パパ登場

他の人には遠慮するらしいけれど、私にはお嬢さんの写真を見せてくださる、というお兄さんたちが職場にいます。この頃は七五三の写真を見せていただきました。これまた、それぞれのご家庭にぴったりなお嬢ちゃん。それぞれの御宅へとみつくろった出産祝いがいまだに小学生のお嬢ちゃんたちに愛用されているらしく、私のことを「ほら、ニルス(ガチョウや人形がぐるぐる廻るオルゴール)のおねえさんよ」とか「メーメーちゃん(シュタイフの舐めても平気な布ぐるみ)のおねえちゃまよ」と。
溺愛するお嬢ちゃんが中学や高校になってBFができたらどうなるのか、いまからその反応が楽しみなお兄さんたち。一方で、「ったく、どうやったら日本の大学で単位不足になれるのか、知りたいものだわ!あんなの雇う会社なんかあるのかしら!」と留年確定の愛息のことをケチョンケチョンにばっさり斬りするお姉さん。

年齢を問わず、親は子供のことが心配なわけです。

それは、世界に左SBに選ばれたり、子供のための基金を設立して大統領から「キミは偉い!」と誉められるような立派な子供を持つ親でも・・・。
tzによれば、なんでもラムたんのお父さん、お母さん、そしてクラウディアさんが土曜の試合の時にアリアンツにいたのだとか。
で4人でアリアンツをあとにした、とか。
ラムたんは「なーんにも言うことはありません!」と言ってアリアンツを後にしたそうですが、tzのインタビューにお父さん登場です。お父さんったら応えちゃったのねーという思いと、お父さんまで結果として巻き込んだことをラムたんも反省せい!という思いとで、私がもっているような初心者向け独日辞書には載っていない言い回しについては超「超意訳」で読んでみました。
(注意!私の超超意訳は間違いだらけです!鍵コメさんのご指摘で、お父さんは心配なんぞしてないということがよくわかりました(息子を支持してます)。あんまりにもヒドい訳に今すぐにでもこの記事を消したい気もしますが、一度書いた以上、ご指摘があったところはさっそく赤字で直し、今晩はupします(が日付が変わったらどうするかは考え中)。ご指摘くださった鍵コメさんに感謝いたします、と共に、他もトンデモ訳だらけと思います。皆様からの引き続きのご指摘をお待ち申し上げますし、私のドイツ語訳についてはぜーったいに信用なさらないようにお願いします)



ラムたんといえばお母さんが有名ですが、今回はお父さんが応えてます。コトの重大さをひしひしと感じます。

„Wir haben von dem Interview gar nichts gewusst. Erst, als es bei dem Spiel und danach so richtig losgegangen ist, haben wir das mitbekommen. Da waren meine Frau und ich gleichermaßen überrascht“, erklärte Philipps Vater Roland am Sonntag der tz: „Normal kennt man so etwas von Philipp nicht. Deswegen hat er damit gleich eine richtige Welle ausgelöst. Aber wenn ihn etwas stört, dann sagt er eben seine Meinung.“

「私たち夫婦はインタビューのことは知らなかったんですよ。試合(の最中)や、それからすぐにあれやこれやになって、私たちは知ったんですよ。だから、私も妻も同じようにびっくりしているんです。普段、みなさんはフィリップのことなんか知らないんです(注意をはらわない?)。だから、彼はただしい波にのってきていました。こんな息子のことを知らないでしょう。けれど、何かが彼の気に障ると、彼はきっぱりと意見を言うんです。」

„Philipp hat etwas losgetreten, was doch eigentlich stimmt. Das war seine Meinung – da hat sich der Herr Hoeneß scheinbar auf den Schlips getreten gefühlt.“
「息子はまさにそうである、という方向へ進んだわけです。それが彼の意見です。だからこそ、ウリおじさんははっきりと息子を侮辱したのでしょう侮辱されたと感じたことでしょう

„Rausschmeißen werden sie ihn nicht“, meint Roland Lahm: „Er wird halt eine Geldstrafe bekommen.“
「彼らは、息子を追いやる気はないでしょう。彼は、罰金を受け入れましたから」
ラムたんは月曜に首脳部に事の顛末を報告しなくてはならないとのこと。

„nicht noch einmal über das Interview reden, Philipp weiß schon alleine, was er macht“,
「もう一度、インタビューを読み返さなくても、息子はもう何をする(べき)かわかっているはずです。」
„Vielleicht können wir ihm ja dazu gratulieren, weil er damit etwas bewegt.“
「まったくもって、私たち(夫婦)にとっては(息子の件は)とんだ災難ってことですよね、彼は「言っちゃった」わけですから」
gratulierenは誉めるという意味のほかにとんだ災難という皮肉の意味にも取れるそうですし、bewegenは動くとか、行動するという意味があるので、こんな風にまとめましたが。案外素直に「息子が反省することを喜びたいです」になるのかな?
「息子がこれで動かすことができたんだから、よくやったと言ってやりたいです」

