<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

一足お先に!

今日のメインイベントは、習字の社中の展覧会でした。
金曜から今日まで、銀座の某画廊をお借りしての展覧会。

もう来年はないかも、と先生に言われていたのに、たいした作品が出来上がらず・・・。
時間がないので短冊にしたのだけれど、お清書用の紙に書いたものは先生からのダメ出しが続き、結局、何の装飾もない紙に書いたものになってしまいました。それは先生がベタボメでだったのですが、正直、地味な作品になっちゃったなーというのが実感。
表装屋さんにお願いする日も、なんとなく心重く・・・。だって、他の方は金箔が舞っていたり美しい色合いの髪だったり・・・。
今日、父が上京し、展覧会に来てくれたのに、私、カメラを置いてきてしまいました(涙)。
ということで、今年は作品お披露目はありませんが、いやあ、表装の力はすばらしい。(以前先生から頂いた)掛け軸が歌の雰囲気にあっていたようで・・・。父も「墨の濃淡があっていいじゃないか」と誉めてくれました。
で、社中の皆さんが口々に「東風さん、来年は7月ですからねー」と。
ナンノコトかと思いきや、やらないかも、だったはずの展覧会、来年は7月初めに。先生、もう予約なさったのだとか。
ひゃー、大変。いつも秋や冬の歌だったので、夏の歌なんて気にも留めなかった。
紙だって夏らしいものを早めに探さなくちゃ。
っていうか、6月前には表装屋さんへ出さなくちゃいけないってことは・・・?!?!月例もあって、あれ?このころは所属団体の昇段試験があるんじゃなかったっけ???!!!?????!!!

なーんて心の中で悲鳴をあげつつ、打ち上げを表参道で。
長年の先生のお弟子さんが多く、聞くと77才だとか80歳だとか、もっと上というお弟子さんもいて(というか主流で)私なんてお子ちゃまもいいところ。色々とお話を伺い、いつか私も皆さんのようにステキな紙や墨で作品を仕上げたいーと思ったのでした。

そして、夜8時前に解散。表参道にお住まいの方が「実はねー」と
明日から表参道のライトアップが公式にオープンらしいのですが、今日はプレでつけているのだと。町会と表参道のお店が協力して、となってもう何年になるでしょうか。事情を知らないと「ああ、キレイね!」で終わりますが、町会にお住まいのみなさんの生活を守りつつ、この地に集う人たちの楽しみもなるべく尊重したい、という話を伺うと、ゴミをその辺に捨てたり騒音を出したりするのは避けたいですよね
a0094449_21365937.jpgこちらはディオール前にて。
チューリップなんですって。

a0094449_2138096.jpg実は街路樹にはベルもついているんですよ!
この柵に腰掛けるとちょうど肩や頭上にベルがくるようになっています。
なんか雰囲気にあう子がいましたよー。

土曜に表参道にある病院へ検査結果(いつも通り良性)を聞きに来たときには、ユニオン教会にもうクリッペがでていてびっくりしたのでした。
a0094449_21393498.jpg

この日は午後から出勤。ということで、表参道で行っているファーマーズマーケットを覗いてみました。こじんまりとしていますが、各店ポリシーがあっていいな、と思いました。
私は今回写真左上のお店でレモンを4個買いました。なんとか今週中にレモンケーキを!と思ってます。
a0094449_21451859.jpg

[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-30 21:45 | 季節モノ | Trackback | Comments(4)

お返事遅くなりました

あー、やっと一区切りついたかな、と昨晩は思ったのですが、今日の休暇をとってプライベートの一区切りをつけることで本当の一区切りかな?明日は家人とバレエ鑑賞ですから、それが終わったら本当にゆっくりできるのかな。

朝、定期的に通院中の病院へ行き、一度帰宅。これから、本日のメインイベントに行くのですが、時間ができたので、コメントをようやく書きました。色々と楽しいコメントを下さったみなさま、ありがとうございました。

