スロー(すぎる)ライフ

10年以上使った炊飯器のスイッチが入らなくなり、新しい炊飯器を購入しなくてはならなくなり早1週間。土鍋でおこげつきのご飯を楽しんでいます。
先週は夕食を作らない日のほうが多く、週末はなんだか疲れを覚え、土曜の夕方、お習字の帰りに量販店へいくつもりだったのに、気付いたら自宅最寄り駅に下車していました(汗)。昨日は天気がよかったのに、気付いたらもう夜でした(涙)。
炊飯器のカタログはもらってあるのですが、いろんな種類があるから悩んでしまいます。しかも、ご飯を炊いたら土鍋のそこに焦げつきができ取れません。使い倒して来シーズンになったら新しい土鍋を買うことを決心。
a0094449_20213683.jpg>こげの上にこげ。
こうなると、炊き上がったごはんについてくるものが「おこげ」なのか「焦げ」なのかわからなくなります(汗)。

ということで急いで炊飯器を買う気も失せてしまった私。家人からは、ネットで買えばいい、と言われるのですが、ワタクシは白物家電を実物を見ずに買うのは抵抗があり・・・。
家人も一応は鍋でご飯が炊けるのですが、やっぱり炊飯器でのほうが頼みやすい。今週は早く帰宅できそうなので、水曜あたりには炊飯器を買おうと思います。うーん、でもどんなのがいいのかなあ。店頭でチラとみたのですが、10数年前に比べ、5.5合炊きの炊飯器、なんだか底面積が増えてませんこと?ということで、決めかねている毎日です。

言い訳かたがた家人に「スローライフを楽しむのもいいんじゃない?」といったら「スローというよりはグズ」と突っ込まれました(凹)。

スローライフといえば、私、新しい食材にチャレンジしました。
先週のことですが、ついに某所で今年初めてのルバーブをみかけました。
a0094449_19443335.jpg

まさか、こんなところで・・・という場所でしたが、毎年みかけるお店ではまだ登場しない。今年は絶対にルバーブを買おうと思っていたので、チャレンジで300グラムほど購入。

でも、私が思うルバーブっていうのはもっと茎が赤いんだけれどなあ・・・。

私がルバーブなるものを知ったのは小学校4年生の時。アメリカにしかないモノだと思っていました。というのも、この名前を知ったのは、ローラ・インガルス・ワイルダーの『はじめの4年間』(岩波少年文庫)だったから。ローラがアルマンゾと結婚して最初の収穫の時に手伝いに来た男性たちに出した昼食のデザートがルバーブパイ。慌てていたローラが砂糖を入れるのを忘れてしまったため、最初の一口は相当酸っぱかったのを、一人が機転を利かせて「めいめいが好きなだけ砂糖をかければいいのさあ」と慰めるシーン。どんな酸っぱさなのかと思ったものです。
実際にルバーブのジャムを食べたのは、それから20年近くたってから。上田に遊びに行った時に連れて行ってもらったジャム屋さんでみつけてすぐに買いました。食べる前から、ローラのそのシーンが頭にあるものだから「スッパイはずだ」と思い込んでいて、一さじ舐めて、案外甘いものなんだな・・・と思ったり。
ルバーブのケーキは昨夏、虎ママさんとStuttgartのホテルのカフェへ行ったおりに食べました。味ももちろんですが、rがたくさんつくから、発音が難しかったのも思い出です。

さて、お店でも作り方を教わりましたが、ネットで検索したところ、白ワインを入れるといい、レモンはいれなくてもいい、ということで、家にあるものでつくってみることに。
a0094449_19453635.jpg


a0094449_1950562.jpgただ切って煮たら良いだけ(ただし、灰汁とりは必要)。で、一瓶分ができあがりました(写真は瓶に入りきらなかったもの)。レモンを入れなかったので「甘酸っぱい!」という感じはしませんでした。なんせ、もとのルバーブが青々としていたので、仕上がりもこんな感じに・・・。ちょっとイメージと違うけれど、でもヨーグルトなどにピッタリ。

