チョコも試合も日々もシンプルなのがいい

今日は一日off。普段、私は夜明け前に目が覚めるのですが(その分、就寝時間が早い)、今朝目覚めたらカーテン越しに朝日が・・・。さすがにドンパチは疲れます。三連休の中日、雪でなくてよかったです。

IPアドレスの壁を上りきれない私に筍母さんからあたたかい申し出が(ありがとうございます)。
さて、壁は高くてもネットラジオだったら大丈夫だろうと思っていたのに、日本語版HPに情報ナシ。まさかテレビだけのつもりでは・・・?と不安に思っていたのですが、本国版によるとちゃんとラジオ中継もあるらしい、バイヤンーブレーメン戦。よかったー!聴戦はできそうです!安堵と同時に「日本語版、手抜きするなー」というちょっとしたイライラ感が心の中に浮かんだのでした。
→10日16時半追記:先ほど確認したら日本語版にも記事がupされていました。ま、時差があるし・・・。

明日(建国記念日)も出勤なので、計画的に寝たり起きたりしなければ・・・と思いながら新聞のテレビ欄を見ていたら・・・・

えーっと、TBSの情熱大陸では、スペイン2部リーグでがんばっている福田健二選手(ラス・パルマス所属)をフューチャーらしい。彼のことについては、スポナビのインタビューをご覧ください。彼のことは一度、何かのコラムで読んだことがある程度。一部リーグにいれば(出場しなくても)「海外組」として毎週日本のメディアに取り上げられるわけですが、二部だとそういうわけにもいかないんですね。
この人へのインタビュー、日本のメディアによる余計な手垢がついていない分、先入観なく、なるほどなるほどとうなづきながら読みました。言ってることがとってもシンプル。日本ではチームに大物ガイジンがいたりで出場機会に恵まれず、またもともと海外志向もあり(英語の授業がすきだったとか)、26歳を迎える頃に海外に出たそうです。海外で挑戦をはじめてまだ四年なのかもう四年なのか。そんなことも「情熱大陸」でわかるのかもしれません。

そして、えーっとなんですか?日付が変わって午前1時前後、公共衛星放送ではチェルシーvsリバプー。地上波では珍しくフジテレビがマンU vs マンC。で、有料CSテレビではバイヤン vsブレーメン。wowowではスペインリーグでしょう?
うわー、選択肢ありすぎっ!まあ、それぞれ再放送があるので、それを上手く組み合わせるのが楽しみにもなりますね。




実は一昨日、出勤前の時間を利用して、東京駅近く大丸のチョコレートフェアに行ってきました。最初、デパートカードのある伊勢丹で、と考えていたのですが、遠回りになるし、多分、あそこは平日昼間でも混んでいて疲れるだろうと思って。

新しくなった大丸は初めて。どの階も天井が高くなり、やはり場所が変わるというのは改装だけでは得られない根本的なイメチェンになるんだなと思いながらフェア開催中の11階へ。

正解でした。ニュースになるほどの伊勢丹のような人いきれはなく、ほどよい人の数で、売り子さんにつかまることなくブース全てを観ることができました。店数は予想以上に少なかったのですが、逆に楽に直感で何軒かに絞れました。

私にとっては中元や歳暮と同じレベルのチョコ選び。送り先はすべて60代後半以降の家人方親族と実家の父。頂き物(含 義理チョコ)などで日本のデパートに入っているソコソコ高級チョコブランドを一度は口にしたことがある人たち。せっかくの贈り物ですから値段(というか低い予算上限)を知られなくないし、年の一度のお祭り騒ぎだからその時しか入手できないものを選んでしまいます。で、海外のチョコでいろんな味が楽しめるけれどシンプルな作りのものになることが多いです。

伊勢丹は規模が大きい分、毎年、わりと悩んでしまうことが多かったのですが、今年は一周してすぐに2軒に絞れました。会場に入って10分しないうちに「すみませーん、お願いしまぁす」という感じでした。

