<   2011年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

国家代表!?

今でこそ日本代表も自分達は国の代表だとはっきり言うようになりましたが、しばらく前までは、A代表にそういう気概を感じることが少なかった私にとって、韓国の「国家代表」という表現を目にすると「うわー、だから日本はサッカーで韓国に勝てないんだわ」と思っていたのでした。

そんな「国家代表」そのまんま、ではなく、「!?」と後ろにつく、そこからして期待させられるタイトルの韓国映画(DVD)を見ました。
日本でも昨秋上映されたのですが、なんせ147分・・・・2時間半ですよ!←プレビューでもそのことが問題になってました。
2時間半もあるので、プレビューではムダなシーンも多いとか言われてましたけど、

なんせ実話がベース!
登場人物がみんなフツーじゃない!
知ってる俳優もいれば初めての俳優もハズレなし!


プラハの恋人では大統領の愛娘の運転手だった彼は、アメリカ国籍を持ちアメリカジュニア代表であったけれど韓国に戻り自分を養子に出した母を探す主将になって
コヒプリでバリスタ見習いをしていた彼は、高校時代に薬を服用したためにアルペンスキーでのメダル剥奪、いまは更生中の選手になって
パスタでイタリア組の小間使い状態だった彼は焼肉レストランのお坊ちゃん選手になり
マイ・スウィート・ソウルに出ていた優しい部長はお坊ちゃん選手のお父さんになって、家業を継がない息子に対してゴルフのクラブでお尻ペンペンと・・・。
ソル薬局の息子たちに出ていたテレビ局報道部長さんはオリンピック組織委員長に!この人は本当に社長、とか部長とか委員長とか「長」しかもある組織の、がとっても似合うなあ~。

知っている俳優だけでも面白い。
知らない俳優だって面白い。

a0094449_23401756.jpg


日本と違って韓国ではスキージャンプはまだまだマイナーな種目で、オリンピック種目ながら国家代表がいない種目だった。そんな状況で国家代表に選ばれ(といっても最初から4名)、まったく何もないところから(ジャンプ台すら建設予定中)はじめていくことに。いつまでたっても建設が進まないジャンプ台の完成を待ちながら、ランニングをし、車の上に立ってスピード感を養い、閉園となり廃れた遊園地のウォーターマシーンをジャンプ台に見立て、背中をやけどしながらトレーニングしていく彼ら。
オリンピック出場をかけたワールドカップではすでに出場が決まっているアメリカチームとのいざこざから、出場停止の憂い目に遭い、しかし悪天候に救われて、いよいよオリンピックに出場だ!!!とチームが盛り上がったその時、次期冬季オリンピックはソルトレイクシティに決まり、誘致合戦に負けてしまった韓国では・・・・。

ま、半分は(これまた私がとても好きだった、映画館で一人大笑いをしていた)「クールランニング」に近い内容なのですが、いやいや、国家代表が背負うものが非常に大きな韓国ならではの視点から、ユーモア満載に描いているスポーツ映画。笑って笑って笑って、そう、そうなのよ!を連発しているうちに、うわーん2時間半なんてあっという間。

主人公をアメリカ人の養子になっていた、と設定したために、いわゆるコーチと選手の間の上下関係はなく最初は描かれていたのですが、いよいよ長野オリンピックを前に主人公は韓国的な行動をとります。ドイツ語も人間関係を表す独特な表現がありますが、韓国語もそうなんですよねえ~。そういう小さなコト(ぐらいしか韓国語もわからないけれど)に妙に反応してしまう私でした。

そして、闘い済んで、日は暮れて。
最後は感動のエピソードが加わり、そして今の韓国の国家代表状況を・・・。
いまも同じメンバー・・・って?それだけ韓国ではまだまだジャンプ競技はマイナーな種目なのです。
でもそんなことよりも、10年近く同じメンバーというのは日本だってあったわけだし、サッカーと一緒で「若けりゃいい」ってもんじゃない、と思いながらタイトルロールへ・・・。

見終って思いました。
どうして私って他の人みたいに「この俳優さん、ステキ」と目を♡にしてしまうような情緒あふれる恋愛映画には関心がもてなくて、こういうコメディーばっかり気になってしまうんだろう・・・って。それもスポ根じゃなくてスポコメ。
でも、いいな、スポーツって。
サントラもよかったなー。家人はトッド・ランドレンの影響大きすぎとか言ってたけど。そうかあ、だから私の好きなXTCっぽくてサントラを気に入ったのかしら、私・・・(笑)。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-30 21:51 | DVD | Trackback | Comments(2)

「1年で10年のよう」なるほどね!

