<   2011年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

とりあえずはカピテンなのだ!

4月になって衝撃が!
まだ野球が始まる前だったような。バイヤンの試合を食事時に放映していた時だったから。コイントスをするときだったか、とにかくラムたんが大きく映った時「ほら、キミのラームだよ」と言ったのです!

家人にだけはバレないように(ん?)テレビの前では平等に応援していたのに。

私がラムたんを応援していることが家人にバレた一番の理由は、ダメダメ試合が続く今シーズン、六辺、もとい、ロッベン、その他の「上手な人たち」へのコメントが辛辣なのに、ラムたんの時は「ああ、可哀想に」とか「カピテン、がんばれー」と温かく応援しているからだとのこと。
プレーも私好みだろうと思えるそうです。
さらに、ラムたんとオットル君を応援するのは、私らしいとのことです(笑)。
じゃ、誰だったら私らしくないのでしょうか。いつか聞いてみたいところです。

そのラムたんに、今度は手じゃなくて口を出したのが、件の六辺ロッベン。
もうコリアンダーさんやきゅん子さんが取り上げていますが、それぞれご贔屓筋からの紹介。

ってことで、私も久しぶりにラムたん寄りでこの記事を読んでみよう・・・と。だって、今日はパジャマで一日ダラダラですもん(・・・・いや、朝から家人宛の宅急便が来て、起きない家人にかわりワタクシは着替えて受け取りましたので、もうパジャマじゃありません)。久しぶりにドイツ語にがっつり浸かるにはよい土曜の朝です。

a0094449_9501354.jpg


カピテンはつらいよ(すみません、別人来臨中です)
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-30 09:34 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

フランクフルト戦はなかったことに・・・

がががーん

またもやってしまいました。録画失敗・・・

というか、今回はもっと哀しい。昨日の起床早々に「えー、違う番組を録画しちゃってる~」と涙目になった私。土曜の早朝が試合だと思ったのにな~、と書きましたが、あれはあながち思い違いではなかったことがわかりました。
昨日も10時前に就寝。いつも1時過ぎに一度目覚めるのですが、今日は出勤しなくてもいいんだわ(だって土曜ですから)と身体が意識したのか、目覚めたら朝6時前。
うーん・・・何か面白いテレビやってないかな~(←相当のテレビっ子)とリモコンを持とうとしたら・・・・ケーブル会社から借りているチューナー(ここを通して番組選択をする)がついている。え?番組だけ指定するって?もう今年は韓国語の講座は録画してないのに・・・(←昨年1年間はだらだらとハングルに取り組んでました)、とテレビのスイッチをいれると

そこはデジャブー
魔さかの51分

はい、フランクフルトがグズグスダフォをかわしゴールするあたりでしたよ・・・・ orz・・・

正直もうしあげて、ワタクシ、「ああ、昨日録画失敗したっておもったのは、あれ、夢だったのかな」と思いました。
で、DVDデッキをみたらスイッチ入ってないし。

えー?えー!えー?!一体なにが起きたというのでしょう・・・(号泣)
よほどフランクフルト戦には縁がなかったんだわ~と思いながらパソコンを立ち上げ、きゅん子さんのコメントを読みました・・・。きゅん子さんがご親切にも今朝の放送を・・・。

はい、いま、やってます・・・。1点失点したところですぅ~(号泣)。

なんか、すごく疲れてるかも、ワタクシ。
なんでこんなことになったのか、自分で説明できないんですもん・・・。
想像するに、まずは番組表でどっちで録画しようか考えたんだろうと思う。で、金曜の朝は仕事もあるし~と頭の中では土曜に録画しようとおもって土曜の番組を予約したのだろうと思うのです。けれど、DVDデッキのほうの録画はなぜか(たぶん、土曜に別の面白い番組がみつかるといけないから、じゃないかな?)金曜早朝の時間帯を入力してしまったのね・・・。

