<   2007年 04月 ( 44 )   > この月の画像一覧

やっぱり伊東屋が好き

私が海辺の街の女子高校生だったとき、東京というのは、ずいぶんと遠いところでした。

80年代から90年代初頭の一部の女子のココロをがっちりつかんでいた「Olive」をハタチすぎても愛読していた私。伊東屋は憧れの場所でした。

大学3年になってキャンパスが変わり、通学経路も変わったら、タダで(つまり定期で)銀座に行けるように。大学生協で一割引だった国産文具で十分な毎日、直輸入品に憧れて見ているばかりでしたが、銀座へ来たら必ず伊東屋へ。不思議にも、ドイツのデパートの文房具売り場ではパッとしない文具が、伊東屋だとオシャレに見えることでした、後で知ったのですが、ドイツでも街の文房具専門店だと、なかなかしゃれたものがあるんですねー。

私が伊東屋で自分のお金で最初に買った文具は、Ridoの手帳です。それまではパディントンの手帳(私もキャラ好きだった時代が人並みにあるのです)だったのですが、大学卒業を機に、一気に大人の世界へ!最初は、見開き1ヶ月の形。それを3年ぐらい使い、その後、見開き2週間に。10年以上同じ手帳を使っていたのですが、見開き2週間の廉価版を数年前から扱わなくなり、昨年までは、少しお値段の高めの見開き2週間を利用。
今年は、ドイツで旅行中に買ったのですが、よく注意しないで大きさが一緒だからと買ったら、別の会社(ide)のものでした。なんとなく似てるのです。内装もほとんど一緒。大陸別の地図、数量換算表、メッセの日程などもあるので、私は通勤最中に時々眺めています。

あと、オリジナルの便箋、封筒も買うことが多いです。水性ボールペン・縦書きの私にはピッタリきます。

昨日は、映画を見る前にその伊東屋でお買い物。
買ったのは、三菱UNI鉛筆6B(お習字の臨書練習に使う)。それから、次(いつのことやら!)の旅行記録に使おうと思っているノート。ファーバーカステルのノック式消しゴム。絵葉書。
絵葉書は一階または半地下にたくさんあるのですが、私がお気に入りなのは、実は8階ギャラリーで扱っているもの。

今、8階ミニギャラリーでは、「STAR★T さくら せかい 展」を5月6日(日)までやっています。a0094449_21473581.jpgなんだか懐かしい感じのイラスト展でした。原画はご主人、着色は奥さんというユニットなのだとか。チェコアニメなどに通じる感じかな。木目と単純な線と上から塗る色がうまくマッチして、ほのぼのとしています。でも、鼻水を垂らしているところなんて、ちょっとピリっとした感じ。幼稚園の壁に右側のような絵があったら、子供達が喜ぶかな。絵本の仕事にもこれから携わるとのことでした。

a0094449_21242825.jpgなお、5月27日から6月3日までは、「城島静也 芝居素描絵展」。こちらは芝居の臨場感が伝わってくる紹介葉書を売り場でもらいました。

頂いた&購入した葉書を紹介したシュタイフの白タグ、数年前にドイツのデパートで安売りになっていたもので、私は昨年6月からこのベアに「クリンシー」という名前をつけています。なんか、クリンシーなんです。顔の感じが特に。しかし、飛び上がりません、念のため。


お礼書いたりするのに持ち歩く絵葉書いれにするために、ビニールの文庫本カバーも買いました。本当は、もう少しデザインのよい、そしてカバンの中で折れたりしない少し堅めのカバーがあるといいなあ・・・と思うんです。

銀座といえば・・・
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-30 09:46 | 日常 | Trackback | Comments(10)

イタリア映画祭に行ってみた(1):ミルコのひかり

目下、有楽町の朝日ホールで開催中の「イタリア映画祭」。
2本の映画の指定席券を買ったことは既に記事にしました。そのうちの一本、クリスティアーノ・ボルトーネ監督の「空のように赤く」(仮題)(原題:Rosso come il cielo)を見てきました。