ユース時代から評判の選手たちのなかで、大学生になって初めて「代表」という名のチームに呼ばれた彼。
協会が日本が勝てないのは体格が負けているからだと言い訳し、背が高い選手たちばかりがもてはやされていた時、ムダに体力があって90分間走ってもまだまだ走ることができた彼。
オリンピックで自分さえ目立てばよいと思っているような選手たちの中で、地味に、けれど、信頼のおける仕事をきちっとしていた彼。
A代表入りしてからは、「頭が悪い」と自分は大きな大会になったお腹が痛くなるようなエースに言われたら、自分が至らないところはどこかと考えていた彼。
ろくに挨拶もできないA代表の選手のなかで自分から挨拶をして回っていたという彼。

世界水準のサッカー選手なら普通にしていることを普通にしていたナガトモ。

私は反町ピチピチジャパンのだらしな男子の中で一人色黒、お世辞にもカッコいいとは言えない、さらに言えばどう見ても「ちっこい」という容姿ながらも、「ああ、彼がいたら、ひょっとしたら日本代表は変われるかも!」と期待をしたのが彼でした。ムダな体力、しつこいディフェンス、前へ飛び出し後ろへ戻るスピード。子供の時に読んだ「牛若丸と弁慶」の牛若丸はこういう感じだったのではないか、と。
あとはクロスが正確になれば、身体が小さくたってラムたんみたいなDFがいるんだし!と。
世代交代が行われたら絶対日本は次のステージに上がっていける!と。
でも、サッカー雑誌で代表選手を扱う時には、いつも違う選手ばかり取り上げられていた。
思えば、日本ではその頃まだまだラムたんがスゴいDFであると紹介されることはほとんどなかったのでした。

WM10前にだんだんと彼の存在がクローズアップされるようになって、私が職場で「ナガトモが」といっても「誰、それ?」と言われることがなくなってきました。それでも時々「あの選手のどこがいいわけ?」と言ってくる輩がいて、その都度「ナガトモみたいに90分走っても息を切らさない選手をほかに挙げよ!」と言い返していたのでした(笑)。

コパイタリア優勝おめでとう!!!
点数としては辛口がついていたようだけれど、そこはまだまだ精進していくべきところであって、納得できる採点であったのではないでしょうか?
来シーズンも進化する牛若丸に期待です!ラムたんみたいにクロスが正確に決まるようになると、もっといいよね!
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-30 19:18 | 極東のサッカー | Trackback | Comments(0)

残念でした!

昨日、駅でみかけたのがマンUの皆さんが映っているトルコ航空のデカい看板。

早朝のCLファイナルは、諸事情から録画だけ・・・とし、生まれて初めて情報中断をしてみました。いや、運よくYahooのトップニュースに結果が上がって来てなかったので。
結果として、出かける前にトップニュースが入れ替わってしまい、勝敗だけはわかったところでのおでかけ。

用事を速攻ですませて昼ごはんもそこそこに録画したものを見始めました。
イニエスタとルーニーのおでこだけが映ると「あれあれあれ?どっちだっけ?」なーんて思ったり。

この頃見てきたブンデスと違って運動力が豊富なチームだけに目が離せません。

ルーニーの気迫のこもったシュート!
パク・チソンのひつこいほどのディフェンス!
これが最後の試合になってしまうファン・デル・サール!40歳?!?!義妹と同い年には見えない落ち着きです・・・。
そしてポスト00世代のドリームチームといえるバルサ!
やっぱりメッシは短髪のほうがいいね!長い時は何かが憑いてるって感じがして、鋏で3センチぐらいずつジョキジョキとカットしたくなるのだけれど(笑)。この試合でゴールを決めた時も素晴らしかった!ほかの選手が決めた時の嬉しそうな表情を見ていると、どうか、この人にだけはお願いですからバロンドールの呪いが付きまとうことのないように、と願ってしまいます。
プジョルが怪我をしていてスタメンじゃなかったのにはびっくり。そしてそれが可能でマイナスとならないのが今のバルサなんだなーって。マンUだって決して決して決して悪くなかったのに(今シーズンのバイヤンに比べたら、とか但し書きが必要かもしれないけれど)。でもそれを上回るのがバルサだったんだって。

