「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:WM10( 56 )

民放のWM10総括

フジ次でやっていたWM10のゴールすべて見せます、という名の、WM10総括。
しばし解説で暴走するシミズさんとしばし解説で冷や水を与えるカザマさんをお迎えして、解説者に向かって解説をするチンタオ&ひたすら生徒役で通す中村の二人の中継アナおよび、なぞの女子アナが司会。

「こういうレベルのもの」って、昔は地上波で、でしたよねー。

あ、こういうレベルっていうのは、構成もですけれど、刺身パックについている人造キク状態の女子アナもつけている、っていう点でも。

家人が「おー、昔、君が、「テレビに出るんだったら髪の毛ぐらい梳いて」とブツブツ言っていた女子アナだよ」と。あー、ホントだ。この人、髪の毛はまとめてもらえるぐらい出世したんだねーと二人で言っていたら、いきなり、片手をあげて意味不明なコトを言いだして別のコーナーへ場面展開。
家人とふたり唖然。

21世紀だよ、お嬢さん。


前世紀のこの局の女子アナへの扱いがいまや21世紀の民放のみならず公共放送での女子アナの標準になったのは事実だけれど、ヒドすぎ。なぜなぜCS放送(しかも有料!)でまでそんなことをするのか、この手の番組にどうしても女子アナが必要なのか?サッカーわかってんのか(別人来臨中)。

あんまりのあんまりさに、途中で家人に「どうせ録画してるんでしょ」とチャンネル権をうばれてしまいました。私の風呂上りになってもまだ番組はやっていたので、最後だけ見せてもらいました。ちょうどドイツvsスペインから・・。カザマさんはこの試合が大会でベストの試合だったって・・・。うーん、私としては苦い苦い思い出だけどな~。ちくーっ、プジョルのヘディングだったよねー。父ちゃんはこの日は巻いてなかったんだよねー。と酔っ払いのオジさんみたいにブツブツ言う私。家人は「おお、すると3位決定戦のフォルランのあのゴールも見られるってわけか」と。また二人で一生懸命見ておりましたが・・・。

決勝のダイジェスト放映を前に「それでは最後は皆様でご唱和ください」と人造キクちゃんが。みなさん、こぶしを突き上げてナゾの呪文を唱えていました。

家人と二人脱力。
有料チャンネルでやるような内容じゃないよね。生放送で見せるほどのことじゃないよね。スポーツに縁のない女子アナなんていらないよね。

24時間のうちに2回の生放送に出られたシミズさんはいつも以上に目の焦点があってない感じだな、と家人。その辺、カザマさんは剃刀のようでチトこわかったりして。この二人が離れて座っていたのも印象的でした。
[PR]
by eastwind-335 | 2010-12-06 07:08 | WM10 | Trackback | Comments(0)

世界のチームのなかのふたり

おお、FIFAがいうところの「今回よかった選手」にラムたん、コブタちゃんが選出されたそうですよ。

一覧表がみつからないのですが、こちら(リンクしてあります)の写真を気長に14回ぐらいクリックすると選手&監督がでてきます。

いや、このベストイレブンが世界最強ってわけじゃないとは思うけれど、そして、この11人がチームになっている試合を見たいともさほど思っていない私がいるわけですけれど、彼らを相手にする11人によっては、そりゃあ面白い試合になりそうです(笑)。Bildあたりで選んでくれたらいいのに。ミュラー、ロッベン、ボメ・・・・はそっちのチームにははずせないことでしょう・・・・・・・。監督は当然マラドンでしょう。

なんていったら、ますますチューリップ監督「うちの選手たちのコンディションをどーしてくれるんだっ!」怒っちゃうかな?
代表ボイコットなんて、不気味な字が並んでいるSportbildの記事を見ましたよ。
WMに出場する選手がたくさんいる「名門チーム」を率いる以上、WM直後のシーズンをどう率いていくかこそが監督の腕の見せ所じゃなかろうか、と思う私です。だいたい、代表が選出されないようなチームだったら、監督になる気はなかろうに・・・。

a0094449_4434444.jpgシーズンスタートまでゆっくりしたいと思ってましたが、我が家ではU20女子WMが始まってしまいました。
家人にさそわれるまま突入・・・。来年は女子WMの本番ですしね!

