<   2009年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

西風に無事にのれるかしらん

フットボールといったら、ボールを蹴るより持って走る国へ西風に乗っていってまいりまーす。

Yes, we canって言っておけばどうにかなるかな、と自分を励ましつつ・・・。

ちゃんと選挙もすませたし。
8月31日までバイヤンのことは本当に心配ですが、これもなるようにしかなりません。

コメントを下さった方、ありがとうございました。一応お返事を未明に書きました(御覧になったかたいらっしゃるかしらん?)。帰国まではコメント欄はクローズにいたします。

みなさま、よい8月を!

空港から追記
荷物を小さくしたら、保険証書を持ってくるのを忘れたことに気づきました(汗)。ネットで番号などは調べられるので、それでネットで10分100円のサービスを利用しています。
家人が向こうで鼻かぜ状態らしく(大丈夫なのかしら)、風邪薬購入のため、先ほど空港内の薬局で用事をすませたのですが、レジに「救心」はワシントン条約に反するので海外への持ち出し禁止とありびっくり!知らなかったー。

ではでは。今度こそ、行ってまいります!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-25 05:22 | あいさつ | Trackback | Comments(2)

ゴミだし

私は朝はパン食と決まってます。

が、今朝は朝からお味噌汁、しかも半熟卵入りを食べました。
でも主食はパン。
というのも、明日からの旅行のため、生ゴミを作れないから、皮をむくものは朝のうちに調理しなければならないのでしたー。

私の暮らすマンションは、以前は平日は午後2時から朝10時まで、土日祝日は24時間がゴミだしの時間でした。つまり、深夜に出しても良かったのです。しかし、管理人さんが代わってから、ルールも変わりました。朝7時半から夜9時まで。

働くオンナのことなんて考えてません(きっぱり)


なんでも、夜中あけていると、よその人がゴミを捨てにきたり、ゴミ(この場合は雑誌が主らしいのですが)を取りに来たりで、不審者が敷地内に入ってくるから・・・という理由らしいのです。
我が家は賃貸なので、運用に口を挟むわけにはいきませんが、正直不便になりました。
いや、恥ずかしくないようにゴミを分別しておけばいいだけなんですけれど、管理人夫人が五月蝿いようで、以前なんて、出した人も出したほうですが、粗大ゴミをマンションのエレベータ乗り場の前に置き「ふざけんな!」と書いた迫力ある紙を貼り付けていたことがあります。(似たようなことはその後2回ほどありました。その時は「いい加減にしろ」でした)。
私も、クリーニングのハンガーを燃えないゴミに出していたら、ちょうどゴミ置き場にいた夫人に「それ、あー、それそれ、そんなとこ捨てないで。全くわかってないんだから。これはこっち」と注意されました。

その時はすみませーん、次は気をつけまーすと逃げ帰ってきましたが、内心「だったら、そう書いてくれたらいいのに!」と思いましたよ。
家人がお肉や魚のプレートを捨てに行ったら(ちゃんと洗っておいた)、「あー、それ、燃えるゴミにいれておいて。洗ってないんだろうから」と言われたとか。家人からその話を聞いたときには「えー、なんで否定してくれなかったのよー」と思いました。

以前の管理人さんが花壇やアロエを植えていたところが整理され、板を置いてありました。ペットボトルだか缶だかの仕分けなどの作業台がわりにしたようだったのですが、どうも、そこにゴミを置いていった人がいたらしく、しばらくしたら、白い板の上に「ここにゴミ置くな!」と書いてありました。

家にいる時間が私より長い家人の観察によると、管理人オットはかなり気弱な感じらしいのですが、その分、夫人が強気。私の朝の観察によると、夫人は女性には挨拶しないけれど(こっちがしても)男性にはしてるような気がします(笑)。

あー、本題からずれてしまいましたが、とにかくゴミだしの環境が変わったんです。
それだけでなく、この管理人夫婦、よく休暇をとる。いや、これは法律で保証されているんだから、かまわないけれど、その間1週間のゴミだしスケジュールは以下のようになります。
月曜から金曜 朝7時半から夕方5時まで
土曜  朝7時半から正午まで
日曜 一日閉鎖
ぜったいに働くオンナのことを考えてない!


