カテゴリ:おっとりオットルくん( 56 )

久しぶりに日本語メディアに出たオットルくん

最近、ブンデスの師匠とお目にかかる機会がありました。
師匠は最近はドルトムントのラジオを聞いていらっしゃるようで、その日も、「あーあ、どうしてカガヴァを出さないのかねえ」とリバプール戦の結果にご不満顔でした。

ワタクシは日ごろのバイヤンの試合のグチを言い、ドイツ人監督がひっぱるバイヤンっていうのを見たい、という意見で一致。

そのときもふと「オットルくんはどうしているんだろう?」と思ったのですが、昨日、意外なところでオットル君の名前を発見。

21世紀になってからのバイヤンが獲得した史上最悪の選手、ってところに。
もともとは家人が「ウサミって本当に評価が低かったんだなあ。どうしてバイヤンともあろうところが、彼を取ったのかが、やっぱりわからない」とご飯を用意している私に話しかけたので、その記事を知ったのです。
「彼が合わないのは、移籍発表時からわかっていたことだから、何をいまさら?だわ。私としてはオットルくんの名前が出てませんように、なんだなあ」と思いながらお台所の仕事を終えて、ネットをつなぐと・・・

ありましたよ。
イギリスのメディア「Squawka」が選んだ「21世紀のバイヤンが獲得した史上最悪の選手」ってところに。
GK:ミヒャエル・レンジング
DF:アンドレアス・ゲルリッツ、ダニエル・ファン・ブイテン、ブレーノ、エドソン・ブラーフハイト
MF:ホセ・エルネスト・ソサ、アンドレアス・オットル、フリオ・ドス・サントス、ダニエル・プラニッチ
FW:宇佐美貴史、ニルス・ペーターゼン

どういう基準で選んだんだか、もう少し日本語メディアも裏を取ってから記事にしたらよかったのにねえ。

ま、オットルくんがこういう括りに入れられても仕方ないような気はする。そういう役割を担うのがオットルくんなんだろう、と。
でも、史上最悪かどうかっていうと、異議申し立てをしたい気分。
だって、下手とかうまいとかじゃなくて、単に、彼は「ぶきっちょ」だったんだと思うのです。
それでもスタベンでいた、ってことは、彼に役割があったと思うのです。ただ座ってイライラしながらスタメンになれないことを思うような選手たちとは違う。
「腐らない」ということができたプロ選手の一人だと思うのだけど?
・・・哀しくなるから、もう何も言うまい。
オットル君、いま、何をしているんだろう?早くコーチ資格を取ればいいのに。

そしてプランちゃん。
バイヤンのプレータイプとは違う選手だと思ったけれど、クロアチア代表ですからね!オリッチとのクロアチアンコンビとして存在しただけでヨシではありませんか?!

もっと驚いたのはブイテン兄まで名前が出ていたこと。
え?え?え?
ブイテン兄こそが、ある意味「正しいバイヤン」だったと思うのだけどねえ~。
リベリの子守を誰がしていたと?

この3人については、私は断言します!ベンチにいたことでスタメンの人たちが安定していたんだって!

ま、この3人、今もベンチにいたら、「うわー、ウルさいなあ。何興奮してるんだか?」と醒めた目でペップを見ていただろうなあ。いや、ペップのほうが、3人のある意味「動じない」目線が怖くてベンチから外すかもしれない。

そうなんだよね。オットルくんとかプランちゃんって「見透かしてる」ところがあったような気がするのよね~。

しかし、久しぶりにオットルくんの名前をみつけて「コーチの勉強、してる?!」って思うワタクシも・・・。でもユースのコーチとか向いてると思うんだけどなあ。
[PR]
by eastwind-335 | 2016-04-13 06:42 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(4)

ひさしぶりの登場

私が出張準備であたふたしている間に、おっとりとオットルくんはドイツ語媒体に登場していたようです。
移籍マーケットのスッタモンダが続いたこの夏、オットルくんはどうなるんだろう、と1人やきもきしていたのです。
日本のオットルくんと言いたくなる萌(はじめ)ちゃんも、まるで、オットルくんのステップをそのまま踏むかというように、ヘルタで足を故障し、そしてトルコへ!!!
どうして、こう「良いひと」がこんなことになってしまうのか!アウグスブルクとヘルタには何か憑いているんじゃないかと思うほどですよー。

あんまりオットルくんがどうなってるのか心配になってしまい、とはいえ、自分の準備で余裕がなかったのでネット検索をすることもなかった8月のなかば、私は、夢の中にゼーベナーの練習場が現れて、ラムたんが遠くに見え、「そうだ、ラムたんにオットルくんのことを聞けばいいのよ。ラムたんだったらオットルくんのこと知ってるもん」と誰かに向かって(日本語で)言う始末。

さてさて、掲載されていた媒体はOVB Oberbayerisches Volksblattという地方紙。
こういうところにではありますが、半年に一度ぐらいは取り上げてもらえるってところに、オットルくんの何かいいところがあるんだろうと信じたいところですが。

オットルくんは10年前にバイヤンのプロ契約を結んだんだそうです。
私がラムたんにボールを出している選手の後ろ姿が気になって、コメントをくださった方のおかげで名前を知り、注目するようになってから8年。バイヤンユースからのプロ契約者として、ラムたんやコブタちゃんに続け!と期待されていたのですが、もちろんミュラーたちの成長もあるけれど、バイヤン自体が「攻撃部隊」を探している時期で・・・。

オットルくんはボランチが希望だったんだよね。だけどコブタちゃんがいて、なかなか順番は廻ってこない。中途半端な状態になっちゃったんだよね。もう全くダメってわけでもないけれど、スター性には欠けるし、ラムたんみたいに置き換え可能な人がいない、ってわけでもない。

