ちょーむかつくっ!

ちくしょー
ちくしょー
ちくしょー
ぜったいに2ndレグでは負けんなー

とバルサン戦を見て思いました。メッシやっぱり上手いよねーといいつつも。いや、このCLは、ひょっとしたら解説者との闘いになるかもしれません・・・。

n-elleさんのところで、この試合、倉敷さんが実況だったと読んだので、絶対そうだ!と思っていたのに・・・・。放映会社が異なれば、コメンテータだって変わるわよね・・・。
予約録画してあるから・・・といろいろなことをしてから帰宅したら、後半も始まっていた。
先に帰宅していた家人に「これ、倉敷さんが実況らしいよ」といい、チャンネル権を譲ってもらいながらお夕飯の準備。
「ひどいなあ、これ」という家人の声。
「ああ、なんせ前半で4-0だから。倉敷さん、選手名、連呼してる?」と応えたら
「ちがうよ、解説。これ、副音声かなにか?もっと普通の解説ないの?」

倉敷さんもやさしい声で時々キツーいこと言うけれど、なんのことやら、と思ってあらかたの準備を終えた時点でテレビ前に戻ると、聴いたことのない声。彼じゃない!日本向けの主音声、つまり日本語の解説は、ええ、サッカー解説やライターとしてその筋じゃ有名なゲル子さん。そりゃあ、これはバルサンTVだからね、本来の主音声(スペイン語)がバイヤンを煽るのは理解できないわけじゃないけれど、日本語でもそうなるんだー・・・とほ。
私は初めてこの人の解説を聴きましたが、うーん、「飲み屋の解説」はいらないんだけれど、と思いました。
そりゃあ、バイヤンはライブで見る以上にオイオイ試合だったことがわかりましたよ。
(試合結果をわかっていて見たのは、負けようと勝とうとやっぱりバイヤンの試合は見たいし、日本語だったら聞きながら見ることはできるし、さぞかしドイツ通の解説者の役立つお話も聴けるかと思って、なんですよ、バートさん!)

しかし、昨晩の我が家が呆れたのはバイヤンにではなく、ゲル子たちに・・・でした。
まあ、解説するような内容の試合じゃなかったでしょうけれど、そこまで言うか!という感じ。
実況アナまでいい気になった発言で(妙な笑い声付き)、二人の声質が似ていることもあり、どっちが何を言ってるかわからない状態でしたよ。だんだん「空パーでやった中継と比較したーい!」と思えてきました。空パー版をお持ちの方、どなたか貸してくださーい!
(薄謝進呈)

私以上に、うちの家人は煽るようなコメントが大嫌い。「こんな下品なのが解説するって、この業界、人手不足?」と。時折、辛らつなことを言うんだったらわかるけれど、ずーっと言い続けるっていうことは、こういうことしか言えないヤツなのかな、と思って・・・と。そして、次もこの人が解説だったら、自分は見たくないとも・・・。>次もそうだって、HPで確認 orz・・・.

うーん、スペインでは、こうやってクラブチームも持つ放送が煽るんでしょうかね?
そして、今みているのは、バイヤンTVじゃなくてバルサンTV。
がまんしなくちゃいけないんだろうなあ・・・。

勝ちとか負けとかはどうでもいいから、ホームでは恥ずかしくない試合をしなさいよ、と木曜の大敗後は思いましたが、ゲル子の発言を聞いているうちに
「若手で来るっていうんだったら6点とって勝ってやれ!」とテレビに向かって叫ぶワタクシ。

