新しいカメラ

昨日、霞ヶ関から新橋まで歩く用事がありました。

午後三時過ぎで、丁度良い感じにおなかがすいてきたので、新橋のキムラヤ(ケーキ屋さん)でお茶でもしようと歩き始めたのですが、キムラヤはお休み。
銀座4丁目にあるメガネ屋へ行くつもりだったので、そのまま銀座へ向かいます。

花椿通りを銀座通りへ折れると、この日は歩行者天国。通りの反対側には警備員が誘導している列が・・・・。サイン会で有名な書店の前だからかな・・・。今日は女性ばっかり・・と思いながら歩くと、次のブロックにも女性ばかりの列が・・・。
H&Mでした。並ぶ彼女たちを撮る人を撮る人がいて・・・。

実は我が家、新しいカメラを新調したのでした。家人のIXYはピントが甘い。特に暗いところだとテキメンにだめ。私は、家人のピントがあった時の写真、結構いいなあ、と思うんです。私より20センチ近く背が高いだけあって、風景なんてダイナミックな感じだし・・・。
でも、変なところでセコい家人、なかなか次のを買いません。腕じゃなくてカメラのせいだと何度アドバイスしても「別に本当にカメラが好きなわけではないから買い換えるなんてもったいない。」の繰り返し。

家人の家系、絶対値でモノを判断するので、すぐに「高い、もったいない、ゼイタクだ、安いので良い」と言うんです。それぞれの育った環境を慮る必要があるけれど、実の所、家人だって、「見境なく買い物スキー病」じゃない程度に入手が困難というDVDやCDだと手とお金を尽くすタイプ。それに、外国でコンサートに行った時、みんな良いカメラを持っていたって言っていたし・・・。本当は欲しいはず!
5月に、地上波だとEMのドイツ戦が見られないとボヤいていた私のために家人はテレビの買い替えやケーブルテレビ加入を勧めてくれたんだから、カメラだって共通の口座から出したっていいのに・・・どうして私ったら思いつかなかったんだろう!そうだ、そうしよう!

家計費から出すから、安心して、今、私がもっているものより良い機種を絶対に買ってねと、私が強制命令をしたのが、先月末の休暇で家人が旧ソ連邦某国へ旅立つ10日前。
a0094449_9134561.jpg実家の父がLumixの小型デジカメをもっていて、さすがライカレンズ!という作品を撮るようになりました。父でもそうなるのだから家人でもそうなるはずだ・・・と強く勧めたところ、カタログを見比べ、一応、お店でも触ってみて、ネットで価格比較して買ったのがコチラ。
旅行前の夜の散歩での試し撮りの時に、それまでのカメラと違う!と実感したようで、今回の旅を通じて、このカメラ、彼にとって新しいお気に入りになったようです!
よかったー。


でも、一日に100枚って、写真、撮りすぎとちがいます?


私はこれは家人用と思っていますが、今回、家計費から出費しているのでアチラは共有だと主張。
うーん。実は、このLumixって賢すぎるというか、とにかく考えなくてもピントが合う仕組みになっているんです。感度も高いようで、フラッシュを利用する必要はほとんどなし、押せばよいだけ、という感じです。なんていうのかな、自動改札で使うSuicaみたいなもの。いまだ薄い定期券を愛用している私にはあまりに便利すぎます。もう少し半押しでピントを合わせる楽しみを感じたい・・・・。
家人が比較したレビューの一つに、私の憧れCanonのG10は撮るために考えなくてはならないが、このカメラはただシャッターボタンを押すだけ、撮らされているだけという感覚を持ってしまう、というのがあったそうです。ですから、私に「キミはG10のほうがいいかもね。ブータンに備えて買ったら?」と勧めてくれていますが・・・。それこそ、まだ私のパワーショットは現役ですから!
先月、画廊で一緒になったカメラマン(図録などの撮影からアイドル撮影までありとあらゆる仕事をなさってます)から、デジカメになってから、一球一魂という感じが減っているという話を伺いました。すぐに画面で確認でき、気に入らなかったらすぐ削除。フィルムの時は光の加減やら背景だけでなく、フィルムの持つ特徴まで頭に入れての撮影。しかもプリントしてみないと実際はわからない。拘束時間は限られている、撮りなおしはきかない・・・。「こう撮りたい」と思ったように映すことができたか・・・と現像が仕上がるまでものすごいライブ感があったそうです。それが、いまじゃ、すぐに画面でチェック、ソフトを使ってその場での訂正はちょちょいのちょい。撮影時間はとっても短くなったそうです。しかも、素人でもそのソフトを使って色の調整をしてブログにあげている時代。構図を真似て、ソフトを使えば、誰だって上手くとれるんだ・・・と苦笑いしていました。写真展の写真だって、デジカメでの作品が増えていて、ソフトによる加工だってありうる・・・と。
彼は、時々フィルムで撮影をして、勘を鈍らせないようにしているそうです。
そうそう、私が、パソコンに落とすまで撮った写真、とくにマニュアルで撮った場合にはピントが全体にあっているかはわからないから帰国後にがっかりってこともあるんですよ、と彼に言ったら「あはは、それも一つのワクワクだね!」ですって。




