<   2012年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

オットルくん、どこ行くの?

父ちゃん一家のニュースを追いながらも、実はワタクシにはもう一つの心配ごとが・・・。

だれも気に留めないオットルくんのことでした。
バイヤンからヘルタに行ってたった「1年」
地味にクラブのためにおっとりとプレーしていたのですが、そのおっとりっぷりが、ヘルタ3人目の監督、レーハーGさんには腹立たしかった様子。肝心の試合では「意気地なし」と名指しで言われ、メンバーから外されるという、おっとりオットルくんだってかなり傷ついただろうなあ、と思うことが起きました!
試合を見ていたわけでないので、なんとも言えないわけで、オットルくんのおっとりっぷりはそりゃこれまでもバイヤンの監督の数名を「イライラ」させた前歴があるのですけれど、今シーズンだけの仮カントクがそこまで言うのかなあ、と思う発言でした。老人のボケ暴言と片づけていいものやらどうなのか・・・。オットルくん自体に「テキパキ」とか「賢く立ち回る」なってことを求めること自体が間違っているのであって。
適材適所、ってドイツ語にはないのでしょうか?どんな中世の叙事詩や英雄物語にだって、一人は迷い多い心優しい戦士がいるじゃないですか~。Gさんは実はロールプレイングゲームで現場復帰の勘を磨いてた?だから自分がリモコンを動かすようにオットルくんが動かないのが苛立たしかった?

監督は変わるそうだけれど、次の監督が決まらない中で、オットルくんもヘルタは居づらいだろうなあと思ってました。勝てるメンバーでレーハーGは2部との入れ替え戦に臨んだんでしょ?それで負けた試合だっていうのに、自分の責任を感じないで相手のクラブのせいにするレーハーGの言いなりになっているヘルタのSDが次につれてくるカントクだって、なんか先が見えてる感じだし。

で、結構マメに見ていたのですけれど、実は私のPCは先々週に調子が悪くなりまして。パソコンドクターである家人が空にして再インストールし直し、と処方してくれたために、ブックマークも消失。なので、毎日数名ずつハンドル名で検索をかけて再ブックマーク中。ヘルタのHPはまだブックマークしていなかったのですが、Sportbildの移籍ニュースにこんな写真と文章が!
a0094449_1335087.jpg

Andreas Ottl steht beim FC Augsburg ganz hoch im Kurs. Ein Wechsel von Hertha in den Süden bahnt sich an
オットルくんはアウグスブルクで高く評価されています。ヘルタから南への移籍は新しい道が開けるでしょう。
うむむ。アウグスブルクのハジメちゃーんの後釜になるのかな?ここだったら時々はフジで放送されるかしら?

・・・・おっとりと使ってもらえるんだったら、往生際の悪い(発煙筒をどっちが焚こうと、やっぱりあの試合はデュッセルドルフのほうが優位だったってば)ヘルタは出たほうがいいと思うけれど。それともヘルタは飼い殺しにするつもりなのかな。
私もおっとり情報収集中でーす。私の夏休暇までには行き先が落ち着くとよいのですけれど・・・。いや、まあ、いずれにしてもホームの試合じゃないので現地観戦は無理なんですけれどね。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-30 13:53 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(2)

そしてそれでも

昨日、出勤したら普段はこちらから挨拶してもろくに返事を返さないようなニワカーズな大小お局のみなさまが口々に「いやー、ドイツって優勝候補だったのにねえ。どうしちゃったのかしらねえ。サッカーってわからないわね」と。

「わからない?!これまでの試合の弱かったところ全部突かれたじゃないですか?レポートにして提出しましょうか?」とムキーっ!殿中でござる!をしそうになりました。もちろん、そんなこといたしません、申しません。「本当に残念で」とだけ言いました。
優勝候補って?みんな本気で思ってたワケ?私はファンだから優勝してくれたらうれしいなあとは思っていたけれど、実際には「今回も難しい中をどうするのかな」といつも心配だったのに。どの点で「優勝できる」って思っていたのかしら。ニワカーズな大小局の発言に「その根拠を文面にして提出してください」と仕事口調になる寸前でした。
「殿中でござるゴッコ」の相手になってくれるイングランドファンのガイコクジンからは「アナタが心配していた通り(ラムたんが失点にからむ)になってしまったねえ」と。二人でしみじみ「ドイツは役割分担をきちんとしておくべきだった」と。
失点の後、少なくとも1点目の失点目の後に、私はラムたんが手をパンパン叩きながら「大丈夫だよ、気を取りなおして行こう!」って言ったらなあ、と、思ってました。声が小さいんだったら選手のそばにいって言ったってよかったし。そりゃ、長男みたいにみんなに聞こえるように見えるように鼓舞できたらいいけれど、そうじゃないやり方だってよかったんだから。
「あの」2点目の後でも言え、とは言わないけれど(ロッカールームでは「ごめんなさい」といったでしょう?)、1点目の後はね。うん、カピテンとしての初動は間違っていました。
ヲウヲウでは、やたらと若いチームです、と何度も言われてきましたが、ううん、別に若くないんだけど。大きな大会に2度ずつでている、そんな選手が5人(うち一人は今回は故障のためにずっとスタベンだったけど)もいるんだもん。
その一人がカピテンラムたんだったんだから、こういう時にこそ、だったのに。