性格もおっとりしていて、いや、しすぎていて!この最新インタビューでも「え?え?オットルくん!?」と尋ね返したくなるようなコト言ってるし!私がチューターをしてる子だったら、間違いなく、私、説教大会になっていると思う・・・。
「オットルくん、本気で選手で居続けたいわけ?」とかいって泣かせそうな気も・・・(汗)。
でーもぉ、オットルくんもねえ・・・。言葉がね、なんて言わずに、ロシアリーグの申し出を受けたらよかったのに!タスキくんだってロシアにいるんだから。クラーニーは帰って来ちゃったけどねえ。
まあ、オットルくんの「バイヤン命」の深い愛情が、いろんな意味でオットルくんの選手としての時間を減らしていくんだろうなあと思わなくもなく。

個人的には、彼には指導者としての勉強のスタートをさっさと切ってもらいたく・・・。いや、オットルくんの同年代って選手としても悪くなかった人は結構いるわけで、指導者の枠だってチーム数に依存するわけなんだから、限度ってものがあるわけで・・・。「チャンスが来た時に資格がありませんので、じゃお話にならないのよっ!」・・・おっと、またまた説教大会になるところでありました・・・。

でもさー、ホント、ラムたんから言ってほしいのよねえ。ネットショップの運営は最後の最後の手段にとっておいて、サッカーの世界に戻っておいでよぉ~って。


Abpfiff? Definitiv nicht!

Am 13. August ist es zehn Jahre her: Profidebüt beim FC Bayern. Andreas Ottl stand die Fußballwelt offen. Doch seit über einem Jahr ist er nun schon arbeitslos. Und kurioserweise kein bisschen verbittert.
Am 13. August ist es zehn Jahre her: Profidebüt beim FC Bayern. Andreas Ottl stand die Fußballwelt offen. Doch seit über einem Jahr ist er nun schon arbeitslos. Und kurioserweise kein bisschen verbittert.

VON ANDREAS WERNER

München – Andreas Ottl ist kein Nostalgiker. Sagt er. Wer seine Wohnung sieht, würde das bestätigen: Keine großformatigen Bilder seiner Fußballerkarriere an der Wand. Man wird ja älter, meint er, außerdem würde seine Freundin Veronika das „auch gar nicht erlauben“. Früher hat schon auch er eine Trikotsammlung gepflegt. Mittlerweile ist die aber im Keller verstaut.

Weggepackt.

Es kam lang kein Shirt dazu.

Andreas Ottl kann es selbst gar nicht sagen, wann er das letzte Bundesligaspiel bestritten hat. Man muss ihm auf die Sprünge helfen: 8. März 2013, mit dem FC Augsburg gegen Nürnberg. Ach ja, sagt er, da ist wieder alles präsent: 1:2 verloren, das eigene Tor nur ein Geschenk des Keepers, im Gegenzug saublöde Gegentreffer. „Kein gutes Spiel.“ Und womöglich sein letztes.

Im Sommer 2014 lief sein Vertrag in Augsburg aus, danach fiel Andreas Ottl vom Karussell. Eigenartig für so jemanden: 16 Jahre FC Bayern, sechs davon als Profi. Drei Mal gewann er das Double, er galt mal als kommender Nationalspieler, insgesamt kickte er neun Jahre erstklassig. Er ist gerade mal 30, kein Auslaufmodell – und dennoch im Abseits. Wie geht sowas?

Andreas Ottl rührt in seinem Espresso und lässt sich Zeit bei der Suche nach Erklärungen. Eigentlich hat er keine Zeit, sein Terminkalender ist voll, wenn auch nicht mit Fußballterminen, aber davon später. Er lässt sich Zeit, weil die Antwort nicht so einfach ist. Dienstag, 10 Uhr, seine Kollegen stehen gerade auf den Trainingsplätzen. Überall im Land, überall in Europa. Vorbereitung auf die neue Saison. Warum sitzt er also nun hier und rührt gedankensuchend in seinem Espresso?

Neulich ein Angebot aus Russland: „Ich kann die Stadt nicht einmal aussprechen“

An zu hohen Ansprüchen liege es nicht, findet er, gibt dann aber auch zu, bisher bewusst nichts angenommen zu haben. „Ich nehme mir die Freiheit raus, zu warten.“ Er treffe seine Entscheidungen immer mit Überzeugung. Und bisher war nichts dabei. Seit einem Jahr war nichts dabei.

Neulich hat ein russischer Klub angefragt, „aus einer Stadt, deren Namen ich nicht mal aussprechen kann“. Da muss man erst googeln, wo sie sich genau befindet. Dass es ihn nicht in die sibirische Einöde zieht, leuchtet ein. Aber dass er vor dieser Transferperiode zwei deutschen Zweitligisten abgesagt hat, bereut er selbst ein wenig: „Würde ich heute vielleicht anders entscheiden.“ Denn er will kicken, noch drei Jahre. Abpfiff der Karriere, wo seit Monaten nichts Vernünftiges mehr hereinkommt? „Nein“, sagt er, das ist keine Option. „Definitiv nicht.“ Die Vokabel „definitiv“ fällt oft im Verlauf des Gesprächs. Definitiv oft. Vielleicht, weil sich Ottl sicher ist, dass das Ende der Karriere noch nicht definitiv ist.

Eisern trainiert er auf eigene Faust. Sechs Mal die Woche. Fitnesseinheiten, dazu mit dem Bruder am Ball, um das Gefühl nicht zu verlieren. Drei, vier Wochen bräuchte er wohl, um wieder im Rhythmus zu sein, „aber körperlich bin ich fit“, sagt er und klopft sich auf den Oberkörper. Da schunkelt kein Gramm Fett unterm Pulli. Wer genau hinschaut, kann ihn im Olympiapark oder an der Isar joggen sehen. Ab und zu wird er angesprochen, wenn er seine Intervallläufe absolviert. „Meine Übungen sehen etwas anders aus. Und wenn ich einen das zweite Mal überhole, fragt der sich schon: Was macht der denn da?“ Er hält sich strikt ans Programm aus seiner Profizeit, und er ist streng, sonst funktioniert das nicht auf eigene Faust. „Mein Wecker klingelt heute früher als zu den Zeiten, wenn ich bei einem Verein war.“ Um sechs Uhr beginnt der Tag. Aber er ist eben inzwischen nicht nur allein vom Fußball geprägt.
Das Training ist das eine. Zudem hilft er seiner Freundin, mit ihrem Onlinestore für Wohn- und Einrichtungsaccessoires salonfähig zu werden. Unter „myhomeflair.de“ kann man alles bestellen, vom Stahlkorb „Wire Bin Black“ bis zum Sofa „Blanc D’Ivoire“, und Andreas Ottl spricht darüber mit der gleichen ehrlichen Leidenschaft, wie wenn es um Taktik, Tricks und Tore geht. Aber: den Fußball kann Möbelverkaufen nicht ersetzen, das ist klar. Er starrt zwar nicht aufs Handy in der Hoffnung, dass jemand endlich einen gescheiten Vertrag bietet – „aber die Erfolgsgefühle, die du als Profisportler erlebst, lassen sich im normalen Arbeitsalltag natürlich nicht erreichen“. Die kleine Firma umfasst momentan vier Personen. Großartig umarmt und gejubelt wird da nicht. Auch nicht bei Mega-Umsätzen.

