こんなところでメツが

レンジングは試合の日の昼に「きょうは、ブットだから」とクリンシーに言われたんだとか、そういうニュースが出てきましたね。今回限りと言われたそうですが、えーっと、えーっと・・・。来週のホームでの2ndlegに起用されたとして、本気モードでないかもしれない強豪との試合でも、経験回数にいれることになるのかしら。
で、tzを見ていたら、バルセロナからキーパーを獲得するかも?という記事が。
バルセロナといってもバルサじゃなくて、Espanyol Barcelonaというところなんですって。
私にとって、この記事は、内容よりもこちらに目が行っちゃいました。

a0094449_810251.jpg

右が、獲得したいなーというカメニさん。左は・・・レアルの21番、そう、メツですよ、メツ。
メツっ!いつの試合の写真だろう・・・。
メツは知らぬ間に、4月になって先発で試合に出たらしい。こっそり見ているブロガーさんのところに記事があり、そこからレアル(日本語版)のHPにインタビューがupされていた。ちゃんと契約は全うするんですって。




昨日、久しぶりにブンデスの師匠と熱くサッカーを語り合いました。
じゃないや、熱くなっていたのはワタクシで、師匠は、物事は360度から見なくちゃならない、といういつものスタンス。

先日の代表とバーレーンとのWM10予選。93分にスコットランド出稼ぎ者たちがやった時間稼ぎのボール回し。あれ、途中でボールをカットされ、最後、中澤がオナカにボールを隠すようにして止めたからよかったものの、絶対に同点にならない、とはいえない状態だったことを私が思い出した時のことです。

師匠によると、なんでもラジオでは(ラジオでも中継があるんですね!)卵かけ解説者が「大人の試合展開ができるようになったんですね」と言ったんだとか。

「100年早ぇーんだよっ!」(木曜朝以来、別人来臨中)
な気分が再びフツフツと・・・・。ま、元プロ選手であるプロの解説者が「大人の試合展開」と言ったんだから、シロウトのワタクシが四の五のという筋合いじゃないかなあ。
でも、64年前に13歳と評された日本人、私はとりわけサッカーに限って言えば、やっぱり13歳だと思う・・・。
解説者も13歳だよ、これじゃ。ボールを獲られたときに「自己責任」という言葉を彼らに言って欲しかった。

ワタクシの「がんばろうよ、オットルくん」ネタにも付き合ってもらいました。というのも、まあ、ラムたんが欠場だったってこともあるのですけれどね。二人で、あのチームは若手(23歳前後)は、言葉が通じない国から来たか、ユースあがりじゃないとやっていけない何かがあるにちがいない、というところで一致。
クリンシー更迭かなあ。師匠は来週ってことだってあるぞ、という話でしたが、かといって、いま、ここへ来ても良いってカントクいるかしらん・・・。ビリッチだけは止めて欲しいです!と言ったら、師匠大うけ。ま、アニキタイプはしばらくバイヤンも頼まないでしょうけれど。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8163242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by どら at 2009-04-11 17:20 x
メッツェ、試合に出てるんですね。良かった。

GK獲得については、ヴォルフスブルクのベナーリオを狙っているという記事も出てますね。
どうもバイエルンのGKネタは、マスコミの定番となっているようです。
バイエルンは監督とGKについて書いときゃ外れはないだろ~的な。
そうそう、bildによると次の監督候補は、ヒッツフェルトとブライトナー、それにショルらしいですよ(笑)
私は、少なくとも今季はクリンシで乗り切るべきだと思うんですけどね。

日本代表については、ああいう逃げ方も有りだと私は思いました。
絶対に同点にされるわけにはいかない場合、逃げるというのも大事です。
それでゴールを奪われた場合、当然批判されますが、それは結果論です。
マリーシアがないと言われる日本人選手達が、マリーシアを発揮した珍しい場面だったと思います。

話が、あちこち行ってスミマセン(汗)
Commented by toramutti at 2009-04-11 18:50
仏陀の呪い、ってARDで言っていたような・・・。
どらさんに賛成、このシーズンはクリンスマンで終了すべきです。だって、リーグ戦でおそらくマイスターでしょ。
ドイツのクラブチームは欧州トップとは渡り合えない、ということなんだよ、と肩を落とした(もともとなで肩なんだけど)猪がうちにいます。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-12 14:32
どらさん、こんにちは。
これまではそういう場面でどうしたいのかが選手間でわかっていない試合が多かったので、彼らのプレーはいずれ日本サッカー史に残るかもしれません。まあ、海外で場数を踏んだ選手の勘としてこのあと何が起きても勝てると思ったのでしょうね。結果論として中澤のお腹の下にボールが入ったところで笛になりましたが。それ(奪われること)も想定してのプレーだったのかなあ。

私もクリンシーを今切っても仕方ない気がします。一つは、強運を彼なりにもっていること。もう一つは、カントクがいなくても頭が廻る選手たちが揃ってますから(爆)。まあ、クリンシーが「出られない選手」の心のケアはヨガは金箔仏像やカウンセラーじゃだめなんだ、彼がしなくちゃだめなんだ、ってことを判ってくれてるか・・・。
ショルがカントクになったら、月一だか隔週のDJ放送はどうなってしまうのでしょうね(笑)。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-12 14:40
虎ママさん、こんにちは。

マイスターになれるかはわかりませんが、クリンシーの強運には少々期待しているワタクシです。こんな他力本願状態で極東から応援してます。
まあ、ARDも極東支局がどっかの名刹か東博に取材をして、宗教施設にない仏陀の意味を教えてもらったらいいのに・・・。本当に、あの飾ってあった仏陀をどこにおいてあるか・・・教えて欲しいですよ、バイヤン広報部。
ドイツのクラブチームが欧州トップと渡り合えないかどうかは、一概には言えませんが、バイヤンの失敗は、非ドイツ系に頼りすぎているってことじゃないかな・・・と。昨日知り合った方とも話していたのですが、あのバルサだって昨シーズンはオイコラ状態だったわけですし。もちろん、相対的には、いまのヨーロッパの持つスピード感、迫力が、他国に比べれば量的に少ない感じはしますが・・・。
肩を落としている猪之助さんを虎ちゃんはちゃんと慰めたかしら?
Commented by どら at 2009-04-13 00:45 x
> このあと何が起きても勝てると思った

ボールを回し続けたのは、このあと何かを起こさせないための手段ですから、何か起きても勝てるとは考えていなかったでしょうね。
そのために周囲の選手もボールを奪われないように、もし奪われても奪い返せるように構えていたと思われます。

ショルの監督は、まぁ、ないだろうと思いますが、もし実現したらスタジアムアナのレーマンさんと一緒にアリアンツアレーナでDJをやれば良いと思います(笑)
Commented by eastwind-335 at 2009-04-13 15:41
どらさん、こんにちは。

なるほどー。私はついつい、結果ばかりみてしまいがちなので、どらさんに今回色々と伺って、また新しい見方で代表たちを見ることができそうな気がしてきました!ありがとうございました。

得点コールでレーマンさんの呼びかけにベンチからマイクをもって飛び出してきて「ぬーる!」「びって!」っていうのもいいかも?←カントク、退場ですよね、これじゃ・・・(笑)
by eastwind-335 | 2009-04-11 08:14 | バイヤン | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る