と、昨日の朝はガックシであるべきだったのに、私ときたら、試合終了後、しばらくボーっとして(つまりブログを書いて)現実を受け止めたあと、いつも通りにお弁当を作っていました。いつも金曜日のお昼をいっしょにする方々の前にコンビニの菓子パン(私はコンビニ弁当を食べるのは苦手)を持って行ったら、ホントに「父ちゃん一家の負け」に負けちゃいそうで。それでもボールは回るんだから、私だって自分の生活を回して行かなくちゃ。
a0094449_7534141.jpg

とはいえ、詰めるだけにしようと思ったのに、野菜入れに残り少ないニラや土曜日にもらったアスパラガスを発見し、ニラ卵焼きやアスパラ炒めを作る気に。
ちょっとのニラのつもりだったのに切ったら結構量が増えました。気が付くと出発20分前。まだお化粧もしてないし、着替えも終わってない(お弁当を作るとき油ハネを袖に作ることがあるので仕事用の服は着られません)。あわてて卵は二つに増やし、フライパンを温め(私は卵焼きは小さな丸いフライパンで作ります)せっせと巻いて、皿に移し、いそいでアスパラガスを炒め、冷まさずに弁当箱に突っ込みました(笑)。写真じゃせっかく巻いたのが見えてないですね・・・。
ところで、私のお弁当箱は蓋を抑えるゴムバンド(大きさに合わせて調整可能なマジックテープ付)を使って中身が飛び出ないようにはしています。そういうわけで蓋がきちんとしてないので逆に夏場でも傷まないんだろうと思うのですが、いわゆるタッパーじゃないために匂いが漏れます。
昨日の通勤電車ではもちろん、部署のお部屋でもニラのにおいが・・・・。す、すみません。
同僚に「おなかが鳴るじゃないか・・・」と。確かにごはんが進むような匂い。いや、味がおいしいかどうかは別の問題ですが・・・。034.gif

お弁当仲間は、私がかなり凹んでいると思ったそうですが、いつもといっしょの様子にちょっとびっくりされてました。でも、この「いつもといっしょ」ゆえに、私は長らく職場でもサッカー好きとは知られることなく、「意外」といわれてしまうのですね。

もし、私がかなり動揺することがあったら、カントク交代の時だと思う、と職場でも本気で親しい人には漏らしたことがあります。そういう意味では、母に父ちゃんの試合を見ないでね、と言ってしまったこと、マジで後悔してます。「ああ、母に「いっしょに試合見て応援しようね」ってどうして言わなかったんでしょう、私。」とお弁当を食べながら悲しい表情で悔やんでいるのを同僚が呆れてました。すみません・・・。
でもねえ、3大会連続で金メダルに手が届かずっていうのは(コーチのときをいれたら4大会)、ますます父ちゃんを叩く声が高まるだろうし・・・。今回はバラックが直前の選手入れ替えが多すぎた、という父ちゃん批判をしていました。GK以外にもほとんど使ってもらえてない選手が結構いたんだもんねえ。とりあえず言わなきゃすまないミュラー(トーマスのほう)あたりが何か言い出すんじゃないか、と思ったり。うちでは、家人と「ミュラーはどうして自分が先発じゃないのか」と不満が高まっているんじゃないか、という話になってます。ただMFまでは選手を入れ替えても精度がそれほど変わらない。人余り状態。足りないのは左右サイドバック専従者なんですよね。2点目、間に合わなかったのはラムたんのせいだけど、みんなドイツ側からして右サイドからの攻撃が得点につながったことを考えると・・・(涙)。でも、抜かれたのは左のラムたんのほうが多かったなあ。

久しぶりに一日まったく予定のない土曜日。この週末に何か起きるのか、ドキドキしながら定期的にDFBやSportbildを見ちゃいそうです。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-30 09:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)

Gemeinsam holen wir den Title !(15)成長した?

a0094449_3214292.jpg

昨日、出勤したら「なんで、今日のような日に試合を中継してくれないのかな」と開口一番お兄さんから質問が。
ヲウヲウでの中継しか眼中にない私は最初なんのことやら、だったのですが、テベエスはここ一番の試合を中継しなかったんですってね~。
そして「ドイツ戦は見よう」というので、ハタと、思い出しました。ママに「見ないで」って言っておかなくちゃ!母がみると負けちゃうので。母には悪いなあと思いながら、電話でお願いしておきました。母が「もっちろんよ~」と。

みんなが「ドイツ優勢だから」というのですが、えー?どうして?という私に「あーた、ホントにドイツファンなの?」と言われてしまいました。でも、イタリアに勝てたことがないんです・・・と不安な私。足元がうまいイタリア・・・。若い人たちが「わかってない」感じがするのも不安。余計な緊張は不要だけど、ねえ・・。

勝利の母、みんなのアンジーおばさんは、EU首脳会議に拘束されてます。こんな日に首脳会議があるなんて、とぜったいにメルちゃんは地団駄を踏んでいたに違いありません。

ドキンドキンしながら入場を見守りました。国歌斉唱のときからイタリアのほうが迫力があって、やや不安。ボロテッリの顔が怖い・・・。ラムたんが一生けん命うたってましたが、トニクロなんてボーっとした顔で。大丈夫?大丈夫?

