<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

りーほー!臺北!(8)淡水へ その3

まだ、2日目の午前中です。

バスでほんの数分で、淡水で一番訪れたかった「紅毛城」に到着しました。
行く前に本を読んだものの、台湾の歴史って複雑なため、どこを端折ってよいのか見当がつかないのですが・・・、サクっとこの城の歴史を紹介します。
a0094449_1820566.jpgこの城は所有する国によって名前が変わっていたようで、まずこの城を建てた17世紀前半のスペイン統治時代には「Saint Domingo(聖多明哥)」の木造の城。その後、オランダ(東インド会社ですね~)が統治するようになってからは「San Antonio(安東尼)砦」となりました。
歌舞伎などでお馴染みの鄭成功によりオランダの勢力が一掃され、現地人の焼き討ちにあったこの城も修復されたものの、軍事上の理由から1724年に再度修築されるまでは、放置されていたみたいです。
結局、天津条約によって淡水が開港され、イギリスが領事館を置くまでまたまた放置状態。1972年に台英断交(中華人民共和国と国交を結ぶ)ことによって、イギリスはこれを手放し、その後、オーストラリア、アメリカが管理。台湾に返還となってから一般公開とあいなりました。ということで、この城の入口に、関係各国の旗が翻っているのです。

予想外に時間がかかって・・・・
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-29 19:32 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(0)

りーほー!臺北!(7)淡水へ その2

台北2日目、まだまだ9時過ぎの話です。

紅26の路線図をジーっとみて、紅毛城見学の前に、滬尾(ホビ)砲台に行ってみよう!とマイナーチェンジをしてバスに乗り込んだ私。
a0094449_1133743.jpgいくつかバス停に停まるたびに目に付いたのが、この状態。人が乗り込む際にドアが開くのですが、するとこの「」マークが出てくる仕組みなのです。


a0094449_11553243.jpgバス停をとりて、地図を確認すると、なーんとなく寂しい坂道。まあ、危ないと思ったら走って駆け下りたらいいんだ、と決心して、登っていきます。
途中、スコーン、スコーンとバッティング練習のような音がします。でも、人影がなく、ドキドキ。

a0094449_11573222.jpgなんだかホッとするような風景を見下ろしながら行き止まりまで到着。はて、砲台はどこでしょう?


a0094449_12045.jpgガックシorz・・・。
あーん、暫く閉館ですって・・・(号泣)
(←その数時間後、今回の旅ノート(下調べの結果とか、お土産リストとか旅日記を兼ねたノート いつも途中で終わってる)に「旅行中やっていない観光スポット」に、自筆で(そりゃ、他の人の字じゃ困りますが)「滬尾(ホビ)砲台」とあるのを発見。私って一体・・・)


a0094449_1225352.jpg
呆然としながら、やけっぱちに写真を撮る私に、かけよってくるオジさん、約一名。「クローズ、クローズ」と言って淡水の日本語観光地図をくれたのでした。ちなみに、オジさんの後ろは台湾に初めてできた名門「台湾ゴルフ倶楽部」です。そうか、オジさまたちの間で「台湾はゴルフもできる」という話があったのは、このことだったんだわ・・・。
a0094449_12101214.jpgこの砲台は、中仏戦争(1884-85)の時に清が台湾海防のために設置したものの実戦には使用されてなかったとか。ドイツ人技師が作ったそうです(オジさんのくれた観光地図に書いてありました)。
次は15番をめざすのね~。バス、すぐに来るかしらん・・・。

一人アディダスCM気分
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-29 11:35 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(2)

りーほー!臺北!(6)淡水へ その1

ようやく2日目朝となりました。

「知~らない、街を、歩いてみたぁい♪」をBGMに二日目は午前中ちょっとだけ台湾北部の港町である「淡水」の紅毛城に行って、「士林」にある故宮博物院で昼前からじっくり見学をしよう、というのが大まかなスケジュールでした。

まず、朝、目覚めて(4時半←日本だと5時半です)、7時の朝食まで時間があるからなあ、とテレビをつけてザッピングをしていたら・・・
ウキャー、CL(チャンピオンズリーグ)をやってるわ~!!!試合自体は終わっていたようですが、ちょうど後半戦のまとめがはじまるところ。ジェラルドの右からのシュートがゴール左のポストにあたり方向が変わって決まった!というシーンに胸ドキドキでした。
あー、もっと早くにこのチャンネルに気づいていたら・・・・と思う反面、100近いチャンネルがあるのにテレビ番組表のないこのホテル。72だか73番目のチャンネルを見つけ出すのは、わらの中から針を探し出すようなもので・・・。

