。これは営団地下鉄が、もとい東京メトロが出してるものです。(先日、若い後輩に「営団なんて、最近は言いません!」と注意されました・笑)
出版社のPR誌が好きな私、このようなコミュニティ雑誌もちゃんと読んでます。けっこう、情報が役立ってます!

今号は「100年後まで残したい料理本」。
a0094449_13594462.jpg私が残っていて欲しい、と思う本はでてませんが、各界の人たちが推すにはそれなりの理由があり、その理由を読むだけで、私も読んでみよう!と思います。


今週中にがんばって仕事をしあげて、週末には図書館に行けるといいな~。

後ろのページからは新米の季節だからか、ライスガールズという新潟コシヒカリ農家の「ジョシ」たちの特集。
a0094449_1402194.jpgいまどき、白のカッポウギというのがえーっと・・・ではありますが。アイコンとしては、ニホンの女性=カッポウギなのでしょうか。きっとおばちゃんたちはエプロン世代だと思うのですけれどね(笑)。


さて、食材のブランドについては疎いワタクシですけれど、「直産」というか作った人の顔が見えるモノに弱くもあり。だから市場が好きなのです!
言い換えると、スーパーで物を買う時、かなり慎重になります。
我が家の割と大きなスーパーはもともとデパート系だったのが、店名は変えずに某大手スーパーの傘下に入って1年余り。
正直を言うと、本当にデパート系?と疑いたくなるような生鮮食品の品ぞろえ(高かろう、悪かろう)だったので、どちらかといえば職場近くの肉屋さんや魚屋、または八百屋さんなどで買い物をすませる私でした。
とはいえ、土日はこのスーパーに頼るしかないわけです。

ここのところ家人の長期出張も重なり、このスーパーに寄る用事がなかったのですが、ちょっとしたものを買い忘れていたので出かけてびっくり!

多くのものが大手スーパーのPB商品に代わっていて、選択肢が少なくなっている!
PB商品って「責任を持って作ってます」ということなのだと思うのですが、原産地はどうしても外国産が多くなる。

デパート系だったとき、生鮮食品については大いに疑問を抱く私でしたが、他の商品はさまざまなメーカーのもの、製品価格帯があるから、選択肢はこちらにあったわけです。

最近の一番困ったのが、餃子の皮。
米粉入りでちょどよい大きさのものが売っていたのに、ほとんどPBのものになり、そうじゃないものも「大判」ではないのです!
PBの米粉オンリーで作った皮というのを試しに買ってみたのですが・・・。
我が家のような「水餃子系」には向いてない(ドロドロになる)ことが判明。

ま、餃子の皮はいいとして(笑)、最近気になること。
酪農や米農家の人たちが減量、減反していること。
牛乳がどこで育った乳牛なのかわかりにくいこと。
値上がりする輸入食材のニュースを見るたびに、だったら国産の原料を使えばいいのに、と短絡的に思うワタクシです(国産のほうが高いから輸入してるんじゃん、と頭ではわかってますけど)。

シュショーは、絵空事のような案件(思い浮かべることは人さまざまだと思いますが)を具体的な数値化する前に、もっと自給率をあげるための目標を数値化したほうがいいのに!

私は牛乳はコーヒーに「だっぷり」入れる程度で、子供時代の苦い思い出ゆえに、牛乳だけを飲むことはありません。
その代り、毎朝、パンにチーズを乗せてトーストしたものを食べてカルシウムを補強してます。
そのチーズも、これまでは、ただ買っていたのですけれど、この前から国産メーカーの「十勝産チーズ」のものに替えるようにしました。原産国のどこからきている牛乳かわからないってコワいな、と思って。
ただ、この「十勝産チーズ」って、袋のどこにも原料(牛乳)が書かれてないのよね。原料は海外からで、チーズとして作った場所が「十勝」じゃないよね?と思ったり(汗)。
ちなみに、豆腐納豆も、国産大豆と書いてあるものだけを買うようにしています。

ちょっと高くてもいいから(その分、別のことで節約すればいいので)、日本産の「とろけるチーズ」がもっと「普通のスーパーで」普及するといいのになあ~。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-23 16:39 | 料理 | Trackback | Comments(0)

すみませーん、いまは2010年代ですけどぉ?