昨晩はちょっとムカっとしながら帰宅しているときには「あー、バイヤンの試合を聴戦しながら気分転換しなくちゃ、いや、でも今日も負けたらどうしよう」とか思っていたのに、ムカっときすぎて、ゆでるパスタ(家人は別メニューだったので、ワタクシは忙しい時によくつくるウニクリームパスタを作りました。お湯沸かしている間に顔も洗えるし、ソースはパスタをゆでているときにあーーーーっと言う間にできちゃうし、生クリームと粒うにがあればいいんだから楽勝楽勝)の量を間違えてしまい1.5人前みたいに。ソースはいずれにせよ、生クリーム100CCを使い切らなくちゃいけないから、足りないってことはないのだけれど。昨日はミニトマトも入れて、それからきのこ類もどっちゃりいれて・・・。
と食べて満足してそのまま寝てしまったのでした(とほほ)。

朝、コリアンダーさんのところで試合結果を見て「あ、昨日!そうだ!あ”~」と悲痛な声。でも、いいんだもん、ガオラさんの放送はまだだもん、と妙な慰めをしつつも、あー、ラジオ聞きたかったな。中継アナさん嬉しかっただろうな。と思っている次第です。

では、これからメインイベントへ行ってきまーす!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-30 12:51 | 日常 | Trackback | Comments(2)

4253人のひとり

あー、良く寝た!

今日は午後からなので少しゆっくりしています。
バイヤンでは無事に株主総会が終わった模様?少なくとも、公式ではそんな感じですが。今晩、まとめてドイツ語関係記事を読むことにして、まずは文字通りの発表を。

私もバイヤンにコミットしてるんだもん。
いや、去年だって、収入源のほんの、ほんの1部でしたがFCB.tv代とかで貢献しましたけれど、今年はなんていっても、マガジンも虎ママさんのご協力があって無事に入手してるし、なんといっても、しし丸さんたちのご尽力によって、私も「ファンクラブ会員」ですもん。

えーっと、と電卓をパチパチ。数字上での私のバイヤンでの立ち位置はこうなります。
4253人増えたファンクラブ会員の一人
98増えたファンクラブの一つに参加してる


日曜はさっそくブンデスの試合。ルカトニに対して、いよいよカントクが「公式」でに厳しいコメントを出してしまいましたね。
いや、ルカトニもねー。でもイタリア人だもん、仕方ないよね、言っちゃうかもねと思っている私。
カントクって頭がいいヒトによくありますが、自分の思ったようにしない(自分のレベルについてこられない)ヒトにすごくイラつき、どうして、相手は自分と違うことを言ったりやったりするのかを考えるのも「ムダ」と切り捨てる合理主義者のように見えます。同僚にもこの手のヒトが結構います。専門性はあるかもしれないし、その専門でよりよい身の処し方を絶えず考えているけれど、自分以下レベルの人に冷淡。職場にもいるかも・・・と思いながら記事を読みました。

カントクは自分がボスである、ということを公式の場で言いたかったのだろうと思いますが、そして、それが通じるチームもあるだろうと思いますが、ある種、一国一城の主の気分でいるような人たちの集まりであるバイヤン。なんていうのかな、有能な宰相が必要なのではないか、と思うこのごろです。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-28 08:53 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

お昼ぐらい

うっひゃひゃー、定時にあがれた!
いや、まだ明日も明後日もありますが、一昨日に引き続き昨日も10時半まで職場で自主的残業(昨日も「また、東風さんかね!女の子がいる時間じゃないぞ」と警備のオジちゃんに注意されながら退室。夕飯を食べずに残業だったから、自宅最寄り駅についたらおなかペコペコ!!!
女子だったら「ここで食べたら、太っちゃうぅ~」と自制するのでしょうけれど、私は自省することもなくコンビニでたこ焼きやら即席焼きソバなんか買っちゃって、おまけに甘い菓子パンとかも買っちゃって、帰宅するやいなや、男子みたいにガガガーとお腹に流しいれ、歯を磨いてお布団へ速攻。
身体が水平になるやいなやお休みなさいな体質なので、気付いたら翌朝なのが救い。

そんな「忙しい」最中、今週もお弁当だけは持って行きました。いつもだったらお弁当をもって食堂へ行きますが、今週は声もでないから、誰かに会うのは面倒。ということで、自分のデスクで食べて、仮眠して・・・とすっかりマイペース。
月曜はやっぱり休日出勤だった家人にあわせておにぎり。
火曜以降は、えーっとこんな感じ(水曜は写真を撮り忘れた)。忙しい週になるとわかっていたので、先週の土曜に辛い体調を押してたくさん常備菜を作って冷蔵庫にいれておいたものの、家にいる家人がそんなことを気にせずにじゃんじゃん食べているのに、朝になって気付き、あわてて野菜いれを覗き込む始末・・・。
お米は、母のお友達の息子さんが作っているお米だったり、知り合いから貰った新米だったり・・・。特に母のお友達の息子さんのものは、この方が農業の道を歩み始めたばかりと聞くと、がんばってー!という気持ちがむくむくですし、彼のがんばっている気持ちが伝わってくるようで、ちょっと、自分の中でも熱いものを感じたりして・・・。