一応、女子にもマスコットがおりまして、Karla Kickというネコちゃんなのですが・・・・・
a0094449_4422252.jpg

本当にマスコット、必要なのかな?
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-16 04:44 | WM10 | Trackback | Comments(6)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(27):番外編:極東のファンマイル

毎朝5時台、6時台、私は公共エイセイ放送の海外ニュースをつけています。特に5時10分頃から始まるZDFは見逃せません。

昨日、スペイン戦のさなか、チラと公共エイセイ放送をみたら、参院選の結果を粛々と報道していました。なので、3位になったドイツがどうだったのかを知るヨシもなく。
今朝は、スペイン優勝のことが各国のニュースのトップもしくは目玉になってましたが、ZDFでは、ドイツ代表の帰国についても報道していました。

がっかりだなぁ・・・。

3位になったことを純粋に喜んでいるファンが空港にたくさん待っていたそうですが、彼らに姿を見せないようにして「解散」となったそうです。そのまま、のりついで休暇に入ったり、黒づくめの車で空港をでちゃったり。
おかあさん、みたいな人が「酷すぎます」と言ってましたが、私もそう思いました。
(7月14日追記:ZDFによると早朝5時からフランクフルト空港で待っていた5000人のファンの前に姿を現さなかった選手・監督一同から、DFB経由で「ごめんなさい」をしたそうです。「でも、最初から3位でもお祝い会はしないって言ってあったよね」みたいな蛇足もついていたみたいですけれど・・)

いや、ベルリンでお祝いしないっていうのはわかる。
する気にならないという彼らの気持ちもわかる。
なんだかんだいっても7人がこの4年で3度目の「おあずけ」を喰わされたわけですからね。クローゼなんてWM02だって体験してるんだから4度目だし。
クラブとしても、とっとと解散して、チームに戻ってきてほしいだろうし。
でもねえ、空港で待っていた人はガッカリだっただろうなあ・・・。
ドイツ本国と比べ、こちら極東はなんとも太っ腹でして・・・。
私は日本のファンマイルへ行ってきました。
a0094449_23532154.jpg


私と母のWM10フィナーレ!
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-13 23:33 | WM10 | Trackback | Comments(4)

巧者たちの闘い

決勝は延長戦にまで持ち込まれ、後半もあと数分という時に、イニエスタが試合を決めました。
カシージャス、すごかったですね。試合終了には数分残っていたけれど、イニエスタのあのゴールに泣いていたところが映ったとき、ああ、キャプテンとしても大変だったのだろうなあ・・・と。
観戦なさっていたみなさん、お疲れ様でした!
それにしても、決勝にふさわしい熱い闘いでした。

生来、熱いスペイン
瞬間湯沸かし器のようなオランダ
どっちがより熱いというのではなく、どう熱いのかに違いがある(上手くいえませんが)ような気が。

この熱さはドイツにはないもの。
ドイツは、ボタン一つでいつでも飲み物に合わせた適温が出てくる、いわゆる高品質な器械。イメージとしては、スタトレのTNGシリーズのエンタープライズ号の艦員個室にセットされている機械(名前がついていたけど、失念)みたいな。でも、もうちょっとだけ熱くしたいな、という時には、どれだけボタンを押しても「これ以上熱くなりません」という表示がでてしまう。そんな感じ。
カーンはお母さんやおばあちゃんたちが石炭でお湯を沸かす話を聞いて育ったでしょうけれど、ラムたんたちは、生まれた時から、電気調理器の世代なのでしょう。
すぐEMの予選が始まるわけですから、ほんと、早めにマッチの使い方を知っておいたほうがいいと思いました。

追記:タコのパウルの的中率は100パーセントに!ヤングスター賞とか、ゴールデンシューズ賞(得点王)とかもパウルに占ってもらったらよかったかも?(違)、と思っていましたが、さきほどドイツ語サイトをみたら、ミュラーがどっちももらっちゃったそうじゃないですか!結婚祝いにしちゃ、FIFAは気前良すぎ?!FIFAはパウルにもメダルをつけてあげなくちゃ!ミュラーはどっちか1個をパウルにあげなさいよー。多分、そうなったら、間違いなく「銅メダルをささげます」とかいって、彼にとっては一番いらないものを送りそうな・・・。
パウルはこの大会で定年なのだとか。取材攻勢で水族館がヘトヘトになりませんように(笑)。クヌートの時みたいに、ドイツは水族館フィーバー到来となるか、ここしばらくの国際ニュースから目が離せません。
MVPはプジョルかと思いきや、そうかそうか、フォルラン。これは十分納得できる選出です。
4年後もまた大会で会いましょう!
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-12 07:35 | WM10 | Trackback | Comments(4)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(26):一夜明けて

a0094449_1633732.jpg


PVでは試合が終わると、みなさん、疲れもあってか割りと早くにお店をでる傾向にありましたが、私たちは、3位授与式までは見て帰ることにしました。ま、ネタとしてもこっちのほうが面白そうだったし。チームの始まりはラムたんで、チームのしんがりはポ王子で、という並び順、興味深かったですね・・。

帰ってから知ったのですが、新大統領の対外的な最初のお仕事がWM見学だったようですね。メルちゃんはベルリンでお留守番だった模様。そりゃあ、悔しがったことでしょう。
a0094449_16404827.jpg「ラムたんはさ、自分の結婚式のことで頭いっぱいだから、ベルリンありがとう会はしない、とかいったけどさ、メルちゃんがきっとベルリンに呼んでくれるよね?」
「アポなし行っても、会ってくれるんじゃない?」
「行っちゃう?」
「行っちゃおうか?あはは」
なんてピンポンダッシュ成功みたいな悪ガキっぽい表情の二人。
やっぱり、この二人のこの笑顔がなくちゃ、国際大会って感じがしませんよね?