父ちゃん、巻いてないし!今大会巻かないで勝ってるから、とでも?今日まかないでいつ巻くの?

家人が「ゴメ蔵?大丈夫かな」と。私は「きっとどこかでクローゼと交代するっていう前提で、よ」と言いながら何となく自分を落ち着かせるのでした。そしてゴメ蔵は家人の不安をそのまま体現・・・・。

そして、馬頭仏塔の守備がやや・・・と思っていたら・・・・うーん、先制されちゃいましたね・・・。
ラムたん!パスミスしちゃうし!
心配なのは、得点が決まっちゃえば、イタリアはがっちり守りに入ること。だから1点を取り戻したいのに。
そして、時間がたつにつれて、いつもの「寒天液が固まる寸前」が来ちゃうんだから!
その前に、どうか落ち着いて、深呼吸して!
そして2点目はラムたんのミス・・・。うーん。ラムたんだって、一人一生懸命追ってきたんだけど。というか、ああいうシーンでラムたん一人になっているって?いや、それはそれが父ちゃん一家のお約束だから仕方ない。つまり、ラムたんは(応援してるけど)いつもこういう大きな相手のときに一人にされちゃって、ヤっちゃう・・・。
a0094449_553375.jpg

でも、点を返すのもラムたんだから、4年前のトルコ戦のときのようにラムたん1点取り返しちゃえ!ヲウヲウの解説者たちがいうように父ちゃんちには「真のリーダーがいない」かもしれないけれど、エジル起点にラムたん、地味に1点取り返しちゃえ!
追いついてよ、みんな!!!

後半になってロイスが入ってきて、当然ながらクローゼも来て。ラムたんがすっごく積極的に攻撃するシーンもあったけれど、決まらず・・・。あああああー。

父ちゃんたちも「スライディングタックル」の練習をしたほうがいいかも・・・。

ラムたんは完璧に抑えられてます。ホント、左押さえられていて。
このあと25分そのままになっちゃうのかしら・・・。

ミュラーが入って少し変わりました。
もう少し早くはいってきてもよかったかも。
コブタちゃんが元気がなくて、心配だわ。コブタちゃんの調子はいつもと違う。

そして、父ちゃんの子供たちはイタリアに翻弄されている。最後、エジルがPKを決めたけど、遅かったし、やっぱり、ブッフォンもすごかったし、イタリアがやっぱり守りも固かったし、父ちゃん一家は正直DFラインが・・・。ここでメルテくんがいたら、と私は正直思いました。

ヲウヲウではやたらと「自分たちの試合をさせてもらえなかった」と言ってましたが、じゃなくて、父ちゃんの子供たちは、自分たちが自分たちの試合をしなかった、ってことだと思う。「させてもらえなかった」じゃなくて「しなかった」というのはキツい言い方でしょうか。父ちゃんの采配の問題もあるでしょう(それはその道のプロにお任せします)、ラムたんにキャプテンシーがなかったかもしれません(世間のいうゲルマン魂ってヤツが見えにくい人ですから)、コブタちゃんがゲームを組み立てきれていなかったことも事実(エジル頼みなのがよくわかる試合が続いていたので、イタリアだってそのあたり見破ってましたよね)。
WM14に向けて、父ちゃん一家はいぶし銀のような選手を作っておく必要があるかも。ピルロのような。カピテンシーはなくてもいいけれど、ここにこの人がいる、っていう大丈夫感(こんな言葉ないけれど安心感とは違う)。

・・・とやっぱり、相手が格上の試合のときには、ちゃんと「首に」巻いておいてもらいたかったわ、父ちゃん!

ということで、ドイツ応援をいっしょにしていた皆様、お疲れ様でした。またまたまた負けちゃいましたが、ここ4年の2度のスペインとの試合に比べると、寒天液の濃度は薄くなったと思います。成長してないとは言わないから、次こそ!、ほんと、次こそ!