この映画は、秋に「ミルコのひかり」というタイトルになって単館ロードショー公開されることが決まりました。

ですから、あらすじのあらすじのような書き方をしておきます。

あらすじ:1971年の夏、ピサ近郊に住む10歳の少年ミルコは、事故に巻き込まれ、視力を失います。当時のイタリアは、視覚障害者は一般の学校で学ぶことは法律で認められず、ミルコは両親と別れ、ジェノヴァにある全寮制の盲学校へ転校します。失明者が社会的に自立できる職業訓練を重要視する中途失明者である校長と規律にうるさいシスターが仕切る盲学校で、担任でもある神父ジャンニがミルコをあたたかく迎えます。中途失明者としての苛立ち、苦しみから、なかなか規律のうるさい学校へ馴染むことができないミルコですが、人懐こい同級生フェリーチェ、お転婆な管理人の娘、かつてこの盲学校で生活し、今は大学で学びながら電話交換手として高炉で働く青年と出会い、少しずつ落ち着きを取り戻します。そして、偶然、手にした「あるもの」が、彼の中に彼だけの特別な才能があることを、彼に、そして周囲の人々に気付かせます。その結果、ミルコ、同級生、そして学校が、父兄が変わっていきます。そして、ミルコは、事故にあう前の自分自身をも取り戻すのです。

上映前に監督と翻訳などでイタリア文化を日本へ伝える架け橋となってきた字幕担当者の岡本太郎氏が舞台で簡単な挨拶。上映後には質疑応答がありました。
私はイタリア語がわからないのですが、日本だと差別用語になる言葉が台詞に普通に用いられていたことへの質問がありました。監督は、PC(政治的に正しい用語)を視覚障害者たちが使っていない。目が見えないだけで、人であることには何の違いもない、一人ひとりが自立していることを忘れてはいけないというような話をしていました。

字幕の岡本太郎さん、ありがとう
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-29 23:07 | 映画 | Trackback | Comments(2)

記事を一つ削除します

ドイツ映画祭で上映予定だった映画があったのですが、諸事情から上映が見送られることに。
その記事についてUPした際に、
そんなマネージャーに任せているなんて、今シーズンまだ4試合残ってるけれど、試合中に一生を悔いるような怪我しちゃうんじゃないの?と一瞬思いました。一瞬ですってば。


と書いたら、えーっと、けが人が出てしまいました。遠いイギリスで。
私がうさラムたん以上に「この人は(色々な意味で)スゴい」と思っている、カピテン・バラックが!

記事のUP直前にはポ王子も大怪我。コブタちゃんはダニ感染病との闘いの最中。

私は別に迷信深くはないのですが、これ以上誰かが怪我するとこまります。言霊となっていたら怖いので、4月30日になったらその記事を削除することにしました。コメントを寄せてくださった方、ごめんなさい。
大げさな、とか、そんなんだったら最初から書かなきゃよかろう、という声もあるかもしれません。スポーツ選手だもの、故障と背中合わせの毎日だって、という声もあるかもしれません。
とにかく、けが人が本当に出てしまったことで、私の良心がチクチク痛むので・・・。

(この記事自体も2,3日で削除します)
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-29 22:36 | あいさつ

ひょう(雹)を見た

今日は、母校のホームカミングデー。いま、私は母校の同窓会の役員を引き受けています。ホームカミング委員会の委員が1年近くこの日のために準備してきたものを、当日サポートするのが私の役割。主として、来客関係の仕事をしていました。

受付のためのテントから見えていた青空が徐々に怪しい色になってきたのは、午後2時すぎ。

風がどんどん強くなりテーブルの上のものが飛ばされそうに!さらには、雷がガラガラドンという感じで落ちている音が聞こえてきます。
雨が降りだし、天気予報どおりだねーとみんなで話していたところ、雨が収まりました。お天気雨という時もあり、通り雨という期待を持っていたのですが、また雷がなり、テントに堅い音が・・・。
通り過ぎる人たちが「痛い!」というので、注意してみたら、雹がふっていました。