先月も海の日前後がそうだったよねー。
その前はGWだった。
今回は今日から。明日は朝が早いので、今晩は外食しなくちゃ。

ゴミだしの曜日がキチっと決まっているところはたくさんあるわけですから、ほぼ毎日ゴミだしができることを感謝しなくちゃいけないとは思うし、自分が夜のうちにキチっとゴミをまとめておけばいいんでしょうけれど。この話を同僚(ものすごく清潔でキチっとしていて、正直、私のだらしなさに舌打してるハズ)にしたら、「私なんて、冷蔵庫の一部は生ゴミ用にしてある」と言ってました。生ゴミを冷凍しておくんですって。昨日、うちの母とゴミ捨て話になった時にも、母が「あなたみたいに働く人は生ゴミを冷凍するんでしょ?」と言われ、びっくり。

私、ものすごくだらしないんですけれど、そういうのはダメ。母に「そんなの、私、できないよー。冷蔵庫だもん、冷蔵庫はそういう役割じゃないもの!」と思わず返事してました。

え?同僚だけでなく、世の中のトレンドだったの?!?!と思う反面、確かに、働く女性はやっぱりそういう工夫も必要なのかな。
しかし、我が家は冷蔵庫、冷凍庫ともに満杯ですから!しうとめから、昨日も「本当にあなた達の冷蔵庫はいっぱいで、うちが何か上げたいとおもっても受け取ってもらえないの?」と健康食品を押し付けられそうになったので「ええ、ええ、仕事の都合上1週間まとめ買いですし、家人くんのコーラの大きなボトルやらジュースやらアイスやらえーっとえーっとたくさんあって、もう入れる場所ありませーん!」と断ったのだって、ホントのこといったんだもん。今度写真撮って渡しておこうかな(入れ方が悪いとか叱られそうだけれど)。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-24 07:47 | 日常 | Trackback | Comments(5)

直接訊いた!

シカゴーNY間のいわゆる国内線扱いの荷物について尋ねてみました。
共同運航便のルールは発券航空会社のルールが優先とのこと。
なので、フライト番号の手前二つから識別するに、ウニテッド扱いにはならないのだそう。しかも、この場合は、国際線扱いになるんだそうです。
ということで、規定の大きさのスーツケース二つを無料で預けられることが判明。
ふーむ、勉強になったなあ・・・。

しかし、その答えを聞いて、暫く考えた結果、今回は特大スーツケース1つで旅をすることに。容量が大きくなったら物欲も拡大しそう。もうこの家のどこにそんな余裕があるものやら・・・(涙)。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-23 18:02 | 日常 | Trackback | Comments(4)

結びつく

もうそのものに出会っていたのに、気付かないことはよくあります。
しかし、ささいなきっかけで、出会っていたことに気付くこともある。

昨日、美容院の帰りによった松屋の催事場で、バーナード・リーチたちの影響を受けた出雲の出西(しゅっさい)釜の器を買いました。
a0094449_9345166.jpg
私は結婚の時にそろえた食器、家事に不慣れだから、ということで割れてもいいと安い食器を揃えたのですが、なるほど、高い食器ほど割れやすいとは良くぞ言ったもので、ほとんどの我が家の食器は現役です(笑)。結婚当時は人が来る家にしたいと思いましたが、実際には休日こそ人に会いたくない、という生活になり・・・。新しい食器を買う理由もなく・・・。
a0094449_93552100.jpg
数年前にも同じ催事場で同じ場所で見た釜。その時と同じ印象、つまり、構えのない器であると同時に、釉薬によってまるで日常の天目茶碗のような輝きが。今回、釜の説明書に、バーナード・リーチなどの教えを受けた釜とあったのも、手に取る後押しとなりました。釜が始まった1947年という時代に思いを馳せるだけでも、同人たちが農家の次男、三男だったと知るだけでも、どういう心意気でこの釜を青年達が始めたかが想像できます。

a0094449_8424281.jpg先日、図書館で柳宗悦が朝鮮半島の美を発見するまでの軌跡を描いた小説を読みました。
新着図書コーナーにおいてあったから、この本の存在を知りました。
柳宗悦といえば、民藝。用の美という言葉で有名。あの時代の日本人としては珍しく朝鮮の文化に関心をもった(光化門保存運動など)人。
工業デザイナーである柳宗理の父。公共教育放送の園芸の時間に長らく登場していた柳宗民の父。
バーナード・リーチの親友
それぐらいは知っていたけれど、その程度のことしか知らなかった。