a0094449_2081917.jpg火曜日
豚のソース煮(って色があまりついていないのですけれど。常備菜)。この下は一膳分のご飯。
ごぼうと牛肉の甘辛煮(常備菜)
エリンギのトリュフ塩風味
ピーマンの醤油焼き
イカのマリネ(常備菜)
ミニトマト


a0094449_2083633.jpg木曜日
豚のレモンソース焼き(シンプルに塩焼きしてレモンをたっぷり振りかけた)。この下はやっぱり一膳分のご飯
エリンギのトリュフ風味焼き
ミニハンバーグ(常備菜)
ピーマンの出汁醤油和え
小松菜とシイタケのオイスターソース煮
ミニトマト

a0094449_2085613.jpg金曜日
豚のソース煮(火曜と一緒)やっぱりこの下は一膳分のご飯
インゲンの出汁醤油あえ
蒸しカボチャ
カラーピーマンの酢漬け
エリンギのパルメザンチーズ焼き
ミニトマト

プラス、アレルギーのあるお兄さんが間違って買ってはならぬサンドイッチを買ったとかで、「喰えー」と。
だから、お腹一杯。二晩続けて深夜食だったし、今晩は家人がいないので、絶食することにしました。


ちなみに、水曜はタラコ、豚のバター焼き、インゲンのおかか和え、イカのマリネ、蒸しカボチャ、ピーマンのソース炒め、ミニトマト。詰め方はちょっと違いまして、一膳分のご飯(ちょうどこの丸弁当箱の半分ぐらい)の上に3センチぐらいのタラコをどーんと乗せ、その横に上記のオカズをぎゅぎゅぎゅ・・・と。

ぎゅぎゅぎゅ・・・・といえば・・・。
もう1ヶ月ぐらい前でしょうか、街の図書館で、男子ブロガーさんによる弁当の本なるものを見ました。
その時、「うわー、私が作る弁当みたい・・・・」と。オカズに対する考え方とか、常備菜の作り方も似てる・・・。そして、よくよく考えわかったのは、私のお弁当の詰め方は男子弁なのだ、ということ。すっきり、とかあっさりとか、容器を小分けにするとか、なし。一つにぎっしり。
例えばこれが蓋までギッシリとかじゃなかったら、例えばご飯の上におかずを乗せなかったら・・・女子っぽくもなるのかな、と。思えば、ホカ弁に私が過大な憧れを懐いていた時代(だって、海辺の街って田舎だったからそういうお店はなかったし、学校の近くにもなくて・・・)、ホカ弁といえばノリご飯の上に揚げちくわが乗っていた気が。学生時代にアルバイトに行っていた某大学傍で、同じ部屋のお姉さんに誘われて買いに行った日はほんと興奮状態でした。
私のお弁当つくりのポリシーは二つと同じ味付けのものは入れないこと。オカズの数はたくさんにすること。いろんなものを少しずつたくさん、というのが好きなこともありますが、品数を減らしたらますます男子弁になっちゃうから・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-27 20:01 | 日常 | Trackback | Comments(2)

支えあってるかい?!

私は強いからバイヤンをスキになったわけではないので、もう一度ぐらい勝ってくれるといいけれど、他力本願でCLのグループリーグ突破なんてしちゃったら、なんかラムたんのあの叫びがムダになるような気がするし、敗退となったらなったで、来年また頑張ればいいのだから、そのかわりブンデスでは来年も出場できるサッカーをして欲しいと思ってます。
もちろん、勝ちに見放されたチームにとっては、勝つことこそが大切、という状況にあるのはわかりますが、こういうチームにとってはごっつあんです、は問題解決を遅らせる理由になるかも、と思うわけでして・・・。だから、昨シーズン以来の「ど、どうしちゃったのかしら」という「勝てない」体質改善のために、引き分け続きの今の状況があるのだろうと思ってます。

