ワイタケレVSセパハンよりもカリーブルスト(追記あり)

*追記しました*
カリーブルスト週間なのでしょうか

今晩11時からNHKの「びっくり法律旅行社」という番組でドイツ特番をするそうで、カリーブルストのことも取り上げるらしいです。

児玉清さんも出るそうだから、何か面白いことになるかも?

クラブワールドカップの「ワイタケレVSセパハン」を見た後、寝ないようにしなくては!

2007.12.8追記
「びっくり法律旅行社」は児玉清社長、タカ アンド トシが研修社員、NHKの女子アナが主任のような役割分担で、特定の国または地方で通じる法律についてクイズ形式で紹介するものでした。で、今回は、フランクフルトでした!フランクフルトの男女警官2名が登場し、紹介します。

カリーブルストは、えーっと、クイズとかじゃなくて、こんなもんですよ、という紹介だったのですが(私は「カレー粉、何グラム以上」とか「ブルストをいくつに切るか」とかかな~と思っていたのですが・・・。グフォン)、やっぱり六本木ヒルズのそれとは違いました。きっと、六本木ヒルズのそれは、在独なでしこのみなさんがいうところの「ドイツのSushi」状態だったのでしょう。うん。

クイズといっても、間違い探しだったり、正解探しだったり・・・。そこからドイツの「へえ」がわかることに。

たとえば、保護者が一緒の時の飲酒容認年齢とか、保護者なしの飲酒容認年齢とか、車を洗っちゃいけない場所とか、縦列駐車の注意、夜10時以降に理由なく道で騒いではいけない、とか、酔っ払った人は児童公園に入っちゃいけないとか・・・。ほかにも色々あったようですが、あー、一晩たつとこんなに忘れてしまうのでしょうか・・・。

それよりなにより、さすが独文科卒、コダマ社長!
「飲んで飲んで飲んで かじってかじってかじって  丸ごとおいしいフランクフルト・ツアー」とあの声で本日のテーマを紹介。
「ドイツ旅行はヴンダバーです!」と拳をギュッと握って、G大仕込みのドイツ語を披露。私としてはそこで「うおおおー。児玉清がドイツ語をしゃべったー!」と感動でした。ゲスト三人にも「さあ、ご一緒に」とWunderbar!といわせたのでした。

一番のWunderbar!は児玉清さん、アナタです!

NHKのシニア生徒役で出たらいいのになー。中高年層視聴者開拓になると思うのですけれどもねー。



FIFA公認、クラブ世界一を決めるクラブWMがいよいよ、今日から始まりました!
昨日、これの特番を見て、カカって良い人だよねー、と家人とうなづきあったのですが、それ以上にイイ奴だ、ということになったのが、一緒に出ていたピルロ。
ま、もともとクールな人らしいのですが、すっかり「カカの日本ウルルン滞在記」再会スペシャル状態になっていたのにもかかわらず、クサることなく、カカへプレゼントされたこいのぼりも一緒に持ってあげてるし。えーと、インタビューに行った女性タレント、仕事とはいえ、なんだかかわいそうでした。本人だってあんなこと言いたかったとは思えないので、余計に痛い感じが・・・

立ち上がり3分に2点も取られてしまったワイタケレ、アナウンサーのいう「ワイタケレ」が「マイタケ」と聞こえるんだけれどーと家人。
このチームってセミプロなんだそうですね。うーん、サンマリノ戦みたいなものなのでしょうか。
特に、我が家で、注目しているのが、GKサイモン・イーディー。「ニュージーランドの名門高校の先生」と紹介されています。えーと、手で処理しちゃいけないところを触っちゃったり・・・、ゴール前の動きが妙に鈍かったり。そんな中で、アナウンサーにオセアニア優勝チームとかいわれると、「足でボールを蹴るよりも、手でボールをキャッチして前に走りたい(→ラグビー)だろうなあ」とつい思ってしまいます。

さてさて、夕飯作らなくちゃ。

追記:この日の夕飯はめずらしく一生懸命簡単和食(なんてことない、皿数の多い夕食だった、ということなんです)だったので、30分ぐらいずーっと台所に立つことに。ついつい、手を休めてテレビの前に座ろうとするのを、欠食児童状態の家人が「実況中継するから、ね」と押し返される始末。で「マイタケの海坊主が」「マイタケの高校教師が」がどうした、こうした、と説明が。監督が片手でキウイ6個を握れるとかいう情報もあったそうですが、ホントかな?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/6534702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akberlin at 2007-12-07 23:12
びっくり法律旅行社って・・・。
法律相談なのか、旅行記なのか・・・。しかもドイツ特集で
カリーヴルスト・・・日本のテレビ番組の奥深さをあらためて
感じている次第です・・・。

ワイタケレ、たしかに舞茸に聞こえるでしょうねぇ。
舞茸・・・これもドイツで見ないきのこですなぁ。でもこの前
フランクフルトのクリスマスじゃない市場でエリンギっぽい
ものは見ました。・・・ってなんの話だったっけか?・笑
Commented by himekagura at 2007-12-09 03:22 x
あ、、このページを見た時には、すでに土曜日の11時をとっくに過ぎておりました。ドイツ特集見たかったのに~!!残念。
Commented by akberlin at 2007-12-09 21:04 x
「アタックチャーンス!」な感じで「ヴンダバー!」だったんだろうなぁ。想像がつくだけに脳内で笑ってます。

日本ではドイツ語と言うと最近はサッカー絡みなどで若い人も
いるのかもしれませんが、イタリア語とかフランス語に比べて
若い女性にいま一つアピールしない外国語のような気もしますが、
その分、旧制中学、高校に行っていた、というような高齢者世代で
ドイツ語贔屓の人っているんですよね。最近のNHKの語学番組は
やたらと若いお笑いや美人タレントを起用していますが、中高年の生徒もいてもいい、と本当に思います!
Commented by eastwind-335 at 2007-12-10 06:42
akberlinさん、こんにちは。
そう、そうなんですよ。Wunderbarでした!
児玉清さん、ホントNHK講座に出てくれないかなー、と思うこの頃です。NHK語学講座「ステキなおじさま」路線、悪くないと思うのですけれどもね。
マイタケって日本のものなのでしょうか。私はドイツのレストランで晩夏に出てくるオレンジ色のキノコ、結構すきですよ。以前、スロベニアの女の子の家に招待されたときに、昨日散歩で採ってきたキノコなの、といろんなキノコ料理を頂いたことがありましたが、美味しかったです。
Commented by eastwind-335 at 2007-12-10 06:46
himekaguraさん、こんにちは。
番組HPを覗いてみたんですけれど、アッサリしてましたねー。こういう番組があることすら知りませんでした。私けっこう児玉清ウォッチャーのはずなのに・・・。
内容自体はhimekaguraさんだったら「へえ」の数は少ないと思います。私もクイズを次々に当て、家族から「一般視聴者の回答権はありません」と注意があったぐらいです。
潜在的な児玉ファンは多いので、これ、いつか再放送をするのではないか、期待してます。
by eastwind-335 | 2007-12-07 20:26 | 日常 | Trackback | Comments(5)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る