ああ、ケーブルテレビで録画する哀しさよ・・・。

昨日、母とちょっと電話で話した時、話の流れから母が「ママ、もうすぐ70歳(←実際には来年で、なんですけど、突然「数え」になってる)じゃない?だから仕方ないけれど、これまでしたことのない失敗ばっかりで落ち込んじゃう。でもほんと、やっぱり70歳は70歳なのよね」と言いだし、「いやいや、まだ40代前半のは私だってうっかりはしちゃうのよ~」とフランクフルト戦録画2連敗の話をしたところでした。
3連敗の話なんかしたら、母、きっと自分のことより、私のこと「まだ若いのに大丈夫かしら」と心配かけそうなので黙っておこっと・・・。

いや、ほんと、夜は使い物になりません・・・・。とほほ。
頭がしっかりしている今のうちに、と先ほどちゃんと、今朝の録画する予定の「クランフォード」と「ハッピー・サンデー」そして「vsシャルケ」チェックしましたよ・・・。大丈夫、大丈夫・・・。

さー、今日はダラダラ一日パジャマですごすぞ~!
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-30 06:21 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

またも失敗

あ~、またもやってしまった・・・。
今日の録画の失敗は、番組予約をしなかったこと。

3時ごろ目が覚め、ふとテレビを見ると録画状態に。でも、普通は録画の時にはケーブルテレビで借りた箱(チューナー)も起動しているはずなのに・・・・。
え~、ガオラHDで、時間も確認したのに・・・。その時番組予約を忘れてしまった様子。
しかも、私自身が再放送をを土曜早朝と勘違いしていたのでした。

無意識のうちに、この試合はなかったことにしたい、と思っていたのかもしれません。

そうそう、起き出した家人が父ちゃんが映った時に異常な反応をしており、
さらに「で、今日のバイヤンのGKはノイヤーじゃないの?」と。

え?ノイヤー?いま、この時期にバイヤンのGK扱いのこのオチは?

単に、サングラス、いかにも私好みの恰好(トラッドというのか、家人に一番遠い服装)の父ちゃんに引っ張られ、代表戦と思った様子(笑)。
そうね、一見すると代表選手ばっかりですもんね、バイヤンは。

夫婦して、フランクフルトのダウム監督をバイヤンの仮カントクと見誤りました。あはは、あはは・・・・。

さあ、出勤の準備、準備。
え?今日は休日でしょ?いーえっ、私にはGWはありません!出勤です!ハッ、休日ダイヤだ。早めに出勤しなくちゃ(汗)。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-29 04:30 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

失敗!

今日は「徹子の部屋」の特番がある、と朝、出勤途中に新聞で知ったので、終業後はすごい勢いで買い物をすませ(家人がでかけるというので夕食はデキアイにすることにしたので)、猛ダッシュで帰宅。
個人的には「マツコ」が出てくるコーナーだけでよかったので、それに間に合い大笑い。

ほんと、50周年までやってもらいたいですわ~(笑)。

さて昨日も10時前に意識がなくなっていました。
その前にバイヤンの試合を予約してあったのですけれど・・・。

予約失敗しました・・・。

その失敗に気づいたのは家人。衛星の国際ニュースを見ていたら、いきなり「これから録画です」と画面に出て真っ黒・・・。寝ていた私は思いっきり起こされ、あわててHDのチャンネルを探すものの、慌てるために手が滑る~。
そして、ようやく目的のチャンネルにたどり着いたら試合開始前。ラムたんがコイントスを終えたあたり。
今朝、録画したのを見もせずに削除。新たに再放送を予約し直しました。
とほほ。

ところで・・・。4月からケーブル会社が「HDに変えまーす」と画質が良くなったのはいいのですが、いわゆるフツーのチャンネルも混在していて、すごく気を付けなくちゃいけないんですよね~。でも、あれはヒドすぎる。
せめてHDの各局、フツーの各局と番組表をわけてくれたらいいのにな~。
だって、地デジの特徴の一つはテレビの番組表なんでしょー?
それにHDになったからってそんなに画面がキレイになったのか、よくわからない。どうなんだろう。あ、そうか、CSIをヲウヲウとAXN HDで見比べたらいいのか!いや、起きていられない・・・。

なので、試合を見ていないのでアレコレいうこともないのですが、引き分けという結果、コリアンダーさんのところで「あのゴメス」がチームメートを怒鳴ってたとか読むに、ラムたん、カピテン大変だろうな~。すごい人生経験を積まされているよね。自分が27歳あたりに何をしていたかを考えると、ラムたんの今の立場は・・・・。がんばれーがんばれー!