多分、お父さんは偉いぞ息子!とはいえず、ご迷惑をおかけしたと思いますが、成人した息子のことですからねーと当たり障りのないことを言いたいのではないか・・・と。ご迷惑をおかけしました、なんぞとは思ってないようです。

tzによれば、やっぱり代理人グリルさんがからんでる様子・・・。ウリおぢさんは「全くもって礼儀知らず!」と怒ってるそうですよ。

さて、szのインタビューは4つのポイントがあるようですね。
1)わけわかんない見境ない選手補強
2)点取りや問題
3)しまりのない中盤
4)チューリップ監督
それに沿ってtzがラムたんの言ってることは正しいのかどうなのか検証します、っていうのもこの記事のウリの一つみたい。

この記事に対してついたコメントを読んでいて思いましたが・・・。いまのフロントに納得がいかないファンは「ラムたんは間違ってない!」と興奮気味?11月27日はクラブ会員の集い総会の日。荒れそう・・・?かも?

常日頃、ラムたんは「CLで頑張れるインターナショナル(←棒読み)なチーム」でプレーしたいと言ってますが、インターナショナル(←棒読み)なチームにしたい、って思うことはないのかな・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/9219397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-11-09 20:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eastwind-335 at 2009-11-09 20:35
鍵コメ20:24さん、こんにちは。

早速にご指摘ありがとうございました。さっそく直しておきました。
あんまりにも自分の誤訳いい加減訳というかドイツ語力なさにこの記事自体を消したい気もします・・・。
Commented by eastwind-335 at 2009-11-09 20:58
鍵コメ20:24さん、こんにちは。追記です。

ラムたんは我慢の限界にきていると思います。それはここ数週間、彼の試合中の雰囲気から感じていました。だからって言っていいとは私も思ってませんが。
Commented at 2009-11-09 21:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toramutti at 2009-11-09 21:40
パパも語っているように、こういうラーム、ふだんはあまりみられませんよね。我慢の限界を超えちゃったんでしょうか。ほら、バイエルンはもうすぐ、総会もあるしねぇ。Beraterの人、こういうときこそ出番だと思うんだけど違うのかなぁ。
Commented by 筍母 at 2009-11-09 23:27 x
私はラムたんをまるっと支持しますよ。チームから気持ちが離れた人間だからかもですけど。
ラムたんも、CLで戦えるチームにしたいって、思っていた時期はちゃんとあったんじゃないかな。
ロビンを引き合いに出して申し訳ないけど、先日のインタビューで「自分が長期契約にサインしたのは、お世話になった監督とクラブに、自分のキャリア最高であろう時期をささげたいと思ったから」「タイトルは、アーセナルで獲りたいんだ」って言ってて、そういう気持ちでプレーしててくれることが本当に嬉しかったんです。
私は、応援する選手にはこうあってほしいし、ラムたんが今どんな気持ちでいるか本当のところはわからないけど、自分が気持ちを込められるチームでプレーしてもらいたいなと思います。
Commented by オカジ at 2009-11-10 23:09 x
ふふふ、これで「言ったった」仲間ですね(ニヤり)…なんて喜べる話じゃないのは承知ですが、こうなること分かって確信犯でやったんだろうと思いますし、罰金で落着したのであれば、あとはラームパパの言うとおり、これで「何か」を動かすことができたらいいね、と思います。そして、個人的にはこれ言った以上、ラームには今のクラブで活躍してほしいです。いい逃げはダメよ~(笑)

Commented by eastwind-335 at 2009-11-11 21:53
虎ママさん、こんにちは。
私はラムたんの我慢の限界にきていたと思います。そして、今回は彼の思っていた方向へ巧く行ったのだろうと思います。一方で、ラムたんだって、直すべきところはある。今回の一件によって、ある種、自分をも追い込んだ形。今後の彼のプレーを楽しみにしたいと思います。
Commented by eastwind-335 at 2009-11-11 21:59
筍母さん、こんにちは。
私も、自分の気持ちをこめられるチームでがんばってほしいと思います。バラックもそうだけれど、ここでタイトルをとりたい、という気持ちがキチっとあれば私も移籍はありかな、と思うのですが、ラムたんの場合はどうなのでしょうかね・・・。チームへの憧れが強いとすると、さそりんたちの二の舞ということもあるかもしれないし。

タイトルをココで獲りたいと思っている選手はどのくらいいまのバイヤンにいるのかな、と思います。
Commented by eastwind-335 at 2009-11-11 22:04
オカジさん、こんにちは。
私は彼をこれからも応援していきますが、正直言って、言い逃げ(移籍)できるほどの選手なのか・・・。とにかく、人のことを言った以上、これからも一層精進しなくてはならないわけで、そういう意味で、ますます今後のプレーが楽しみだし、どう転んでも応援したいと思います。
by eastwind-335 | 2009-11-09 18:28 | バイヤン | Trackback | Comments(10)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る