月曜朝6時からはNHKのドイツ語会話

NHKの教育テレビで週一度やっているドイツ語会話。あと一ヶ月で折り返しです。あ、まだテキスト買ってない・・・。
夜のは遅すぎるので、私は月曜朝6時からの再放送を見るのですが、時々忘れてしまいます。
あ、でも石井さんのサッカーの日はちゃんと見てますよ。コブタちゃんの出身のチーム(TSV1860ローゼンハイム)をメインにしてますが、あんなお金持ちチームだけじゃなくて、ロッカールームがボロボロの、うさラムたんの愛するFTGernも取材してくれたらよかったのに(いや、放送の趣旨と違うか)。いつか、コブタちゃんが子供たちを教える風景とか出るといいのになあ(それじゃ、バイヤンの宣伝か・・・)。

先生の一人、クリスティアンの流暢な日本語には舌を巻きます。実際に見たら、テレビよりも細いんでしょうねー。a0094449_2044934.jpg7月のドイツ映画祭の紹介の時に、上映作品の一つ「TKKG」について語りだし、Lizaと二人で、「学校でも人気のある本でした!」と紹介。彼は幼稚園の時からカセットで聴いてたんだと。懐かしや、カセット!ドイツの本屋で、朗読カセットかと思って買ったら、ラジオ劇の録音だったな、そんなことを思い出させてくれました。ところで、あの本のシリーズには必ずCDやカセットが出ていてアマゾンで試聴可能なのですが、私には内容もスピードも幼稚園向きとは思えないゾ。いや、早熟だったのかもね。ちなみに、TKKGは日本語翻訳も出ていますが、なぜかシリーズ名の邦題は「B組探偵団」。今、区外の図書館から取り寄せてあり、あと2冊で邦訳全巻(12巻)読破です。数冊の翻訳には、映画「ベルリン天使の詩」の字幕、「世界がもし100人の村だったら」で有名な池田香代子さんが携わっています。上手く言えないけれど、これまでの翻訳家と違うリズムだな、と思って見直したら池田さんでした。
そして、なんと、あのLizaちゃん、この前、民放のバラエティに出ていて私服チェックをされているのを偶然見たのですが、その時に、なんとこないだ18歳になったと知り、もうびっくり!です。でも思い出したら、昨年、高校生講師というので一瞬メディアに取り上げられたのでした。ってことは、高校2年生だったのね。去年は正直言って、生徒の中山某嬢と顔が被るところがあったし、なんだか、いまひとつ、生徒たちの目的意識がはっきりしてなくて、ワールドカップの時で見るのを止めてしまったのでした。あと、歌でドイツ語を覚えるのは良いと思うのだけれど(私もそうですし)、公共放送でこの音痴っぷりを披露されても・・・と。
今の、博多華丸・大吉コンビは、共感が持てる生徒さんたちです。華丸さんは第二外国語でやったということでちょっと有利な感じがしてましたが、素直に覚えていく大吉さんがどんどん上手くなってきて、最近は、二人が良い意味でライバルになっているのがよくわかります。
華丸さんがメジャーになるきっかけになった「アタックチャーンス」の児玉清さん(俳優)は、学習院大学の独文卒。保坂先生の先輩ですね。私の大学の大先輩が学習院の独文に入りなおしたのですが、その時の後輩が児玉さんだそうで、大先輩たちがやっていた同人誌の同人(「でも、彼、ほとんど書いてないと思うのよね」と。ちなみにとってもカッコよかったそうです!)。児玉さんは原著でもじゃんじゃん読むほどの本好きでも有名です。ブックレビューの司会でも有名ですよね。三人で、しかも華丸さんが児玉清さんのモノマネしながらドイツ語学習について、語り合うっていうの、どうですか?この企画、タダでお譲りしますから(!)、教育テレビさんやってみません?Heroの再放送を見たせいか、単に、児玉清さんにドイツ語会話に出て欲しいな、とフト思っただけで。
あ、その前に、二人のドイツ語コントですよね。なんだか一生懸命ネタ考えて、やりそうですよね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/6103062
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by himekagura at 2007-09-02 21:27 x
ドイツ語講座、たまに夜見ることがあるんですが、なかなかちゃんと続けて見れないんです。
ちょっと一念発起、ちゃんとこの秋から見ようかな。ドイツ語忘れそうだし。
Lizaちゃん、高校生なんですか!!!
Commented by オカジ at 2007-09-03 10:53 x
こんにちは。
ドイツ語会話はいよいよ折り返し(なん)ですね!DVDの自動録画機能のおかげもあって、今年はなんとかここまで見ることはできています。華丸・大吉コンビは予想以上の成長ぶりですよね~。彼らがどんどん吸収していくのを見ているだけでも結構楽しめます。これがすでにこの番組を見続けるいちばんの原動力かもしれません。
個人的に、華丸・大吉のドイツ語漫才を毎月ひそかに楽しみにしています。少ない語彙数フレーズ数でちゃんと「かたち」にしてくるのはさすがにそこそこキャリアのある漫才師。テレビではほとんど児玉清ネタでしか出られてないというはなしを妹から聞いたのですが(わたしはテレビをほとんど見ないので、「ドイツ語会話」以外での彼らを見たことがないのです・・・)、機会があればいちどちゃんとしたネタで一本まともに聞いてみたいなと思っています。
Lizaちゃんの年齢にはわたしもびっくりです!番組もちゃんと仕切れているし、18歳とは思えない落ち着きですよね。
Commented by sandonomeshi at 2007-09-04 05:36
早起きして日本でドイツ語がんばっていらっしゃるのですね。東風さんの爪の垢(失礼、東風さんの爪が汚れていると言っているのではありません、念のため)でも送ってください、煎じて飲ませていただきます。

