<   2012年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

帰国しました!

2泊3日のソウル旅行から戻ってきました。
今回は一人旅行のつもりでしたが、後輩チャンがかなりつきあってくれ、楽しい時間を過ごしました。
一方で、いつもと違ってムチャはできない、写真の少ない旅行にもなりました(彼女は私がブログをやっているのは知らないので)。

館詰系としての旅行が基本ではありますが、今回は、さらに新たな体験などもしてみたりして。

でも、これまでの女性雑誌で得た情報を活かした旅行にはなってないこと。これはいつもの通りのなのですが、寒いこの時期だからこそ・・・といわゆる「女子旅」を目指したのに・・・。そんなタイプじゃない、と後輩が見破っていたこと、また、現地に暮らす彼女からしたら旅行者とはいえ調子にのった態度でソウルを歩く私は見たくないでしょうから、先輩(ソンペイ)としてのつつしみも忘れず・・・と。

さて、今回もKポップスターに「偶然」会いました!が!機内で読書用メガネからコンタクトにしなかったために、ぼんやーり。写真もほかの人より良い場所でどれだけでも撮れたのに、ファンでもないのに写真撮っちゃ悪いかな、なんて思ったりして、シャッターを切った時には顔を手で覆っていたのしか撮れてない。
あとで後輩チャンに「イ・ドンゴンの時もそうだったけど、先輩の話は作り話じゃないってわかっているけど、もうすこし誰でもわかる写真を撮っておかないとダメですよ」と注意されました。
まあ、ミュンヘンで父ちゃんに会った時のような大胆さは、「ドラマに出てる人」(イ・ドンゴン)、「踊って歌っている人」「グループが分かれた人たちの二人組のほうの片割れ」(今回会った人)みたいな他人事のような距離感がある人には生じないのです。
それよりも、彼の登場直前の周りの空港関係者女子たちの言動がとっても面白く印象に残りました。
そんなことも含めてぼちぼちご報告したいと思います。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-30 23:58 | 旅の思い出12旧正月明けのソウル | Trackback | Comments(0)

うわ、あたっちゃった?

バラエティに出たがっている、と「男子の資格」で噂になっていたことだけで、ひょっとして・・・と思ったのですが、ホントになっちゃった・・・。

ソン・シギョン、「1泊2日」に出演のご予定。

うーっそぉ~と、下の記事にコメントをつけてくださったolive oyleさんの文章を読みながらびっくり。
私はmixiとかコミュニティーに参加していないので、ほんと思いついたように「参加したりして・・」だったのに。シギョン節炸裂になるのか?!
ユ・ヒヨルのスケッチブックでの数々の「そ、そこまで言う~?」が聞けるのかしら?

そして、キム・スンウおぢさんも!
KBSでも彼が司会のバラエティを紹介してるけれど。なんと1年遅れなのですよね・・・。どうしてなのかしら?と不思議に思うのです。

さらには、家人によって「ウコッケイ」と改称されてしまったKBS土日ドラマ「烏鵲橋の兄弟たち」の3男(といっても「隣家の子」らしいのですが)役というか、パン屋話キムタック(うちの母親が「え?キムタク?」とわざとらしく聞きなおす(←私が苦手なタイプと知っていて))で主人公のライバル役をしているチュウォンも。そうそう、彼はオムテンさんと同じ事務所なんだそうで。

スンギの「国民の弟」というか「お母さんの息子」的な側面はチュウォンが担うようですね。頭のところは、シギョン?

オムテンさーん、九九をきっちり覚えておかないと後輩から笑われちゃうぞ~(笑)。

シギョンさん見たさに、パートIIも続けてみることになりそうです。

明日からソウル。
明後日の夕方5時半からはホテルでゆっくり1泊2日を見る予定です。

え?目的はそこ?

い、いや、もちろん、バイヤンの試合が見られたらそれも・・・(小声)
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-27 23:04 | 海外バラエティ:韓国 | Trackback | Comments(4)

ふーむ、続編か・・。

KBS-Worldには記事が上がっていないので本当かわかりませんが、2月で一度幕を閉じる「一泊二日」は新しいPD(プロデューサー)のもとでパート2が始まるらしく。

そこにはこの3人が
a0094449_954439.jpg

参加か?と一部報道で取り上げられているそうです。

オム・テウンの公式HPでそのような記事がupされているのを今朝読みました。
色々諸事情があるようですが、オムテンさんは「1泊2日」出演によって広告などの契約が増えたからだとか。
入って1年でおしまいっていうのも不完全燃焼なのかしら。

個人的にはこの3人がどうのこうの、というわけではないのですが、ジウォンやスンギという「頭の回転のよいタレント」ってそんなにいるものなのかしら。メンツが揃っての一泊2日ですからね~。