もちろん資金あってのチーム力なのは否定しちゃいけないのだろうけれど、それをチラとも感じさせないところがバルサのすごいところ。幼いバルサ選手から今のトップチームまで愛情のこもった日本語翻訳で紹介をする「バルサesバルサ」。今週の放送が楽しみです。

これが欧州のサッカーなんだ~としみじみして、「さあ、これからお楽しみの表彰式だ!」と楽しみにしていたのです。
試合的には93分で終わった。地デジの売り物である「テレビで番組表が見られる機能」によれば最長6時45分まで、とあったのですから(DVDデッキもその時間まで録画予約しておいてあった)、あんな5時台にどこの幼児が見るのか、と常々疑問に思っていましたという時間帯のアニメ(しかも、はっきりいって、「きかんしゃトー×ス」のパクリ)は当然今週に限ってはお休みでしょう?と思っていましたし、当然当然当然、あの「耳」を持ち上げるプジョルとかメッシとかシャビ・アロンソエルナンデス(コリアンダーさん、ありがとうございます)とかイニエスタとか、とか、とか・・・!!!!

マンUの面々が不満そうに銀メダルをもらったところでおしまいって?!?!
フジのHPには「地上波での放送ありがとう」というヨイショメッセージしか載せてないし。
遠足は「おうちに帰るまでが遠足です」って小学生の時に習わなかったんでしょーか?(別人来臨中)。
CLファイナルっていうのは勝った負けた、つまりボールを蹴っている時間だけじゃなくて、耳を持ち上げるまでなんだってばっ!!!!

やっぱり日本のサッカー偏差値はまだまだ低い
、と思いました。せっかく土曜の夜の放送だったっていうのに・・・。

追記
去年はウチのバイヤン(!)が決勝に出て負けてしまったのですが、「あの時、表彰式って見たっけ?」と疑問がわき過去の自分の記事をチェックしてみました。
あらら、去年のCLの時も表彰式を放映してなかったのね・・・。あの時は「見られなくて良かった」と強がりを言ってますが、でも本質的には表彰式を流さないフジテレビに対して、別人来臨状態でアレコレ書いていたのね・・・。やっぱり5時台に幼児を起こすような健康的な家庭では、朝からアニメ(テレビ)なんか見せないと思うんですよね~。
ま、昨年よりフジテレビのサッカー偏差値が1ぐらい上がったとしたら、チンタオを実況に使わなかったってことぐらいかしら。ええ、ええ、そこは◎をつけてさしあげましょう(東風せんせいより)
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-29 14:46 | サッカー | Trackback | Comments(2)

世界が見てるのに・・・

先週の夜に、家人を通じて昨秋知り合いになったドイツ人とインターネット電話をつかって日本語で(←ココ重要!)でお話をする機会がありました。

地震のことにも話は及びました。

「ワタシたちがドイツ赤十字を通して送ったお金は困った人にちゃんと届いたのでしょうか?」

今週のどこかの週刊誌の見出しがまさに日赤に溜りに貯まっている「義捐金」のことだったなあ、と通勤電車のつり革広告を思い出す私でした。

日本にいれば、日々のニュースから義捐金分配の情報収集を行うこと自体が大変だろうなあと思うのですが、海外ではそんなことはわかりません。
でも、海外からの送金は赤十字がやっぱり一番安心だろうなあと思う。
ということで、実情を知るために日赤のHPを見てみました。
雑誌記事が出たこともあり、日赤では現在どういう活動を行っているか(義捐金分配もはじまっているそうです)がトップページに出ていました。
海外からの救援金は生活家電セット寄贈事業に使われているとのこと。
なんもかんも一緒の義捐金にするのではなく、どこからのお金かによって使途目的をはっきりわけていることに私は好感を持ちました。

さっそく知り合いにも連絡をしておきました。

色々な福祉事業団があるから、日赤ばかりを取り上げるわけにはいかないでしょうけれど、赤十字という世界規模の団体という性格や、ここを通して世界各国から寄付が届く実情を考えると、日赤の取り組みこそACのCMで流してもいいのではないかな、と思うのですけれど・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-28 08:02 | 日常 | Trackback | Comments(2)

新しい部屋割りに?

