電子辞書

へえ、今日って4月バカの日だったんだ・・・と早朝のニュースを読むお兄さんのセリフから気付くほど、あれほど「年度末、年度末」とブログでもリアルでも叫んでいたわりには、末日以降の「新年度」のイメージが薄い私。

はい、まだ年度末進行状態です。今週末までひっぱることでしょう(涙)。
ってことで、私には「4月バカ」の日は来ません。

で、先ほど、ちょっと読んでいたうさラムたん関係の記事内の単語を調べようと、鞄の中から電子辞書を出し、蓋を開けようとすると、手に伝わる感覚がなんだかいつもと違う。

良く見ると、左側の一部が割れていました。蝶番部分は大丈夫なのですけれど・・・。別に蓋の上に物を置いたつもりはないし、乱暴に開けることもないし・・・閉めることもないし・・・。
幸いなのは、別に辞書自体が壊れたわけではないので、買い換え(出費)の必要なし。最新の電子辞書、きっとスグれモノだと思うのですが、私としては少々分厚く重たい感が。特に、音声機能も不要。とりあえず強力接着剤で気になる部分を補強してみようと思います。

私は、日常は紙媒体の辞書必携の生活なので、電子辞書を始終持ち歩くことは少ないのですが、精神的に余裕のあるときの往復の通勤中の読書の最中に、日本語とはいえ初出の言葉と出会えば意味を調べたくなる。と、いうことで、平均して月に1週間はこの辞書も鞄に入っているなあ、とふと思った春の朝です。




まあ、たいした記事じゃないと思うのですが、バイヤンのヒッツ先生(ヒッツフェルド監督)が先日のニュルンベルク戦の際に「代表戦では走るのに、クラブチームでは走らないヤツがいる(意訳)」とコメント。バイヤンで各国代表選手として水曜の国際マッチデーにお出かけをしたのは、クローゼ、コブタちゃん(Schweinsteiger)、ポ王子(ポルディ)、うさラムたん(ラーム)、左腕にでっかく「すこーぴおん」とお絵かき(刺青)をしたさそりん(ヤンゼン)、ハミト、そして、りべりん(リベリー)あたりでしょうか。そのうち、ハミトは土曜の試合は欠場。ポ王子はカーンとともに、土曜のダメダメ試合を救ったわけで、ヒッツ先生も文句のつけようがない。りべりんを含め、クローゼ、コブタちゃん、ラムたん、又はさそりんが戦犯なわけで・・・。
さそりんは左SBしかできず、レルは右SBしかできない。で、ラムたんにはいろんな人が休みで玉突きに欠員になっている右MFの仕事がまわってきて。
黙って仕事をしているのかと思いきや、うさラムたん、Bildで言っちゃったようなんですよね。以下、冒頭部分のみご紹介。

Zwei rechte Verteidiger
Experiment gescheitert!

Wenn sogar Philipp Lahm (24) sauer wird, muss schon einiges schief gegangen sein.

Nach dem 1:1 beim Club schimpfte er: „Das reicht jetzt. Ich weiß, wo meine Stärken sind, und der Trainer auch.“


えーっと、なんちゃって勝手脳内訳によりますとですね、
a0094449_6213494.jpg「二人で右を守ったけれど・・・実験失敗!
あのうさラムたんだって文句を言いたくなるような、おかしい配置。ラムたんは、1-1で試合を終えたあと、悪態をついた。「もう十分だよ。ボクだって自分のお得意はわかってるよ。ヒッツ先生だってそうだよね?」(以下略)」
らしいのですが。

ヒッツ先生が期待しておこなった右SBレル・右MFラムたんのラインはラムたんには負担だったよう?やっぱり右ラインがバイヤンは弱いのかな。

「DFよりMFのほうが前にいるからゴールへ向かう走る距離が短いでしょ、だからセンセイにはちょっとしか走ってないと見えたのかな、あ、ヒッツ先生は、味方のゴール前に走って戻って来いって意味だったのかな、でも、今日のそこのお仕事はレルじゃないの?えー、ボクのせい?」なーんて、動画も見ないで文字コメントだけ読んで勝手にラムたんの気持ちを想像していた私でした。でも、代表では(守備的)MFやったことあるし、できないわけないし、やれるはずだし・・・、やるんだ、ラムたん!ボランチとしてオットル君にお手本をみせなくちゃ!
それにしても、左にいたら、久しぶりに入道コレル(チェコ代表)と遊んでもらえたのに、とラムたんも残念だったのかな?

そんなニュルンベルク戦。すぽるとのマンデーフットボールではポルディのゴールシーンではなく、ミシモビッチのゴールシーンが紹介されていました。そしてシャルケ04に対する冷たい仕打ち。フットボリスタでも、ありえない話みたいにシャルケが勝つための方策を考えてあげている人たちがいて、チトむかっときたのですけれど。
いつものことではありますが、月曜深夜のあの番組もスコットランドのあのチームが敗退し、ためらいなく加速するバ×サ・ミ×ン偏重・・・。昨晩は元日本代表監督のクラブをやたらと応援中でしたね。

ノイヤー、負けるな~!止めて止めて止めちゃえ~!!!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/6960962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by バート at 2008-04-03 17:18 x
おー、ご丁寧にありがとうございます。
さそりんさんは、所謂KY代表のヤンゼンでしたか(笑

僕は右レルで左ラームが良いと思いますね。
右ラーム左ヤンゼンじゃ、守る人いませんもん(笑
ま、今回はハミトと比べられたラームが災難でしたね~。
ハミトは走るタイプっちゅーより、後ろから撃てますから守備が落ち着きますしね。

ところで、トニー・クロースはいつ出てくるのかな~?
飼い殺しにするくらいなら、将来のドイツの為にも出した方が良いと思うんだけど。
Commented by eastwind-335 at 2008-04-04 20:08
バートさん、こんにちは。
やっぱり左はラームですよね!!!でも、リベリーがいるとどうにもノリノリにならない感じが・・・。
さそりん、KY(これ、日本の若者言葉ですよね?ドイツの何かの略語じゃないですよね?→その略語すらブームの終わりに知った私)なんですね。
トニ・クロはまだ若いから大事に大事にしている感じがします。バイヤンはダイスラーのことがあるから取り扱いに慎重だと聞きましたが・・・。
by eastwind-335 | 2008-04-01 06:47 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る