うーん、母に「見ないでね」なんてコトをいった私もいけなかったかも。ごめん、ママ。有料チャンネルを契約していない実家では「ハンサムさん(母やアルバイトにいらしている方々曰く、父ちゃんが「イケメン監督」として今大会ではしょっちゅう民放のスポーツニュースで取り上げられていたそうですが、ホント?)」は次は早くて2年後まで見られません(・・・父ちゃん、14年まで契約してるんだよね?)。

追記:EM08のときには、優勝決定戦の前のセレモニーで対戦相手の母語であるスペイン語系歌手が出てきたのがヤダなあ、と思ったのですが、今回は、ヲウヲウがトレビの泉を背景にしたソフトバンク」のCMを流したんですよね。ほんとにイヤな感じがしました。いままで私が気が付かなかっただけなのかな、でも、これまでのユーロの放送のときにソフトバンクのCMって流れていたかしら?どちらかといえば、ずっとクネ男が乗り込み遅れるナイキのCMじゃなかったかしら?なぜ、今日、急に?偏向実況放送(本当にドイツが優勝候補だって思ってた?私は一度たりとも最初っから大丈夫って思った試合はなかったけれど)よりもそういう(見えない)応援を苦々しく思うワタクシです。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-29 06:10 | EM12 | Trackback | Comments(2)

手しごと

個人的にはクネ男が転びながら主審を見るのもイヤだし、DFが後ろから選手の首を抑えるのもヤだし、ということで、ポルトガルのケンカサッカーは個人的には見ていてヤなのですが、あのスペインにスペインのサッカーをさせていないところはスゴいと思いながら、スペインvsポルトガルを見ています。こんなにボールが続かないスペインの試合は初めて見る気がします。父ちゃん一家が「ケンカ上等」なことをできるはずはないので、本当に不安です。

ただ見てるわけではありません。
昨日、「真竹」をいただきました。東京のイナカにあるわが職場。車通勤の方は「取り立て農家」の前を通る方もいらっしゃって、八百屋では入手できないようなものがあると買うのだそうです。
夜は、職場関係の会食があって帰宅が遅かったので、いま、処理してます。
a0094449_7352537.jpg

今回はくださった方が水で10分ぐらい茹でたらいいのよ、ということで皮をむき(先はどこまで剥いてよいのか見当もつかず)、10分ほどゆでました。米ぬかはないけれどお弁当のごはんを炊くのに出るとぎ汁を使えばいいんだわ、と思いましたが、炊飯器を見ると・・・ごはん残ってるし!家人が「あとで食べるから冷凍しないでー」というのでそのままにしておいたのに・・・・。

そして、試合はその間も膠着状態。スペインがこれだけ交代カードを切るなんて思いもしなかった。そうさせたポルトガルはオレ様が決定打を決められず(スペインもだけど!)。
そして、延長になってからは、スペインらしいサッカーになってきていて、延長で決まるかな?と思ったのですが、そこはなかなか決まらず・・・。PKも両者がすごかったですよね。最後のセスクのゴールはすごかったですよね。コン、コンって感じでゴールポストを味方につけて!

それを横目に急いで作ったお弁当。さっそく真竹の青いところ(味見したらややエグかった)を使って鶏肉との塩焼きにしておかずのメインとしました。
a0094449_7371797.jpg


そうそう、職場の梅、今年はよく実がついた年でして、1キロちょっとワタクシもいただきました。もう黒いぼつぼつが出ていたので、アルバイトさんのアドバイスでジャムに。
a0094449_7411122.jpg

数年前に沖縄で買った黒糖を使い、NHKのレシピにしてみたんですけれど、やや砂糖が多かったかな、という味に。酸っぱいのが苦手な家人にはちょうどよかったみたい。しかし、ジャムはグラニュー糖で、っていうのは意味があるのね、と思いました。黒糖そのまんまの色になっちゃって・・・。グラニュー糖でアルバイトさんがつくってくださったのはさっぱりしてきれいな梅の色で美味しかったです。ふむふむ。何事も体験&お勉強です!

いよいよイタリア戦とあって、私のほうがドキドキ。明日はお弁当は詰めるだけにできるよう、今晩は下ごしらえしておかなくちゃ!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-28 07:43 | 日常 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(14)見込みつけた

a0094449_6503347.jpg
ああ、準決勝の相手はイタリアとなりました。
ドキドキしちゃいます・・・。一人勝手にWM06のことを思い出してます。苦手なところにはとことん引っ込み思案になる父ちゃん一家。スペインとイタリアは本当にドグンドグンです。

あの頃のことを覚えているのが、5人も(ミロ、3若、メルテくん)いる父ちゃん一家。
練習中の雰囲気はいいですよー、とSportbildに写真が載ってました。
a0094449_658146.jpg70年代ダンスを父ちゃんから習ってる途中(嘘)

a0094449_7441367.jpg手足がこんがらがりそうだよぉ~。もうすぐお父さんになるのに、バスの中じゃ赤ちゃん扱いなラムたん・・・(笑)。

そして、あの試合をパブリックビューで見て「がっかりした」という過去と今の自分にはつながりはない、といわんばかりのミュラーの自信というか強気というか、な発言に「ああ、本当にWM10組はお若いこと」と思うワタクシです。ほんと、そこまでいうんだから、得点の起点になってもらいたいし、失点の起点にはならないでもらいたいものです・・・。
a0094449_659142.jpgイタリア戦のあの雰囲気を知らない人たち