ラムたんのFacebookに「いまぼくたちは、ばいえりっしゅあるぺんにいます。みじかいおやすみをたのしんでます。金よう日にはだい表のあつまりがあるのでフランクフルトに行きます」とありました。
ブンデスフル出場だったラムたん、ゆっくり休めたかしらん。

すっかり、金曜にフランクフルトに集まって、みんなでCL決勝を見て次のスペイン対策(!)を考えるってこと?なんて思ってしまった私ですが違う違う、ウルグアイとの親善試合があるのでした。

が!!!
コブタちゃんは右足首を
メルテくんは子育て踵痛

今回の欠席届ときたら、1回限りじゃないっていうのがもっと心配。CL予選の1つであるオーストリア戦も欠席だとか????
ちょ、ちょっと・・・・!!!!
替えの効かないところの人たちばかりではないですかっ?!?!
父ちゃん一家始まって以来の大ピーンチなのでは?!?!

a0094449_7114915.jpg


なんて思いながらDFBを覗いたら・・・
ポ王子も練習にいませーん!と?欠席?遅刻?いずれにしてもDFBのサイトを何度読んでも理由は出てこないように思います・・・。土曜にはいるのかしら。日曜は?!

しかし、父ちゃんは「どのポジションも替えがありましゅから、心配してましぇん」とヨユーな口調だったらしく・・・。
メルテくんのところはアルネが入り、いよいよフンメルスもDFラインに入るし・・・。えーっと左SBについては初めまして?な感じがしますが、いざとなったラムたんが左へトコトコ行けばいいんだし・・・。正直言って左サイドが心配な気がするのは、私のラムたんびいきのためなのかしら?

それにしても、5年前は「ドイツには左SBがいない」ということでラムたんが右から左にスイッチして大ブレークだったわけですが、今じゃ「ドイツには右SBがいない」という感じでもあり・・・。要するにラムたんを基準にすると、彼とバランスの取れるだけの選手がいませんってことなんだな~と。
長友と一緒で(ん?)替えが効かないポジションにいるラムたん・・・・。
どうか怪我しませんように・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-28 07:19 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(0)

どこまでいってもインペリアル0-1:行きはよいよい?

昨晩、ネットで秋休みの旅行のチケットを予約。
1週間前まであった最安値の航空券・・・はなくなっていて、3万円弱高くなっていました。

あ”ーーーーー!!!!
お財布の中身と相談の上、7月に予定し予習に余念のなかったソウル旅行は諦めることに・・・(号泣)。ソウルのホテルの手配をしてなくてよかった~(号泣)。

そして最悪なコトには行きのクラスのほうがエコノミーながらランクが良くて、「お荷物30キロまでオッケー」です
と。帰りは20キロですよ。あーん、同じ金額払うんだったら反対だったらよかったのにぃ。
同じ航空会社を利用したことがあるうちの父親はツアーながらチェックインは個人で、というパターンだったのでしっかり追加料金を取られたと、面白おかしく話してくれたことを思い出します・・・。
いよいよ、今回こそ追加料金を覚悟しての旅となりそうです(笑)。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-25 17:31 | 旅の思い出11東西ローマ帝国 | Trackback | Comments(2)

ああ、びっくりした

昨日はお休みをもらって、朝しか上映していない映画を見に行く予定でした。
10時半に始まる映画のために9時半に家を出れば間に合うから・・・と逆算して身支度をして、あとはコンタクトを入れてお出かけ前の歯磨きを・・・と思ったら、出勤前の家人がいつもと違う時間に起きてきた(家人は出勤時間がフツーの勤め人に比べると遅い)。

え?今日提出の書類がまだ終わってないの?