にしても・・・・オットルくん、うーん、もう少し早く走るとか、パスを上手くつなぐとか、まわすとか、地道にがんばるんだよ・・・(号泣)。

ちなみに、ドイツじゃバイヤンの不調が「仏像の呪い」といわれているそうですが、我が家じゃ「ウラワの呪い」説が。というのも、親善試合終了後に、バイヤンご一行さまは、グランドを1周することもなくロッカールームへ戻ってしまったんです。で、私以上にがっかりというか、この件について問題がある、と言っているのが、うちの家人。「出稼ぎだろ、営業だろ?1周したら子供たちだって喜ぶと思うんだけどね~。挨拶っていうのは大切なんだよ」と。さすが、なれない営業で苦しんだ経験のある人間、とちょっと家人を見直した夏の夜だったわけですが、以来、バイヤンが1位に立てないのを私が口にするたびに「そりゃあ、挨拶ができないチームだからな」って・・・。うん、その通りかもね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8172404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コリアンダー at 2009-04-14 08:13 x
嗚呼~、カ●●が炸裂しましたか。それはそれは不快だったでしょう(T_T)よくは知りませんが、あの人はドイツ通ではありますが、バルセロニスタらしいです。●ネ●が解説するバルサの試合なんて、相手がバイエルンじゃなくてもゴメンこうむりたいですわ。聞くところによるとリヨン戦の時もひどかったらしいです。でも東風さんにとってはそれしかなかったんですよね、可哀想に(涙)
Jスポでブンデスを放送していた一時期もひどかったのですが、最近はだいぶマシになってきたと思ったのに、そうですか。バルサTVだからと思ってタガが外れちゃったんでしょうかね~。
良かったらスカパ版ダビングしましょうか?柱谷さんの解説で、コメントしようがないあんなバイエルンにも、何か言うことを見つけようといっしょけんめいで、とっても優しいですよ。(ただしひどい怠け者なので即日配達、とは行きませんが)なんだったら例のラムたんのユルユルトレーニングも付けちゃうよ。
ちなみに、仮にバルサが全員Bチームで来たとしても勝てない気がします、悔しいけど。。。
Commented by rubi at 2009-04-14 15:31 x
おじゃまします。私もカ○コのしゃべりに気分悪くなりましたよ~。バルサTVは基本的に奴がゲスト(解説じゃないらしい)なのです。プロの解説とは違うスタンスで・・・とか何とかどっかで言ってたような。
まあ、負けたのも哀しいですが、カネ○にだけは言われたないわ!と一人つっこみしておりました。
Commented by どら at 2009-04-15 00:52 x
さすが東風さんの旦那様。良いことを仰います。
きっと挨拶しない無礼さを仏様がお咎めになったのでしょうね。
結局、仏像の呪いになってしまいますが(笑)
そういえば、初来日の時はシュヴァが手を振りながら一周してましたっけ。怪我で試合に出れない埋め合わせでしたけど。

2ndLegはドイツの盟主の意地を見せてほしいところですが、監督を見てると酷な注文のような気もします。
せめて、選手一人一人に悔いのない試合をしてもらいたいです。
Commented by toramutti at 2009-04-15 17:59
tazがクリンスマンを徹底的に笑い者にしたんですが、バイエルン、訴えましたよぉ。大人げないなぁ、とほほだわ。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-18 05:49
コリアンダーさん、こんにちは。

お返事遅くなりました。
おねげーしますだ!そちらのサーバーのお引越が済んだころ、メールしますね。
だいぶん、衝撃からは立ち直ったものの、チーム事情を考えると・・。ラムたんのゆるゆるコーチングが必要な気がします。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-18 05:54
rubiさん、こんにちは。

お返事遅くなりました。
ブログ拝見しました。私とおなじことを思っていた方がいらして、ちょっと心強くなりました(負け試合だから、チトこちらにも負い目があるし)。
ゲストなのか、ゲル子は。
今日も、放送ありますね~。こうなったら、2ndレグもみてやるー(別人来臨中)。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-18 05:59
どらさん、こんにちは。

お返事遅くなりました。
時々、家人って思いがけないことaboutバイヤンな状態になるのですよ。いまだに、「あいさつしろ、あの仏像は飾り物で魂はぬいてある、って手紙を書いてやれ」とけしかけてくる、ちょっとシツコイ君です。何語でかけと?へんなドイツ語じゃ、相手にしてもらえないでしょうし・・・。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-18 06:02
虎ママさん、こんにちは。

お返事遅くなりました。
tazの記事そのものは読めなかったのですが、イースター前の金曜日にひっかけたあれのことでしょうか?としたら、復活ありってことになるんでは?(←ばかばかファン状態)
違う記事のことかしら、やっぱり・・・。
by eastwind-335 | 2009-04-13 20:44 | バイヤン | Trackback | Comments(8)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る