<   2009年 03月 ( 46 )   > この月の画像一覧

やっぱ眉毛が気になる

さらに1時間時差のあるウェールズに集うスポーツジャーナリストへ配慮したのか、日本時間の夜8時半からとなったPK。おかげで私も余裕を持ってPCとテレビをつなぐことができました。

我が家の家人、自分の行儀悪さを棚に上げて、さっそく他人様の立ち居振る舞いのチェックをします。
今日はちゃんとお水が飲めたのね~とスクリューを廻すJogiを見ていたら、彼がコップに水を移し、そのまま立ち飲み開始。
「お、おい、座って飲めよ。練習中じゃないぞ、記者会見だぞ」
外国にいるとガードが緩くなるのでしょうか。私も立ち飲みJogiにびっくり。瓶からいきなり飲まなくてよかったー。

我が家の家人、長さはそれほどありませんし、形もイマイチですが、眉がなんとも貧弱(細いというわけでもないんですが)な私からするとコンプレックスに近いようなとっても立派な眉毛の持ち主。
しかしながら、イマドキの男子のように顔に合わせて眉を整えるなんてことは考え付かないアラフィ。テレビにつないだPKを見ながら、「発見!発見!」と騒ぎ出す。

「やや、カントク、眉切れてるよ。床屋で間違って切られちゃったのかな・・・」と

n-elleさんが、そんなの前からそうでしたよ、と教えてくださったともいえず、「そうなんだー」と答えるのみ。私の冷静な返事に「あれ?」という表情。ややや。やっぱり、眉頭、描き足したほうが・・・・>余計なお世話
(追記:切れてるというより、昨日の眉は眉頭が妙に太い?)

今回のPKは質問の音声を全く拾っていなかったから、ますます聞き取れない内容になってましたが、え?さそりんが風邪?!(でも試合には出られるでしょう、とか言ってましたね←結局、風邪により欠席とDFBより発表)。

ヒツルスくんの英語、立派でしたね~。あー、とか、うー、とか言わずに自分の考えを語る姿にびっくり。家人と二人、すごいねえ、偉いねえと感心していました。まあ、イングランドのクラブ(トッテナム)にいたそうですが。若いうちに海外へ行っていたんですね、彼。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-31 22:33 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(0)

現地集合現地解散 de サワディー・カーッ(10)バスにのろう

消した、と思った写真、家人がしまっておいてくれたようで、無事、ワタクシの手元に戻りました。
そこで、もう、みなさんはお忘れかと思いますが、私の備忘録のために旅行記を仕上げたいと思います。
しばし、おつきあいください。
あ、前回までのあらすじはカテゴリー「旅の思い出09サワディー・カーッ」を押せばまとめて見られます。よろしければどうぞ。

いよいよ帰国日となりました。

家人は、この日、どうしても朝便で帰国して、その足でコンサート会場へ向かわなければなりません。
私は夜便を選び、一日自由行動をすることにしました。

私は家人を見送ったあとで、部屋に戻り、テレビをつけたらバイヤンのCLの試合(リヨン戦)を再放送中。結果のわかっている試合な分、余計に面白かったです。

最後の1日は自由行動日と早くから決めていたものの、実は日本を発つ朝になっても全く予定が決まっていませんでした。機内で読んだ観光局発行のタブロイトに、旧国会議事堂の記事が載っていました。これは「スッ転び方」では気付かなかったスポット。前年の国王即位60年記念式典をおこなった場所であり、その後、一般にも公開されるようになったとか。そりゃ、いかなくちゃ、ですよね!

冷房あり、なし、どちらがお好み?
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-31 21:03 | 旅の思い出09サワディー・カーッ | Trackback | Comments(0)

サマターイム

ガーシュインのサマータイムのサビのところが頭のなかをグルグル・・・・。

ウェールズ戦前のPKって誰なんだろう?とさきほどDFBを見たら・・・・。
ちっ、昨日のPKはラムたんたちだったんだー。一番ちいさいヒトと一番おおきなヒトの・・・・。ま、メインはビア保父だったようですが。