今度の土曜日(日本じゃ日曜ですね)は生中継があるというので、「1泊2日」で大笑いした後、すぐにバイヤンvsシャルケ戦へと録画の綱渡り・・・。ゲゲゲ、アンチバイヤンなカザマさんと、実況は絶叫し、その流れでムダに解説するチンタオのコンビ・・・。
ひょっとしたら、バイヤンの敵はシャルケではなくチンタオなのでは???
ワタクシは起きていられるのでしょうか・・・。幸い、今週の土曜日は予定を入れなかったので、昼寝ができそうだけれど・・・。

「GWは祝日なし」なので(とほ)、毎日出勤。この疲れをいつ解消できるのか、すごく心配です(涙)。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-27 19:55 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(0)

あれこれあれこれ

寝ても寝足りない毎日。

目覚めてネットをつないで朝からびっくり!
a0094449_21181944.jpg

と、父ちゃん!セーターをエプロンにしちゃいけないでしょーがっ!
これって何気なく着てるけれど、例の勝利の青セーター?
(ちなみに、コレは昨日、今日の写真じゃないようです)

a0094449_21192750.jpg

ヘルビーの「ゲッツ」(あれ、死語?)
コンサートを前にドイツのヤザワはあちこちのメディアに登場してるそうな。
そして、戦争反対と言わないで反戦ソングを歌っているとか?

a0094449_2120151.jpg

1泊2日に視聴者ご招待、という広告(だそうです)。
1歳から100歳まで一人ずつ・・・だって。手前はYB(Young boys)奥はOB(Old boys)。私だったら間違いなく奥を選ぶなあ。
外国からでもいいのかな~(まだ募集中)。すっかり、ワタクシ、毎週土曜の深夜は1泊2日を録画して、日曜早朝からバカ笑い中。オム・テウンのあまりに純情な様子に「芝居にしちゃうますぎる・・・」とファンが聞いたら怒りそうなコトを思ってみたり。いや、純情なんですよね、彼。

そして真打!
a0094449_21521371.jpg

え?手前の男子じゃないですよ、後ろのハンサムさんですよー。日本語で「わたしはアナタのファンです」と言えるメツですよ~。
ボヤけていてもカッコいい~!メツかっこいい~!と夕食も作らずメツ礼賛。手前邪魔、ジャマ、ジャマすぎる~。ピントは奥に合わせろ~とめちゃくちゃ言いながらウットリした顔をして見ていたら、家人が「ダメだな、やっぱり髭ナシじゃ調子悪そうだ。」と(笑)。
家人にとってはメツ=代表選手で、いつも見る彼の顔は髭面で、クラブに所属している選手・・・とはなかなか思えないらしい・・・(笑)。

うーん、それとも、髭があると優勝できないといって、剃らされている?
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-26 21:21 | 日常 | Trackback | Comments(2)

3日ののちによみがえり

ビーズのイースターエッグは家人からのこの3月の出張土産
a0094449_2085778.jpg

松屋でみつけたパンダあんぱんとパンダクリームパン。
a0094449_2092453.jpg


東京では気持ちの良いイースターサンデーとなりました。
さてさて、フランクフルトではバイヤンは引き分け・・・。

うーん、勝てないものですね~。
バカ勝ちしたら次が続かないっていうのは、今年のバイヤンの特徴ですよね~。
イースターだから、ちょっと期待しながら就寝した(だって、土曜も出勤だったんですもん!)私。天気のよいイースターサンデーに感謝しながら起床して、PCを立ち上げて「あーあ」と。

これって、残り試合が少ないのにワタクシが聴戦しなかった、その罰ゲームでしょうか・・・。

ま、試合ってもんは勝つか負けるか引き分けしかないんだし。
もう一つの「あーあ」っていうのは、オットルくんはベンチから腰を浮かせることがなかったってことでした。

最近、『ガリバー旅行記』を読み直しています。
思えば、子供時代に子供向けの本で読んだだけ。映画もはじまるからか、新訳の文庫本(角川)が平積みされていたので買いました。
表紙をじーっと見ていて気づいたのですが、英語だと複数形Gulliver's Travelsなのね。確かにいくつもの旅行記になっているわけだし。原題はさらに興味深く"Travels into Several Remote Nations of the World, in Four Parts. By Lemuel Gulliver, First a Surgeon, and then a Captain of several Ships"なのだそう。そう、最初は船医だったんですよね・・・。どくとるマンボウにつながるわけか・・・(←いや、自分の中で、ですけれど)。