Mit elf Jahren kam Andreas Ottl zum FC Bayern, mehr als sein halbes Leben verbrachte er bei diesem Verein. Er hat sie alle erlebt, die Top-Stars: Oliver Kahn, Mehmet Scholl, Michael Ballack, Bixente Lizarazu, Mark van Bommel, auch die Jungen von heute, „den Basti, den Philipp, den Thomas“. Er ist wie Schweinsteiger, Lahm und Müller eine dieser Figuren, auf die die Anhänger so unendlich stolz sind: Ein gebürtiger Münchner unter all den zuagroasten Stars aus Brasilien, Paraguay und Baden-Württemberg, das lässt das „Mia san mia“ ja erst so richtig laut pochen in der prallen Brust eines Fans.

Es gibt viele Bilder von Ottl, in den abstrusesten Designs, der Klub steht modisch oft etwas abseits; auf vielen dieser Fotos hat er den Arm ausgestreckt wie ein Befehlshaber mitten in der Schlacht. Er war nie der große Zampano, aber im Zentrum, dort, wo er spielte, muss man kommandieren. Eine Überschrift bei einem seiner Interviews lautete einst: „Das Herz dieser Mannschaft schlägt rot!“ Ob er denn nicht jetzt lieber statt arbeitslos zu sein beim TSV 1860 Kommandos geben wollen würde, die könnten einen wie ihn ja gebrauchen?
„Ganz ehrlich“, sagt er, und ehrlicher meinte es wohl nie jemand zuvor: „Ich brächte es nicht übers Herz.“ Das klingt hart, obwohl die Bayern-Fans

Gerland rief: „Lauf, sonst gibt’s kein Geld“ – Arbeitslosengeld beantragte er nicht

das bejubeln werden. Dennoch bittet er sofort: „Mach’ da jetzt bitte nicht die Schlagzeile draus!“ Natürlich nicht. Auch wenn es reizen würde.

Dabei ist es ja gar nicht mal so, dass der FC Bayern Ottl nur gut getan hat. Als er unter Jupp Heynckes keine Chancen mehr sah, ging er zur Hertha nach Berlin. Einer, der vom Branchenführer kommt, hat da gleich den Stempel des Messias: „Da heißt es gleich: Mit dem geht es nach Europa, in Berlin heißt es sowieso immer gleich: Es geht nach Europa.“ Stattdessen ging es in die Zweite Liga. Ottl verabschiedete sich, es war ohnehin ein Missverständnis: „Ich bin keiner, der zehn Tore pro Jahr schießt oder drei Mann aussteigen lässt – ich arbeite defensiv und sehe zu, fehlerfrei zu spielen.“ Das ist eine große Kunst. Aber wenn die Leute FC Bayern hören, hören sie zehn Tore Minimum und Spektakel. „Da kannst du dir ewig den Kopf darüber zerbrechen – oder du lächelst drüber“, sagt Ottl. Er lächelt.

Er lächelt generell viel, sogar seine Eltern fragen längst nicht mehr besorgt nach, was los ist. Anfangs machten sie sich Sorgen, ob es dem Sohn gut geht. „Aber mir geht’s gut.“ Das letzte Mal im Stadion war er zwar in der Hinrunde, auf Einladung von „Sky“, und eine Zeit schaltete er den Fernseher gar nicht ein, wenn der Ball rollte. Nicht, weil es wehtat, zusehen zu müssen. Einfach so. Am 14. August, wenn die Bundesliga startet, wird er aber mitfiebern. „Fußball ist mein Leben.“

Scholl taufte ihn einst den „Schwamm“, weil er alles um sich herum aufsaugte, damals als 16-, 17-Jähriger, als er mit den Amateuren trainierte und ihm Hermann Gerland, dieser kultige Kauz von einem Trainer, nachrief: „Lauf, sonst kriegst du am Monatsende kein Geld.“ Er hätte nun wohl auch Arbeitslosengeld bekommen, so genau weiß er es aber nicht: „Ich habe es nicht beantragt, ich hätte das nicht richtig gefunden. Obwohl ich in den letzten Jahren natürlich viel eingezahlt habe.“ Er kommt aber auch so zurecht, „ohne die Summe XY, die mir vom Staat eventuell zusteht“.

Wie lange er sich noch Zeit in seiner Warteschleife gibt, hat sich Ottl noch nicht überlegt. „Es kommt noch was, es kam immer was.“ Womöglich war ein Schuss von Thomas Müller im Pokalspiel gegen Bayern im Dezember 2012 der Knackpunkt. Ottl blockte ihn, da riss das Außenband. Er setzte zwei Monate aus, danach hatte sich Augsburg gefunden – ohne ihn. „Ich habe das so noch gar nicht überlegt, aber kann sein, dass das entscheidend war. Ich werde Thomas mal darauf ansprechen“, sagt er. Ohne Groll.