見逃した~!
他部署から就業時間ギリギリに修理に来ると連絡のあった業者を待たねばならなかった終業間近のワタクシ。なのに、その業者は現れず、しかも間にはいった他部署のヤツ(←ワタクシが怒っているコト、これで伝われば、と思います)はさっさと帰っていたのです。そんなことを知らず、1時間以上残業をしながら(仕事はどれだけだってある)待っていた私。コトと次第を知り、ヤサグレ気分で寄った駅ビルのポイント3倍祭りを利用して、お風呂の友(美容雑誌)と公共教育放送のドイツ語会話のテキストだけでなく、帯に書いてあった「ヤコ」に思いっきり反応し、13世紀のケルンを舞台にした「黒のトイフェル」まで買っちゃって(いつ、読むのだ?!)・・・・。

あー、私ったら何をしていたのかしらん・・・・。
急いで帰ったら、8時半前だったんだから、DFBを確認しておけばよかったなあ・・・・。
でも、大画面に映しちゃったら、家人がラムたんのこと調べちゃうかもしれないし(ココのことは知らない)。
と朝から揺れる思い・・・。

しかし、朝から何かがひっかかる・・・・。
あっ!そうだ、サマータイムが始まってたんだった!

そうなのです。時差が7時間になりました。逆算すると、ちょうど電車に乗ったころ。諦めもつきました。

ってことはウェールズ戦は日本時間4月2日午前3時45分キックオフってことなのだ。試合が済んだあと出勤まで少し余裕ができましたが、逆に言えば1時間早く起床しなければなりません。

間違えないようにしなくちゃ・・・。

[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-31 06:18 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(2)

ウリおぢさんと父ちゃんに挟まれたサンドイッチの味は?

DFBのコメントで
Philipp Lahm: Es war ein Pflichtsieg, aber es war trotzdem wichtig, dass wir ein gutes Spiel abgeliefert haben. Der Sieg war auch in der Höhe verdient. Wir haben sehr gut angefangen, dann sind wir rausgekommen, haben wieder zwei Tore gemacht. Im Endeffekt kann man dann auch mal mit einem 4:0 zufrieden sein.(これは勝つのが当然の試合だけど、大切なのは、いい試合をしたってことなんだ。勝ち試合で3点もゲットした。ボクらはとってもいい始め方だったし、また2点とったでしょ。ってことで、結局はとっても4-0って結果に満足してるんだ)

と勝ちコメを珍しく出していたラムたんでしたが、本当のキビシーお仕事は、なんとZDFが用意してました。

リヒテンシュタイン戦はZDFで放映。ということはカーンが解説したんだわ、とか、父ちゃん、試合後に何言ったかな?と思いながら覗いてみたら・・・・。
ほとんど試合の時には名前のでなかったコチラの方が。
a0094449_11382118.jpg
(顔を押したら始まります)
ライプチッヒから中継でSportstudioに登場です。ものすごい歓迎っぷりですよ。ヒュー、ヒューとか言われちゃって(あはは)。あ、今日のラムたん、自分より背が高い人と直接話すわけじゃないから、ずーっとまっすぐを向いて話してます。私にはなんだか、背が高い人のように見える!(え?)
最初は司会者が「ま。リヒテンシュタインでしたからね、相手は。お宅の長男が大漁じゃなかったけれど勝ち点は獲ってきたんだからって言ってますけど、その辺は?」と、多分ドイツ在住ドイツファンのほぼ100パーセントが思ったことを尋ねます。それに対してラムたん「そうですけど、でも、反応すべきことはしたと思いますよ」と、時々肩をすくめながら、試合直後からメディアで「半分の力で試合した」と評されている試合を「手抜きなんてしないで、勝ち点3を獲りました!」と言わんばかりに勝ちを強調。
ま、まだ、このあたりは、聞き取れるスピードでしたが、ラムたん、ドリブルの時と一緒、話が進めば進むほど加速度が増す・・・・(号泣)。
それを知ってか知らずにか、司会者がラムたんに「で、フィリップや、試合のスピードはどうだったかね?バルサとかウォルフスブルクとかプレミアと比べて(もっと色々聴いてましたが、ま、大雑把にまとめたらね・・・)?」と、目下、ウリおぢさんと父ちゃんとの間で「おまえのチーム、どんくせえ」(おまえのかあちゃん、でべそ、のリズムで)状態なところに挟まれている、そしてまさにすばしっこさ スピーディーなことではチームでも1,2を争うラムたんに対して質問。
なんですか、コブタちゃんは「おいらたちは、機械じゃないブー」と言ったらしいですね。
WM06の時に世界に配信されたニュースでは「綽名はワイヤレスラーム」とラジコンカーみたいな扱いだったラムたん。苦笑いを含めながらも、「そうですねー、いろんなチャンスがあったけど、うまくいかなかったところもありましたけど。でも、バルサはスピードっていうよりプレーがいいわけだし。ただプレミアは早いよね」とどんどんスピードを上げて町内会長で大地主のウリおぢさんをかばいつつ、父ちゃんをたて・・・。本当に一家の、いや、町内の良心だよね・・・と、聞き取れなかったところを再確認もせずに、勝手に私の中でこの話を集約しておしまい。
いや、苦ウリと黒パン系の父ちゃんだけじゃ味が悪そうだけれど、その間にラムたんを挟むとは、ZDFは売れるサンドイッチをつくったなあ、と。番組的には美味しい仕上がりになりましたよね。
(どこかでこのことが記事になったら、加筆訂正します)

