カテゴリ:EM12( 25 )

Gemainsam holen wir den Title ! (番外編)大会MVPのご褒美は?

なんだか、まだまだEMが続いているような気がします。
終わったのに、終わった感じがしない。今日、大江戸線の中でポーランドの観光ポスター(しかもEM12用だし!)を今更ながらに見ちゃったからかしら。
どう言ったところで時計を戻して試合をやり直させるわけにはいかないので、指導のし甲斐のないダメダメ後輩ちゃんを指導するときのように、 失敗するたびに 2年おきに「もっと考えて今度こそはがんばってね」と甘いこというのも、なんかなあ~。いや、もちろん2年後にがんばってほしいんですけれど・・・。だから、「はい、次!次!」とも思うのだけれど・・・。

やっぱり、きちんと「反省っ」てケリをつけないとっ!(男気 東風)

なんか、負けたまま・・・って感じで、反省してる雰囲気が誰一人からもしないんですけれど~。あのバスアニメも中途半端に終わってるし。自虐ネタでいいので、きっちり父ちゃん一家をコケにしてやってほしいんですけれど~。個人的には、ビア保父へ、今回のあの非常に中途半端な服装計画に対して突っ込んでほしかったわ。まだEM08の収監中ルックのほうがよかったわ。本当にいつもと同じデザイナーなんでしょうか・・・?色とかは似てるけど。
父ちゃんだって、どんどん上にあがっていったら、上着着なくちゃ、じゃなかった、首にまかなきゃっ!イタリアのカントクに貫録負けしてたわよ~。手首の締め付け物が高すぎて服は着回しだった?他国の観察に行ってるときのほうがずっとよく似合ってたなあ・・・。

このところ、父ちゃん一家の若いのは、父ちゃんが御しやすい中から選んでる、というけれど、決勝トーナメントに上がるような国の場合、たいていがああいう感じ(経験値豊かな)に見えるのは私だけだったのかなあ。内部空中分解した国は別にして、プライベートは「おい?」でもサッカーではやっぱり優等生が多いと思う。
今回思ったのですけれど、父ちゃんの選手への愛>選手の父ちゃんへの愛なのでは?って。
実は、父ちゃん一家のみなさん、特にお若いの、はどうなわけ?っていう気がしなくもなく。誰がカントクでもよくて、自分が「代表」として商品価値を上げていければいいって感じがするの、私だけ?
・・・いちおう、私、父ちゃん一家のファンなんですけれどねっ!
長男や次男のほうがよーっぽど父ちゃんを理解してたと思う。だからケンカしたんだろうなあって。

ま、父ちゃんも愛するだけでなくて、愛されるようにならなくちゃねっ!(チューター 東風)

しかし、しみじみ考えると、私が一番好きだったのはEM08のときのメンバーかも。あのメンツで優勝してもらいたかったなあ~。GKがノイヤーっていう選択肢でもいいけれど。
うーん、私がいちばんグズグズ思ってるのかも。

でも優勝したスペインの選手は、すっきり終わってる感じ。長男やラムたんがしたかったコトしてますよ~。
おめでとう~!
a0094449_20111994.jpg

優勝して結婚式とは!さっすがイニエスタ!ひょっとしたらスペインではあらかじめ報道されていたのかしら。でもEMの中継のときには、一言もでなかったよね?
地味でも派手でもないよく似合う花嫁衣裳とブーケ。ひさしぶりになんかホッとしました。

やっぱり、EM12は終わらせておかなくちゃ、なのよね?
[PR]
by eastwind-335 | 2012-07-09 21:09 | EM12 | Trackback | Comments(0)

ヲウヲウでよかった

a0094449_20161520.png

*父ちゃん一家の話ではないので、タイトル連載ではありません*
*ボアテングの話は読み違えたので、削除しました(このごろ、この手のコトばかり・・反省)*

いつもの月曜日となりました。
月曜に限っては、朝6時半すぎには家をでなければならず、家人用のおにぎりをつくり、洗濯をし・・・と家のことをしながら決勝戦を見ましたよ!しっかり見ました、とはいえないのですが、少なくとも前半戦はかーなーり集中してみていました。

どのくらい集中していたかというと、ブッフォンのカピテンマークは実は針山よろしく髪をとめるアメリカピンがバンバンはさんであるってことに気づくぐらい!
a0094449_2001292.jpg
就活中女子の前髪の先っぽを留めるあの黒いピン。彼女たちの留め方には一言言ってやりたいワタクシですが、さっすがブッフォンだとオシャレだわ~。
ブッフォンといえば、国歌斉唱。調子こいて、と言われかねないほど、調子っぱずれな大声で今日も歌ってましたね!ほかの選手の声も消すような大声は2番になると、伴奏(?)よりもどんどん先を歌っていたようで(笑)。真面目な顔して暗記した歌詞を忘れないうちに歌いきってしまおうとする小学生の音楽のテストみたいな感じがないわけでもなく。
一方、歌詞がないことで有名なスペイン。口をキリっとしめて、スタンドでハミングする国歌を心の中でハミングしている様子が伝わってきます。

ノイヤーも大声で国歌斉唱をしたらドイツもカップを上げる日がくるかも!!!