ま、今の時間にあれこれ言ったところでどうにもなりませんので、ワタクシはさっさと家を出ようと洗面所へ向かうと焦げた匂いが。
家人に「パン、焦げているんじゃない?」と尋ねたら「そうみたい・・・」と。

トースターの調子が悪くて、スイッチを入れてもきちんと電熱線が温まってないことがしばしば続いていました。でも、ゆっくりタイマーを廻すとちゃんと稼働していたので使い続けていました。
一度下見にも行ったのですが、その時には置き場のサイズを測り忘れ、また、機能がつきすぎていてその場で買う決心がつかず帰宅。家人から「いつ買うの?」と言われていたのでした。でも、休日の家電量販店へのおでかけはおっくうで・・・。

しばらくすると室内の火災警報器が鳴り始めました。
さんまの煙で鳴ることもあります、と言われていたし、家人がすぐに解除したようなので最初は気にしていなかったのですが、再び鳴り出します。
解除してもまた鳴り出す。
「窓を開けてよね~」と気になって台所へ戻るとなんだか暗いはずの台所が明るいような・・・。

トースターの扉があいていてそこから火が出ていました。パンが焦げただけでなく火がついていた!?
一瞬唖然としたワタクシの横で家人がマッチの火を消すように息を吹きかけているのを見てハっとなりました。
「水かけなくちゃ!」薬缶にいれてある水をパンにかけて消火。
あー、びっくり。

が、家人は窓や玄関を開けたらまたパソコンに向かいだし書類を調えはじめ・・・。
文句を言おうものなら「キミが新しいトースターをあそこで買うのを渋ったからだ」と。いや、たしかにそれはないわけではないけれど、でも、でも・・・?ワタクシも負けじと「あら、私は今朝ちゃんとパンを焼きました!」とケンカ寸前。
おまけに時計をみたら、もう間に合わない時間・・・。
でも、とりあえず行ってみよう、途中からでも入れないこともないだろうし・・・とエレベータへ向かうものの、家人がでかけたら部屋は密閉されてしまい匂いが取れないんだわ・・・・と思うとまた部屋に戻るしかありません(とほ)。

家に戻って良かった。換気扇だけは消さないで、とお願いしてあったけど、出勤前に消そうとしている家人の姿が目に入ったから。
「今日は点けっぱなし!って言ったでしょーがっ(怒)」と目を▲にして家人を追いだし、おついでに午後イチで予約をいれてあった時間までの2時間半、お部屋の片づけ。
あーあ、今週で終わる映画で、かつ朝10時半からしかやっていないのに・・・(号泣)。
でも、私がいなかったらもっと大変なことになっていたのは明らかで、その辺はまあ、よかったかな、と思うことに。

仕方ないので量販店で一番シンプルでこちらの希望をかなえてくれそうなものを買いました。
で、箱から出して設置して気づいたのですが、電源までのラインが短すぎます~!!!!なんじゃこりゃ?1メートルあるかどうかなんて・・・。家人が「延長コードでどうにかなるから」と言いますが、なーに考えてるんじゃ、サンヨーは?!

一夜あけたわけですが、まだなんとなくキャンプ場の匂いが・・・(涙)。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-24 06:02 | 日常 | Trackback | Comments(8)

ヘルビー式ラジオ体操第一

ドイツのヤザワことヘルビー、いよいよ再来週からコンサートツアー開始!


第一弾は、ロストック。
ロストックといえば、4年前のG8指パッチン運動を思い出す私・・・・。あの時、日本でも指パッチンが流行りましたが、その後どうしちゃったんだろう・・・・。
海辺の街ロストックから始めるからか、新しいアルバムの最初のシングルカットはこの曲でした。曲もこれまでの彼の曲とはちょっと違う感じだし、PVはドイツで人気の俳優を使っているし、気合が入ってます!


