アンジーも昔は子供だっただろうケド

母がツアコンさんから仕入れたネタとして「首相は、男子のサッカーチームのファンで、女子も1位になったんだから男子にできないことはない!と激励しているんですってねー。ご贔屓の選手もいるらしいじゃない?」と披露してくれました。
あはは、カピテンか、コブタちゃんのことかなー、なんて思いながら、相槌を打っていたら、
「私ね、メルケルって、何かに似てるって思ったのよ」と。
ちょうど、テレビではコペンハーゲンの会議のニュースが画面に出ていました。多分、母も同じ番組をつけながら電話しているのでしょう。

ドイツのホテルでニュースに映る首相の後姿を見ていたら何かを思い出したと。でも帰国するまでわからなかったけれど、家の飾り棚を見て「あー!」と思ったらしい。

「昔、東風ちゃんが買った、フンメルのランドセルを背負った女の子!。ほら、髪の毛もあんな感じだし、ランドセルしょわせたら、絶対に・・・」
「マ、ママ!確かにメルケルも小学生だった時があると思うけど・・・」
「えー、絶対にそうよ。小さな頃の彼女の写真、見たことないの?」
ありません。そんな親しくないもん。

さて、昨晩は7時からガオラさんでバイヤンの試合。食事時は視戦となりました。
「ゴメスっせっかくのせっかくの!」とラムたんのフランケをバーの向こうにヘディングしたゴメスに文句をいう私へ「ちっちゃいヤツだよな、ゴメスがデカいにしても」と。
いまやサッカーは170センチの人たちがひっぱっているんだ!と毎度の説明。
「彼、眉太いよね」とも言い出しました。
うちの家人だって眉が太くて、それがイヤなんだそうですけれど(だったら、手入れにでも行けば、と思うワタクシ)、なんか、ラムたんの眉が気になるみたい。

そのラムたん、Facebookによれば、冬休みは「お友達のオットルくんと一緒にオーストリアにスキーにいきまーす、えへへ」とビデオ投稿をしていました。試合直後なのかな、勝ったことも嬉しそうに報告してましたよ。オットルくんはスキーをするだけの(気持ちの)余裕があるのね、とちょっとホッとしたワタクシでもありました。お互いのFreundinもつれていくのかな?
そうそう、うちの母がツアコンさんから聞いたといってましたが、ドイツではコドモが生まれると橇を必ず買った、というんですけれど。今はフランクフルトなんかは雪がへったけれど、昔はそれを引いて親が学校へ連れて行ってたそうですね。二人もそういう橇をまだもっているのかしらん?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/9478604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-12-22 06:57 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る