家人から「決勝はドイツを破ったイタリアに勝ってもらいたい?それともスペインに仇をうってほしい?」と尋ねられたのですが、そこが私の甘ちゃんなところ。応援しているチーム以外になると、いい試合が見たいだけ。
そういう意味では、イタリア対スペインというのは、好カードだと思いました。

スペインは、みんなが思っているようなパスサッカーでグイグイおしてきたし、
イタリアは、3枚カードを切ったあとで選手の太もも後ろの故障から一人足りない状態になってもチョイ悪オヤジよろしくだったし。

スペインはパスサッカーを展開し、相手のボールもカットしてすぐにパスにつなげるし、と、今大会で一番の試合だったですよね!
イタリアは疲れているのが前半からわかる感じでした。
a0094449_2021735.jpgドイツ戦で2点決めたバロテッリへのコースをスペインはさりげなく抑えてあって、ドイツ戦のときのようなコワさがなかったなあ。

あんな仁王立ちをしちゃうからよ。そうそう、Jリーグでもバロテッリ立ちをしたお調子モンがいたそうで・・・。日本は真似るんだったら体幹を鍛えるほうが先。ミヤモトたちがスペイン代表と同じホテルらしくて、選手が華奢だとか言ってましたけど、本当にそうかなあ。

試合は圧倒的なスコアで終わりましたが、試合自体はダレることなかったし。再放送を見てますけれど、やっぱりいい試合だったなあ。
a0094449_2015886.jpg

・・・で、民放しか見られない同僚が「すっごく中途半端なところで放送が終わっちゃったのよぉ~」とカンカン。もしくはサッカー好きなアルバイトさんから「解説がひどいのよぉ~、東風さんだったら拳骨を突き上げていたはずよ」とか。ヲウヲウでもあんまり解説を聞いてなかったけれど(私は元カピテンが苦手でして・・・)、T×Sはもっとすごかろうというのは予想できること。フェイントかけて放送したドイツ戦の解説のときはどうだったんでしょうねえ・・・。

私は朝は試合が終わった笛と同時にテレビの前から離れたので、再放送を見て試合後の雰囲気を初めて知ったのですが、最後の最後までちゃんとヲウヲウは放送をしていたのですね。いやーん、スペイン選手の子煩悩っぷりもよかったなあ~。表彰式でのイタリア選手たちの様子はいたって大人でしたね。試合終了後のバロテッリの様子から荒れちゃう?と思ったけれど、そこは、カピテンブッフォンの最初の第一歩からしてキリっとしてました。
ピルロの涙目にこっちもジーン。2年後のWMでもまた見たい、と思いました。
a0094449_2025054.jpg

34歳や35歳のMFとか34歳のFWがいたっていいよね!当然、30歳のDFだってありだし!というか、父ちゃん一家のSB問題は永遠ですって感じがしなくもなく。替えのないラムたんはその童顔で年齢不詳なままでがんばってもらいたいです!怪我しないでね!カピテンマークなんて早くノイヤーに渡しちゃって、もっとプレーに専念してもらいたいわ~。

a0094449_2074273.jpgこの大会のMVPはイニエスタに。大会を通して一定だったもんねー。ああ、銀座線に彼が座っていたとは、と彼が大写しになるたびに、日本のスポーツサイトに載った写真が思い出されます。やっぱり、ミヤモトたちが言うように似てる人ぐらいにしか思えないのかしら。

さて、大会テクニカルチームがMVP候補に挙げた23名は次の通り。おおお、カピテンシーでは突っ込まれっぱなしだったラムたんですが、プレーでは文句なしだったと大会のお墨付きがあった模様。
GK
ブッフォン(イタリア)
カシージャス(スペイン)
ノイアー(ドイツ)
DF
ピケ(スペイン)
ファビオ・コエントラン(ポルトガル)
ラーム(ドイツ)
ペペ(ポルトガル)
セルヒオ・ラモス(スペイン)
ジョルディ・アルバ(スペイン)
MF
デ・ロッシ(イタリア)
ジェラード(イングランド)
シャビ(スペイン)
イニエスタ(スペイン)
ケディラ(ドイツ)
ブスケッツ(スペイン)
エジル(ドイツ)
ピルロ(イタリア)
シャビ・アロンソ(スペイン)
FW
バロテッリ(イタリア)
セスク(スペイン)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
イブラヒモビッチ(スウェーデン)
ダビド・シルバ(スペイン)

静かに熱いGKの「より新しい男」ノイヤーとモリゾウと真面目ジルも順当だとおもう。ノイヤーはほんと、次のWMに向けてより新しくなってもらいたいです!

私も、そろそろEM12の特別編をもって、おしまいにしなくちゃ・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-07-02 20:14 | EM12 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(16)それでもボールは回るのだから

a0094449_9214269.jpg

*ワタクシがドイツ語の1単語を読み飛ばしたために、(勝手につけた)写真のキャプションも誤解して書いていたものがありました。その部分は削除いたしました。スミマセン*

勝てば官軍、負ければ賊軍とはよくぞいったもので、さっそくドイツサッカーサポの掲示板で戦犯探しの記事があがってました。はいはい、父ちゃんの采配がいけなかったんですよねー(棒読み)。勝った時はさすが、で負けたらやっぱり、って・・・。
勝つか負けるかしか選択肢がないなかで、つづけて準決勝止まりというのは、ドイツ人たちには許せないことなのでしょうねえ・・・。
同じことはラムたんにも。技術的なことについてはあんまり文句のつけようがないので、もう一つの仕事「カピテン」について。
まあ、いつだってラムたんには「カピテンシーがない」とパチンコ玉を飛ばされているので、読んでいても「またか」という感じなのですが、今回のBildにはもっと手厳しいことが。
LAHM LABERT WIE EIN POLITIKER

Es wäre an der Zeit, dass Philipp Lahm (28) auf den Tisch haut und auch öffentlich knallhart die Fehler anspricht, die den ganz großen Erfolg verhindern. Doch der Kapitän laberte nach dem Aus nur wie ein schlechter Politiker.

„Wir spielen auf Top-Niveau, treffen auf Top-Gegner. Wir haben Fehler gemacht, die nicht passieren dürfen.“ Und: „In unserer Zukunft sieht es gut aus.“ Und: „Es gibt keinen Grund, etwas anzuzweifeln.“ Wie bitte?

Früher war er doch anders, rüttelte bei Bayern einst mit einem kritischen Interview (50 000 Euro Strafe!) die Bosse auf. Im Januar sagte Lahm in BILD: „Ich lasse mich an Titeln messen.“

Bis jetzt liegt die Messlatte zu hoch. Lahm musste seine vierte Pleite in diesem Jahr erklären – und laberte los...


