祝!開通!

美容院に行った帰り、家人に最寄駅へつく時間を予告しようと携帯を取り出したら、母からの留守電に気付きました。
土曜の午前中に実家へかけたときは父しかいなくて、用件はそれで済んだし、だったのですが、母からはだいたい次のような口調の電話が入ってました
「もしもし?東風ちゃん?ママですよー。お電話くれたんですって?パパからいろいろ聞きましたよ。ふふふ。じゃんじゃじゃーん!じゃっじゃじゃーん!ぱんぱかぱーん!ふふふ、またね(しばらく無音)。あれ?これ、どう切るの?どこ押すの?」
「なんだ、使えないくせにケイタイなんか持って。どこかわからんのか」
「そんな言い方ないでしょー」
ブチッ

ツーツーツーツー

もう数年で古希だっていう人が、じゃんじゃじゃーん、だの、ぱんぱかぱーん、だのって・・・・
そして古夫婦の戯言で終わる・・・。

さて、本日。あと30分とはいえまだ就業時間中にケータイがブルブル行っているのが数メートル先のロッカーから聞こえました(私は仕事中は携帯をロッカーに突っ込みます。仕事に使う電話は机にででーんとあるんですもん。体は一つなんだから電話も一つで十分)。終業後、携帯を見ると母からでまたもや留守電付き。

「もしもし、東風ちゃんですかー?ワタクシです(母がワタクシですというのは冗談をいう時です)。土曜の留守電に気付きましたか?お電話待ってます」

どうしたのかしら?急いでかけると「ねえ、ねえ、わかる?電話換えたのよ。だから開通のお祝いでパンパカパーンってファンファーレを入れてみた」とのこと。
携帯には「ママ」と表示されるので当然ながら私は気付きません。っていうか、そんな、ママからもらったのは健康だけで、透視能力なんて授かってませんってば。

前の携帯はろくろく使うことなく(私なんて母の携帯にかけてつながった例なし)、機種は化石状態へ。いつぞや故障かと見てもらったお店で思いっきり呆れられたのだとか。多分、来週、学生時代のお友達と旅行へ行くといってましたから、買い替えにはいい機会だと思ったのでしょう。
「東風ちゃんのとは違って・・・」とワンセグもビデオ録画もできない機種だと言ってましたが、いやいや、私だって使う機能はいまや音楽を聴くだけだから・・・(笑)。
さて、家族が持っていると突然物欲が湧き出す父が、携帯を見て「ボクも1台買おうかな」と言い出したらしい。
それに対して、母が二人が別々のところへ出かけることはないので、父が持ってもいいようにグレーの携帯にしたとちょっと残念そうに「グレー」を力説。
ははーん、父が横にいるんだな、と思いました。
「なんだっけ、ほら、デコ、デコなんとか。あれ、ママ、携帯にあれをしようと思うのよ。さっき、パパに宣言したのよ!」
「東風は仕事帰りで疲れているんだ、そのなんとか、とか、あれ、とか、わからんことを言ったら可哀想じゃないか」という父の声が聞こえてきました。ぷぷ。
手先の器用な若い知り合いがたくさん増えて、何か影響されるものがあったのでしょうか。
私が裏に孫(私の甥)の写真でも貼ったら?とそそのかしたら、どうも父はその気でいた様子ですが、母は違う考え。「待ちうけにしたら、どうしているだろうってずっと思うことになるから、ねえ?」ですって。
うーん、クールなばあばですこと・・・。
ま、その血を私も脈々と受け継ぎ、私も人の写真を持ち歩いたことってないなあー。

帰宅途中、ふと、思いました。母は多分、私以外にそんなことで電話をかける人はいないのだろうなあ、と。番号を変えたのならば弟一家にもかける理由がありますが、機種交換ぐらいで電話をするなんてシウトメとしては恥ずかしくてできないんじゃないかな~。私は、母が来月のお稽古事の展覧会の準備で忙しいと思って週末に折り返し電話をするのを控えていたのですが、こんなことであれば、もっと早くにかけてあげればよかったなと思いました。

11月には多分どこかで待ち合わせとなることでしょう。その時、どんな携帯をもってくるのか(そしてちゃんと充電しているのか)楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/9131922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by snowdrop99 at 2009-10-21 10:13
ははは、楽しいお母さんですね。
うちは持ってくれと頼んでももってもらえません。
母はかなーり活動的ですが、ビデオの録画もですが、
家の固定電話の電話帳から電話することすらできないので。
あ、でもそれは父が四六時中電話の前に(電話が居間のテーブルの上にあって、その向こうにテレビがあるからですが)陣取ってるのもあります。。
Commented by shizuka at 2009-10-21 15:43 x
すてきな母子ですね~

母親はつい娘に甘えがち…娘はといえば(似たもの親子ほど)自分の行先を見るようで、つい厳しくしがち…
私も、もちっと母に優しくしなくっちゃ、と思った今日この頃でアリマス。
Commented by 筍母 at 2009-10-22 13:47 x
ほほえましかったり案外クールだったり、毎度かわいらしいお母様です☆
使いこなせなくても、鳴ってればボタン押して通話できるだけでも持ってる意味ありますよね・・>高齢の方の携帯
実家の父は趣味のウォーキングが高じて、いまやその辺走り回って一向に帰ってこないという毎日を過ごしてるらしいのですが、こないだ家に来てそれやられて、約2時間戻らなかったとき、私は警察に電話する一歩手前でした・・・所在確認のためだけにでも持ってもらおうか考え中。
Commented by eastwind-335 at 2009-10-25 08:32
snowdropさん、こんにちは。
持っていても電源が入ってなくては・・・!なのですが、ねえ・・・。うちの母は電源を入れなかったら充電不要とおもっていたらしいです(汗)。
私は、動物的な勘で家電製品を手懐けていたのですが、両親にとっては神の手だったらしいのです。私が家を離れてからは、母がやる以外なく(日中、テレビを見るのは母だから)、わからないことをメモ書きして、購入した家電店に通いつめる羽目に。でも、あれは生き方にも自信がついた様子ですよ~。
Commented by eastwind-335 at 2009-10-25 08:47
shizukaさん、こんにちは。
いや、お恥ずかしいお話です・・・。
親子だからすむ話ですが、世間的には「なーにやってるんだか」に見えるかも、と投稿したあとでフト正気に戻った私です。
私は、偶然、母が結婚前についていた仕事に就いていることもあり、なんとなく「面白い先輩」という気持ちで母を見ているところもあるかもしれません。
普段はこんな生活をしてる母ですが、今の私の年齢だった頃の母を思い出すと、叶わない、と思わせる、そんな人です。
Commented by eastwind-335 at 2009-10-25 08:55
筍母さん、こんにちは。
おお、お父さんはウォーキングに夢中なのですね!
そう、帰ってこないって心配ですよね。うちの母親は究極の方向音痴で(これだけで、カテゴリーが作れるほど!)そんなことになったら、私も心配で電話かけてしまいそうです。
いや、携帯を持つだけでなく、電源をいれておかなくちゃねーと言ったら「そういうアナタだって電源切れてる時あるんじゃないの?」と。そーでした、そーでした。シウトメがかけてくる時はなぜか電池切れか電源を切ったままにしてあったり、電話もメールも受信は原則として消音にすることが多くて、大変なことになりそうだったときもあったのでした(汗)。
by eastwind-335 | 2009-10-20 21:25 | 日常 | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る