Klar kommt irgendwann der Punkt, an dem man sagt, jetzt mache ich was anderes“, sagt Ottl. Aber soweit ist es noch nicht. Das Gespräch neigt sich dem Ende zu, der junge Mann geht in die Firma, abends dann nach Hause, wo der einzige Ball im Haushalt seinem Hund gehört, und wo die Trikots von einst im Keller lagern. Eines soll noch dazukommen, mindestens. Das vom neuen Arbeitgeber. Vielleicht ein US-Amerikanisches oder vielleicht chinesisches. Aber eines kommt noch.

Definitiv.
[PR]
by eastwind-335 | 2015-09-11 21:03 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

おっとりと営業中

コブタちゃんがどっかに行っちゃうんじゃないか?という記事を見て、ドキドキしています。
挑戦とか言い出しませんように。

バイヤンでさすが裏カピテンと言われ、代表でさすが伝統的カピテンと言われることが、コブタちゃんにとっての挑戦だと思うのです。

いやいや、コブタちゃんはいい。ちゃんとボールを蹴るところがあるんだから。
オットルくんでしょ、やっぱり。

次の所属先を探しながらガールフレンドのネットショップ運営に関わってます、という報道を見つけてから早数か月。
この「民族大移動」にもかかわらず、一向にオットルくんのサッカーネタは見つかりません。

ところが、案外、オットル君を身近に感じるこの頃だったりする。

レコメンドのおかげ。
一度ネットショップで商品確認(や比較)のためにクリックして詳細を見ると、その直後から、「あなたが最近みたのはコレ」とか横に出てくるんですよね。レコメンド機能というそうですが・・・。
「ゲッ、こんなものを見てたって、モニターに出ちゃうなんて恥ずかしい」って感じのものまで・・・。
Personal Computerがチーッともパーソナルなものではない、ってことを痛感させられる機能です。個人情報ダダもれじゃん・・・って。

楽天のポイントアップ期間が近くなったり開始されると、「案外大したことなかったなあ、お勉強代だと思おう」と自分を納得させていたお店の商品が4分割ぐらいで出てくる!買い物に失敗したかつての自分を思い出し、ムカーっとして、「よけーなお世話だってばっ!」と思うんです(レコメンドされるものを素直に受け止める方々、すみません・・・)。

さて、これまではそうはいっても苦い思い出ですんでいたのですが、このごろ、オットルくんちのコレまで出てきた!
a0094449_22393818.png


数か月前に1度、件のネットショップを訪問しただけなのに。
グーグルさんのお仕事らしいんですけどね。

びっくり!を越えて「わー、コワい。コワい。」って気分です。
いや、オットルくんのお店(え?)は可愛いんですよ!
怖いのは、ちょっと見ただけなのに、ドイツから極東までグーグルがおいかけてくるってこと。

だったら、IPアドレスの壁も取っ払って、ドイツ限定映像(昨年のWM14以来増えましたよね!)を流す閉鎖的DFB.tvの動画をすべて見せてほしい~!

オットルくん、極東にまで営業中になってるなんて思わないでしょうね・・。

それにしても、オットルくんは今どこに?!(←結局ここにおちつく)
[PR]
by eastwind-335 | 2015-06-26 06:54 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

arbeitslosと紹介されていた(涙)

今日はガンバの7連勝をストップさせた浦和レッズの踏ん張りに、よーしっ!よーしっ!とテレビの前で大声を上げておりました。
負けてもウサミはスバラシイってまとめ方になりそうだった気がしたのはワタクシだけ?
いや、もちろん、彼だって変わって行くし、変化を見せてほしいんだけど、なんというか、計算づくな感じがするのは何故だろう?

サッカーが好きで、サッカーで辛いことがあっても、サッカーを恨まない、そういう選手もいるからかな?と。
オットルくんのインタビューが2月16日のDie Zeitに出ていたことに気が付いたので、upしておきます。
インタビューは女性なんだ!ってこともびっくりでして(笑)。

書き出しのところに、29歳失職中なんて書かれちゃって(とほ)。バイヤンで成功することは大変で、ミュラーみたいに他のチームを知らないって選手は少ないし、他からはスゴい選手が来ちゃうしで、と。ラムたんだって一度はレンタルされたって、まあ、あまりこれまでと変わらないことを言ってます。
しかし、新しいお楽しみを見出したともあるのです!3月に30歳になり、そして!いまや、ガールフレンドと家具などのオンラインショップをやってるらしいですよっ!それも半年近く(インタビューの時点で)やってると。

あの上品そうな表情の、高校生の時から付き合ってるという女性となのかな?

もう1年近く失業となると、この先いわゆる「ブンデスリーガ」にはなれないのでは?という声もあるわけですが(3月5日のDie Weltでも元バイヤンのがんばっていた選手たちが浪人中とかロシア他のクラブへ「逃亡」と紹介されているなかの1人になってた)、ローマン・グリル氏も選手としての価値がないから放っておく、じゃなくて、1人の「サッカー選手」としてその後を考えてあげてほしいですよん。ホント。

最後の最後に「ボクは刺青もしてない。したいとも思わない。自分のしてきたことで納得したいんです」(超勝手訳、間違っていたらごめんなさい)と〆たオットルくん。

何度も思いました。ほんと、どっかで会えたら絶対に言っちゃう。「コーチ資格取りなさい」って。バイヤンにいたかったら一度外に出るべき、というあなたの持論を活かして、絶対にバイヤン以外のクラブでがんばってみて!ショルよりうまくやれると思うから(え?)。なにより、刺青がないなんて、子どもを預ける親としてはこれ以上安心なことはないから(笑)。

オットルくん、日本に来たら気兼ねせずに温泉に入れるね!(違)。

とここまで書いて一度upした後で、久しぶりにオットルくんのHPを見たら2週間ぐらい前に記事が更新されていた!!(驚)。「自身の計画で職業訓練中」というタイトルで、現場復帰と家具のインターネット販売(MyHomeflair.de)のどちらも頑張ってます、と。
契約がない状態だけど、 nicht unwohl(不快ではない、後ろめたくない)んだって。外国語なども学んで、海外のクラブとの契約などにも気持ちを備えている模様!