そんなことを考えている時にふと思ったのは、
ここに「ソン・シギョン」が入ってきたりして?
なのでした。

彼がいたらクイズも面白くなりそうだし。スンギのある部分は担当できそう。
というのも、先週の「男子の資格」は忘年会だったのですが、冒頭で「有名歌手が入りたがっている」といってメンバーから誰かぬけるのでは?という話から始まった時、ソン・シギョンがバラエティーに出たがっている、という話になったので。
いや、けど、ソン・シギョンは拘束されるのが苦手そうだし、アルバムを作ることになったりしたらそれどころじゃないから、ありえない?でも、隔週撮影じゃなくなったら(←別にそう決まったわけじゃないですけど)時間のやりくりしちゃいそう?と思ったり。

ううん、その前に「シギョンさん、キツい」とメンバーが涙目になりそうな。シギョンさんの言動からすると、キム・ジョンミンあたりにイライラしそう?
ユ・ヒヨルみたいな「毒舌を受け止められる毒舌家」とのかけあいだと、シギョンの案外ハッキリな物言いも面白おかしくなりますが。

もしこの3人+数名で始まればそれはそれで見ると思うけれど、でも、正直な所、オリジナルにはかなわなさそうな気がします。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-26 10:10 | 海外バラエティ:韓国 | Trackback | Comments(2)

大寒真っ最中(1)二十四節気で準備

週末のおひとり様ソウル。
博物館見学が唯一きっちり決まっている予定。
それ以外はその日の天候に合わせてという、フレキシブルな旅。

というのも、いま、東アジアは「大寒」。それも真っ最中。韓国から一時帰国中の後輩チャンから「センパイらしいけれど、でも、普通の人は来ない時期・・・」と呆れられてしまいました。

今年の冬は、夏が暑かった分、寒さも厳しい気がします。特に大寒を迎えてからの冷え込みや氷雨、積雪、その一方で、ちょっと寒さが緩み次の二十四節気は立春だわと思いながら帰宅した昨晩など「ああ、二十四節気や七十二候ってよくぞ言ったものだなあと思わなくもありません。

お習字の教室が所属している団体では年に一度大きな展覧会があり、自分で歌も決め作品を仕上げなくてはなりません。作品作りの時期と、展示される時期にはタイムラグがありますので、風流とは縁のない私でも季節感を意識するようになりました。また最近はお稽古先で年長者の方々とご一緒することも増え、みなさんが二十四節気や七十二候に基づく気候表現をなさるので、私自身も小まめに表現をチェックするようになりました。もちろん身についていないコトですので、自分から話題にはしません(笑)。頷くのみです045.gif

先週のお稽古前に天気予報を見るように「次のお稽古までの七十二候は・・・」とチェックしていて気づいたのですが、私がソウルに行くときは大寒でも次候と呼ばれる時だそうで「鷙鳥厲疾 鷲や鷹が空高く飛び始める時」にあたるそうです。ちなみに立春の初候ですと「東風解凍」と表現します。
ちなみに週間予想では滞在中は降雪とはなっていなかったのでホッとしてます。私のHNにちなんで寒さがフッと緩んでくれたら嬉しいのですが・・・。
2泊3日なので洋服は1着着替えを持っていけば十分。建物に入れば暖かい。冷え性の私は足元から寒くなっていくので、その対策が一番大切。足裏に貼るカイロなどを用意しているところです。困るのは靴。夜のうちに凍結した一昨日の朝(ツルツルしすぎて歩けなかった)を思い出すと不安になります。夜に降雪・凍結することが多い最近のソウル。滑らない靴とか売っているかなあ?後輩チャンに尋ねておこうっと。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-26 07:21 | 旅の思い出12旧正月明けのソウル | Trackback | Comments(0)

福々博多

昨日は博多出張でした。
我が家から浜松町駅まで交通の便がよく(歩こうと思えば歩ける)、6時20分発羽田発福岡空港行きに乗るために我が家を家を出る寸前、これから就寝というはずの家人がなぜかインスタントラーメンを作り出し、それだけでもワタクシの気持ちを逆なでしたのですが、卵を入れて煮ていたのによそ見をしているからお鍋の中身が吹き出し・・・。
その処理を家人がきちんとしないので(あんまり腹がたつので省略!)、「もうどいてっ!!!」と押しのけ後処理をして、ふと時計を見たら、そんなことしてるヒマない!という時間に・・・!!!
電車と違って、飛行機は一便遅らせるなんてことできないのに~遅れられない~!
と家を出ると・・・・そこは・・・氷の国でした。
雪が凍ってました。普段だったら走って早足20分弱で余裕の浜松町までですが、そこへ至るには子供スキー教室並の坂が一つ、さらに一見わからない傾斜のある道が続き・・・。
最初の横断歩道にたどり着くまでにうっすら坂になってるのだった!と思ったのと、まっすぐだと思っていた歩道で風が吹き、ツツツーと押されます。人間の意志を無視する自然の力は恐ろしい(涙)。
諦めて電車で浜松町まで行こうにも、最寄駅までだって、ゆるやかな坂があるのでした・・・(涙)。まだ午前5時過ぎ。そこへ奇跡的に反対車線にタクシーが来たので手を挙げて停めたものの、タクシーが泊まったのは、第一の難関、子供スキー教室(笑)の上り坂の始まりみたいなところ・・・。そこへたどりつくのに転びそうになり・・・(涙)。
タクシーにようやく乗り込んで「急いでますの・・・」と言った途端、右折しようとしたこのタクシーが滑り・・・
ひやっとしました。
モノレールは予定より1本遅いものとなってしまい、空港駅についたらギリギリ。でも乗れたので良かった~。おまけに搭乗手続きしているのに着席してないお客さんが二人もいたこともあり、到着は若干遅れた様子。私は着席したらさっそくぐっすり寝ていたので、機長のアナウンスで初めて事情を知った次第。