「ラムたんときたら、わけわかんない政治家みたいなことしか言わない」という見出しです。
まあ、試合後のコメントがこういうのだから、言われちゃうのかしらん。
Kapitän Philipp Lahm: „Das ist sehr, sehr bitter. Wir haben Riesenfehler gemacht bei den Gegentoren. Wenn man gegen Italien solche Fehler macht und in Rückstand gerät, dann wird es sehr schwierig. In unserer Mannschaft steckt so viel Potenzial, aber wenn man das nicht umsetzen kann, dann gewinnt man eben nicht.”
負け専コメンテータとして過去4年、代表で、クラブで、差支えなく負けを認めるコメントを出し続けなくちゃいけなかったラムたん。
ラムたんが声を詰まらせて泣いちゃったりしたらよかったのかあ、こういうコトを書く人は。
でも、ラムたんは泣かないと思う。
泣くのはクラウディアさんの前だけだと思う。そういう人のように思えます。

カピテンシーがほしくてたまらないドイツファン。コブタちゃんに期待するも期待外れだったよっ!みたいな見出しも続いてましたね。ケディラがカピテンにふさわしいという記事やブロガーさんのコメントを読み「ふむふむ」と思わなくもありませんが、うーん、協会的にどうなんだろう。それより、その日に備えて、みんなが思うカピテン像を毎日鏡の前で練習しているにちがいないウィンク・ミュラーが両手を上げて立候補しそうですけれど(遠い目)。
いつだって、私はラムたんはカピテンではなくて名参謀だと思ってます。メルテくんみたいなのが本当はカピテンだったら、父ちゃん一家はまた変わったかな、と思わなくもなく。
2014年のWMに向けて、さっそく9月から予選が始まりますが、世代交代を始めるのかな?なんてったって、ラムたんだって「アラサー」なんですもんね(Goal.comだかなんかの日本語記事にそういうのがあって、一人変な笑い方をしてしまいました)。アラサーねえ・・・。若ければ若いことを問われ、年を重ねたら世代交代ができてないと言われ、難しいなあ、ホント。

Sportbildでのイタリア戦後の各選手評。
Philipp Lahm: Konnte an seine bisherigen tollen Turnierauftritte nicht anknüpfen. Glänzte als Torschütze im Viertelfinale gegen Griechenland, blieb ansonsten blass.
ラムたんは、確かになんか青白い感じだったよね!

一つ、私も大きく「そうだ!そうだ!」とうなづいたのは、Bildに掲載されていた「国歌斉唱のときから負けてたよ!Schon bei der Hymne hatten wir verloren」です。私もイタリアが朗朗と歌うのに、どうしたの、ドイツは?と思いました。わざとマイクで拾ってもらえてないんじゃ?と穿った思いすらしましたよ。親の生まれを背景に歌わない選手はもちろんいて、彼らがうたわないのはぜーんぜん気にならなかったけれど、トニクロのすでに雰囲気にのまれてます、みたいな表情にワタシもドキドキでしたよ。ちなみに、36分にドイツが2点目を取られたあとにに涙した女性が映ったのですが、あれはそれこそ国歌斉唱中の選手をみて感動した女性の涙ぐんだ表情だったんですって!
a0094449_1202582.jpg
Der weibliche Fan aus Düsseldorf erhielt Mails aus der Heimat. Sie sei während des Spiels weinend riesengroß gezeigt worden – zu ihrer Irritation, denn die Tränen waren ihr in Warschau vor dem Spiel über die Wange gelaufen.

„Nicht aus Schock und Enttäuschung, sondern, im Gegenteil, aus wohliger Rührung“, schreibt die SZ .
(中略)
Die Bilder wurden während der Hymne aufgenommen, bestätigte die Uefa. Sie seien verwendet worden, „um die Emotionen und die Anspannung der deutschen Fans bei diesem Spiel zu zeigen”.



これとは違いますがこの試合(後半も半分以上は過ぎたころ)に流れた、ドイツサポの愕然としている表情のUEFAの先取りイメージ映像の投入を見て、ヲウヲウでも「もうドイツサポは・・・」みたいなこと言ってました。あれは2点目が入れられたときの応援席だった?

・・・ARDもZDFも日本じゃローマを舞台にしたCMが流れてたと言ったら、どう思うかしら・・・。

最終回をどうまとめるのかわかりませんが、イタリア戦前の父ちゃん一家のバス旅行アニメはこちら。

後だしじゃんけんみたいだけど、最後イタリアのバスが爆発しちゃうシーンだけはいただけなかったなあ。

これ、もう続きがないかも、とyoutubeのコメント欄にありましたが、ぜひ最終回を!と願ってます。ピリっと辛い終わり方で結構ですので!それは、協会に対しても!ワタクシとしては、〆をしっかりしないから、4回も同じことになっちゃうんだよ~と思ってマス。協会が反省・分析をしたってダメでしょう。ピッチに立つのは選手なんですもん。わたしだったら、フランクフルト空港への機内で各選手に「南の島から自己評価&反省文を毎日3文ずつ父ちゃんに書いて送りなさい!」と夏休みの宿題だしちゃうけどな!
a0094449_858646.jpg東風せんせい、ぼくたち、そんな長い文しょうは何どもかけません。それにボクはことしは南の島にいきません。(カピテン・ラーム)
なんだよぉ、コブタちゃんはみんなが認めるChefなんだから、イタリア戦みたいに黙らないでよぉ。また、ボクだけBildにいぢわるされちゃうじゃん!

a0094449_991914.jpgどうせ「はんせいナウ」とか「ぼくがもっとせが高かったら」とか「し合に出なかったのでどう書いていいかわかりません」とかそんなのばっかりで、効果がない気がしましゅ。
だいたい、Bildではボクがカントクを続けていいか読者のコメント募集中でしゅし。


父ちゃん以上の指導者がいるのかどうか、私はわかりませんが。名選手が名監督にならないことは古今東西が証明してますしね!でも、どっかに第二の父ちゃんがいてくれなくちゃ、困りますケド。