以下、ドイツ語媒体からの抜書
[PR]
by eastwind-335 | 2015-05-02 21:37 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

3か月前の動画ですけど

いままで、私は自分のwalkmanに動画を入れたことはありませんでした。
一度、動画をいれてみようと思ったのですがうまくいかず、そのままにしてあったのです。

ZDFのHPを見ていたら、なんと、昨日、父ちゃんがSportstudioに出ていたと!
そのトーク部分、それから素人とのゴール競争の動画がupされている!

まずはトーク部分をパソコンに動画を落として、walkmanのxアプリのアイコンを「こんな感じかな?」って勘でクリックしてみた。
そうしたらうまくいった!

味をしめたワタクシ、さきほど、youtubeをさまよって、Herbieのドレスデンでの「みんな違っていていいんだよ」(超脳内勝手訳)コンサートの様子をドレスデンテレビがHerbieの部分だけupしているのを発見!思わずダウンロード。

そうだ、ラムたんのものも少しダウンロードしておこっと。WM14までは大放出状態だったDFBのものはDFBのサイトですらかなり削除されているようだから、後から後悔するのもね~。

ということで、WM06のコスタリカ戦、つまり大会第一号Torを探し出し、ダウンロード。
(ああ、やっぱり私はこの時とEM08の父ちゃん一家が一番好きなんだなあ、としみじみ思いました)
WM06のアルゼンチン戦のPK戦。これはダウンロードしなかったけど、繰り返し見ちゃった。カーンがレーマンのところに励ましに行っているシーンにジーン。長男がPKを決めたガッツポーズにジーン。ポ王子がキラキラしていたPKシーンにジーン。WM14は突然優勝できたのではなく、こういうことが積み重なってのことだったのよね~と1人ジーンとしていたのです(涙)。
さらに、うろうろとしていたら、Audi Star TalkというSkyの番組にラムたんが出演した時のままupされていることを発見しました。(しかもAudiによって!)
もちろん52分という長丁場のこの番組、ダウンロードしながらちゃんと見ましたよ!

ラムたんの小さな時から今までを多くの人の証言とラムたんのトークで語るという番組なのですが、11分すぎあたりから出てくるのは・・・。
所属ナシ、浪人中のオットルくんですよっ!
思えば12月ごろ、ラムたんのことをオットルくんがチラっと語っていたんだったっけ・・・。

テレビに映るオットルくんは相変わらずおっとりしていて、「背番号21」のラムたんとの思い出を語ってます。どういう経由か知りませんが入手したラムたん人形を大切にしている様子もばっちり映ってました。初めて私がオットルくんの存在に気が付いた時と同様、この人はラムたんのユニフォームの後ろを掴んだままなのではないか?と(笑)。
私は「オットルくーん、あーた、ちょっと・・・」と思わず画面に向かって、声をかけてしまったほどです。聞こえてないのにね(汗)。

ひょっとして、オットルくん、これもおっとり営業活動のつもりだった?
いやいや、オットルくんにそんなことは無理だ。

しかし、私にとって、これは大切なダウンロードになりました。

やっぱり、オットルくんって、選手として以上にスタッフとして、重宝されるのではないか?と思うんですけどね~。(と、いつもと同じまとめ方に落ち着くのでした・・・笑)
[PR]
by eastwind-335 | 2015-03-22 20:29 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

世界には3人似た人がいる

ああ、足跡がつかめないおっとりオットルくん。

海外でプレーしたいと言ってたけど、その後移籍した感じはなく。
どこへいるのでしょう?オットルくん?!
おっとりしているうちに30歳になっちゃうんだからっ!漢字文化圏では「三十にして立つ」だからっ!

そんなオットル君を髣髴させるのが、かつてオットルくんがいたヘルタにいるハジメちゃん。

うーん。ポジションも似てるし。なんというか、良い人すぎるところも似てる。
このところ、帯同もしてもらえないのだけど。かなり辛いところにあるのだけれど。
オットルくんと違って、監督は一応は期待しているって言うんだけれど。

「今後成長していくにあたって逆にチャンスなのではないか」「特に僕の精神的な強さが今試されるのではないか」というハジメちゃんのコメントに、うーん、なんというのか、オットルくんが言いそうなコトであるなあ、と。

オットルくんの人の好さに通じるものをハジメちゃんの言動からも感じます。
強気の発言がないから、好戦的なカントクには外されがちだけど、この人もまた、サッカーで起きたことを恨むことはないんだろうな、と。損得を考えずにサッカー人生を歩いているのだろうな、と。
簡単にキレないってことは、本当に精神的に強いから。本当の勇気があるから。そう思ってます。がんばれ、二人とも!

サッカーの神様、どうか、いつも彼らと共にいてくださりますように。

・・・・ふと思いました。世界には3人似た人がいるというのだから、きっと、もう一人、サッカー界には彼らのような言動のプロ選手がいるのだろう、と。

それにしても、本家(笑)のおっとりオットルくんはどこへ?!
コーチングの勉強、始めているといいんだけどなあ~。絶対に指導者が向いているのに!(マジメ)。
[PR]
by eastwind-335 | 2015-03-16 06:29 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

外国へ行くの、オットルくん?

WM14もあと2試合。
いよいよ明日早朝、3位決定戦ですね!

今日もお習字のお稽古。ご近所のブラジル大使館に帰り寄るつもりでした。先生も「お茶に行かれるんだったらそろそろ上がってもよろしくてよ~」とおっしゃってくださったのですが、結局、私たち誰もが夏休み前ということもあり、それぞれの課題に追われ、残念ながら伺えず・・・。

あーあ。と思う一方で、ブラジル戦の後でしたので、まあ、やっぱり、なんとなく遠慮もあったりして。

さてさて。

移籍市場も盛んに売買成立中。
我らが(え?)オットルくんは、どんなに毎日日本語版Kickerを見ても出てきません。
ひょっとして本家本元には出てるかも?と思うけど出てこない。

ラムたんがゴールデンボールの候補者の一人になっていて(MFとして出た試合はKickerでは超辛口だっていうのに、いいのか?!・笑)、どんどん「世界的な人」になっているというのに(私としてはWM06以来いつだってワールドワイドだと思い続けてますけれど)、オットルくんはどこへ?!

