<   2012年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ががーん

結果としては間違ったこと(ラムたんの契約期間)を書いていたのです。ですから、それから問題が起きるよりはズッとましですが、書いたものが消えてしまいガックシ。
しかし、一生懸命書いて、間違いを指摘してくださった(コリアンダーさんありがとうございました!)ので、追記して、アップして、さらに字の間違いを見つけたので直そうと編集ボタンを押したはずなのに・・・

押したのは「削除ボタン」でした。

あーん、さっきも、眠い頭で夏休み旅行のホテルを予約する際に、航空会社のマイレージ番号を記入し忘れてしまうという大チョンボ(とほ)。追記も予約取り消しもできない予約なので、300マイル余りをあきらめることに。そのことで泣きの短信メールを家人に送ったら、速攻で慰めの電話があり(まるで私がチューターをしている時のように「いや、ボクだって今までに・・」とその手の失敗談をいくつも語ってくれ・・・)、そして、ブログを書きなおそうとしたのに・・。

がっくし・・・。
やっぱり10時過ぎたらブログを書いちゃだめだわ~。

とにもかくにも、ラムたんは2016年シーズン末までバイヤンの選手とわかって嬉しいです!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-30 23:07 | 日常 | Trackback | Comments(0)

たった1ミリのことだけど

金曜日、土曜日、日曜日と、お財布の口が開きっぱなしの3日間でした。私としては、金曜夕刻から昨日までだけがGWですので(もちろん、旗日はお休みですけれど)、ちょっと早めにGWの報告を(世間はまだ終わってない・・・)。

金曜夜、定時に上がれたので、新しい墨を買いに、利用路線を途中下車。
前回使っていた墨は色もまた硯との当たり方も良い感じだったので、同じものが欲しかったのですが、残念、もうありませんでした。
で、新しい墨を買ったのですが・・・。土曜のお稽古で墨をする時になーんとなく引っかかるものがあり気になります。墨と硯の相性というのは難しくて、硯が傷むこともあり、ちょっとした賭け事のような時もあります。
a0094449_9445497.jpgお稽古の最後に、墨の先についた墨汁を半紙で拭ったら(筆をしごくためにどうしても墨汁がつきます)、ポキンと折れてしまいました。


やだわ~、試験前にそんなことって・・・007.gif。先生が水をたっぷりつけて応急処置をしてくださったのです。バンドエイド代わりにセロテープ。5月に今度受けるクラス用の講習会に行くためもあって新調したのに・・・。あーあ(お恥ずかし)。

同じ金曜日には、新しい「トラベラーズノート」のカスタマイズ用品を伊東屋に買いに行きました。

知らなかったのですが、伊東屋とメーカーのミドリがコラボで1階入り口に特設売り場を作っていたのでした。いつもは3階か4階に上がらなくちゃいけないので、助かりました。

メーカーから派遣された社員さんが商品を手に取る私に話しかけてきました。
トラベラーズノート、本当に使いやすくて、お気に入りなのですが(ストックを切らさないほど)、残念ながら、一つだけ言いたいことがあったので、思い切って言っちゃいました(笑)。

「1ミリ足りないの~」
と。トラベラーズノートはA5サイズを基本にしたものです。なので、ノートの長い辺がA4の短い辺に相当するはずなのですが・・・・。
ほんの、ほんのすこーしなのですが、はみ出してしまいます。

社員さんは全否定で「そんなことありませんよ」というので、「いやいや、そんなことあるんですよ」と実際に商品にA4の紙を当ててもらいました。
ほら、ね?厚地の表紙は確かにA4を貼っても大丈夫だけど、A4の短い線を合わせると、あ~ら不思議、1ミリほどノートの紙は短いのです。
「あ、ホントだ」と社員さんもびっくり。
トラベラーズノートのHPを見ると判りますが、この会社は利用者とのコミュニケーションを非常に大切にしてます。利用者は自分のカスタマイズを紹介しながら、商品に対してのコメントも残すことがあります。でも、これまでA4の紙についてはコメントがなかったように思います。そんなこと気にするのは私だけなのかも。
規格内にピッチリ収まらない良さこそが製作者の意図でしょうから。
ただ、美しいもの「そのもの」を残したい時のために、あと1ミリあったら・・・なのです。日本の美術館のフライヤーもいまやA4サイズの時代。定形外のものを受け止める鷹揚さと共に、定型は定型のままで収まるようなことができる、そういうフレキシブルなノートなんて、そうそうないかな(笑)。
ほんと、あと1ミリのことなんですけれどね~。