あさ9時前の博多駅、駅員さんがさわやかに挨拶をしていていい感じでした。
古くは中国との交流で、そしていまや韓国への玄関口の一つとして、東アジアの国際都市を謳う福岡らしい春節の飾りつけ
a0094449_6581572.jpg

今回、北九州に用事があったので、はじめて鹿児島本線に乗りました。車窓から見える風景がとても興味深く。新日鉄八幡の工場やその跡地も見えました。
a0094449_6593746.jpg

仕事はサクサク終了し、1時すぎには博多駅に戻ってくることができました。
東京のJRは座席をどんどん非人間工学的なつくりにして「とりあえずたくさん詰め込む」というデザインにしてますが(座りにくい椅子が多いし、足元は寒いし)、西日本はなんか人の温かさを感じる作りでした。
快速でも
a0094449_753617.jpgこれは快速の椅子の柄。山手線のように横座りでしたが、車窓も大きく、楽しかった~。

それから特急でも。
ソニック号にのる機会もありました。
a0094449_774156.jpg

a0094449_782829.jpg

a0094449_794529.jpg車内は黒い(人工皮革ですが)革張り。床は木目調。

a0094449_7111165.jpg

地下鉄も木目を生かしたデザインになっていたり。
ドイチェバーン(DB)並の内装でしたよ!
こういう電車に慣れていたら、愛想のない東京の電車なんて「つめたい大都会」の象徴に思えるかも?

ここからはワタクシの自由時間となります。
地下鉄で天神まで移動し、そこの地下街を通り抜けて、今泉というところにある料理店に向かいます。
ソウル旅行のブログでお世話になっているmimiさんがご紹介されていた魚料理のお店。
博多駅でもらったフリーペーパーでも取り上げられていたので、これは行かねば!と地図を片手に歩きます。
地下街を歩ききるのに約10分ということは、地上に出てからも10分ぐらいかな、と予測した通り。地図通りに歩けばよいので楽勝です。
ありました!
a0094449_7411640.jpg

いただきました!
a0094449_7413733.jpg

おいしかったです!
わさび(粉わさびを良く練った模様)がツーンと来てしまい、思わず涙目になっただけでなくちょっとむせそうになってしまった私。一人客はカウンターなので、板前さんの手前、おとなしくしていたつもりでしたが、ツーンとしたのがようやく頭のてっぺんから抜けた時に、板前さんのお一人から「わさびで大変だったんですね」と。
見られてた012.gif
a0094449_7423417.jpgだからかなのか、ワタクシのところに置かれた番茶の入ったカップにはso tiredとありました。

a0094449_743842.jpg今回は定番の魚男丼でしたが、マグロのトロのハンバーグを始め色々なメニューがあり、どれもこれもいただきたかったです。東京にあったらとりあえず全メニュー制覇のために通うに違いない、そんなお店です。


a0094449_7444038.jpgここのお店の系列(協力関係にあるのかな)のイタリアンレストランでは美味しいケーキをいただけるようなのですが、火曜は定休日。そのケーキを作っているお店も休みかな、と思ったら、魚男さんの斜め前にそのケーキショップは開いてました。
eat meというタイル細工も可愛いし、なんといっても階段てすりのめんどりさんの細工が!!!
職場のラスク好きさんにお土産を買いました。


そして向かったのは、地図的にはお隣の地名になる薬院。
a0094449_746155.jpg

ここには美味しい焼き菓子のお店があると聞いて、番地から想像してあるくと、なんだ、同じ道の続きみたいなところにありました。ここでは、アルバイトさんへの御土産を買いました。カフェはないのですが、お隣がステキなカフェで、そこで頼めばケーキを頂けるのだそうです。
薬院の駅は西鉄の駅の下にあるのですが、ちょっと心配になって駅近くの横断歩道にいた女性に尋ねたら「そこまで行くからご一緒に」とおっしゃっていただきました。ご親切な方だなあ。私もよく道を聞かれるのですが、これからはもっと親切に答えなくては・・・。

今回は、福岡市美術館へ行ってみました。
a0094449_7482026.jpg

常設展と常設室の企画展。企画展は釜山の朝鮮時代の絵画の予定だったそうですが、諸事情で館が所有している朝鮮時代の絵画展になっていました。500年続いた朝鮮時代なのに多くは制作時期が不明なのだそう。うーん、もったいない。もっと何かわからないのかな~(←美術史の人たちに怒られそうだけど)。
それから、うまれて初めて「志賀島の金印」を視ましたよ!歴史の教科書だと大き目に映ってるけれど、ほんと、小さかった!よくぞ畑仕事でこれを見つけたものです。
ここは大きな池がある、もと博多城址を利用した大濠公園の中にある美術館。出張だったのでカメラはなく、携帯カメラだけだったので、上手く撮れませんでしたが、昨日の福岡は晴れているけれど雪がちらつく、というドイツのような天気。帰京する飛行機の時間も決まっているので、借景が楽しめるスタバも諦めました。
この時点で4時。フリーペーパーに「博多曲物」の紹介があった記念にお弁当箱を買おうと、2軒の博物館をハシゴすることに。結局買えなかったのですが、がっかりする前に思わず微笑みたくなるものを発見!

