こんなこと、あり?

本屋さんで、よく、携帯電話のカメラの売り物の本の撮影は犯罪です、と書いてありますよね。

大きな本屋でよく見かけるのが、クリスマスやバレンタインデー前などに、「ハンドメイド熱」っていう麻疹の亜種みたいなのにかかっちゃう女の子が、堂々と携帯のカメラでパシャと撮影している様子。
ま、ハンドメード関係の本は、レジの死角にあることが多いから、見つからないと思っているのかな。店員は気付いていないのかな?

そういうので作ったチョコやらケーキじゃ、いい結果にならないってば。レンアイのかみさまがみてるってば・・・と思います。

今日はもっとびっくりしちゃうことが。




最近、駅ビルの本屋さんが棚の位置を変えてくれたおかげで、混んでいる店内を右往左往している私です。で、ようやく目的の本の棚にたどり着き、やれやれと思ったら、私が見たいと思った棚の前に一人の女性がしゃがみこんでいます。もう若い感じじゃありません。片手に本、もう片手には携帯。本をジーッと見つめています。

まあ、立ち読みならぬ、シットリーディングなのかなあ、まあ、本を探すのにはジャマにならないので、彼女の斜め後ろあたりに立って、本の中身を確かめていたのですが、私、どうしてもこの女子に違和感を覚えます。

なんでだろう・・・・。ああ、携帯を持つ手が宙に浮いているような感じだからかしら?

うーん、でもそれだけじゃない「何か」があるような・・・。

その彼女は本から目を離すと、今度は携帯の画面をみつめ、親指ほかで勢いよく文字を打ち始めます。

お友達とメールでもやっているのかな?

また彼女は本に目を移す。行儀悪くも、私、つい携帯画面を

メールにしては、送信してる感じじゃないし・・・。あれ?ブログっぽい?

彼女はその本の文章を写しているのでした!模写、じゃなかった、これぞ現代の臨書だわ・・・ともう呆れた、を通り越した状態です。

で、彼女が写していた本っていうのが、失恋だかレンアイの別れの時の心のツラさとその対処法。それを知ってから写している女性の顔を見たら、なるほどなんだかツラそう。
何かあったのかもしれない。
そういう時に出会う文章を手帳に書き留めるっていうのは、心のケアとしては一つの方法だと思うけれど、売り物を写すって、うーん。

もっと哀しい気分になってしまったワタクシです。

しゃがんで、ケータイで写すんじゃなくって、その本を買ってお家でパジャマでも着て、ゆったりしながら読んだほうが、もっと心のためになるんじゃないかな・・・って。まあ、こういう哀しいこと(って決め付けるのもナンですが)はそんな簡単に解決できないでしょうけれど。

ケチるな、自分に投資せいっ!

もし、別に、不幸でもなく、ブログのネタとして臨書してたら、ヤダなあ・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/7863705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-01-28 10:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himekagura at 2009-01-28 11:11 x
本の中身を携帯で激写してる人がいるという噂は聞いておりましたが、実際に目撃したことはありません。世の中にはますます変な人が増えてるんですね~。電車の中であんかけ焼きそばに続く、衝撃の女性ですね、、。
Commented by eastwind-335 at 2009-01-28 22:01
鍵コメ10:25様
す、すみません、そちらのメルアド、週末から見ておりませんでした(汗)。
先ほど、メールを出しました・・・が、もう時はすでに遅しの感もアリかな、と思ってみたり(号泣)。
ご迷惑おかけしました。すみませんでした。
Commented by eastwind-335 at 2009-01-28 22:05
himekaguraさん、こんにちは。
激写するお嬢さんの時は「そんな恋、うまくいくはずないっ!」と内心大声で叫んでおりましたが、今回は連打・連打・連打・・・・。もう、びっくりでしたよ。あんかけ焼きソバもびっくりでしたが、売り物を写すって・・・。
Commented at 2009-02-03 01:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eastwind-335 at 2009-02-04 19:35
鍵コメ01:30さん、こんにちは。
私も、買うか、図書館で借りるかして欲しいと思うんですよね~。もう、本当に呆れてしまって・・・。
by eastwind-335 | 2009-01-27 22:38 | 日常 | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る