応援することしかできません

目下、Stuttgart戦を見ています。
おお、ラムたんが久しぶりにすっきりした頭になってますが、おかーさんに庭で切ってもらった?というような感じがしないわけでもなく・・・。
この試合、ラムたんには2.5点という悪くない点数がついています。ラジオでもせっせとフランケをだしたり前に来ていた様子だとは思いましたが(少なくとも前半を聞いていた時点では)、そんな点数をつけてもらってよかったのかしら。確かによく動いている感じはしましたが。後半もがんばってましたよね。ティモシュクの分も走らされていたともいえなくはない?(←気のせい?)

ところで、ティモシュクーラムたんラインっていうのはありえないのでしょうか?
ここがもう少し機能したら、ラムたんが右というのもアリかなと思いますが、いまの状況だとどうなのでしょう・・・・。ライフスタイルは真逆のような二人ですし、まあ、ティモシュクはラムたんを初めとした他の人のことなんぞ考えもせずに動いている気がしますが、それは言葉のせい?それとも王様性格なのか?
ラムたんの守備だって、そりゃあ、ムニャムニャといいたくなることもありますが、ティモシュクさん、あっさりと見送りすぎでは?後ろ(ラムたん)を信用してる?まあ、守備のところはラムたんが(仕事として)頑張らなくちゃならないでしょうけれど。なんか、この二人のところでヒヤリとすることが多かった気が。ティモシュクの攻撃の威力が増すためにも、ラムたん、簡単ロシア語会話を今からやっておいても損はないと思うけれどー。
ミュラーは好青年っぽい顔をして結構荒いことをシレっとするのですね。いや、プロですからね、チームにお人よしは一人で十分。バイヤンではオットルくんがそのポジションにいるから、それまで奪わないで欲しいと思いますが(笑)。そのかわりエッフェ先輩の後継者の席は空けてあるから(みんな怖くて座りたくもないでしょーし)。後半にピッチへ入ってくるときには、赤っピテンボメと密談中でしたね。すごいですよね、カピテンに対しても臆しているとは思えません。どんな心臓なんでしょうか。

ブットはすごいですね。レンジングがもう少し我慢しなくちゃならないのは仕方ない気がします。
マリゴメは・・・。うーん。移籍前からイザール川越えはムリじゃないか、と思ってましたが、やっぱりStuttgartのほうが性格に合っているんじゃないかしら?EMの代表選手発表の時もミニゴメスがイザール川の向こうでないちゃったわけで、鬼門かもしれないなーって思う。あのような大きなブーイングだと、うーん。・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/9195437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-11-03 21:37 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る