それから、ビア保父には、もうわけわかんない手首のヒモ作戦はやめてもらいたいわ!自分たちで縛っちゃってるようなもんだから!今回は父ちゃんが言いだしっぺらしいけれど、やめさせるのもアータの仕事じゃないの!マネージメントは選手だけじゃなくてチーム全体に対して、でしょ?
父ちゃん一人が首に巻いていてくれたらいいのでアール!服装対決でもイタリア監督に負けちゃったよね、父ちゃん・・・。
そんなに願掛けしたいんだったら、父ちゃん一家で日本にやってきて、パワースポットめぐりをしたらいいんだわ!お遍路さんスタイルなんか、似合いそうだけど?
[PR]
by eastwind-335 | 2012-07-01 09:50 | EM12 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(15)成長した?

a0094449_3214292.jpg

昨日、出勤したら「なんで、今日のような日に試合を中継してくれないのかな」と開口一番お兄さんから質問が。
ヲウヲウでの中継しか眼中にない私は最初なんのことやら、だったのですが、テベエスはここ一番の試合を中継しなかったんですってね~。
そして「ドイツ戦は見よう」というので、ハタと、思い出しました。ママに「見ないで」って言っておかなくちゃ!母がみると負けちゃうので。母には悪いなあと思いながら、電話でお願いしておきました。母が「もっちろんよ~」と。

みんなが「ドイツ優勢だから」というのですが、えー?どうして?という私に「あーた、ホントにドイツファンなの?」と言われてしまいました。でも、イタリアに勝てたことがないんです・・・と不安な私。足元がうまいイタリア・・・。若い人たちが「わかってない」感じがするのも不安。余計な緊張は不要だけど、ねえ・・。

勝利の母、みんなのアンジーおばさんは、EU首脳会議に拘束されてます。こんな日に首脳会議があるなんて、とぜったいにメルちゃんは地団駄を踏んでいたに違いありません。

ドキンドキンしながら入場を見守りました。国歌斉唱のときからイタリアのほうが迫力があって、やや不安。ボロテッリの顔が怖い・・・。ラムたんが一生けん命うたってましたが、トニクロなんてボーっとした顔で。大丈夫?大丈夫?

父ちゃん、巻いてないし!今大会巻かないで勝ってるから、とでも?今日まかないでいつ巻くの?

家人が「ゴメ蔵?大丈夫かな」と。私は「きっとどこかでクローゼと交代するっていう前提で、よ」と言いながら何となく自分を落ち着かせるのでした。そしてゴメ蔵は家人の不安をそのまま体現・・・・。

そして、馬頭仏塔の守備がやや・・・と思っていたら・・・・うーん、先制されちゃいましたね・・・。
ラムたん!パスミスしちゃうし!
心配なのは、得点が決まっちゃえば、イタリアはがっちり守りに入ること。だから1点を取り戻したいのに。
そして、時間がたつにつれて、いつもの「寒天液が固まる寸前」が来ちゃうんだから!
その前に、どうか落ち着いて、深呼吸して!
そして2点目はラムたんのミス・・・。うーん。ラムたんだって、一人一生懸命追ってきたんだけど。というか、ああいうシーンでラムたん一人になっているって?いや、それはそれが父ちゃん一家のお約束だから仕方ない。つまり、ラムたんは(応援してるけど)いつもこういう大きな相手のときに一人にされちゃって、ヤっちゃう・・・。
a0094449_553375.jpg

でも、点を返すのもラムたんだから、4年前のトルコ戦のときのようにラムたん1点取り返しちゃえ!ヲウヲウの解説者たちがいうように父ちゃんちには「真のリーダーがいない」かもしれないけれど、エジル起点にラムたん、地味に1点取り返しちゃえ!
追いついてよ、みんな!!!

後半になってロイスが入ってきて、当然ながらクローゼも来て。ラムたんがすっごく積極的に攻撃するシーンもあったけれど、決まらず・・・。あああああー。

父ちゃんたちも「スライディングタックル」の練習をしたほうがいいかも・・・。

ラムたんは完璧に抑えられてます。ホント、左押さえられていて。
このあと25分そのままになっちゃうのかしら・・・。

ミュラーが入って少し変わりました。
もう少し早くはいってきてもよかったかも。
コブタちゃんが元気がなくて、心配だわ。コブタちゃんの調子はいつもと違う。

そして、父ちゃんの子供たちはイタリアに翻弄されている。最後、エジルがPKを決めたけど、遅かったし、やっぱり、ブッフォンもすごかったし、イタリアがやっぱり守りも固かったし、父ちゃん一家は正直DFラインが・・・。ここでメルテくんがいたら、と私は正直思いました。

ヲウヲウではやたらと「自分たちの試合をさせてもらえなかった」と言ってましたが、じゃなくて、父ちゃんの子供たちは、自分たちが自分たちの試合をしなかった、ってことだと思う。「させてもらえなかった」じゃなくて「しなかった」というのはキツい言い方でしょうか。父ちゃんの采配の問題もあるでしょう(それはその道のプロにお任せします)、ラムたんにキャプテンシーがなかったかもしれません(世間のいうゲルマン魂ってヤツが見えにくい人ですから)、コブタちゃんがゲームを組み立てきれていなかったことも事実(エジル頼みなのがよくわかる試合が続いていたので、イタリアだってそのあたり見破ってましたよね)。
WM14に向けて、父ちゃん一家はいぶし銀のような選手を作っておく必要があるかも。ピルロのような。カピテンシーはなくてもいいけれど、ここにこの人がいる、っていう大丈夫感(こんな言葉ないけれど安心感とは違う)。

・・・とやっぱり、相手が格上の試合のときには、ちゃんと「首に」巻いておいてもらいたかったわ、父ちゃん!

ということで、ドイツ応援をいっしょにしていた皆様、お疲れ様でした。またまたまた負けちゃいましたが、ここ4年の2度のスペインとの試合に比べると、寒天液の濃度は薄くなったと思います。成長してないとは言わないから、次こそ!、ほんと、次こそ!