ところでこの間コメントいただいた長芋バルサミコ、作ってみたので私も文中リンクさせていただいていいですか?
Commented by 東風 at 2007-09-04 06:21 x
himekaguraさん、こんにちは。
昔みたいに週二日じゃなくなったので、本当に大雑把な進め方ですが、博多華丸・大吉が「××したいとき、どういうのかな?」から始まるので、私には身近な感じ。番組内のドラマはイマドキの話で(昨日は、さりげなくデートに誘う、誘われるシーン)、「ゆうほ(女性主人公の名前)ちゃん、こ、これデートだよ、二人でおでかけ、なのよー。あっさり「ウン」でいいの?」と近所のおばちゃんのような気分で見てました。
ああ、こういうんだわというフレーズが多くて、テレビも勉強になります。最近は発声方法(口の開き方など)を正面だけでなく横からも見せてます。これもイマドキの語学学習っぽいです。
Commented by 東風 at 2007-09-04 06:24 x
オカジさん、こんにちは。
華丸・大吉の二人組、自滅しちゃう日もあるけれど、なかなか上手いですよね。そして、ボケと突っ込みというキャラがあの漫才の時にも、さりげなく出てきているようです。
Lizaちゃんは私たちにとっては「先生」ですが、JJ愛読者には憧れのモデルの一人みたいですよ。
Commented by 東風 at 2007-09-04 06:35 x
sandonomeshiさん、こんにちは。
sandonomeshiさん、いやあ、私の場合は、夜が弱いのです。単に。
子供のころから、朝型。多分、ある程度の遺伝子になっていると思います。
学生時代から、全く不思議なことですけれど、なぜかドイツ語だけはつかず離れずなのです。でも、ぜーんぜん上達しないし(切羽詰っていないからか)、ユルいのめり込み方なのですけれども。おばあちゃんになった時にはドイツを旅して、コンパートメントで一緒になるドイツ人に「あの年寄りの日本人やるじゃーん」と言われたい、というのが学生時代の緩い目標で、学生中にあっさりとドイツへ行く機会に恵まれたので、ますます緩く勉強してます。

文中リンク、ありがとうございます。よろしくお願いします。のちほど、伺います。
by eastwind-335 | 2007-09-02 20:45 | 日常 | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る