今日はある意味「運命の一日」なわけで、気持ちは「南の星」なのですが、バイヤンラジオで聴戦したりUEFAにお金を払っての視戦がムリな今朝。社会生活が目下の最優先事項である私はライブティッカーによる読戦にてチョコチョコ応援をしています。

ティッカーではラムたんの発言を試合前に引用していました。
Wir muessen als Mannschaft auftreten, jeder muss den Mitspieler unterstuezen, jeder muss fuer den andern arbeiten, wir muessen uns gegenseitig anspornen.
(僕らはチームとして出場しなくちゃならない。誰もが選手(仲間)を支えなくちゃいけないし、誰もが他者のためにがんばらなくちゃいけない。僕らは、お互いに励ましあっていかなくちゃ)

ラムたんの気持ちを酌んで、前線はフランケを大切にしてもらいたいものです・・・・。

記者会見でラムたんが„als wär’s ein Endspiel“と前置きした上で、„Wir müssen aus der Kabine kommen und zeigen, dass wir der FC Bayern sind.“と言っていたそうですが・・・文字上はどうもそう読めないところもあり・・・。不安に思っていたら、ティッカーによれば、後半が始まったバイヤン席からは「Steht auf! Wenn ihr Bayern seid」(おめーら、バイヤンだったら立ち上がれよ!)」という応援が出ている様子。あらあら・・・。

と思いきや・・・うわーオリッチ決めたーーーー!!!!!(って、書きつつ、いま、頭の中に出てきている顔がロッベンでして、オリッチってどんな顔だったっけ・・・?という状況。汗)。

うわー、ティッカーでは「ボルドーが先制してるし、ひょっとしたら、この先へもいけちゃうかもねー」ですって。嬉しくもあり、えーっとそれでいいのか?問題先送りじゃないの?と思っている自分がいたり・・・。
心のどこかで「いつ追いつかれちゃうんだろう」と思ってるし・・・。

あー、この前ゴメスに「だいじょーぶだよ、決めるって」と言ったという末っ子オットルくんがいよいよ登場!!!長らく試合に出ていないオットルくんが70分に投入って・・・。あー、画面がないのがもどかしいけれど、ラムたんを支える気持ちでがんばってー!!!と思いつつも、目は本日の服装をどうしたものか、とテレビの天気予報に目が行っている私・・・。

終了まで10分を切るとドキドキ・・・。
はー、やっと90分になったー!え?あと3分もあるのー???
ゴメスさーん、もう少し決めて欲しいですよー(笑)。

はあ・・・勝っちゃいましたよー。嬉しい半面、なんか、えーっと・・・。いや、ここはファンとしては素直に「勝った」ことを喜ぶことにしたいです。ラムたんたちさぞかし嬉しそうな顔していることでしょうねー。でもUEFAは生中継にせよ試合が終わったらブチっと画面を切っちゃうし(笑)、我が家はスカパーが契約できないから日本的なサービス満載の画面も見られないし(涙)。いやいや、頼みの綱FCB.tvがある!ハイライトでは、試合より終了後のほうが長く映ったりして。

もう、ここのところかかりきりの外部の仕事の数字が合わない!とにかく、今週末を乗り切ることを優先にしているので自分の本来の仕事にしわ寄せが!という毎日。でも先送りにしたら後がもっと怖い、と昨日は腹をくくって(家人が夜遊び→ライブへ行くと聞いていたこともあり)、片付けようと終業後も残業。で、夜10時半すぎに見回りに来た馴染みの守衛さんに「女の子がいる時間じゃないよ。もう帰りなさーい!」と諭されて職場を出たのでした。
そんななか、筍母さんのお手を煩わせて、代表新ユニの注文をしている最中。今さっきまでは「ユニ、ちゃんと着られるかなー」「どんな感じかな」「ひょっとしたらラムたんと同じサイズかも?(→さすがにこれは筍母さんに違うと思う、と言われましたが)」ユニを思っては「よーし、今日もがんばろー」でしたが、この勝ち試合に「ああ、今日こそ定時にあがって、家でゆっくりハイライトが見たいー!」と。

応援していたみなさん、お疲れ様でした。何試合ぶりに勝ったんでしょう?!?!複雑ながらもハイタッチしたい気持ちでいっぱいです。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-26 06:53 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

いつか私も

目下、職場でかかわっている仕事のために、終業後、職場のお姉さんといっしょに関係する職場外の方二人にお目にかかることに。一人はお姉さんの昔からのお知り合い。もう一人は私たちは「はじめまして」の方。