うーん、母に「見ないでね」なんてコトをいった私もいけなかったかも。ごめん、ママ。有料チャンネルを契約していない実家では「ハンサムさん(母やアルバイトにいらしている方々曰く、父ちゃんが「イケメン監督」として今大会ではしょっちゅう民放のスポーツニュースで取り上げられていたそうですが、ホント?)」は次は早くて2年後まで見られません(・・・父ちゃん、14年まで契約してるんだよね?)。

追記:EM08のときには、優勝決定戦の前のセレモニーで対戦相手の母語であるスペイン語系歌手が出てきたのがヤダなあ、と思ったのですが、今回は、ヲウヲウがトレビの泉を背景にしたソフトバンク」のCMを流したんですよね。ほんとにイヤな感じがしました。いままで私が気が付かなかっただけなのかな、でも、これまでのユーロの放送のときにソフトバンクのCMって流れていたかしら?どちらかといえば、ずっとクネ男が乗り込み遅れるナイキのCMじゃなかったかしら?なぜ、今日、急に?偏向実況放送(本当にドイツが優勝候補だって思ってた?私は一度たりとも最初っから大丈夫って思った試合はなかったけれど)よりもそういう(見えない)応援を苦々しく思うワタクシです。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-29 06:10 | EM12 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(14)見込みつけた

a0094449_6503347.jpg
ああ、準決勝の相手はイタリアとなりました。
ドキドキしちゃいます・・・。一人勝手にWM06のことを思い出してます。苦手なところにはとことん引っ込み思案になる父ちゃん一家。スペインとイタリアは本当にドグンドグンです。

あの頃のことを覚えているのが、5人も(ミロ、3若、メルテくん)いる父ちゃん一家。
練習中の雰囲気はいいですよー、とSportbildに写真が載ってました。
a0094449_658146.jpg70年代ダンスを父ちゃんから習ってる途中(嘘)

a0094449_7441367.jpg手足がこんがらがりそうだよぉ~。もうすぐお父さんになるのに、バスの中じゃ赤ちゃん扱いなラムたん・・・(笑)。

そして、あの試合をパブリックビューで見て「がっかりした」という過去と今の自分にはつながりはない、といわんばかりのミュラーの自信というか強気というか、な発言に「ああ、本当にWM10組はお若いこと」と思うワタクシです。ほんと、そこまでいうんだから、得点の起点になってもらいたいし、失点の起点にはならないでもらいたいものです・・・。
a0094449_659142.jpgイタリア戦のあの雰囲気を知らない人たち


私は遠い極東から体重増加の協力しかできません・・・。
今度はこれよ!
a0094449_7462292.jpg

a0094449_7463657.jpg

お菓子を買いに行きながら、クネ男vsスペインのどちらが勝っても対応できるよう、次のお菓子の見込みもつけました。
スペイン産のお菓子ってあんまりないのです。輸入菓子屋さんで40分近く、商品をとっては裏の商品内容シールを見て棚に戻すという「ナゾ」の行動をとって、ようやく見つけたのです。
こっちは準備OKだから、父ちゃんたちも準備万端で頑張って!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-27 07:47 | EM12 | Trackback | Comments(4)

Gemeinsam holen wir den Title !(13)なんでも初めてがある

a0094449_4495612.jpg

まだはじまって5分ですが、キックオフのやり直し、原人(サマラス 7番)にケディラが削られ、ギリシャのGKは鼻血を出すし。
波乱の試合開始。
すぐに座るギリシャGK。
これもユリイカ作戦なのでしょうか?イライラしたら思う壺だから、とのんきに見てる私でしたが、原人の足狙いはいけない!とテレビの前で大説教。選手の足首をわざと踏んでるよね、原人。コブタちゃんのアキレス腱まで!
それに、いままでで見たことないぐらい、ギリシャはおしたり引っ張ったりする気が?でもこれがきっとノックアウト式のプレーなのよね・・・。

30分の間、テレビに向かってずーっと言ってました。
父ちゃん、17度なんだから、巻いて!!!!!
ノックダウン式なんだから、巻いて!!!!!

見た?見た?見た?
a0094449_5521085.jpg

a0094449_552393.jpg

ラムたんゴールですよ!
カピテンラームが均衡を破りましたよ!
うちで私が「ラムたん、もう一人で切り込んじゃえ!」と言っていたところ!
すべりこんで喜びを爆発!うわーん、父ちゃんも大喜び!

だって、それまで、何度、惜しいことばかりだったことか!エジルが引っ張ったらファールなのに、ギリシャが引っ張ろうと押そうと蹴ろうと審判は特段おとがめなしだったし。決まらなくて悔しがっているエジルやコブタちゃん、果ては父ちゃんの顔まで編集して映した国際映像・・・に、ちとカチンときていた私。
父ちゃんたちだってそうだったに違いなく、老人(!)たちまで大喜び!絶対に「ユリイカ!」と叫んだに違いありません(嘘)。
a0094449_555337.jpg

ラムたんのあの位置からあの方向へのゴールとなればEM08のトルコ戦のときみたいですよね!

この審判、今回が初めての大きな大会での主審ですって。
そして、父ちゃんちもロイスという初めての選手がいるし!
なんだって初めてがある!
ラムたんだって、今日のゴールは今大会初めて!
メルちゃんだって、今大会の見学は今日が初めて!これに出かけるために会議を2時間も早く始めさせたそうですよ。日本だったら「おばちゃんパワー」と言われかねない・・・。
a0094449_631666.jpg


シューレレ(うちでは家人の命名で「学校」というあだ名になりました。綴りはちがうんだけど、日本語的にも「レ」がよけいなんですけれど、でも家人が覚えたカタカナドイツ語を私も大切にしたいと思ってますので許す←教育ツマ)もがんばってるので1点決めてもらいたいです。
いつもは、父ちゃん一家のあれこれで盛り上がる私たち夫婦ですが、本日に限っては、我が家はメルちゃんとサマラスギリシャ新首相(原人7番と同じ苗字だ!)の会見中のような我が家。家人は実はギリシャを応援中なので、ラムたんの得点のときのハイタッチだって、小指を差し出しただけ。一瞬、原人7番のごとく、家人の小指が折れるぐらいハイタッチしようかな?と思ったほどです。

1点有利とはいえ、ギリシャもまだまだ怖いし、やっぱり巧いし。タイプが違うだけにドキドキです。

後半はゲカスを入れてきて、ギリシャも仕切り直し。ああ、父ちゃん、早めにあと1点を入れてほしいです!

