「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:キャベツ大作戦( 4 )

カレー粉は何からできている?

キャベツ大作戦、先週後半は少し手抜きでした。

というのも、ただでさえ立ちくらみが起きやすい高血圧な家人、加療中の薬のおかげで血圧が下がりすぎてフラフラになってしまったのでした。もちろん、私は引き続き薄味な食事を出していましたが、私までチカラがでない・・・。チカラがでないとメニューも思い浮かばない。ご飯が進む普通のオカズが食べたいよ~・・・と私のほうがストレスになっていたのかもしれません。塩分は引き続き控えるにしても、たとえば酒や酢で伸ばすのでオイスターソースとかチリソースなども少しは使っていいでしょうか?と尋ねてもらうことにしました。

どう説明したのかわかりませんが、担当医は前の受診の際に私が言ったセリフを思い出したのか、「奥さんに、塩分ゼロじゃなくていいんです、と伝えてください。毎日外食はいけませんが、週に1,2度は昼ぐらいだったら外の食事でもいいですよ。そのかわり外食したら夜の食事の塩分は控えてください」と。調味料も他のもので薄めて使うのはいいアイデアです、と褒めてもらったらしい(ってことは、自分のアイデアとして話したの?)。

はい、受診後、さっそく家人は某所でお気に入りのラーメンを食べてきたらしい。
私もお墨付きがついた、と金曜は仕事でフラフラになってしまったので、駅ビルで買った鮨を出してしまいました。
でも、原則としては、やっぱりキャベツは二日に一度出しましたし、蒸し野菜(長いもを蒸したのもホクホクして美味しかった!)とか薄味のおかずがメインとなってます!

男子エイヨウ大学生、単位不足につき進級できず
[PR]
by eastwind-335 | 2008-02-04 09:55 | キャベツ大作戦 | Trackback | Comments(10)

メタボのいぬ間に・・・

二日食べたら1日休むキャベツ大作戦、お蔭様で2週目もどうにか遂行できました。
可哀想なのは、担当医から予告されていたとはいえ、血圧が下がった故の気分の悪さに参っている家人。食欲低下のために、お伺いを立てる夕餉のメニューが却下されることもままあります。二言目には「いいんだ、ボク、男子エイヨウ大学生になるから」と言うのですが、まだ修得単位(料理)数が少なく、専攻分野の偏りがある家人の好きなままにさせておくと大変なことになりそうなので、なだめすかし、ごまかして、希望をちょっと取り込みつつも、とりあえず食材の数だけはこちらの希望をそこそこ通すようにした1週間でした。

キャベツ1枚、ひき肉、キャベツ1枚、ひき肉と繰り返して重ねて少々の水で煮る「巻かないロールキャベツ」、これはスープキューブを使わず、味付けはひき肉に香辛料やらハーブをどっちゃり混ぜただけ。あと何層にも重なったキャベツ・ひき肉の、ちょうど真ん中にあたる層の部分にだけトマトソース(市販のもの)をごく薄く延ばして、それでもって塩気を加えたことに。控えめだったからでしょうか、トマトソースがキライという家人にも好評でした。一日置いて、ハーブと引き立て黒胡椒で下味をした豚のロースソテーにはたっぷりと千切りキャベツの翌日はエビで出汁をとったキャベツ鍋。キャベツに合うものを、と思えば、どうしても仕事のある日は手軽にできる肉料理が多くなってしまいますが、昨日はたまたま冷蔵庫にあった安売りエビ3尾(大きいのに1尾90円だったんですよ)を使った鍋。出汁がとってもおいしくて、柔らかくなった野菜にもしみこんで、鍋にはエビもありだな、と発見したのでした。
さて、家人。毎朝晩とせっせとつけている血圧手帳の折れ線グラフ、2種類の薬が順調に効き、ある日、先日の「世界同時株安の日」の円相場(一瞬の「円高ドル安、円高ユーロ安」)のような状態でグイっと下がり、ついには私と同じぐらいまでになりました。血圧が低すぎてめまいがするらしい。私は女性としては血圧が低めなのに、同じくらいまで下がってもよいのかしらんと思いますが、これも明日の診察時には原因なり今後の対応がわかることでしょう。

今晩のメタボ家人、前の職場で一緒だった人の会におでかけ。私はマクドナルドでハンバーガーとポテトの夕食。ハンドボールの試合(残念ながら女子は負けてしまいました)を見ながらにはぴったり。手ごろなこういう食事も決してキライじゃないのです、ワタクシ。ポテトの塩がしょっぱい!でもおいし~い!
それに加えて、
a0094449_5595087.jpg今晩は、仕事帰りにちょい用で寄った新橋は内幸町駅近くで見つけたケーキ屋さんで買ったケーキも!適当なお値段で、味も気取らずかといって大雑把なこともなく、です。ご贔屓にしたいところなのですが、ココ、土日祝は休みなのだそうで、次いつ来ることができるかな~。焼き菓子もありますよ。

a0094449_5575424.jpg
内箱もなんだか折り目正しい感じが。この内箱のように折り目正しく落ち着いた店内では、簡単な食事もできるようです。店内の額によれば、長らくやっているお店のよう。平日しかやっていない、というのがビジネスマンの街新橋っぽいですね。

明日早朝は聴戦予定なので、これにて失礼!