私たちの都合による打ち合わせなことと、職場までご足労願うのは申し訳ない・・・という判断で、外でお会いすることに。職場最寄駅で待ち合わせとなりました。
お姉さんは車通勤なので駅まで私も同乗しなさいね、と。打ち合わせに使うお店の下見をしてから待ち合わせ場所に。

頭の回転がよくて、さっぱりしていて、はっきりとおかしいということは言うし、目下のニュース用語を使えば、攻撃的ではない「仕分け人」のような感じ。なるべく物事はシンプルに・・・という発想の度がすぎて時々「ズボラ」なことがあるようですが、そこがまた人間らしい。そして、人とは違う服にも!よほどのことがないとスーツは着ない。何もかもが個性的。私や昔いたアルバイトさん(今も時々職場に臨時で着てくれる)は、彼女の突然垣間見える「女の子」っぽいところにも注目しています。下見の場所から駅までに並ぶ飲食店をみながら「あー、ここ面白そう!」とかフフフーン♪と鼻歌を歌いながらウィンドーショッピングをしている後姿はとってもキュートでした!

お互いのプライベートについてはソコソコ知ってますが、でも、家でどう過ごしている、なんて話はあまりしていなかったので、時間つぶしに入った駅前のショップで、お姉さんがワインを見ながら「この賞をもらっているのって、ハズレがないのよ」とか、ボルドーにはチョコが合う気がする、とか、忙しいなか、洋服はどういうところでどうやって買うか(セレクトショップを一つみつけておくといいわよ)、など伺うと、ああ、お姉さんがいる人ってこういうお話をするのかな~なんて思ったりして。ちなみに、お姉さんもワタクシも弟のいる長子長女。どうも弟さんは私ぐらいの年齢みたい。先生の弟さんうらやましいなー。私なんかダメダメお姉さんなので(弟のほうが何をしてもデキる)、実生活でもお姉さんっぽいところがないのですが、いつか私がお姉さんのような立場になったら、こうやって後輩に接したいと思います。

お姉さんのお知り合いはすぐにわかったのですが、もう一人の方が・・・。実は3人ともがその方にお会いしたことがないとわかり・・・(汗)。改札口に目を凝らし、それらしき(っていうのもヘンな表現ですが)人を探すものの・・・。
ちょうど帰宅時間なので、待ち合わせやお迎えの女性が多い中、私の目に一人の女性の姿が留まりました。手には小さく折りたたんだ新聞(の1部かも?)を持ち、それをじーっと読んでます。
お迎えのお母さんって感じじゃないなあ。
待ち合わせにこういうものを読むって、普通のお母さんじゃないなー。
主婦の待ち合わせとしたら、大抵こういうときに携帯でメールを打ったりするんだろうし・・・。
気分はすっかりゴーレン(アメリカの刑事モノの主役)に。
「お姉さーん、あの方じゃないですか?」

ドンピシャでした。
「東風さんって、いつも関心するんだけれど、人をよく観察してるよねって上の人も誉めてたよ」とあとで言われてちょっと嬉しかったです。

打ち合わせはお姉さんがネットで調べておいてくれた、ホームケーキが売りのカフェで。
紅茶はポットサービスで、たっぷり。手作りケーキ(今度真似してみよう!)も美味しくて、女性4人、世代がそれぞれ異なりますが、色々とお話が弾み(といっても私は頷くばかりでしたが)、打ち合わせもスムーズに。

さあ、あとは週末を無事に乗り越えるだけ!それまでには声が出るようになるといいなー。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-25 06:38 | 日常 | Trackback | Comments(4)

ベルリンのHase

声が出ないために、電話コミュニケーション能力が著しく低くなっていますが、その他の部分は元気なために、お休みする理由もなく連休の出勤を終えました。起きている時間はすべて仕事(ほんと、昼食を二日連続で取り忘れた!両日とも家からおむすびを持ってきたのに、気付いたのは午後3時過ぎ)

職場での仕事のため、というよりも、今週末に迫った「部署のお付き合い団体との仕事」のため、なのですが、この時期、仕方ない。
そんなわけで、部署の雰囲気はノンビリですが、対外的な責任を考えるとする事はキチっとしておかねばなりません。みんなそのために、家庭も顧みず(!)出勤しているのです。