カスタマイズ用品、今回たくさん出ましたけれど、自分が使う時のことを考えて考えて考え抜いて買いました。
a0094449_9504194.jpgロールシール2種類と、シール式のカードホルダーです。お店カードなどをいれるのにちょうどよい様子。マチがないから1枚ぐらいでしょうけれどね・・・。


金曜のお買いものはまだあります。
私の職場では、同僚が間に立ってくれるおかげで、年に一度、授産施設で製作される商品を購入することができる機会があります。
a0094449_1015361.jpg昨年も買った髪留め。これはファッションビルなどでも扱いがあります。古着をほどき、リボン状にしたものをボンボンにするのだそうです。

a0094449_1035166.jpgそれから「ジャムを買ってください」と仲介者さんじきじきに売り込みをしたリンゴジャム。

a0094449_1043049.jpg洗顔石鹸。泥が入っていて汚れが良く落ちるそうです。余計なものが入ってません。

そして、今年の新製品なのかな?スウェーデン刺繍の技法で作った「通帳ケース」。
a0094449_1052822.jpg

a0094449_1055152.jpg色合いがきれいですよね~。作業所の人たちがそれぞれ自分で色を決めて差し込んでいったそうです。だから同じ物はほとんどありません。これまで銀行でもらったビニール袋(変色し汚くなっていた・・・008.gif)に数行の通帳をまとめていれていたのですが、これに入れ替えます。


昨日は昨年は3.11の影響で中止になった学校時代の同窓会。
地味な会なのですが、年齢層の広い、そして、ボランティアグループのみなさんたちのブースがたくさん出る会。活動に直接参加できない人たちはこういう時にお買いもので貢献します。
後輩チャンが関係しているNGO団体では、少数民族の手工芸を活かした旅行用財布代わりのポーチを買うのがお約束。今年はモン族の刺繍入りのポーチを。
a0094449_10305269.jpg

モン族は文字を持たない民族だったそうで、視覚的には全て絵で意思疎通をしていたそうです。
a0094449_10311697.jpg刺繍も少し変わっていて立体感の出るものなのです。ブキッチョーズの筆頭な私には思いつかない技術です。
ラオスにも白兎っているのね・・・

ブースには、美味しい手作りお菓子やパン、ジャムなどが並びます。
a0094449_10495612.jpg
毎年クッキーを楽しみにしていた作業所、今年はその団体が持っている牧場のチーズが出ている時間にお買いものができました(人気商品のため、あっという間に売り切れちゃいます)。
a0094449_10503425.jpgクッキーは動物型のものです。コブタちゃん、アヒルちゃん・・・と。型抜きクッキーが苦手な私。いつも感心していただいてます。甘さも控えめ。

a0094449_10511918.jpgもうお亡くなりになった名物先生のレシピに忠実に焼かれたフルーツケーキ。このレシピが知りたければ、グループに入りなさい、と先輩から誘われているところです(笑)。

a0094449_10515467.jpg毎年、おいしいパンを焼いてくるお父さんのお店では、プリンとスイートポテトを。


お手伝いしたブースは新品バザー。素敵なものがたくさん出ていたのですが、あっという間に売り切れ。売り子は商品を買ってはいけませんので(参加者に楽しんでもらうため)、いつの年にかめぐり合わせがあるといいなあと思ってます。

この帰りに伊勢丹でコンシーラーと雨の日用パンプスも買っちゃったし。月曜だけは仕事場が代わり、置き靴をすることができないので、長靴通勤はできません。エナメル質のメタリックグレーという、普段の私だったら選ばない色です。甲は出てしまうから、まあ、濡れちゃうんですけれど、長靴で仕事、というところではないので、まあ、いいかな。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-30 10:59 | 日常 | Trackback | Comments(2)

2部の中継なんかないんだから~!!!!

今日は、年に一度の学校時代の同窓会の日。
ご縁があって、お手伝いに駆り出されるようになって早7回目。
昨年までは運営に近い方にいたのですが、今年はお手伝いだけ。午前中、バザーの売り子さんをしてきました。毎年、この日だけお目にかかる、私にとっては母世代かそれ以上の懐かしい方々のやさしい表情に、いつまでもお元気で、と思わずにはいられません。

帰ってネットを見ると・・・・
どうしちゃったの、ヘルタは~?!?!
いや、もう2部決定でしたけれどね・・・。でもでも~。
相手はシャルケ。そしてこの試合がホーム最終戦だったので、ラウルのお別れ会もありました。
ええ、ラウルのお別れ会がね~(棒読み)。
ラウルの背番号は永久欠番するのに契約はしないのね~。メツ、スペイン語で会話できる相手がいなくなっちゃって可哀想・・・。