動物園のぞうさんにケーブルを押されてるの?(聴戦報告)
[PR]
by eastwind-335 | 2008-01-29 21:52 | キャベツ大作戦 | Trackback | Comments(6)

男子エイヨウ大学開校!

キャベツ大作戦の報告です。すみません、お付き合いください。
今週は醤油をほとんど使わないメニューとなりました。どちらかといえば、バルサミコ酢大作戦という感じも・・・。

月曜日:牡蠣と豆腐のあんかけ、カラーピーマンのピクルス、レンコンのバルサミコ酢味の炒め物、澄まし汁(キャベツ・サトイモ・ジャコのてんぷらを汁仕立てにしたもの)、生卵かけご飯
火曜日:あん肝のハーブ焼きバルサミコ酢ソースかけ(ほうれん草・タマネギスライス・セロリのサラダ添え)、白身魚ときのこ類の蒸し物、ご飯、味噌汁(キャベツ・カボチャ)
水曜日:男子エイヨウ大学(もやしをゆでたもののとろろ昆布あえ、海草サラダバルサミコ酢あえ、納豆、ご飯)
木曜日:キャベツ・白菜・ほうれん草、しいたけ・えのきだけ・豚コマの鍋、ごはん
金曜日:男子エイヨウ大学(えのきだけ、ささみ、モヤシ、ほうれん草をレンジでチンして普通の酢をかけたらしい)+餅

男子エイヨウ大学とは、要するに「自炊」。もともとはあの日以来、「栄養と料理」(女子栄養大学が出版する月間料理誌)に載っている料理(当然ながら調味料の量は厳守)を出すことが増えたのですが、相方の好みではなかったらしいのです。私なんて逆に「これぐらいまでは調味料が使えるんだ!」なんて思っていたんですけれどね~(ほら薄味なので)。あんまりごちゃごちゃ言うので、クレームは出版元へどうぞ、とほったらかしたら、「だったら、男子エイヨウ大学する!」とナゾのコトバを・・・。
スープ類以外にこの人に何が出来るのか、と不安になりつつも、だったら私が残業になる予定の水曜にテキトーに作って食べてねと言ったところ、上のようなことになったそうな。彼としては醤油を使わなかった、という点で自分を褒めたいところらしい(しかし、普通2人の食事のために2回で使い切るえのきだけを1回で食べていたことが判明)。あ、海草サラダは水で戻せばいいものです。

火曜のあん肝は、コレストロール値も気にしなければならない家人にとっては、ひょっとしたら掟破りなもの。でも、スーパーで(アメリカ産だったけれど)とってもキレイで美味しそうなあん肝を見つけ、私は食欲を抑えきれず、「変化球だって必要だ」と急遽メニューに追加したものでした。塩のかわりに胡椒、ドライハーブを四方にどっちゃりつけて、少量のオリーブオイルでゆっくり焼き、取り出した鍋にバルサミコ酢と水を加えソースにします。で、サラダの上にあん肝をのせて、ソースをかけて出来上がり。もちろん、家人大喜び。塩ナシと知り、ハーブのチカラを見直したようです。

木曜の鍋は、鍋に小さじ2弱ぐらいの低塩だし醤油をいれて、すでに味付けした形で。そして、味が足りないとおもったらバルサミコ酢をかけるようにしてもらいました。バルサミコ酢ばかりが出てくるのは、単に家に黒酢がなかったからだけです。私は米酢も好きなのですけれど、色がついていると調理した感じがしますからね~。特に醤油と色があまり変わらないから、今回みたいな場合にはいろんな意味で便利な調味料だと思います。土曜は近所のスーパーのポイントが倍だしなので、来週からは黒酢も登場の予定です。

フライデーナイトはちょっとおでかけ
[PR]
by eastwind-335 | 2008-01-19 10:26 | キャベツ大作戦 | Trackback | Comments(14)

キャベツ大作戦

キャベツ

ロールキャベツとか、回鍋肉とか、とんかつの添え物

英語で「キャベツ頭」といえば、ノータリン(カタカナで書くとなんだか明るい感じがするものですね)

ドイツ語でキャベツといえばKohl

コールっていえば、西ドイツ時代に長々と(!)首相をやっていたコール元首相

コール首相といえば「ダイエット休暇」
え?ご存じない?コール元首相って、一年かけて大きくなったのを、夏休みの数週間で少し戻すというのをやっていたんですよー。休暇前と休暇後のどこが違うのかはよくわかりませんでしたが、きっと内臓の部分はきれいになっていたことでしょう。

で、キャベツといえばダイエットなわけです。

いま、我が家は夕食時にキャベツのおかずが出るようになって2日目。
「ぐるナイ」を見たい(いや、ゴチになります、の時に限りますけど)と速攻で帰宅するのも、うに、いくら、イカの試食し放題の「もしツア」特番をマジマジと見てしまうのも、すべてキャベツ大作戦のせいなのです!

オンナはつらいよ
[PR]
by eastwind-335 | 2008-01-13 10:05 | キャベツ大作戦 | Trackback | Comments(17)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る