節分が近いからなのか、神社や大きなお寺では門にこんな飾りつけを。
櫛田神社の横門。
a0094449_7524262.jpg

a0094449_7545935.jpg

表の門もこんな感じ
a0094449_7554152.jpg

櫛田神社の参道と知らず、ただ地下鉄祇園駅に向かって歩いていただけでしたが、参道を抜けると、向かいのお寺もこういう飾りつけ!
a0094449_7572925.jpg

福々しい感じがしますよね!
東京では見ないので、とっても新鮮でした!
この辺りはお寺(禅寺)が多く、学生時代に仏教史の先生が熱く語っていたお寺も近かったことに気づきました。
a0094449_802489.jpg


某デパートで一夜干しを我が家の御土産に選び、帰りは余裕を持って空港へ行きました。今回もカフェには行けなかった・・・。でも自分のお腹に入らないにしても2軒も焼き菓子屋さんをハシゴできてよかった。

博多ってソウルに似てるかも!歩いてもそれほどじゃないところがあるし、地下鉄とバスが発達しているところ。なーんだ、そんな遠くないんだ、と地図を片手に歩くのが楽しい街です。

そして、こんなお店も発見。
a0094449_813230.jpg

次に博多出張があるのはいつかわかりませんが、一度行ってみたいです。どんな評判なのかな?
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-25 08:03 | 旅の思い出 | Trackback | Comments(2)

明日は日帰り出張

朝6時半の飛行機にのって国内日帰り出張へ行くのに、今晩の雨が雪になるかも?
行った先も雪が降っているかも?

天気予報をみてちょっとガックシ。

でも、今朝はうれし、うふふなコトが。
テレビ局側としては岡崎の今年初シュート(試合は負けたけど)を放映したかったようなのですが、ザルシャルケCBがなんとメツだった!後姿が、いや後頭部がメツっぽい・・・と思ったら、背番号21!

メツ!
よかった、放出されてたらどうしよう、と思ったのです。

むかついたのが、メンヘンとの試合をちょっとだけ見た家人が「ラムたんは老けた」と一言。ちーっ!
ちょっと髪を短めにしただけじゃないのぉ~!!!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-23 22:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

新年だけど旧年中(12)カフェでおしまい

ホテルに戻り、家人と向かった先は市場。
実は、朝もここを通ってMRT駅に行ったワタクシ。
a0094449_4351384.jpg朝は耳まであった猪肉屋さん(豚肉屋さん)が昼にはほぼ完売だった。

移動屋台は普通食べ物屋さんで、普通肉屋は常設市場にあるので、こんな移動肉屋にはびっくり!

お昼はもう少しシャレたところに行きたかったのに。
のに・・・。
屋台で食べたい家人の希望を聞いたらこんなものを・・・。
a0094449_4405240.jpg

a0094449_4414169.jpg

うーん、二度目は行かないわ。

家人はホテルのロビーでまったりしたい、とのことで、私は一人ホテル近辺を散歩。

ホテル横にある廟は、なんと景福宮!
a0094449_4424178.jpg

ソウルにある朝鮮王朝の王宮名と一緒です。が、中は全く違います(当然)。
a0094449_4434892.jpg

4階建てなんですよ。びっくり。一番上の階は仏像が安置してあるのは、保安宮などと一緒。なにか約束事があるのでしょうね・・・。
a0094449_4464858.jpg

a0094449_4511082.jpg

a0094449_452421.jpg

a0094449_4551789.jpg


実はホテルから1ブロック行ったところは、なーんと、軍施設である憲兵隊が!ビビりながらもシャッターを切る私。まあ、施設の前に大きなホテルがあるぐらいなので、軍事施設といっても秘密めいてないのかな。
a0094449_4571671.jpg

小さな通りもいろいろ面白そう。
民家が並ぶ所にも廟が!
a0094449_4594198.jpg

a0094449_502322.jpg

a0094449_52563.jpg

九龍太子のいわれも解説がありました。
ビル(というか民家)の2階にあることは新鮮でした。いまはお寺とマンションが同じ敷地というところもあるけれど、なんかこれほど近いとびっくり。立ち読みした奥さま雑誌で「台湾の人は信仰深い」と道教寺院の紹介がありました。こういう小さなところに出くわしたワタクシとしては頷いて読むしかありません。