確かに、今朝の天気予報では、雹がふるかもしれないから注意をと言ってましたが・・・。

私、子供のころ一度見た気がしますが、その後はなく、大人になって初めての体験となりました。

雹って、本当に氷の塊みたいなんですね。幸い、ホームカミングデーとしてのメイン行事はほとんど終わっていたので、会の進行には大きな問題はなかったのですが、午後、天気が悪くなってからは、どうしても、皆さん、急ぎ足で帰られたようです。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-28 21:01 | 日常 | Trackback | Comments(4)

Notruf Hafenkante 見られました!

お約束のようにタイトルロールの部分は見られなかったのですが(予備用の目覚ましを止めに行ってしまったので)、ほほほ、見ましたよ、Notruf Hafenkante

a0094449_4275816.jpg
@ZDF
(左から、Malanie、Nils、Anna、Franzi Jung、Boje Thomforde)

余は満足じゃ

紙芝居状態になることはなく、リアルタイムに見られるのです。ビデオじゃないので、巻き戻しはできません。
そういう意味でもリアルすぎて、身も心もドイツにいるような気分に・・・。
CMの時間(45分のドラマの中で、真ん中あたりで1度、5分足らずでしたが)は、一瞬CMの一部が流れるのですが、ZDFの「目下、生放送はありません」という画面になります。あと、ドラマの最後には、翌日やこのあと引き続き放映されるドラマの紹介などもあって(しかも、これは最後までちゃんと流す)、またまたうらやましい気分に・・・。

しかも来週の放送は見られない(livestreamに提供されないそうです)。

今日(Die Entführung)はまず、主役のNils Meermann(演じるのはThomas Scharff )が彼の恋人であり救急隊員のAssistenzärztinである Dr. Anna Jacobiの息子Oleへの誕生祝い(辞書)を届けに、パトロールの途中にAnnaの家に寄ります。ZDFのガイドによると、NilsとAnnaは喧嘩しギクシャクとしているよう。息子は大好きなNilsが一緒にお祝いをしてくれそうもないと思ってふてくされている最中でしたが、Nilsの訪問にすっかり機嫌を直します。大人の二人は相変わらずギクシャク。一見、Nilsが元オットなのかと思うぐらいでした。OleがNilsをお父さんと呼ばなかったから、違うだろうとは思いました。
どうも、このNilsとAnnaの関係は、二人の社会的環境が違う故のためらいもあるようで、一直線にはいかないみたいです。

NilsはパートナーのMelanieとともに市内パトロールを続けます。最初の事件は老婦人の財布を盗もうとした男性を取り押さえた一般市民がぎっくり腰になってしまい、犯人を抑えつつも動けない状況になっているので、見に行って欲しいということでした。
一件落着して、さらにパトロールを続けると、銀行の前が何だか不穏な雰囲気に。
中で銀行強盗がおこなわれていることを確認し、緊急部隊出動!です。
この銀行強盗のために行内で怪我した一般市民の治療にあたることになったDr. Anna Jacobiの乗るNotrufの救急車が、実は一般市民を装った犯人グループ2名に乗っ取られてしまいます。
Malanieが救急車を運転する隊員の雰囲気がおかしいと気付いたこと、そして、行内で携帯を隠し持っていた行員からの通報で、緊急部隊も事情を知るところに・・・。

この番組だったら日本で放映してくれてもいいように思います
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-27 04:39 | 日常 | Trackback | Comments(0)

来ないようです・・・

知り合いから、今年のドイツ映画祭2007で、あの映画をやる予定で準備をしていると聞き、勤務時間内だというのに小躍りしていたワタクシですが、ドイツ映画映画祭2007の公式HPによると、来ない模様。

1.各人の訛をうまく反映した字幕をつけることができなかったのか?