食事を終えて、身支度してホテルを出たのが7時50分。
ホテルから駅まで歩いていると、ウワサに聞いていたバイク通勤のみなさんが・・・。

a0094449_656224.jpg
これは横断歩道を通り過ぎて振り向きざまに撮ったもの。子供が親と一緒に通学というのも、注目です。私は埃も排気ガスもへーっちゃらなんですが、ノドが弱い方などは、空気の悪さをスグに感じられることと思います。

a0094449_6582556.jpg駅近くのミスター・ドーナツでは鹿男さんが日式オトコマエをご披露!(ミスド、日本円に直したらほぼ同額でした。)



タクシー初体験
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-29 07:57 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(2)

ランチデート

この1ヶ月あまりのうちの数日、himekaguraさんの職場での仕事が入ることになりました。
himekaguraさんとは、休日の行動範囲が一緒になることがあるし(実際ニアミスがありました)、絶対にここでもすれ違っていたと思うのです。

実は、昨夏の仕事の後で、次の時には是非お会いしましょう、ということになっていました。

そして、その日がやってきました!!!

himekaguraさんと既にお会いになった方々のブログを読むと、オシャレなめがねをかけているステキな方とあるので、私もせめて首から上だけは・・・と思ったのですが、はい、ミュンヘンダービーですっかりうっかり・・・。それでも、いつもよりは100パーセント女子度up(本人申告比)で、出勤!

どのくらい、女子度upかといえば、はい、昨日、まつげパーマかけてきました(「自然な感じで」とお願いしたにもかかわらず強くかかりすぎてしまい、今まで体験したことないほど、まつげが上を向いてました)。(あれでも)まだまだデジパも残ってました。ちゃんと口紅も塗りました。(←nyfさんやakberlinさんとお目にかかった時も実はそうだったんですよ~!)

しかし、失敗したのは、仕事着であるセーター(いまいる部屋が寒いもので・・・)を一枚脱ぐのを忘れたままで待ち合わせの場所に行ってしまったことです・・・。



ご対面!
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-28 21:25 | 日常 | Trackback | Comments(14)

赤vs青

ただいま、DFBポカール準々決勝を聴戦中です。(2月29日写真追加しました)

今日はFCB.tvはライブティッカー(日本語のテレタイプという言い方、そろそろ終わりにしても・・・・)だけ。DFBによると、テレビではZDFが中継のようです。そんだけ大きな試合なんだから、ミュンヘンの地方ラジオ局ではひょっとして、と思いながら、窓口であるWDR(ラジオ)に寄ったらやってました!ということで、最初15分は読戦だけでしたが、それ以後は聴戦と併用とあいなりました。

ボメル兄ィはポカールは出場できたようです!やれやれ!!!今日はヤっちゃわないでね。

アナウンサーが何を言っているかは聞き取れないにしても、観客席の熱い熱い声が聞こえてきて、ライブティッカーを読むだけの味気なさから解放されます。気持ちも即座にup!
そんな私ですが、20分前後からNeiiiiiin! (FCB.tvライブティッカー表記)状態になったり、schadeだったり、頭抱えたり、思わず立ち上がりそうになってしまったり・・・。それぐらい前半から惜しいところ満載!
a0094449_6134843.jpgポ王子の攻撃から始まり、結構いいところがあったのに~。
特に30分以降のルカトニ、トニクロ、ルカトニ(別にしりとりじゃありません)の攻撃は「うわ、うわ、そうだぁ!」という感じで・・・。決まったか!と思ったらオフサイドだったり・・・。審判に対して「ま、機械じゃありませんからね」みたいなコメントがあったような(気のせいかも)。
今回の放送は中立を旨とする(違)WDRで、共通語での中継となっているようですが(バイエリッシュが何かもよくわからないけれど)、アナウンサーも興奮気味かも。

a0094449_613533.jpgPK(プレスカンファレンス)には願掛けチョボひげ状態(でも、あれって、鼻の下のカットを見るに、彼なりにスタイルがあるようですよね。ホントはニコラちゃんに止めてもらいたかったけれど)だったうさラムたんも、スッキリした顔で積極的にボールにかかわっているようです。(後ろは、「将来はこの路線で行こう」と決めたに違いないトニクロ(違))



後半もノリノリ
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-28 07:21 | サッカー | Trackback | Comments(6)

りーほー!臺北!(5)夜市デビュー!