見学してホテルに戻り、家人と一緒に我が家ではみない紅白を見ているうちにお迎えのバスが。
連れて行かれるのは免税店。行きには諦めたAignerのバッグを買おうとしたらもうありませんでした。
そしてまだまだ時間があるので、台湾に詳しい消しゴムはんこ作家のAYACOさんのアドバイスにもあったように私は外に出てしまいました。
コーヒー飲みたい~と思いながら通りを見ると向こうにファストフード店が。向こうまで行ってコーヒーを飲んだら面倒かなあ、なんて思いながら歩いていたら、マンションの1階にカフェが。
a0094449_554826.jpg

なんか、いい感じ。
a0094449_564374.jpg

若い人も、お勉強をしている人も、子連れの人も、と世代が少しずつ違うし、サンドイッチやケーキも美味しそう!
a0094449_592045.jpg

a0094449_5101920.jpg

コーヒーと紅茶のお店の様です。ケーキはチョコレートケーキにしてみました。
a0094449_5113820.jpg

美味しい~。
コーヒーもたっぷり。
時間までに戻る必要があるので急いで食べて失礼しましたけれど、それが残念でした。免税店に行ったら30分は時間があるので、次もここCoffee Zoneに来ちゃうかも。
家人は今回は買い物の神様が降りてきたんだそうで、私がお茶をしている間にswatchで腕時計を買ってました。
私にも珍しく某ブランドショップのシンプルなバッグを買ったらいいのに、と勧めてくれました。買ったら、でなくて買えばいいのに、というのが家人らしい。
空港到着!松山空港には何もない(から免税店でお土産を買いましょう)、とガイドさんもいいますし、台北旅行をしたブロガーさんもそういう意味では空港内の施設に対して好意的な文章の人が少ないのだけれど、最近空港内を改築したからか、きれいだし。私にはちょうどいい感じ。家人は「マッサージ屋があったら買い物をしたりお茶をする気のない男性客はうれしいだろうなあ」と。
a0094449_519861.jpg

a0094449_5195034.jpgこれ、笑っちゃいました。

黒猫宅急便もあります
a0094449_5211350.jpg

出国手続きをしなかったらファストフード店があるし、セブンイレブンだかファミマだかがドラッグストアと一緒にお店をだしていたり。出国手続き寸前までスタバなども利用できます。有名なお茶屋さんも出店してましたよ。台湾版TORAYA CAFEみたいな感じ。
出国手続きの直前のところには、なんと!マスク無料配布まであるのでした!台湾はバイク社会なのでみんなマスクは必携。こちらは風邪など感染症を防ぐためですね。記念に私ももらい、花粉患者である家人にあげたのですが、家人はマスクにも反応してくしゃみをするそうで、使う機会はなさそう・・・・。白じゃなくてグリーンっていうのは日本ではこれまた目立ちすぎるし・・・。
a0094449_5273613.jpg

出国手続きしてからも、まあブラッと楽しめるところはあります。台湾はいまデザインブームらしくて・・・。
a0094449_5295893.jpg

a0094449_5301973.jpg

a0094449_5303811.jpg

女子トイレのピクトグラムも可愛らしい。リボンがついている。
a0094449_5305829.jpg

おっと、こちらを利用してお土産をいただかねば・・・。
a0094449_533264.jpg新橋にある台湾観光協会では故宮美術院無料入場券のほかに、お土産(私はドライパイナップルを選択。部署のお八つに回しましたが美味しかったですよ!)をもらえるチケットも配布中!

a0094449_5334762.jpg空港で二人でハタと気づきました。私達、6年ぶりぐらいに「家を出て家に戻るまで一緒」という海外旅行になりました。いつも現地集合か現地解散か現地集合現地解散という旅行ばっかり。現地ではバラバラ旅行だった、というのが今回の台北旅行でしたが、同じ部屋でマッサージを受けたり、清真寺に行ってみたり家人がいなかったら体験できなかったことも。


次こそは小龍包を!!!!

[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-23 05:42 | 旅の思い出12旧年中の台北 | Trackback | Comments(0)

新年だけど旧年中(11)不易流行

いよいよ帰国日の朝に。チェックアウトは12時、ツアー会社のお迎えは2時半ごろ。

家人はダウン寸前。私一人で出かけることに。
行先は毎度おなじみの孔子廟と保安宮。

孔子廟へは前回訪問したときに甥っ子の中学受験が上手くいきますように、と絵馬を残してきたのでした。
憧れ校にはフラれちゃったようですが、行きたかった学校にはおかげさまで合格できたので、お礼を言いに。