インタビューあれこれ
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-29 12:23 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(6)

聴戦中!

*写真追加しました*
リヒテンシュタイン戦、聴戦中です。

FCB.tvでのバイヤンの試合だと枕みたいなものがあるけれど、WDRっていうのはスタジオで「今日は××戦でどこからです」と言ったか言わないかで、いきなり会場からキックオフ、みたいな感じになるんです。
いや、こちらがドイツ語聞き取る脳になるまでにかなりエンジンをふかさなければならないっていうのがいけないのでしょうけれど、今日なんて、完全に乗り遅れた感じ。

a0094449_5595757.jpg本日は始まってすぐにさそりんからのフランケをゴメツが・・・・決められなかったものの、速攻から始まった試合、その速攻を「試合開始」のワーっという盛り上がりだと思った私。前半4分の時点で長男が決めた時にようやくものすごく早い立ち上がりなんだわ、と気付き・・・。
>すごく嬉しそう!

a0094449_603934.jpg続いてさそりんが決めて2-0。さそりんがMF?!と思いましたが、彼は左しかできなくて、となると、左MFに置くっていうのは悪くない選択肢みたいですね。
>「髪といいチームといい、余計なものをバッサリ落としてよかったじゃん」って顔してません?ポ王子ったら。
>やっぱり髪の毛切ろうかな?とゴメスは考えたに違いありません。


今回の試合中継の面白いところは、ハーフタイムの時に音楽を流してクールダウンさせるのではなく、聴視者に試合のことなどをインタビューしたことです。ほかの事をしていたのできちんと聞けなかったのが残念ですが、フツーの主婦が出てきたようです。ワタクシ的ツボとしては、いきなりthe Whoの曲の頭(CSIでつかってるアレ)がかかったこと。

きゅん子さん、コリアンダーさんが教えてくださったCLマガジン。私の住むマンションはケーブル式なので「空パー」と契約ができず、地上波で見ています。しかし、ここのところ、スッカリご無沙汰してました。というか、このチャンネルすらスッカリ後無沙汰でした。地デジ対応テレビって、長らく見ないと、番組表のデータを取りに行かねばならないのです(ま、ボタン一つ押せばよいんですけれどね)。数局あるのですが、その一つがフジテレビでした。いま、CLマガジンが始まりましたが、うーん、今日はアフリカ特集とのこと。やっぱり先週の放送だったのかな、ラムたん先生が登場したのは・・・。とほ。(来週はもうCLの準々決勝のことみたい。あとはリベリンのインタビューですって。)

なーんて聴戦しながらサッカー関係のテレビを見て、ブログを書けるのも、ドイツ代表が後半早々コブタちゃん、ポ王子と決めてくれたからです。
ラムたんの名前も時々聴きますが、守備というよりはフランケ生産機のようになっているのかな?キケンな状態になっていなければよろしゅうございます。
a0094449_9584065.jpgこの前、CLマガジンでは教えなかった技、テレビ見たヒトはわかったよね?!(ふぃりっぷ・ラーム ドイツだいひょう)
期せずして、16番同士の闘いとなりました!ユニ交換とかしてもらったのかな?


