カピテンだけどリーダーじゃない!

4試合連続、試合内容はどうであれ、勝っているバイヤン。
昨日は、CLを録画してあったものをDVDに焼きながら観戦(というのも、高速ダビングするには長時間の収録だったもので)。途中、ミュラーを誉める話のなかで、CL出場のためには、自分の下部チームもしくは同じリーグの養成クラブを経た選手が一定数いなければならない、という規則があるという話がありました。

王様マドリなんてギリギリなんじゃないのー?などと、可愛げのない気分でその話を聞きながら、ふと、思いました。
オットルくん、だからいつも遠 征にも連れて行ってもらえるのかも?

19歳から二十歳にかけての10日余りの間のミラクルな活躍っぷりに私達に「自前の次代が育ってる~」と安心させてくれたミュラーの台頭もスゴいことですが、おっとりオットルくんだって仕事してるもんねー(守備的な選手といいつつ、不安一杯にさせる、というお仕事も含め)。
誰も何も言わないから私がいいますけれどー、ミュラーの1点目はですね、オットルくんの機転の利いた「おっとりころころパス」のおかげなんですからねー(いや、コースを替えてシュートをしたミュラーの才能が決めたのだけれど)。

さっきまでやっていたガオラさんの試合、ミュンヘン地下鉄事件の犠牲者を悼む黙祷からはじまりましたね。
文字ニュースを読んでからきいたためか、ウリおぢさんの話、かなりわかったような気が(←気のせい、気のせい)。ラジオではわからなかったけれど、そうか、ウリおじさんが話していたのね、とか、やっぱりテレビのほうが音がクリアーだななどと思いました。

それから、この前の写真、ブットが左端だったから試合前かと思ったら、コイントス後に黙祷があったということもわかりました。となると、ロッベンがラムたんの横に立っていても、まあ、うん、仕方ないことかもしれません。
コリアンダーさんやきゅん子さんのところでコブタちゃんが泣いていたかも?という記事を読みましたが、テレビ見て、やっぱり涙してたのがわかりました。

この一連のセレモニーを見て、契約前に移籍する選手の多くがウリおじさんのことを悪く言わない理由がよくわかりました。ほんと、いい人ですよね。もちろん、チーム運営のために裏技をいっぱい使っていることでしょうが、こういう時に話す内容、態度から、他の人にはマネができない素晴らしいマネージャーなんだなあ・・・と。ああ、この大変な時期に引退だなんて・・・はあ・・・。

さて、そのウリおじさん、ラムたんが「ボクについておいで!」とならないところにイライラしている模様・・・。D11B新作では、そんなウリおじさんの苦悩と「うさラムたん」ならぬ「うらラムたん」が紹介されています・・・!!!!

ラムたんも1年かけてようやくD11Bでレギュラーになったかと思いきや、ウサギの被り物姿。しかも知らぬ間に「Baby Face Lahm」という芸名までつけてもらっていて・・・、思いっきりイヂられてます(NYでその週の新作をチェックしていたら、小動物系キャラものが意外と好きな家人に見つかり「ねー、ねー、そのウサギの人形、誰?なんでウサギなの?誰なの?」としつこかったなあ・・・。この週はまだ変なコードネームがついてなくてよかった)。
真っ赤になってるウリおじさんにうさラムたんが「ぼ、ぼくはラーボー(ラーモとも聴こえる Lahmo?)」とヘタレ状態。どうにかしろ、と言いたげなウリおじさんに、ミロは「ラムたんは今日もカピテンだから」と答えると「でも、まだリーダーになってない!」とウリおじさんの不機嫌な声。チーム内での立場危うし、なラムたん、みたいですね・・・。
でーも、へいきだもーん・・・。だって、赤っピテンボメさんはまーだまだ・・・・。
ここから先はぜひビデオで!姿はないけど赤っピテンボメも出演(何を言ってるかまったく聞き取れません~)のこのビデオ、必見です。
(あ、今週のレーマンじーさんのゴール日記(勝手に命名)もありますよ)

ラムたん、がんばれー!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8998491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-09-22 14:05 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る