ベルリン行き急行列車

前半だけ聴戦したRWO(ラジオ局の名前っぽいですが、赤白オーバーハウゼンって意味なのねー)戦。
ラジオをつけっぱなしでお布団に入ったので、後半はウトウトでしたが、最後のファンブイテーンのところはわりとクリアーに聞いてました。

a0094449_8441274.jpg
で、ラムたんが1点目を決めたと今朝の今朝まで思っていたのですが(だって、ちゃんとコールもしたし)、あれ、オウンゴールだったそうです。とほ。しかし、大甘tzでは2点がつきました。積極的に前に来てクロスを上げて、とラムたんらしい本来の仕事をしていたからだそうです。
a0094449_8451944.jpg多分、1.5軍のメンバーとだと、ラムたんも気兼ねなくそれができるんでしょうね。

このごろ、立て続けに試合を見ていますが(録画の都合上)、ロッベンなんかは自分でボールを持って前に行きたいタイプだから、別に後ろからちょこまかしたクロスはいらねーよ、という態度のように思えるんですよね(←気のせい?)。他人のために尽くしてナンボのラムたんみたいなのは、そういう時に自然と後ろで「じゃあ、いいよ」になるのではないか?と。
ラムたんがもっと前に出てこなくちゃいけません、と良平さんがCLでコメントしていたように記憶していますが、ロっベリー&オリッチという3人のトライアングルに遠慮している気がします・・・。

a0094449_8455482.jpgD11Bを見て思ったのですが、ラムたんはリーダーっていうタイプじゃないと思うんですよね。対外的な意味でのキャプテンはもちろん勤められるとおもうけれど、その実は、リーダーを支える方だと思う。つまり、懐刀だと思うんですよ。私が人事担当だったら、本当はブイテン兄を仮カピテンにおくんだけれどなー。バイヤンは世代交代に備え、「リーダーであるキャプテン」養成もしていかなくちゃいけないんじゃないかな、と思います。
ま、ラムたん自身がムリにリーダーになろうとはしなくていいと思っているのではなかろうかと見えるのは私だけでしょうか?


さて、本戦で成績がよかったのは、当然ながらブイテン兄(1点)、それからレンジング(2点)。
あとは3とか4とか・・・・。オットルくんのところでは「出たけれど、そこ、ボメのポジションだから。(出られるのも)そんなに長くないから。(←超脳内勝手訳)」と書かれていました。
a0094449_8464445.jpgはあ・・・。なんか、オットル君は腰が引けてるというか、頭と足先の意図の伝達がおっとりしているというか・・・。だから見ていると、一人リズムが違っていて、それが周囲の不安につながるのかなーって。でも、本当についていけないわけじゃないと思いたいのですけれどねー。1.5軍の試合あたりでもう少し(持ってるはずの)本領を発揮してくれるといいのですが・・・。守備型を目指すというんだったら、やっぱり鉄板みたいになるとかね・・・。


がんばれー、オットルくん!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/9002279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toramutti at 2009-09-23 23:56
ゴメス君やミロ(どうして、ゴメスには君で、とか突っ込まにゃいでにゃぁ)と抱き合ったシーンのラムたん・・やっぱ、ちっこいなぁ、と思ってしまいました。
ゴメス君、すごいチャンスで、まるで手抜きやん、というヘディングシュートをして、もろだめ・・・。
ブイテン、よかったですわぁ。
Commented by eastwind-335 at 2009-09-26 14:06
虎ママさん、こんにちは。

そう、ラムたん、小さいですよねーっていうか、デカい人たちが増えました。
ゴメスは辛いところに来ているかも。どんな状態でもチーム愛で乗り切ったブイテン兄とは違うでしょうね。まだ若いし、自分を試したいと思っているでしょうし。しかし、EM08時も思いましたが、FWにはしては繊細なのでしょうね。
by eastwind-335 | 2009-09-23 08:46 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る