さそりん下げて、エルメス、ちがったヘルメス投入。

それにしても、ゴメス・・・。みんなが一生懸命ボールをあわせているのに決まらないようです。後半20分、ゴメスはまたも外してしまい「おいこらっ!」とブーイングが。Sportbildの見出しに「頭の問題(Kopfproblem)」とかかかれていましたが、それってどういう意味なんだろう?と(頭が悪いんでしょうか?>いや、頭というか頭痛の調子が・・・・?)。今日のような試合で調子を取り戻して欲しい、と父ちゃんは考えているだろうに、どうにもうまくいかないようです・・・。

ヒツルス君のかわりにタムナスさん投入。長男はどちらかというとボランチの位置にはいって、タムナスさんが攻撃に参加するようですね。いや、私のなかでは二人とも半人半獣なわけで・・・。
a0094449_611166.jpgえーっと、今日のゴメスは・・・。86分のライブティッカーに「5Minuten hag Gomez noch, um an diesem fur ihn fast traumatishcen Abend Schadenbegrenzung zu betreiben」と。その後もみんなが(タムナスさんまでが)ゴメスに合わせるのに・・・・。試合、土曜の夜でよかったね!いや、月曜までに各社記者が文章を練り上げて、今度こそゴメスを剣山に正座土下座させちゃう?(い、痛そう・・・)。
„Ich mache das ja nicht mit Absicht.“(わざとしたんじゃないんだ)とゴメスはコメントしたそうです。こんな「わざと」があっちゃ困ります(汗)。


えーっと、えーっと。今日の結果は試合前からわかっていたといっても過言じゃありませんが、ゴメスが決められなかったってことで、ちーっさくハイターッチ
a0094449_1044499.jpg>ハイハイ、小さくハイターッチ。
今回、けっこう色んなところを撮られちゃったなあ・・・(n-elleさん、huetteさん、楽しみにしてますよ!)。
あー、そこの悪ガキ、自分たちが調子よくなったからってゴメスをいじめちゃいけましぇん。

a0094449_614021.jpg

やっぱ、ゴメスもボクみたいに早く髪を切ったほうがいいよ!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-29 05:50 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(6)

どうしてそこへ行くの?!

バーレーン戦、ただいまハーフタイム。

家人がなにやら専門用語を持ち出して、日本代表選手の空間理解能力のお粗末さに非難ゴーゴー。バーレーンのほうが理解してる、とのことです。
そしてわたしたち二人して「ばかっ!3番の前でシュートを打つなんて、何考えてるんだかっ!」と。

バーレーンのCB、3番マルズークすごいですよね。
山本カントクは解説で何も言わないけれど。実況アナもほとんどふれないけれど。3番が必ず最後をつぶしているのに、誰も囮にならないし、最後も3番の前でシュート。

彼のすばらしい身体能力、背が高く、必ずボールに身体を入れる・・・・ひょっとしたらドイツのCBよりも上手いかも?!って感じの選手、JFAったら相手国の選手のフォーメーション表を「発表されたら追記する」とかしたままで・・・。遅いってば。
何度も同じ間違いを繰り返す日本人選手たちに、ついぞ家人までが「ああ、また3番の前に行くっ!ブンデスで何を学んでるんだー」とヤジを飛ばしてます。

私達の心配は日本の体力がどこまで持つか・・・ということです。中東の選手って、荒いプレーというか、身体強いですよね。あー、心配だわ・・。

そして、私が応援しているチビッコ左SB。現代の牛若丸と我が家では呼んでいる長友くん。うーん、今朝のモルゲンターク新聞で、元代表選手から「体力はあるけれど頭が悪いプレーをする」と言われてしまってました。私も、彼にはもう少し論理的にゲームの組み立て方を教えたほうが良いと思いました。彼はJの下部組織育ち上がりではないので、その辺が甘いのかなあ。まだ先輩たちに遠慮してるのかな?

マルズークを別のところにひきつけて、誰か早く決めてっ!岡ちゃん、マルズークのこと、言ってくれたよね?!