子供のころは、単に「世界の文学」の一冊だったけれど、本当は色々な含みのある本であるわけで、本当はオトナじゃないと理解できないことばかり。今だからわかる、面白く思うところがたくさん。この旅行記に関する本も結構あることを知りました。
そして、世間じゃそんなこと当たり前に知られていることなのかもしれないけれど、へえ、ラピュタって、ヤフーって・・・と、どっかで聞いたことのある(爆)ことのオリジンがここにあると知り、「へえ?」「へえ!」「へえ~(汗)」といいながら読んでいます。
この調子では『ロビンソン・クルーソー』も読み直しが必要かな~。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-24 07:31 | 日常 | Trackback | Comments(0)

昼に食べる

この時期仕方がないのですが、夜7時に帰宅すると、ご飯を作りたくなくなります。
ぐったり疲れてしまうからです。
玄関の外では入っているスイッチは、本当に音を立てて切れる感じです。
つまり夜7時に残業している時はまだスイッチが入っているのでバリバリ仕事をしているのですが、帰宅すると「もう、ものを考えたくなーい」ということになるわけです。
むむむ、スイッチは家の玄関の外というよりも、職場の通用門で入ったり切れたりしているのか(汗)。
一番つらいのは、定時にあがり、寄り道中に7時になった時。つまり、どこかの本屋とか最近は洋服屋さんなわけですが(まだ平服用のブラウスが見つからない)、窓ガラスに映る私の顔・・・・。自分が見ても「疲れてマス」です。かなりコワいものが(汗)。

そんなわけで夕食は、お粗末なものばかり。昨日なんて、生めんのスパゲッティーに市販のソースをかけて出しました。一応サラダぐらいはササっと作りますけど、これじゃ、大学時代の同級生がホームステイしたイギリスやアメリカのご家庭みたいじゃないの~と思ったり。

どうしても「お昼」が大切になります。
a0094449_8581383.jpg

a0094449_8582693.jpg


が、しっかりとお弁当を作っているものの、常備菜を詰めているだけなので、おかず自体はさほど変化なく使いまわしてます。この写真はたまたま、重なりが少ないけれど、一つ前の記事に上げたジップロックケースのは、ハッキリ言って・・・。ま、いいのですけれど。食べるのはワタクシだし。

もう桜の季節が終わったので、次のお弁当包みを考えなくては・・・。
4月にフル活用したお弁当包みを扱っているお店に寄ったら、今は品切れとのこと。いくつか支店があるので早く次のを見つけなくちゃ、と思っていますが、GWも仕事なので(とほ)、お店に行く時間見つかるかな~。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-23 07:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)

あなたのバス

仕事が忙しく、夜はバタンQ、朝はアップアップな毎日です。
就業時間8時間をミッチリ働いているという感じ。トイレに1度しか行けなかった、という日もありました(とほほ)。
けれど、その分、定時に上がるようがんばってマス。昨日は本屋さんへ寄れました。8階建ての本屋へは、いつもは欲しい本があってその階へ向かうのですが、昨日は、このところ縁がなくて寄ることのなかったガイドブック売り場(地下1階)へ。
そこでびっくりしたものが!
a0094449_3545283.jpg


うわー、こんなのが年末に出ていたなんて知らなかったわ。
平積みになっていたこの本の帯の「聖地巡礼」という文字にだけ反応した私。父と私とで毎年立てては潰している「聖地巡礼」の計画話がまた持ち上がったからかしら・・・。良く見ると、少佐モノだったのでした!
青池氏のマンガの背景(風景)はその地に行ったことがある人からすると「そう、そう、その通り!」という感じ。それだけでガイドブックみたいなものですが、なるほど、逆転の発想に思わず買ってしまいました。
実在する名所、建物と、青池氏の創造したものとが、良く読むときちんと区別されているのだけれど、一見すると混在しており「あ、次はここへ行ってみたいなあ」(←創造したものなので行けません・・・)と思ってしまう(笑)。
韓国ドラマのロケ地めぐりみたいなもの?
想像するに、いまの日本で韓国ドラマに夢中な世代の半分は多分リアルタイムにこのマンガにゾッコンだったはず・・・。
この本にはそれまでの作品からのカットが満載で、「ラムたん、ほんとにA君みたいになっちゃった」「Zはやっぱりオットルくんにそっくりだわ」と妙にしみじみ思ったり。
オットルくん・・・・契約更新はしてもらえるのかしら・・・。
と、なぜか「エロイカ」のシーンに浸るのではなく、バイヤンの行く末に思いを馳せる車中でした・・・。

