<   2007年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

お江戸日本橋から東京丸の内へ(その2)

その1はにあります。

さてさて、三井記念美術館の見学を終え、山車見学のために東京駅に移動するために神田駅へ戻ります。千代田区のHPによると、パレードは皇居のナントカ門あたりから4時から始まり、丸ビル前が終点となっています。でも4時から8時までってどんなパレードなのかしら?私が一番見たかったのは、山車というよりも、実は朝鮮通信使の行列。これは比較的早くにスタートすると書いてあったけれど、どのあたりで見るのがいいのかなあ・・・と思いながら駅へ急いでいたつもりだったのですけれども・・・。
ふと、横を見てしまい、途中で見つけてしまったんです。これを。
a0094449_171166.jpg

石町という地区らしいのですが、きっと平日には仕事帰りのおじさんたちがここで一杯やっていくのでしょうね。

さてさて、東京駅に電車が着くときには、終点である丸ビル前で見ようと決めましたので、東京駅から丸ビルまでまっしぐら。すると、いかにも韓国伝統音楽のようなラッパの音が!

ああー、横断歩道の赤信号の待ち時間がこんなに長いとは!

結果オーライ、間に合ったーっ!そしてhimekaguraさんとニアミス!
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-30 17:45 | 日常 | Trackback | Comments(5)

お江戸日本橋から東京丸の内へ(その1)

木曜に東京駅でふとみかけたポスター。土曜日の夕刻、山車が丸の内を練り歩くとか・・・。

土曜の朝、ネットで詳細を確認しようとしたら、間違って、中央区のHPを検索。しかし、そのおかげで行こうと思っていた美術館展示があったことを思い出しました。

それがこれ。
a0094449_1017620.jpg

行かなきゃ、行かなきゃ。旅がテーマだもん。絶対行かなきゃ、と思っていたのです。またもや会期ギリギリですけれども、山車を見る前にこれを見なくちゃ・・・・。

でも、昨日は午前中はダラダラしてしまい、結局、家を出たのは2時半すぎ。

神田駅から日本橋に向って歩きます。久しぶりです。いつもは銀座のほうから歩いて行くことが多いので。
娘時代、私が母のお付きで日本橋三越へ行くと、不思議なのですけれど、父が勤め先のある室町のほうから横断歩道を渡ってきたり、私たちが1階で何かを見てると「やあ」と現れました。多分、両親は打ち合わせてあったのでしょう。で、千疋屋へ連れて行ってくれました。あの頃の千疋屋は、店内にたくさんの観葉植物があり、海辺の街にはぜったいない雰囲気。銀座の他のパーラーや喫茶店とも違う雰囲気でした。

日本橋周辺が新しくなってから2年近くになりますが、初めて行きました。
あのあたりって昔は古美術商がけっこうあったように思うのですが、いま目に付くのは、肩もみなど癒しのお店。サラリーマンはお疲れですよね・・・。耳掃除をしてくれるお店もありました。
それでも、日本橋三越近くになると・・・
a0094449_10574551.jpgすてきな雰囲気ですねー。ここ、古美術商なんですよ。前はどんな佇まいだったのかしら・・・。

この日飾られていたのは・・・木彫りのネコ2匹と徳利や小皿。
a0094449_1110244.jpgこの徳利は印判手つまり手描きではない手法によるものだと説明がありました。a0094449_11103928.jpg

この店の前に今日の目的の三井記念美術館の入った外資系ホテルのビルがそびえ立ちます。

美術館に入るまでも見所満載です!(長文なること、ご勘弁のほどを)
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-30 12:47 | 日常 | Trackback | Comments(2)

今日はレンジングが守ります

*昼間でかけたせいか、とにかく眠くて眠くて、ウトウトしながら聴き、そのノリで書いているので、読み直したらいつも以上にへなへな。少し書き加えたり、構成を変えました。(9月30日午前6時追記)*

目下、PCにヘッドホンをつっこんで聞いてます。今日は10時ごろからつながり、FC Bayern Stern des Sudensが繰り返されていました。音は小さくしたつもりだったのですが、家人に「その歌、繰り返しが耳障り」とdas nurvetと注意をうけ、ヘッドホンを渡されました。