オットルくん、元気かな?
へんな方向に曲がるような選手ではないと思うけれど、次へのエンジンがかかるのが私ぐらい遅そう。
自分を見てるような感じがして、乗り遅れちゃダメよ、と声をかけてあげたいぐらい。え?私ですか?もう人生ゲーム的には乗り遅れはしょっちゅう。たまたま同僚たちが先に乗ってた電車も遅延になって、振り替え輸送で同じ時間に着いちゃった、みたいな。
遅刻はしてませんが余裕はありません、みたいな。

そのまま消えちゃうとか、ナシよ!

でググってみたところ、「オットルくん、外国に行きたいんだけど」、ってBildで5月30日に取り上げられていた!
Ottl: Mich zieht es ins Ausland!


Er kam 2012 ablösefrei, er geht 2014 ablösefrei. Dazwischen lagen für Andreas Ottl (29) zwei echte „Seuchenjahre“ mit gerade mal 13 Bundesliga-Einsätzen.

Das BILD-Interview.

BILD: War der FC Augsburg ein Missverständnis?

Ottl: „Ja. Ich bin unter ganz anderen Voraussetzungen nach Augsburg gekommen. Ich war der Wunschspieler der Sportlichen Leitung für das defensive Mittelfeld. Deshalb habe ich mich für den Verein entschieden. Leider habe ich mich dann dreimal in der Vorbereitung verletzt, konnte jeweils längere Zeit nicht spielen und die Mannschaft hat sich gefunden.“

BILD: Sie suchen also einen neuen Verein. Träumen sie weiter von der Bundesliga?

Ottl: „Nein. Ich würde gerne ins Ausland wechseln.“

BILD: Was reizt Sie am Ausland?

Ottl: „In Deutschland habe ich alles erlebt: Mit Bayern um Titel gespielt und Erfolge gefeiert, mit Nürnberg den Abstieg verhindert. Bei Hertha und Augsburg erlebt, dass man auch einmal ins Abseits geraten kann – ohne hier jemandem die Schuld dafür zu geben. Nach vier Stationen in der Bundesliga kann ich mir gut vorstellen noch einmal etwas ganz anderes kennenzulernen.“

BILD: Wie nervig waren den die letzten beiden Jahre? Wenn man immer alles gibt und weiß genau, ich habe eh keine Chance...

Ottl: „Das war eine schwierige Zeit. Natürlich will man spielen und ist enttäuscht, wenn die Einsätze ausbleiben. Aber ich schaue nach vorne. Ich bin endlich wieder vollkommen gesund und körperlich topfit. Jetzt möchte ich wieder voll angreifen und freue mich auf neue Aufgaben.“

かといって、じゃあ、Jリーグはどう?ともいえない私。だって、フォルランみたいに「来てすぐ役立つ選手」って感じじゃないでしょう?

ムリよね。きっと。
やっぱり、コーチの勉強を始めたほうが・・・。絶対に良いコーチになると思う。カントクになるかどうかはわからないけれど、ゲルハルト先生みたいな生き方もある、って、思ってないかなあ~?

コーチの勉強もタイミングがあると思う。おっとりしすぎて、コーチが余ってるとか、それこそ父ちゃん一家の4ワ”カ世代がコーチライセンスを取ったりしたら・・・また就職が狭き門になっちゃうわけで・・・。

ああ、背中をおしてあげたい気分。
外国へ、じゃなくて、ケルン体育大学へ!
[PR]
by eastwind-335 | 2014-07-12 20:00 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

今日が分かれ目?

今晩、負けられない闘いがある!ってなでしこの準備を見ていても思うし、Sportbildに紹介されているDFB Pokalもそう。放送がディレイっていうのが本当に残念・・・。ブンデスリーガで今シーズン一番の試合になると思うんですけどね!
でも、ドイツネットでは生中継をみんなで見るらしい。うーん。ネット放送をIPアドレスの壁を越えて見られるようにするってことなのかなあ。いずれにしても我が家からその時間に渋谷に行くことは無理だし、私も起きていられない気がする(今もとっても眠い)。なので朝起きてガオラさんのお世話になるしかないのですけど。

いよいよもって、シーズンendなブンデスリーガですが、そうなってくると心配になるのが、契約期間終了を今シーズン末で迎える人たち。
毎日、日本語版のKickerを見てますが、一言たりとも出てこないのが、我らが(?)おっとりオットルくん。

4月末のKickerでアウグスブルクの契約終了間際の選手たちの交渉がちらっと紹介されていたことに気が付きました。それによれば、オットルくん、知らぬ間にアウグスブルクと延長交渉をしていたらしい!
Kickerでさえ「驚き(etwas verwunderlich)!」と表現していたぐらい。
Ji wäre willkommen - Gespräche mit Ottl und de Jong

Neben Hahn wird auch Dong-Won Ji den Klub verlassen, ihn zieht es zu Borussia Dortmund. Sollten die Westfalen den Südkoreaner gleich wieder verleihen wollen, wäre der FCA aber ein dankbarer Abnehmer. Zudem enden die Verträge von Andreas Ottl und Marcel de Jong, mit beiden laufen Gespräche. Vor allem im Fall Ottl etwas verwunderlich: Der 29-Jährige ist noch ohne Einsatz und stand erst ein einziges Mal in dieser Saison im Kader. Das war im Oktober 2013 beim 1:2 in Leverkusen.

そりゃ、「靴無し」(13-14シーズンは0試合出場)でしたからね!怪我による故障から長期離脱を余儀なくされ、シーズン初めは履く靴すらなかったという・・・。最近は走るトレーニングには参加してるといっても、ベンチに入れてもらえなくなってるし。
アウグスブルクはそんなオットルくんを置いてけぼりのようにして、近年にないほどの好成績。絶対にオットル君は次の進路を考えねばならなくなるだろう、とシーズン終盤になるにつれ、私は毎朝心配になってました。

そりゃ、etwas verwunderlichでしたよ、私だって。件のゴリ押し請負人であるローマン・グリルさんが無理やりセッティングしたのでしょうか?