さてさて、先日の朝日新聞に、鉄ちゃん教授(←と勝手に命名)原武史さんが、東日本大地震の復興に関連して、在来線をもっと重要視すべきだ、といった内容の記事をよせていました。昨日も新聞の片隅に月末には新青森駅まで復活して、東京から5時間半ぐらいで新青森まで行けると書いてありました。でも、ほんと、貨物輸送能力って「新幹線」にはないもの。このところ、偶然にも原さんの書いた本を読んだところでしたので、ふむふむふむ・・・と。

私が先月出張した市も、いわゆる背骨に当たる処を約3時間で縦貫するバスが一日4往復ぐらいあるのですが、「朝・午後・夕方・夜」みたいな運行スケジュールのため、1本を逃すと・・・みたいなコトになってしまい、普通は自家用車で移動をする市なのです。
集落は街道沿いではなくそこから東西に延びる地方道路の行先である浜辺にあり・・・。高齢化、ある種の過疎化が進み、背骨へと向かうバスはどんどんと廃止されているのです。仕事は限られたところにしかなく・・・。ついつい背骨のことばかり人間気にしてしまいますが、肋骨があってこその身体ですよね。肋骨だって大切だ!

政府では復興のための諮問委員会ができていて、委員や代議士がやたらと「後藤新平」「後藤新平」というのだけれど。
うーん、後藤って、例えば、台湾とくに台北の保健衛生政策とか、関東大震災後の「東京」の復興策とか、要するに「大都会」「首都機能」を作り上げた人であって・・・。と考えると、東北の東北らしさはどこへ?とか、この「復興」のフォーカスはどこへ?とか、被害が酷かった第一次産業で生計をたてていた人たち、平成の大合併で「市」に属することになっちゃったけど、もともとは「市」という行政単位にはそぐわないところで生きていた人たちへの復興のまなざしはあるのだろうか、と思ってみたり。

今朝のZDFでは、「貴方のバス(Dein Bus)」という小さな会社をやっている若者たちがフランクフルトーケルンなどDBも走っている路線と同じところを臨時バスを走らせているそうです。ドイツの法律ではDBの走る都市間の長距離バスは禁止されているそうで、DBは彼らを訴えたそうですが、裁判所が「これは臨時バス」という判決をだしたのだとか。
ある一定の人数が集まれば出るバス(だから「臨時」)なので、利用者には使えるときとそうでない時があるようですが、確かに12ユーロで行けるのが64ユーロ(高いチケットの場合、だと思いますが)もかかってDBに乗るのは、もったいないといえばそうだし、DBでは必ずしも座れるわけじゃないし(座れなかった経験アリ)。
バスの旅も好きな私としては一度乗ってみたいと思っています。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-21 05:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)

パーマの不思議

土曜日に美容院へ行って、半年ぶりぐらいにデジタルパーマをかけたのでした。
今回は良く持ったのよね・・・・・。カットもなんだかんだと月に1度ぐらいは行ったからでしょうか。前のカット日はちょうど大震災の日で、今回の震源地に割と近いところ出身の美容師さんがカットを終え(しかもそのカット中、数日前の地震話をしていた)シャンプー台へ向かおうとしたら、あの地震が起きたのでした。
今回もパーマ液をつけ始めたら1度だけですが大きな揺れがあり、前回のシャンプーボーイ君が「前もカットが終わった時でしたよね」と話しかけてきました。

たまには髪型を変えたい気もするのですが、身支度に時間をかけたくない私にはブローが必要な髪型は不可。さらに、若い子のようなストレートなんていうのは自分の年齢を全否定するような恰好をしないと似合わなさそうなので、その勇気もなく不可。