もっとかわいそうなのは、2部行きが危ぶまれるオットルくん。
Sportbildによれば、ケルンが負けたために、ヘルタは首の皮一枚つながっているんです。
勝ち点ではケルンが2点ほど有利なのですけれど、得失点差ではケルンのほうがかーなーり失点が多い(ヘルタは28点なのに、ケルンは33点)。得失点差でいえば、ヘルタがかなり有利。ポ王子が一人で5点入れちゃえば話は別ですけれど・・・。
昨日、ヘルタは4点も負けてるのに・・・ケルンも4-1で負けて。

つまり、次の試合でケルンが負けてヘルタがおっとりと勝っちゃうと・・・ヘルタは自動引き落とし、もとい、自動降格じゃなくて、プレーオフ行きになるってことなのよね?

ということで、ヘルタのオッサン監督レーハゲル監督は「サッカーの神様が、さ、もう一回チャンスをやるよ(„Der Fußball-Gott hat gesagt: Komm, ich geb' euch noch eine Chance”)って言ったんだ」とのこと。レーハゲル監督ってうちの父と同い年(73歳)なのね~。もう少し若いのかなと思ったのに・・・(ほら、ガイジンはアジア人より年上に見えるっていうし・・)

でも、そんなに簡単なことなんでしょうかね・・・。私はかなり覚悟を決めています。
その反面、オットルくんはニュルンベルクの危機だって救ったわけで・・・。どうかしら~。どうなるのかしら~。
シーズン最終戦まで気が抜けません005.gif
おっとりしすぎて2部に行きっぱなしはイヤよ~!
2部に行ったら、そんな簡単に戻ってこられない気が・・・。まあ、1年で別のチームへ、というのは契約の問題もあるでしょうし、オットル君自身が選ばない道だろうと思いますけれど、あーあ、年に数回見られたおっとりオットルくん、1年お休みになっちゃうのかな~。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-29 23:05 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

5月は忙しい!

バイヤンの東京ファンクラブから、とある件についてアンケートが来ました。その回答を書くために、ガオラさんの放送予定を見ていたら・・・。

5月13日(日)午前2時55分から6時までDFBポカール決勝を生中継する、というのはすでに知ってましたが、

5月サッカー国際親善試合放送決定というのがサッカーのページにありまして、
5月22日(火)27:00-翌8:00枠の1ゲームとして、
27:25-翌6:00 サッカー国際親善試合「バイエルン・ミュンヘン vs オランダ(2012.5.22開催)【生】」
とありました。つまり、日本時間5月23日(水)午前3時25分から6時まで、生中継でガオラさんが例のいわくつきの「オランダ」との試合を放送するんです!
手帳には聴戦予定としてあったのですが、さっそく書き換えました。

まあ仕方ないのかもしれませんが、どうして、日本って0時-24時表記にしてくれないのかしらん。

これまでドイツ代表の国際試合といえば、フジ次が担当でしたが、2012年に入ってからはすっかりご無沙汰でしたよね~。もう契約が切れちゃったのかな~と思っていたのですが、やっぱり切れちゃったのかな?
なんとガオラさんでやってくれますよ~。

5月31日(木)26:30-翌6:00
27:25-翌6:00 サッカー国際親善試合「ドイツ vs イスラエル(2012.5.31開催)【生】」
これもつまり6月1日午前3時25分から6時までガオラさんで生中継なんですね!イスラエルと試合をするなんて知りませんでした。
今度のEMでは父ちゃん一家がアウシュビッツを訪問するのかどうかを一部が注目していると、日本のスポーツメディアが紹介していました。イスラエル戦はホームでの試合となりますが、アウシュビッツといい、ドイツのある面を代表する父ちゃん一家がどういう行動をとるのか、スポーツと歴史の問題の一例として、私も関心をもって今後の報道をチェックしたいと思ってます。

ガオラはオランダの試合も積極的に放送するようです。バイヤンの試合のほか、vsブルガリア、vsスロバキアが生中継だそうです。
コリアンダーさん、楽しみですね!