今日はAugsburger Allgemeineのご機嫌がよかったので検索してみたところ、以下の記事がヒットしました。現地時間2014年5月15日8時31分の記事。日本でいうところの昨日午後3時半ごろ。

Andreas Ottl, 29, hingegen schon. Der ehemalige Bayernspieler hatte keine gute Zeit beim FC Augsburg. In zwei Jahren absolvierte er gerade einmal 13 Bundesligaspiele. In dieser Saison kam er gar nicht zum Einsatz. Zuletzt musste er sich sogar an der Leiste operieren lassen. Mit dem Lauftraining hat er wieder begonnen. Er ist auf der Suche nach einem neuen Verein. Über den für beide Seiten enttäuschenden Verlauf seines Engagements wollte er sich nicht äußern. „Das habe ich intern getan.“ Heute trainiert der FCA zum letzten Mal vor der Sommerpause. Die letzte Chance für Autogrammjäger.

うわあ、オットルくん、15日の練習時の様子次第ってこと??
どうなったんだろう?
今日帰宅したころには、また何か動きがあるのでしょうか?ドキドキ。

たぶん、日本語版Kickerには取り上げてもらえないんだろうなあ~。でも、デ・ヨングとかの契約問題もあるから、おついでみたいにupしてもらえるのかしら(号泣)。
[PR]
by eastwind-335 | 2014-05-16 06:35 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(0)

世知辛い

すっかりオットルくんがブンデスのベンチにもいなくなってしまって1年近くが経とうとしています。
シーズン初めは「シューズなし」(前シーズンのケガがまだよくなっていない、ということで、でしたが)だったオットルくん。今はシューズありですが、ベンチ無し状態(とほ)。

そして、アウグスブルクは毎年「落ちる?」「落ちない?」という当落線上にいたわけですが(汗)、オットル君のいない今シーズン、会心の出来(!)。少なくとも、日本人ブンデスリーガ―たちが所属しているチームとは違い、もう落っこちないよね、ってところに踏ん張ってます。

バイヤンも以前はかつてバイヤンに属した選手がいるチームと対戦する時には、「お久しぶり!」って感じで紹介してたものですが、オットルくんの場合は・・・いや、ベンチにいない人まで扱えないでしょうけど、さみしいなあ、と。

アウグスブルクのことはアウグスブルクに聞け!と思いますので、オットル君が移籍以来Augusbulger Allgemeineをブックマークしてチョコチョコとチェックしていました。
が、ここ2か月ほどかな、私自身忙しくてチェックをしませんでした。久しぶりに読もうと思ったら、記事へ飛ばない。
どうも、AAはネット上で記事を読む場合には登録制になった様子。しかも無料の場合には20記事までという制限が。
つまり電子版に移行中のようなのですよね~。
すでに10記事を試し読みしたので、次からは登録するしてくださーいという案内が出てしまいました。
うーん、意識してなかったけど、いつからそうなったのかしら?10記事も読んだ記憶がないのだけど。

どうせオットルくんネタだけなので、月に20記事なんてほとんどナイナイ。だから無料サービスでも十分だと思うのです。けれど、登録制と知り、二の足を踏んでいる私。
そこまで自分の情報を教えなくちゃいけないのかな、と。

世知辛い世の中になりつつあります。いや、あちらだって企業体だから仕方ないよね。しかし、ネット世界によって地球は小さくなったという人が多いけど、ほんとにそうかな?
IPアドレスの壁にぶち当たるたびに、そう思います。
私は自分で情報を探したいクチでして、検索機能を使ってその言葉がupされたらお知らせしまーす、みたいな授与型は(まだ)イヤなのです。もっとおば(あ)ちゃんになったら、教えてもらえるほうが助かる気がしますけど、今は見つけたい。とはいえ、検索機能あってのことですけど。

仕方ないので(!)アウグスブルクのHP上で検索をかけたら、知らなかったオットルくん情報が!
3月14日にSkyで放送しているらしいMein Stadionに出演したんだそうです。
(旅行前で忙しかったからチェックから外れても仕方ない)。
a0094449_1083629.jpg

Andreas Ottl bei "Mein Stadion"
FCA-Profi Andreas Ottl ist am Freitagabend nach dem Spiel gegen den FC Schalke 04 in der Livesendung "Mein Stadion" zu Gast. In der Fußballkneipe 11er, Dominikanergasse 14, stellt er sich den Fragen von Esther Sedlaczek und Ulli Potowski.
Neben Andreas Ottl begrüßt das Moderatorenpaar auch den Autor Axel Hacke in der Livesendung. Los geht es ab 22.45 Uhr auf SkySport HD.

呑み屋「11er」でEsther Sedlaczek嬢と Ulli Potowski氏の質問に答えるということのようですが、おっとりと応えていたのではないか・・・と想像しますが、うーん、何について問われたのだろう・・・。
おっとりっぷりを良いようにされているんじゃ・・・と心配しながらググるとDie "hOTTLine" mit Andreas Ottlというタイトルで放送だったみたい。
a0094449_1094221.jpg←skyのツイッターから拝借。すみませーん。


そうきたか!とニヤリとしたり、ホットラインじゃなくてオットル君の場合には「ホッとライン」だよね、日本語的には、とか。ドイツ語でも日本語でもオットルくんをイメージするところは一緒なんじゃ?とか、勝手にあれこれ思う一方で、どうしてもワタクシには
hOTTLine
の文字の並びが
orz
絵文字のように見えてしまう・・・。

動画もupされていることがわかり、ちょっぴりウキウキしてクリックすると・・・・。
がががーん。
IPアドレスの壁が~。you tubeしかり、SkyのHPしかり・・。
貴女の国には見せられません・・・(ご丁寧にもSkyでは「The Video you are trying to watch connot be viewed from your current country or location」と英語で出ましたよん)と。

なんと世知辛い・・・。

何を聞かれて、何を答えたのか・・・。謎のまま。

オットルくん、どこへ向かっているの?でも特段、その後のニュースになっていない、ということは・・・。
大したことを言えなかった?言わなかった?
おっとりと様々なことが終了!ってことになっているんじゃ???と。

Kicker日本語版にいつニュースが出るのかとビクビクしながら毎朝チェックをしてます(涙)。
私はオットル君は「ホッとライン」体質を生かして、一日も早くコーチになったほうが・・・・と思ってますけどね~。ユースでプロまでがんばれる選手を支える(鍛える、じゃありません)ことができるハズ!
[PR]
by eastwind-335 | 2014-04-26 10:24 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(2)

走るオットル君だよん!