あー、いいなあー。行きたかったなー。
そんな行けない人たちを楽しませるコンテンツで公式HPはいっぱい。

Pinnwand ライブ会場周辺案内(駅周辺情報等、ファンたちによる情報交換の場)
Tourinfo ツアーに関する情報
Tourtagebuch 文字通りツアー日記

まあ、このあたりまではなるほどね、という感じです。Facebook形式で集うGröony(ヘルビーファン)らしく、地元ファンなどがさっそく「ここが安くておいしいよ」と情報提供しあう文章を読みながら、「なるほど!これっていつの日かのブンデス観戦ガイドブック代わりになるかも・・・」なーんて別の使い方を思いついている私です。間違いなく『地球のすっころび方』には載らないはず・・・。メモメモ・・・。

で、それだけではないのが我らのドイツのヤザワ。もう、以下のコンテンツにはワタクシ大笑い。
Mitsingmaschine 当日ライブで一緒に歌えるための練習用カラオケ。私もいつかその日が来るのに備えて歌詞を暗記しておかなくちゃーと思うのですが、なかなか全部ってわけには・・・。コンサート的にはここさえ押さえておけば、ってことなのでしょうか。
Tourkit 備えあれば憂いなし、備えよ常に・・・というか、用意周到なドイツ人気質がばっちり出ているのがこのコンテンツ・・・。
コンサート当日を乗り切るための食事計画まで出てますよ!
「コンサートは朝から始まってます!(超脳内勝手訳)」。うちのおかーさんみたいなこと言ってる・・(汗)。

色とりどりの朝食は気分もよくなりますし、満足できます!ということで・・・ヘルビーご推奨の朝食をご紹介
Los gehts mit bunten farben zum frühstück. Die machen gute Laune und richtig satt:
4-Korn Müsli mit frischen Himbeeren, Blaubeeren, Birnen, Äpfeln und Erdbeeren auf Vanille-Hüttenkäse. das macht satt & glücklich. Die komplexen Kohlenhydrate sorgen für einen langsamen Anstieg des Blutzuckerspiegels, die Ballaststoffe im Obst für Sättigung und das Eiweiß ist Make-Up von innen (bei weiblichen Fans) und Muskelaufbaugarant (bei den Herren).
4種類の穀物ミューズリーに新鮮なラズベリー、ブルーベリー、洋ナシ、リンゴ、イチゴとバニラクリームチーズ(Hüttenっていうのは良く練ってある、見たいな感じでしょうかね?想像するにメレンゲ状のクリームチーズかな、と)は気持ちが満たされて幸福な気分になれます。複合的な炭水化物の摂取は血糖値をゆっくりと挙げていき、果物に含まれる繊維質と卵の白身は女子にとってはメークアップに、男子にとっては筋肉モリモリにつながります。

そんな朝からウキウキした気持ちになる朝食を食べたら、ほら、もうお昼!
Mittags eine große Portion Kamut-Pasta mit Tomatensugo und Salbei-Butter.
昼食はトマトのsugo(?!)とセージバター味のKamutパスタ(?)の大盛りを・・・。
Kamutパスタとは何ぞや?!と調べたところ、Kamutとは小麦の一種だそうです。それも古代麦といわれるものらしく、いまドイツのオーガニックな人たちの間で注目なのかもしれませんね。で、sugoっていうのはソースらしいです。作り方レシピはこちら・・・。

つまり、トマトソースにセージバターがちりばめてある古代麦パスタをモリモリ食べよう!ということですね。
サッカー選手みたい・・・(そこかい)。
そうこうしているうちに夜ご飯。これはライブがあるのですから早晩御飯となりますね。
Abends (früh essen!) gibt es dann ein Thunfischsteak im Sesammantel auf knackigen Algen mit Cranberries. sie sind reich an Proteinen, Ballaststoffen, ungesättigten Fettsäuren der Omega-Familie, Vitaminen und Mineralien. Leicht & fit, der perfekte Starter für die Show.
出たっ!ツナステーキ!表面はゴマをまぶして、ポキポキ折った海草・・・・って海苔のことかしら(>ヨード積極摂取中?)にクランベリーを添えたもの。これこそプロテイン、食物繊維、不飽和脂肪酸、オメガ一家(オメガ脂肪酸の事だと思う)、ビタミン、ミネラルでいっぱいです!軽くて胃にもやさしい、まさにコンサートのスタートに完璧なメニューです!
ドイツ代表チームのシェフだったらここでミリンで味付けなのでしょうけれど(笑)、ま、ヘルビーの場合はクランベリーね・・・。
ふーむ。お弁当にも応用できそうな感じが・・・・。

