まだまだ服のこと

昨日、午後から、お手伝いしている団体のために、とある会場へ。
着物の随筆でも有名な方のお話を伺いました。もうおばあちゃまなのに、かくしゃくとしていらして・・・、自分の来し方をユーモアあふれる、そして真摯な口調で語ってくださり、会場の私達はもう感激!

色々なメディアにも着物姿しか出ていないので、いつでも着物なのかな~と思っていたら、質疑応答でやはり質問なさった方がいらっしゃいました。
「あなたー、家の仕事ってそんなキレイなものばかりじゃないでしょう?宅急便やさんだって来るし、ね?洋服、それもパンツがすきなんですよ」とまずはカラカラ笑ったのち、会場のみなさんがオオーっと内心思われるようなお話が!
まあ、そうですよね。着物着て、宅急便のダンボールを抱えるって・・(笑)。
おうちで着物っていうのは、お手伝いさんがいる時代のものなのかな、と思ったり・・・。

お嬢さんが私と同世代の方で、やはり、着物姿の写真も時々披露しています。会場も30代のファンらしき方が着物姿でいらしているのもちらほらと・・・。だからでしょうか、「お若い方はこの頃、地味好みだけれど、若いきれいな色をお召しなさいね。似合わないと思うと似合わないけれど、うーん、着てみようかなと思えば似合いますからね」ともお話くださりました。私、ハっとしました。このところ、何を試着してもピタっと来ないと、ブログでも嘆いてますが、着られるのではなく着る、という気持ちでいるとよいのでしょうね。

お見送りの時に「あら、中秋の名月ね」と。
昨日の夜のお月様、キレイでしたね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/9054697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-10-04 10:30 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る