追記
・・・バイヤンの父ちゃん一家、ずーーっと拘束されているわけで・・・・。
ビア保父、ポスター撮りとか、写真集撮りとか、CM撮りとか・・・どーするんでしょう?!
・・・・・ミニゴメ蔵号泣事件があった4年前のEM08のように、今回も招集選手発表をおおがかりに行うのかしら?
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-28 22:15 | Trackback | Comments(2)

試合結果で中身が変わる

私が大好きな「一泊2日」は様々なゲームをしながら出演者が権利を獲得していくというゲーム番組ともいえます。
まず、昼食が食べられるかどうかの「幸不幸ゲーム」から始まり(お昼が出るときは夕飯だったりする)、野外睡眠とか・・・。朝食だって絶対に食べられるわけではない!

そんなゲームに出てくるのが、たくわん。
たくわんがおかずのお弁当
たくわんがおかずのキムパ。

今朝、バイヤンの試合を聞きながらお弁当の準備もしていたのですが、それは、先週習った「キムパ」。
ソウル旅行で、よくみなさんが召し上がるという「キムパ」。実は私はソウルで食べたことがないのです!
(実を言えば、「トースト(焼きサンド)」も)。
キムパを売っているところに行きあたったことがないのです。
広蔵市場で見かけないわけではないけれど、人が多くて、それにどれがウワサの「麻薬キンパ」なのかわからないし、沢庵巻いただけじゃーん028.gif、と・・・。
あまり沢庵が好きでないからかもしれません・・・。

そして、ワタクシは人生で一度も巻き寿司を作ったことがないオンナでもありました。うちの母もばら寿司は良く作ってくれましたが、巻き寿司はありません。
もう4月のお教室に先に行かれた方々のブログで「キムパ」とあったので、慌てて巻簾を買ってきたほどでーす(自宅近くや職場最寄駅のスーパーで売ってなかったので伊勢丹で買うことに・・・)。

a0094449_2394759.jpgお教室では先生が素早い動きで卵を焼いてくださり(ちなみに私は卵を溶きました!でも味付けは「せんせー」と半べそでお願いしました。我が家は甘い卵なのです~)

a0094449_23115739.jpgお肉を焼いたり、中に入れるものを切ったりして・・・。

第一弾5名がいよいよ巻きに入ります。
a0094449_23123117.jpg

先生のアドバイスを伺い、ご飯を広げます。薄く薄く・・・。
a0094449_23133167.jpg

そうそう、先日発売になった「スッカラ」で、先週のハングル講座で炒め人参のナムルの人参を焦がし、生徒であるはずのコウケンテツ先生より叱られそうになっていた某藤原氏が「僕は料理をします」という発言を!さらに~、キムパッはご飯を薄く広げるのがコツですよ、と。このくだりを読んで「ホントに自分でするんだわ~」と信じそうになったワタクシです037.gif
さてさて・・・
具を載せて
a0094449_2317312.jpg

一気に巻きまーす!
a0094449_23194336.jpg

お上手に出来上がったみなさんの写真を撮った次はブキッチョーズの筆頭の私もマキマキ(当然ながら写真はありません)。失敗したらどうしよう・・・とドキドキしてましたが、先生のおっしゃったコツのようにするとうまく巻けるのです!
でも、私って、どれだけ力を入れすぎてるのかしら・・・。ほかの方のように大きく巻けないのです。
実は、先ほど、録画しておいた「烏鵲橋の兄弟たち」を見ていたのですが、主人公の女の子が彼氏のためにキムパを巻くんです。上手く巻けなくて海苔が破けたり等々、私は「あーあー、ナカ先生が具はこの辺りに置きましょうっておっしゃってたのに」「あーあー、巻くときのコツ、教えてあげたいわ~」とつぶやきながら見ていたのですけれど、最後、その女の子がギュギュギュと巻簾を握っているシーンには「うわー、きっと私もこれぐらい握ったに違いないわ~」と反省。
a0094449_2327276.jpg

先生のお宅では裏巻も教わりました。カリフォルニアロールもこうやって作るのかしら?

で、バイヤンはジンクスを打ち破って決勝進出へ!
負けたら、罰ゲーム(って誰の?)としてタクワンだけ巻いて行こうと思いました。
が、勝ったので急いでお肉他を準備しました。卵も丸いフライパンで作りましたよ~。冷蔵庫からは土曜日に買ったものを出して作りました・・・。お祝いにしてはやや地味目な色合いになってしまいました・・・とほ。
a0094449_23343730.jpg

実は2種類のキンパが入ってます。微妙に具が違うのです・・・。
今度は魚肉ソーセージなどでも試してみようと思います。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-26 23:37 | 料理 | Trackback | Comments(2)

これで、まだ、準決勝?

