うさラムたん、おうちで一休み(加筆訂正あり)

*うさラムたんネタのため、漢字が少なめになってます*

アヤフヤのままUpしたところが、バイヤン公式できちんと訳されてましたので、それを訂正を入れました(9月8日6時半)
うさラムたんのコメントにひらがなを増やしました。(9月8日9時20分)
うさラムたんのペットの名前を間違えていたので訂正しました(9月8日22時30分)

さあ、公式にも、今回の靭帯びよーんについての説明が出ました。

最初の部分は前の投稿で書いたので省略します。

みんなもきっと知りたかったに違いない続報、つまり。Dr. Sepp Schmittの付き添い、診断をうけてからの動向をご紹介しましょう。

"Ich bin um halb sechs aufgestanden und zum Flughafen. Um 8 Uhr bin ich dann in München gelandet und direkt in die Praxis von Dr. Müller-Wohlfahrt gefahren. 「ぼくね、けさは5時半に起きて、で、空港に行ったんだ。8時にはミュンヘンについて、で、 チョクでMüller-Wohlfahrt先生にみてもらったんだよ」"
(ってことは、ケルンーボン空港かしら?私も数年前にこの季節、この時間帯に、この空港を使ったことがあるんだけれど、待合室の天井が高く、外が良く見えて、飛行機に朝日が当るのがとてもキレイなのですよ)

おおー。Bildによると、どうも、バラックもミュンヘンに来てるそうだから、ひょっとしたら会えたかな?

ミュラー先生は、ラムたんを診てくれて、膝とむこうずねを無理矢理(verpassenにはいやなものを相手の意に反して与えるという意味があるそうなので、無理矢理、みたいな意味でしょうね)、20度から60度の間でどのくらい曲がるかのチェックをしました。 ←バイヤンの公式によると、「20°~60°と角度制限されているシーネを14日間装着するように指示。」とありました。verpassenというのはシーネ(副木と辞書にありましたが、強力サポーターみたいなものでしょう。想像はつくけれど、日本で同じ物をナンと言うのかはわかりません。)をつけ膝の可動域を強制するということだったのですね。

"Zwei Wochen soll ich das Knie nicht unnötig belasten. Die Bänder brauchen jetzt Ruhe, um sich zu erholen. Ich kann aber gehen und brauche keine Krücken", so Philipp, der somit "Glück im Unglück" hatte. 「2週間はひざを不ひつように使っちゃいけないんだって。治すために、じん帯をそっと(安静に)しておかなくちゃいけないだってさ。けどね、歩けるし、Krücken(松葉杖)はいらないんだもん」と不幸中の幸い(Glück im Unglück)だったといってます。


続く文章はSein Reha-Programm wird er täglich an der Säbener Straße absolvieren.なので、彼はReha-Programm(RehaとはRehabilitation、すなわちリハビリです)を毎日ザベナー通り(練習場)でやっていくことでしょう。

どうしてこういうケガになってしまったか、について、バイヤン公式では本人談として
“タックルをしたときにスパイクが芝生に引っかかった状態になった”と怪我をした時のことについて説明。“(タックルした際の)衝撃が強く、左膝が地面に突き刺さった状態になったんだ。目の前が真っ暗になり、最悪のケースだと思った。(Bei einem Tackling sei er mit dem Schuh „im Rasen hängen geblieben“, beschrieb Lahm am Freitag nach seiner vorzeitigen Rückkehr nach München den Verletzungshergang. „Die Wucht war so groß, dass sich dabei das linke Knie regelrecht in den Boden bohrte. Mir wurde schwarz vor Augen und ich dachte an das Schlimmste.“)”「タックルしたときね、スパイクがひっかかって、つんのめったんだ。で、ドンと地面にぶつかったら左ひざが地面にのめりこんでいたんだ。ガーンって(目の前がまっくらになって)、アーやっちゃったよ、どうしようっておもったんだ(東風超なんちゃって勝手訳)」
と紹介しています。重たいウェールズ選手(とワタクシ勝手に思い込んでマス)対策として誰かとタックル練習をしていたのでしょうか?つっかかって手を突かず膝をついてしまった、というところでしょうか。強く打ってしまったのでしょうね。