a0094449_16451554.jpg父ちゃんのこの表情ビミョーですが、二人の相性は大丈夫なのかしらん?嗅覚の鋭い彼は父ちゃん捕まえて、「ほら、そこのカメラ、いまのうちに撮っておいて」とか言ってそう。そういや、準決勝関係の写真撮影、どれ見てもいいとこにちゃっかりいましたね(笑)。

a0094449_16525034.jpgウチの自慢の息子って感じですよねー。実はこの写真はちょっと胸打たれました。

a0094449_16545120.jpgこちらはドイツ史上最小カピテンラムたん。ケガ以外の理由で代表戦に出られなかったのは、これが初めてじゃないかしら?大会最後の試合に出られなかったことをどう思ったのだろう。ま、そのうちBildに出るんでしょうけれど。「父ちゃんが風邪をうつしたりするから」なんて言ってはいけませんよ(東風せんせいより)。
なんか、大統領からお褒めの言葉があったみたい?
「上に立つっていうことがどんなに大変か、よくわかったでしょう?私も与党の仲間内から何を言われるかと今からヒヤヒヤで・・」
なんて逆に相談をうけていたりして?

a0094449_1773931.jpg「ブットさんすごい!バイヤンにいる時と一緒だった。シーズン中、今日ぐらいのDFでも平気ってことだよね?大丈夫だって、チューリップ監督に言ってね」とでもおねだりしてそう。

a0094449_1710617.jpg
「ヨメ、どこで見てるかなあ。メディアにすっぱ抜かれたから怒ってるかなあ~。でもウルグアイよりは2億円稼いだことは誉めてくれるかなあ。極東でヘンな写真が出ちゃったみたいだけど、まだ知らないよね?」とかビビッていそう(笑)。

a0094449_17142131.jpg「やっぱりさ、巻かなくちゃダメだってことが今大会の一番の収穫だよな」とか父ちゃん言ってそう・・・。そう、あなたはやっぱり巻いてナンボだと・・・。あのストール、ステキだったなあ。父ちゃんが巻くと「首巻」とか「エリまき」とかじゃなくて「ストール」って感じですよね。あの4点セーターよりも売りに出すならマキマキのほうだと思うのだけれど。日本だったら間違いなくコッチだと思います。
日本も早くあのブランドが戻ってきたらいいのに。今だったら、極東用のポスターなんか準備しなくても父ちゃんの写真で十分やっていけるはず!円高・オバチャンズが覚えている間にぜひ!


明日は、世間では決勝のことばかりでしょう。
今回のWM10は06に比べて、どんな試合も見られる、という環境(テレビも時間も)ではなかったので、私は日本とドイツ関係の試合しか見ていませんでした。一喜一憂もいいのですが、純粋に首から上を(つまりご贔屓選手を)気にしないで見られる試合はまさにこれだけです。楽しみにしたいと思ってます。
今回は、ベルリンのお礼参りもないみたいだから、決勝のことは、私のブログの中では、短信扱いとし、この26回をもって、WM10父ちゃん一家サファリツアーもオシマイとしたいと思います。WM10にあわせてLoewとLoeweを引っ掛けて、スキンもライオンのものにしたら、Bildじゃ父ちゃんアニメが始まったり・・・考えることって東西そんなに違わないんだなあ、と一人感心して始まったWMシリーズ。この4年間、私自身はあまり人間的な成長はなかったけれど(生物学的には近視の度数や体重は増加中)、職場ではそれなりに仕事が増えていたようで、明日からは必死にやらないと夏休みがもらえなくなりそう・・・。ああ、日常に戻ってしまうのね、という一抹の寂しさと社会人としてはホッとしているところもあって・・・。


最後に・・・。どなたからも質問がなかったので、こちらから押しかけ説明を・・・。
Nkosi sikelel' iDeutschland!とは、ドイツに神のご加護を!という言葉です。
南アフリカの国歌ってどんな歌詞なんだろうとウィキったら、歌詞の一部に母国にご加護を、のようなフレーズがあり、それを使ってみました。始まる前はあれだけ色々なことがあって、きっと、父ちゃんたちは色々と思ったことだろう、と勝手に想像して、なんですけれどね。
これを契機にドイツ代表戦やブンデス関係がもっと見られるようになりますように!ベルギー枠に取られてしまいませんように・・・(笑)。
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-11 17:32 | WM10 | Trackback | Comments(3)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(25):やっぱり勝って終わったほうがいい

a0094449_6295015.jpg


ハイターッチ!!!
a0094449_853686.jpg


思いがけない試合終了の仕方でしたが、とにかく、もう声がでないぐらい、大声で応援しました。
スポーツバー初デビューとなりました!ドイツも勝ったし、めでたい、めでたい。