最初は「うわ、やっぱりレアルは先制してきた・・・(しかも2点)」
しかし30分でロッベンがゴールを決めてきたことで、イーブンになり・・・

「ご、ゴメ蔵~!!!!013.gif」と何度エア絶叫(なんせ早朝ですから)をしたことでしょう。
ラムたんの素敵フランケを何度もムダにして~!!!ラジオのアナウンサーが「ああ、ラムたんの素敵フランケだったのに~」と何度も嘆く声がしました。ゴメ蔵の内弁慶っぷりが映像を見なくても伝わってくること、しばし。
そんなこんなで

90分がすぎ
延長30分がすぎ

エルフメーター(PK戦)へ。

もう、胸がドキドキ。ラジオのアナウンサーの興奮っぷりに映像は見えないのに、相手方の選手の顔もさすがに知っているので、まるで目の前でPK戦になっている様子。
「マヌエル~」と何度アナウンサーが叫んだことでしょう!
ノイヤー、きっと心から移籍してよかった、と思った夜になったことでしょう。

クリロナを止め、カカを止め、アラバが決め、ゴメ蔵が決め・・・。
シャビ・アロンソには入れられ、ラムたんは止められ・・・

そして来たのが、陰のキャプテン(!)
帰ってきたコブタちゃん!

コブタちゃーん010.gif!コブタちゃーん010.gif!コブタちゃーん010.gif

ジンクスを破って、決勝の地をホームとするバイエルンが決勝進出!!!!!!!

いやあ、テレビで見た人はものすごく興奮したでしょうし、心臓の弱い方は大変だったのではないでしょうか。ラジオですら、うわーうわーうわー・・・!でしたもん。
決勝は土曜日?だったら外でリアルタイムに放送するのを見に行けるかな?

ま、今シーズンの痛かったところは、コブタちゃんやブイテン兄の怪我だったんだな、としみじみ。
帰ってきたコブタちゃんの様子、父ちゃんはどこで見ていたのかしら。
いずれにしてもEMの父ちゃん一家にも明るい兆しが見えたのではないでしょうか。なんせドイツが苦手とする「スペインのクラブ」に勝ったんですもん(ま、メンバーは多国籍ですけれどね~)。これってすごく重要なことだと思います。

・・・・これでもまだ準決勝なんですよね。
これが決勝になったら・・・?19日までに体力つけておかなくちゃ。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-26 06:38 | バイヤン | Trackback | Comments(4)

120分立ちっぱなし

終業時間直後に思いがけないことが起き、1時間ほど残業。
猛ダッシュで職場を飛び出し、目指すは有楽町は東京フォーラム。職場から約1時間。
普通のロックコンサートだと時間通り始まらないのですが、なーんとなく「ロジャー・ダルトリーは7時ピッタリにはじめそう・・・」という予感が。
a0094449_62776.jpg

ホールAって、有楽町駅からは一番奥。
小走り気味に急いでいたら「あと5分で開演です!」という会場の人の声。チケットを見せて会場に入っている間も「開演まで時間がありません」と急かす声。エレベーターの前の人が急いで上がらないので、私後ろでイラリア・・・と思ったら、この人、会場関係者じゃない!急がせておいて通せんぼされた感じ?
着席したらあと1,2分しかありません(実際には開演が7時5分になったけれど)。コンタクトにしたかったけれど断念。途中休憩があるだろうから、その時につければいいや、と読書用メガネの位置を調整。
一息ついて周囲を見回すと、「over 家人」が5割 around 家人が4割、そして若者たちが1割みたいなように思えました。

老人率高し・・。団塊の世代の姿も。私達の斜め前には母世代(つまり70近いおばあちゃん)二人が。私のお隣も退職して数年であろうオヂイちゃんでした。チェックのシャツにチノパン、首の周りに短めのスカーフ、という、ヨーロッパ旅行などで時々お見かけする格好です。うちの父はスカーフはしませんが、まあ、似たような恰好をします。つまり、「気張らないお出かけ着」のつもりなのです。
数年前まで、この手の(つまりプログレッシブロックの)コンサートに来る男性の多くは背広姿。背広姿以外は若い人、だったのですが、今回は、団塊の世代が退職が始まったんだ~と、日本の人口変動をまざまざと見せつけられる、そんなコンサート会場でした。