追記
今、ナカムラがセットプレーからうまく決めました。しかも、3番にマルズークに当り、コースが変わって・・・と。
しかし、マルズークのディフェンスはすごい。それを避けるってことが必要ですよね、そういう知恵がいい所で働きますように・・・。

さらに追記
はァ・・・・。勝ちましたよ、勝ちました。けど、すみません、93分のコーナーの前でのあれ、なんですか?スコットランドやフランスではああいうことするんですか?気、抜けまくっていましたけれど、あれ、「わざと」ですか?あんな終わり方でいいのか、勝ち点3はよかったけれど、なんだか負け試合以上に今怒ってます、私たち・・・!カピテン中澤が身体はってオナカにボールを隠したからよかったけれど・・・。バイヤンで何度も良い思いも辛い思いもしているわたしからすると、あまりのお粗末っぷりに強烈ムカついてます。
鬼太郎はよかったですねー!彼は守備がいいんだ、と改めて気付きました。
えーっと、急に音声がスタジアム全体に響き渡ってからのインタビュー。あのインタビューをとっているのはどこのアナウンサーでしょうか?民放、公共放送?なんだかねえ・・・・。選手たちも、なんでしょうかね、あれ。ネッツァーがもしこの試合を解説していたら「93分にバカが二人(以下自己規制)」とか言っちゃいそうで・・・。ヤマモト元監督もその辺はキチっと言ってほしかったです。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-28 20:23 | サッカー | Trackback | Comments(0)

こんなにあったんだー

私が次に買いたいもの、っていうのは、実は金額がほぼ同額。
で、もう半年以上、どーしよう、どーしよう・・・と。まあ、本当に買おうと思ったときには、物入りになっていて、そういう余裕がないんですけれどね(笑)。

それは、カメラとipod touch。

カメラは、家人がほぼ同じクラスのカメラを持ってるし、私が普段使うコンデジだってまだまだ問題なし。むしろ、満足してる。ipodも、動画は見られないけれど、自分の好きなCDの曲がききたければ、なんちゃってipodこと携帯電話にいれちゃえばいいし。

家人は旅行用ということもあって、ウォークマンを半年ぐらい前に購入。すごくお気に入り。でも、弱点はmacからmp3に落とせないのだとか。なもので、マッ君でもあり窓くんでもある家人、macに落とした音楽を一度別媒体で窓に落としてそれをウォークマンへ・・・と一手間かけてます。

itunesも同じようなことがあるんですよね。これだけボーダレスなブランドのはずなのに、しっかり国境があるんです。その国の銀行口座、もしくはその国の銀行から引き落とすクレジットカードがない限り、海外のitunes店ではお買い物ができないのです(無料ポッドキャストは大丈夫)。
熱帯雨林.deの便利さに慣れている私、ま、まっさかーと思いました。だって、世界企業なのに、リンゴ社って・・・。IPアドレスの壁並みにびっくり。
ドイツでお求めになった独欧州さんのiphoneも、日本では使えないのだとか。
私がakberlinさんにヘルビーがitunes用に作ったものを買いたくても買えないんですよーって話していたら、ドクさんがヘルビーネタに反応してくださったのでした。akberlinさんが、私のヘルビー×ちがいっぷりを説明してくださったときに、ついつい、「殆ど全部の彼の作品を持っているんです!」と自慢げに言ってしまった私でした。
帰宅して、久しぶりに点在するヘルビーグッズを手にとって見ました。いまでこそ、サッカーのために辞書をひく毎日ですが、当時はヘルビーのことが知りたくて、一生懸命辞書を引いていたのでした。

私に万が一のことがあったら、これ、どうしよう・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-28 11:24 | Musik | Trackback | Comments(4)

ドイツ版キタロー?

ドイツ代表チームでは、まだまだNr.1の座が確定していないために、色々と物議を内外で醸しているようです。

そんななか、三人いるNr.1候補者のなかで、「おっさん」枠No1だけはすでに決定していると思われるエンケと、EM08の選手代表発表会で大泣きしたミニゴメツの余波をモロに被った形で、EM08では「決まらない」と泣いていたゴメツの「針のむしろPK」が昨晩ありました。

「おっさんエンケ、見てみたい?」と家人に聞いたら「いや、いい」と。
で、次はゴメツだよー、と。すると「あ、キミがみたいんだろう?」と・・・・

遠慮せずつないで、ゴメツ登場を待ちます。
すると、意外なところからゴメツたち登場(普通は横から入るのに、昨日は正面から)。
そして、司会者があれやこれや話している間、反省中のタレントのようにうつむきっ放し・・・・
それをみた家人が「なんだろうね、この態度は?まだ立ち直ってないのかな」と。