私は職場では人に対して「苦手意識」を持ちませんが、テレビに出る人については、かなり好き嫌いがあります。

一番いま苦手なのが、衛星放送の夜10時のキャスター。
家人と二人して「苦手苦手」なのです。
知ったような口調で品がない
ま、私たちに言われたくはないでしょうけれど、申し訳ないのですけれど、やっぱり品って大切だと思うのですよね。テレビに関してはそう思うのです。

サッカー解説や実況でも苦手な人がいます。
でも、フジ次は来シーズンから放送権がFOXに移るんだから、あと1年我慢すればいいのだよね、と思って、そして幸い?なことにバイヤン戦は担当をまだ今シーズンはしてないし、とか思ってましたけれど・・・。

FOXは解説者がゲル子なんですか?!

かつて、CLの放送などでバルサほか、有名な金満クラブと対戦するバイヤンを田舎者扱いして小馬鹿にするゲル子にムカついていたものですが・・・。
幸いなるかな、ゲル子が出てくるのはwowowのリーガエスパニョールだったりするので、見ないですんでいたのに・・・。
このハンブルガー戦、途中から見始めたので解説も中継アナも名前が分からなかったのですが、どうにも話している内容がイヤラシイ。品がない。
今日は、対戦相手のハンブルクを「2部のチーム」とケチョンケチョンに言っているのに閉口してしまいました。
1980年代にはたくさんの代表選手を送り込んでいた名門チームなのに、とか、スタジアムは立派だとか。試合の流れよりも、クラブの噂話ばっかり。
またはバイヤンのフォーメーションが信じられないとか。もう何度もこれに似た人員配置を昨シーズンからやってるんですけれど?

うるさいっ!口を開かないで!(別人来臨中)

試合中継じゃなくて、あれじゃ、呑み屋で管巻いてるオヤジたちと一緒じゃないの!
ポカールならあり得るけれど、ブンデス1部のトップのクラブと2部の試合みたいで、本来だったらレベルがどうとかこうとかと・・・。
それからやたらと1980年代90年代の黄金期の話をして、今は全く・・・という言い方でしたけれども、
今は2010年代だからっ!
四半世紀前のことばかり語るジジイみたいな解説(別人来臨中)は絶対反対!

失礼しちゃうよね。ほんと、口の上にガムテープでも貼り付けたくなるぐらい、気分が悪かったので、思い切って消音にしたら、試合にかなり集中できました。むしろ、ハンブルクのプレーが「2部よばわり」されなくちゃいけないようなものだとは別に思いませんでしたけど?

しかも、もうすでに結果も知ってるから、なおのこと思うのですけれど、そんな「2部のチーム」に勝ちきれない我らがバイヤンは?ってなことなわけです。きっとゲル子は試合終了前に「いやあ、面白かった、2部のチームに王者が勝てないなんて、これぞジャイアントキリングだ」とかいうんじゃないか?と〆のセリフまで想像できちゃうようなズタっぷりで。

ゲル子は本当にサッカーが好きなのだろうか?とマジで思いました。この人のいいところってどういうところなのかしら?ご存じの方、教えてください。これから、その目線で彼の解説を聞くようにしますから(笑)。
ゲル子はブンデスは嫌いなんだと思うの。ペップがカントクになって、バイヤンがバルサ化してるから、バイヤンの解説じゃなくてペップネタもしくは新入り対応係ってことで呼ばれたのかな?
そう、「ペップの練習」褒めコメントばっかりにも閉口しちゃいました
。私は個人的にはペップのバイヤンカントクとしての良さが一向にわからないので、みんなが言うほどはもちろん、ちっともうまくなってる感じもしない。おまけにけが人だらけになってるのはワールドカップのせい、だけじゃなくて、練習方法にも本当は問題があるんじゃないの?とか穿った見方もしちゃうのですけれどね。

それはさておき、このままFOXのブンデス中継にこのゲル子が定着しちゃったらどうしよう・・・。

点を入れなくちゃ勝てないけれど、点を入れられたら負けるわけで、その点、今日のハンブルガーは非常に素晴らしく荒々しくて、「点を入れさせない」気合にあふれてましたよん。
バイヤンだってなんとか点を決めたいって気持ちは伝わってきたけれど、チミチミパスを回している間は・・・。
お箸を振り回して、さっさと左にボールを流しなさいよ!とか言いそうになりました(笑)。