私は遠い極東から体重増加の協力しかできません・・・。
今度はこれよ!
a0094449_7462292.jpg

a0094449_7463657.jpg

お菓子を買いに行きながら、クネ男vsスペインのどちらが勝っても対応できるよう、次のお菓子の見込みもつけました。
スペイン産のお菓子ってあんまりないのです。輸入菓子屋さんで40分近く、商品をとっては裏の商品内容シールを見て棚に戻すという「ナゾ」の行動をとって、ようやく見つけたのです。
こっちは準備OKだから、父ちゃんたちも準備万端で頑張って!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-27 07:47 | EM12 | Trackback | Comments(4)

みんながんばってる

月曜のイングランドーイタリア戦の興奮冷めやらぬうちに、家を駆けだした私。
というのも、月曜だけは勤務地が異なるのです。2時間以上かかるところにあるために、6時半すぎには家をでなければなりません。
ということで、ピルロのステキPKは実は見逃してしまいました。歯を磨いてました~。

イングランドは押されていた、というサッカー識者のブログやらネット記事を目にしましたけれど、でも、今大会で唯一みんな夢中になったんではないか?と思うのですけれど。どっちとあたっても父ちゃんち、大変だわ・・・と感心しながら見てましたよ、ワタクシは。

そういうわけで早朝の通勤電車はガラ空きで、しっかり座ってメールをチェック。用事がなければ1年以上音信不通になる姉弟なのに、このごろ用事があってメールを彼との間でメールが行ったり来たり。殿様出勤な弟、まだ起きてないかなと思いながら朝7時前にメール。そのときに「イタリアーイングランド戦、見た?すごかったよね!」と興奮気味に朝の挨拶早々にサッカーネタを書いたら、その晩に来た返事に「1週間の始まりだっていうのに、寝ぼけ眼で出勤なんて、上司ににらまれるようなことを・・・。首になるなよ」と。
出来の悪い姉で、小さなころから弟には心配をかけていましたが、まさか、お互いが中年になってまで・・・(笑)。
でも、寝ぼけ眼じゃないから!私、超朝型で、1時間早く起きただけだから!

さてさて、このところ、昔の同級生の活躍を目にすることが増えました。
フツーの小学校を出て、不良がエラい中学校を出て、入学時より卒業時の学力が異常なほど低下することで定評のあった高校を卒業した私。
勉学よりも特技を伸ばすことに長けていた高校の同級生は、在学中からキラリと光るものをもっている人が多かったので、30代終わりぐらいから、とある世界で頭角を現してきた人たちがいても不思議ではなかったのです。実際に女の子にはそういう人たちが数名います。
男子は大学を出てプロスポーツの世界に入った人たちがいて、選手としても地味にがんばっていたけれど、引退したあとどうしたのかなあ~と思っていたら、彼らときたら、ちゃんとSライセンス所有してたんだ!さっすがー!と感心しちゃう同級生が数名いることを知りました。
さらに、作曲家になってるのもいた!それも、ちゃんと業界で受賞しちゃうような!日本語ポップスは疎い私でしたので、先日、彼が作詞作曲したものが去年そこそこの視聴率をあげたドラマの主題歌になった!と知ってびっくり。
さらに、最近で一番びっくりしたのが、小学校4年生の時の同級生が業界紙に出ていたこと!
運動ができて、勉強もそこそこできて、背も高くて(小学校4年生にしては、ですけれど)、みんながすごく憧れていたそうです。小さなころから首から上を見ていなかった私はそういう目で彼をみたことはなかったし、同じクラスで、同じ係をさせられたこともあって、気負わない仲でした。彼はお兄ちゃんがいたので我が家よりも見るテレビ番組が大人で、なーんにも知らない私に「太陽にほえろ」がいかに面白いかを話してくれたのが印象に残ってます。5年生になって近くの私大の付属小学校へ転入しちゃったんです。そんなこともその業界紙にチラと書いてあったのと、容姿があんまり変わってなくて(背もあんまり伸びなかった様子)、すぐに「あー、Nくんだ!」と気が付きました。
数週間の間に5人の最近の活躍がわかってびっくり!

実は、もうすぐ高校の同窓会があります。学年で集まるのって成人式以来じゃないかなあ。その成人式も私は喪中だったので行けず・・・。なので、二十ウン年ぶりで会う人がたくさん。ここのところ、父ちゃん一家の願掛けのために体重増加という犠牲を払っているワタクシ。ダイエットは間に合いそうもありませんし、普段化粧をいないのにいきなり化けてもしかたないし、ということで、在学中と同じく素のまま(中年おばさん)で参上することになりそう、と職場のお兄さんに言ったら「そのままで行くの?」と。「同窓会での再会は、家庭争議になることがあるぐらいなんだぞ。ということは、みんなおしゃれしてくるってことなんだよ」と。
なんで、中高一貫男子校、大学でも女子はクラスに3人しかいなかったと豪語してる独身のお兄さんがそんなコト知ってるわけ?