と思ったら、原人7番がゴール決めちゃって!
すごーくヤな感じが!
おちついて、父ちゃん!おちついてみんな!
ラムたん空いてるから!ラムたんも使ってよ!ほらほら、両手を振ってるじゃなーい!
シューレレおちついて!あなたなら、決められるから!

うわーうわーモリゾウ!!!やったー!やったー!すごーい、かっこいい!
a0094449_5564682.jpg

メルちゃん大騒ぎ。
a0094449_5573748.jpgうちの家人ときたら、メルちゃんの隣のDFBカイチョーのことを「メルちゃんの秘書?」と言いました(汗)。

1点リードじゃだめだって、さっき勉強したばかりですから、もう1点とらなくちゃいけません(東風せんせいより)。
いや、実は、ギリシャの大らかパスサッカーにかなり感心している私です。こんな感じでユーロ(€)を使ってたんだろうなあ・・・(笑)。

きゃー!クローゼー!やったーやったー!すごいわ~。
a0094449_559575.jpg

34歳のFWだなんて。うまく年齢を重ねるっていうことのよい例ですよね。
a0094449_559427.jpg続いて、よかったよね、ロイス!初出場初ゴール。

この試合でもシューレレが決めるかと思ったけれど、途中でミュラーに代わったんですよね。ミュラーのおとりでクローゼがヘッドを決めることができたわけだし!
まだ15分あるのに、もう試合は見えたようなことをいうヲウヲウ解説者たちに、私と家人は「えー?まだ15分あるんだから、5分に1本で3点追いついちゃうって~」とドキドキ。
ゴメ蔵、参上!の陰にゲッツェの初出場。
1点PKでギリシャが点を取りましたが、これは仕方ないよね。
うわー、よかった、やれやれ・・・。私も今大会の初めてを!
ハイターッチ!!!

今日の家人の一言
「ヲウヲウってスカイプ使ってるっていうけれど、ギリシャなみに財政に問題あるの??」ほんと、私もスカイプにはびっくりでしたよん。
a0094449_615651.jpg

私としては、手首じゃなくて「首」に巻いてもらいたいんですけれど・・・(笑)。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-23 06:05 | EM12 | Trackback | Comments(6)

Gemeinsam holen wir den Title !(12)首から上

職場でアルバイトのお姉さまたちとお昼をご一緒しました。
ニワカーズなお局さまとは違い、サッカーをよくご覧になっていらした方々がいらっしゃって、私が「うわー、いろいろご存じですね!」と心底感心したら、
「ま、東風さんよりは先に生まれたからね!」とサラリ。かっこよすぎる・・・。

ドイツはなぜメディアで地味な扱いになるのか。
ドイツ代表といえば、いまだにカーンといわれちゃうのか(私の周りで、ですけれど)。

みんな、顔しか見てないからだ!と昨日つくづく思いました。
私が共同通信の記事がまるで「ポルトガルが1位通過(クネ男2ゴール込)」みたいな文章だった、と(いまだ)プンプンしているのですが、アルバイトさんたちは「そりゃ、クネ男はかっこいいじゃないの!」と。ま、このあたりは「好み」の問題と措いておけたのですが、もっとびっくりすることが!真面目ジルネタです。
真面エジルは刷り込みのようにして、日本人に印象付けられているようです。
ドイツの前のほうに小さい選手がいる、とどなたかがおっしゃったのがきっかけでした。
ゴメスから選手の名前をあげたところ、「そ、そのエジルよ」というので「あの、ファイティングニモみたいな顔の、ですか?」と念押し。目玉でますます真面エジルとわかりました。
が、彼って思ったほど小さくないんですよね~。「180センチあるんですよ!試合開始前に並ぶとよーくわかります」と言ったんだけど、なかなか理解してもらえず。子供みたい、とみなさん思っているようで(確かにね!)。やっぱり、顔から上しかみないと気が付かないかな。まあ、真面エジルは顔が薄い感じだから、なんとなく小柄に見えちゃうのかなあ。
で、一番小さいのはカピテンラムたんだ、と私が説明したのですが、「いたっけ?」と一蹴。
いますよ!選手入場のときには先頭だし、コイントスするのも彼だし・・・と熱く語ったのですが、はた、と。みなさん、別にヲウヲウで見てるわけじゃないようす。私が起きていられない時間のスポーツコーナーで見ている様子(笑)。
そうなると、疲労困憊酸素不足のような放心状態の真面エジルしか画面には映らないとこでしょう・・・。

さて、開会式は「ジンケンのない国との共同開催」だからと欠席したアンジーですが、ギリシャ戦は観戦することになったそうです。アンジー、うれしいだろうなあ。テレビでこんだけ興奮していても、やっぱりピッチで見たほうが嬉しいもんね!
a0094449_5392398.jpg

オランダ戦の日にオレンジの上着を着ちゃったということで軽いツッコミをうけているようです。ギリシャ戦はどんな格好で来るのでしょうね?ギリシャサポーターを騙るヘンな人たちにイヂめられませんように。
フランスの新しい大統領もすでに観戦しに行ったんですよね。まさかギリシャの新首相は組閣がすんだばかりだから行けないわよね。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-21 05:49 | EM12 | Trackback | Comments(0)

Gemeinsam holen wir den Title !(11)苦労せずして食材確保

ささやかに、「食っちゃおう」応援をし、かなり急激な体重増加という笑えない犠牲を払って父ちゃん一家を応援している私です。
記録式ダイエットをやっているのですが、WMが始まってから体重2キロ増って?!
7月に高校の大掛かりな同窓会があるのに・・・。サッカーあっての学校だっただけにEMはちゃんとはずしてくれていて、日程的には迷いなく参加OKなのですが、洋服がきつくなって(5月は平気だったのに)。体型を隠せるワンピースにしようと思ったら、先日、メールが来て「フォーマルな格好はダメ」と。

