ちびっこ対決はなくなりました

*追記だらけの文章ですみません*

ここのところ、毎晩、残業続き。

昨日は午後4時ごろの会議中に一瞬意識が飛びそうになったほど。
今朝は3時半に起きるつもりだったのに、目覚めたら4時過ぎ!
飛び起きて(正確には家人に「エステじゃないの?」と起こされ)、いそいでUEFAにつないだらもう

2-0

になってました。
a0094449_9504520.jpg私もよ・・・。

しかも1点目はメッシ。開始後9分で1点って、バイヤンが好きなパターン。それをバルサにやられちゃったってことは、「えー、ラムたん早々に負けちゃったんだ・・・・」とチビッコ対決を見逃したのか・・・と思いながらスタメンをみたら、ラムたんの名前がない。バイヤン提供のライブティッカーを斜め読みし、事情をしりました。やっぱり、ふくらはぎがダメだったようです。
本家版HPに「ルシオさんはブラジルチームのキャプテン(>知らなかったっ!)だし、すごいし、それに世界水準の力があるのに、出られないなんて残念だよね」とか「メッシにはまけないよ」と言ってたのに。
a0094449_675149.jpgカンプノウ(変換したら還付脳と出た)の練習の時には、円陣を組むときは、そうか、オットル君が隣なんだ、なーんて思っていたのに(笑)。ランニングの写真もあるので、この写真のあとで調子が悪くなったのかな?長引かなければいいけれど。


それから3-0、4-0と。前半だけで4-0?!オイオイ!

メッシはドッペル。クネ男よりメッシのほうが好きな私としては、やっぱりすごいなーと思ってみてしまいます。それだけに世界のFWと世界の左SBの対決は楽しみだったのに!彼はチョット前(オリンピックあたり)まで、その実力に比して自信のなさそうな、というか遠慮しているような表情に見えたのが、今シーズンになってから、髪を切ったからなのか、チームの状態がよくなったのか、とても落ち着いた表情になってきた気がします。そして!バイヤンのGKはレンジングじゃないんですね。経験を優先したようですが、うーん、クリンシーの考えることは・・・。それともレンジングが、いま、よっぽど酷いスパイラルの中に入り込んだかのどちらかでしょうか。

しばらく試合に集中します。

追記
集中しすぎて、ときどきウトウトしちゃいました。
オットル君、後半から出ていたのね、って途中で気付くぐらい・・・。オットル君、いいところもあったようですよ(ティッカーによると)。
まあ、バルサはノリノリでした。後半はバイヤンも踏ん張ってた感じがします(ウトウトしていないときに)。攻撃はうーん・・・。とにかく5-0にならなくてよかった、と心底思ってます。
2nd legでは勝つとか負けるとかじゃなくて、とにかく「いい試合」をしてほしいです。

そんな時間まで起きていられないけれど、きっと、すぽるとでは、高笑いしてバルサ快勝とか言われながら報道されるんだろうなあ、チッ。

a0094449_9514335.jpg
オットル君、カピテンに自主的にひっついていったのか、これもボランチの仕事と思っているのか・・・。



さらに追記
試合後、もう一度寝たら、モーレツにブットへイラっときている自分に気付きました。私は、へなちょこファンですから、誰かに腹を立てるってことはありませんでした。××だったら押さえたかも、とか、決めたかも、ということは思ったことはありませんでした。でも、今朝の試合(もちろん、私も後半は時々意識を失いそうになってましたが)の4点目はムカーっときました。

おさらい
・メッシがノミよろしく隙間を縫ってゴール近くへやってきた。
・(ゴールに向かって)左サイドに行こうとしたら、我等が赤ッピテンボメがいた。
車は急に止まらない。メッシはパスをだしてボメとぶつからないようにしようとしながら左へ抜けようと。
が、そこは赤っピテンボメ、「抜かさないぞ」とちょっと肩から身体を動かした。
・170センチあるかないかのメッシと、187センチのボメが接触。メッシは車に跳ねられたようにピッチへ倒れこむ。
・その間にボールを受けたアンリがシュート。
・ブット、見送る。

うん、アンリのシュートは凄かったのでしょう。カメラの位置と選手の目の位置は違うから、取るのは難しかったかも。
アンリの前にコブタちゃんかな?誰かいたから止めると思ったかもしれないし。
だけど、私が気になったのは、どうも、ブットの目線はボールじゃなくて、ボメの方向だった気がして・・・。メッシの転倒がセットプレーになるかもしれない、と判断したのかしら。そうなってもおかしくないともいえたし、実際、バルサの選手たちがワラワラと主審によってきます。カントクも第三審判だか線審に食ってかかってましたよね。(訂正←これは17分にレルがメッシとぶつかった際にした行為だったようです。だから、カントクは観客席みたいなところにいたのね)
いずれにせよ、ボールはゴールに入ったわけです。

でも、あれがカーンだったら、とにかく身体を横に飛ばしたはず。
レンジングだって考えてそうしたと思う。
私が寝ぼけながら「うえふぁー、うえふぁー」と接続をしてクレジットカード番号を記入していた時あたりに接触があって頭を切ったそうだから(お大事に!)、突然「ウッ、頭いたっ」と言うことだったのかもしれないけれど。

そりゃ、もちろんブットはもっと危険なシーンをしのいで、5-0とか6-0とか、7-0とか、なかなか更新できない記録を作らないで済んだと思うけれど。いずれにせよ、あの4点目、ブットさん、あなたの見解を聞きたいです(公式本家版には4点目のことではないけれどコメントあり。日本語版はブッチぎってました。なんでだろう)。
クリンシーも「ヨルク・ブットは一番哀れな選手だった」なんて言っちゃいかんでしょーよ。ここ数試合、「MFより後ろは守備がヘナヘナ」「FWから前は攻撃がヘナヘナ」っていうのはわかってる話なんだから。勝ちたい作戦だったかもしれないけれど、こんなんじゃいつまでたってもレンジングは経験をつめないんじゃないかな~。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/8155915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toramutti at 2009-04-09 19:23
バルサ相手には、もっと、がんがんあたれよー、と吼えるドイツ人の隣でテレビ観戦でした。後半はもう、なんか、せつなくなっちゃって。。。
隣じゃ「ボメー、黄色覚悟であたっていけよー」と吼えるし。。
でもねっ、ミュンヘンでの試合で5対0で勝てばいいんですっ。。。
Commented by eastwind-335 at 2009-04-12 14:43
虎ママさん、こんにちは

お返事遅くなりました。
本当に力の差、チームの雰囲気の差を見せ付けられた気がします。メッシほかがスゴく雰囲気よくて、ああ、もう敵いません・・・て気分でした。
ミュンヘンで5-0・・・。オットルくんたち、がんばれー!
by eastwind-335 | 2009-04-09 05:00 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る