KickerではUEFA-Cup第一試合である9月20日のBelenenses Lissabon戦もお休みだろうと書いてました。バイヤンも発表しているように、いまのところ、治療が上手く行くと思っていて、十月初めには復帰の予定。しかし、ヒッツ先生、頭を抱えていそうです。この前、とってもいい雰囲気だったのにー(涙)。めちゃくちゃほめてもらったのに!これから大切な試合がたくさんあるっていうのに!・・・きっと、うさラムたんもおうちに帰ったら、メラニー ブラウニーとミルキーウェイ(ペットのウサギ)を抱きしめて、「あーあ、つらいなあ」とため息をついているにちがいありません。でも、前の時のケガより軽いもん、フリンクスさんより軽いもん、と一生懸命思っているのではないかな、と。

a0094449_22412591.jpg
"Wie lange ich ausfallen werde, kann man jetzt noch nicht sagen", so Philipp. Fest steht jedoch, dass er für die beiden Länderspiele gegen Wales und Rumänien nicht zur Verfügung stehen wird. "Schade, ich wäre gerne dabei gewesen", bedauerte Philipp die Situation und sagte: "Jetzt werde ich mir die Spiele daheim vor dem Fernseher ansehen und meinen Mannschaftskameraden vom Sofa aus die Daumen drücken. 「どのくらいお休みするか、まだ言えないんだけれど」とうさラムたんは、ウェールズのルーマニアの試合で役立たない(fur et zur Verfügung stehen 自由使用に任される)ことが残念でたまりません。「残念だなあ。ぼくもそこにいたいなあ。」と状況を残念がってます。「そうだなあ、ボクは、家でテレビの前で試合をみるんだろうな。で、ソファーの上で、ぼくの大きなおともだちが勝つようにってお願いしながらおや指をかくしてぎゅっとゲンコツをつくってるんだと思うんだ。」"

そっか、うさラムたんはARDで生中継がみられるんだ!うらやましいなあー。私はラジオで応援するつもり。私も極東で親指を中に入れてギュっとするからね!

極東女子のみなさーん、一緒に「親指なか入れてギュっ」でドイツ代表をおうえんしましょーっ!

あ、Wiiは厳禁ですよ。だって、うさラムたん、お友達から電話がかかってきたらCMのノリでソファー飛び越えそうなんだもの!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/6131427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by どら at 2007-09-08 01:30 x
好事魔多しというか、バイエルンもドイツ代表も好調なので、これはこれでトラブルの前兆っぽいなぁと思っていたら、ラームが怪我をしてしまうとは。
残念ですが、今は親指を中に入れてぎゅっと握ってチームとラームと医療班を応援するしかありませんね。
今回の怪我が癖になってしまうと不味いですから、まずは完治、次に早い復帰を望みます。
ミルキーウェイ達がいるから、アニマルセラピーもばっちり?
シーズン終盤の厳しい時期の怪我でなかったことは不幸中の幸いだったと思います。
Commented by anthonberg at 2007-09-08 04:08
うさラムたん、大変な状態なんですね。写真は悪そうには見えないけど。(^^;;;
家でのんびりし過ぎると東風先生に怒られますよー。
うさラムたん記事、前はひらがな一杯だったけどだんだん漢字が増えて来て、ラムたんもだんだん読めるようになったんですね。(笑)

東風先生!お母様とは楽しい時間を過ごせましたか〜?
Commented by eastwind-335 at 2007-09-08 09:08
どらさん、こんにちは。
ほんと、好事魔多し、ですね。癖にならないよう、きっちり完治、それから復帰をして欲しいです。親指を中に入れて、私もミュンヘンへギュッと念を送っておくことにします。
ラムたんは、WM06の頃から、あと10年はプレーしたいとあちこちのインタビューで話していますから、あせらないでいると思いますが、ローテーション・ポジション争いの中にいたし、自分の役割への責任感が強そうだから・・・。一番心配なのは、ミルキーウェイたちがピョンピョンやっているのを追いかけて、また転ばないかって・・・(爆)。幸か不幸か、バイヤンとして落とせない試合まで最低1週間はありますけれど、ヒッツ先生、今頃頭の中がグルングルンでしょうね。
Commented by eastwind-335 at 2007-09-08 09:14
anthonbergさん、こんにちは。
いやいや、大変なんですよ。足を吊り下げて寝てるわけじゃないんですもの。違和感なくなるまでの辛抱戦ですね。
あ、写真はうさラムたん公式HPのものをそのまま拝借しましたが、もともとはプライベート写真(といってもこんだけポーズをとっているのだから、撮影用ですね。多分、本当の彼の家でもないでしょう)として別コーナーにあったものです。ま、うさラムたん、部屋は私とちがってキレイなかんじがしますが。
あ、ほんと、うさラムたんのコメントに漢字が多すぎ。ちょっとあとでイジっておこうと思います。

もう、父母なしに私は存在し得ないーというほど、両親が無言で厳しくも温かく私を支えてくれるので、両親に足を向けて眠れませんー。台風上陸を理由に延泊してもらえて、色んな話ができてよかったです。
by eastwind-335 | 2007-09-07 22:41 | バイヤン | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る