昨日のうちにするべきことが解決され、ホッとしてます。
元締めのお姉さんのテキパキ判断に、いつものことながらホレボレ。カッコいいなー。

さて、体調が悪かった先週以来、仕事のこともあり、あまりテレビを見る時間がなかったのですが、週末には、公共エイセイ放送でやっているベルリンの壁20周年記念ドキュメンタリーの一つ、ベルリンのウサギについてのドキュメンタリーは運よく見られました。いつもだったら寝てるのですが、家でしごとの準備をするために仮眠をして目覚めたらちょうど始まったのでした。

ベルリンの西と東の壁の間で楽しく暮らしていたウサギの話・・・といえば、エスターハージじゃないの!と私がつぶやいたのを家人が聴きとめ、関心をもった様子。
本を貸してあげたかったのに、あああー、あると思った場所にない!?!?
仕事関係の本の下になっているのか、本棚を2重に使っているので、奥にしまったか?
この緩衝地帯のウサギの話とは聞いていましたが、なるほどねーと。
ベルリンのウサギ、本当に大きかったんだなー。旧東ドイツ地域で巨大ウサギを食用に育てている人がいる、とは以前ニュースで見ましたが、それが自然に・・・なんですものねー。ああ、会いたかったー。

また、旅行記に書きたいとは思いますが、実は私の干支では愛情運を支えてくれるのはウサギ年の人らしいのです(ちなみに家人は違う干支)。確かにウサギ年の人に可愛がってもらっているかも?!うちの父もウサギ年だし!そして健康運は午年が支えてくれている、と。そして母は午年。風邪をひいても、欠勤しないですむのは、ウマ年の母が丈夫に私を産み育ててくれたからかも。

そして、このドキュメンタリーはなんだかデジャブーが。
ああ、去年、東京ドイツ文化会館で見たドイツのドキュメンタリー「壁」の1シーンみたい。
同じ人が撮っているのかな?

そんな話をしているうちに、私が本当に残念に思っているフンメル人形の話に・・・。私の頭のなかには、ラムたんを思いださせるようなウサギをだっこする少年の人形があり、次にドイツに行ったら骨董品店を見て廻りたいなーと話しているうちに、家人がPCをカチャカチャ。

アメリカのebayのオークションをチェックしたら、フンメルの出品がいくつもある、と。アメリカ人は結構フンメルが好きなんですよね。私の頭にあった作品もありましたが、家人が「コレ、めずらしいよね」とある作品を指しました。
フンメルというのは、普通、人形なのですが、これはウサギのフィギュア。家人は私の人形コレクションについては、「そんなにいいのかなー」と言いますが、動物好きな家人にもコレはややや!と思うものがあったようです。しかし、それはアメリカからの出品。ニセモノなのかもしれない(失礼!)。でも、家人が試しに入札してみよう・・・と。昨日締め切り前に家人が職場で再度入札額を上げて、なんと落札したと!
家人は速攻で連絡してくれたのですが、いつものことながら、職場を一歩でるまでそのメールに気付かず・・・(笑)。

あとは、無事に太平洋を渡ってきてくれるのを待つだけですが・・・大丈夫かな?
うまくいったら、ラムたん人形(違)もやってみようかなー。でも、私はなるべく現物を見たいタイプなので、ちょっと躊躇しています。

家人は、実は、私のシュタイフのコレクションがクマがメインなのが気に入らないようで、イースターの記事に必ずつける写真のウサギは、実は家人が見つけてくれたもの(しかも大幅値引きになっていた!)。私も家人もシュタイフだけは実物を見てから買いたい(ほんと、ちょっとずつ顔や雰囲気が違うんですよ!)ので、これだけは入札するのは・・・と思っていたのですが、家人の心にひっかかる「ロバ」が登場した模様。

しかし、11月に家人がミニ修学旅行先である「ホーおじさんの町」ではペンギンの布ぐるみを、そして私が先週のサッカー不毛の土地でコブタの布ぐるみを買ってきただけでも置き場所に悩むのに・・・。まあ、ベルリンのウサギみたいに巨大じゃないから、どうにかなるかしら?早ければ、ドタバタが終了する12月初めには手元に届くでしょう。なんかご褒美のようで楽しみです。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-24 08:18 | テレビ | Trackback | Comments(2)