・・・で、実際のところ、中年の同窓会ってどんな感じなのかしらん・・・。
うちの家人も部署のお兄さんとおんなじような環境で、私の職場の多くは「中高一貫女子/男子」か県立高校でも別学の出身者が多くてアテになりません・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-26 21:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)

私はこっち

KBSのストで滞っていた「一泊2日」。パート1のときの「視聴者ツアー」を再編集して、韓国のお茶の間を濁していました。当然、日本でもそれが放送されていました。
私は韓国の芸能サイトとしてinnolifeという日本語サイトをよく見ます。そこでもKBSのストのことは取り上げられていた気がしますが、肝心のKBS-Worldは自社の恥といわんばかりにそのことには触れません。
ま、日本でも、朝のワイドショーで紹介するスポーツ新聞の一面記事に自局の女子アナが「しでかしたコト」が掲載されても紹介しないのといっしょですね。

そして、このネット社会でわざとなのか、なんでも人に尋ねたがる性分なのか、KBS-wの掲示板には視聴者ツアーの再放送なんて!という苦情の書き込みもあったりして。いや、本国がそうしてるんだから輸入国ではそれを受け入れるしかないんでは?この局の掲示板上の「再放送希望」の文章を分析すると、韓流女性の他文化受容構造がわかるんじゃないかしら。
それより、本放送時間枠が5分短くなるという案内のほうが私は気になります。放送内容のカットじゃなくて、放映後の埋め草ミニ番組がなくなるってことよね?

閑話休題。

久しぶりに「1泊2日」の新しい収録分が放送されました。本来、1か所を2回にわけて放映しているので、かなり長い放送中断だったわけで、まずは中断中のあれこれについてメンバーが紹介しあいます。
ガリバー・シギョンは日本でレコーディングとのこと。
3月のコンサートでオーケストラといっしょの仕事をする予定と話していたのが実行されたようで、同僚の話によればNHKの音楽番組クインテットの真ん中わけオジさん宮川彬良作曲「風のオリヴァストロ」に詩をつけたものをうたったそうです。(ところで、オリヴァストロってどういう意味なんでしょう?そして、いつも同じ長さ同じ艶のあの髪は黒柳徹子さんと同じ仕組み(鬘)?)
ガリバーさんのファンクラブHPの解説によればこのアルバムには、P.ギャリコの「雪のひとひら」にインスパイアされたものがあるんだとか。
私はギャリコの訳のほとんどを手掛けた矢川澄子さんの日本語に、10代の終わりにとても心落ち着かされたことがあって、そこから意識して彼女の翻訳したギャリコの作品を読むようになりました。
ご縁があって、知人のつてで一度お目にかかったことがあります。家人から譲り受けた(家人はプログレ・バンドのキャメルがこの本にインスパイアされて作った曲が好きで原作を買ったんですって)本にサインをお願いしたら、「ギャリコがそんなに好きならば」と1枚のCDもくださったのでした。ご親族にあたる井上鑑さんが作曲したものなんですって。
a0094449_16125100.jpg

もう矢川さんの日本語に接することができないなんて、本当にさみしいなあ~。
奥の金色の本はNYの古本屋Strand(英語はちんぷんかんぷんなのに、どうして、いつ行ってもなかなかお店から離れられないのでしょう!)の薄暗い棚の間で偶然みつけたもの。もちろん、ためらわず買いました。扉を開いたら誰かが誰かにあげた本だとわかりました。手放した理由はわからないけれど、そういう本が私の手元に来たことがとてもうれしいです。
a0094449_16132979.jpg

そうそう、スノーグースの動物を愛する心優しく責任感の強い小さなせむし男はフィリップという名前だった!

・・・・で、ガリバーシギョンのPV(一部)がupされていました。やっぱり歌いだしの声が小さいなあ~。癖なのかしら。


ミナミバントイルカの大群をヘリから見つけたガリバーさん、機内が狭く見えましたが、彼がちょうどのサイズのジャージの贈り主、韓国女子重量挙げ代表選手ってどれだけ大柄なんでしょうね!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-25 16:40 | 海外バラエティ:韓国 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(13)なんでも初めてがある

a0094449_4495612.jpg

まだはじまって5分ですが、キックオフのやり直し、原人(サマラス 7番)にケディラが削られ、ギリシャのGKは鼻血を出すし。
波乱の試合開始。
すぐに座るギリシャGK。
これもユリイカ作戦なのでしょうか?イライラしたら思う壺だから、とのんきに見てる私でしたが、原人の足狙いはいけない!とテレビの前で大説教。選手の足首をわざと踏んでるよね、原人。コブタちゃんのアキレス腱まで!
それに、いままでで見たことないぐらい、ギリシャはおしたり引っ張ったりする気が?でもこれがきっとノックアウト式のプレーなのよね・・・。

30分の間、テレビに向かってずーっと言ってました。
父ちゃん、17度なんだから、巻いて!!!!!
ノックダウン式なんだから、巻いて!!!!!