「ちいさなおうち」だと仕方ないこと。

でも家人の見てるテレビの音は、イヤホンをしていても聞こえてくるよ。

今日は、レンジングがキーパーです。ま、「いつまでもいると思うなTitanカーン」ってことでしょうか。しし丸さんのところで、オクトーバーフェストをフライング参加したカーンとその彼女の写真っていうのがupされてましたが、なるほど、今日の仕事はナシとわかっていたからなのね~。

なんだか、シュートは決まらないし(解説者はnicht schlecht と言ってくれてますが)、レンジングも危ないことが続いているようで・・・・。でもいいセーブもしてるようです・・・。

イヤホンしながら、ウトウトしてたようです。でも、わーと盛り上がるところでは、ハっと起きてましたよ。一度は、ゴールが決まった!といわんばかりで解説者がわーーっと盛り上げてくれたのですが、「おお、これが得点ではないと?!」と。えーっと、私もイスから立ち上がっていたのですが、始末がつかず、スゴスゴと腰を下ろしました。で、ライブティッカーもぜんぜん動かないし、これじゃウトウトしちゃうわー、また後半にならないと点が入らないのかしら、思っていたら、nyfさんのルカトニが前半40分にクローゼからのパスを決めました!おお、今度こそ!

あらら?もう少しで前半が終わりという時間帯のなのですが、なんだかすごいブーイングが・・・・。レバクーゼンのみなさん、かなり怒ってませんか?何が起きたのでしょう・・・動画、見なくちゃね。

Heroesってアメリカのドラマ知ってます?
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-29 23:17 | サッカー | Trackback | Comments(6)

うさラムたん、ニコラちゃんといっしょにサッカーをみる

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルになってます*

まだまだ離脱中のうさラムたん。まだ走ることができないようですが、「じーっと」しなくてよくなり、ホームの試合の日はスタンド観戦をしています。
水曜のコットブス戦は、まいさんちのTamaちゃんからも「かわいい」とお褒めのあった、うさラムたんのFreundinニコラちゃんと一緒に!しかもニコラちゃんにほっぺをつつかれていたと!ニコラちゃん応援団の私としては、もう、これは見なくちゃー。写真でupされてないかなーと、職場の昼休みにbildやらRPやらをせっせと回覧していたものの、ちいさいウサギ2匹の写真なんて・・・載らないのかなあ・・・と思い、帰宅。いろんな方のブログにもっとニュースがないかなあと(←ウロウロ。

なるほど、載らないはずだー!と納得。

このまえのコットブス戦、5:0という大量得点による勝利だとか、トニー・クロース大活躍っていうのは表向きのニュースで、しし丸さんのupしているヴァン・ボメル兄貴とクローゼの「ドッキドキ」パフォ写真、リベリーのバイヤンカラーのNikeシューズとか、見所満載だったようです・・・。

昨晩、貴方地下鉄駅でコットブス戦がupされているのを見つけました。これ、テレビをupしたものかと思ったのだけど、バイヤン有料TVをオープニングからそのまんま(7分ぐらい)upされたものでした。コットブス戦ハイライトをまだ見ていなかったので、バッファーなしの貴方地下鉄駅で見ることに。で、決まりそうで決まらない前半戦が終わりハーフタイムに入るところあたりで、解説者が「うさラムたんがなんちゃらかんちゃら・・・」と。

こ、これー、まいさんがいってた、「ニコラちゃん、うさラムたんのほっぺをつつく!」だーっ!

灯台下暗し。まさか、そういうシーンを所属チームの有料TVで流していたとは。
しかし、このことをupするだけの気力体力がなく・・・・
で、今朝、upしようと思ってyoutubeを探したら、ない!
さすがにそのまんまだったから、ひっかかっちゃったかなー?
でも、世界中のうさラムたんファンの誰かが、あのシーンだけをupしてくれるかも・・・と期待して更に探っていたら・・・・、ありましたよ!

タイトルもずばり「Phillip & Nicola」ですよー!