さ、ここまでは遠足出発前の準備です。
備えよ常に(ボーイスカウトの合言葉)はここから始まります。
a0094449_759629.jpg

じゃーん、父ちゃんにはニベア一式バッグが必要なように、ドイツのヤザワのコンサートに行くための必需品はこんな感じでーす。
はい、ひとつひとつ確認しながらリュックに詰めましょうね・・・・。
Traubenzucker(ブドウ糖)
Das nötige Kleingeld(必要な小銭)
Kaugummi(チューインガム)
Regenjacke(雨合羽)
Pflaster(ばんそうこう)
CD-Booklet(CDブックレット)
Schreibstift(文房具)
Kopfschmerztabletten(頭痛薬)
Taschentücher(ハンドタオル)
Earplugs(耳栓)
Feuerzeug(ライター)
Handy(ケータイ)
Müsliriegel(日本でいえばカロリーメート)
Sonnencreme(日焼け止め)
Gummibärchen (手っ取り早く言えば、ハリボー。ドイツ版都こんぶと名付けたくなります←味は違うケドね)

これって巡礼の道セットと一緒じゃないの・・・・?!え?ヘルビーのライブって命がけなのかしら(笑)。
私だったらチューインガムを外してリップクリームも入れておくけどね。頭痛薬(アスピリン)を持ち歩くというのはドイツ人っぽいイメージが・・・。実はアスピリンの代わりに頭痛薬も入っている風邪薬、とか、ハリボーのかわりにのど飴という違いこそあれ、私の避難用リュックも似たような構成になっていましたが、ライターは入ってません。いれといたほうがいいのかな?

そしてこれ以上に私が大うけしたのが・・・ヘルビー版ラジオ体操ともいうべき
Tour Workout 
これはyoutubeにupされていませんので、どうぞコチラからご覧いただければ・・・。ビデオ画面はスクロールしないと出てこないかな。So wie ich(僕みたいに)と、まさにこの運動にぴったりな呼びかけなのかも。
ラジオ体操も真面目にやると筋肉痛をもたらすほどのかなりの運動量があるのですが、このワークアウトもなかなかのもの。身体の線がピシーっとしている人には似合わないワークアウト。
うーん、うーん、彼らを見てると何かを思い出す・・・・と考えること数分。わかった!ウチの(!)ベルニーだ!バイヤンのマスコットベルニーの動きだわ~(笑)。
これをあの全身がユルユルなヘルビーもスタジアムでやったら・・・大笑いしちゃいそう・・・。ああ、もうだめ、この曲を通勤途中で聴いたら踊っちゃいそう・・・。

いいなー、こんなコンサート、私も行ってみたかった!でも、スタジアムでのライブが多いヘルビーにとっては、会場確保はサッカーがオフシーズンの6月、7月だもんねー。あーあ、残念。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-22 10:14 | Musik | Trackback | Comments(0)

上に下に

今日は久しぶりに伊東屋を縦断(!)。

あ、そうだ・・・と地下へ降りてみました。3周しても全部の商品を見た気がしない。それぐらい、商品がたくさんあるのですが、いかんせんお店が狭く、目の高さを自分で上げ下げしなくては宝さがしはできません。

自分の視野に一度に入ってこないものに気づくためには?しゃがむか背伸びするしかありません。変な客と思われたかも。いや、実際に顔を挙げたらこちらをジーっと見下ろしていた親子連れがいました(汗)。

しゃがんだら見つかった宝ものを持って立ち上がったら、以前Muenchenに行った時にhimekaguraさんに頼まれて寄った文具店Semikolon;の商品がありました。さすが、文具の王様伊東屋、とそのアンテナにびっくりな反面、うーん・・・。
ドイツの商品である、と説明もついてましたが・・・、えー?その割にはアイテム数はこれだけ?そして、そのお値段にやっぱり日本まではるばる来ると異常なほど付加価値があがるんだな~と。