空パーのない我が家と書いたら、コメントを寄せてくださったみるひさんが、ドイツネットで募集をかけるPVをご紹介くださったのです。しかし、1週間ヘビーに仕事だったし、土曜なのに家人は出勤だし、PVはムリかも、今回はラジオで聴戦だ・・・と金曜の夜まで思っていました。そこへ某ご夫婦もいらっしゃる予定と伺い、家人がそのご夫婦に一度お目にかかりたいと思ってたというので、じゃあ、とにかく予約だけは入れておきましょう、ということになったのが土曜の昼前。でも、その時も、家人は出勤先の業務量によっては疲れていけないと思う・・・ということでしたので、聴戦体制の準備をしていたら、10時前に帰宅した家人「早く一度寝ないと、六本木行けないだろ?何時に起こしたらいいかな?」と言い出し、私はびっくり。

そこでいそいで、私は筍母さん経由で入手したユニ(ずっと私の仕事部屋の本棚の端っこにハンガーかけしてあった)の値札をはずし、支度をととのえ仮眠へ。1時半におきて2時過ぎに家を出発という話だったのが、家人が満員になったらいけないから、と1時には起こす始末。

そして、家人がテレビをつけたらちょうどお台場局のスポーツ番組だったらしく、家人が「おい、ドイツだよ」とまだ目覚めきっていない私を呼び出します。で、画面に目を向けたら・・・・

鼻に指を当てている父ちゃんが!
唇に指を当てている父ちゃんが!

(表現は若干緩めて書いてあります)

テレビからは失笑が聞こえてきた気がします。私は眠気が吹っ飛びました。なぜ、この大事な時間帯にそんなものを流すのか?!この局のケーブルはブンデスで稼いでいるじゃなかったのか?とか思いましたよ。
え?こんなシーン、放送中にあったっけ?!でしたが、そして、どこにも特にこのことは報道されていなかったと思うのですが、やっちまってましたよ。いつも、父ちゃんファンが言っているように、無用心に指を顔の周りに近づけないコト忘れちゃったようですね(笑)。スペイン戦のシーンは私がかーなーり怖い声をだしてチャンネルを変えるように言ったので見ませんでしたが、スペインのプジョルのゴールより父ちゃんのあのシーンのほうが衝撃的で・・・・。せっかくオバチャンズが「きゃー、かっこいいー!」と言ってくれるようになったのに三日天下で終わりそうな、あの衝撃のシーンはなんなのだ?!出かける前に軽く落ち込みつつおでかけです。

さらに、出かける寸前に携帯にメールが入っていることに気付きチェックすると、某ご夫妻は所用のお疲れでムリとのこと。
それを聞いた家人「えー、残念。行くのやめようかな」とかなり本気モードになりかかったので、急いでタクシーに乗り込みます。
で、最初はドイツネット推奨のお店へ行きました。入口で頬に国旗を書いてもらい、手にはハンコ。人がけっこう入っているだけじゃなくて、どう見ても「ドイツサッカーファン」層にはあまり入らなさそうなオシャレ系(!)イケているお姉ちゃんたちがいたりして・・・。DJブースの台の上ではビキニ姿のキレーなおねーちゃんズ(多分お店専属でしょう)が何人か踊っていました。実は、そこは始まるまでクラブ(部活じゃないですよ)になっていたのです。椅子席はすでに満席。腰の悪い家人には好ましくない環境であと1時間半以上で「待て」の姿勢。クラブだから仕方ないと思いますが、家人はあまりに五月蝿い音楽に耐えられなくなった様子。そして、こういう環境では集中して見られないんじゃない?と。メール機能を使って会話しなくちゃいけないぐらい五月蝿いところでしたので、そそくさ退散し、家からの途中でチェックしておいた六本木はずれのスポーツバーへ移動しました。
a0094449_6574859.jpg


大きなスクリーンの前の椅子席に座ることができ、家人と二人、ホッとしていたら、徐々にお店も混んで来ます。国際色豊かだし、ドイツサッカーファンといってもご贔屓クラブはそれぞれ違うので、始まる前から始まっていた選手情報交換も楽しかったです。で、空パーの中継が始まり・・・一等最初にみんなが口々におっしゃたのが「あー、クローゼーはダメだったんだ・・・」ということ。ラムたんやポ王子の欠席もそこでわかりました。風邪の張本人である父ちゃんは・・・・
a0094449_6545247.jpg巻いてる!
家人に「大丈夫、今日は勝つ!だって、父ちゃん巻いてるもん!」と思わず私は高らかに宣言。「でも、時間がかかるかもね」と付け加えました。だって、タコのパウルさまがかなり時間をかけてドイツの箱に入ったと聞いたからです。ブットさんが父ちゃん的には第二キーパーだったことが判明したのも意外でした