ところで、ブースに並ぶチョコを見ていて気づいたのですが、去年まではなかった傾向が!私が絞った2軒のうちの一つは日仏の有名パティシエたちがコラボして作ったもの。そのチョコにたとえば携帯のストラップになるものや髪飾りになるゴムといったオマケがついていた!
そんな安っぽい感じはしないものとはいえ、オヤジを終えたおじいさんたちには不要でしょう・・・と思い「そのオマケを除いて送ってもらえます?」といったら、ダメと。そのオマケにも意味があるようなのです。
中のチャームやストラップやゴムは「食べ終わったら私にチョウダイね」という意味らしいのです。愛の告白の返事としてそれらのストラップやゴムが渡されたら、お付き合いOKの意味になるのか。世の中2500円を超えるチョコは本命なのでしょうか?いや、それより、いまやバレンタインデーに告白する女子はどのくらいいるのか?チョコもらわないと女子の気持ちがわからんのか、いまの男子は?!と疑問符が頭の中でぐるんぐるん。
そして、オジたちの配偶者であるオバたちに、これらの意味がわかるのだろうか。結構趣味の間口が広いうちの母親にしても、「捨てると東風ちゃんに悪いから」と使わないがゆえに引き出しの肥やしになること間違いなし。
よく見ると、パッケージがアクセサリーケースになるものも。うーん、男子用じゃないのかしらん?バレンタイン限定とあるけれど、自分用にほしくなる女性もいるのでは。メーカーもひょっとしたら「自分へご褒美チョコ」という戦略をも立てているかも・・・。
そんなことをつらつら思っている後ろで、「うわー、かわいいー。これ、あとでもらっちゃえるね~」と可愛くはしゃいでいた2人組の女子が何組かいました。雑誌の「着こなし1ヶ月カレンダー」に出てくるような格好の人たち。丸の内か八重洲で働く方々でしょうか。ひたすらドンパチが続く午後・夜を控え、めがね着用、化粧っ気なし、しかも週の初めにかけたデジパ(デジタルパーマ)がまだ馴染まず、なーんとなくサザエさんみたいな頭の私にはピカピカまぶしい彼女たち・・・。
しかも、私、その会話を背にしながら「本命に対してそんなこと言えないよ~。もう付き合っているとしても、そのオマケは私のね、なんて私には言えない・・・・。友達だったりしたら、一生、飲みの時の肴にされる話題だし・・・。」と独りドキドキ。再びケース内のオマケに目を向けながら「この分を引いた金額のものをつくるとか、チョコ一個分増やすとかしてくれたほうがずっと私にはいいのに・・・」と通販CM(「さらに1枚綿毛布をプレゼント!」、とか「もう一つハンガーが特別につきます!」だとか)を見たのと同じようなオバサン的感想をもったのでした。すみません、ワタクシ、全くもって女子度が低くて・・・。

そうなると、この1軒しか私のアンテナにかかるところはなかったのでした。
福岡の大丸に出店しているお店ですが、この時期は全国の大丸での取り扱いがあるようですね。

さぁて、どんな感想が届くか、楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/6776838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nyf1403 at 2008-02-10 21:45
そっかー、日本はチョコレートの季節なんですね。
2月14日の新聞には、必ず、日本のバレンタインデーのことが小さい記事になりますよ。Girichokoなんて言葉も出ます。
撫子らしく、猪に板チョコくらいあげましょうかねー。
私信・・東京大丸、眺めるのも楽しみにゃんです。
Commented by himekagura at 2008-02-11 00:43 x
なるほど、大丸!確かに選びやすくていいかも。伊勢丹は超混み混みで有名ですよね。
私は、もっとやる気無く、適当に職場で配る義理チョコを銀座の三越でささっとまとめ買いしました。ろくに考えてない、今年は例年にもましてやる気のないチョコ選びをしてしまいました、、。
そんな、チョコにおまけつきとかあったんですね!全然気づきませんでした。確かに、私もおまけなんかいらないからその分一個チョコを増やして欲しいなあ、、。
Commented by akberlin at 2008-02-11 01:03
昔の日本人男子は甘いものを「女コドモのたべるもの」と
カテゴライズしていた気がします。いや、甘党男子もいたはずですけれど。
ゆえにバレンタインデーの義理チョコなども会社で配られたあと、結局は家でオクサンとこどもたちが食べてたような気が。
でも最近はビターな「男のチョコ」も増えましたしね。
ドイツで初めて「Herrenschokolade(男のチョコ)」なる板チョコをスーパーで見たときにはびっくり。私は
もともとビターチョコが好きなのでこの「男のチョコ」も
お気に入りなのですが。

スペイン二部だけじゃなく、ドイツ二部のカール・ツァイス・イェナにもミッドフィールダーの日本人選手が!ジュビロにいた菊池選手です。でもイエナ、今、二部の瀬戸際なんですっ!ガンバレ~。
Commented by eastwind-335 at 2008-02-12 17:30
nyfさん、こんにちは。
Girichoko、ドイツでも紹介されているんですね!いまは「友(とも)チョコ」なるものがあるんですよ。中・高校生は、女子同士でもチョコやクッキーをあげたりするんですって。今年はTomochokoも紹介されるでしょうか・・・?
Commented by eastwind-335 at 2008-02-12 17:40
himekaguraさん、こんにちは。
ついに用事ができてしまい、伊勢丹を覗いてきました。午後4時前、混んでましたよ。特定のブランドは「最後尾」というプラカードまで出てました。
まあ、伊勢丹はいろんなお店が出ているので、集客力がありますね。義理チョコにはちょっと高いんじゃない?という感じの値段帯のものが品切れになってました。
Commented by eastwind-335 at 2008-02-12 17:52
akberlinさん、こんにちは。
男のチョコ!かっこいい!なんだか、甘いものが嫌いな少佐もこれなら食べそう・・・。
ドク欧州さん、nyf家と同じ新聞を読んでいるのですよね。Girichokoという言葉ご存知でしょうか。

イエナ、二部残留が危ういらしく、大変なんですよね。チームについては以下自己規制モードに突入します・・・。
イエナといえば、銀座にあった洋書店の名前。渋谷の大盛堂ともども、とても好きな書店でした。東ドイツの終焉を見届けるように閉店しちゃいましたよね。
by eastwind-335 | 2008-02-10 13:32 | 日常 | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る