私は彼のことを美術評論家かと思っていたのですが、むしろ宗教哲学者であること、幼い頃から文の立つ少年で、『白樺』の中心人物の一人であったこと、ウィリアム・ブレイクなどに傾倒したこと、などなど、色々と興味深い話にページが進んでいきます。
何故、彼が朝鮮半島の文化に関心をもったのか、なぜ光化門保存(移転)運動が成功できたのか、小説仕立てにしては、柳の人脈、政策の両面からきちんと描かれ、なるほど、と。人のつながりの面で言えば、犬養道子の小説(自伝)を読んだ時にも思った、大正、戦前の人間関係の機微に通じるところがあり、双方は「白樺」(学習院)でつながり・・・。どんどん私の頭のなかで、人やものやコトがつながっていくのが感じられました。
さらに、奥さんが、日本を代表するアルト歌手であり、朝鮮半島に西欧音楽を伝えた第一人者ともいえる存在であることなどを知りました。結婚して、子供がふたりいるのに、子供と宗悦を残してドイツへ(期間限定とはいえ)留学するまでのくだり、あの時代にそんなことができたとは、そして、ドイツでもきちんとした評価を得た女性であったと知り、同じ女性として深い感動を覚えずにはいられなかったです。音楽の分野では彼女は有名な歌手なのかもしれませんが、三浦環ぐらいしかしらないワタクシは、新鮮な思いで読み終えました。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-23 07:03 | Books | Trackback | Comments(4)

21世紀の太陽電池は30分が限度

今日みたいな日に、生中継がないなんて!!>痛みに強いワタクシです

この借金状態はいかがなものか?!?!と試合終了後には不安になっちゃった。

こんなチーム状況なのに、まだ、どっかのチームの誰かを狙ってるとかいうニュースがスポナビあたりに流れると「オレオレ詐欺とあんまり代わらない口調で誘ってるんじゃないか」と心配に。来て損したと一部の選手が思い始めていたらどうしよう・・・。自分も悪くないかと反省していてくれるといいのだけれど、オレは悪くないとか、まさか、思っちゃないでしょうね?

聴戦3年生のワタクシですが、えーっとえーっとえーっと・・・・・。
こんなにアナウンサーが大声を上げていた試合はないと思うのです。今朝になっても荷造りが終わらなかった家人のために、ワタクシも寝たようで寝ていないため、本当にフラフラで、そして思いっきり意識を飛ばしていたのも事実ですが、アナウンサーの悲痛の叫びで何度も正気に戻った感が。
それとも、家人がいなかったから、少しボリュームを上げて聴戦していたからでしょうか?いやいや、さすがに隣近所のこともあるからすぐにいつものボリュームに戻したし・・・。

何があったというのでしょう。
あー決まったのかな?!と思いきや、結局決まらず・・・。そして、マインツが肝心な時に点を重ねていく・・・。

点数を返したとおもいきや、それはオウンゴールだった。2-1になったにもかかわらずの絶望感・・・。ミュラーがすごく頑張っていたのはわかりました。いや、どっちにもミュラーがいたのでした。バイヤンは攻撃隊に、マインツは守護神として。

もう最初の30分まではよくやっていた、というのはナシにしてほしいけれど、あんなウルトラ隊員みたいなユニが(いや、今節はアウェーだから着てないでしょうけれど)いけないんじゃないのかな?
「21世紀の太陽電池は30分」って私だって見出しをつけたぐらい、スタミナのない試合が続いています。
最初の30分はよかった、というコメントを今日も言う人はさすがにいないよね?(怒)。