試合の細かいことは省略しますが、ドイツの先制(またもミュラー)から始まり追いつかれ追い越され、追いつき逃げ切るという試合っぷりは、面白かったです。あ、いや、時々、DFというポジションはキーパーの前じゃないのかね?、とか、守備という言葉を彼らは知ってるのか?とか、ええ、思わなかったわけじゃないけれど(笑)。周りのみなさん、それぞれクラブの好きなところは別々ですので、色々な選手の良い点と悪い点をきちっと話してくださるのが楽しくて、楽しくて・・。点が決まるとハイタッチがあり、また在日ドイツ人のみなさんが場を盛り上げてくださり、ハラハラドキドキの90余分はあっというまに終わってしまいました。

コブタちゃんの献身っぷりにはみんなが感心を、そして感謝もしていました!
ミュラーはこれでヤングスター賞は決まりだね、とかクローゼにもう1点取らせてあげたかったとか、ラムたんがいたら右サイドの展開がもう少しマシだったんじゃないか、とか、地味に活躍しているケディラが最後決めてくれて、もうもうもう、すごく盛り上がりましたよー!

ああ、楽しかった!!

父ちゃんは原点に戻ったようだし、若人達はギリギリで逃げ切るという貴重な体験をできたし、ヴィーゼ以外は全員試合に出られたし・・・。やっぱりテレビ中継は面白いなあ・・・って思いました。これから続々お写真などが上がってくるのでしょうね!

やっぱりもう一度、ハイターッチ!です!
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-11 07:03 | WM10 | Trackback | Comments(16)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(24):原点に戻れ!

a0094449_1938208.jpg

あと数時間で父ちゃん一家最後の試合。

父ちゃん一家がこのまま住み続けるのかは、町内会の判断を待たなくちゃいけない。
父ちゃんが引越を希望するかもしれない。
子供たちが、もう平屋はいやだ、今風の新しいおうちが欲しいと言っているかもしれない。
建替えるのか、引っ越すのか、極東から見守るだけ、という気持ちがします。

風邪をおして、父ちゃんは子供たちの最後の授業参観。
どんな格好で来るんだろう?
私個人としては、原点に帰ってほしいんですよねー。
そう、マキマキのムーディー夜王。

「岡ちゃん、ごめんなさい」が一瞬の流行言葉だったらしいけれど、私も言わなきゃ「父ちゃん、ごめんなさい」って。上のリンクをよく読むと、2006年の12月頃は完全に「色物」扱いでした。でもね、チュッパチャップス舐めてるような口をしたり、手が鼻へいっちゃっていたり・・・・、父ちゃんだって悪い(笑)。

腕にミサンガつけたり、これまで着たことのないような色のセーターを着たりしないで、ドイツ人には珍しい黒髪の(ここんところ、どうみても青池保子氏の描く少佐にしか見えない・・・)、スポーツ関係者にしては珍しく黒尽くめのシンプルなオシャレが似合う、ニヒルな父ちゃんに戻って欲しい!

父ちゃんの名誉のために言っておきます!ぜったいに、あのセーター、ホテルについたら速攻でドイツから持ってきたハンガーにかけて風通ししてるはず。だから、みんなが心配しているコトはないと思いマス。でも、あれを着るたびに原点を忘れていっちゃうかも。「おれたちはどんなときだってチームだ!」ってこと。


我が家は今日は喰っちゃえ作戦はありません。
私も原点に帰ってみようと思って。
その代わりといっちゃなんですが、小さな応援団に応援させることにしました。我が家のドイツ産(あ、一匹はチーコクさんですけど)。アンジーのかわりにはならないかもしれないけど・・・。
a0094449_19553484.jpg

がんばれー父ちゃん一家!
という声が聞こえてくるのはワタクシだけでしょうか・・・。
今日、この撮影のために集めて気付いたのですが、我が家にいるチビズは11体。白のタムナスさん系はフロッケですよー、フロッケ!いまや誰も何も言わなくなったフロッケですよ。彼女が生まれたばかりの頃はSteiffがこういうのを出したんですよ!今はもう少し「みんながカワイイという」タイプが出ています(笑)。チーコクさん(赤い服を着てます)の後ろにいるのは、私がこっそりクリンシーと呼んでいるものです。え?似てない?!
そして、オーストリア皇帝も我が家にはいるのでした。
a0094449_19583494.jpg