でこの顔が映ったと同時に二人で思わず・・・・
a0094449_728664.jpg

「ごめつ、髪、長すぎっ!短くしろー」

いや、こういう感じっていうのはいいんですよ。似合うんですよ。やっぱりカッコいいですよね~。日本のモノマネ代表選手たちとは違うと思うんですよ~。PK会場の比較的前のほうに座っているカメラマンが望遠レンズを使って彼を写すのもわかるんですよ。でもでも、その長髪でうつむいている時の様子は・・・。ドイツ版鬼太郎?てな具合で・・。
ほら、さそりんだって髪を切ったら、憑き物が落ちたようになってますよね!ゴメツもポ王子なみにばっさりってどうかな?>余計なお世話?」

家人が「なんだ、この暗さは」と。案外短かったPKに「これってさ、出る人は誰が決めるの?Jogiが選ぶのかな?」と。私が「チームとしてイチオシだとか、久しぶりに戻ってきたとか、クラブでも調子がいいとか、新人だ、とか理由はいろいろあるけれど、うーん」ゴメツ、調子上がってるんですよね?よね?

本来だったら針のむしろに正座のはずのゴメツ、針山の上にそっと手を置いているようなちょっとこそばゆい微笑みかな?と思わせる表情を浮かべたりして・・・。そんな彼のPK、まるで環境ビデオのように我が家の大型画面で流れておりました。

3日間のPK、色々なことがありましたね!こんなそんなの対リヒテンシュタイン戦、明朝4時!私は聴戦でーす!

追記:日本の実写版を演じたのもハーフ役者なので、うん、ドイツ語版の時にゴメツが起用されても、問題ナシ?となると、目玉オヤジはハンジかな?
いや、鬼太郎じゃなくて「来た郎」というぐらいバンバン決めて欲しいですっ!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-28 07:30 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(4)

尽きぬ話題

本日は、himekaguraさんの職場で、akberlinさんとご主人のドク欧州さんと一緒にランチ。

himekaguraさんとakberlinさんたちは初めて。
私はドク欧州さんとは1年ちょっとぶり。

家を出る前に、休みをとっていた職場から電話があり、あー、10分ぐらい遅れちゃう・・・ととにかく走れるところは走りました。おもしろかったのが、himekaguraさんへの職場に向かって走っているところ。私がある男子学生を追い抜かし少し早足になったところを、今度は学生が小走りで私を抜かす。私は彼を抜かすつもりじゃなかったのですが、とにかく急ぎたいので、息がおちついたらまた走り出す。で、すぐに息が切れそうになるので早足にすると、もう一度この学生さんが追い抜かす。その繰り返し、計4回。

私、この学生を煽っちゃった?んでしょうか?

で、向かった先はこちら
a0094449_19371042.jpg

akberlinさんと私がめかじき。himekaguraさんがカレー、そしてドク欧州さんがハンバーグ。

ドク欧州さんの日本語学習の様子については、akberlinさんがよくブログで紹介してくださっていますが、日本語、上手です!日本語で話しているのを伺っていて、その日本語が丁寧でくせがないこともびっくり。ブイテン兄のドイツ語みたいに端整なんです。akberlinさんの日本語も丁寧だからだろうなあ・・・。一緒にいる人に影響される外国語習得ですからね。
やっぱりドク欧州さんって頭いいなあーと思いましたよ。「外国語でギャグをいう」っていうのは、高度なワザですからね!
そしてドイツ人だな、って思ったのが、クラスの授業時間、何語覚えたか、何課あったか、などを具体的な数字できちんとおっしゃるんです。それをきちんとこなしたという自信に満ちた表情に、すごく充実した時間を日本語学校で過ごされたことが伝わってきました。
そして、ドク欧州さんのいまのお仕事について、説明をしてもらいました。akberlinさんの通訳のおかげで私達、すっかりバクテリア研究には詳しくなりましたよね、himekaguraさん!
私は完全に文系の人たちとの毎日ですので、ドク欧州さんの説明は興味深く、また、ああ、この方は本当にこの研究がお好きなのだなあ・・・と。