パーマをかけたての時って、いつもの化粧(あれを化粧と呼んでいいのかは別にして)と同じで出勤すると、なんか「疲れたような」雰囲気に見えるのってどうしてなのかしら。肌が疲れてるのがごまかせない、って感じ。そして、ただでさえ疲れることがわかってる週の直前にパーマをかけたくなるのってどうしてかしら。

でも、そんなこと考えられるのも、東京にいるからであって、自分の好みの基礎化粧品をつかえて、電気だってなんだかんだ言っても好きに使えるからなのだよね、と、車内で広げる新聞に並べられている震災地での様々なエピソードを読みながら、なんとも言えない複雑な気持ちになる私です。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-20 03:47 | 日常 | Trackback | Comments(0)

6回目の日曜日

昨日は地震から6回目の日曜日でした。

両親と横浜で待ち合わせをしてお昼を一緒に食べました。本当は母と二人のつもりだったのが、父も用事があるとかでついてきたのでした。
もう2時近いというのにどこもかしこも待っている人ばかりで、テキトーな中華料理のお店に入り、テキトーな味に3人で「次はナシ」と思いました。サンデー価格なのかな。平日でこれであの値段だったら私だったら暴れちゃうわ(ウソ。残すだけ)。

両親のそれぞれの用事をすませ、お口直しをしようとカフェを探しますが、これまた3時過ぎでどこもかしこも人だらけ。ようやくデパートの上の方でみつけたお店でお茶を飲み、解散。

3人それぞれが区切りの日を迎えた後だったので、その報告などで盛り上がりました。
さらに、いま、私が他のブロガーさんのところで見つけた、私にもできるささやかなボランティアのために準備していることなどを聞いてもらい・・・。

帰り際に「東風ちゃんは仕事があって、健康を守ってくださるお医者さんもいて、家族もいて、帰るお家は2軒もあって(自宅と実家と言いたいらしい)なのだから、将来の仕事への不安なんてユーモアでふっとばしちゃいなさいよ」という意味の(相変わらず変換がおかしくて・・・)メールが両親の名前で届きジーンと。本当だわ。雇止めなんてことは(とりあえず)ないわけだし、ささやかな評価もいただいている仕事もあるわけだし。しかし、私にはユーモアはあるのだろうか・・・。

横浜は久しぶり。
両親を待つ間、あんなに高島屋って一つ一つのお店が狭かったっけ?なんて思いながら、近々必要になりそうな服の下見。
実は、月初めに「平服で」というドレスコードのある会に行くことになり、この2週間、毎日、悩んでます。
父曰く「グレーのスーツ」なので、もう10年ぐらい来ているグレーのスーツを引っ張り出したものの・・・。中のブラウスをどうしようって・・・。
シャツだと「リクルートスーツ」になっちゃうし、滅多に着ないけれどいわゆる「お母様の入学式ルック」みたいなブラウスだとヒラヒラしていて華美になっちゃうのかな?とか。
デパートにも先週寄ったのですけれど、レースがあしらってあるブラウスが多くて「うーん、平服にレースっていいのかしらん」と思ったり。
それよりなにより、私のだらしない体型では胸元のレースは「下着のよう」に見えてしまうのです。お店の人は全否定しますが(笑)、いや、あれじゃスリップの胸元でしょう・・・。
で、余計なものがついていないブラウスを見つけて広げると、今年はやりのユッタリタイプ。
私がこれを着るとムームーみたいになっちゃうのよねえ・・・。あと2週間で体型を改造するか、どっかで作ってもらうか(←いや、1か月ぐらいは必要だわね)。
世の中を歩いているみなさん、ステキな似合う恰好なさっているけど、どこで洋服を見つけるのかしらん・・・。
日頃ドレスコードのないワタクシ(もちろん、上着を着用したり踵のある靴を履くこともありますけれど)、華やかにしていく席にも無縁でしたが、偲ぶ会の平服というドレスコードも初めて。
平服でボウタイのついたブラウスってありなのかしら・・・。
不惑の年を迎えてウン年ですが、惑わないことなんてないよね、と思うこの頃です。
[PR]
by eastwind-335 | 2011-04-18 06:53 | 日常 | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る