うさラムたん、FTげるんとのチャリティーしあいを前に・・・

*うさラムたんネタのため、ひらがな多用のタイトルとなっています*

バイヤンのみなさん、朝8時半には練習開始だとか。気合はいってますねー。
それから、風邪で初日はお休みだった金髪妖精サソリンが「前向きでよく笑う」イイやつだという紹介記事が日本語でUPされています。朝練の記事は微妙にイライラしちゃういわゆる「バイヤン日本語」だったのですが、サソリンのはここ1年の間で、最も読みやすくわかりやすい日本語記事でした。
サソリンの記事を訳したのは、金髪妖精サソリン love の日本人女子に間違いない!とみました。愛を感じましたもん。

私も負けられません(って、何を?!)。一学年進級したうさラムたん向けに、これからはもう少し画数の多い漢字(!)を増やした表現にしたいと思います。甥っこから国語の教科書を借りて、学年別当用漢字を調べておかなくちゃ。

さてさて、バイヤン公式のドイツ語版HPによると、あした、FCB.tvでは7月6日17時55分(日本時間7月7日24時55分)うさラムたん祭り開催!とのこと

いや、あの、要するに「慈愛に満ちたスポーツ親善大使」うさラムたんが古巣FTGernとするチャリティーの試合の生中継なんです。ふふふ。ま、ラムままに「企画しといたから」と言われてのかもしれませんが・・・。

では、なんちゃって翻訳機をフル活用してチーム公式掲載記事を愛を持って紹介します。

a0094449_12388.jpg金曜に古巣FT Gernとのチャリティーマッチがあり、それに参加するうさラムたん、もっか、ちょっとした問題を抱えてます。(FT Gernへの)負け試合は禁止されているのです。まあ、もちろんそういうことは起こりえないはずですが・・・。Freie Turnerschaft Gernはミュンヘン郊外にあるKreisligistで、このたび、バイヤンをチャリティーマッチへ招待しました。これはうさラムたんにとって、この夏最高の予定です(あれ?南アフリカほうもんは?)。
「もうさぁ、明日が楽しみなんだ。モチろん、僕たち(バイヤン)がやっつけちゃうけどね!」




Insgeheim werden an diesem Abend aber zwei Herzen in seiner Brust schlagen. Die FT Gern, die mit den Einnahmen aus der Partie dringend benötigte neue Umkleidekabinen bauen will, ist „sein“ Verein, neben dem FCB. Hier hat er als Fünfjähriger mit dem Fußballspielen angefangen, sechs Jahre lang hat er das Trikot der Freien Turnerschaft getragen. Noch heute sind seine Mutter (als Jugendleiterin) und seine Schwester dort tätig.
といいつつも、内心、今ごろ、うさラムたんの胸の中では、二つの心臓がどくんどくんと音を立てていることでしょう。パーティの収益ですぐにも必要な新しいロッカールームを設置したいFT Gernは、うさラムたんにとっては、バイヤンと同じぐらい「ボクのチーム」なのです。彼はここで5歳のときにサッカーを始め、6年間このスポーツチームのユニを着ていたんですから。いまだって、ママは少年チームの責任者だし、お姉ちゃんだってそこで活動中です。
(あんまりにもオンボロなFT Gernの更衣室については、以前、FCB.tvでも紹介されてましたよね。ミスバイヤンが「えー?こんなところで着替えたの?!」とびっくりしてました。私は「だって、子供のチームじゃん。一応雨風は凌げるんだし・・・と思ってました)

Philipp mitten drin
„Ich stecke mitten drin in der FT Gern. Ich habe noch viele Bekannte dort“, sagte Lahm und erzählte von der langen Verletzungspause während seines Kreuzbandrisses (2005). „Da war ich jeden Sonntag dort und habe mir die erste Mannschaft angeschaut.“ Am Freitag wird er gegen manche antreten, die er damals angefeuert hat. „Ein paar gibt’s, die ich noch kenne“, sagte er.

「ボクは、FT Gernにまだいる気がするよ。だって、たくさん知り合いがいるからね。」うさラムたんは2005年の交差靭帯断裂による長期離脱の間、「毎週日曜にクラブへいって、最初のチームで自分を見つめなおしたんだ。」と説明しています。金曜には彼はかつて励ましてくれたその仲間たちと対戦するのです。「まだ何人か知っているヤツがいるんだよ」
(うさラムたんが、時折見せる堅い表情のままでピッチを遠い目でみていたり、リハビリを重ねている中で、少しずついつもの明るさを取り戻しながら色んなことを確認していた姿が浮かんできます・・・)

Bekannt- und Freundschaften wird Lahm nun aber für eine Partie auf Eis legen. Die Begegnung gegen die FT Gern ist für den FC Bayern das zweite Vorbereitungsspiel der neuen Saison, erstmals wird er dabei wohl nicht links, sondern rechts in der Viererkette zum Einsatz kommen. „Im Moment trainieren wir so, dass ich linker Verteidiger bin und Marcell Jansen rechts spielt“, sagte er.