保安宮は3回目。いつも無病息災であることをお願いします。
これまでの2回は、無自覚ながらも婦人科系その他の持病持ちなので「これ以上悪くなりませんように。それぞれの主治医がいつまでも〇〇病院に勤めてくださるように」と勝手なお願い(いや、ほんと、切実。私が2時間待たされようと面倒とは思わず、ちゃんと定期的に通院するのは、これらの先生と長いお付き合いだからだし)をしてきたのですが、今回はちょっと違います。実はワタクシ、1年ほど前に手術を受けたのでした。入院は4泊5日(ちょうどソウルへ4泊5日行くぐらいお金がかかりました)ですむものでしたが、術中に「みなさまさようなら」とか術後に「不自由が生じる」人が合わせて100人に1人ぐらいはある先端医療手術。家人の「ま、キミはその他大勢な生き方だったんだから」とわけのわからない励ましと、相性のいい医師との出会い(同行してくれた家人との語らいが楽しいらしいのですが・・・←似たモノ同士なんです037.gif)のおかげで、手術は無事成功。医師自体が「いやあ、100点満点の出来」と自画自賛するほど。退院後は、相変わらずの(いや、一段上へ進んだ?)パワフルな生活を送っているわけで、今後とも健康に恵まれますように…とお願いしたく。もちろん、手術をしてくださった先生のお名前もワタクシの勝手なお願いに追加登録されました!029.gif
家人は「キミは地図が読める女だから」と朝食後のワタクシを放置し、12時までお休みしていた模様。

時間を無駄にできない私は、MRTに乗り圓山駅へ向かいます。MRTの進行方向右には、中山足球場が見えます。下車し、目的地である出口へ向かいます。
a0094449_6244058.jpg

ふーん、観光局主導でこういうことをやっているのね~と看板を横目に外へ出ると・・・!!!
a0094449_6264243.jpg

区画整理されていた!!!!
え~?!
a0094449_627165.jpg歴史文化地区マップですよ!観光局の♡型のイラスト、かわいい!


初めての台北の旅で、初日から濃ゆい旅行となるきっかけになった関羽が祀られている保聖宮のあたりなんて、駅前なのにこんなに小汚いなんて~と正直びっくりだったものですが・・・。
a0094449_6283277.jpg歩道は広がり、保聖宮の右隣に連なっていた古タイヤを扱っているらしきお店は無くなっていました!。


保聖宮だって・・・。すっかり模様替えですよ!
a0094449_635240.jpg

a0094449_6353742.jpg

a0094449_636446.jpg

a0094449_6362943.jpgなるほど、2011年にきれいにしたばかりのようですよ!建国100年記念なのかしら?

a0094449_783334.jpgこれは初めて気付いた場所です!下に虎の子?

外に出ると、懐かしい。ゴミ焼きが1体だけ残ってました。あとは空き地・・・。
a0094449_7102054.jpg


孔子廟は新しくしたばかりだし・・・・いつも通り・・・のはずでしたが。
a0094449_711333.jpg

実は、孔子廟も前庭がすっかり石畳になってしまって。
a0094449_7125431.jpg

前は木が植えてあって良かったのになあ~。
日本人ツアーの方が数組入っていく様子も見えます。
そして、中から音楽が聞こえてきます。前日と違ってスピーカーから流れてくる音だったので、あまり気にしていなかったのですが、正殿のあるところへ足をいれると・・・
a0094449_7144060.jpg

a0094449_7154758.jpg

舞の奉納中でした。ボランティアのお母さんたちが日曜9時からやっているそうです。この中で踊っていた方と後でお話しする機会があったのですが、「私達はボランティアなんです。本当は子供たちがするんですよ」と。正式な楽生たち(初めて台北に行った時に言葉を交わした子供たちは、現代の楽生だったと2度目の訪問の時に知りました)じゃないと力説されていました。
廟では以前よりもさらに展示がバージョンアップ!
a0094449_7204084.jpg

楽器を選ぶと画面に演奏中の様子が写ります。
この子、かわいいな~。子供楽生たちと出会った時の事を思い出します。
a0094449_7221528.jpg

a0094449_7241746.jpg中には数学に関する話も・・・。孔子って論語だけじゃないの?なんて言えないですね~。まあ、東アジアの文化にだって天文や算術文化はあるのはわかってましたケド、八卦だって数学的な発想が必要だけど・・。論語といえば文系って感じだし(むにゃむにゃ)


そしてお向かいの保安宮へ。
ここでもお線香をもってまわります。
a0094449_1755010.jpg

10本持ってみんなの真似をして頭をさげながら回ります。
a0094449_1774379.jpg

旧暦ではまさに年末状態。だからでしょうか、なんとこの日は煤払いの日だったのでした!彫刻で飾られた扉をブラシで掃除しているのです。
a0094449_17112167.jpg

そういう風景をみながら、本当に旧暦で動いている国なんだなあ~と思いました。
a0094449_17144760.jpg

今回はちょうど1周したときの時間だったのでタイミングを逸したのですが、保全大帝のところでは一日数回、特に祈祷してくれるようなのです。ここをお参りしたときには机の黒い帽子と赤い布を身につけたオジさんがいたのですが、その人が祈祷してました。導師なのかな。

さあ、ホテルに戻らねば・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-22 17:29 | 旅の思い出12旧年中の台北 | Trackback | Comments(0)

ガストアルバイターの歴史

昨日で終わったドイツ文化会館でのドイツ映画特集

金曜夜は家庭の事情で見られませんでしたが、土曜日は行ってきました!