家人は「Tommyをやって、休憩して、数曲やってアンコールかな。9時には終わるよ」と予測。休憩ナシのYesのコンサートに行ってきたばかりの家人。二人で休憩があるのかないのか、と静かに盛り上り、休憩なしで8時半におしまい、という可能性が高いかも・・・と、ロッカーの高年齢化によって、勢いで行っちゃうコンサートっていうのがこれからは増えるかもね~という話に。そんな最中、7時に始まると言うアナウンスが。「うわー、老人だから時間通りなのかな」と思った私達。しかしすぐにロジャーたちがやってくる気配はありません。
時間待ちの間、ピョンピョン飛ぶ格好でやってきた、とスニーカーの足元を家人に自慢すると、「あのさー、キミが来る前に、今日はピョンピョンと飛び跳ねちゃいけません、って場内放送があったからね~」と一言。え?ロジャーって気難し屋さんだっけ?と家人に尋ねようとしたら会場が暗くなりました。
時計を見ると7時5分。ほぼ時間通りの開始・・・。
アルバムTommyの1曲目のイントロの時点で総立ち!
前の方だけが立つというのは、ないわけでもないのですが、今回は真ん中あたりの私達の並びも立ち上がります。でも、やっぱりロックっていうのはそういうもんだし・・・。
腰の悪い家人が「ちーっ、なんで、みんな立つわけ?」と言うのを私が無理やり立ち上がらせます。
その時、家人は、「ま、そのうちみんな座るよね」と思っていたそうです。

家人はその後2時間15分立ちっぱなしでした。
そう、休憩なしで2時間15分、ずーっと演奏が続きました。

良かったよ~!!!!

映画のTommyとはまた違った手法(アニメーション)でTommyの世界をサイケに描く画面をバックに、一曲一曲を歌っていきます。誰も手を抜いてないライブでした。で、観ている私達のほうが・・・。えーと、over 家人世代は「ど、どこかで座りたい~」という感じがありありで、静かな曲の時には椅子の端に腰掛けたり、しゃがみこんだり・・・と年齢を感じさせる行動を。私の前の列には、見るからに70歳過ぎの女性もいらしていて、すごくノリのよい腰の振りをしていたのに、腰痛のおばあちゃんのように腰に手を当てはじめ、動きも緩慢になり、途中、しゃがみこんだときにはびっくり。
そんなこんなで、オヂさんたちやオバさんたちがいきなりしゃがんだりするもんですから、急に視界が開けるようなことも(笑)。中学校時代の毎月曜朝の朝礼を思い出しました。うちの中学、特に私達の学年は最後まで残らされ、四季を問わずの大説教大会でした。その間に、一人二人と貧血で倒れて座っていくのですが、最後まで倒れることができなかった私。運動はどんくさいのに、こういう時は頑丈で、本当にいやだったな~。そんなことを思い出させるような状況。ま、家人も最後までがんばりました。
Tommyの後は、The Whoのヒットパレード(古い言い方ですみません)。
CSIごっこ、といわんばかり。CSI NYのオープニングがよみがえってくるような(CSIの3部作だと、本家よりもNYっぽい感じがしました) Who are youやらmy generationといった、誰もが一度は聴いたことがある曲もあり、そういう時の盛り上がりはすごかったです~。

家人曰く、The Whoは日本にあまりファンがいないと言われているビッグバンドなんだそう。だけど、やっぱり好きな人には待ってました!なライブになったわけで。

あのアニメ版のTommyもどっかで上映したことがあるのかな~。21世紀のTommyが上手く描かれていました!もう一度見てみたいです!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-25 06:02 | Musik | Trackback | Comments(0)

復習第一弾

土曜日は、2か月に一度の楽しみである、ナカ先生の韓国家庭料理教室でした。
a0094449_7305977.jpg

申し込みが至難の業というクラス、いつも「あー、今月はダメかも~」と思いながら申込み手続きをしています。運よく、4月は土曜日に入れてもらえました。夏前までは平日休みが難しいのです。

お料理との出会いとともに、一期一会の楽しみもあるお教室です。

今回のお稽古の帰り、新宿までお教室で一緒になった方々と「歩き」ました。ああ、楽しかった~。途中、韓国食材のスーパーにより、習いたてのレシピにあった食材も買いました(先生のお宅にあったメーカーの水飴がお目当て)。みんな、店名がドドーンと書いてあるスーパーの袋に詰めてさらにそれをエコバッグに入れて持ちます。考えることが一緒なので、なんだか可笑しくなりました。

自宅最寄のスーパーでも習いたてレシピ復習のための食材を買いました。
ということで、今週は毎日が復習というお弁当献立となる予定です。
ま、明日の晩、ピョンピョンはねながら「トミィ~!」と絶叫して疲れ切っちゃったり、バイヤンがCLの準決勝のセカンドレグで妙なことになったりしたらわかりませんけれど。

とりあえず、昨晩の復習品(つまり今朝のお弁当のオカズ)はこちら。
a0094449_7312229.jpg

厚揚げとウズラの卵の煮物。
ウズラの卵は自分でゆでて、殻をむきました!・・・殻の剥き方の裏技をナカ先生から教わった通りにしたら上手く剥けました~。私も水煮は苦手なのと、デカい卵を1個食べたい、という人間なのでいつもは鶏卵なのです。ウズラの卵はホント久しぶり。殻の内側がトルコ石の色だなんて知りませんでした!

