馬の頭

家人が見つけてきた内モンゴル出身アーティストによるコンサートに行ってきました。
「公共施設でしかもタダ」というので、ひょっとしたら、留学生たちのカラオケ大会みたいな感じだったりして、なんて思っていたのですが、いやいやいやいや。

a0094449_2115960.jpg一見すると、某相撲取りの宴会シーンみたいですが、この方、国家一級資格保有者ですから!
声の響きといい、厚みといい・・・。素晴らしかったです!

a0094449_21162048.jpgですからぁ、カラオケじゃないですよ。伝統的な歌唱方法(息継ぎの回数が少ない)で歌うモンゴル民謡なんですよ。
後ろの馬頭琴奏者も、単なる伴奏者じゃなくて、やっぱり国家一級の人なのだそうです。彼のコーナーもありましたが、素晴らしい演奏でした。

a0094449_21175092.jpgホーミー聴いたり、馬頭琴の演奏を聴いたり。


若手アーティストたちもやってきました。
a0094449_2118203.jpgオーソドックスな演奏ももちろんできますが、やっぱり若者。今風にアレンジしたバンド活動もしています。リンゴちゃんのところで買えるようですよ。


a0094449_21194342.jpgホーミーも上手かったけれど、自作の歌を歌うときはもっとノリノリでした。ウエスタンブーツみたいな足元にも注目です!

a0094449_21213513.jpgこちらはモンゴルの琴。21弦あるそうです。


a0094449_21221476.jpg涙なくして読めない「スーホの白い馬」はこの馬頭琴の由来の物語ですね。でも、私が小学校に入学した時にはすでに中学生になっていた家人は「知らん」とのこと。

あまりお客さんは入らなかったようですが、でも、あれに満足できなかった人は一人もいないのではないでしょうか。
a0094449_21261415.jpg服の展示もありました。勧められて着ていたみなさんはモデルのように背が高くてスタイルがよい人ばかりでした。それを見ていたら「私も~」とは言えませんでした(笑)。

a0094449_2142425.jpgこちらは内モンゴル相撲の衣装。表に見えている模様は着用時には背中に来ます。モンゴル相撲の時には足の裏以外がついたら負け、と聞いたことがありますが、つま先のところが上がっているのは、そのせいかしら?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8561036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-07-04 20:48 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る