正直、いつ負けるのかと思うバイヤン。
いや、ファンとしては勝ち試合が続きますようにと思ってマスよ。ええ、本当に。

でも、ペップカントクの人員配置については、本当に本当に大丈夫なんですかねえ、と。一度負けてみないとわからんだろう、って言う感じ。
機能してるから、勝てているんだ、なんでしょうけれど、これだけのメンツがいて負けてたら、どーしようもナイことよね(笑)

ラムたんがMFに行かされている間、オットル君ニュースはほとんどなくて・・・。
移籍ニュースをSportbildでチェックしても、ワールドワイド的な大物しか扱われてなくて、オットル君がこのまま静かにブンデスからいなくなっちゃいそうな気がして・・・。もう最近は、アウグスブルクのHPすら見なくなっていた私。でも、今日は久しぶりにチェックをしてみました。

なぜかそういう気分になったのです。

10月30日、アウグスブルクがバイヤンIIとヒミツで(笑)試合をしたそうです。ってことは、コブタちゃんのお兄さんも出てるってことなのかしらん。そんな試合のハイライトがFCAのファンTV(youtubeにもupされてます)にアップされていました。


Um den Spielern Spielpraxis zu geben, die in letzter Zeit nicht so oft zum Einsatz kamen, hat der FC Augsburg kurzfristig ein Testspiel gegen den FC Bayern München II ausgetragen. Im FCA Fan-TV sehen Sie die Highlights der Partie im Video!
FCAのクラブTVなのに、ハイライトの最初は、コブタちゃんのお兄ちゃんの背中!背番号は7なのですね。
そんな感じで見ていたら・・・!あれ?あれ?似た人がいるような?あれ、ナレーションでもオット?オットル?
え?え?え?背番号は?16なのかな~(ラムたんの代表での番号と一緒なんですよ!)
オットル君だった!

おめでとう、オットルくん!

ピッチを走ることができるぐらいは元気になってきたんだ!
しっかし!1点目はオットルくんも見逃しって感じでして(とほ)。・・・・だいじょうぶ?オットル君?でも、でもぉ、アウグスブルクの1点目は、日本のメディア的な書き方でいえば「起点になった」んですよん。
試合自体は、バイヤンIIのほうが追い付きました

Der FC Augsburg hat am Dienstagnachmittag unter Ausschluss der Öffentlichkeit ein Testspiel gegen den Regionalligisten FC Bayern München II absolviert. Dabei kam die Weinzierl-Elf zu einem 3:3 (3:2).

Im Augsburger Rosenaustadion konnte FCA-Trainer Markus Weinzierl vor allem den Spielern Spielpraxis verschaffen, die zuletzt weniger zum Einsatz gekommen waren. Der fehlenden Feinabstimmung ist es auch zuzuschreiben, dass der FCA nach fünf Minuten den Rückstand hinnehmen mussten. Christian Derflinger hatte für den Bayern-Nachwuchs getroffen.

Doch die Augsburger Reaktion ließ nicht lange auf sich warten und der FCA drehte innerhalb von zwei Minuten das Spiel. Zunächst hatte Sascha Mölders auf Vorlage von Andreas Ottl den Ausgleich markiert (16.), nur eine Zeigerumdrehung später bekam der FC Augsburg einen Strafstoß zugesprochen. Nach einer schönen Kombination über Sascha Mölders, Arek Milik und Raphael Holzhauser konnte letzterer nur noch durch ein Foul gestoppt werden. Holzhauser trat selbst an und verwandelte sicher.

Doch auch die "kleinen Bayern" kamen schnell wieder zurück in die Partie. In der 20. Spielminute schloss Tobias Schweinsteiger einen Alleingang auf Marwin Hitz, zum 2:2-Ausgleich ab. Damit allerdings nicht genug vor der Pause: Mathias Fetsch stelle per Kopfballtreffer den 3:2-Pausenstand her. Maik Uhde und Raul Bobadilla hatten eine Hereingabe von Raphael Holzhauser, die zunächst zu weit zu fliegen schien, zwei Mal per Kopf gefährlich wieder vor das Tor gebracht, wo Fetsch nur noch einnicken musste (32.).

Nach dem Seitenwechsel brachte Markus Weinzierl mit Erik Thommy, Marco Schuster, Bajram Nebihi und Caleb Clarke weitere Talente aus dem eigenen Nachwuchs in die Partie, um sie unter Wettkampfbedingungen zu sehen. Nachdem der FCA im zweiten Durchgang einige Chancen ungenutzt ließ - Schüsse von Erik Thommy und Marco Schuster strichen knapp am Gehäuse vorbei - kamen die Gäste noch zum 3:3-Ausgleich durch Tobias Schweinsteiger (83.).

Kurz vor Ende der Partie hatte Erik Thommy den Siegtreffer auf dem Fuß, doch Bayerns Torwart Andreas Rößl parierte mit einem tollen Reflex, sodass es beim 3:3 blieb.


・・・えーっと、アウグスブルクはブンデスリーガ1部だよね??スタベン組だったってことなのかな?ま、オットルくんが出たんだから、スタベンなのよね?

とにもかくにも、オットルくんは一応「一軍」にいるスタベンというポジションはどうにか確保できていそうで、よかったです。
[PR]
by eastwind-335 | 2013-11-01 23:36 | おっとりオットルくん | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る