見た?見た?見た?
a0094449_5521085.jpg

a0094449_552393.jpg

ラムたんゴールですよ!
カピテンラームが均衡を破りましたよ!
うちで私が「ラムたん、もう一人で切り込んじゃえ!」と言っていたところ!
すべりこんで喜びを爆発!うわーん、父ちゃんも大喜び!

だって、それまで、何度、惜しいことばかりだったことか!エジルが引っ張ったらファールなのに、ギリシャが引っ張ろうと押そうと蹴ろうと審判は特段おとがめなしだったし。決まらなくて悔しがっているエジルやコブタちゃん、果ては父ちゃんの顔まで編集して映した国際映像・・・に、ちとカチンときていた私。
父ちゃんたちだってそうだったに違いなく、老人(!)たちまで大喜び!絶対に「ユリイカ!」と叫んだに違いありません(嘘)。
a0094449_555337.jpg

ラムたんのあの位置からあの方向へのゴールとなればEM08のトルコ戦のときみたいですよね!

この審判、今回が初めての大きな大会での主審ですって。
そして、父ちゃんちもロイスという初めての選手がいるし!
なんだって初めてがある!
ラムたんだって、今日のゴールは今大会初めて!
メルちゃんだって、今大会の見学は今日が初めて!これに出かけるために会議を2時間も早く始めさせたそうですよ。日本だったら「おばちゃんパワー」と言われかねない・・・。
a0094449_631666.jpg


シューレレ(うちでは家人の命名で「学校」というあだ名になりました。綴りはちがうんだけど、日本語的にも「レ」がよけいなんですけれど、でも家人が覚えたカタカナドイツ語を私も大切にしたいと思ってますので許す←教育ツマ)もがんばってるので1点決めてもらいたいです。
いつもは、父ちゃん一家のあれこれで盛り上がる私たち夫婦ですが、本日に限っては、我が家はメルちゃんとサマラスギリシャ新首相(原人7番と同じ苗字だ!)の会見中のような我が家。家人は実はギリシャを応援中なので、ラムたんの得点のときのハイタッチだって、小指を差し出しただけ。一瞬、原人7番のごとく、家人の小指が折れるぐらいハイタッチしようかな?と思ったほどです。

1点有利とはいえ、ギリシャもまだまだ怖いし、やっぱり巧いし。タイプが違うだけにドキドキです。

後半はゲカスを入れてきて、ギリシャも仕切り直し。ああ、父ちゃん、早めにあと1点を入れてほしいです!

と思ったら、原人7番がゴール決めちゃって!
すごーくヤな感じが!
おちついて、父ちゃん!おちついてみんな!
ラムたん空いてるから!ラムたんも使ってよ!ほらほら、両手を振ってるじゃなーい!
シューレレおちついて!あなたなら、決められるから!

うわーうわーモリゾウ!!!やったー!やったー!すごーい、かっこいい!
a0094449_5564682.jpg

メルちゃん大騒ぎ。
a0094449_5573748.jpgうちの家人ときたら、メルちゃんの隣のDFBカイチョーのことを「メルちゃんの秘書?」と言いました(汗)。

1点リードじゃだめだって、さっき勉強したばかりですから、もう1点とらなくちゃいけません(東風せんせいより)。
いや、実は、ギリシャの大らかパスサッカーにかなり感心している私です。こんな感じでユーロ(€)を使ってたんだろうなあ・・・(笑)。

きゃー!クローゼー!やったーやったー!すごいわ~。
a0094449_559575.jpg

34歳のFWだなんて。うまく年齢を重ねるっていうことのよい例ですよね。
a0094449_559427.jpg続いて、よかったよね、ロイス!初出場初ゴール。

この試合でもシューレレが決めるかと思ったけれど、途中でミュラーに代わったんですよね。ミュラーのおとりでクローゼがヘッドを決めることができたわけだし!
まだ15分あるのに、もう試合は見えたようなことをいうヲウヲウ解説者たちに、私と家人は「えー?まだ15分あるんだから、5分に1本で3点追いついちゃうって~」とドキドキ。
ゴメ蔵、参上!の陰にゲッツェの初出場。
1点PKでギリシャが点を取りましたが、これは仕方ないよね。
うわー、よかった、やれやれ・・・。私も今大会の初めてを!
ハイターッチ!!!

今日の家人の一言
「ヲウヲウってスカイプ使ってるっていうけれど、ギリシャなみに財政に問題あるの??」ほんと、私もスカイプにはびっくりでしたよん。
a0094449_615651.jpg

私としては、手首じゃなくて「首」に巻いてもらいたいんですけれど・・・(笑)。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-23 06:05 | EM12 | Trackback | Comments(6)

美味しかった!