今度は赤いルバーブを見つけ、レモンと砂糖だけで作ってみようと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8372203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by terrarossa at 2009-06-08 22:43
 おお、ルバーブジャムだ!私も何年か前に、地元で栽培している方からいただいてジャムを作ってみたものの、やはり写真のようなくすんだ緑色になりました。
 赤いルバーブは、もちろんそういう品種(赤色種)なのですが、ルバーブはもともと寒いところの植物で、関東近郊だと、赤くなる品種を選んで栽培しても、育てにくい上に、そもそも気温が高いと鮮やかな赤にはなりません。とすると長野か北海道のものか、輸入物か……赤いのを手に入れるのはけっこう大変かも……いや、東京だったら、探せばどっかに売ってるかも?
Commented by オカジ at 2009-06-08 23:11 x
土鍋ごはんいいですね~。あのおこげがおいしいんですよね。土鍋ごはんに憧れるのですが、使用頻度とスペースの考慮から、わが家には土鍋がありません。ほぼ同じ理由で炊飯器もないので、多目的のステンレス鍋でごはんです・・・鍋だと炊飯器より早く炊けるし・・・と思っているわたしには、スローライフはムリかもしれません。
ルバーブって日本でも買えるんですね。このふしぎな食材と最初に出会ったのがドイツだったため、わたしの中では「らばーば」として定着してしまっています。とってもすっぱいらばーばくーひぇん・・・久々に食べたい気分になりました・・・が、ワタシの場合、どこかで売ってるのを探さない限り、永遠にニホンでは食べられそうにありません・・・。
Commented by himekagura at 2009-06-09 01:36 x
ルバーブのジャム、作られたんですね。すごい~。
私はあんまり生のルバーブを見かけたことがありません。たまにドイツで見た時は確かにもっと赤かったような、、。
ジャムだけは日本製も売ってるのを見かけるので(たしか長野産とか)やっぱり寒いところの方がよくできるんですかね。
Commented by sandonomeshi at 2009-06-09 03:05
日本ってほんとに何でも作っちゃうんですね。それにしても100円/100gのルバーブ!!!こっちではシーズンなら1ユーロ/1Kgぐらいですよ。色のことで話題になっていますが、こっちの赤いのもの表面の薄い皮だけで、剥くとくすんだ黄緑色なんですよ。ほら、以前東風さんがリンゴでやっていらしたように皮を取っておいてティーバックとかに入れて一緒に煮るとか・・・。こちらでは色をきれいにするためもあるのか、ルバーブだけでなく苺と一緒にジャムにしたものが多いですよ。
Commented by toramutti at 2009-06-09 21:38
こちらでも出ています。こっちのはもっと、太いような・・。
私はジャムはしないで、ジェイミーオリバーのレシピで、豚肉と一緒にオーブンで焼くご飯をします。旬がおわらないうちに一度、やらなくては。。。

土鍋でご飯を炊くと美味しいでしょうねー。実は数年前に無印で小さいのを買ってもってきたんです。でも、ガスでないとやはり使いこなせず、ガスコンロをもつKerstinにあげました。
Commented by eastwind-335 at 2009-06-11 06:58
terrarossaさん、こんにちは。

私も以前みかけたルバーブは赤かったのです。でも、ここのお店(地元の路地野菜)は写真のようなものでした。そういう種でもあり、気候によるものでもあり・・・なのですね。
信州野菜を取り寄せ、というのもチャレンジとしては面白いかも、と思います。実は職場近くにどうも信州で野菜を仕入れている八百屋があるんです。そこに時々ルバーブが入っていたのですが、今年はまだ。売れないものは置かないようにしたのかしらん。早く帰宅できる日に、おじさんに聞いてみようと思います。
Commented by eastwind-335 at 2009-06-11 07:08
オカジさん、こんにちは。

私は土鍋を「ナベ」以外にも使っているんです。ほとんど、フライパン代わりのシーズンもあります。だからこげやすくなってしまっているのかも(笑)。
ステンレス鍋であれ、ちゃんとお鍋でご飯を炊いていらっしゃるとは!こういうのがスローライフだと思います。やっぱり、寝ている間または働いている間にご飯を炊いておいてくれる炊飯器は私の「スローすぎるライフ」改善のためには必要な気がします。
Commented by eastwind-335 at 2009-06-11 07:12
himekaguraさん、こんにちは。

私も職場そばの八百屋でたま~に見かけたことがあったぐらいで、信州にいかないと買えないんだろうなと思っていました。
まさか、こんなところで!とちょっとびっくり。そこは珍しい西洋野菜の栽培にチャレンジしている農家も出店しているお店なので、また機会があったら行ってみようと思います。
長野はルバーブ消費のためにがんばっていた時期があったと思います。特産、とまではいかないけれど、じわじわと知名度があがってきているかも?!大黄ですから、漢方には使われているんですよ。
by eastwind-335 | 2009-06-08 19:49 | 料理 | Trackback | Comments(8)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る