2.または・・・
日本では上映許可が下りなかったのか(いろいろなところの許可が必要で、一人でもNeinって言ったらダメなんだとか)?

3.それとも・・・・
2月14日前後にamazon.deから届けてもらって、本当に見たい極東女子は全員見ただろう、と配給会社が思ったのか?

4.いや・・・
お尻のシーンが多すぎて、コードにひっかかると思ったのか?

5.ひょっとして・・・・
「す×ると」のマンデーフットボールでは、ブンデスをちゃんと取り上げない。アナウンサーはブンデスをバカにした物言いをする→日本人はセリエAやプレミアの方が好きだから、客が来ないと思ったのか?

想像するに、2か4か5でしょうか・・・。大画面で見たら、また面白いだろうに、と思っていたんですけれどもねー。あの小躍りが恥ずかしくなるほど、がっかりです。

で、今年のドイツ映画祭

作品情報はこちら

ラインナップは堅めの話が多くて・・・。でも「FCビーナス」と「TKKGと謎のマインド・マシーン」っていうのは面白そう。
a0094449_2122644.jpg←は?「FCビーナス」は平日午前中?いや、私は休みを取って見に行けるのですけれど、普通にマジメに仕事をしている人にはムリじゃないですか・・・。
a0094449_2125685.jpg→「TKKGと謎のマインド・マシーン」はドイツで有名な児童文学を映画化したものなのですって。日本語で翻訳があるか、あとで調べてみましょう。

それから、「4Minuten」も興味深いです。でも、この日は先約あり。こちらは秋には映画館で上映されるようだから、それを楽しみに待ちたいと思います。

あと、5月はEU フィルムデーズがあるそうです。これは、EU各国から1映画が出品されます。
スケジュールを見ると、これまた平日が多いんですよねえ。すでに映画館で上映し、DVDも出ている作品もいくつかありますが、スカンディナビア各国からの映画は私にとっては初見モノばかり。
anthonbergさんお住まいのデンマークからは、「Oh, Happy Day」
うちの父親が昔勤めていた企業のCMを作ってくれた(嗚呼、バブル)アキ・カウリスマキの「街の明かり」
この二つぐらいは見に行けるといいなあー。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-26 21:16 | 映画 | Trackback | Comments(4)

オーストリーについて、ふたたび

昨年、一部の間で「おおーっ」と驚きの声が上がった

オーストリアと呼ばないで♪のお願い。在日オーストリア大使館(当時)がこれからは「オーストリー」に表記を改めるという宣言ですね。私も取り上げました→コチラ

でも、なかなか大使館の思いは通ぜず。ツネさまやら三都主のレッドブル移籍のときも、多くのメディアでは「オーストリアのザルツブルグにある」と書いてありましたね。在日墺国大使館としては、「オーストリールツブル」と訂正を求めたかったかもしれません。


ところでです。今朝、新聞の一面下の書籍案内を見ていたら、東京書籍から
「オーストリー 優雅なロングステイの愉しみ」という書籍が出たそうです。いよいよ、オーストリーもロングステイの場の一つになったのですね。

しかし、このユーロ高のご時勢。ロングステイって、ねえ。
ただ、緑も多いし、オーストリーもステキな街がありますからねえ。ただ、ドイツとどちらがオープンなのかはちょっとわかりません。どうなのでしょう?