お食事のあとは、himekaguraさんの仕事場へお邪魔してコーヒーをいただきました。
女子三人がそれぞれ持ち寄ったお菓子をつまみながら、またドク欧州さんに保存食の話、車の話(ドク、もし日本で小学生だったら、スーパーカー消しゴムにはまったでしょうね・・・)などを伺いました。一つの話題からどんどん枝葉がふえていく話になって、ドクが話題が豊富で面白い午後のひと時になりました。それは、やっぱり話題豊富なakberlinさんが要所要所で日本語で説明してくださったおかげでもあるのです!ありがとうございました!
himekaguraさんとドク欧州はマッ君仲間。二人がipod touchとphoneを見せ合ってました。ドク欧州がhimekaguraさんのtouchと重さ比べをしていたりして、さすが科学者!himekaguraさんのtouchを初めて見せていただいたのですが、いいなあ~とますます、買いたくなっちゃいました!

次、いつどこでかはわかりませんが、また、このメンバーでお会いしましょう!今度こそ、みんなでganz日本語で、で!
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-27 19:00 | 日常 | Trackback | Comments(8)

ディスコ・・・・・?

我が家では食事の時にテレビがついていることがほとんどです。それをBGMにして、それぞれが勝手に一日の報告をするという、混沌とした雰囲気です。

でも、DFBのPKの時は、私が真剣に聴いてますので、テレビは切りますし、家人も恐る恐る声をかけてきます。なるべく食事の時間にあてないようにするほどです。
この頃は、話好きなJogiのせいか、どんどんとPKの時間が長くなっている気がするんです。そうなると、食事の時間が難しくなります。それを解決する方策が見つかりました。テレビにPCをつなぐことになりそうです。これなら、食卓にPCを広げなくていいし、二人で見られますからね。


テレビにつなぐには、一度パソコンの電源を落とさなければなりません。一度切ってしまったら、またDFBにログインしなおさなくちゃならないし、「もう入れません」みたいなことになるとヤダし・・・。
なもので、Jogiの話が終わるまで家人は音声だけ聞いてました。

英語だったら聞き取れる家人。
ドイツ語はほとんどわからないけれど、家人にひっかかる部分があるようです。ま、2歳児とか3歳児が大人の言葉の一部だけ取り出すようなものですね。

昨日の家人のひっかかりは「diskotieren」
そう書くと、ははーん、オチはそこかなと思う方もいらっしゃるかも。

今回のPKは予備知識なしで挑んだのですが、なんだか、GK問題をはじめ、メディア的にはつっこみどころ一杯だったみたいですね。

そのためだったのか、レーマン、レーマンと。
家人もレーマンはEMで覚えました。そして代表引退をしたことも知ってる。なのにレーマン、レーマンなので、
「ね?レーマン、なにかやったの?」と。
うーん、GKがきちっと決まってないから、そのことで「レーマンは過去」とか言ってるのかなあ・・・とテキトーに返事。

しばらくすると「あ、今のはわかった。ディスコにいくような不良(ココでは、破門になったクラニーを指す)はドイツチームにはいらない!ディスコにいったら、試合にださない!って言ったんだな」と。
「ち・が・い・ま・すっ!チームでは議論を重ねてますってことだよー。ディスコじゃないってばっ!ドイツではディスコテークなのっ!あ、英語もディスコティークだ・・・U2の曲にあったよね!」と切り替えしつつも爆笑。
Zooに入っていたDiscothiequeのPV、とっても好きでした。よくMTVで流れていましたよね。ひさしぶりにCD聞きたくなっちゃった。

さて、本日も我が家ではPK鑑賞(!)予定。チーム1オッサンなエンケと、家人に「EMの時は本当に可哀想だったなあ。もう立ち直ったかな」と言われているゴメツ。家人が何をどういうのか、いまから楽しみです。実は、家人、この1年、特にEMやバイヤンの来日試合を通して、彼なりにドイツ代表は身近になってきたような・・・。
特に、最近はポ王子の移籍のことを気にかけてあげていたようで(半分、ヤギチームのアホアホっぷりが気に入ってるのかな?)昨日も、「で、ポ王子は元気なの?今度は出られるの?ケルンは買い戻しのお金貯まったの?」と。お金、貯まったのかしら、?
[PR]
by eastwind-335 | 2009-03-27 09:51 | ドイツ・サッカー | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る