うさラムたん、ニコラちゃんといっしょにしあいを見ていてます。まいさんが教えてくださったほっぺをつつかれていたシーン、この二日ほど「やだぁ、うさラムたんったらぁ」とほっぺをツンツンつついていると・・・勝手に想像していましたが、チトちがってました。さすがドイツ女子というか、ニコラちゃんというか・・・。

ま、音がぜーんぜん聞こえてこないのをいいことに、勝手にいろいろなセリフをつけることができますよね。

「これだったら、ボクが昨日マリオチャージでやった時のほうがうまくいったよ」
「えー?おうちでもゲームはしばらくお休みってやくそくしたのにー!」とほっぺをつつく。
「てへ、ボク、ニコラちゃんにはないしょができないな」
「全く・・・」

「こんどのオクトーバーフェスト、元ミスミュンヘンが二人も来るんでしょう?」
「え?でも「元」だよ。ニコラちゃんはそういう人と違うからいいんじゃん」
「どうせ、お姉ちゃんの元同級生だもんね」とほっぺをつつく
「てへ、でもぼくにはスペシャルだから(ボソ)。」
「もう・・・」

とにかくどう見ても、うさラムたん、ニコラちゃんにめちゃくちゃ惚れてますねー。ふふ。
普段、女子と写真を撮る時は一定の距離をとるうさラムたん、こういう顔見たことないですよー。やっぱりうさラムたんは「ぼくの近くにいていいのは、ニコラちゃんだけ」なんですね。
ニュースソースは忘れましたが、ニコラちゃんってお姉ちゃんの学校時代の同級生なんだそうですよ。その辺も地味なうさラムたんらしい選択と評価されてました。こういうこともバイヤン年鑑には書いてあるのかしら?
あ、あと、まいさんちのtamaちゃんの最近の名言(!)『Lahmは男だよ?大きいよ?可愛いってわけないでしょ』 じゃありませんが、ニコラちゃんと一緒のうさラムたんは、ほんと不思議なんだけれど、実寸より大きくて男の子っぽく見える気がします(解説:まいさんちのご子息tamaちゃんはこの夏、うさラムたんと至近距離で遭遇。「ラームって大きかった」とまいさんにご報告との由)。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-29 11:35 | バイヤン | Trackback | Comments(4)

つ、強すぎる!

「なでしこ」たちが、1次リーグ敗退のあとで掲げた横断幕。その後、中国で論争になったそうで・・・。

私は、ナデシコたちのこの行為を支持してます。彼の国の「人民たち」の間でアーダコーダという話になるだろうから、日本のテレビ局がナデシコのあの行為をほとんど取り上げなかったのは刺激をさけるためかな、ぐらいに思ったし。それが、あの騒ぎになったら各局、各紙が取り上げている。

そんなことより、試合をもっと取り上げて欲しかった・・・。
なんで、男子だと良かろうと悪かろうと取り上げるのに、なんで、女子は、試合結果すらロクに取り上げられないのでしょうねえ。

a0094449_695992.jpg
さて、日本が最後に闘ったドイツ、決勝トーナメントでもドンドン勝ち抜き、決勝まで駒を進めました。我が家では決勝戦まで見られないので(地上波生活の悲哀)、毎日、DFBでチェックしてます。Kapitaeninプリンツも調子をあげてきているようで・・・。雄叫びといっていいのかな、とにかく気合を入れて吼える姿が、カピテンバラックに似てます。いい調子なんじゃないかな、と試合を見てないのに写真で勝手に想像中です。

強いといえば、バイヤン。
今日は英国週間でコットブスとの試合があったのですが、4時半ごろ起きてすぐにバイヤンのHPを見たら、ドイツ語版ではハーフタイム時点での報告がupされていて前半は0:0だった模様。まだラジオをやってるのでつないでみたら「さっきはトニ・クロースがなんちゃらかんちゃら・・・・」と。で、ライブティッカーへ行ったら「5:0」

へ?5:0

5回も「bayern なんとかー(点数)」「Cottbus ヌぅール」も言えたのにー。あああー。昨日職場が内戦状態となり、地雷が埋め込まれているだけでなく、手榴弾が投げ込まれたような感じをヒシヒシと感じながら仕事。私のところに飛んできませんように、踏みませんように、と亀のように首をすくめながら仕事をしたからでしょうか、「ヌぅール!」と言ったら心身のストレッチができたかも。
a0094449_5541532.jpgまだちゃんとティッカーを読んでないけれど、4・5点目はトニ・クロースがミロ・クローゼに見事なフランケを出したようです。クロースはコブタちゃん、ポ王子と三人で72分から投入され、3分後にはクローゼにフランケ。それを2回ですよー。がんばってマス。
←哺乳瓶持ち&ロンパースユニが似合うクロース
先入観のないうちに見たこの1枚の写真のおかげで、私の中では完璧に「赤ちゃん」扱いのクロース。背はでかいけど、ま、実年齢は17歳ですしねー。