いやいや、忙しい土曜日でした。今週は仕事で大変だったのでゆっくりしたかったのですが、後手後手のため(これはいつものこと)家に企画書作りを持ち帰ってしまい(涙)、かつ、お習字のお稽古日でもあったために・・・。こんなスケジュールに。

朝4時半すぎ起床 お持ち帰り書類を読むためにコーヒーを入れ、読みながら頭をシャッキリさせる(というか、ええええ?そんなこと聞いてない~という文章を見つけてしまったため)。
朝5時ごろ 「あ、バイヤンの試合じゃん!」とHPをみると1-0?
急いでFCB.radioをつけるこの時点でライブティッカーは2-0。
いうか2点目が入れられて、「ばいえるんみゅんへん ぬーる!」とハッキリとは聞こえないものの(なんせアウェーですから)屈辱のコールを聞かされたところから始まる・・・という(号泣)。
試合を聴きながらブログの写真を整理し、upして、朝食を食べて
土曜出勤となった家人におにぎりをつくり、起こして、出勤させ、
土曜締め切りで先方に送らなければならない書類を読み直し、
お持ち帰り企画書をとりあえず仕上げ、
・・・ではや12時!
いつもより少し早めのお習字お稽古のために慌てて家を飛び出し
作品が上手く仕上がらず(月例のお手本には、優秀作品が写真で掲載されるのですが、私と同じ段の方々の作品に時々「私、もう一つ前の段に下げてもらってもう一度ちゃんと・・・」と思いたくなるほどです。前から先生が褒めてくださる自分の作品の良さが今一つわからない私ですが、マジで行き詰ってる感じがします。穂先が落ち着かないというか・・・。もう少し残って書きたかったのに、先生が
「東風さん、お約束があるんでしょう?今日も一つ仕上げたんだからいいじゃない?」と。
私のお習字の先生、実は同窓の大先輩なのですが、遊び心満載な方。お友達3人で国内旅行を楽しまれたり、海外旅行にもおでかけになる、超カッコいい先輩なのです。

そして本日のメインイベント会場へ!

先生のお宅から地下鉄で1駅のドイツ文化会館へ急ぎます。
思ったよりホワイエに人がいて、アセるワタクシ「す、すみませーん、チケットを!」と言おうとしたら・・・私の前にいたのはakberlinさんでした!声が似てるなあ、と思ったらご本人だった。うわー、びっくりした!この手のことがお好きそうな方々をお誘いしようかな、と思っていたのですが、私自身が行けるかわからなかったこともあり、今回はブログにあげてどなたにも連絡をしていなかったのでした。そんななかでの偶然の嬉しいお久しぶりの再会なのに、私ときたら朝5時の顔のまま・・・・

すっぴん!(いや、正確には、お習字の先生のお宅に行くときはうっすら化粧はしていたけれど、雨で落ちた)
めがね!(コンタクトは暖房で乾くので映画を見るまでは読書用メガネにしておいた)
髪の毛は自然乾燥だったのでぐちゃぐちゃ!(朝、気がついたら乾いてた)

ご一緒させていただいてみたのはこちら。
「アルマニアードイツへようこそ!」

100万1人目のトルコ人ガストアルバイターであったフセイン・イルマズとその3代にわたる家族の40年を面白く、可笑しく、涙もさそいながら、そして、現代のトルコ移民をめぐるドイツ、そしてトルコ移民の変化にも温かい風刺(ほんと、イヤミじゃないんです!)も加えながら描く映画でした。

3代目は大学生と小学生。大学生はイギリス人と同棲中でデキちゃった!と大騒動中(でも役者の名前はドイツ系でしたね!)。小学生は「一家の出身は?」と多文化理解授業らしき時に先生から聞かれると「アナトリア」と答え、先生が地図上に旗をつけようとすると・・・・トルコはイスタンブールまでしかない!

休み時間にサッカーをやろう、ドイツvsトルコだ!となっても、トルコ語が話せないからドイツチームへ行け!と言われ・・・
3代目の坊や、「ぼくって何?」というアイデンティティクライシス状態に!
そこを救うのがおじいさんフセインの存在であり、もう一人の孫娘が語る一家の40年の歴史であり。
最後にはメルちゃん(メルケル大統領)まで出てきて(・・・あれ、何かの合成フィルムなんだろうけど)。

トルコ人が考えてきた「ドイツ観」がこれまたうまく描かれてました。もう笑いっぱなし(ぷぷぷ)。

とにかく、どのシーン、一つもムダのない映画でした!
ただ、映画が始まる前に、この映画は日本語字幕がついていて助かる~と私がakberlinさんに話したら「この映画、トルコ語のせりふも出てくると思うけれど、それも日本語だとしたら、見に来ているドイツ人がわからないかも」と鋭い指摘を。ほんとだ!私は自分本位に「以前は字幕は英語、っていうドイツ映画をよく上演してたなあ」と思っていたのですが、さすがakberlinさん。そして、トルコ語のせりふは杞憂していた通り「日本語字幕だけ」でした。ドイツ映画に日本人が親しむにはよい「日本語字幕」ですが、なるほどなるほど・・・。

