怖かったし情けない

昨日、11時半前に、意識朦朧とした足取りでベッドに倒れこみました。これはいつものことで、別に体調不良とかそういうわけではありません。要するに、眠くてたまらないってことですね。

私の暮らすマンションの周りには小規模ながらも何棟ものマンションがあります。一軒家はほとんどありません。昔は一軒家だったところも、大抵はお店をされていたようで、代替わりの際にビルにしたところが多いそうです。そして、会社だけが入っているビルがマンションよりも多く建ってます。
マンションというのは、一軒家に比べると無機質な感じは否めませんが、どこかの家には電気がついているし、建物の外灯などによって明るい環境を生み出してくれます。実家のある海辺の街なんて、8時にはシーンとしてますし、街灯も暗い感じ。私はバス停から比較的近いところでしたが、我が家より向こうになると暗いところが多いようで、中学時代の同級生はお母様たちがバス停まで迎えに来ることが多かったです。今のマンションに、つまり東京で暮らすようになって、夜道が怖いと思ったことはありません。駅からマンションまで人に一人もあわずに帰宅するなんてことはありえず、コンビニは数軒あるし、24時間営業のお弁当屋さんもあります。だから、もし、何かあれば、そこへ駆け込めばいいのです。

マンションの多い地区ですが、元から住んでいる方々が気を遣う地区で、だらしないこともありませんし、夜に騒音等で不快な思いをしたことはありません。むしろ私のほうが、サッカー中継で知らないうちに深夜に声をあげているかも・・・・。

そんな東京の街で・・・




私は、どんな所でも、枕に頭をつけたら「イチ、ニ、さんっ!」の「ニ」の時点で寝入ってしまう、寝つきが良い(寝に逃げる)タイプです。ところが、この夏は暑さに強い私でもヘタれ、寝汗をかいている自分に気付いて、夜1時半ごろ一度目覚めることが何日か続きました。

昨日も、すぐに寝入ったのですが、途中で目覚めてしまいました。目覚めたなんて表現では書けません。飛び起きたというのが事実。でも汗をかいているわけではない。目覚ましをみるとまだ12時15分。寝付いて一時間も経っていません。

闇を切り裂く叫び声、ってこういうことなのかというような女性の叫び声が耳に残っているのです。

「キャーぁっ、助けてー!」と。

自分の声ではないのはわかります。もし夢だとしたら、その内容をうっすらでも覚えているハズ。でも夢だったのかな。最近ミステりーねたで盛り上がったから、昔読んだ本を思い出したのかな、と暗い部屋のなかで呼吸を整えながら思ってました。

すると、また叫び声と助けを求める女性の声が。今度は、そこにかぶさるように「うるせえ、黙れ!」という男性の声。男性が複数いるようないないような・・・。声はマンションとマンションの間、しかも全てのマンションのベランダに面した道から聞こえてくる。私の寝室にも面した通りです。

ここは、不良のほとんどいない地区ですが、繁華街が決して遠いわけではなく。「クラブ」やら「ディスコ」があるそうです。夏休み最後ということで、夜遊びに来た若者がよっぱらって言ってるのかな、とも思いました。

でも、また、女性の叫び声が。そして男性のののしる声が・・・。
寝室のカーテンをちょっとだけ引いてみました。網戸の部分だったし、メガネは居間においてきちゃったので、視界はぼんやり。、でも、向かいのマンション(ワンルームなのか、出てくる人の大半が男性らしい)の何軒かは部屋の明かりが点きはじめ、何人かがベランダに立って様子を伺っているようです。私の周囲の部屋からは特に物音が聞こえないようですが、H型になっているマンションのより通りに面した部分のほうで誰か注意してくれたらいいのに、と思ってました。

しばらくすると道路に近いところから「うるさいぞ」という男性の声が。それに対して、先ほどの男性が怒鳴り返し、女性は相変わらず「助けて」と。違う声でも注意を促す人がいるようです。でも「警察を呼ぶぞ」とは言ってない様子。

実は、この道、T字になってます。Iのところに向かい合ってマンションがあり、 ̄のところにはコンビニがあるのです。声は ̄へ向っている様子ながらも、まだ「助けて」という女性の声。コンビニの人が事情を確認してくれるだろうか。
警察を呼んだほうがいいのかな、どういうことになっているのだろう。女性の声は冗談には聞こえなかったけれど、痴話げんかなのかな。もし、見知らぬ人だったとき、こんなに声をあげることができるだろうか。事件じゃないよね?うちのマンションの管理人さん(住み込み)が警察に知らせてくれるのかな。胸をドキドキさせて私、警察に電話しようかな・・・どうしよう・・・と思っているうちに、声が聞こえなくなりました。

水を飲み、再び、ベッドに横になろうとしたら、マイクを使ったような声が ̄の方から聞こえました。何を言っているかは聞き取れませんでしたが、警察がやってきたようです。反抗する男性の声も聞こえ、しばらくするとサイレンの音がして、遠ざかりました。どなたかが連絡をしてくださったのでしょう。