前戦では90分フル出場だったオットル君、今日は出してもらえませんでした。試合に出たらヒッツ先生たちからは「知的なプレーをする」と褒められるオットル君ですが、そうそう簡単なことではありません。ゼ・ロベルトとのポジション争いだけでなく、活きの良いクロースがそこに加わるとなると・・・。ひょっとしたらオットル君、レンタルを希望するかもしれないなあ・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-27 06:02 | なでしこたち | Trackback | Comments(2)

レシピ通りに作りましょうね

日本も収穫の秋なわけですが、ドイツはベルリンでもかぼちゃ市が立つそうで、huetteさんとsandonomeshiさんがおでかけになり、日本では見かけることのないさまざまなカボチャを紹介してくださってます。

huetteさんの御宅で、フラムクーヘンの中身をカボチャに詰めて焼いた・・・という記事をよみ、「あー、美味しそう!」と思いました。しかし、我が家にあるカボチャはすでに二口大(一口ではない)程度に切られている冷凍カボチャ。詰めるわけにはいかないけれど、上からフラムクーヘンの中身をかけてみよう、と。

クレームフレッシュ、薄切りの玉ねぎ、ベーコン、そしてちょっとグラタン用チーズがあればいいのね~、と冷蔵庫をチェックした時点で「へ?クレームフレッシュ?」。これはサワークリームと言われているものでOKとhuetteさんから教わり、スーパーで200mlのものを購入。

3連休最後の日の昼に作ってみました。

私は本当に初めてのもの、イメージの掴みにくいものについてはレシピどおりを心がけるのですが、すでに食べたことがあるとか、(勝手ながらも)イメージがある場合には、勝手にアレンジしちゃう悪い癖があります。今回もそう(9月27日追記:この「そう」は勝手ながらもイメージがある、です。多分、ドイツのパン屋さんでも買って食べたことがあるように思うのですが)。詰め物にしないと決めた時点で、アレンジですね。

さらには、冷蔵庫にあった蒸したインゲンやニンジン、野菜室にあっやシメジも入れちゃおう!ベーコンの代わりに塩豚を使うと味が深くなるかな~と、この時点で材料もレシピから外れてしまいました。

a0094449_21401787.jpgクレームフレッシュのかかる前に写真を撮るつもりだったのですが、サワークリームの容器を開けた時点で動揺。写真のことは忘れてしまいました。なぜならば、もう少しサワークリームは緩いと思っていたので・・・。そこで、ミルクをつかってマヨネーズ程度のやわらかさに緩めたものを上からかけました。ギリシャ料理にヨーグルトを使ったこんな料理がありませんでしたっけ?


a0094449_21432948.jpg
こういう時のオーブンって何度ぐらいでどのくらいの長さ焼いたらいいのかしら、といつも悩んでしまいます。今回は200度にして、約20分ぐらい焼いてみました。
で、一度取り出したのがこちら。サワークリームを牛乳で解きすぎたようで、液化したのち、粒(ダマ)ができてしまいました。さらに、上にかけたピザ用チーズは溶けてますが、実際にカボチャなどに竹ぐしを入れてみたところ、心なしかぬるい感じが。塩豚もなーんとなく火が入っていないような・・・。オーブン内の位置を変え、庫内温度を210度に上げ、上にアルミホイルをかけ、結局オーブンには40分近く入れました。この時には、さすがに液化したサワークリームもぐつぐつと音を立て・・・。

a0094449_215239100.jpg仕上がりは違いましたが、私にはおいしいーというおかずになりました。しかし、毒見役である家人は、疲れがたまっている時にはこのようなチーズの匂いがだめ。匂いというより臭いになってしまうそう。前も機内食の臭いにノックアウトされたこともあるしなあ・・・。ということで、ほとんどものが、数日かけて私の胃の中へ。

繰り返し言いますが、ホント美味しかったです。サワークリームの酸っぱさとカボチャの甘さがマッチするんです。塩豚の塩味も私としては大満足。また作ってみようと思います。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-26 21:55 | 日常 | Trackback | Comments(8)