ちょっと前のことになりますが、家人とふたりでインド料理のお店に行ってきました。家人の誕生日祝いでした。
すでに家人が1度若い人たちと仕事帰りに行ったそうなのですが、家人が絶賛しただけあってお安くておいしかったです。
a0094449_7201868.jpg

家人はセット、私はアラカルトにして、二人でシェアしました。
a0094449_7203650.jpg

a0094449_7205430.jpg

a0094449_721983.jpg

お店には、インド人の高校生がたくさん!インド人が来るぐらい美味しいお店なのかな?
a0094449_7213742.jpg

a0094449_723337.jpg

外務省外郭団体の企画で日本見学に来たそうです。窓から東京タワーがみられるので、団体から引率に来ていた職員に「東京タワーにいきたいよ」とみんなゴネたり、厨房に入ったり(笑)。
a0094449_721579.jpg

職員の方は「うるさくなってごめんなさい」と私たちのテーブルにまで挨拶にいらしたのですが、そんな、そんな!
二人で「まるでニューデリーのレストランにいる気分です」と返事をしました。いやいや、2年前の今頃はインドの勉強にいそしんでいたんですよね~。予防接種に行ったりして・・・。
私たち夫婦としてはまた行きたいのですが、なかなか機会が来なくて。
子供たちが帰ったあと、どんどんと料理がやってきました!
a0094449_7223345.jpg

a0094449_7232947.jpg

a0094449_7234225.jpg

インド料理と銘打っても、案外、コックさんはネパールから来ていたりするのです。これまで行ったお店でも何人ものネパーリーたちにあいました。これまた家人がストレートに「どこから来たの?」と聞くのです。実際に、口ごもってしまったウェーターさんがいた店があって、「あーたは入管の役人じゃないんだから・・・!」と私と家人の間で口げんかとなり、ほんと三つ巴で気まずい食事になったことも。
この日は、私たちの隣に来たインド人が彼らに聞いてくれたのでネパールとわかりました(笑)。
帰りは高カロリーを消化するために1時間半ほどかけて歩いて帰宅。
a0094449_7254238.jpg

途中、東京タワー横を歩いたり、楽しかったです。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-22 07:26 | 日常 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(12)首から上

職場でアルバイトのお姉さまたちとお昼をご一緒しました。
ニワカーズなお局さまとは違い、サッカーをよくご覧になっていらした方々がいらっしゃって、私が「うわー、いろいろご存じですね!」と心底感心したら、
「ま、東風さんよりは先に生まれたからね!」とサラリ。かっこよすぎる・・・。

ドイツはなぜメディアで地味な扱いになるのか。
ドイツ代表といえば、いまだにカーンといわれちゃうのか(私の周りで、ですけれど)。

みんな、顔しか見てないからだ!と昨日つくづく思いました。
私が共同通信の記事がまるで「ポルトガルが1位通過(クネ男2ゴール込)」みたいな文章だった、と(いまだ)プンプンしているのですが、アルバイトさんたちは「そりゃ、クネ男はかっこいいじゃないの!」と。ま、このあたりは「好み」の問題と措いておけたのですが、もっとびっくりすることが!真面目ジルネタです。
真面エジルは刷り込みのようにして、日本人に印象付けられているようです。
ドイツの前のほうに小さい選手がいる、とどなたかがおっしゃったのがきっかけでした。
ゴメスから選手の名前をあげたところ、「そ、そのエジルよ」というので「あの、ファイティングニモみたいな顔の、ですか?」と念押し。目玉でますます真面エジルとわかりました。
が、彼って思ったほど小さくないんですよね~。「180センチあるんですよ!試合開始前に並ぶとよーくわかります」と言ったんだけど、なかなか理解してもらえず。子供みたい、とみなさん思っているようで(確かにね!)。やっぱり、顔から上しかみないと気が付かないかな。まあ、真面エジルは顔が薄い感じだから、なんとなく小柄に見えちゃうのかなあ。
で、一番小さいのはカピテンラムたんだ、と私が説明したのですが、「いたっけ?」と一蹴。
いますよ!選手入場のときには先頭だし、コイントスするのも彼だし・・・と熱く語ったのですが、はた、と。みなさん、別にヲウヲウで見てるわけじゃないようす。私が起きていられない時間のスポーツコーナーで見ている様子(笑)。
そうなると、疲労困憊酸素不足のような放心状態の真面エジルしか画面には映らないとこでしょう・・・。

さて、開会式は「ジンケンのない国との共同開催」だからと欠席したアンジーですが、ギリシャ戦は観戦することになったそうです。アンジー、うれしいだろうなあ。テレビでこんだけ興奮していても、やっぱりピッチで見たほうが嬉しいもんね!
a0094449_5392398.jpg

オランダ戦の日にオレンジの上着を着ちゃったということで軽いツッコミをうけているようです。ギリシャ戦はどんな格好で来るのでしょうね?ギリシャサポーターを騙るヘンな人たちにイヂめられませんように。
フランスの新しい大統領もすでに観戦しに行ったんですよね。まさかギリシャの新首相は組閣がすんだばかりだから行けないわよね。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-21 05:49 | EM12 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る