正直言って、今日のバイヤンのサッカーは数年前の「地方都市のいい子ちゃんサッカー」状態でした。

もちろん、ハンブルクが昨シーズンから大変なことになっているのは、私だって承知してますし、今シーズンはもっと大変で、Kickerでは偶然だと思いますが、順位表から外されてちゃっていた!とか、次にハンブルクの時代になったら「こんなこともあったよね」的なエピソードができちゃったことも承知してます。

そこのところを心苦しく思うのは、ファンだと思うのです。

そして、本当にサッカーが好きだったら、どこか特定のチームを応援していたら、「自分が応援しているチームだって、信じられないほど、人生が真っ暗になるほど、応援しているチーム状況が悪くなる時があるはずだ」とわかってると思うのです。2部落ちだってね!

もう「南の星」が流れなくなってるようだけれど、「良いときも悪い時も」という歌詞こそが真のファン心理じゃなかろうか?と。

どうしようもないよ、ゲル子の解説は。
そして、お願いですから、バイヤンに1年いたという日本人選手のことはもう枕詞を変えましょうよ。あの選手自身は日本でしかプレーができないと思う。可哀そうだけど、海外で使ってもらえることはない。日本の国境内だとお上手かもしれませんけれど、海外のサッカーは上手だけじゃないんだから。

いま、空前のブンデスバブルのために、解説者たちまでおかしくなってるんじゃないの?と思うこの頃です。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-21 23:05 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

今週のおべんとう2014.9-2,3

9月の最初の週はソウルから帰国してすぐに出張となったのでお弁当を作りませんでした。
2週目、3週目は出勤日が少なかったのですが、お弁当持参でした。

お弁当を作るのが面倒な日もあるのですが(さすがに私もバテる時がある)、昼休みにわざわざ買い出しに行くのも面倒だし、結局あるものを詰めたほうが自分にとっては楽なのです。

まずは2週目。
a0094449_14451540.jpg火曜日はめずらしくパン食。
ブルーベリーベーグル、ハム、パプリカのピクルス、ゆで卵、ぶどう。

a0094449_14511342.jpg蓋はこちら。自分で買ってナンですが、いつもこの弁当箱を見ると、ひとり知らぬうちに「フフフ」と声をだして笑ってしまいます。

月曜日に、かかりつけ医に定期検査に行ったところ、病院近くのポンパドールから美味しそうな匂いが・・・。いつもよりも遅い時間帯だったから、ちょうど焼き立てがでていたのでしょう。
で、ベーグルの焼き立てを買ったのです。
が、お昼は寄り道した先で済ませてしまったため、ベーグルは翌日のお弁当に・・・。
ハムは(左端はハムなんですのよ!)は出張先の軽井沢のスーパーで。とっても美味しかった!
ぶどうは両親が送ってくれたもの。自分では買わないような贈答品系のが送られてきてびっくり!その分、私も実家へソウルのお土産を山のようにおくりましたので、母と「秋夕の贈り物で、ってことで・・・」と。

火曜日は普通のお弁当
a0094449_1452677.jpgメインは豚肉。豆苗のサッと煮、シメジの炒めたもの、卵焼き、パプリカのピクルス。

いわゆる「ジミ弁」系です。
しかしー!葉物が異常なほど高くて!そうなると3度は収穫できる(笑)豆苗に手が伸びてしまいます。

3週目。この週も2度しかお弁当を持って行きませんでした。
a0094449_14561756.jpg鶏肉を炒めたもの、チャプチェ、卵焼き、茄子・ズッキーニのグリル(バルサミコソース漬)、パプリカのピクルス。

チャプチェを韓国で(2年前に)買った醤油で作ったのですが、「しょ、しょっぱーい!」。
日本の醤油ってもう少し塩気がないってことなのかしら?もともと我が家は減塩醤油しか使ってないので、余計に塩気を覚えるのかも。
このチャプチェは少しずつ食べる、ということにしました(とほ)。けど、チャプチェが美味しい時期になりましたから、また作ろうっと。

a0094449_1501178.jpg豆苗と焼き鳥やで買った鶏皮を和えた物。ごま油を隠し味に使ったらおいしかった!
ジャガイモを蒸してセロリーソルトで味付けしたもの。パプリカのピクルス、チャプチェ。