すみません、まだ一日目、おわってません。

おなかすいた~、何を食べようかな~と思いながら保安宮を出てきた私。
もと来た道を戻って圓山駅へ急ごうと思ったら、行きには普通の道だったところに何かが・・・。

a0094449_4253588.jpg


台湾名物の夜市です!ガイドブックや地元情報サイトには、観光客相手にやっている、だとか、地元でも有名な夜市のことが紹介されていますが、ここ「大龍街夜市」のことは書いてありませんでした。

まだ6時半ごろでしたが、そこそこの人出。ちょっと寄って見ることにしました。
a0094449_4372750.jpg30元(約120円)で麺類が食べられるのね。
中国本土の出張に同行した男子は油とミネラルウォーターでおなかを下したし、ネパールで一緒だった人はホテルに用意されていた水にあたったらしい(彼女はそれ以来、日本からミネラルウォーターを持ち込んでます)。ほとんど私と同じ物を食した(違ったのは飲み物だけ)家人だけが上海で食あたりになったことも・・・。そういう人に比べると、たった一度だけ、疲労困憊状態でのソウル出張の折、唐辛子にヤラれた体験があるのですが、他人には知られずにすんだので勧められるままに更に色々食べてたワタクシ、原始人なみらしいです。
そうはいっても、油断大敵。旅行中に寝込むのはもったいないと思ってますので、原則として氷ものや生ものは食べないようにしています。そんなわけで、火を通してあるんだったら大丈夫(と固く信じている)、と頼んだのが、これ↓

a0094449_4381754.jpg

いくつもある食材(既に甘辛く煮てある)の中から、いくつか選ぶ(写真は鴨の足、猪(豚)のレバーと餅を混ぜたようなもの)と、小姐さんが鍋にそれを入れます。それを煮るのかなとおもいきや・・・

a0094449_44815.jpg揚げるんです。いや、揚げることで温めるんですね・・・。アツアツになります。


a0094449_4494925.jpgそして適当な大きさに切って、花山椒だか胡椒のようなものをふりかけて、袋にいれてくれるのです。ツマミっぽい感じですね。両方で55元。

MRTでは飲食禁止ですから、駅に着く前に食べなくちゃーと周りを見回したら、みんな食べ歩きながら店を冷やかしている様子。そこで私もそれをつまみながら、夜市を一周。そして駅へ戻りました。

こちらはガイドブックにも出ています
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-27 05:26 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(4)

蹴球愛好風極東的女子、熱烈必読!

a0094449_195861.jpg


すでに皆様ご存知かもしれませんが
蹴球愛好風極東的女子、熱烈必読!(←このキャッチフレーズはナンチャッテ中国語ですからね)な本が出ましたよ!

ありがとう、安藤サン!
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-26 17:23 | サッカー | Trackback | Comments(8)

りーほー!臺北!(4)ぐるぐる、ぐるぐる

まだまだ台北滞在の1日目をひっぱってます。

a0094449_638247.jpg
孔子廟の前には、1806年に創建された保安宮と呼ばれる大きな廟があります(これは正殿)。
a0094449_7455728.jpg回廊には、「交趾陶」(コーチ陶:ベトナムや中国南部の色とりどりの焼き物。ググったところ、台湾では19世紀に広東から伝わったそうで、寺院の壁面を飾るとありました。人物、瑞獣、植物をモチーフとしたもので、これを所持している者は幸福になる、という故事が中国にはあるとか。これを見ていたら、事務所の人が「とっても脆いから壊れたらおしまいなんだ」と説明してくれました)が飾られ、

a0094449_7474578.jpg彩絵といわれる伝統的なペインティングが回廊の梁に行われています。


ここは、医学の神様である保生(ほせい)大帝が祀られています。男子エイヨウ大学の家人の血圧が下がりますように・・・と正殿前でお願いをし終えた私の目に入ったものは・・・。
a0094449_6395430.jpg


自分が大切?
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-26 08:41 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(2)

りーほー!臺北!(3)着いたらGO!

