似たもの同士

まだまだ関が原状態なので、手短に。
(追記:読み直したら、手短すぎて誤解を招きそうな文章になった感があるので、もう少し正確に状況を書き足しました)

昨日はセクションの違う後輩とばったり。お互い打ち合わせに向かう途中。共通の知人からもらった沖縄のお土産を私が買ったものと勘違いしてお礼を言ってくる彼女に「ちがうのよ・・・」と(追記:ドイツへ行ったことを)手短に説明。

(追記:メインイベントはnyfさんのお宅へ途中寄らせてもらって、テレビでカーンの引退試合を一緒に視戦した、と言ったところで・・・)
「ええー?テレビを見るためにドイツへ行った~?!東風さん、それって伝説になっちゃいますよ~!」(だから、テレビで「(追記:日本じゃ放映されない)試合」を(nyfさんのご配慮で)見たんだってばぁ、他にも(翌日一緒に)色々としたいことがあったのよぉ、と言っても、もう彼女の耳には入りません。そして時間切れ)
彼女の中で、東風伝説の新たな1頁が書き足されたようです。

(追記:説明ベタのために一つのことだけ大きく取り上げられちゃって)少々落ち込んでいたのですが、今日、職場に現れたブンデスの師匠にその話をしたら、師匠もそれ(お友達のお宅で視戦)をやったことがあるって・・・(同じように師匠の周りも反応したそうです)。

よかった。同じようなことをする人がいて!

しかも師匠の場合、お友達の知り合いのお宅で視戦となったそうです。ドイツでよく聞く話、つまり師匠のお友達はテレビをもってなかったそうで、師匠のために別の家をアレンジしてくれたのだとか(師匠はお友達の知人ともお友達になれて嬉しかった、とその時以来できた人の輪のことを話してくれました)。
そんな師匠にこの夏のワタクシの修学旅行(!)で見聞した話(みなさんには前半の前半しかまだ報告してませんが)を聞いてもらいました。さすが人生の先輩。私の話にトリビアを加えてくださって、またまたドイツへ行きたくなりました。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/7521091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2008-09-26 21:34 x
ぶった切り動物標本が話題だった現代美術展を見にアメリカへ行った
とか、2002年のW杯で私の永遠のアイドルになったロビー・キーンが
移籍したトテナム・ホットスパーの試合を見にロンドンへ行ったとか・・・
「あのヒト、変わりモンだから・・・」と私は人様から見放されてます・・・。

お友達の家でテレビ観戦、それは正しいですよ!お友達との交流も
あるんですもの。ね、ナタリーしゃん!
Commented by eastwind-335 at 2008-09-26 21:50
akberlinさん、こんにちは。
>お友達との交流も
>あるんですもの。ね、ナタリーしゃん!
そうなんですよ。nyfさんのこと説明(ブログのことは抜きにして)してから、視戦の話をしたというのに、ですよ。まったく、最近の若い人はこれだから(おばさん口調)。
実は私、NYの借家博物館を見逃したのが心残り・・・。
Commented by nyf1403 at 2008-09-27 00:40
そうですよ、カーンの試合はたしかに、理由ではございましたが、虎のばあや、じゃない、猪之助ナタリー一家をご訪問くださったわけで。普通のことじゃぁありませんか。ドイツにいく、友人宅を訪れるってねぇ。
まったく、若いものはねぇ、どうしようもにゃいですにゃぁ。

あ、でもね、日本女子のドイツサッカーなどへの愛情というか熱情というか、猪之助には伝説となりそうですわよ。。ほら、もうお一方も。。
Commented by 東風 at 2008-09-27 04:01 x
nyfさん、こんにちは、
そうなんですよ。私も普通に思っていたんですけれども。
この後輩に師匠の話なんぞをしたら「テレビがない家がある!」とか言われそう・・・。まったく、今の若者は・・・なんですよね。
ちなみにうちの家人、次のGWに好きな仏人アーティストのライブを聞きにおフランスへ行くかどうか、目下すごく悩んでます。私に「飛行機が取れてもライブチケットが取れなくちゃ、仕方ないでしょう!?早くライブチケットを買いなさいってばー」と言われて、ハッとしたようですけれど、行きやすい場所にあるパリは既に売り切れなのだとか。
・・・・似たもの夫婦?だから夏休みにもnyfさんのお宅へ行くのを快くOKしたのかも。
by eastwind-335 | 2008-09-26 21:05 | 日常 | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る