来週からはほぼ平常通りの週4日のお弁当に・・・と思って献立をなーんとなく頭の中で考えていて気が付いた!火曜日は休日だ!って。
どこかで新鮮なお野菜を売ってないかな~、野外マーケットとかないかな~。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-21 15:03 | 料理 | Trackback | Comments(0)

番組表とにらめっこ(笑)

私は子供のころ、テレビについてはかなりの制限がありました。
つまり、見て良いテレビの番組と見てはいけないものがあって、見て良い番組のほとんどは「弟と一緒に見ることができる番組」でした。
いずれにしても、私も弟も学校から帰宅したら、母の意向(作戦?)もあって、速攻で家から飛び出し外遊びをしていたので(小学校を卒業するまで)、疲れてテレビを見る余裕がなかった、とも言えます(笑)。

が、いまの私は相当なテレビっ子。いや、もう「子」なんて使う年齢じゃないので「女史」としておくべきなのか?
サッカー、海外ミステリードラマ、韓国バラエティーを録画して、せっせと見なければ追いつきません(笑)。
その録画が大変なのです。
特にサッカー。
バイヤンと父ちゃん一家の視聴環境を整え(今シーズンも新たに1チャンネル増やすために、契約そのものを変えました(笑))、毎週末をワクワクするようにしたのですけれど・・・。

ブンデスの中継試合数は、この8年の間にグググーっと増えたわけですけれど、その分、日本人ブンデスリーガ―も増えて、彼らの属するクラブの試合が中心になっちゃったんですよね~。
去年は「バイヤンの試合は全部放送」といったフジ次も、今シーズンは日本人ブンデスリーガ―が優先。いや、それはそれで大切だ!こういう時こそ、新しい選手との出会いになるのかも!と思っていたら、それ以上にバイヤン自体に新しい選手が山のように!
・・・すみません。新しい選手の名前もまだちゃんと憶えてないし。たとえ、Wowowで見ていたリーガエスパニョールで間違いなく活躍していた有名選手だったとしても(笑)、私にとっては「新入り」ですから!

録画した番組を見ながら「これって、バイヤンの試合なんだよね?バイヤンの選手の引退試合で「〇〇とお友達」チームじゃないよね?リーグ戦なんだよね?」とこんがらがることも。

しかも新しくスペインから来た選手たちの多くが「わかりやすいスペイン人の顔」じゃないし!ゴメ蔵みたいな顔の選手、komm!

バルサルン・ミュンヘンだよな、と職場のお兄さんにからかわれるこの頃ですが、それ以上に私の気持ちをモヤモヤさせるのが、バイヤンの試合の録画。

前はフジ次だけチェックしておけばよかったのに(もし中継がなければ、諦めればよいだけだった)、いまはJスポの日もある。しかも、私はJスポは4は契約していないので、2で放送されるまで待たねばならず、その間にCLもあるし(これまた2で放送されるのを1週間ぐらい待たねばならず)、あわせてミスチャンなどで私好みの海外ミステリーが放送されるのを録画したいし。重なれば、それぞれの再放送の時間帯をチェックし、場合によってはBSのドキュメンタリーの放送時間帯などにも配慮をしなくちゃいけないし。

日頃、スケジュール管理が苦手な私。
もう録画のために番組表をテレビの映し出す時に「ひゃー、もうわけわからない!」と思ってしまいます。
それぞれの局のHPをチェックして表にしてから録画をすればいいんでしょうけれど、プライベートまで「就業状態」なのはいやなのです、ワタクシ(←要に、私は仕事の時の姿は「本来の姿ではない」ってことですね)。バイヤンのファンの方がちゃんと放送予定をupしてくれているのですけれど、Jスポ2が基本の私は番組表を見ながらザッピング、録画。
しかし、見られるんだもん、幸いだよね!と自分を励ましながら、さきほども、この1週間分の予約セッティングを終了!さ、家事をしよう(笑)。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-09-20 08:32 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る