とはいっても、うさラムたん、試合のためには知り合いや仲間たちのことはひとまずおいておくことになるでしょう。バイヤンにとってFT Gernとの対戦は、うさラムたんにとって、バイヤンでは初めて左ではなく右サイドバックとしてになった。バイヤンにとってFT Gernとの対戦は今シーズン2度目の試合ですが、うさラムたんにとって、バイヤンでは初めて左ではなく右サイドバックとして起用される試合です。「今ね、ボクが左の守備で金髪妖精サソリンが右でプレーするように練習中なんだけどね」
(サソリンが右というのは、チャリティーの試合のためですよね?それともGernからみた左ってことなのかしら・・・)

うさラムたんには、ポジション争いが待ち構えています。サニョルが復帰するまでは、バイヤンでもうさラムたんとサソリンのサイドバックはドイツ代表チームの時のポジショニングで試合をします。サニョルが戻ってきたら、競争(Konkurrenzkampf)がより厳しくなる(verschaerfen)でしょう。でもうさラムたんはちゃんとやってきたつもりです。「誰だってスタメンになりたかったら準備期間の時点で証明しなくちゃね。ぼく達は誰もが最初から(von Anfang an)試合に出るチャンスのある18,19,20,21の選手なんだから。
(す、すみません、„wir sind 18, 19, 20, 21 Spieler, von denen jeder die Chance hat, von Anfang an zu spielen.“の18、19、20、21の意味がわかりませーん。誰かご存知の方教えてくださーい、bitte!)

というわけで、金曜は、とにかくラムたんは定位置が確保されてます。ひょっとしたら、うさラムたんは、攻撃ラインにいるかもしれません。

「ボクもさ、一点取れるかもしれないって思ってるんだ。みんな熱くなってるよ!」ですって。
個人的な目標としては、節度を守った(in Grenzen halten)喜びあふれたものにしたい。「明日の試合前には、ぼく、何も言わないかも」



さー、7日は特に予定ナシの金曜の夜。年間視聴料も先日カードでばっちり落とされたところですから、シッカリ見ようと思います!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/5832662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eastwind-335 at 2007-07-07 10:30
ぱら・てぃ さん、はじめまして。ようこそ!
あ、あの、えーと・・・(動揺しています)。バイヤンの本モノの翻訳担当者の方でいらっしゃるのですね!うわあー・・・。どうして、私のブログまでたどり着かれたのか・・・。でもコメントを頂けて本当に嬉しいです。
私がお邪魔するバイヤンファンの日本人女子の間でも、最近、公式の日本語が読みやすくなったと評判です。それは、ばら・てぃさんのおかげなんですね(私はチームの調子が良いからと思ってました)!今回のサソリン、もといヤンゼンの訳は本当に素晴らしかったです。
私のはド素人のお遊びで、ラームファン(容姿じゃなくてプレーに惹かれたんです←強調)といいつつも「うさラムたん」なんて名付けたり(いや、理由はありますけれど)、すみません、すっかりおふざけ感たっぷりです。
短時間で日本語に翻訳されているのでご苦労も多いだろうなとお察ししてますが、今後も引き続き素晴らしいお仕事をお続けくださりますように。他の翻訳の方にもよろしくお伝えください。妙訳でもリアルタイムの日本語情報が得られ、極東ファンには助かります。
ご迷惑でなければ、こっそりとお読み続けて下さると嬉しいです。
Commented by eastwind-335 at 2007-07-07 12:29
ぱら・てぃさんへ
追記です。全ての記事を日本語に直していないのは承知していますが、やっぱり日本人への知名度とかが優先されるのでしょうか?ドイツ語版では面白いのがあるのに、紹介されなくて残念だな、と思うこともあります。いや、私は辞書と首っ引きなので、面白いというよりも関心を引くというほうが正確なのですが・・・。
Commented by eastwind-335 at 2007-07-08 19:35
ぱら・てぃ さん、こんにちは。
私の質問に答えてくださりありがとうございます。シーズン中は、特に勝てなかった昨シーズンは翻訳機を利用したか、ドイツ人で日本語勉強中の人が翻訳しているのかなと思ってました。けれども、6月の休暇に入ってからのバイヤンの日本語公式はエクセレントなできばえ!と書いていらっしゃる方もいますよ。私も8時半の練習の記事についてあんな書き方をしましたが、ヤンゼンのがいかに良かったかを言いたかったので・・・(ぺこり)。
本来だったらこれからは自己規制をかけるのが大人なのでしょうが、zierlichen Staturなラーム同様、思ったことを早口(ダラダラ長文)で書いて行くことになりそうです。
ところでヤンゼンのポートレイトの日本語も担当なさったのでしょうか?「同情とはタダでもらうもの。嫉妬とは自分で勝ち取るもの」への訳も感心しました。多分、今後の左サイドの争いの記事ではこの文章を何度も引用することになるでしょう!
バイヤンのアーカイブス、全部読んだ上で、バイヤン公式はチームの調子に翻訳のわかりやすさが比例すると勝手に法則化させていましたが、ふふ、そういうことだったんですね。来週からも楽しく読んでいきます!
Commented by まい-mai- at 2007-07-09 04:28 x
うわぁ・・・。
すごい話を聞かせて(読ませて)頂きました!
こういうことがあると応援のしがいもありますねっ。