さらに寄った本屋ではズラーっと並ぶ国内・国外のガイドブックを当てもなく手に取ってはいつの情報なのかな~とチェック。買う時期を見誤ると、出発前に最新版が出ることって結構あるので、私はその土地に行く行かないを別に、ガイドブックを見たらまずはいつの情報かが気になります。
へえ、こんな都市でも専門のガイドブックがあるんだ~と感心したり、あらら、これだけ有名な都市でもどっかの都市と一緒で1冊になるんだ~とか、出したり戻したり・・・。女性向けの小型のガイドブックがたくさんでていて、それを前に夏の計画を話している人たちの声がとってもウキウキしていて、ガイドブック売り場って他の売り場と違う何かがあるとしみじみ思った土曜の午後でした。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-21 21:21 | 日常 | Trackback | Comments(1)

めをぱちくり

昨晩はタイ料理を食べるはずだったのに、自宅最寄駅にある支店が本店に吸収されていて、電車に乗って移動したのにそこは満席で(水曜と金曜は予約なしは難しいとのこと)、昼間しか行ったことのない韓国料理へ行き撃沈し(韓国でポッサムって言ったら、包む葉っぱも込みになってるのに・・・お店の人に言っても「別料金です」と言われてしまい、店員は韓国人ではないな、と確信)、いつもだったらタクシーに乗って帰るのに、二人とも何を思ったか30分ほど歩いて帰宅、という長い長い夕ご飯となりました。

帰宅してパソコンを覗くと・・・
あららー、フリンクサーが今季でブレーメンを退団?え?なんでー?フリンクサーが?とびっくり。
チームの財政状態が一因なんて・・・。あり得ない・・・・あっちゃいけないのに・・・・。

さらに、きゅん子さんのキャプチャ(いまはクラブtvでも見られますが)により、オットル君は遠足の時にはキャプテンだった、ってことでますますびっくり。
いや、オットル君がキャプテンっていうのは初めてではないんですよー、実は。2009年8月のゲルリッツとの練習試合ではカピテンだったんですよー!!!(笑)。おっとりしていて実は裏番系?試合もおっとり展開だったようでどうにか勝ちました、ってみたいです。次の親善試合はレギュラーがほとんど出ましたので、バカ勝ち。そこにオットルくんの名前はなく、キャプテン試合でもって「ばいばーい」だったのかな・・・と思っていたら・・・。

ゼニトとの試合のためにロシアの試合に連れて行ってもらっていた!だって、連れていけないのはコブタちゃん(つま先怪我)、ブレーノ(手術)、クラフト(親不知)のみ・・・って。

行先不明の状況なのに、こんなにおっとりしていていいの、オットルくん?と目をぱちくり。ラムたんは移動のときに嬉しいだろうけれど、就活しなくていいのかしらん、オットルくん。同じポジションのフリンクサーも就活中なんだけど・・・。おっとりしすぎで、猛獣系フリンクサーに職場を奪われませんように・・・・。

しかも、ブイテン兄の負傷により38分から交代出場までしちゃったオットルくん。
ゼニト戦は、バイヤン公式によると「あの」プーチンが熱望していたらしいし(怖)、シーズンフィナーレだし、2008年のUEFAカップ準決勝の借りを返さなくちゃいけないし、でバイヤン的には負けられない一戦。多分、オットルくんは連れて行ってもらっただけなんでしょうに・・・。

試合最後まで出てるし。

こうやって、穴をきちんと埋めることができる選手だったんだ、とオットルくんがいた意義を一人しみじみ・・・。
あれ?ちゃんと守備はしてたんですよね?(←まだビデオはみてません)。

追記!!!(21時42分)
やっぱりミュンヘンっ子のことはAZに訊け!だわ~。
ほほほ・・・こんな写真をupしてくれるなんて、ブンダーシェーン!
a0094449_21381083.jpg

新聞を見ていたら、なんだか「やっぱりオットルくんは残ることになりました」なんて記事が出そうな気がしてきた・・・。
そんなおっとりオットルくんの行先がわかるまで、毎朝晩AZ見ることになりそうです・・・。

さて、本日よりバイヤンの皆様は夏休み・・・まあ、WM10からもうすぐ1年になろうとするのか、と月日の流れの速さに唖然としてしまいました・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-05-19 06:02 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る