これは本当に大きくて(全長30センチ弱)本棚とかに飾れないので普段は箱に入っていて、隅においやられ、しかもその上に本やらバッグやらがのっかっていた(オイオイ)、という不遇な扱いにも負けず・・・・。
このクマだけは、顔を見て買ったのではなくインターネット販売で(極東の個人輸入業者でしたが)取り寄せたのです。そうそう簡単にウィーンには行けないからという理由でした。
カイザーに負けて落ち込んでいるのを叱られたとか、と家人が言ってましたが、本当かしら?そりゃそうよ、3位だったら上等じゃないの?ね?ね?ドイツの小さな子たちは、みんなのこと憧れをもって見てるんだからね!
頑張れ!Jungs!
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-10 20:06 | WM10 | Trackback | Comments(8)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(23):勝ってもお祝いはなし

a0094449_512215.jpg


一夜あけて、いつもと同じように朝をむかえ、公共エイセイ放送のZDFを見ました。トップニュースでラムたんの記者会見。3位で勝ってもベルリンでのお祝いはなし、と明言していました。
私は3位でも上出来じゃないかな、と思うのですけれど。やっぱり勝ちたかったらさ、フリンクスみたいな汚れ仕事を厭わない選手を一人入れとかなくちゃねえ・・・・。ゲシュタルト的には同じところに入れたくなるケディラですが、この人って地味に仕事をするし、案外気弱さんなんじゃないか、と思ったり見た目とはちょっと違うところがあるのかも?

ということで、3位決定戦は勝って終わって欲しいと思って48時間目をまもなく迎えようとしています。
その間に、父ちゃん一家はこの期に及んで・・・状態に!

ドイツ欠場者予定名簿
a0094449_4302430.jpg記録にリーチがかかっている、というのが枕詞になってしまっていて、テレビでも解説でそのことしか言われなくて「記録はあとから付いてくるものであって、作り出すもんじゃない!」と思うこの方は、背中を痛めたとか。

a0094449_4305055.jpg目下、兄ちゃんとの不仲説にこれ以上墓穴を掘らないように・・・と思っているラムたんとか。いま、ここで風邪ひいてる場合?!大会前に「きっとクラウディアさんが結婚式の準備があるから早く返って来い、とか言ってるにちがいない」と言っていたのがホントになっちゃった。
個人的には、カピテンとしてこの辛い時期を他の選手の分も率先して乗り越えてもらいたかったのですけれどねえ・・・。なんか、ZDFのニュースを見るだけでも「ああ、やる気なさそう」と心配になってしまいまして・・・。

a0094449_5484841.jpgスペイン戦では目立たないように後ろまで戻ってきてくれたポ王子も風邪なのですって。
ポ王子は脚もいためているはず・・・。大丈夫かなあ・・・。

だけでなく、父ちゃんまでが!!!!(注:父ちゃんはベンチ入りします)
a0094449_4331486.jpg風邪ですってさ。風邪。
だからいつもマキマキは?って言っていたでしょう?!!!(東風かあさん)
ラムたんにカゼを移したってコトなのかな?他人に移したら自分は治るっていいますもんね。ラムたんを風邪っぴきでドイツへ戻したら、マリッジブルー中に違いないクラウディアさんが怒って結婚式の招待を取り消しちゃうんじゃないか、とか考えちゃいます。
「え?ラムたんも休みたいのか?でも右サイドSBができるヤツはいないんじゃないか?あ、アルネをまわしてさそりん左で?え?バドゥを使え?ミュラーと抱き合わせで世界市場に売り出せってチューリップが言ってるって?他人のチームだと思って頭痛いことを・・・。体調わるいのが悪化しそう・・・。」とでも言っていそう。こういう表情を見てると少佐っぽいなあーとつくづく思います。



この父ちゃんが続投するのかどうか、がこれからのドイツメディアの話題になるのでしょうが
極東では、ようやく、

父ちゃんの4点セーター
とか
父ちゃんの白シャツ
とかが話題になってます。モルゲンターク新聞の昨日の夕刊、御覧になりました?
「おせーんだよ(別人来臨中)」と思いました。

話題になっている内容はそれといって目新しいコトではなく(どうせ取り上げるんだったら、代表選手の写真集がある、ぐらいまで書けばいいのにねえ)、白シャツネタ(あれ、ボタンダウンでしたっけ?)なんて、新聞記者として取り上げるんだったら2年前でしょーが。実に遅すぎる。
父ちゃんと「タコのパウルさま」(by 公共エイセイ放送)が同格なのか・・・・と。

それに、カシミアってそんなに洗濯しちゃいけないはずだし。
3連続着てるっていったって、連日じゃないんだし。
脱いだ後ちゃんと風を通しておけば平気だってば。

記事として間違っていないけど、不十分だよなあ・・・と思ったのは、「青セーターを着ずに臨んだ1次リーグのセルビア戦は敗れている」のは事実だけど、
ガーナ戦は青セーターを着ないで勝ったんですけど?