昨晩、家人からは「美味しい!」と誉めてもらえました。先生、作りやすいレシピをありがとうございます016.gif
a0094449_7363734.jpg

筍ご飯は先週あく抜きしたもの。あっという間に食べないと傷んじゃうので、3合も炊いちゃいました。
今晩はピョンピョン飛ぶ予定ですので、ギッチリ詰めてあります。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-24 07:37 | 料理 | Trackback | Comments(0)

2度目だけど初めての国:準備編(1)高い授業料

我が家恒例の「現地集合現地解散」旅行の計画が進みつつあります。

家人は彼の趣味を満喫してからお仕事へ。
私は彼の仕事先に20ウン年ぶりに行く。

集合場所は、家人が行ったことのない(乗り継ぎで空港にはいたけれど)国。
解散場所は、家人のお仕事場です。

集合日と集合時間を数週間前に決定。有休申請も上司から簡単にOKが出たので、私はいそいそと飛行機の予約を始めたのですが、魔さかのトラブルが・・・。
そのために、出発前から航空会社にクレームレターを出すことに・・・。

その内容だったら、そっちが死にもの狂いで電話をかけてこなくちゃいけないんじゃ??!

ということが起きたのに、先方は具体的な要件をいわず、留守番の家人にただ「こちらに電話をかけてください」というだけ。家人から伝えられた電話番号は20秒で10円かかるいわゆる「ナビダイヤル」。
ユルい職場に勤めている私ですが、だからこそ、私は就業時間中に私用を行うことはしません。家人からメールがあったのは、午後のお茶時間(3時ごろ15分ぐらい休憩をします)。この時期、秋の両親との旅行の手配も並行して行っていたので、私のミスで予約が取れなくなったら困るし・・・と、私用のことが可能な時間を利用して、チョコチョコと電話してみたものの、「ただいま電話が混んでおります」という虚しい案内を聞くだけでした。ちょうど先方の受付終了時間(夜8時)あたりは、職場から最寄駅に向かうところだったので、暗い夜道、数回リダイヤル・・・でもつながりませんでした。その日、合計したら30分以上。つまり1000円を話もしないのに支払うことに。
カッチーンときた私、家人と相談して、クレームメールをその日の夜に出しました。「そちらから電話をください」と携帯番号もつけて。でも翌日、かかってこない。この日も自宅で仕事だった家人に確認したけれど、一度も電話がなかったそうです。
理由がわからないだけに、自分のミスがあったら・・・と心配で(←ホントにおっちょこちょいなため、職場でも家庭でも、まず「ああ、私、やっちゃったかも」と思うんです)、結局、午後のお茶時間に一般電話の番号にかけました。これもすんなりつながったわけではないのですが、1分するかしないかでオペレータが出た!
ようやくつながったオペレーターさん、私が尋ねることに正直に答えてくれました。その間、私の髪の毛はグングン伸び、天を突き、宇宙まで行っちゃう勢い!013.gif
とにもかくにも、私の中の理詰めボタンが押されてしまい・・・・。そういう時の私は別人ですので、静かにおっかないんです(笑)。私用の電話が筒抜けの職場環境(笑)。「いつも平謝りの東風(←どれだけ、ドジを職場で重ねているかがお分かりになるかと思います)に何が起きている?」とお兄さんたちは興味津々。

さて、問題は実は私が期せずして自らで解決していました。
今回の一件は、フランクフルトから先へ行く便を運航する航空会社B社から手配した航空会社A社へ、A社が利用者に案内する期日より1日早く購入手続きをすませるように連絡を入れてきたために起きたのでした。
電話がつながらなかった翌朝、A社が案内した手続き締切にはまだ二日ほど余裕があったのですが、ZDFで、最初の寄航地であるフランクフルト住民の起こした裁判(深夜早朝便の離発着)判決のために航空会社が何らかの対応を迫られる可能性がでてきているという報道があったのです。朝5時から公共エイセイ放送を見ている私は、まさに私が利用する便がそれに相当するのかも?と思い至り、とりあえず発券しておくことに(そうすれば、航空会社の都合になるから、後日の手配が楽になる)。