クローゼの不調も気になりますが、そこまでしてゴメスをフル出場させなくてはならない理由があるのか、今日の中継アナウンサーの絶叫を聴くと、誰が悪いんじゃなくて、みんなが悪いんじゃなかろうかと。早く映像を見たいと思うのですが、ガオラさんの放送は、ワタクシの国外脱出のあと。ネットで視戦された方々のブログをあとでじっくり読みたいと思います。
バイヤンも人の子ですから、連勝できないのは良いとして、本当に反省会を開いているのか?!

ラムたんは、こんなときにキャプテン(仮)として負け専コメント担当になって、かわいそうな気がしますが、でも、こんなときだからこそ彼にはがんばってほしいと思うのです。ピッチで遠慮しないで声を出しているのか、東風せんせいはほんとに心配です。

今日ほど、ハーフタイム、試合終了後に流れる「南の星」の歌詞「健やかなる時も病める時も共にありて・・・(超勝手訳)」を大声で歌いたくなることはありませんでした(いや、実際には心の中で大きな声で歌うのですが←だってオンチだし、近所迷惑だし)。1年かけてリベリがいなくなっても勝てるチームに仕上げるのならば、それはそれでいいよ、という気持ちに。

しかし、こんな展開になってしまったら、私の高校ではみんなバリカンで頭を丸めるところですが、どうなんでしょうね・・・。

追記:どうもバイヤンのコメントを読むと、後半はがんばった、といいたいらしい。ってことは、カラの太陽電池の充電には最低30分かかるってことなんでしょーか?そうじゃなくて、フルにした電池を背負ってきてくださーい!!!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-23 00:59 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

直接訊こう!

いよいよ家人は本日から、私も数日後には機上の人に。
自由とは(自己)責任を伴うと世界中に触れ回る国へは久しぶりなのでどきどき。

しかも、単純往復じゃなくて、今回は周遊。海外での国内線移動が入ります。その時はウニテッドを利用することに気付いた私。
ハタ、とアメリカ通の知人がぼやいていたことを思い出しました。
「ウニテッドってなんでもお金を取るのよー。キビシーのよ。うるさいのよー。英語のできない金払いのよい東洋人は狙い目なのよー」
最終出発地を、思いっきり勘違い思い込んで頼んでいたために国内線での移動が生じた英語もできないワタクシ、狙われた時に備えてネットで調べました。
え?国内線の荷物、お金を取るんですの?
ってことは、帰国日に最終出発地まで乗る国内線は、国際線への乗り継ぎ扱いにならず、国内線にカウントされちゃうのかしらん。
そりゃ、ワタクシのすっとこどっこいから始まったことですから、まあ、仕方ないけれど、でも、荷物はスルーで成田まで送られるって話だったのに・・・。

アメリカ国際線はスーツケース2個(各23キロまで)OKと聞いていたので大小二つ持って行き、日本にはあまり入っていないといわれているあれやこれを買いたーい!と思っていたのですが・・・。
ここは実際に乗るウニテッドさんへ電話するしかない。どうしよう、おっかない人だったら・・・とドキドキしてましたが、ワタクシのゴチャゴチャした説明・疑問に対し明快な回答があり(国内線扱いにならない)、ホッとして電話を切ってから、思い出しましたよ。
もっと問題なのは、ライトの街から摩天楼の街まで行く時に利用するのもウニテッドじゃないの!と。
明日、また電話しなくちゃ・・・。
いや、払えといわれたら払うけれど・・・(涙)。電子辞書、手放せない旅になりそう・・・。

超重量級
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-22 19:05 | 日常 | Trackback | Comments(8)

おっとりしているだけではないみたい

祝!初キャプテン!ということで、おっとりオットルくんのHPも更新されているのかしら・・・・と思ったら、さすがおっとりしていてまだでした(笑)、が、
オットルくんのHPが大胆リニューアルされていました!