撮り比べのために、この日は新旧2台のカメラを持ち歩いていたのでした。

何かよい題材ないかな~と思っていたら、こんな作品に出会いました。
a0094449_811144.jpg



a0094449_83502.jpg(Lumix L)卵の殻にレースを巻いた作品です。ここは老舗子ども服のお店。
ここサヱグサは、1869年(明治2年)の創業。かつて、舶来のレースをつけた子ども服を販売していた時代もあったそうで、居留地に届くリボンに胸をときめかせてお針子さんが仕立てた服もあったことでしょう・・・・。それをイメージした作品のようです。


a0094449_11113435.jpg(PS A80)
イースターの時にもこういうデコがあってもいいかもしれませんね!
それまでみんな素通りだったのに、私と、これに気付いた外国人観光客がカメラに収めていたら、「うっわー、かわいいー」と携帯で人がパチパチ・・・。


a0094449_8171583.jpg(Lumix L)お友達の出産が続いた時はお祝いにここを利用する機会が何度かありましたが、最近はご無沙汰。
いまもこういう服を着てお出かけ、という子がいるのでしょうか・・・。


a0094449_10454555.jpg(PS A80)こんなお茶目なものも!押してみたかったなあ。でももうそれをするには大きすぎます・・・。


懸案だったメガネを新調し、仕上がるまでマックでお茶をして。いつのまにかコーヒーが180円に!たった3ヶ月前には、もっとコーヒーは安かったのに!甘い小さなパンがあったはずなのに・・・!期間限定だったのかしら。300円でお茶しようっていうのが甘かったかな・・・。
a0094449_10504393.jpg仕方なく、最近CM中のこちらをいただきました。


うーん・・・、多分、次からはお茶のためには行かないな・・・。
a0094449_1195670.jpg



で、この二つ、ほぼ同じところでカメラを構えてから撮った写真。もっと大きさを揃えて撮ればよかった・・・。
どっちがどのカメラか・・・。ちょっとは違って見えます?私のPCではそこのところがちょっと判りにくいので、職場のPCで確認するのが楽しみ(といって、あんまり違っていなかったらトホホですね)。
とにかくピンボケということがおきないのがLumixです。そして、何もしてないのにインテリジェンスアイのおかげで、見た目どおりの色になるのを卵を撮っていて実感。でも、うーん、押せば撮れちゃうっていうのが・・・。
他のダイヤルを多用した撮影などもいずれ試したいものです・・・。
ってか、家人、教室に行って習ってきてくれないかな~?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/7643607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2008-11-09 20:25 x
おニューのカメラ、すてきですね!今後は今までにもましてすばらしい写真が
続々と・・・。共通の口座から、という夫婦愛にも涙です。
Commented by eastwind-335 at 2008-11-10 21:15
akberlinさん、こんにちは。
カメラ、いいでしょう?同じようなタイプのコンパクトデジカメの中では一番軽いようですよ。
共通の口座は、ほら、私だけじゃなくて彼も入れてくれているから・・・。家人がめちゃくちゃ食べてメタボが加速するよりは、良い使い方かな?と。
by eastwind-335 | 2008-11-09 06:15 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る