私が1ヶ月いた、ケルンテン州も載っているのかなあー。湖のある観光地だったので、いろんな体験をしたし、彼の地に滞在したブラームスの青年時代を知ることができたし、独立まもないスロベニアまででかけたりと、クラスについていくのに必死で平日は大変でしたが、楽しい思い出のほうが多いところでした。湖で泳ぐという初体験も。クラスメート四人で湖真ん中のブイのところまで行こうということに。私はみんなよりゆっくりのスピードで、でも着実に泳ぎ進めていました。そして、ちょっと疲れたので、プールの気分で、一瞬足をついてから浮かび上がろうとして、全体重をかけて沈み込んでから、水深が予想以上にあることに気付き・・・。陸地では私の様子を見ていたおばあちゃんたちが「あ、あの子、おぼれちゃうわー」と騒いでいたそうです(汗)。
なかなか体を水面上に上げることができず、「おぼれ死ぬかも!」と覚悟を決めたのも、いまでは懐かしい思い出です。

そんなわけで、「次沈んだら、もう浮かび上がれないかも・・・」と決心し、向きを変え陸に戻ってきたら、3人ぐらいのおばあちゃんが「あなた、大丈夫?もどってきたのはよい判断だった」と寄ってきました。クラスメートは、いつまでたっても私が現れないので、それはそれで心配したそうです。アレ以来、湖では絶対に遠くまで泳ごうとは思いません。


追記:東京書籍のHPでこの本の中身を確認したら、ケルンテンは取り上げられていないようです。残念。でも、ウィーンから遠いからかな。いや、ブラームス詣でにはかかせない場所なんですけれどね!ヴェルター湖に面した街ペルチャッハには若く美男子でけっこうな年だったのにまだ声変わりをしていなかったときのブラームスの像があるんですよ。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-26 12:57 | Books | Trackback | Comments(6)

うさラムたん、こうつうあんぜんをうったえるポスターになる

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルとなっています*

日本でも春の交通安全週間がありますが、ドイツでは若者の交通違反、とりわけスピード違反が増え、死傷者数が増えていることが問題になり、キャンペーンHast du die Groesse?-Fahr mit Verantwortung- うーん、日本語だとどう直すのでしょうか。ースゴっ、て思っている?責任をもって走ろうよーというところでしょうか。

4月21日付けのZDFのHeuteでもこのことが取り上げられていました(。そこに幟がでていて、その一つが、なんとなく、うさラムたんに似ているのです。
しかし、正直言って
  
a0094449_1975232.jpg
  シ ョ ボ い ・・・ 嘘 く さ い・・・

a0094449_1912459.jpg女子二人に比べると、どうにもこうにもショボい。あごの梅干状態は何?!何?!。いや、いつものうさラムたんはこんな顔しないし・・・。最近、うさラムたんもドイツの男子に髪型とか真似されるようになったのかなー、なんて思っていたのです。コピーをググったものの特にヒットせず、うさラムたんの公式HPにも全く載ってないし・・・きっとこれは、ドイツの若手お笑いタレントだ、と信じて就寝。

akberlinさんが貴重な情報を!
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-23 19:52 | バイヤン | Trackback | Comments(14)

実は、お弁当つくってます

4月に出る生活雑誌は、お弁当についての特集が多いです。
先月の「Kunel」も、今月の「リアルシンプル」「天然生活」も、お弁当作りのコツがたくさん載っています。今回、目からウロコだったのは、茶系のおかずの横には緑のものを置きましょう、というアドバイス。

さて、私、もう2年以上、暑く出勤日が減る(長期休暇をとりやすい)8月から9月中旬を除き、仕事があるときは毎日お弁当を持って行ってます。

職場にはちゃんと食堂があるんです。で、以前は、職場がちゃんと栄養士の資格をもったコックさんを雇っていて、美味しいもの、体によいものを作ってくれたのです。職場で食べられるモノが育ったらそれを取り入れたメニューが出ていました。季節感も大切にしていて、毎週、メニューが発表になるのが楽しみでした。

ところが、その方々が定年となってしまい、別の会社が入ることに。
どういうわけか、揚げ物が多く(A・B定食どちらも揚げ物なんていう日があったんですよ)、味付けが異常に濃かったり、どうみても副菜のものがドドーンと大鉢盛りみたいだったり。量が増え、食べ残すこともしばしば・・・。若い人も文句を言い出す始末。