DFBのヨガビデオを見て、心と身体を整える必要がありそうです・・・。
日本国内どのメディアでもさらっと1行「ドイツもB組勝ち抜け」の扱いですが(ウキーっ!)、私たちの応援もきっとささやかに、父ちゃん一家の3勝(3勝ですよっ!!)勝ち抜けを支えたことと信じてます。

それにしても、そんなにクネ男のゴールがニュースになるのかなあ。息子の誕生日のプレゼントになったから?妙に持ち上げられるのも私はイヤだけど、でも、でも・・・。

というわけで、極東では肩身の狭い父ちゃん一家ではありますが、私も食っちゃおう応援はやめられません。
というか、やめられなくなったのです。もう用意されてあるんです。開会直後から・・・。
a0094449_72155.jpg

a0094449_7212583.jpg
実は、我が家、いま、冷蔵庫がグリークフェア状態なのです。
家人が、6月初めにギリシャへ出張でして。いつものばらまきお土産や家人の愛するゴマはちみつだけでなく、今回はフェタチーズがたっくさん!4箱も買ってきたんです!
どれだけ塩分があるのかわかってるのかしら~(怒)と私。うち、ひと箱は最初から水漏れ状態で販売だったようで、箱の外側を新聞で包んであり、それが塩分で固まっていた!さらに私が出張でいないときに帰国したため、勝手にチーズを冷蔵庫へ突っ込み・・・。入れる場所がないから、と、冷凍庫にまで入れたんです!(普段、1週間分のお惣菜を作るので、冷蔵庫は保存ケースでかなりピッチリ詰まってマス)。
一見すると業務用箱型アイスのような大きさ。賞味期限を確認しようと思ったら・・・蓋が浮いてるし!!!
小学生でも冷凍したら液体の体積が増えるって知ってるってば!(怒)
解凍して水分が出たとしても、固定位置においておけば大丈夫と思って「日本のスーパーの袋に入れなおして」野菜入れに移したのですが、それが裏目に。普段家人は野菜入れは開けないのですが、ごはんを炊こうとお米を探してくれたときに野菜入れをぐちゃぐちゃに。上から下へではなく、横へ横へと押しのけて探すタイプの家人・・・(涙)解凍中のチーズのことは忘れていたそうで適当に袋を置いたとのこと。そのために、袋は傾き、水が漏れ・・・日曜の朝、サラダでも作ろうと野菜入れを開けたらメチャクチャなことに!一番つらかったのは臭かったこと。
ま、野菜入れはきれいに拭き掃除も済ませ、すっかり片づいたから、ギリシャもきちんと片付くかな?
実は・・・箱だけでなく、パウチされた羊チーズもあります・・・。シールはかわいいでしょう?家人が民宿でいただいて美味しかったから、と買ってきてくれたのですが「でも同じメーカーのじゃないんだ」とのこと。え?
a0094449_728921.jpg

ギリシャからのチーズは、あとふた箱と半分と1袋・・・。直接お会いできる方に1箱差し上げたいぐらいです・・・。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-20 07:34 | EM12 | Trackback | Comments(0)

Gemeinsam holen wir den Title !(10)レーハーGさんの忠告

元ギリシャ代表カントクであり、ヘルタをある意味カオスに突っ込んだレーハーGさんが、父ちゃん一家に「ギリシャが邪魔しちゃうもんね~」と言ったそうです。

この人、父ちゃんの座を狙っていたのかな?
いや、もちろん、ギリシャの試合を見ていた私だって、次はもっと大変だと思ってますけれど。ノックダウン式になるわけで、いよいよ「勝つか負けるか」ですもん。勝負の世界に入っていくんですから。
レーハーGさんいわく、8年前のギリシャチームの雰囲気を思い起こさせるそうですが、父ちゃん家だって、どんなおうちの時だって、ゲルマン魂を持ってるんだから!!!(→しかし、私の思うゲルマン魂は、世間で言われるそれとはヤヤ違うのですが・・・)

Rehhagel warnt vor Griechen

Der frühere Griechen-Trainer Otto Rehhagel hat die deutsche Fußball-Nationalmannschaft vor ihrem nächsten EM-Gegner gewarnt. „Diese Mannschaft sollte auch Deutschland im Viertelfinale nicht unterschätzen”, sagte Rehhagel der „Bild”-Zeitung (Montag). Der 73-Jährige hatte die Hellenen 2004 sensationell zum Titel bei der Europameisterschaft geführt. Das aktuelle Team erinnert Rehhagel an seine Elf von damals. „Die Griechen kämpfen ähnlich wie vor acht Jahren mit einer großen Leidenschaft und stehen gleichzeitig sehr sicher”, sagte der Coach.



ドイツ対ギリシャ、ドイツの勝利の母「メルちゃん」も心配でしょうねえ・・。ギリシャに建て替えてあげる(!)お金のことも心配しなくちゃいけなくて、チームのことも心配しなくちゃいけなくて、応援にもいけなくて、「いけない」だらけじゃないですか!

ところで、次の組み合わせがドイツ対ギリシャとwowowで紹介されたとき、私がすぐに思い出したのは、私が好きなイギリスはBBC制作コメディー「モンティー・パイソン」のスケッチの一つ「ギリシャ哲学者チームvsドイツ哲学者チーム」。
初めて見たときはまだ大学生か出たての頃。すっかりツボにはまって、笑いすぎて、笑い方がヒドすぎると母に叱られたぐらいでした。
だってだってだって~!

スタメンがすごいでしょ!ベッケンバウアーには哲学があるんですね!このスケッチができたころはまだ若かったでしょうに・・・!スタベンたちがピッチの横で走るってるのも面白いし、なんといって、「ユリイカ!」ですよ!「ユリイカ」ってそういうことなんだ、って体感しましたよ。哲学書を何冊よんでも到達しないものをこの数分のスケッチで理解するなんて・・・。
哲学者の抗議の仕方、主審が孔子なのも含めて、もうもうもう、ツボ押さえられっぱなしでした!

