うーむ

昨日、目覚めたら朝7時半だったことを反省して、4時半に目覚ましをかけました。

バイヤンの公式を見ていたら・・・。
また一人MFが移籍してくるとか。

昨日、「補強」とかいって、カピテンと同じポジションにいる選手を寒い国から連れてくるとかいう話を読み、ウリおぢさんのカピテンに対する
「圧力がかかっていると感じさせたくないからね。もし彼がバイエルンを選択すればとても嬉しいことだ。もし彼が退団することを決断すればそれはそれでわれわれは理解を示すことになるだろう。だけどわれわれの第一の目標は、われわれが彼にミュンヘンに留まってほしいという気持ちを彼に伝えることだ。」

に「なんなのよ、コレっ!」と青筋をたてたところです。

来るなら、7月1日から来い!ともつぶやいてしまいました。
なんでも、サンクトペテルスブルクの春は素晴らしいそうですが、ブンデスに来たら、その時期に「ホームシックになったから、帰りたい」とか「バイエルンじゃ心を許せる家族や友達がいない」っていっても帰れませんから。同じ国内のケルンに戻るんだって、王子様ですら大変なんですからっ!

で、今朝、目覚めたら、さらに3年間契約で、木のヨハンじゃなかったバウムヨハンが来ると。
どんな選手か知らないけれど、またMFだと聞くと、なんだか落ち着かない。
そりゃあ、月間ゴールに輝いたかもしれないけれど、すみません、うちにだって、試合に出たら結構な率でゴールを決めてるMFが一人いるんですけれども・・・。ええ、試合出場回数は少ないですけれどね。

ちょっとー、オットルくーん、起きてる~ぅ?

しっかし、彼は、「ボクはボランチになりたいから」とか寝ぼけた声で返事してきそうです。腐らない、そこがいいんだけれど、ねえ。いまのところ、お兄さんばかりがこのポジションにいるから、それほど気にならないのかもしれないけれど、トニクロがレンタルで修行に出た今、オットルくんの動向が「やや」気になってます。

ところで、リベリンの時はブイテン兄がいたからいいけれど、このティモシュチュクの通訳は誰がするの?次の補強の時には、ロシア語を話せるブンデスリーガから選ぶ、なーんてことはないでしょうね?
あー、クリンシーの「異文化、外国スキー」病が止まない感じ。いや、それはそれでいいんですよ、ホント。でも、洋服の流行みたいに、賞味期限ってあると思うから。いくらその時はよくても、着ないで仕舞っておいたら、箪笥の肥やしになってしまうだけだから。
かといって、ウニクロみたいに、オーソドックスすぎるのも、バイヤン箪笥のプライドがゆるさないかな?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/7899556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2009-02-04 05:13 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る