さて、私が一番ウケたのは・・・件の「ドイツvsトルコ」チームのシーン。子供たちの声が入っているのですが、ドイツチームの子が「ボクはトマス・ミュラーだ!」というんです(字幕には出ません)。

なぬ?!カピテンはうさラムたんじゃん!
チビっこのことを思って早6年のうさラムたん、子供基金までつくるほど子供好きなラムたんの名前はなくて、ミュラーが人気なわけ?!?!
せめてコブタちゃんとか・・・。

とそのせりふを言った子供の頭をはたきたくなりました028.gif
さらに、トルコチームの子たちからは「アルティントップ」という声も聞こえず・・・。
トルコ系の子にとって「エジル」とか「タスキくん」とかっていう選択肢はないのかい~と突っ込みたくなったり。

と、サッカー小ネタに一人反応しちゃったワタクシでしたが、とにかく、面白かったです!DVDになったら買いたーい。

そして、結構ドイツ語が解り易くて・・・。字幕を見ないでもわかることが嬉しかったのでした。
と、帰ってから家人に言ったところ「それは、ドイツ人の話すドイツ語映画じゃなかったから、じゃないの?」と痛いところを。ま、語学学校で妙にドイツ語が分かった気がするっていうのと同じ現象かも011.gif

情報収集能力の低いワタクシにいつも「こういう面白いの、好きそうだから」と紹介してくださるブンデスの師匠ともちょっとだけですがお目にかかれたし!師匠なくして今回のakberlinさんとの偶然の再会もないわけで。師匠!ありがとうございました~(って、内緒にしているブログでお礼を言ってどうする、ワタクシ?!)。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-22 11:43 | 映画 | Trackback | Comments(2)

新年だけど旧年中(10)酸辣湯

家人の強い希望で、夜はマッサージに行きました。
夏に台北を観光した知人から「行くならココ」と教えてもらったところがあるのですが、それは世界的チェーンホテルがあるような地区に近いところ。

当然、家人は却下。

ツアーでチラシをもらっていたマッサージ店に行くことにしました。
すぐに迎えに来てくれるとのこと。偶然空いていたのでしょうか。バスはいくつかのホテルを廻り、到着したのがこちら。
a0094449_5102132.jpgバカ殿のお迎えでーす。
台湾といえばこの人なのかもしれませんね

店内はものすごく活気がありました。
a0094449_5592368.jpg

私は2時間のリンパマッサージを、家人は2時間のツボ押しを。バカ殿柄のウェアーに着替えます。二人用の部屋でした。

本当は台湾マッサージらしくゴリゴリとリンパを通過させてもらうべきだったと思うのですが、私はとっても痛がりであり(日本のリンパマッサージも数か月に一度受けるのですが、「お客様~、まだ擦った程度ですよ~」と呆れられるほど012.gif。実はお医者様から首の椎間板ヘルニア予備軍で、あんまり首に外部から力をいれてはいけないと指摘されているので、特に首のところはそれほど痛くなくても「痛い」とか言っちゃったりして。

ホットマスクをして発汗を促します、と紹介文にあったのですが・・・
熱々のホットタオルが背中にドドーン、とか、肩にドドーンとかそういう感じでした。
そしてここは台北。部屋に冷房が。家人ですら「涼しいな」と思ったそうで、さぞかし寒がりの私には苦痛だろうと思ったようです。ええ、私も「冷房は切ってくださーい」とお願いしました。首のホットタオルがとてもよかったので、結局ずっと首にはホットタオルをあててもらいました。首のコリをさすって軽減してくれてスッキリしました。家人はもう少し強く押してもらいたかった様子。男の人のほうがよかったかも。カワイソウなのはマッサージをしてくれた女性のほうですよ、全身のツボにたどり着くまでボボヨーンとした身体に指を深く鎮めなくちゃいけなんですからねー。
私は最後に
「お客さん、大丈夫なのは胃腸だけ」
と言われました。あはは・・・・007.gif

ホテルに戻ると9時ごろ。お腹すいた~。ガイドブックでチェックしてあったお店に行くにはもう疲れちゃったし・・・。家人は「酸辣湯が食べたい」というので、初日に私がお世話になったお店へ。よかったー、開いてた!おばちゃんが覚えていてくれました。で、さっそく日本語のできる息子を呼び出し接客をしてくれました。
a0094449_6047100.jpg

a0094449_611250.jpg

a0094449_621677.jpg

a0094449_624317.jpg

a0094449_631399.jpg

私は豚骨ご飯を、家人は牛肉炒飯を頼み、あとは二人でシェア。ちょうどいい塩梅の量でした。
酸辣湯は家人好みの味だったそうで、実を言うと、今回の台北の食事でNo1だったそうです。豚骨も美味しかった~。水餃子は今日は最初からたれがかかってました。

あー、今日もよく遊びました!
a0094449_662991.jpg

[PR]
by eastwind-335 | 2012-01-20 06:18 | 旅の思い出12旧年中の台北 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る