ジャージ物語、むつかしいかも

おもちゃ屋でバイトをしていた時にはそれなりの(その時の)商品知識はあったものの、実際にゲームなるものをしたことはほとんどありません。

新ユニ物語のゲームへの入口はわかりました。
(偶然なのですけれど)
ゲームの内容もわかりました。3度の優勝の時の試合を新たにせよ、なんですね。で、今回のミッションは、巨人ハンガリーを倒せ、なのらしい。
クリックしたりスクロールしてパスをつなげながら選手たちを前へすすませなくてはなりません(多分)。

が、ぐずぐずしているうちにラムたんが巨人に囲まれ・・・
うーん、難しい。
歴史的事実に反して、負けちゃいました・・・・。あはは。

先週以来12月初めまで、休日も含め連続出勤。今日だけは唯一の完全一日フリーday。個人的なお楽しみの時間がほとんどとれないところに、ナントカなのに風邪をひくありさま。熱は7度あるかないか、なのですが、気管支へと手当ての必要な場所が移動しているのを日々覚えます。ああ、ナントカしてステロイド吸引に行きたいなー(遠い目)。
だから、私はこれ以上のこのゲームはできません。どなたか、がんばってクリアーしてください!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-21 06:40 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(4)

ウサギの眼

代理カピテンをどうにか勤め、副キャプテンとしてゼーベナーに戻ってきて、そして、今度はマラソン・・・。
飛んだり走ったり大忙しのラムたん・・・。

といっても実際に走るわけではなく、また、父ちゃんのように「よーい!」というわけでもなく。
チャリティーマラソンに参加なのだとか。ラムたん基金が協賛みたいですね。18:00から出るからねーとありました。電話受付をするんじゃないかな?と想像しています。
日本でもラジオでそう冠しているものがあると記憶していますが、ドイツにも同じようなものがあるんですねー。

この情報は、ラムたんのfacebookで流されたもの。
ホームページにも出てるのかな~とおもって覗いてみたら・・・。

2009.11.21 追記 芸人なのかしら?マラソンを実際にしている人もいるそうで、RTLにケルンの街を走っている様子がupされていました。日本でも毎年やってますけれど、ああいう感じなのかしら?

ジャージー物語(The story of the jersey)
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-20 22:58 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(3)

罰金騒動その後

ラムたんの罰金騒動については、5万ユーロらしいという報道が出てようですね、

日本円に直すのは、難しいのでやめました。なんせ、財布に1000札1枚あればコトたりる生活を送っている私、ゼロが右から5つ以上ついたら、「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん・・・」と数えてから数字を読み上げるぐらい、高額には縁がないものですから・・・。

で、ラムたんのFacebookではラムたん自身はそのことについては触れてないのですが、ディスカッションというコーナーではファンの人たちが「ラムたんが罰金を払うのだったら、ぼくらはその分をラムたん基金へ寄附して、ラムたんに賛同の意を示そう!」と言い出しています。
それに賛成というひと、ラムたんは基金から罰金を払うんじゃないから、ちょっと違うんじゃない?、ラムたんは自分の収入を基金へ廻すんだから、寄附をしてサポートするのはいいんじゃない?、基金の趣旨とは違うじゃない?などなど・・・。

そのラムたんは、Elfenbeinküste(コートジボワール)戦のキャプテンに。
あ、あれ?さっきは1-0で勝っていたのに・・・この記事を書くためにティッカーを(そろそろ試合終了だし、と)見たら・・・
2-2ですって。おやおや?
ラムたん、低金利カピテンになりそう・・・(汗)。

・・・話をもとに戻します。
DFBの記事によれば、ラムたんが記者会見では、「監督たちの信頼はわかってます。そしてボクは間違っていないとも思ってます。ここでは、いつも、内々にでもボクは意見があったら、チームのみんなにも、代表監督にだって言う。("Ich spüre das Vertrauen des Trainers und fühle mich dadurch bestätigt, dass ich auf dem richtigen Weg bin. Ich werde hier intern immer meine Meinung sagen, meinen Mannschaftskollegen und auch dem Bundestrainer.")」と言ったそうです。舌禍事件後の記者会見、どんな様子だったのかしら?DFBには動画もupされているので、ここのところのバタバタがおちついたら、見ようと思います。

a0094449_7714100.jpg


新しいユニ、長袖もよさそうなのに、半袖しか発売しないのですね・・・。残念。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-11-19 07:08 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る