多分、以前は、職場は赤字覚悟で食堂を運営していたのだと思います。でも、外注にしちゃったので、職場からお願いは伝えても、それを受け入れるかどうかは、外注会社の判断次第。

で、2年ぐらい前から、好きなものを好きなだけ食べたいと思うようになったのです。
最初はタッパーウェアのお弁当箱だったのですが、それが無事一年続いたのを一人でお祝いして、昨年の春に曲げわっぱのお弁当箱を買いました。また、「おしゃれ生活系」ブロガーさんたちのお子さんたちへのお弁当の写真に刺激を受け、カゴのお弁当箱も長いこと探して年明けにようやく購入したのです。

a0094449_13215620.jpg
a0094449_133067.jpg


日ごろはこういうものを持っていってます。
卵焼きとお肉などのメインのものはその日の朝に作りますが、焼けばよいだけなので、それほど時間はかかりません。あとは、まとめ作りして冷蔵・凍してあるものを組み合わせるだけ。


「地味」といわれて1年間・・・
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-23 14:00 | 日常 | Trackback | Comments(10)

Schiess den Ball ins Tor

Jusuraさん(リンクはってあります)が来日コンサートに行かれるというMax RaabeのCD-Schiess den Ball ins Tor-私も持っていました。

Jusuraさんの御宅のDormyちゃんの妹分、我が家のOrsiがご紹介します。
a0094449_20404100.jpg

CDケースを開けるとこんな感じ↓です
a0094449_2041913.jpg


昨年のGWに乗ったLHの機内誌でMax Raabeさんが紹介されていました。WM06がらみの記事の中ででした。その時、どういうわけか、私は機内誌を取ってくるのを忘れたのでした(帰りはANA便なのを忘れてました)。でも、名前はメモしてあって、CDショップにも平積みだったので、無事にゲットできました((5.49EUR)。

帰国してCDを聞くまで、いわゆる3大テノールドイツ版で、ドミンゴみたいな声で朗々と歌っているんだとばかり思っていました。そうしたら、そうしたらですよ、なんていうのでしょう、懐かしいドイツ歌謡曲みたいというか、オクトーバーフェストでかかりそうな感じの曲調なのです。

4年前のWM02の時に私が職場に持ち込んだdie Prinzenのオリ・カーンは貸し出し希望者が多かったのに、今回はドン引き状態でした。で、私も職場の私専用の棚にしまいこみ、1年近く経ちました。途中、SashaのブログでこのRaabeさんがドイツ大使館の招待で来日した事を知りましたが、正直、その時は「なぜ?なぜ?公式アンセムを歌ったHerbert Groenemeyerじゃなくて、Raabeなの?」と思いました(Jusuraさん、ゴメンなさい)。
そして、さらに月日は流れ、木曜にJusuraさんがブログに取り上げたのです。

金曜、私は棚からCDを持ち帰りました。そしてよく中も読んでみました。
すると、
Wir danken der Deutschen Bahn AG, dass wir die grosse Ehre hatten, im Original Weltmeisterzug reisen zu duerfen.
ーオリジナルのワールドカップ列車で旅することを許された光栄のきわみ、ドイツ鉄道に感謝いたしますー
と書いてあるじゃありませんか!

Original Weltmeisterzug?!あの、ベルンの奇蹟で、主人公親子が幸運にも乗り込む、そして、ドイツ各地で線路沿いに国民が大喜びで乗車している選手を賞賛している、あの列車なんですか?オリジナルがまだ保存されているの?!

そして、先ほど、ようやくDVD映像(CDの5曲目がビデオになっています)を見たところです。ホントだー。Weltmeisterzugって車体に書いてある!

「ベルンの奇蹟」を見ておいたからよかったけれど、そうでなかったら何のことかなと思っておしまいだったでしょう。いつもこの映画の最後を見ると、国民に対してきちんと礼を述べるチームを持つドイツ人がうらやましくなります。
[PR]
by eastwind-335 | 2007-04-22 21:04 | Musik | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る