少佐と伯爵を好きな色に染めましょう

3連休最後の日。
2週続けて3連休というのも、なんだか嬉しいような、大変なような。

3連休と言っても土曜も昨日も用事があってばたばたと出かけたので、家でゆったりできるのは今日だけ。

で、20日発売で買ったもののまだ読んでいなかった生活雑誌「天然生活」と「Kunel」を読みました。銀座特集の「Kunel」をめくっていたら・・・『エロイカぬりえ』なる本の紹介が!11月から宝塚で上映される「エル・アルゴンー鷹ー」にも関連した本らしく、ティリアン、ペドロ王をはじめ、これまでの作品のキャラも塗り絵に入ってそうですし、少佐と伯爵の着せ替えつきだそうですよ。

a0094449_1731307.jpg貴女(方?)色に染まりますってことでしょうか・・・。

私が「エロイカ」を知ったのは、以前も書いたように『「エロイカより愛をこめて」の造りかた』の連載があってこそ。毎回のカラー扉絵がすばらしいとか、そういうことは後伝えに聞くのみ。自他共に認めるブキッチョ、色の組み合わせのヒドさには定評のある私には、「ぬ、塗り絵ですか・・・」という気分ですが、リアルタイムからのファンのみなさんにはたまらないだろうなと思います。


広告の絵をみてますと、少佐のほうが足が長くて、からだもすっきりしているようです。伯爵のほうがなーんとなくリアルに中年ぽくなってきたように思えるのは、私だけかしら。

ところで、まだ少佐はボンにいるのでしょうか?私、文庫本で出ているのは全部そろえているのですが、先に進んでいる単行本分は読んだら文庫本で買うのを辞めてしまいそうなので(ここまで買い揃えると、完結させたくなるのデス。悪い癖だなあ・・・)全く読んでません。私は文字によるネタばれは全くOKなので、どなたかご存知でしたら教えてくださーい!

Kunelは「銀座特集」でした
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-24 18:18 | Comics | Trackback | Comments(20)

カールスルーエ

久しぶりのWebラジオ聴戦です

うさラムたんの欠席とほぼ同時に、ラジオ聴戦からもちょっと足が遠のいてました。

今日は久しぶりに、(身体的には)準備OKです。月曜は秋分の日の振り替え休日だから気がラク。しかーし、いつもFCB.radioをクリックすると出てくるWindows Media Playerが立ち上がらず、しかも音がでるのも少し遅い感じが・・・。FCバイエルぅン♪♪のいつもの曲が妙にエコーがかかったように聞こえてたり。2回ぐらいラジオにログインしなおして立ち上げてみたけれど、動画の時はMedia Playerが立ち上がるし、ラジオもちゃんと聞こえるから、まあいいか、と思ったら、試合開始直前に・・・!

おおー、私の復帰と同時に、オットル君もスタメンだ!(違)。ところがですね、このオットル君、バイヤンの日本語公式HPでは、

「ゲルリッツと再会

KSC側では、FCB戦でゴッドフリード・アドゥオベ (大腿部の筋肉を伸ばす負傷)の欠場が決まっている。バイエルンから期限付き移籍しているアンドレアス・オットルはスタメンに名を連ねそうだ。“もしバイエルンがここに来るのであれば、この試合が年間のベストマッチとなることは間違いないよ”と右サイドバックは対戦を楽しみにしている。」

と紹介されていて・・・。多分、明日になったら直されているでしょうけれど(そう願いたい)、最初、読んだ時には「えぇ~?オットル君?いつから期限付き移籍になったんだろう・・・」と、ここ数日、HPをちゃんとよまなかったけれど・・・と、浦島花子になったような気分に。他の言語によると、同じアンドレアスでも別の人で、つまりゲルリッツのことでした。

とここまで書いていたら、「ルカ・トーニーが素晴らしいシュートです!」と。開始5分でですよーっ!本当にルカ・トニ様様状態なのね。

おおおー、久しぶりに「トーニぃぃ~」とか「ヌぅ~ル!、グラッチェーっ」とPCの前で言えるのか知らんと準備万端、胸も高まったのに、いつまでたってもコールが聞こえません。

あ、今日は、ビジターだったんだ・・・・。うさラムたんの長期離脱に、なんだか、聴戦の気合も下がるこの頃・・・。ブロガーさんで聴戦をする方は、応援している選手が離脱となると、私みたいに気合がぐーっと下がるのでしょうか?でも、オットル君が出るし、気持ちを少し強くもちたいです。

リベリー、トニ、今日も活躍中ですね!今日の「やべっちFC」で、「Bild紙の記事によれば」だけれど、なんとリベリーが「皇帝」と呼ばれるようになり、本家皇帝が「いやあ、光栄だなあ」と言ってるとか紹介されてませんでした?まあ、本当にリベリー様々、トニ様々なのは誰もが認めるところですが。さ、集中して聞きましょう。他の選手だってがんばっているはずなのに、トニとリベリーの名前しか聞き取れてない・・・。

ひゃーっ、アルティントップが?え?クローゼが押し込んだ?
おおー、20分には2点目が!