旅行記のタグですが、一言だけ。
どうして女子の東アジア選手権(しかも優勝をかけた試合だったのに)を深夜に録画放映するんでしょうか?→すっかり疲れが出て寝入った私でした。バイヤンの試合も寝過ごしてしまいました。引き分けとは・・・orz。しかし、

なでしこジャパン、すごい!初めての金メダルなのだそうです。これぞハイターッチ!ですよね。日本を出発する機内で読んだ記事だと、澤はちゃーんと海外のチーム(バルサだったか)のプレーも意識しているのだとか(男子、聞いてる?)。今の彼女たち、現監督は元コーチと言う意味で、まるでクリンシーからヨギに代わったときのドイツ代表みたいな感じ。北京五輪まで怪我人がこれ以上増えませんように!

対岸では東アジア選手権をやっていることを微塵にも感じさせない台北の旅行記、まだまだ1日目の話です・・・

a0094449_6361346.jpg今回泊まったホテルは、四年ぐらい前に作られたホテル。台北駅からMRTと呼ばれる新交通システムで一つの中山駅が最寄り駅です。ホテルへのクチコミを読んでいたら駅からタクシーが便利、とあったのですが、地図を見ると、中山駅から歩いても15分ぐらい。道も一本道。これまた節約気分で、歩いちゃえ・・・と。
中山駅にはホテルが多いのですが、それは駅の東側。東側はそうですねえ、銀座みたいな感じでしょうか。ブランドショップがジャーンとあり、ファッションビルやデパートもある。通りの店のショーウィンドもこじゃれた感じ。

a0094449_6374655.jpg 私は西側。徒歩15分とあります。利用者コメントには「駅まで歩いていても、何もないのでつまらない」とあり、さぞかし寂れた所なのかと思ったのですが、要するに普通の町中(ガイドブックには下町とありました)でした。小さくてしかも軽いスーツケースを引きながら、地図を片手に、南京西路に沿って並ぶ商店をものめずらしくチラチラ見ながらあるいていたら、後ろから英語のできる女性に「何か困ってますか?」と尋ねられました。どうも、道を迷ったように見えたようです。彼女は私のホテルの場所を地図で確認するや否や「遠いわね!歩いて10分ぐらいだからタクシーの方がいいですよ。」と勧めてくれたのですが、町に慣れるために歩いているので、と御礼を言って別れました。台北はタクシー初乗りが70元(約280円)。タクシーの台数も多く、手軽に使っているとは聞いていましたが、ほんとなんだな~と、実感。

ホテルでは(お願いしたわけではないのに)角部屋が用意されていて、予想以上にシックなインテリアや広さを嬉しく思いました。しかし、ホッと一息つく間もなく、荷物を置いてすぐにおでかけです・・・。

台北版ブラスバンド?
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-25 07:00 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(2)

りーほー!臺北!(2)何に乗る?どこに乗る?

出発当日、いつもだったら東京駅から成田エクスプレスに乗るのですが、このちょっと前に出る総武線快速も成田空港行き。家を出る時間は結局変わらない(つまり、いつもこの電車を見送ってエクスプレスに乗ってました)。途中でエクスプレスに抜かれるのですが、東京からは座れるし、搭乗手続き時間には問題なし。台湾の物価を調べていると、この特急料金代で台湾新幹線に乗れる!ということがわかりました。

はい。心もちは伯爵、立ち居振る舞いはボーナムで、金銭感覚だけはジェームス君な私です。

実は私、旅行前に食べるモノがあって、それが成田エクスプレスだったら、皆さんも食事をしているので食べられるのですが、今回は普通の通勤電車でもあるわけで、空港までがまんがまん・・・。それよりなにより、成田って寒いんですねー。車窓から見える風景は霜柱の立っている田んぼ。
昔の総武線と違って新型車両って足元がスースーするんですけれど、エクスプレスに追い抜かされる間、成田駅でドア開けっ放し。なんせ気温18度対応の服装です。ユニクロの薄いフリース、薄いニットのセーター、Tシャツにジーンズ。朝出るときに靴下を履くつもりだったのに、なぜか足元は膝丈ストッキング。思いっきり冷えてしまいました。手にしていたペットボトルの紅茶で暖をとる私・・・。
台北も寒いといけないので、空港で思わず1枚だけホカロンを買ってしまいました。あーあ、この前、薬を買った時1枚もらったのに・・・、内心「チッ」と。

お席は計算されております
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-24 19:37 | 旅の思い出08台北 | Trackback | Comments(12)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る