21世紀の太陽電池は30分が限度

今日みたいな日に、生中継がないなんて!!>痛みに強いワタクシです

この借金状態はいかがなものか?!?!と試合終了後には不安になっちゃった。

こんなチーム状況なのに、まだ、どっかのチームの誰かを狙ってるとかいうニュースがスポナビあたりに流れると「オレオレ詐欺とあんまり代わらない口調で誘ってるんじゃないか」と心配に。来て損したと一部の選手が思い始めていたらどうしよう・・・。自分も悪くないかと反省していてくれるといいのだけれど、オレは悪くないとか、まさか、思っちゃないでしょうね?

聴戦3年生のワタクシですが、えーっとえーっとえーっと・・・・・。
こんなにアナウンサーが大声を上げていた試合はないと思うのです。今朝になっても荷造りが終わらなかった家人のために、ワタクシも寝たようで寝ていないため、本当にフラフラで、そして思いっきり意識を飛ばしていたのも事実ですが、アナウンサーの悲痛の叫びで何度も正気に戻った感が。
それとも、家人がいなかったから、少しボリュームを上げて聴戦していたからでしょうか?いやいや、さすがに隣近所のこともあるからすぐにいつものボリュームに戻したし・・・。

何があったというのでしょう。
あー決まったのかな?!と思いきや、結局決まらず・・・。そして、マインツが肝心な時に点を重ねていく・・・。

点数を返したとおもいきや、それはオウンゴールだった。2-1になったにもかかわらずの絶望感・・・。ミュラーがすごく頑張っていたのはわかりました。いや、どっちにもミュラーがいたのでした。バイヤンは攻撃隊に、マインツは守護神として。

もう最初の30分まではよくやっていた、というのはナシにしてほしいけれど、あんなウルトラ隊員みたいなユニが(いや、今節はアウェーだから着てないでしょうけれど)いけないんじゃないのかな?
「21世紀の太陽電池は30分」って私だって見出しをつけたぐらい、スタミナのない試合が続いています。
最初の30分はよかった、というコメントを今日も言う人はさすがにいないよね?(怒)。

クローゼの不調も気になりますが、そこまでしてゴメスをフル出場させなくてはならない理由があるのか、今日の中継アナウンサーの絶叫を聴くと、誰が悪いんじゃなくて、みんなが悪いんじゃなかろうかと。早く映像を見たいと思うのですが、ガオラさんの放送は、ワタクシの国外脱出のあと。ネットで視戦された方々のブログをあとでじっくり読みたいと思います。
バイヤンも人の子ですから、連勝できないのは良いとして、本当に反省会を開いているのか?!

ラムたんは、こんなときにキャプテン(仮)として負け専コメント担当になって、かわいそうな気がしますが、でも、こんなときだからこそ彼にはがんばってほしいと思うのです。ピッチで遠慮しないで声を出しているのか、東風せんせいはほんとに心配です。

今日ほど、ハーフタイム、試合終了後に流れる「南の星」の歌詞「健やかなる時も病める時も共にありて・・・(超勝手訳)」を大声で歌いたくなることはありませんでした(いや、実際には心の中で大きな声で歌うのですが←だってオンチだし、近所迷惑だし)。1年かけてリベリがいなくなっても勝てるチームに仕上げるのならば、それはそれでいいよ、という気持ちに。

しかし、こんな展開になってしまったら、私の高校ではみんなバリカンで頭を丸めるところですが、どうなんでしょうね・・・。

追記:どうもバイヤンのコメントを読むと、後半はがんばった、といいたいらしい。ってことは、カラの太陽電池の充電には最低30分かかるってことなんでしょーか?そうじゃなくて、フルにした電池を背負ってきてくださーい!!!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8848692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-08-23 00:59 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る