2点入ってるからそれほど心配していないけれど、なんだか、ヤンゼンが出した味方も敵もフランケに反応しなかった?り?うーん、何が起きてるのかわからないけれど、ちょっとダルい試合展開なのでしょうか?こういう時、やっぱり動画があるとスッキリできるのですが。めでたく、フジのサテライトでフランクフルト戦のみ中継が決まったそうで、環境の整っている方の御宅ではバイヤンの試合も2試合テレビで見られそうなのですけれどもね・・・。

そんな中、41分にはカールスルーエがカーンのいるゴールを脅かすようなシュートを!でも、オリがしっかり押さえます。GLANZTAT VON OLLI KAHN!! とライブティッカーとでました。

さあさ、後半だ!
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-24 01:01 | サッカー | Trackback | Comments(5)

築地で朝ごはんを食べてみる

a0094449_21202058.jpgかつては、よっぽどの料理好きの一般の方がプロの方々の間で小さくなって訪れていた築地。いまや、東京の新しい観光名所となりました。海外では学位論文のテーマになるほど。ま、私も海外では必ずその町の常設市場に行くのが旨なので、都民になって初めての暮に(その頃、一部のオシャレ生活系ブロガーさんたちが行き始めたのを読んで)行ったことがあります。

昨晩、何かの話から、いつか築地で朝ごはんを食べようという話になりました。そうしたら、家人が明日がよいと。

もともとは、うさラムたんが欠席中とはいえ、ポ王子のスタメンなるか、など聴きどころ満載のUEFA予選を聴戦するつもりでしたので、いやだなーと思ったのですが、いろんなことがあって家人のスケジュール優先の毎日。「じゃ、朝起きられたら、明日ね」ということに。

で、朝目覚めたら5時15分ごろ。
あー、聴戦できなかった・・・・、と肩を落としてネットで結果を見ていたら、家人も起きてきて(実際は寝てなかったらしい)、「じゃ、行こう」と。そんなに言うのだから、行きたい店も昨晩中に調べたんでしょうね、と思いきや、全然。私がPCを立ち上げているのを見て、「丼モノがいいな」というので、検索をテキトーにかけ、いくつものブログなどで紹介されている場内の魚がし横丁8号館にある「仲屋」に。そのことを伝え行き方メモを作っていたら「テリー伊藤のお兄さんの玉子焼きも食べたい」と。一度、私は実家の母とこの店の前に来たことがあったので、ま、行ったら思い出すだろうと、店の名前も書かずに出発。

a0094449_20145013.jpg
午前6時半、築地市場正門前に到着!

早朝の築地です(写真が多くてすみません)。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-21 20:23 | 日常 | Trackback | Comments(19)

うさラムたん、タトートのけいぶとお笑いげい人にイジられる(1)

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルとなってます*

a0094449_1559375.jpgミュンヘンのフォルクステアターで出している雑誌、"Volksmund"(民衆の言葉)のインタビュー企画に人気ドラマTatortの警部役で有名なMaximilian Brückner(写真左 1979年生まれ)と一緒に参加しました。司会は、ボードビリアンであり司会者としても有名なChristoph Süß(写真中)です。名前こそSüßですが・・・。


うさラムたん関連の部分のみですが、ご紹介します。毎度お馴染み「なんちゃって脳内勝手翻訳機」によるものです。私の後学のためにも、間違いがありましたら、どうぞご一報ください。なお、サッカー用語については、コチラを参照させていただきました。また、私はTatortの内容を知らないので、この警部さんのキャラもわかりません。Christoph Süßも見たことがないので、一度辞書を引かずに読んだときに心に思い浮かんだイメージで日本語に直してみました。ですから、語尾に違和感を覚える在独なでしこさんがいらっしゃるかもしれません。すみません。それから、コレはduzenなので、うさラムたんもなーんとなく砕けた口調になってます。

うさラムたん、イジられる!
[PR]
by eastwind-335 | 2007-09-21 16:00 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る