ばら・てぃさん、Bayernのお仕事終わったらWerder Bremenでどうでしょう?<スカウトかっ
・・・・・・って、Werderにはそもそも日本語サイトないし_| ̄|○

東風さんもますます頑張ってくださいねー。
Commented by 東風 at 2007-07-09 06:58 x
まいさん、こんにちは。
はい、私もがんばります(って、何を!?)。
バイヤン関係者かとおもうと、コメント欄ぐらいは「ラーム」って書いとかなきゃ、といつもの「うさラムたん」を封印してしまったほど、びっくり!してます。
まいさんもミロ情報など、バイヤンの公式日本語HPの感想を残してくださいね!Werder、早く日本語版ができるといいですよね!まいさん、ドイツにいらっしゃる間に毎日「ビッテー」とメールを送ったら、ひょっとしたら、になるかも知れませんよ!てっとり早いのは、日本に提携チームを作ることかしら、と思ったり。でも、どこかなあ・・・。個人的には関東近県じゃないところがいいな(と勝手をいう)。
フリンクサーのドイツ語を日本語に直すのはいろんな意味でムツカシそう・・・。ほら、小声でも内容はビッグだから・・・。
Commented by 筍母 at 2007-07-09 08:35 x
東風さん、誘導ありがとうございました!(週末はなかなかゆっくりネットに繋げなくて・・・)
わーーーっホントに「すごいこと」が起きていたんですね!
バイヤンの日本語公式の話題といったら、こちらやうちやコリアンダーさんのとこで何度も槍玉に…いやいや、楽しく盛り上がってきたものですよね(笑)このままばら・てぃさんへのメッセージを書かせて下さい!
Commented by 筍母 at 2007-07-09 08:47 x
ばら・てぃさん、横からはじめまして!ポドル好きの筍母と申します。
ドイツ語不可×の私ですので、日本語公式ページにはたいへんお世話になっております。ほんとうに助かってます!
ときに、マカーイの「公開状」を訳されたのは、ばら・てぃさんでしょうか?
あの文章を読んだ時はじめて「訳者が代わった?」って感じたものですから。もともとの担当の方のお仕事かもしれませんが、マカーイからのチームやファンに対する愛情の伝わってくる「泣ける手紙」でした。よその掲示板などでもこの記事の評判よかったみたいですよ。

私のブログ(身の回りごった煮ページですが)の、Footballerのカテゴリーのなかに、日本語公式についての記事やそれに対して寄せていただいたコメントなど、調査の参考に・・・はならないかもしれませんけど、いくつかありますので、お時間の許すときに見に来ていただけると幸いです。
(パスワード制限かかってますが、ばら・てぃさんには問題ない程度のものとなっております♪)
Commented by eastwind-335 at 2007-07-09 09:21
筍母さん、こんにちは。
ご協力ありがとうございます。あの、例の私たちの、なんちゃってFCB.コメントがついに日の目に・・・?
愛ですよね?愛っ!
Commented by eastwind-335 at 2007-07-09 21:53
ぱら・てぃさん、こんにちは。
バイヤン公式HPに多少なりとも意見あり、と思われるブログのお付き合いの方に声をかけてみました。私を含め、お一人お一人へのコメントありがとうございます。お声かけにご協力くださった、まいさん、筍母さん、コリアンダーさん、しし丸さんありがとうございました。
by eastwind-335 | 2007-07-06 00:59 | バイヤン | Trackback | Comments(9)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る