で、機械上では問題解決と処理されていたのでしょうか、こちらからの問い合わせまで前日の電話についてのフォローがなかったのでした。電話がかからなかったこと以上に「もう解決したことでしたので」という会社の対応に頭がクラクラ。だって、ホントZDFを聞き逃していたら・・・(ゾゾッ)。

数時間後に届いたクレームメールへの返事(多分オペレーターからの伝言を受けて一部追記したであろう)を読みながら、「この会社の構造的問題点が見えた!」と思いました。一つの案件を最後まで責任を持って担当しないから起きたことなんだと思うのです。オペレーターはパソコン上で情報を共有しているのでしょうけれど、問題がある時には消費者は担当との一対一の関係を求めるものなのです。消費者は人格ですからね~、大量生産製品じゃありません・・・。「たらいまわし」という表現がなぜあるのか・・・。
でも、大企業だと仕方ないのかな~。
実は家人も昨夏、同じ航空会社から金銭的負担(海外通話料)を負わされた経験がありました。帰国後、彼もクレームレターを出したのですが、その時は「以後、社員教育に努めます」というあたりさわりのない返事。
1年しないうちに同じ家に2度もやっちゃうなんて、当り良すぎ・・・(笑)。3度目があったら、新聞に投書してやるっ!

とはいえ、この航空会社に国内外の移動で本当にお世話になってます。
私のチョンボであやうくワシントンから帰国できなくなるかも!(ネットで発券したときに周遊ではなく単純往復選択にしていた・・・)という時に、こういう方法が一番安くて便利です、と教えてくれたのも、この航空会社。かつて、海外長期出張先にいる家人のための荷物で、出発の時点でオーバーウェイト気味だったのを「今回だけですよ」と何度も見逃してくれたのもココ。だから、あんまり悪く言いたくないのです。
うん、面と向かって「一言」言ってやりたい相手は、一番最初に我が家に電話をかけてきた男子だけ。あとは、みんな丁寧な対応でしたもん・・・。私も次回何かあったら参考にしようと思いました。

なので、もうこれからは要件がわからないことに対してはこちらからは携帯電話をかけない、相手を待つ。それを1000円払って学びました、というブログネタを提供してもらいました、ってことにしておきます。

本当に、2通目のメールにあったように会社が変わっていくのかどうか、愛情を持って見守りたいです。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-22 11:57 | 旅の思い出12朝帰りde欧州旅行 | Trackback | Comments(0)

勝っても優勝できない

シーズンは終わりました~という気持ちでいる方が多いかもしれない、本日の試合結果。

Bチーム編成?と言われたバイヤンですが、1-1で苦しんだところ90分でリベリーが1得点。
2-1で逃げ越し。そして、ドルが勝ちましたので、バイヤンの踏ん張り虚しく、ドルの優勝が決定。
2連覇おめでとうございました。一発屋ではなかった、とクロッポンが評価されたシーズンとなったと思います。カガヴァの来シーズンはどうなるのか?日本のメディアはブンデスの選手の移籍、じゃなくて、「ドルトのカガヴァ」の報道をしばらく行うことになりますね!共同通信だったかの配信で「ドルトの」って読んだとき、なんか座りの悪い気持ちになりました。現地はドルトっていうのかな。

そんなドルに追いつけないかも、と予測がついた時点で、チームとしてはCL優勝狙いにシフトした、と分析できるのかもしれませんが(ブンデスの師匠はそう思ったそうです)、私としてはそれはそれ、これはこれ、で

バイヤンは残り3試合を勝って終わるように・・・

え?3試合?ブンデスは残り2試合ですが、忘れちゃいけない、DFBポカールの決勝がまだ残ってる!耳(カップ)がもらえたら皿(リーグ優勝)はいりません(笑)。

バイヤンのことよりも、私の心配はヘルタのオットルくんですよ~。
ヘルタ、今日も負けちゃって・・・。
もがく甲斐もなく、ツバイテへ加速つけている感じですよね。選手も辛いと思うけれど・・・。
監督が替わりすぎ。ちょっと負けたからって、弱いチームこそ替えちゃいけない気がするんです。
ヘルタから移籍する選手も出てくるでしょうけれど、オットルくんはチームに同行しちゃいそうな気がします。来年はテレビでオットルくんを見られないのね~。あの監督なんて一番最初に沈む船から逃げ出しそうな気がします。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-04-22 03:55 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る