あと1試合だけ

わりと頻繁にブログは更新しているのですが、実は、ちょっとこの頃低めの気分なのです。

物悲しさを覚えるというのでしょうか・・・・。
仕事が忙しいので、夜になると疲れるのだろうと思っていたのだけれど、。

わかりましたよ。私、6月7月がコワいんだろうなって。
07-08シーズン前は、WM06の復習(しかも試合があった日にその試合DVDを見るという、テンションあがりっぱなし企画)。
08-09シーズン前は、EM08があり、7月はちょうどいい息抜きになったわけで・・・。

でも、今度の6月7月って・・・何があるんでしょうか。
アジアツアーだって、上海止まりだし。

そして、もう一ついえば、私、クリンシーがあの時期で解雇、カントク交替になったのも、なんだか、低めの気分の一因なのかも。
そりゃ、わかってましたよ、クリンシーは今季でオシマイだろう、というのは。でも、ここで換えないんだったら、シーズン最後まで行って、戦犯である彼をケチョンケチョンに言って、それで解雇!と思ったら、あの時期なんだもん・・・。

カントクが変わったら、ポ王子がイキイキとしてきたのも、嬉しい反面、もの哀しい気分に。
ニヤニヤするな、とか、チャラチャラするな、とか、アレコレ言われてきたポ王子。もちろん、使いたいときに風邪ひいたり、怪我したりってこともあったけれど、それほどでない時には「調子が悪い」と彼のことを決め付けたクリンシーたち。
ケルンに戻ってからの彼、日本語ではなかなかチェックできなくなるかもしれませんね・・・。それも哀しい。

さて、代理のおジイちゃん監督効果もあって勝ち続けていたものの、ちょっとヒヤヒヤだったんです。負けたとき、大変だろうなあ・・・って。おかげさまで、まだ負けはないけれど、昨日、いよいよ引き分けちゃった・・・・。
昨日の試合、なんでしょーか?!ラジオでもわかりましたよ。
しかし、いくらプロとはいえ、勝ち続けるのは大変ですよね。負けなくてよかったとでも言ってあげるべきなのかな。ラムたんの名前は結構でてきていたけれど、どうだったのかしらん・・・。結構チャンスはあったようなのに、決められない、決まらない。ホッフェンハイムのティモがよかったのか、そういう彼にやすやすと取られてしまうようなゴールしか彼らは決められなかったのか・・・。でも、私が意識をもって聞いていた時には、惜しいことはたくさんあったけれど、引きこもりみたいなことにはなってなかったみたいだし(全体にバイヤンは攻撃的だったように聞こえました)、なんせ追い越されたのを追いついたっていうのは、これまでの彼らにはできなかったことですもんね。これがクリンシーだったら、負け続けだったかもしれないし・・・。

そして、ここ数試合は勝ち試合だったので、コメントが文章化されなかった負け専コメンターラムたんが試合後に登場!私の気持ちを代弁してくれてますから、そのまま貼り付けておきます。
フィリップ・ラーム:「得点チャンスからいけば自分たちはホッフェンハイムを上回っていた。信念があり、チームは全てを試みたんだ。とくに前半、明らかにリードしなければいけなかった、そして後半もいいチャンスがあったんだ。シュトゥットガルトとのホームでの一戦は、勝利だけが大切、勝つことは難しいことだよ、シュトゥットガルトは調子がいいからね。このゲームに勝たなければならない、それからどうなるかが分かるんだ。」


あと1試合・・・どうなるんだろう、彼ら。

もっと心配なのは、来シーズンからのカントクのこと。バイヤンとうまく化学反応できるのかしらん?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8286761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-05-17 05:53 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る