さて、upしておきながらナンですが、このスケッチだとギリシャ哲学者チームにヘディングでやられちゃうんですよね・・・・(汗)。(ヨーロッパの哲学はやはりギリシャのほうが格上、ということを示唆)
21世紀の試合でも、ギリシャの「ユリイカ!」にはやっぱり要注意ですよね。特に14番あたりが「ユリイカ」しそうで・・・。

でも、大丈夫、大丈夫!
だって、父ちゃんたちには哲学はないから。あるのはTeamgeistだけだから!父ちゃん、がんばれ!アンジーおばちゃんのためにも!

もし、モンパイのメンバーが今の貨幣ユーロをめぐる、もしくは旧東欧世界における人権問題をめぐるEUを、EURO12を背景に描くとしたら、どんなサッカーの試合に仕立てたでしょう・・・。マイケル・ペイリンが旅人となっているBBCの旅行番組(BS朝日で吹き替え放送)では、現地にいる人に対して、彼ったら、結構、鋭い質問をしています。10年ぐらい前の放送を今もBS朝日で放映しちゃうんですけれど、ヨーロッパの現在の政治のすったもんだは10年前にはその萌芽があったのだ、と思い知らされる内容でもあり、家人と二人、「へー」「ほう」と言いながら見ています。
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-18 18:28 | EM12 | Trackback | Comments(2)

Gemeinsam holen wir den Title !(9)頭一つ高く!

a0094449_3221076.jpg

こんなに勝っているのに、グループリーグ抜けが決まらないドイツ・・・。
優勝候補といわれながらも、グループBに入ったためなのか、本当にドキンドキンな試合が続き・・・。

あらら、ラムたん、やや硬い顔。
見てる私までドキンドキンです・・・。
月曜は仕事内容がいつもとちょっと違うので、いつも、この時間はその日の手順のシュミレーション中。ただでさえ緊張しているのに・・・。

ミュラーときたら、エスコートキッズにウィンクしてた・・・。ウィンクは緊張の証(笑)?

そんななか、ポ王子が決めてくれました!19分。筍母さんおめでとう~!
a0094449_5534974.jpg

ポの表情、よかったですよね~。100試合目の記念ゴールになったよん!
a0094449_5531843.jpg

が、そのあと、ラムたんが失敗の起点になって、ドキドキしたり。ラムたん、キンチョーしてる?抜かれちゃったり・・・。うわーん、ドキンドキン。

・・・クローンデリ・・・・に同点にさせられ・・・。あれは仕方ないよねえ~。

さあ、ここで気持ちを切り替えていかなくちゃ!ラムたん、自分でトコトコ行ってくれて、決めてくれていいのよ!とテレビに向かって声をかける私ですが、元気のない子供たち。父ちゃんも、暑いからといってもいいから「巻いてよ~!」と思うんですよ。
a0094449_554720.jpg>いや、ちゃんと座ってよ!だわ。

惜しいところはいくつもありましたけれど、とにもかくにもヒヤヒヤしながらの前半戦は終了。
ラムたんはこっそり守備でも貢献していたのですが(危ないところに体ごとボールを止めた!)、それよりなにより、パス成功率100パーセントですよ~。
ドイツは、セカンドボールへの意識が前がもうちょっと上がると、もう2点ぐらい入れられると思うんですけれどねえ~。波状攻撃ではなくて、セカンドボールへの意識。
EM初出場のベンダーは、やや疲れが出てきているかも。ヒヤヒヤ。でも、初めてだもん、緊張しちゃうよね。
真面エジルもつかれた顔してるし・・・。蒸し暑そうだし・・・。なんか、みんな、勝手なことをしてるような・・・。
フンメルスにはバックパス禁止!と言いたいわ。体を張って止めるということでは、ホント、フンメルスに救われたところもあるけれど、この3試合、彼の「気持ち後ろ向き」が気になってたまりません。ノイヤーに負担じゃないの・・・・と。

ポに代わって、19分にシューレレ登場。前半19分のポ王子のゴールは、本当にジーンときましたよ。
このまま引き分けになるのかなあと思った80分。ベンダーがゴール。
ベンダー!ベンダー!双子の弟も喜んでるよ~。硬い感じだったけれど、よかったよかった!
a0094449_5555281.jpg

また発煙筒?ドイツの席からですって。あと10分・・・・。デンマークはきっと、猛攻撃をかけてくるはず。そういうチームだもん(好い意味で)。気が抜けない相手よね。

え?ラームさん?また失点の起点になりそうなパスの受け損ない。ラムたん、今日は評価4って感じがするわ。

ミュラーに代えてトニクロ。

もう、このあとは、ドキンドキンしながら画面を見てました。ノイヤーが結構前に出てくるシーンもあって、DF4人だけじゃ見てられなかったのかしらん・・・・。
ポ王子のニコニコで、ああ、勝ったんだ、勝ったんだ・・・と。

試合終了後にようやくデンマーク選手をまじまじと見ましたが・・・なんか、お絵かき大好きな選手が多かったのですね~。父ちゃん的には大NGな。早く試合を終えたかったでしょうね。

そんなこんなで、ハイタッチというよりも、またもや小さく小さくガッツポーズ。
地味に活躍してくれたケディラに感謝!

ヲウヲウでは、試合中は「どうなるかわかりません」とデンマークへの含みを込めたコメントばかりでしたが、試合が終わると「ドイツは強かった」と。まあ、ヲウヲウの松木、ヤスナガさんですからねえ(笑)、想像できなかったわけではないけれど。
ホント?ドイツが強かったのではなくて、ドイツに勝負があった、ってことなんでは?
何はともあれ、よかった!よかった!
次は22日、相手はギリシャとのこと。私も手帳に今後の予定を書き込んでおかなくちゃ!

食べ物はもう用意されてます!(家人が食べきれないほどいろんなものを買ってきてくれてるんですけれど!)。

じゃ、私は(準備不足のままですが)仕事に行ってきまーす!毎週月曜は朝が早くて大変ですが、よい一日になりそうです!
[PR]
by eastwind-335 | 2012-06-18 06:00 | EM12 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る