この間15分ばかりのこと。

もし、叫んだのが自分だったら。
助けて欲しかったのに、私みたいに部屋で躊躇している人ばかりだったら。

なんだか、すっきりしない思いで(でも眠ってしまうのですが)、新しい朝を迎えました。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/6075807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 筍母 at 2007-08-29 09:13 x
何だかお恥ずかしいんですけど、私けっこうな野次馬根性の持ち主なので、こういう騒ぎはすぐに下におりて見物してたと思います(^^;)
きっと2回目の女性の悲鳴で110も・・・。交通事故を目撃して警察や救急に電話っていうのも何回もしてきましたけど、事後わずらわしい思いをした経験が特にないので躊躇もしないなぁ。
それはさておき、愛知でひどい事件があったばかりですし、真夜中に悲鳴だなんてドキドキしちゃいますね。東風さんもできるだけ明るく人通りのある道で帰ってきてくださいね。

Commented by himekagura at 2007-08-29 10:04 x
それはかなり怖いですね、、。どうしよう、誰か警察に電話したかしら、おろおろ、、って感じになると思います、私の場合。
もともと知り合いの男女だったとしても、DVで殺されちゃったりする女性もいるわけだし、やっぱり通報したほうがいいんでしょうね。
今までそういうケースに出会ったことがないんですが、出会ったら、やっぱり警察への通報はすぐしようかと思います。
いろいろ気持ちの悪い事件が多くて、日本もどんどん安心できない国になってきてしまったなあ、、と思ったりしますね。
Commented by まい-mai- at 2007-08-29 15:15 x
交通事故みたいにハッキリ状況が見えてる場合は躊躇しませんが、このケースのような場合は、私は躊躇してしまうかも。。。警察に電話って。
でも東風さんの仰るとおり『もし、叫んだのが自分だったら』って考えると、躊躇されたくないですよね、やっぱり。
でも今回は誰かが通報してくれて警察の介入があったようなので、気に病まないで次回への(無いに超したことはないですが)教訓としましょう!
何事も咄嗟の判断って難しいですね。。。
Commented by pepe at 2007-08-29 21:54 x
東風様、私も似たような経験があります。入浴中に裏の駐車場あたりから女性の悲鳴が・・・!2,3回聞こえました。スッポンポン状態なので飛び出すわけのもいかず、場所も確かめられないので110番するのもためらわれました。幸いにも近所の方が出て行ったところ駐車場に連れ込まれて失神した女性と乱暴しようとしていた男性がいて慌てて逃げたそうです。それ以降近所の申し合わせで変な声が聞こえたらとりあえず電気をつけて窓を開けて確認しようということになりました。最近は無差別な事件が多くて怖いですものね。本当に我が身に起こったらと思うと・・・。
Commented by anthonberg at 2007-08-29 23:20
私も似たような経験が2回あります!なので凄い良くわかりますよ!!
私の場合叫んだ人は何と男性でした!しかも凄い大声だったので近かったんでしょうが、真夜中の3時くらいだったので恐くて何も出来ませんでした。一人暮らしだったし。東京は恐いなーと思いました。でも前に叫んでも誰も助けてくれなくて殺された女性がいましたが、そんな時はやはり声を聴いたらすぐ連絡した方がいいと思いますよね。
東風さんも気をつけて下さい!!
Commented by eastwind-335 at 2007-08-30 17:59
筍母さん、こんにちは。
私もメガネをかけて居間にいたら、ベランダに出たかもしれません。下に下りたかどうかは・・・。
警察に電話をしたことがないので、躊躇してしまったのですが、次は勇気をもって電話をかけようと思います。それから、私自身も自分の身をちゃんと守らなくちゃ。気をつけて帰りますね。ありがとうございます。
Commented by eastwind-335 at 2007-08-30 18:04
himekaguraさん、こんにちは。
私もDV気味の男性だったら、と思ったんですよね。職場でこの晩の体験を話したら、セクハラ対策の講習会を受けた人が、「助けてーという時は高い声じゃなくて、低い声でわーっと音量を上げていくのがいい」と習ったけれど、練習の時点で上手くできなかった、と言ってました。消防車が来るようなとき(といっても、ボヤにもならなかったようですが)には、道へ出る人もいるというのに、ボンヤリとしか見えないながらも、みんなベランダから見ていたようで・・・。とにかく、自分でも勇気をもって連絡をしようと思います。
Commented by eastwind-335 at 2007-08-30 18:10
まいさん、こんにちは。
初めての体験だったので、本当に躊躇してばかりで・・・。もし、あれが自分の子(いないけれど)だったら、と思うと。特に、昨日、今日のマンションの出入り口では誰もその話をしていなかったので、夢だったのではないかと思うほどです。
Commented by eastwind-335 at 2007-08-30 18:14
pepeさん、こんにちは。
場所が特定できない場合は特に電話を躊躇してしまいますよね。でも、そういう事件がきっかけで、地域の人たちが対応を決めたのはいいことですよね。マンションではこういうときどうするのか決めてあるのかなあ・・・とふと思いました。今度、管理人さんに尋ねておきます。
Commented by eastwind-335 at 2007-08-30 18:17
anthonbergさん、こんにちは。
男性とはいえ、オヤジ狩りとかありますからね。東京だけでなく日本全国怖いんですよ、最近。
そして、そうなんです。一人でいると、いろんな意味で躊躇してしまうんですよね。ただ、誰かの勇気で救われることが私にだっていつか来るかもしれません。私も勇気をもって対処しようと思います。あと、うさラムたんぐらい視界を広くして・・・注意して帰宅しますね。
by eastwind-335 | 2007-08-29 08:13 | 日常 | Trackback | Comments(10)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る