それよりなにより悔しいのが、彼の本来の仕事のことで大きく取り上げられたんじゃないってこと。
最近、職場でもオバチャンズが「かっこいいわよね」と話しかけてきてくださるのですが、否定はしないけど、私は4年に1度の人には「ネタ満載の父ちゃん」としてよりも、監督として見ていただきたく・・・。選手としての経験と監督の能力は実は違うのである、と日本代表カントク選考の問題にも気付いていただきたいのであって・・・。

確かオバチャンズは、8年前は韓国のおばちゃんパーマ選手とかトルコの某選手とかイングランドの別格サマとかにムチューだったのであった・・・。
この人たちは、WM06だってEM08だって見てたはず。
その時は一度だって父ちゃんのこと言ってなかったのにねえ・・・。あの色が効いてるんでしょうねえ。オバチャンズは大学厠(@akberlinさん)のTシャツと思ってたそうで、ワタクシが「あれ、カシミアのセーターですよ」と言ったらびっくりしていた。
父ちゃんが、ってか、ビア保父がそんな私たちが着るような1980円セーターなんぞを用意するもんですか、袖を通すもんですかって(笑)。オバチャンズが急に「そう、あれ、高そうよねえ、光沢があって」とか言い出して、それはそれで笑いたくなりました。

なでしこのGKのノイアーは「怪物くん」の記事には大笑い。アドラーが出て3位まで来ていたらどう評価されたのかな?とか、色々いろいろと考えてしまいます。トム・ハンクスに似てるとも書かれてましたね。ほら、シカ王子と同僚になるんだし、日本でもこれから注目になるんでしょうか。

本当にコヤツら3位をとって帰って来る気があるのか?
a0094449_4425827.jpg

妙に和気藹々で、そこが気になります。まあ、新世代ってそういうものなのかな(棒読み)。あ、アルネくんはそっちじゃないよね・・・。でも、隣のおっさんミュラーのおかげで違和感なし(笑)。
どうにも、ミュラーなんか「オレ、あの試合出てないから、負けたのは関係ないんだよな」とか心底思ってそうに見えて(笑)。


a0094449_4485720.jpgその辺、コブタちゃんは本当にサッカーを愛してるんだなあーと思うわけです。


a0094449_4504452.jpg真面エジルは散髪をしてもらなわないのでしょうか?メッシと一緒で、髪が長いと調子悪そうに見えてしまいます。
(私、メッシの不調は絶対にあのビミョーな長髪のせいだと思う。だって、今シーズンの彼はバルサじゃさっぱりした髪型で調子よくなったじゃないですか?なのに、マラドンみたいな髪型させられて・・・・←させられたかどうかはサダカでない)
どうもミュラーがヤングスター賞候補にあがってるみたいだけど、私としてはやっぱりエジルだと思う。エジルのおかげで父ちゃん御一行は3決までたどり着けたわけで・・・。


3位決定戦のメンバーどうするのかなあ・・・。若手の体験の場とかにしちゃうのかなあ・・・。ラムたん、こんなところで休みになっちゃうのかなあ・・・。あっちはガチで来るはずだけど、なんとなく、カピテンはもう試合はいいよ、って感じに見えなくもなく・・・。
だけど、負けて帰るっていうのはよくないって。色はどうでもいいから、メダルもらって帰ってこ~い!(別人来臨中)
ひょっとしたら、EMに続き、カントク不在ぐったりの穴を埋めることになりそう?な「脂ぎったオトコ(by 家人)」名無しのハンジのWMデビューになるのか?!それはそれでバカ勝ちしそうですけど。
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-10 05:23 | WM10 | Trackback | Comments(4)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(22):父ちゃん!マキマキは用意してる?

a0094449_4252434.jpg


うわーん、緊張している選手を見ていて、こっちまで前半の間中、ずっと緊張しちゃった・・・。
なんか、いつもと違ってなかなかラムたんが映らないし。

偏向とはいわないけれど、極東サッカーはスペインを目指すべきっていう根拠が「身長」っていうのはヒドくないかしらん。体躯って言葉をしらないのかしらん・・・。

ポ王子が何かすごく動きが悪いのが気になってるし、しかもグっと足首を踏まれたときは思わずワタクシ涙目に・・・。

とにかくですね、昼寝はスペインの得意技なのに、なんだか、寝ぼけた感じのプレーが多くて・・・。
真面エツル!クローゼを見習えー!自分から転ぶなー!
ラムたん、もっと前に行っちゃって!!!