いや、ほんと、大胆リニューアルでしたよ。バイヤンのカタログでは刺身のつまのようになっているオットル君ですが、どうしてなかなか。どうぞこちらから御覧ください。

夏休み中は、オットルくんはニュルンベルクでファンの集いをしたようですよ!
a0094449_1624441.jpg

アイドル歌手か、と思いました(>違)。

案外、小さな子供達とのふれあいの場も作っているようだし、おっとりと自分の道を邁進中ということがわかるHPになってます。

で、じっくり見ていたら・・・・。やだ、オットルくんの代理人もラムたんと一緒の、ローマン・グリルさんだ!ふーん、ふーん・・・。

オットルくんのカピテン話は、今夕、電話をかけてきた母にも熱く語ってしまうことに(「私も彼のように、地道に仕事をしなくちゃ、って思うのよ!」)。すると、母が「そういう地味な選手にこそ、「おばちゃんだけど、いつも日本から応援してます!」ってお葉書送ってあげなくちゃね」と本気なのか冗談なのかわからない調子で焚き付けて来ました。え?おばちゃんだけど、って「おヴぼーる」を使って書けばいいのかなあ?と瞬間に考えていたワタクシもなんですが・・・。だから、私は柱の影からそっと応援したいんだってばー。

ど、どうしたの、ママ?!韓流おばちゃん状態かも?!

追記:いま、tzを覗いたら、Wechselt Andi Ottl zum Süd-Rivalen?(オットル君、Stuttgarutへ?)という衝撃の記事が!相変わらず「行っちゃえー」というコメントが多いことに凹み・・・。8月31日までドキドキです。
あ”~、SportbildにもHolt Stuttgart jetzt Bayerns Ottl?と出ちゃったし・・・でもうわさのsollen状態だから・・・。候補者の一人だから!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-20 19:27 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

侮れぬ、100均

私の家の近くに、非チェーン系の100均があります。
あまり品揃えは良いとは言えず、私が買うのはファックスやプリンターにつかうA4用紙ぐらいでした。

しかし、世間的には100均って侮れないんですよね。
店を構える街の雰囲気によっては、100均であることを忘れそうになることも・・・。
月に一度行く病院の近くにも100均があって(あの街にあるなんて!とびっくり)、超有名高級ホテルからオシャレな外国人たちがやってくることも・・・。

新宿の桂花ラーメンの前にも100均があります。なんだかアヤシゲなお香の匂いにこれまでは遠巻きだったのですが、一度冷やかしに入ったらいろんなものがあるある!以前、家人の職場近くの100均には取り扱いがあったのに、この頃はなくなっていたファスナー付きのポーチも!そして、私はG10が、家人はルミックスがすっぽり入るケースを入手!

ということで、この頃は、ラーメンを食べたら100均へ・・・というルートが。
昨日は家人が旅行に備えて色々と買っていました。

で、私もふらふらしていたら・・・・。
a0094449_12202595.jpgえ?これも100円?!というものが!!!旅行の時にタグがわりに付けるのもいいかも?
両端は私が買ったもの、真ん中は家人が買ったもの。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-20 08:28 | 日常 | Trackback | Comments(6)

カピテンおっとりオットルくん!

バイヤン公式はもちろんのこと、ミュンヘンっ子のことに詳しいtzですら書いてないようですが・・・。

ゲルリッツとの親善試合の最後にはおっとりオットルくんがカピテンになった模様。
昨日は、ちとわずらわしいコトが待ち構えていたので、ムリヤリ目を瞑って(!)朝5時まで就寝していたワタクシ。ひょっとしたらFCB.tvで生中継があったかもしれないけれど、まあ、紙芝居だろうし・・・と思いながら起床すると10-0で、いつものように(親善試合)ボロ勝ち、とドイツ本家で紹介されていました。

メンバーをみると・・・・オットルくん、フル出場だった!あれ?レルも連れて行ってもらえたんだー。IIでの赤紙のお仕置きで置いていかれるのかとおもいきや。ふーん、Bチームでお出かけだったのね。そりゃ、土曜は負けられない第三節だしねー。