父ちゃん、後半は幸運のセーターだけでなく巻き巻きもしてくださーい!マキマキの時は絶対に負けないんだからぁ~!本当の幸運グッズはマキマキなんだから~!!!!父ちゃんの話も「ドイツの主婦層に人気の」とか言い出したから「あーあ、サッカーでしょ、いま中継してるのは」とイラっときてしまったし、本当に「ドイツの主婦層」に人気なのか、と思ったり。


後半が終了しました。
2年前のあの日と一緒でした。
1点に泣いた、ということ。そしてそれが、文句なく相手がすばらしいゴールだったということ。
プジョルはすごかった。あれは文句なしでした。が、「魂のゴール」とか「気持ちが入った」とかいう汐留の言い分は納得いきません。偏向放送じゃなかったとは思うけど、やたら、やたら「ハポンはエスパニアを目指すべき」と繰り返し言っているのも納得いかないです。

トニクロが入ってから少しよくなったけど、ゴメ蔵の投入・・・・が・・・。父ちゃん・・・・。人がいそうでいない父ちゃん一家の実態に、ちょっと哀しくなりました。
汐留は「スペインのおばあさんがよろこんでいることでしょう」とか「スペイン系の」とか言ってましたけど、ゴメ蔵のこの2年間にわたる不調を思うと、複雑・・・。おばあちゃまも孫の「人に譲る」プレーにどう思ったことでしょう・・・。

あと、試合の最中に賞金の話をする中継アナと解説者には、品がない、と我が家ではカンカンでした。慎重な試合運びは賞金がかかわっているから、なんて、あーやだやだ。

でも、一番怒りたくなるのは、カピテンラムたん・・・・。どうしたのかしら?と思いたくなるほど精彩を欠いたプレー。2年前のトラウマなのかしら?カピテンビンデが欲しかったら、やっぱり今日みたいなコトではみんなが納得しない気がするのです。

そして、一番がんばったのは、コブタちゃんだろうけれど、私は実は、ポ王子を推したいのです・・・。ポ王子、体張ってゴール前で守ってくれてありがとう!

汐留じゃ、WM10はあと1試合とかホザいてましたが、3位決定戦があるはず。もう本当に最後の試合だし、カード的には民放が急遽中継なんてことはありえないので(これがスペインとかだと放映したかもしれないけど)、PVへ行ってみようかな?と思ったり。東京で、やっていれば、ですけれどね。

ま、一番言いたいのは
だから、「父ちゃん、巻いて!」って言ったでしょっ!!!
ですね・・・。あーあPKに備えて6時10分まで予約かけておいたけど、うちのDVDって予約かけたら切れないのよね。8時からの公共エイセイ放送の予約時間変更しておかなくちゃ・・・。

ドイツファンのみなさん、
あと1試合、応援がんばりましょう!
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-08 04:31 | WM10 | Trackback | Comments(14)

Nkosi sikelel' iDeutschland!(21):ワールドクラスじゃなくたって

a0094449_6205897.jpg


今日は職場でいろいろと打ち合わせが入るから・・・ともう一つの山であるオランダーウルグアイ戦は見ないで体力温存をしていました。が、どんなに遅くとも5時には起きないと、それはそれで仕事に差し支えるので(頭が廻るまで4時間近くかかる)起き、ZDFが始まる前にちょっとだけ・・・と地上公共放送をつけたら・・・

試合的にはおいしいところ。
そこへ家人が起きてきて・・・・。時間的には厳しいところでしたが、ウルグアイの2点目もすごかったですよね!中立の立場で見ていた私たちでしたが、思わずハイタッチをしてしまいました。
そろそろZDFに変えようとしたら「いいところじゃないか」と。
ホント、最後の最後までウルグアイはがんばりましたよね!オランダは文句なしにすごかった。個人技がすごい・・・。

そして、ZDFは終わってました。きっと、父ちゃんが「明日もがんばります」とかいったんだろうに。
タコのポウルのご託宣ではスペインが勝つとか出ちゃって、気落ちしてるかもしれないなあ・・・とか、色々思います。
ワタクシの喰っちゃおう作戦はこちら。今回のワタクシのテーマは「相手国産」をそのまま食べる・・・です。
a0094449_6371437.jpg

ガスパッチョです。職場最寄駅にあるカーニバルという輸入食材屋さんで見つけました。最後の一つでした。今朝、食べましたが、すごい量!でもがんばって飲みましたよ!だからラムたんたちもがんばれ!
右はモヘアベア100年記念かな?これも虎ママさんと初めてお目にかかった旅行の際、フランクフルトで買ったものです。StuttgartのSteiffのショップにもご一緒していただいたのですが、結局はフランクフルトのカウフホフで呼ばれた、という感じです。
左もSteiffのものです。ファクトリーショップのアウトレットものです。なので耳に白はおろか黄色のタグもありません。私にとっては2体目のSteiffで、タグがついているものよりも、こちらにココロ惹かれてしまったのです。おなかを押すと鳴くんですよ(これがSteiffの特徴の一つ)。語学学校へ行く前に1週間ほど父と南ドイツを旅行した時に買ったもので、まだ古い工場やファクトリーショップだったギーンゲンを訪れた日の天気(曇り空)を今も覚えています。この時のドイツでの日々は、単なる旅行ではなかった分、とても印象に残っています。
耳にタグがなくても、見る人が見たらすぐにSteiffってわかる。何か、ドイツの選手に通じるものがある気がします。
[PR]
by eastwind-335 | 2010-07-07 06:57 | WM10 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る