ようやく、今朝ビデオをみると、10点の得点シーンばかり。最後の最後に出てきたオットルくん、相手選手たち?に握手を求められてました。ボランチの仕事はキチっとできたんだろうか・・・と思いながらそのシーンを見ていると・・・腕に白いマークが・・・!!!!
うっそー!
クローゼがカピテンだったというのは得点シーンなどで確認できたし、あのメンバーだったらそうかな、と思ったのですが、クローゼが交替になったのちは、そうかあ、オットルくんがあのAチーム(公式を読んでいて、プっと笑いそうになってしまいました)では一番のベテランなのね・・・。

さぞかしおっとりとした試合展開だったことでしょう・・・(笑)。
だって、クローゼたちが69分に交替するまでは、1分おきに点が入っていた様子なのに、オットルくんがカピテンになってから・・・20分ちかく無得点だったんですもん。しかも、最後の10点目になったわけですが、あはは、公式によれば「くしくも町の名前と同じ」のゲルリッツ」のフリーキック。ビデオだって、その間は思いっきりカットで、いかに会場を沸かせることがなかったかが・・(自虐)。

で、このビデオをみて、もう一度公式の記録を読み、tzも読んだのですが・・・・どこにも書いてありませんでした。
「だいたい、FB.tvのオープニングにだってオットルくんをつかわないくせにーーーーィ」と思うワタクシ。
なにはともあれ、オットルくん、やったね!きっと、家族のみんなも大喜びのはず!なんだかんだいっても、ベンチには入れてもらっているし(とりあえず)、こうやってカピテンを20分もつとめたわけだし・・・。私も腐らず仕事をしよう、と思いました。きっと、ラムたんからも「よかったね!」とお祝いSMSが贈られたに違いない!
ラムたんが、ゲルンとの親善試合でカピテンマークをつけた時のことを思い出しました。お兄ちゃんのあとをしっかり付いていってるね、オットル君!

そんなめでたい親善試合でしたが(違う、お祝いすべきは黄白ゲルリッツ創立100周年だった・・・笑)、世界広しといえども、試合終了後24時間たっても、きゅん子さんとコリアンダーさんのところだけでしたよ、オットルくんがカピテンだって書いてくれていたのは・・・
公式でのとりこぼしを極東ファンクラブ会員のブログが紹介して、公式より濃い情報を共有しています、って本部にいつか伝えてください>しし丸会長殿!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-20 06:28 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

練習試合ですよ!

ブンデスリーガ開始早々に英国週間突入?なのでしょうか?
本日、ゲルリッツと親善試合です。FCB.tvで中継とありますが、極東からも見られるのかしらん?(←訂正します中継は地元テレビ局だそうです。ハイライトはバイヤンTvで観られるとのこと)
a0094449_855787.jpg


昨夏、私はこのゲルリッツの町で開かれた夏祭りに参加し、楽しい一日を過ごしたのでした。
その時も地元サッカーチームが子ども向けのゴールゲームを用意していたのですが、そことは違うチームらしいです。
創立100年を迎える地元名門チーム、みたいですよ、

だから、チューリップ監督ご一行がドレスデンにいたんですねー。>方違をしに行ったんじゃなかったんですねー(笑)。

ゲルリッツは、ポーランドと橋一本でつながっているまさに国境の町。国境の町ということでしたら、他にもあると思いますが、ここの売りはドイツ最東の街であるということ。まさに東独のなかの東独だったわけです。そして、バラックの生まれ故郷なんですよー。いや、街にはバラックのバの字もないんですけれどねー(前は市のHPに著名な出身者の一人として紹介されていたのですが)。
ああ、あの旅行からもうすぐ1年とは。懐かしいなあ。楽しかったなあ。また行きたいなあー。

2試合勝っていれば、ナサケ心で100周年お祝い試合にしてあげられたでしょうが、いまや、親善試合とはいえ、引き分けはファンが許さないはず。いや、ま、そういう時こそ、Bチームのみなさんの登場なのかもしれないけれど(涙)。オットルくん、出るかな~?とにかく、失点なしでがんばってきてもらいたいものです。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-08-18 08:05 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る